境川部屋力士の番付・星取表・基礎情報を網羅した現役力士一覧

境川(さかいがわ)部屋の現役力士の番付と成績、そして基礎情報をまとめてご紹介します。

この記事では様々な情報を網羅した力士一覧表をご用意しております。

最新場所である令和2年11月場所の番付はもちろん、過去6場所分の成績を確認することができます。

また、表の内容はボタンによって切り替えることができ、通算成績や力士の基礎情報などもシームレスに知るこができます。

最新場所については日々の対戦相手と勝敗が一目で分かる星取表もご覧頂けます。場所中は日々更新していきますので、観戦のお供にぜひご活用ください。

当サイトでは全ての部屋と出身地についても同様のページをご用意しております。

他の部屋の番付と成績も見てみたい方は部屋目次より選んでください。出身地毎の番付・成績は出身地別目次からどうぞ。

番付から作成した格付けランキングもありますよ。

この他にも境川部屋の過去から現在までの主な関取たちををまとめた記事もありますので併せてご覧ください。

境川部屋の基本情報

  • 一門 :出羽海一門
  • 創設 :平成10年(1998)5月25日 ※創設時は中立部屋
  • 創設者:12代・中立 秀昭(元小結・両国)
  • 改称 :平成15年(2003)1月27日 ※境川部屋へと改称
  • 改称者:13代・境川 豪章(元小結・両国)
  • 現師匠:同上
  • 所在地:東京都足立区舎人4-3-16

力士一覧表(番付・星取表・成績・経歴)

No 四股名 直近7場所 成績 直近7場所 勝率 番付 (令2.11) 11月場所 成績 令和2年11月場所星取表 S1 番付 推移 変動 枚数 番付 (令2.9) 9月場所 成績 令和2年9月場所星取表 S2 番付 推移 変動 枚数 番付 (令2.7) 7月場所 成績 令和2年7月場所星取表 S3 番付 推移 変動 枚数 番付 (令2.3) 3月場所 成績 令和2年3月場所星取表 S4 番付 推移 変動 枚数 番付 (令2.1) 1月場所 成績 令和2年1月場所星取表 S5 番付 推移 変動 枚数 番付 (令元.11) 11月場所 成績 令和元年11月場所星取表 s6 番付 推移 変動 枚数 番付 (令元.9) 9月場所 成績 令和元年9月場所星取表 初日 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目 中日 9日目 10日目 11日目 12日目 13日目 14日目 千秋楽 最高位 出身地 部屋 一門 年齢 生年月日 大相撲歴 本名 旧四股名 旧所属 身長(㎝) 体重(㎏) BMI 出身高校 出身大学 初土俵 初土俵 年齢 新十両 新十両 年齢 新入幕 新入幕 年齢 新小結 新小結 年齢 新関脇 新関脇 年齢 大関昇進 大関昇進 年齢 横綱昇進 横綱昇進 年齢 幕内 優勝 十両 優勝 幕下 優勝 三段目 優勝 序二段 優勝 序ノ口 優勝 技能賞 殊勲賞 敢闘賞 金星 通算 勝利数 通算 敗数 通算 休数 出場回数 通算 勝率(%) s誕生日 s初土俵 s新十両 s新入幕 s新小結 s新関脇 s大関昇進 s横綱昇進 s初土俵年齢 s新十両年齢 s新入幕年齢 s新小結年齢 s新関脇年齢 s大関昇進年齢 s横綱昇進年齢 s7場所勝敗 s1勝敗 s2勝敗 s3勝敗 s4勝敗 s5勝敗 s6勝敗 s7勝敗 s2順 s3順 s4順 s5順 s6順 s7順 s1シフト s2シフト s3シフト s4シフト s5シフト s6シフト sしこな s最高位 s出身ふりがな s部屋ふりがな s7勝率 s勝 s敗 s休 s出 s勝率 s幕優 s十 s下 s三 s二 s口 s技 s殊 s敢 s金

※表は横にスクロールします。また、表示件数を切り替えることで上下のスクロールも可能です。項目をクリックすることで表を並べ替えることが出来ます。
番付表の記号等、補足事項はこちらをどうぞ


相撲部屋や出身地ごとの場所の成績からランキングを作成しております。初場所、好調な相撲部屋や力士の出身地はどこ?

現役力士の紹介

境川部屋の現役力士を初土俵順にプロフィール付きでご紹介します。

克乃富士

克乃富士 修一(かつのふじ しゅういち)は青森県 つがる市出身、境川部屋の力士で最高位は幕下15枚目。令和2年11月場所の番付は西 三段目12枚目。

初土俵から約2年半で幕下昇進も稽古中の大怪我で4場所連続全休、一時は序二段にまで番付を下げた。しかし復帰から6場所目には再び幕下へと戻った実力者

四股名
克乃富士 修一(かつのふじ しゅういち)
最高位
幕下15枚目
最新番付
西 三段目12枚目
出身地
青森県 つがる市
本名
鶴賀 修一
生年月日
昭和59年(1984)5月4日(36歳)
出身高校
五所川原商業高校
所属部屋
境川部屋
改名歴
鶴賀⇒克の富士⇒克乃富士
初土俵
平成15年(2003)1月(18歳8ヵ月)
優勝
無し
通算成績
369勝319敗40休/687出場(勝率:53.7%)
直近7場所
21勝21敗
7場所勝率
50.0%
令2年11月
西 三段目12枚目(9枚降下)
0勝0敗
令2年9月
西 三段目3枚目(5枚降下)
3勝4敗
●--○-|●●--●|○--○-
令2年7月
西 幕下58枚目(10枚半上昇)
3勝4敗
○-●--|●●--●|○--○-
令2年3月
東 三段目9枚目(14枚上昇)
4勝3敗
●--○-|●●--○|-○○--
令2年1月
東 三段目23枚目(22枚半降下)
4勝3敗
○-○--|○-○●-|-●--●
令元年11月
西 幕下60枚目(25枚上昇)
2勝5敗
-●○--|●●-○-|-●●--
令元年9月
西 三段目25枚目
5勝2敗
○--●-|○●-○-|○---○

佐田の海 貴士

佐田の海 貴士(さだのうみ たかし)は熊本県 熊本市東区出身、境川部屋の力士で最高位は前頭筆頭。令和2年11月場所の番付は東 前頭11枚目。

父は出羽海部屋の小結だった佐田の海で序二段に昇格した際に父の四股名を継いだ。境川親方(元小結・両國)は父の弟弟子。大相撲史上初の親子で新入幕場所三賞獲得を達成した。

四股名
佐田の海 貴士(さだのうみ たかし)
最高位
前頭筆頭
最新番付
東 前頭11枚目
出身地
熊本県 熊本市東区
本名
松村 要
生年月日
昭和62年(1987)5月11日(33歳)
所属部屋
境川部屋
改名歴
松村⇒佐田の海
初土俵
平成15年(2003)3月(15歳10ヵ月)
新十両
平成22年(2010)7月(23歳2ヵ月)
新入幕
平成26年(2014)5月(27歳0ヵ月)
優勝
十両優勝1回,幕下優勝1回,三段目優勝1回
受賞・金星
敢闘賞1回,金星1個
通算成績
545勝538敗22休/1083出場(勝率:50.3%)
直近7場所
43勝47敗
7場所勝率
47.8%
令2年11月
東 前頭11枚目(1枚降下)
0勝0敗
令2年9月
東 前頭10枚目(2枚上昇)
7勝8敗
●●○●○|●●○○○|●●○○●
令2年7月
東 前頭12枚目(2枚降下)
8勝7敗
○●○●●|●○○●●|○○●○○
令2年3月
東 前頭10枚目(変動なし)
6勝9敗
○●●●○|●○●●●|●○○○●
令2年1月
東 前頭10枚目(1枚半降下)
7勝8敗
●○○●●|○○●○○|●●●●○
令元年11月
西 前頭8枚目(1枚半上昇)
7勝8敗
○○●○○|●○●○●|●●○●●
令元年9月
東 前頭10枚目
8勝7敗
●○●●○|●○○●○|○●○○●

佐田ノ国

佐田ノ国 豪幸(さだのくに ひでゆき)は長崎県 大村市出身、境川部屋の力士で最高位は幕下49枚目。令和2年11月場所の番付は東 三段目65枚目。

境川親方(元小結・両国)の名から「豪」の字を頂き、自身の本名の「幸」と合わせて四股名の下の名を「豪幸」とした。いつも笑顔の人気者で映画「テルマエ・ロマエⅡ」にもちょっと出演。

四股名
佐田ノ国 豪幸(さだのくに ひでゆき)
最高位
幕下49枚目
最新番付
東 三段目65枚目
出身地
長崎県 大村市
本名
朝長 信幸
生年月日
昭和63年(1988)4月2日(32歳)
所属部屋
境川部屋
改名歴
朝長⇒佐田乃国⇒佐田ノ国
初土俵
平成16年(2004)3月(15歳11ヵ月)
優勝
無し
通算成績
336勝343敗0休/679出場(勝率:49.5%)
直近7場所
19勝23敗
7場所勝率
45.2%
令2年11月
東 三段目65枚目(26枚半降下)
0勝0敗
令2年9月
西 三段目38枚目(12枚降下)
2勝5敗
●-●-●|-○-●-|●-○--
令2年7月
西 三段目26枚目(29枚半上昇)
3勝4敗
●--○●|-○-●-|○-●--
令2年3月
東 三段目56枚目(26枚降下)
5勝2敗
●-○-○|-○-○-|○-●--
令2年1月
東 三段目30枚目(26枚上昇)
2勝5敗
-□-●-|●-○-●|-●-●-
令元年11月
東 三段目56枚目(24枚半降下)
5勝2敗
●--●○|--○○-|-○--○
令元年9月
西 三段目31枚目
2勝5敗
●-○-●|--●○-|●-●--

豊響 隆太

豊響 隆太(とよひびき りゅうた)は山口県 下関市出身、境川部屋の力士で最高位は前頭2枚目。令和2年11月場所の番付は東 幕下21枚目。

四股名の「豊」は出身地である豊浦町と母である豊美さんの一字から。響高校を卒業後、2年間はトラックの運転手などをしていたが埼玉国体でベスト16に入ったことから心機一転、境川部屋への入門を決めた。初土俵から2年での新十両場所で十両優勝、そして新入幕で敢闘賞など一気に番付を駆け上がった。

四股名
豊響 隆太(とよひびき りゅうた)
最高位
前頭2枚目
最新番付
東 幕下21枚目
出身地
山口県 下関市
本名
門元 隆太
生年月日
昭和59年(1984)11月16日(35歳)
出身高校
響高校
所属部屋
境川部屋
改名歴
門元⇒豊響
初土俵
平成17年(2005)1月(20歳2ヵ月)
新十両
平成19年(2007)1月(22歳2ヵ月)
新入幕
平成19年(2007)7月(22歳8ヵ月)
優勝
十両優勝3回,序二段優勝1回
受賞・金星
敢闘賞3回,金星1個
通算成績
566勝561敗45休/1127出場(勝率:50.2%)
直近7場所
20勝22敗
7場所勝率
47.6%
令2年11月
東 幕下21枚目(7枚降下)
0勝0敗
令2年9月
東 幕下14枚目(4枚降下)
3勝4敗
-●-○-|○-●-●|-●-○-
令2年7月
東 幕下10枚目(3枚半降下)
3勝4敗
-○-●-|○○--●|-●-●-
令2年3月
西 幕下6枚目(3枚半上昇)
3勝4敗
●--○-|●-●-○|●-○--
令2年1月
東 幕下10枚目(5枚半上昇)
4勝3敗
●--○-|○-●-●|-○-○-
令元年11月
西 幕下15枚目(5枚降下)
4勝3敗
-●-○○|--○-●|-○--●
令元年9月
西 幕下10枚目
3勝4敗
○--●●|-○--●|-○-●-

勝誠

勝誠 剛(しょうせい たけし)は鹿児島県 大島郡宇検村出身、境川部屋の力士で最高位は幕下3枚目。令和2年11月場所の番付は東 幕下35枚目。

平成10年(1998)小6でわんぱく横綱。平成16年(2004)の世界ジュニア相撲選手権大会中量級で優勝

四股名
勝誠 剛(しょうせい たけし)
最高位
幕下3枚目
最新番付
東 幕下35枚目
出身地
鹿児島県 大島郡宇検村
本名
福永 剛
生年月日
昭和61年(1986)5月27日(34歳)
出身高校
響高校
所属部屋
境川部屋
改名歴
福永⇒薩摩響⇒勝誠
初土俵
平成17年(2005)3月(18歳10ヵ月)
優勝
無し
通算成績
334勝303敗0休/637出場(勝率:52.4%)
直近7場所
22勝20敗
7場所勝率
52.4%
令2年11月
東 幕下35枚目(15枚降下)
0勝0敗
令2年9月
東 幕下20枚目(21枚上昇)
2勝5敗
-●-●●|-●-○-|-●○--
令2年7月
東 幕下41枚目(39枚半上昇)
5勝2敗
-○●--|●-○○-|-○○--
令2年3月
西 三段目20枚目(24枚半上昇)
6勝1敗
-○●--|○○-○-|-○○--
令2年1月
東 三段目45枚目(17枚半降下)
5勝2敗
●-○-○|--○○-|●---○
令元年11月
西 三段目27枚目(27枚降下)
3勝4敗
○-●--|●-○-●|●---○
令元年9月
西 幕下60枚目
1勝6敗
●--●○|--●-●|●---●

佐田の龍

佐田の龍 晃基(さだのりゅう こうき)は長崎県 南島原市出身、境川部屋の力士で最高位は幕下33枚目。令和2年11月場所の番付は東 幕下46枚目。

実の兄は平成29年(2017)5月場所を最後に引退し、境川部屋の部屋付き親方となった佐田の富士関。

四股名
佐田の龍 晃基(さだのりゅう こうき)
最高位
幕下33枚目
最新番付
東 幕下46枚目
出身地
長崎県 南島原市
本名
山本 晃基
生年月日
平成2年(1990)8月10日(30歳)
所属部屋
境川部屋
改名歴
小浜海⇒佐田の龍
初土俵
平成21年(2009)1月(18歳5ヵ月)
優勝
無し
通算成績
228勝188敗46休/414出場(勝率:55.1%)
直近7場所
24勝11敗7休
7場所勝率
68.6%
令2年11月
東 幕下46枚目(10枚上昇)
0勝0敗
令2年9月
東 幕下56枚目(10枚上昇)
4勝3敗
-○●-○|--○○-|-●●--
令2年7月
東 三段目6枚目(25枚上昇)
4勝3敗
-○-○●|-○-●-|-○-●-
令2年3月
東 三段目31枚目(30枚上昇)
5勝2敗
-○●--|○○--○|-●--○
令2年1月
東 三段目61枚目(61枚半上昇)
5勝2敗
-○○-○|--○●-|-○-●-
令元年11月
西 序二段22枚目(60枚降下)
6勝1敗
-○-○●|--○○-|-○○--
令元年9月
西 三段目62枚目
0勝0敗7休
ややややや|ややややや|ややややや

妙義龍 泰成

妙義龍 泰成(みょうぎりゅう やすなり)は兵庫県 高砂市出身、境川部屋の力士で最高位は関脇。令和2年11月場所の番付は東 前頭5枚目。

埼玉栄高校では同級生だった澤井(豪栄道)と共に主力としてチームを引っ張った。その後、日本体育大学に進学し4年次に大分国体成年の部で優勝して幕下15枚目格付出しの資格を獲得。先に角界入りしていた豪栄道と同じ境川部屋への入門を決めた。

所要4場所での新十両昇進も2日目で左膝を痛めて途中休場、手術となり3場所を全休したが、再出発から幕下と十両で計3度の優勝をあげるなど勢いは止まらず7場所目で新入幕を果たした。見本のような押し相撲で5度の技能賞を獲得。

四股名
妙義龍 泰成(みょうぎりゅう やすなり)
最高位
関脇
最新番付
東 前頭5枚目
出身地
兵庫県 高砂市
本名
宮本 泰成
生年月日
昭和61年(1986)10月22日(34歳)
出身高校
埼玉栄高校
出身大学
日本体育大学
所属部屋
境川部屋
改名歴
宮本⇒妙義龍
初土俵
平成21年(2009)5月・幕下15付出(22歳7ヵ月)
新十両
平成22年(2010)1月(23歳3ヵ月)
新入幕
平成23年(2011)11月(25歳1ヵ月)
新小結
平成24年(2012)7月(25歳9ヵ月)
新関脇
平成24年(2012)9月(25歳11ヵ月)
優勝
十両優勝3回,幕下優勝1回
受賞・金星
技能賞5回,金星5個
通算成績
452勝403敗62休/851出場(勝率:53.1%)
直近7場所
41勝47敗2休
7場所勝率
47.1%
令2年11月
東 前頭5枚目(2枚降下)
0勝0敗
令2年9月
東 前頭3枚目(7枚半上昇)
6勝9敗
○○○●●|●●●●○|●○○●●
令2年7月
西 前頭10枚目(4枚半降下)
10勝5敗
○○○○○|●○●○●|●○○○●
令2年3月
東 前頭6枚目(4枚半降下)
4勝11敗
●●●●○|●●●○○|●●●○●
令2年1月
西 前頭筆頭(半枚上昇)
5勝10敗(金星2)
●●○○●|●●○●●|●○●●○
令元年11月
東 前頭2枚目(4枚半上昇)
8勝7敗
●○○●●|○●●●○|○○●○○
令元年9月
西 前頭6枚目
8勝5敗2休
○○●○○|○●■やや|○●●○○

響龍

響龍 光稀(ひびきりゅう みつき)は山口県 下関市出身、境川部屋の力士で最高位は三段目24枚目。令和2年11月場所の番付は東 三段目61枚目。

山口県の響高校では相撲部で主将を務めた。高校3年次に高校総体団体で32強入り。当初の四股名は豊関山(ほうかんやま)で、これは出身地の豊浦町と下関市に因んで境川親方が付けてくれた

四股名
響龍 光稀(ひびきりゅう みつき)
最高位
三段目24枚目
最新番付
東 三段目61枚目
出身地
山口県 下関市
本名
天野 光稀
生年月日
平成5年(1993)3月17日(27歳)
出身高校
響高校
所属部屋
境川部屋
改名歴
天野⇒豊関山⇒響龍
初土俵
平成23年(2011)5月(18歳2ヵ月)
優勝
無し
通算成績
186勝194敗5休/380出場(勝率:48.9%)
直近7場所
18勝24敗
7場所勝率
42.9%
令2年11月
東 三段目61枚目(31枚半上昇)
0勝0敗
令2年9月
西 三段目92枚目(10枚半降下)
5勝2敗
-●-●-|○-○-○|-○-○-
令2年7月
東 三段目82枚目(20枚上昇)
3勝4敗
-●●-●|--○-○|-●-○-
令2年3月
東 序二段2枚目(23枚降下)
4勝3敗
-□-●-|●-●-○|-○-○-
令2年1月
東 三段目79枚目(37枚降下)
2勝5敗
●-○-●|-●-○-|●-●--
令元年11月
東 三段目42枚目(17枚半降下)
1勝6敗
●--●-|●-○●-|●--●-
令元年9月
西 三段目24枚目
3勝4敗
-○○-●|--●-●|-●--○

佐田ノ華

華の富士 大地(はなのふじ だいち)は東京都 江東区出身、境川部屋の力士で最高位は幕下39枚目。令和2年11月場所の番付は西 幕下57枚目。

境川部屋に入門するまではサッカー少年だった

四股名
華の富士 大地(はなのふじ だいち)
最高位
幕下39枚目
最新番付
西 幕下57枚目
出身地
東京都 江東区
本名
井上 大地
生年月日
平成8年(1996)12月15日(23歳)
所属部屋
境川部屋
改名歴
佐田ノ華⇒華の富士
初土俵
平成24年(2012)3月(15歳3ヵ月)
優勝
無し
通算成績
171勝156敗23休/325出場(勝率:52.6%)
直近7場所
27勝15敗
7場所勝率
64.3%
令2年11月
西 幕下57枚目(4枚降下)
0勝0敗
令2年9月
西 幕下53枚目(14枚半降下)
3勝4敗
-●-●-|○-●-●|-○-○-
令2年7月
東 幕下39枚目(10枚半上昇・最高位更新)
2勝5敗
-●-○-|●○--●|-●-●-
令2年3月
西 幕下49枚目(36枚半上昇)
4勝3敗
●--●-|○●-○-|-○-○-
令2年1月
東 三段目26枚目(56枚上昇)
6勝1敗
○-○--|○○-○-|○-●--
令元年11月
東 三段目82枚目(66枚半上昇)
6勝1敗
-○○--|○○-○-|●--○-
令元年9月
西 序二段48枚目
6勝1敗
-○○--|○-○○-|○-●--

豊翔

豊翔 豊志樹(ゆたかしょう としき)は鹿児島県 としき出身、境川部屋の力士。令和2年11月場所の番付は最高位更新となる東 幕下39枚目。

奄美市立赤木名小1の頃から笠利少年相撲クラブで相撲を始めて中学の時に都道府県大会団体ベスト8。鹿児島商業高に進学し、様々な大会で活躍した。

四股名
豊翔 豊志樹(ゆたかしょう としき)
最高位
幕下39枚目
最新番付
東 幕下39枚目
出身地
鹿児島県 としき
本名
榮 豊志樹
生年月日
平成6年(1994)11月19日(25歳)
出身高校
鹿児島商業高校
所属部屋
境川部屋
改名歴
榮⇒豊翔
初土俵
平成25年(2013)3月(18歳4ヵ月)
優勝
無し
通算成績
155勝117敗29休/272出場(勝率:57%)
直近7場所
22勝19敗1休
7場所勝率
53.7%
令2年11月
東 幕下39枚目(38枚上昇・最高位更新)
0勝0敗
令2年9月
東 三段目17枚目(6枚半降下)
6勝1敗
○-○--|○-●-○|-○-○-
令2年7月
西 三段目10枚目(16枚上昇)
3勝4敗
-○-●○|--●-●|-○-●-
令2年3月
西 三段目26枚目(33枚降下)
4勝3敗
-●-○-|○-●○-|-○--●
令2年1月
西 幕下53枚目(24枚上昇)
1勝5敗1休
やや-●-|●-●●-|○---●
令元年11月
西 三段目17枚目(16枚半降下)
5勝2敗
○-○-●|--○-○|-○●--
令元年9月
東 三段目筆頭
3勝4敗
-●-○-|●●-○-|○-●--

佐田ノ輝

佐田ノ輝 晋太(さだのひかり しんた)はモンゴル ウランバートル市出身、境川部屋の力士で最高位は幕下29枚目。令和2年11月場所の番付は西 三段目36枚目。

モンゴル科学技術大学を経て境川部屋へと入門。チェスが趣味。

四股名
佐田ノ輝 晋太(さだのひかり しんた)
最高位
幕下29枚目
最新番付
西 三段目36枚目
出身地
モンゴル ウランバートル市
本名
ダワーニャム・ナランツォグト
生年月日
平成7年(1995)12月31日(24歳)
出身大学
モンゴル科技大
所属部屋
境川部屋
改名歴
佐田輝⇒佐田ノ輝
初土俵
平成26年(2014)5月(18歳5ヵ月)
優勝
三段目優勝1回
通算成績
127勝119敗13休/245出場(勝率:51.8%)
直近7場所
19勝23敗
7場所勝率
45.2%
令2年11月
西 三段目36枚目(31枚降下)
0勝0敗
令2年9月
西 三段目5枚目(16枚上昇)
1勝6敗
●--○●|--●-●|-●●--
令2年7月
西 三段目21枚目(27枚降下)
4勝3敗
○-●-●|-○-○-|○-●--
令2年3月
西 幕下54枚目(18枚半降下)
2勝5敗
-●-●○|--●●-|○---●
令2年1月
東 幕下36枚目(7枚降下)
2勝5敗
○--○-|●●-●-|-●●--
令元年11月
東 幕下29枚目(77枚半上昇・最高位更新)
3勝4敗
●-●--|●○-●-|-○○--
令元年9月
西 三段目46枚目
7勝0敗(三段目優勝)
-○-○-|○-○○-|○-○--

佐田の豪

佐田の豪 光洋(さだのごう こうよう)は長崎県 諫早市出身、境川部屋の力士。令和2年11月場所の番付は最高位更新となる西 三段目3枚目。

鍼灸師の父親は境川親方(元小結・両国)と同じ高校で後輩にあたる。

四股名
佐田の豪 光洋(さだのごう こうよう)
最高位
三段目3枚目
最新番付
西 三段目3枚目
出身地
長崎県 諫早市
本名
長濱 光洋
生年月日
平成11年(1999)2月8日(21歳)
所属部屋
境川部屋
初土俵
平成26年(2014)5月(15歳3ヵ月)
優勝
無し
通算成績
129勝123敗7休/252出場(勝率:51.2%)
直近7場所
24勝18敗
7場所勝率
57.1%
令2年11月
西 三段目3枚目(52枚上昇・最高位更新)
0勝0敗
令2年9月
西 三段目55枚目(5枚半降下)
6勝1敗
-○○-○|--●-○|-○○--
令2年7月
東 三段目50枚目(18枚上昇・最高位更新)
3勝4敗
-●○--|●-●-○|-●-○-
令2年3月
東 三段目68枚目(10枚降下)
4勝3敗
●--○-|○●--●|○--○-
令2年1月
東 三段目58枚目(19枚上昇・最高位更新)
3勝4敗
-●-○-|○-○●-|●-●--
令元年11月
東 三段目77枚目(18枚半上昇・最高位更新)
4勝3敗
○-●-●|--○-●|-○-○-
令元年9月
西 三段目95枚目
4勝3敗
-●○--|●○-○-|○--●-

謙信

謙信 翔平(けんしん しょうへい)は新潟県 上越市出身、境川部屋の力士で最高位は三段目29枚目。令和2年11月場所の番付は西 三段目57枚目。

高田農高2年次には国体の団体で準優勝。郷土の名将・上杉謙信にあやかって謙信の四股名を境川親方より授かった。関ノ戸親方とは従弟関係

四股名
謙信 翔平(けんしん しょうへい)
最高位
三段目29枚目
最新番付
西 三段目57枚目
出身地
新潟県 上越市
本名
丸山 翔平
生年月日
平成8年(1996)4月4日(24歳)
出身高校
高田農業高校
所属部屋
境川部屋
改名歴
丸山⇒謙信
初土俵
平成27年(2015)1月(18歳9ヵ月)
優勝
無し
通算成績
110勝96敗25休/205出場(勝率:53.7%)
直近7場所
18勝22敗2休
7場所勝率
46.2%
令2年11月
西 三段目57枚目(28枚降下)
0勝0敗
令2年9月
西 三段目29枚目(18枚半上昇・最高位更新)
2勝3敗2休
●--○-|○-●-■|ややややや
令2年7月
東 三段目48枚目(19枚上昇)
4勝3敗
●--●-|○-○○-|●-○--
令2年3月
東 三段目67枚目(10枚降下)
4勝3敗
-○○-○|--○●-|●--●-
令2年1月
東 三段目57枚目(19枚上昇)
3勝4敗
●--●○|--○●-|●--○-
令元年11月
東 三段目76枚目(36枚降下)
4勝3敗
-●-○-|○○-●-|-●○--
令元年9月
東 三段目40枚目
1勝6敗
○--●●|--●●-|-●●--

奄美将

奄美将 やまと(あまみしょう やまと)は鹿児島県 奄美市出身、境川部屋の力士で最高位は三段目92枚目。令和2年11月場所の番付は。

小学1年生から奄美市の住用相撲クラブで相撲を始め、小5でわんぱく相撲全国大会に出場。鹿児島実業高3年次に高校総体個人戦と国体に出場

四股名
奄美将 やまと(あまみしょう やまと)
最高位
三段目92枚目
最新番付
出身地
鹿児島県 奄美市
本名
吉崎 やまと
生年月日
平成9年(1997)10月27日(23歳)
出身高校
鹿児島実業高校
所属部屋
境川部屋
改名歴
吉崎⇒奄美将
初土俵
平成28年(2016)3月(18歳5ヵ月)
優勝
無し
通算成績
89勝84敗9休/172出場(勝率:51.7%)
直近7場所
7場所勝率
48.6%
令2年9月
西 序二段46枚目(11枚降下)
0勝0敗7休
休場
令2年7月
西 序二段35枚目(28枚半降下)
3勝4敗
-○-●●|--○-○|-●-●-
令2年3月
東 序二段7枚目(23枚半上昇)
3勝4敗
-●●-○|-○-●-|○-●--
令2年1月
西 序二段30枚目(43枚半上昇)
4勝3敗
○--○○|--●-●|○---●
令元年11月
東 序二段74枚目(35枚半降下)
5勝2敗
○-●-○|--○-○|●---○
令元年9月
西 序二段38枚目
2勝5敗
-●●--|○-●●-|●--○-

平戸海

平戸海 雄貴(ひらどうみ ゆうき)は長崎県 平戸市出身、境川部屋の力士。令和2年11月場所の番付は最高位更新となる西 幕下13枚目。

小1の頃より平戸市の紐差相撲クラブで相撲を始め、小4から3年連続わんぱく相撲全国大会に出場。4年生の時にはベスト16に入った。平戸市立中部中学3年次には全中でベスト8入りで境川親方(元小結・両国)に誘われて入門。

四股名
平戸海 雄貴(ひらどうみ ゆうき)
最高位
幕下13枚目
最新番付
西 幕下13枚目
出身地
長崎県 平戸市
本名
坂口 雄貴
生年月日
平成12年(2000)4月20日(20歳)
所属部屋
境川部屋
改名歴
坂口⇒平戸海
初土俵
平成28年(2016)3月(15歳11ヵ月)
優勝
無し
通算成績
102勝73敗7休/175出場(勝率:58.3%)
直近7場所
26勝16敗
7場所勝率
61.9%
令2年11月
西 幕下13枚目(11枚上昇・最高位更新)
0勝0敗
令2年9月
西 幕下24枚目(9枚半上昇・最高位更新)
5勝2敗
-○-○-|●-●-○|-○-○-
令2年7月
東 幕下34枚目(16枚半上昇)
4勝3敗
○--●○|--●○-|-●○--
令2年3月
西 幕下50枚目(20枚降下)
5勝2敗
-○○-●|--○-○|-●--○
令2年1月
西 幕下30枚目(14枚半上昇・最高位更新)
2勝5敗
○-●-○|--●-●|●---●
令元年11月
東 幕下45枚目(18枚半上昇)
5勝2敗
○-○--|○-○○-|●--●-
令元年9月
西 三段目3枚目
5勝2敗
-○-●-|○●--○|-○--○

對馬洋

對馬洋 勝満(つしまなだ まさみつ)は長崎県 諫早市出身、境川部屋の力士で最高位は幕下6枚目。令和2年11月場所の番付は西 幕下22枚目。

諫早市立湯江小学校の頃から地元の両国少年相撲クラブに通い始めた。中学時代はバスケットボール部だったが引退後に出場した全国中学校相撲選手権大会で勝ち進んだことで諫早農業高校相撲より勧誘があり、同校へと進学して相撲を本格的に再開することとなった。

進学した日本大学では1年次に東日本学生相撲個人体重別選手権大会100㎏未満級優勝、2年次には東日本学生相撲競技会優勝、3年次には東日本学生相撲個人体重別選手権大会115㎏未満級優勝と順調に実績を積み上げていたが、4年次に出場した全日本大学選抜相撲宇和島大会で左膝半月板損傷と左膝前十字靭帯損傷という大怪我を負い、大学最後の年は満足な成績を残すことは出来なかった。

大学卒業後は同郷長崎出身で大学の先輩にもあたる境川親方(元小結・両国)の境川部屋へと入門。平成29年3月場所からは同じ長崎出身の大正時代の大関「對馬洋」の四股名を名乗ることに。直接の血縁関係はないが自身の父親は対馬出身。

四股名
對馬洋 勝満(つしまなだ まさみつ)
最高位
幕下6枚目
最新番付
西 幕下22枚目
出身地
長崎県 諫早市
本名
梅野 勝満
生年月日
平成5年(1993)6月27日(27歳)
出身高校
諫早農業高校
出身大学
日本大学
所属部屋
境川部屋
改名歴
梅野⇒對馬洋
初土俵
平成28年(2016)5月(22歳11ヵ月)
優勝
無し
通算成績
96勝58敗14休/153出場(勝率:62.7%)
直近7場所
27勝15敗
7場所勝率
64.3%
令2年11月
西 幕下22枚目(16枚半降下)
0勝0敗
令2年9月
東 幕下6枚目(15枚半上昇)
2勝5敗
-●-●-|●●-●-|○-○--
令2年7月
西 幕下21枚目(5枚半上昇)
6勝1敗
○--○-|●-○-○|-○-○-
令2年3月
東 幕下27枚目(5枚半降下)
4勝3敗
-○○-○|-●-○-|-●--●
令2年1月
西 幕下21枚目(30枚上昇)
3勝4敗
-●-○-|○-○-●|●-●--
令元年11月
西 幕下51枚目(45枚上昇)
6勝1敗
○-○--|○○-○-|○-●--
令元年9月
西 三段目36枚目
6勝1敗
-○-○-|○-○○-|●-○--

佐田剛

佐田剛 康祐(さだつよし こうすけ)は東京都 足立区出身、境川部屋の力士。令和2年11月場所の番付は最高位更新となる東 序二段4枚目。

台東区の小松竜道場で中3より相撲を始め、日体大柏高校相撲部では関東大会団体で8強入りするなど実績をあげた。目標とする力士は魁皇

四股名
佐田剛 康祐(さだつよし こうすけ)
最高位
序二段4枚目
最新番付
東 序二段4枚目
出身地
東京都 足立区
本名
今野 康祐
生年月日
平成10年(1998)9月17日(22歳)
出身高校
日体大柏高校
所属部屋
境川部屋
改名歴
今野⇒佐田剛
初土俵
平成29年(2017)3月(18歳6ヵ月)
優勝
無し
通算成績
71勝69敗0休/140出場(勝率:50.7%)
直近7場所
22勝20敗
7場所勝率
52.4%
令2年11月
東 序二段4枚目(21枚上昇・最高位更新)
0勝0敗
令2年9月
東 序二段25枚目(20枚降下)
4勝3敗
○-●-●|--●-○|-○○--
令2年7月
東 序二段5枚目(21枚半上昇・最高位更新)
2勝5敗
●-○--|●○--●|●--●-
令2年3月
西 序二段26枚目(45枚上昇)
4勝3敗
-●○--|○-●●-|-○○--
令2年1月
西 序二段71枚目(51枚半降下)
5勝2敗
○-●--|○○--○|-●-○-
令元年11月
東 序二段20枚目(78枚上昇)
1勝6敗
●-●-●|--●●-|●-○--
令元年9月
東 序二段98枚目
6勝1敗
●-○-○|--○-○|-○○--

阿蘇ノ山

阿蘇ノ山 勇成(あそのやま ゆうせい)は熊本県 阿蘇市出身、境川部屋の力士。令和2年11月場所の番付は最高位更新となる東 幕下53枚目。

小4からわんぱく相撲全国大会に出場、小5の時には「大鵬の孫」納谷に敗れてベスト16に。高校は文徳高に進学し相撲部で活躍。しかし平成29年の国体団体では決勝に進出するも、またもや納谷に敗れて惜しくも2位に。角界では過去の雪辱を晴らしたい。

四股名
阿蘇ノ山 勇成(あそのやま ゆうせい)
最高位
幕下53枚目
最新番付
東 幕下53枚目
出身地
熊本県 阿蘇市
本名
中西 勇成
生年月日
平成11年(1999)11月9日(20歳)
出身高校
文徳高校
所属部屋
境川部屋
改名歴
中西⇒阿蘇錦⇒阿蘇ノ山
初土俵
平成30年(2018)1月(18歳2ヵ月)
優勝
無し
通算成績
60勝31敗14休/91出場(勝率:65.9%)
直近7場所
23勝12敗7休
7場所勝率
65.7%
令2年11月
東 幕下53枚目(48枚上昇・最高位更新)
0勝0敗
令2年9月
東 三段目41枚目(62枚上昇)
6勝1敗
○-○--|○-○●-|-○○--
令2年7月
東 序二段3枚目(61枚降下)
6勝1敗
○--●-|○-○-○|○--○-
令2年3月
東 三段目42枚目(22枚降下)
0勝0敗7休
ややややや|ややややや|ややややや
令2年1月
東 三段目20枚目(13枚上昇・最高位更新)
3勝4敗
-●●-●|--○●-|○--○-
令元年11月
東 三段目33枚目(15枚上昇・最高位更新)
4勝3敗
-○-●-|○-●-○|-○-●-
令元年9月
東 三段目48枚目
4勝3敗
-○○-○|-●-○-|-●●--

田中山

田中山 虎之介(たなかやま とらのすけ)は新潟県 糸魚川市出身、境川部屋の力士。令和2年11月場所の番付は最高位更新となる西 幕下52枚目。

東京都墨田区で生まれ、中学は糸魚川市立能生中学校へと相撲留学。平成28年の全国都道府県中学生選手権個人無差別級で優勝。新潟の海洋高に入学も1年で中退し境川部屋の門を叩いた。祖父は元関脇の「デゴイチ」こと黒姫山(12代武隈)、父は元幕下の羽黒灘。当初は東京都出身としていたが、祖父の出身地であり自身の「相撲の礎」でもある新潟県糸魚川市を出身地として改めた。

四股名
田中山 虎之介(たなかやま とらのすけ)
最高位
幕下52枚目
最新番付
西 幕下52枚目
出身地
新潟県 糸魚川市
本名
田中 虎之介
生年月日
平成14年(2002)1月24日(18歳)
出身高校
海洋高校・中退
所属部屋
境川部屋
初土俵
平成30年(2018)5月(16歳4ヵ月)
優勝
無し
通算成績
54勝37敗0休/91出場(勝率:59.3%)
直近7場所
22勝20敗
7場所勝率
52.4%
令2年11月
西 幕下52枚目(47枚上昇・最高位更新)
0勝0敗
令2年9月
西 三段目39枚目(9枚降下)
6勝1敗
-●-○○|-○--○|○--○-
令2年7月
西 三段目30枚目(16枚半上昇)
3勝4敗
●--●-|○-●○-|-●-○-
令2年3月
東 三段目47枚目(36枚降下)
4勝3敗
-○○--|●●--○|○---●
令2年1月
東 三段目11枚目(13枚半降下)
1勝6敗
-●●--|●●-●-|○--●-
令元年11月
西 幕下57枚目(20枚半上昇・最高位更新)
3勝4敗
●--●●|--○-○|●--○-
令元年9月
東 三段目18枚目
5勝2敗
-●-○○|-○-○-|○-●--

西乃龍

西乃龍 龍太朗(にしのりゅう りゅうたろう)は大阪府 大阪市中央区出身、境川部屋の力士。令和2年11月場所の番付は最高位更新となる西 三段目8枚目。

近大附属中学時代は陸上で砲丸投げの選手だったが相撲をやりたくて中2の2学期から埼玉栄中へと転校。埼玉栄高校へと進学して高校総体、国体団体戦で優勝。父親は出羽海部屋の元幕内で平成5年に引退した常の山。

四股名
西乃龍 龍太朗(にしのりゅう りゅうたろう)
最高位
三段目8枚目
最新番付
西 三段目8枚目
出身地
大阪府 大阪市中央区
本名
下村 龍太朗
生年月日
平成12年(2000)8月20日(20歳)
出身高校
埼玉栄高校
所属部屋
境川部屋
改名歴
下村⇒西乃龍
初土俵
平成30年(2018)11月(18歳3ヵ月)
優勝
無し
通算成績
42勝28敗0休/70出場(勝率:60%)
直近7場所
25勝17敗
7場所勝率
59.5%
令2年11月
西 三段目8枚目(55枚上昇・最高位更新)
0勝0敗
令2年9月
西 三段目63枚目(6枚半降下)
6勝1敗
○-○-○|-○-○-|●-○--
令2年7月
東 三段目57枚目(21枚降下)
3勝4敗
-●-●-|○○-○-|●--●-
令2年3月
東 三段目36枚目(15枚半上昇・最高位更新)
3勝4敗
○-○-○|-●-●-|-●-●-
令2年1月
西 三段目51枚目(20枚上昇・最高位更新)
4勝3敗
○-○-○|--○●-|-●-●-
令元年11月
西 三段目71枚目(36枚上昇・最高位更新)
4勝3敗
-○○-●|-○--●|●--○-
令元年9月
西 序二段7枚目
5勝2敗
●--●-|○○-○-|-○-○-

大石

周防灘 崇仁(すおうなだ たかのぶ)は山口県 山口市出身、境川部屋の力士で最高位は序二段81枚目。令和2年11月場所の番付は西 序二段107枚目。

相撲経験は無かったが鴻城高校2年のときに日本の国技である相撲の世界に入りたいと思い立つ。それを知ったレスリング部の監督に誘われて身体を鍛えるためにレスリングを始めた大石は、監督の伝手で境川部屋を紹介してもらい入門が決まった。

四股名
周防灘 崇仁(すおうなだ たかのぶ)
最高位
序二段81枚目
最新番付
西 序二段107枚目
出身地
山口県 山口市
本名
大石 崇仁
生年月日
平成12年(2000)12月26日(19歳)
出身高校
鴻城高校
所属部屋
境川部屋
改名歴
大石⇒周防灘
初土俵
平成31年(2019)1月(18歳1ヵ月)
優勝
無し
通算成績
23勝40敗0休/63出場(勝率:36.5%)
直近7場所
17勝25敗
7場所勝率
40.5%
令2年11月
西 序二段107枚目(26枚半降下)
0勝0敗
令2年9月
東 序二段81枚目(33枚上昇・最高位更新)
2勝5敗
●--●○|-●-○-|●-●--
令2年7月
東 序二段114枚目(12枚降下)
4勝3敗
-●●--|○○--●|-○○--
令2年3月
東 序二段102枚目(20枚降下)
2勝5敗
●-●--|●●-●-|○---○
令2年1月
東 序二段82枚目(43枚半上昇・最高位更新)
2勝5敗
-●-●○|-●--●|-○--●
令元年11月
西 序ノ口17枚目(4枚上昇)
4勝3敗
-●-●-|○-○-○|-●-○-
令元年9月
西 序ノ口21枚目
3勝4敗
●-○-●|--○●-|-○-●-

東海

房州山 有真(ぼうしゅうやま ゆうま)は千葉県 市原市出身、境川部屋の力士で最高位は序二段99枚目。令和2年11月場所の番付は東 序ノ口9枚目。

市原市立西小学2年の頃から相撲を始め、小5で出場したわんぱく相撲全国大会では3回戦まで進んだ。辰巳中学で始めた柔道は初段の腕前。自らの意思で境川部屋への入門を決めた。

四股名
房州山 有真(ぼうしゅうやま ゆうま)
最高位
序二段99枚目
最新番付
東 序ノ口9枚目
出身地
千葉県 市原市
本名
東海 勇真
生年月日
平成16年(2004)6月23日(16歳)
所属部屋
境川部屋
改名歴
東海⇒房州山
初土俵
令和2年(2020)3月(15歳9ヵ月)
優勝
無し
通算成績
6勝8敗0休/14出場(勝率:42.9%)
直近7場所
6勝8敗
7場所勝率
42.9%
令2年11月
東 序ノ口9枚目(22枚降下)
0勝0敗
令2年9月
東 序二段99枚目(44枚上昇・最高位更新)
2勝5敗
-●●-●|--●●-|○--○-
令2年7月
東 序ノ口31枚目(出世)
4勝3敗
-○●--|○○--●|○-●--
令2年3月
前相撲

吉野

肥州山 慶児(ひしゅうやま けいじ)は熊本県 菊池市出身、境川部屋の力士で最高位は序ノ口11枚目。令和2年11月場所の番付は西 序ノ口14枚目。

菊池市立七城小学4年の頃から七城相撲愛育会で相撲を始めて小6で全日本小学生優勝大会に出場した。七城中学1年の時には団体戦の選手として九州大会にも出場。角界入りを志したのは中2の頃で、自ら進んで境川部屋の門を叩いた。

四股名
肥州山 慶児(ひしゅうやま けいじ)
最高位
序ノ口11枚目
最新番付
西 序ノ口14枚目
出身地
熊本県 菊池市
本名
吉野 慶児
生年月日
平成16年(2004)7月8日(16歳)
所属部屋
境川部屋
改名歴
吉野⇒肥州山
初土俵
令和2年(2020)3月(15歳8ヵ月)
優勝
無し
通算成績
6勝8敗0休/14出場(勝率:42.9%)
直近7場所
6勝8敗
7場所勝率
42.9%
令2年11月
西 序ノ口14枚目(3枚降下)
0勝0敗
令2年9月
西 序ノ口11枚目(12枚上昇・最高位更新)
3勝4敗
-●-○-|●●--○|●-○--
令2年7月
西 序ノ口23枚目(出世)
3勝4敗
●-○-●|-●--○|-○●--
令2年3月
前相撲

山口

佐田の城 慶太(さだのじょう けいた)は千葉県 市原市出身、境川部屋の力士。令和2年11月場所の番付は最高位更新となる西 序ノ口17枚目。

辰巳台中学では柔道部に所属し初段の腕前。本格的な相撲の経験は無かったが、小6のときに出場した市原市のちびっこ相撲大会では2位になったことがある。自らの意思で境川部屋への入門を決めた。

四股名
佐田の城 慶太(さだのじょう けいた)
最高位
序ノ口17枚目
最新番付
西 序ノ口17枚目
出身地
千葉県 市原市
本名
山口 慶太
生年月日
平成17年(2005)1月5日(15歳)
所属部屋
境川部屋
改名歴
山口⇒佐田の城
初土俵
令和2年(2020)3月(15歳2ヵ月)
優勝
無し
通算成績
5勝9敗0休/14出場(勝率:35.7%)
直近7場所
5勝9敗
7場所勝率
35.7%
令2年11月
西 序ノ口17枚目(半枚上昇・最高位更新)
0勝0敗
令2年9月
東 序ノ口18枚目(10枚上昇・最高位更新)
3勝4敗
-●○-○|-●--●|●--○-
令2年7月
東 序ノ口28枚目(出世)
2勝5敗
●-●-○|-●-○-|-●●--
令2年3月
前相撲

境川部屋の部屋付き親方

関ノ戸親方

青森県弘前市出身、境川部屋の元力士で最高位は小結。青森大学相撲部出身初の幕内力士。卒業後の2年間は就職してアマチュア相撲で活躍したが、高校相撲部時代の友人が急逝したことにより角界入りを決意。体力を活かした立ち合いからの破壊力を武器に三役にまで駆け上がった。平成22年夏場所を小脳梗塞により休場、翌場所も全休で幕下陥落が濃厚となり引退を決意した。

  • 18代・関ノ戸 竜太(境川部屋)
  • 四股名 :岩木山 竜太(いわきやま りゅうた)
  • 最高位 :小結
  • 年寄名跡:18代関ノ戸
  • 出身地 :青森県弘前市
  • 本 名 :對馬 竜太
  • 生年月日:昭和51年(1976)3月2日(44歳)
  • 出身大学:青森大学
  • 所属部屋:中立⇒境川部屋
  • 改名歴 :對馬⇒岩木山
  • 初土俵 :平成12年(2000)7月・幕下60付出(24歳4ヵ月)
  • 新十両 :平成14年(2002)3月(26歳0ヵ月)
  • 新入幕 :平成14年(2002)11月(26歳8ヵ月)
  • 新三役 :平成15年(2003)11月(27歳8ヵ月)
  • 最終場所:平成22年(2010)9月(34歳6ヵ月)
  • 生涯戦歴:407勝365敗78休/769出場(62場所)
  • 生涯勝率:52.7%
  • 優勝等 :幕内次点1回,十両優勝2回,三段目優勝1回
  • 成 績 :敢闘賞1回,技能賞1回,金星1個
  • 幕内戦歴:293勝318敗34休(43場所)勝率:48.0%
  •   小結:10勝20敗(2場所)勝率:33.3%
  •   前頭:283勝298敗34休(41場所)勝率:48.7%
  • 十両戦歴:72勝33敗30休(9場所)勝率:68.6%

君ヶ濱親方

青森県弘前市出身、境川部屋の元力士で最高位は前頭14枚目。高校は「相撲の名門」青森県立木造高校。同校の先輩である舞の海に「君は大学相撲よりもプロに向いている」とスカウトされたことで中立部屋への入門を決意。序ノ口優勝を皮切りに各段で優勝同点などの好成績をあげ、平成18年3月に新十両に昇進すると2場所目で優勝同点、3場所目で十両優勝をあげて翌平成18年9月場所での新入幕を決めた。

  • 11代・君ヶ濱 幸観(境川部屋)
  • 四股名 :寶智山 幸観(ほうちやま こうかん)
  • 最高位 :前頭14枚目
  • 年寄名跡:11代君ヶ濱
  • 出身地 :青森県弘前市
  • 本 名 :棟方 幸観
  • 生年月日:昭和57年(1982)1月18日(38歳)
  • 所属部屋:中立⇒境川部屋
  • 改名歴 :寶智山⇒寶千山
  • 初土俵 :平成12年(2000)3月(18歳2ヵ月)
  • 新十両 :平成18年(2006)3月(24歳2ヵ月)
  • 新入幕 :平成18年(2006)9月(24歳8ヵ月)
  • 最終場所:平成26年(2014)1月(32歳0ヵ月)
  • 生涯戦歴:399勝400敗7休/799出場(83場所)
  • 生涯勝率:49.9%
  • 優勝等 :十両優勝1回(同点1),幕下同点1回,三段目優勝1回,序二段同点1回,序ノ口優勝1回
  • 幕内戦歴:27勝63敗(6場所)勝率:30.0%
  • 十両戦歴:169勝176敗(23場所)勝率:49.0%

山科親方

長崎県南島原市出身、境川部屋の元力士で最高位は前頭2枚目。小学5年生から柔道を始め、長崎の小浜高校柔道部では県大会準優勝の成績をあげた。卒業後に境川部屋に入門すると柔道の「お家芸」である投げ技を封印、突きと押し相撲に徹した。境川部屋初の長崎出身関取。入幕後は一進一退を繰り返して幕内と十両を往復。やがて股関節の状態は悪化し、日常生活に支障をきたすまでとなり引退を決意。

  • 14代・山科 哲博(境川部屋)
  • 四股名 :佐田の富士 哲博(さだのふじ あきひろ)
  • 最高位 :前頭2枚目
  • 年寄名跡:12代中村⇒14代山科
  • 出身地 :長崎県南島原市
  • 本 名 :山本 哲博
  • 生年月日:昭和59年(1984)12月25日(35歳)
  • 所属部屋:境川部屋
  • 改名歴 :山本⇒佐田の富士
  • 初土俵 :平成15年(2003)1月(18歳1ヵ月)
  • 新十両 :平成22年(2010)3月(25歳3ヵ月)
  • 新入幕 :平成23年(2011)11月(26歳11ヵ月)
  • 最終場所:平成29年(2017)5月(32歳5ヵ月)
  • 生涯戦歴:434勝459敗14休/893出場(86場所)
  • 生涯勝率:48.6%
  • 優勝等 :十両優勝1回,幕下同点1回
  • 幕内戦歴:137勝193敗(22場所)勝率:41.5%
  • 十両戦歴:124勝131敗(17場所)勝率:48.6%

武隈親方

大阪府寝屋川市出身、境川部屋の元力士で最高位は大関。小5でわんぱく横綱。「相撲の名門」埼玉栄高校では11個の個人タイトルを獲得。初の「高卒幕下付出」を期待された全日本相撲選手権大会では高校生として史上4人目となる3位を獲得した。

春日野部屋の栃煌山とは幼少時から切磋琢磨してきたライバル。昭和以降1位となる関脇在位連続14場所を経て平成26年9月場所に大関昇進。平成28年9月場所では悲願の幕内初優勝を全勝で達成。日本人力士の全勝優勝は平成8年(1996)9月場所の横綱・貴乃花以来20年ぶりのもの。

カド番で迎えた令和2年初場所、12日目に朝乃山に敗れて負け越しが決定、千秋楽では阿武咲に敗れて5勝10敗と大きく負け越した。大関在位33場所、約5年半戦い抜いた座からの陥落が決まった翌日、潔い現役引退が報じられた。14代武隈を襲名。

  • 14代・武隈 豪太郎(境川部屋)
  • 四股名 :豪栄道 豪太郎(ごうえいどう ごうたろう)
  • 最高位 :大関
  • 年寄名跡:14代武隈
  • 出身地 :大阪府寝屋川市
  • 本 名 :澤井 豪太郎
  • 生年月日:昭和61年(1986)4月6日(34歳)
  • 所属部屋:境川部屋
  • 改名歴 :澤井⇒豪栄道
  • 初土俵 :平成17年(2005)1月(18歳9ヵ月)
  • 新十両 :平成18年(2006)11月(20歳7ヵ月)
  • 新入幕 :平成19年(2007)9月(21歳5ヵ月)
  • 新三役 :平成20年(2008)11月(22歳7ヵ月)
  • 新大関 :平成26年(2014)9月(28歳5ヵ月)
  • 最終場所:令和2年(2020)1月(33歳9ヵ月)
  • 生涯戦歴:696勝493敗66休/1180出場(90場所)
  • 生涯勝率:58.5%
  • 優勝等 :幕内優勝1回(同点1・次点6),十両同点1回,幕下優勝2回,三段目優勝1回,序ノ口優勝1回
  • 成 績 :殊勲賞5回,敢闘賞3回,技能賞3回,金星1個
  • 幕内戦歴:587勝442敗66休(73場所)勝率:57.0%
  •   大関:260勝194敗41休(33場所)勝率:57.3%
  •   関脇:132勝92敗1休(15場所)勝率:58.9%
  •   小結:26勝34敗(4場所)勝率:43.3%
  •   前頭:169勝122敗24休(21場所)勝率:58.1%
  • 十両戦歴:57勝33敗(6場所)勝率:63.3%

境川親方の経歴

長崎県長崎市出身、出羽海部屋の元力士で最高位は小結。小中時代には柔道などで身体を鍛え、進学した諫早農業高等学校で相撲を始めた。進学した日本大学でも相撲部に所属し主将として団体戦に貢献。このころ明治大学相撲部で活躍していた綛田(のちの栃乃和歌、現・春日野親方)とは同級生でありライバル。

大学卒業とともに同郷の9代出羽海(元横綱・佐田の山)が率いる出羽海部屋へと入門。昭和62(1987)年3月場所で新入幕を果たすと出羽海部屋伝統の四股名「両国」を授かった(代々続く四股名は「國」の字を用いる)。

新入幕から2場所連続勝ち越しで昭和62(1987)年7月場所には早くも新小結へと昇進。周囲の期待は大いに高まったが6勝9敗で負け越してしまう。その後、3度小結の地位で土俵にあがったが大学時代に痛めた腰の影響もあり一度も勝ち越すことは出来なかった。しかし奪った3個の金星はすべて千代の富士からという実力者。

現役引退後は12代中立を襲名して出羽海部屋の部屋付親方として後進の指導にあたっていたが、平成10年(1998)5月25日に分家独立を果たし中立部屋を創設、その後平成15年(2003)1月26日には12代境川(元横綱・佐田の山)と名跡を交換をして部屋の名称は境川部屋へと変わった。その指導力には定評があり、幾多の関取を育て上げた男気溢れる熱血親方。

  • 13代・境川 豪章
  • 四股名 :両国 梶之助(りょうごく かじのすけ)
  • 最高位 :小結
  • 年寄名跡:中立境川
  • 出身地 :長崎県長崎市
  • 本 名 :小林 秀昭
  • 生年月日:昭和37年(1962)7月30日(58歳)
  • 出身大学:日本大学
  • 所属部屋:出羽海部屋
  • 改名歴 :小林山⇒両国
  • 初土俵 :昭和60年(1985)3月・幕下60付出(22歳8ヵ月)
  • 新十両 :昭和61年(1986)3月(23歳8ヵ月)
  • 新入幕 :昭和62年(1987)3月(24歳8ヵ月)
  • 新三役 :昭和62年(1987)7月(25歳0ヵ月)
  • 最終場所:平成5年(1993)1月(30歳6ヵ月)
  • 生涯戦歴:316勝313敗20休/626出場(47場所)
  • 生涯勝率:50.2%
  • 優勝等 :十両優勝1回(同点2)
  • 成 績 :殊勲賞1回,敢闘賞1回,金星3個
  • 幕内戦歴:217勝252敗11休(32場所)勝率:46.3%
  •   小結:21勝39敗(4場所)勝率:35.0%
  •   前頭:196勝213敗11休(28場所)勝率:47.9%
  • 十両戦歴:64勝47敗9休(8場所)勝率:57.7%

過去から現在までの境川部屋力士はこちら

ここまでは境川部屋の現役力士と親方などをご紹介してきましたが、この境川部屋の過去から現在までの所属力士をまとめた記事もご用意しています。興味を持たれた方はどうぞ。

出身地別、力士別、初土俵別など様々な方法で力士データをまとめています。

ネットでの大相撲観戦といえばAbemaTV!「AbemaTV」での視聴方法について解説しています。序ノ口から結びの一番まで完全無料生中継!ぜひ確認してみてください。

当サイトのいろんな記事へのリンクをまとめたナビゲーションページです。

カテゴリー : 出羽海一門

公開日:2017-12-29
投稿者:レイ

コメントはお気軽にどうぞ

※当サイトは個人が運営するサイトであり、日本相撲協会及び、各相撲部屋とは関連がないことをご了承ください。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。※当サイトは個人が運営するサイトです。