沖縄県出身力士の番付と場所成績に基礎情報を網羅した現役力士一覧

沖縄県出身力士の番付と成績、そして基礎情報をまとめてご紹介します。

この番付表では最新場所である令和元年7月場所(名古屋場所)の番付だけではなく、先場所からどれだけ番付が上がったのかを成績と共に比べて確認できます。

また、表の内容は4つに分かれており、ボタンによって切り替えることができます。そして、表の下には所属力士の勝敗数をまとめて集計していますので「部屋としての全体の力」も確認できます。

場所中には日々更新していきますので、観戦のお供にどうぞご活用ください。

また、日々の対戦相手と勝敗が一目で分かる星取表もあわせてご覧ください。

他の出身地の番付と成績も見てみたい方は出身地目次より選んでください。部屋毎の番付・成績もご用意しております。

大相撲観戦におすすめの1冊をご紹介。全力士や親方はもちろん、行司さんや呼出さんなどの裏方の方々もすべて顔写真付きで載っている、まさに観戦のお供といえる大相撲力士名鑑です。

大相撲9月場所(両国国技館)の先行抽選は7/14(日)11:00~8/2(金)11:00です。

大相撲9月場所:9/8(日)~9/22(日)両国国技館

沖縄出身の過去から現在までの主な力士達はこちらの記事をどうぞ。

スポンサーリンク

沖縄県出身力士の番付と成績・力士一覧(千秋楽)

番付 (令元.7)四股名よみ令元.7 場所成績7月場所星取表番付推移 7←5月変動S 7←5月変動枚数 7←5月番付 (令元.5)令元.5 場所成績5月場所星取表番付推移 令元.5←平31.3月変動S 令元.5←平31.3月変動枚数 令元.5←平31.3月番付 (平31.3)平31.3 場所成績番付推移 5←1月変動S 5←1月変動枚数 5←1月番付 (平31.1)平31.1 場所成績番付推移 H31.1←H30.11月変動S H31.1←H30.11月変動枚数 H31.1←H30.11月番付 (平30.11)平30.11 場所成績番付推移 11←9月変動S 11←9月変動枚数 11←9月番付 (平30.9)平30.9 場所成績番付推移 9←7月変動S 9←7月変動枚数 9←7月番付 (平30.7)平30.7 場所成績過去6場所 成績過去6場所 勝率2019年 年間成績2019年 年間勝率最高位出身地部屋一門年齢生年月日大相撲歴本名旧所属旧四股名身長(㎝)体重(㎏)BMI出身高校出身大学初土俵初土俵 年齢新十両新十両 年齢新入幕新入幕 年齢新三役新三役 年齢大関昇進大関昇進 年齢横綱昇進横綱昇進 年齢優勝三賞・金星通算 勝利数通算 敗数通算 休数出場回数通算 勝率(%)出身エリア

※表は横にスクロールします。また、表示件数を切り替えることで上下のスクロールも可能です。項目をクリックすることで表を並べ替えることが出来ます。
番付表の記号等、補足事項はこちらをどうぞ

スポンサーリンク


沖縄県出身力士の星取表(千秋楽)

四股名成績番付初日2日3日4日5日6日7日中日9日10日11日12日13日14日千秋楽出身地部屋

スポンサーリンク



沖縄出身の主な現役力士を紹介

沖縄県出身の主な現役力士を初土俵順でご紹介します。

松山

小学生の頃には柔道経験あり。序ノ口デビューから平成28年7月までは本名の「大海」から出羽大海と名乗っていた

松山 大海(まつやま ひろみ)
出身地 :沖縄県宮古島市
本 名 :松山 大海
生年月日:平成8年(1996)11月12日(22歳)
所属部屋:出羽海部屋
改名歴 :松山⇒出羽大海⇒松山
初土俵 :平成24年(2012)3月(15歳4ヵ月)

千代の勝

沖縄県うるま市出身。中学までは野球少年だったが中部農林高では相撲部に入部して実績を残した。卒業後に九重部屋へと入門、平成26年春場所では序二段で全勝優勝を遂げた

千代の勝 光王(ちよのかつ みつお)
出身地 :沖縄県うるま市
本 名 :勝山 光王
生年月日:平成6年(1994)4月13日(25歳)
所属部屋:九重部屋
改名歴 :勝山⇒千代の勝
初土俵 :平成25年(2013)3月(18歳11ヵ月)
優勝等 :序二段優勝1回

美ノ海

4人兄弟の三男で弟は同じ木瀬部屋の木崎海。沖縄の具志川中学時代に参加した鳥取城北高校の合宿の厳しさを肌で感じて鳥取城北高への進学を決意。高校の同期には逸ノ城が。鳥取城北高3年次に国体で団体優勝、個人戦も決勝での逸ノ城との対戦を制して優勝。日本大学に進学し4年次には主将として全国学生相撲選手権大会で団体優勝を飾った。付出資格は得られなかったが木瀬部屋の門を叩いて前相撲からスタートし、初土俵から15場所目となる平成30年7月場所で新十両昇進となった。この時に四股名を「美ノ海」と改めた

美ノ海 義久(ちゅらのうみ よしひさ)
出身地 :沖縄県うるま市
本 名 :木崎 信志
生年月日:平成5年(1993)5月6日(26歳)
出身大学:日本大学
所属部屋:木瀬部屋
改名歴 :木崎⇒美ノ海
初土俵 :平成28年(2016)3月(22歳10ヵ月)
新十両 :平成30年(2018)7月(25歳2ヵ月)
優勝等 :幕下優勝1回,三段目優勝1回,序二段優勝1回

沖縄県那覇市出身。野球や砲丸投げなどに励んでいて本格的な相撲経験はなかったが、竹富町立船浦中学2年次に出場した八重山総体では相撲で優勝を飾った。これを機に各界入りを志望するようになり知人の伝手で宮城野部屋へと入門

美 璃空(ちゅら りく)
出身地 :沖縄県八重山郡竹富町
本 名 :島袋 璃空
生年月日:平成13年(2001)4月10日(18歳)
所属部屋:宮城野部屋
改名歴 :島袋⇒美
初土俵 :平成29年(2017)3月(15歳11ヵ月)

海波

沖縄県石垣市出身で中学ではバスケの選手。立浪親方の兄が石垣島に遊びに来たことがきっかけで立浪部屋への入門が決まった

海波 海波(みなみ みなみ)
出身地 :沖縄県石垣市
本 名 :新垣 海波
生年月日:平成14年(2002)3月26日(17歳)
所属部屋:立浪部屋
初土俵 :平成29年(2017)3月(15歳0ヵ月)

木崎海

うるま市の智心館に小1から通い始めて小5でわんぱく相撲全国大会に出場。鳥取市立西中学へと相撲留学、さらに鳥取城北高校へと進学した。高校3年次に高校総体優勝、これにより高校横綱に。日本大学進学後も数々の大会で活躍し三段目付け出し資格を獲得。兄とおなじ木瀬部屋への入門を決めた。令和元年7月場所にて新十両昇進。史上21組目の兄弟関取誕生となった

木崎海 伸之助(きざきうみ しんのすけ)
出身地 :沖縄県うるま市
本 名 :木崎 伸之助
生年月日:平成7年(1995)5月5日(24歳)
出身大学:日本大学
所属部屋:木瀬部屋
初土俵 :平成30年(2018)3月・三段目100付出(22歳10ヵ月)
新十両 :令和元年(2019)7月(24歳2ヵ月)

浪満

同じ部屋の明生とは祖父同士が兄弟という親戚関係。3歳から空手を始めて中2に全国大会出場で団体32強入り。相撲は中3の頃から助っ人として始めて高校で本格的に取り組むが1年で中退。そこへ立浪親方から誘いがあり入門となった

浪満 力(ろまん ちから)
出身地 :沖縄県名護市
本 名 :川畑 六満
生年月日:平成13年(2001)4月24日(18歳)
所属部屋:立浪部屋
初土俵 :平成30年(2018)5月(17歳1ヵ月)

當眞

曙小学校1年次から奥武山相撲クラブで相撲を始めて、わんぱく相撲全国大会で小4から3年連続優勝。全国小学生優勝大会でも小4から3年連続優勝。小6次には白鵬杯で優勝。高校は鳥取城北高に相撲留学、高1で高校総体団体優勝など数々の大会で優秀な成績をおさめた。白鵬杯優勝時に白鵬に誘われていたことを糧に努力を重ね、高校卒業とともに宮城野部屋への門を叩いた

當眞 嗣斗(とうま つぐと)
出身地 :沖縄県那覇市
本 名 :當眞 嗣斗
生年月日:平成12年(2000)5月10日(19歳)
所属部屋:宮城野部屋
初土俵 :平成31年(2019)3月(18歳10ヵ月)

スポンサーリンク

過去から現在までの沖縄出身力士はこちら

ここまでは沖縄出身の現役力士の番付や成績を中心にご紹介してきましたが、過去から現在までの沖縄県の大相撲力士をまとめた記事もご用意しています。興味を持たれた方はどうぞ。

他の出身地の番付と成績も見てみたい方は出身地目次より選んでください。

その他のページリンク

こちらの出身地別番付と同様の情報が詰まった情報盛り沢山な最新番付表もご用意しています。先場所だけではなく、過去6場所分の成績が通算成績とともに一気に確認できます。さらに新十両や入幕などの昇進はいつだったのか?出身校や身長体重BMI等々…より詳細な情報も併せて載せていますので是非ご覧下さい。

地方巡業日程はこちら

力士や親方、裏方さんたちと間近で触れ合うチャンスは地方巡業です!巡業日程や詳細をご紹介しています。

現役力士褒賞金一覧と関取の推定年収はこちら

現役力士の力士褒賞金、通称「給金」を独自計算により一覧でご紹介さらに関取の推定年収も一覧表にしてまとめました。

現役力士の力士褒賞金と推定年収一覧! オススメ!

コメントはお気軽にどうぞ

ユーザー様の視聴環境

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。