力士の出身地別成績をランキングデータで発表!【令和2年1月場所】好調な出身地は?

令和2年初場所で好調な力士の出身地はどこか?気になりますよね。

そこで力士の出身地別での成績を独自に算出してみました。

算出するにあたって用いた項目は以下のとおりです。

  • 勝星の数
  • 勝敗差
  • 勝率
  • 勝ち越し力士の数
  • 勝ち越し率

それぞれ5項目ごとに順位をつけて、その順位を用いて独自に評価値を算出してみました。あくまで私的に算出したものですので、ご参考までとしてお楽しみください。

ランキングは関取、幕下以下(取的)、そしてすべての力士を合せた総合の3パターンで算出しております。

スポンサーリンク



力士の出身地別成績評価ランキング(総合)(令和2年1月場所11日目)

大相撲・2020年1月場所11日目・力士出身地総合ランキング
スポンサーリンク


関取の出身地別成績評価ランキング(令和2年1月場所11日目)

大相撲・2020年1月場所11日目・力士出身地総合ランキング
スポンサーリンク


幕下以下の出身地別成績評価ランキング(令和2年1月場所11日目)

大相撲・2020年1月場所11日目・力士出身地総合ランキング

各評価値の説明

それぞれの項目について考え方を補足させてください。

勝星の数

勝星の数で単純に順位づけをしています。当然、出身力士が多い出身地ほど勝星の数は自然と増えることになりますが、それは「力士の数も出身地の力のひとつ」と考えて、そのまま用いることにしてみました。

また、関取は15日間すべて取組がある為、関取が多い出身地のほうが後半で有利になると考えております。

勝敗差

相撲の世界では「勝ち越し」が重要ですが、勝敗差はそれ以上に重要な評価値になると思い、順位づけに用いています。

勝率

「勝星の数」は出身力士が多いほど有利なのに対して、勝率は力士の数が少ない出身地ほど高い値が出現する可能性があります。この2つでバランスを取ってみました。

勝ち越し力士の数

力士がまず目指すのは「勝ち越すこと」ですよね。これも出身力士が多い出身地ほど有利に働く項目だと思います。

勝ち越し率

勝ち越し率は出身力士の少ない出身地に対するボーナスのつもりで採用してみました。吉と出るか、凶と出るか?ふり幅の大きく項目ではあります。

おすすめの記事

当サイトのおすすめ記事をご紹介します。

詳細情報満載な番付表

最新場所の番付だけではなく過去6場所分の番付と成績がまとまっています。番付の昇降も枚数で確認でき、初土俵や各昇格時期がいつで何歳だったのか、大相撲歴なども分かる「相撲観戦におすすめ!」な番付です。

相撲部屋別ランキング

力士の出身地別だけではなく、相撲部屋別での勝利数や勝率、勝ち越し力士数なども一覧でご紹介しています。

部屋別、出身地別で力士情報が分かる!

部屋別や出身地別に番付と成績が確認できるページもご用意しています。併せてどうぞ。

相撲の裏方の一覧はこちら

現役力士褒賞金一覧と関取の推定年収はこちら

現役力士の力士褒賞金、通称「給金」を独自計算により一覧でご紹介さらに関取の推定年収も一覧表にしてまとめました。

現役力士の力士褒賞金と推定年収一覧! オススメ!

コメントはお気軽にどうぞ

ユーザー様の視聴環境

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。