静岡県出身力士の番付・星取表・基礎情報を網羅した現役力士一覧

静岡県出身力士の番付と成績、そして基礎情報をまとめてご紹介します。

この記事では様々な情報を網羅した力士一覧表をご用意しております。

最新場所である令和2年11月場所の番付はもちろん、過去6場所分の成績を確認することができます。

また、表の内容はボタンによって切り替えることができ、通算成績や力士の基礎情報などもシームレスに知るこができます。

最新場所については日々の対戦相手と勝敗が一目で分かる星取表もご覧頂けます。場所中は日々更新していきますので、観戦のお供にぜひご活用ください。

当サイトでは全ての出身地と部屋についても同様のページをご用意しております。

他の出身地の番付と成績も見てみたい方は部屋目次より選んでください。相撲部屋毎の番付・成績は部屋別目次からどうぞ。

この他にも静岡出身の過去から現在までの主な関取たちををまとめた記事もありますので併せてご覧ください。

力士一覧表(番付・星取表・成績・経歴)

No 四股名 直近7場所 成績 直近7場所 勝率 番付 (令2.11) 11月場所 成績 令和2年11月場所星取表 S1 番付 推移 変動 枚数 番付 (令2.9) 9月場所 成績 令和2年9月場所星取表 S2 番付 推移 変動 枚数 番付 (令2.7) 7月場所 成績 令和2年7月場所星取表 S3 番付 推移 変動 枚数 番付 (令2.3) 3月場所 成績 令和2年3月場所星取表 S4 番付 推移 変動 枚数 番付 (令2.1) 1月場所 成績 令和2年1月場所星取表 S5 番付 推移 変動 枚数 番付 (令元.11) 11月場所 成績 令和元年11月場所星取表 s6 番付 推移 変動 枚数 番付 (令元.9) 9月場所 成績 令和元年9月場所星取表 初日 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目 中日 9日目 10日目 11日目 12日目 13日目 14日目 千秋楽 最高位 出身地 部屋 一門 年齢 生年月日 大相撲歴 本名 旧四股名 旧所属 身長(㎝) 体重(㎏) BMI 出身高校 出身大学 初土俵 初土俵 年齢 新十両 新十両 年齢 新入幕 新入幕 年齢 新小結 新小結 年齢 新関脇 新関脇 年齢 大関昇進 大関昇進 年齢 横綱昇進 横綱昇進 年齢 幕内 優勝 十両 優勝 幕下 優勝 三段目 優勝 序二段 優勝 序ノ口 優勝 技能賞 殊勲賞 敢闘賞 金星 通算 勝利数 通算 敗数 通算 休数 出場回数 通算 勝率(%) s誕生日 s初土俵 s新十両 s新入幕 s新小結 s新関脇 s大関昇進 s横綱昇進 s初土俵年齢 s新十両年齢 s新入幕年齢 s新小結年齢 s新関脇年齢 s大関昇進年齢 s横綱昇進年齢 s7場所勝敗 s1勝敗 s2勝敗 s3勝敗 s4勝敗 s5勝敗 s6勝敗 s7勝敗 s2順 s3順 s4順 s5順 s6順 s7順 s1シフト s2シフト s3シフト s4シフト s5シフト s6シフト sしこな s最高位 s出身ふりがな s部屋ふりがな s7勝率 s勝 s敗 s休 s出 s勝率 s幕優 s十 s下 s三 s二 s口 s技 s殊 s敢 s金

※表は横にスクロールします。また、表示件数を切り替えることで上下のスクロールも可能です。項目をクリックすることで表を並べ替えることが出来ます。
番付表の記号等、補足事項はこちらをどうぞ


相撲部屋や出身地ごとの場所の成績からランキングを作成しております。初場所、好調な相撲部屋や力士の出身地はどこ?

静岡出身の現役力士

静岡県出身の現役力士を初土俵順にプロフィール付きでご紹介します。

翔傑

翔傑 喜昭(しょうけつ よしあき)は静岡県 伊豆市出身、芝田山部屋の力士で最高位は幕下4枚目。令和2年11月場所の番付は東 三段目57枚目。

三島高校相撲部時代には国体に出場。放駒部屋で初土俵を踏み、放駒親方の停年により芝田山部屋へと移籍。元横綱・稀勢の里(現・荒磯親方)が現役の頃には、その付け人を務めていたが、実は互いに幕下だった平成16年(2004)1月場所で優勝を争ったこともある仲。結果は萩原(稀勢の里)の全勝優勝となった。

四股名
翔傑 喜昭(しょうけつ よしあき)
最高位
幕下4枚目
最新番付
東 三段目57枚目
出身地
静岡県 伊豆市
本名
仲原 克明
生年月日
昭和51年(1976)9月5日(44歳)
出身高校
三島高校
所属部屋
放駒⇒芝田山部屋
改名歴
仲原⇒駒乃富士⇒駒ノ藤⇒駒乃富士⇒翔傑
初土俵
平成7年(1995)3月(18歳6ヵ月)
優勝
無し
通算成績
539勝518敗0休/1057出場(勝率:51%)
直近7場所
18勝24敗
7場所勝率
42.9%
令2年11月
東 三段目57枚目(28枚降下)
0勝0敗
令2年9月
東 三段目29枚目(8枚降下)
2勝5敗
-●-○●|-●-●-|○--●-
令2年7月
東 三段目21枚目(17枚半上昇)
3勝4敗
-●-○-|○●-●-|-○●--
令2年3月
西 三段目38枚目(20枚降下)
4勝3敗
-○●-○|--●-○|●--○-
令2年1月
西 三段目18枚目(14枚上昇)
3勝4敗
-○○-●|-●--●|-○-●-
令元年11月
西 三段目32枚目(25枚半降下)
4勝3敗
○--○-|●-○-○|-●●--
令元年9月
東 三段目7枚目
2勝5敗
●-○--|●-●●-|-○--●

香富士

香富士 竜大(かおるふじ りゅうた)は静岡県 沼津市出身、春日野部屋の力士で最高位は幕下38枚目。令和2年11月場所の番付は西 三段目86枚目。

入門は三保ヶ関部屋。平成25年9月場所を最後に部屋が閉鎖となり、春日野部屋への移籍となった。

四股名
香富士 竜大(かおるふじ りゅうた)
最高位
幕下38枚目
最新番付
西 三段目86枚目
出身地
静岡県 沼津市
本名
三好⇒遠藤 竜太
生年月日
昭和63年(1988)2月28日(32歳)
所属部屋
三保ヶ関⇒春日野部屋
改名歴
三好⇒香富士
初土俵
平成15年(2003)3月(15歳1ヵ月)
優勝
無し
通算成績
348勝372敗1休/720出場(勝率:48.3%)
直近7場所
23勝19敗
7場所勝率
54.8%
令2年11月
西 三段目86枚目(15枚半降下)
0勝0敗
令2年9月
東 三段目71枚目(5枚半降下)
3勝4敗
-●-○-|●-○-●|-●○--
令2年7月
西 三段目65枚目(64枚半上昇)
3勝4敗
-●-●-|○-●-●|-○--○
令2年3月
東 序二段30枚目(19枚半降下)
6勝1敗
○-○-○|--○○-|●--○-
令2年1月
西 序二段10枚目(19枚上昇)
3勝4敗
○-●--|●●--○|-○●--
令元年11月
西 序二段29枚目(24枚上昇)
4勝3敗
●--●○|-○-○-|●-○--
令元年9月
西 序二段53枚目
4勝3敗
-●●-○|-○-○-|○---●

大翔若

大翔若 金太郎(だいしょうわか きんたろう)は静岡県 伊東市出身、追手風部屋の力士で最高位は三段目4枚目。令和2年11月場所の番付は西 序二段32枚目。

生まれは青森県の黒石市。叔父は安治川部屋の元力士だった青森県黒石市出身、陸奥乾龍(元幕下24枚目)、平成8年(1996)5月場所を最後に引退したときは安緒の島という四股名だった。

四股名
大翔若 金太郎(だいしょうわか きんたろう)
最高位
三段目4枚目
最新番付
西 序二段32枚目
出身地
静岡県 伊東市
本名
金井⇒須藤 貴弘
生年月日
昭和61年(1986)11月21日(33歳)
所属部屋
追手風部屋
初土俵
平成15年(2003)5月(16歳6ヵ月)
優勝
無し
通算成績
348勝365敗1休/713出場(勝率:48.8%)
直近7場所
18勝24敗
7場所勝率
42.9%
令2年11月
西 序二段32枚目(21枚半降下)
0勝0敗
令2年9月
東 序二段11枚目(40枚半上昇)
3勝4敗
-●-●-|○-○-●|●-○--
令2年7月
西 序二段51枚目(40枚降下)
5勝2敗
○-●-○|-○-●-|○-○--
令2年3月
西 序二段11枚目(23枚半降下)
2勝5敗
○--○●|--●●-|●--●-
令2年1月
東 三段目88枚目(28枚降下)
2勝5敗
-●-●-|●-●○-|-●--○
令元年11月
東 三段目60枚目(18枚半上昇)
2勝5敗
-●-●●|--○-□|-●-●-
令元年9月
西 三段目78枚目
4勝3敗
-●○--|○-●-○|●--○-

磋牙司 洋之

磋牙司 洋之(さがつかさ ひろゆき)は静岡県 三島市出身、入間川部屋の力士で最高位は前頭9枚目。令和2年11月場所の番付は西 三段目19枚目。

三島市錦田小学6年生の時、わんぱく相撲全国大会で優勝してわんぱく横綱に、中学では静岡県代表として全国都道府県中学生相撲選手権大会に出場して個人と団体で優勝に輝く。さらに沼津学園(現・飛龍高)2年次には高校総体優勝で高校横綱に、3年次には高等学校相撲金沢大会で優勝と輝かしい実績を残した。

しかし進学した東洋大学では目立った活躍はなく付出資格となるタイトルを獲得できないまま4年間を終えることとなった。

身長が低かった為に第2新弟子検査を経て前相撲からのスタートとなった磯部だったが、粘り強い相撲で番付をあげていき初土俵から約3年半で新十両昇進を決めた。その後しばらくは十両と幕下を行き来していたが平成22年3月場所で新入幕を果たす。

怪我の影響で十両、さらに幕下陥落も経験したがそのたびに這い上がり3度の帰り入幕を遂げている。その3回目の入幕となった平成25年3月場所7日目に全治1か月の怪我を負ったことが影響して番付を大きく下げてはいるが、変化に頼らない取り口には一定の評価がある実力者。

四股名
磋牙司 洋之(さがつかさ ひろゆき)
最高位
前頭9枚目
最新番付
西 三段目19枚目
出身地
静岡県 三島市
本名
磯部 洋之
生年月日
昭和56年(1981)12月21日(38歳)
出身高校
沼津学園高校
出身大学
東洋大学
所属部屋
入間川部屋
改名歴
磯部⇒磋牙司
初土俵
平成16年(2004)3月(22歳3ヵ月)
新十両
平成19年(2007)11月(25歳11ヵ月)
新入幕
平成22年(2010)3月(28歳3ヵ月)
優勝
十両優勝1回,幕下優勝1回
通算成績
449勝435敗21休/882出場(勝率:50.9%)
直近7場所
16勝22敗4休
7場所勝率
42.1%
令2年11月
西 三段目19枚目(16枚半上昇)
0勝0敗
令2年9月
東 三段目36枚目(31枚降下)
4勝3敗
-●-○-|○-○-●|-●-○-
令2年7月
東 三段目5枚目(34枚降下)
1勝2敗4休
●-○-●|-やややや|ややややや
令2年3月
東 幕下31枚目(16枚半降下)
1勝6敗
●-●-●|-●-●-|○-●--
令2年1月
西 幕下14枚目(5枚上昇)
2勝5敗
-●-○-|●-●-○|-●-●-
令元年11月
西 幕下19枚目(5枚上昇)
4勝3敗
-●-○-|○-○-●|-○-●-
令元年9月
西 幕下24枚目
4勝3敗
-○-●-|●-●-○|-○-○-

龍司

龍司 成(りゅうつかさ しげ)は静岡県 富士宮市出身、入間川部屋の力士で最高位は三段目15枚目。令和2年11月場所の番付は東 序二段11枚目。

飛龍高校3年次に出場した高校総体団体では3位に。

四股名
龍司 成(りゅうつかさ しげ)
最高位
三段目15枚目
最新番付
東 序二段11枚目
出身地
静岡県 富士宮市
本名
金森 成男
生年月日
平成9年(1997)2月13日(23歳)
出身高校
飛龍高校
所属部屋
入間川部屋
改名歴
金森⇒龍司
初土俵
平成27年(2015)1月(17歳11ヵ月)
優勝
無し
通算成績
114勝108敗9休/220出場(勝率:51.8%)
直近7場所
15勝18敗9休
7場所勝率
46.9%
令2年11月
東 序二段11枚目(61枚降下)
0勝0敗
令2年9月
東 三段目50枚目(62枚半上昇)
0勝0敗7休
休場
令2年7月
西 序二段12枚目(33枚降下)
6勝1敗
○-●-○|-○--○|-○○--
令2年3月
西 三段目79枚目(50枚降下)
2勝5敗
-●-●○|--●●-|○---●
令2年1月
西 三段目29枚目(14枚降下)
0勝5敗2休
-■ややや|や-●●-|●-●--
令元年11月
西 三段目15枚目(14枚上昇・最高位更新)
3勝4敗
○-○-○|--●●-|-●●--
令元年9月
西 三段目29枚目
4勝3敗
●-○--|●-○-●|-○-○-

宮乃富司

宮乃富司 峻氏(みやのふじ たかし)は静岡県 富士宮市出身、入間川部屋の力士で最高位は三段目51枚目。令和2年11月場所の番付は東 序二段9枚目。

大宮小学校2年生の頃から富士宮相撲クラブで相撲を始めてわんぱく相撲全国大会などに出場、富士宮二中に進学する頃には大相撲入りを強く意識しはじめていた。富岳館高校でも様々な大会に出場し実績を積んだ。

四股名
宮乃富司 峻氏(みやのふじ たかし)
最高位
三段目51枚目
最新番付
東 序二段9枚目
出身地
静岡県 富士宮市
本名
村松 峻志
生年月日
平成9年(1997)7月28日(23歳)
出身高校
富岳館高校
所属部屋
入間川部屋
改名歴
村松⇒宮乃富司
初土俵
平成28年(2016)1月(18歳6ヵ月)
優勝
無し
通算成績
92勝91敗6休/183出場(勝率:50.3%)
直近7場所
18勝18敗6休
7場所勝率
50.0%
令2年11月
東 序二段9枚目(18枚降下)
0勝0敗
令2年9月
東 三段目91枚目(20枚上昇)
3勝4敗
○-●-●|-○-●-|○-●--
令2年7月
東 序二段11枚目(36枚上昇)
4勝3敗
-○-○-|○-○●-|●-●--
令2年3月
東 序二段47枚目(49枚半降下)
5勝2敗
-○●--|○-●-○|-○○--
令2年1月
西 三段目97枚目(28枚降下)
0勝1敗6休
●-ややや|ややややや|ややややや
令元年11月
西 三段目69枚目(18枚半上昇)
2勝5敗
-●-○●|--●●-|●---○
令元年9月
東 三段目88枚目
4勝3敗
●-○--|○-●○-|○---●

爽 薫(さわやか かおる)は静岡県 磐田市出身、式秀部屋の力士で最高位は序二段12枚目。令和2年11月場所の番付は東 序二段14枚目。

先天性の感音性難聴で補聴器なしでは両耳が聞こえないが、小学生の頃から大好きな相撲を続けてきた。土俵の上では補聴器を外して静寂のなか全力で立ち合う。

四股名
爽 薫(さわやか かおる)
最高位
序二段12枚目
最新番付
東 序二段14枚目
出身地
静岡県 磐田市
本名
江塚 薫
生年月日
平成12年(2000)2月2日(20歳)
所属部屋
式秀部屋
改名歴
江塚⇒爽
初土俵
平成28年(2016)5月(16歳3ヵ月)
優勝
無し
通算成績
85勝90敗0休/175出場(勝率:48.6%)
直近7場所
22勝20敗
7場所勝率
52.4%
令2年11月
東 序二段14枚目(22枚半上昇)
0勝0敗
令2年9月
西 序二段36枚目(19枚降下)
4勝3敗
-●○-○|-●--○|-●○--
令2年7月
西 序二段17枚目(23枚半上昇)
2勝5敗
-●●-●|-○-●-|○--●-
令2年3月
東 序二段41枚目(22枚降下)
4勝3敗
-●○--|○-○-●|-○--●
令2年1月
東 序二段19枚目(78枚上昇)
3勝4敗
-○○-●|--●○-|-●-●-
令元年11月
東 序二段97枚目(20枚降下)
6勝1敗
○--○○|--○●-|○-○--
令元年9月
東 序二段77枚目
3勝4敗
●--○-|○-●●-|-○-●-

翠富士 一成

翠富士 一成(みどりふじ かずなり)は静岡県 焼津市出身、伊勢ヶ濱部屋の力士。令和2年11月場所の番付は最高位更新となる東 十両2枚目。

小学生の頃から相撲を始めてわんぱく相撲全国大会に出場。中学時代はいっとき相撲から離れていたが中3次に再開して全国中学校相撲選手権大会団体でベスト8に。

高校は飛龍高校に進学、2年次には全国高等学校総合体育大会相撲競技大会団体で埼玉栄高の佐藤貴信(現・貴景勝)を破り埼玉栄の4連覇を阻み、飛龍高校初の団体3位に貢献。また個人でも全日本ジュニア体重別選手権80キロ未満級、全国選抜100キロ未満級でそれぞれ優勝と実績を積んだ。

大学は近畿大学に進学、1年次には全国学生相撲個人体重別選手権大会100㎏未満級で優勝と活躍したが「いずれプロになろうと思っていたので早い方がいいと思った」と、大学を中退しての角界入りを決意。時を同じく近大を中退して伊勢ヶ濱部屋へと入門した錦富士とは良きライバル関係。

平成28年11月場所では序ノ口、翌29年初場所では序二段の優勝決定戦でいずれもその錦富士と対戦して敗れてしまったが、その後も切磋琢磨しながら番付を上げていった翠富士は、東幕下2枚目で迎えた令和2年初場所で5勝2敗で勝ち越して令和2年3月場所での新十両昇進を決めた。

静岡県出身力士としては平成25年(2013)3月場所の栃飛龍(元十両)以来7年ぶりの新十両誕生、焼津出身としては平成16年(2004)7月場所新十両昇進の片山(元・幕内)以来、約16年ぶりの関取誕生。

四股名
翠富士 一成(みどりふじ かずなり)
最高位
十両2枚目
最新番付
東 十両2枚目
出身地
静岡県 焼津市
本名
庵原 一成
生年月日
平成8年(1996)8月30日(24歳)
出身高校
飛龍高校
出身大学
近畿大学・中退
所属部屋
伊勢ヶ濱部屋
改名歴
庵原⇒翠富士
初土俵
平成28年(2016)9月(20歳1ヵ月)
新十両
令和2年(2020)3月(23歳7ヵ月)
新入幕
()
優勝
無し
通算成績
113勝72敗0休/185出場(勝率:61.1%)
直近7場所
26勝19敗(幕下以下:13勝8敗)
7場所勝率
59.1%
令2年11月
東 十両2枚目(8枚半上昇・最高位更新)
0勝0敗
令2年9月
西 十両10枚目(1枚半上昇・最高位更新)
11勝4敗
●○○●○|●○○○○|○○●○○
令2年7月
東 十両12枚目(半枚降下)
8勝7敗
●○●●●|○●○○○|○●●○○
令2年3月
西 十両11枚目(4枚半上昇・最高位更新)
7勝8敗
○○●●●|●○●●○|○○●●○
令2年1月
東 幕下2枚目(10枚上昇・最高位更新)
5勝2敗
-●○-○|-●-○-|○--○-
令元年11月
東 幕下12枚目(8枚降下)
6勝1敗
-○-○○|-○-○-|●---○
令元年9月
東 幕下4枚目
2勝5敗
●--●-|●-○●-|●-○--

栃幸大

栃幸大 英樹(とちこうだい ひでき)は静岡県 三島市出身、春日野部屋の力士。令和2年11月場所の番付は最高位更新となる西 幕下25枚目。

小学2年生の頃から静岡県の三島相撲クラブで相撲を始めて小4~小6とわんぱく相撲全国大会に出場。飛龍高校では国体の団体メンバーで8強入り。高校の先輩である栃清龍に誘われたことで入門を決意

四股名
栃幸大 英樹(とちこうだい ひでき)
最高位
幕下25枚目
最新番付
西 幕下25枚目
出身地
静岡県 三島市
本名
鈴木 英樹
生年月日
平成11年(1999)1月9日(21歳)
出身高校
飛龍高校
所属部屋
春日野部屋
初土俵
平成29年(2017)3月(18歳2ヵ月)
優勝
無し
通算成績
77勝60敗3休/137出場(勝率:56.2%)
直近7場所
23勝19敗
7場所勝率
54.8%
令2年11月
西 幕下25枚目(8枚上昇・最高位更新)
0勝0敗
令2年9月
西 幕下33枚目(10枚半上昇・最高位更新)
4勝3敗
○-○-○|--●○-|●---●
令2年7月
東 幕下44枚目(23枚上昇)
4勝3敗
●--○○|-●--○|○-●--
令2年3月
東 三段目7枚目(21枚降下)
5勝2敗
●--○-|○○--●|○-○--
令2年1月
東 幕下46枚目(9枚半上昇)
2勝5敗
●-○--|○●--●|-●--●
令元年11月
西 幕下55枚目(9枚半上昇)
4勝3敗
○--○○|--●-●|-○--●
令元年9月
東 三段目5枚目
4勝3敗
●-●-○|-○--○|-●-○-

毅ノ司

毅ノ司 大輔(きのつかさ だいすけ)は静岡県 富士宮市出身、入間川部屋の力士で最高位は三段目94枚目。令和2年11月場所の番付は西 序二段14枚目。

小学生の頃から中学3年までサッカーに取り組みGKとして市選抜入りしたことも。

相撲を始めたきっかけは、富士宮第二中学時代に中体連の相撲にたびたび駆り出されたこと。2年次には東海大会出場、3年次には県大会団体2位になった。

富士宮北高に進学すると相撲部に入部して本格的に相撲に取り組む。2年次に東海総体中重量級3位、3年次には東海総体計重量級で3位に。

四股名
毅ノ司 大輔(きのつかさ だいすけ)
最高位
三段目94枚目
最新番付
西 序二段14枚目
出身地
静岡県 富士宮市
本名
三森 大輔
生年月日
平成12年(2000)1月19日(20歳)
出身高校
富士宮北高校
所属部屋
入間川部屋
改名歴
三森⇒毅ノ司
初土俵
平成30年(2018)3月(18歳2ヵ月)
優勝
無し
通算成績
49勝36敗13休/85出場(勝率:57.6%)
直近7場所
24勝18敗
7場所勝率
57.1%
令2年11月
西 序二段14枚目(20枚降下)
0勝0敗
令2年9月
西 三段目94枚目(36枚半上昇・最高位更新)
3勝4敗
●--●●|-□-○-|○--●-
令2年7月
東 序二段31枚目(28枚半上昇)
5勝2敗
-○-○-|●-○-●|-○○--
令2年3月
西 序二段59枚目(34枚上昇)
4勝3敗
-○-●-|○-○-○|-●--●
令2年1月
西 序二段93枚目(27枚半降下)
4勝3敗
-○○--|○○-●-|●---●
令元年11月
東 序二段66枚目(52枚上昇)
3勝4敗
-○●-○|--○-●|●-●--
令元年9月
東 序ノ口9枚目
5勝2敗
-○○-○|--○○-|●---●

松ヶ島

松ヶ島 純也(まつがしま じゅんや)は静岡県 島田市出身、高田川部屋の力士で最高位は序二段70枚目。令和2年11月場所の番付は西 序二段73枚目。

小学生の頃から野球を始めてポジションは外野。小3の頃から相撲に興味を持ち始め、部屋の行司である式守勘太夫(現・伊之助)の勧めもあり高田川部屋への体験入門を経て角界入りを決めた。

四股名
松ヶ島 純也(まつがしま じゅんや)
最高位
序二段70枚目
最新番付
西 序二段73枚目
出身地
静岡県 島田市
本名
池田 純也
生年月日
平成14年(2002)9月19日(18歳)
所属部屋
高田川部屋
初土俵
平成30年(2018)3月(15歳6ヵ月)
優勝
無し
通算成績
37勝61敗0休/98出場(勝率:37.8%)
直近7場所
18勝24敗
7場所勝率
42.9%
令2年11月
西 序二段73枚目(33枚上昇)
0勝0敗
令2年9月
西 序二段106枚目(2枚半降下)
4勝3敗
●-●--|○-○-○|○---●
令2年7月
東 序二段104枚目(34枚降下)
3勝4敗
-●●--|○●-●-|-○--○
令2年3月
東 序二段70枚目(38枚上昇・最高位更新)
1勝6敗
-●-○●|--●●-|-●●--
令2年1月
東 序二段108枚目(24枚半降下)
4勝3敗
-●-○-|○●-○-|-○-●-
令元年11月
西 序二段83枚目(42枚上昇・最高位更新)
2勝5敗
-●-○-|●-●-●|●---○
令元年9月
西 序ノ口16枚目
4勝3敗
-○-○-|●-○-●|-●-○-

鈴木

鈴木 優斗(すずき ゆうと)は静岡県 富士市出身、藤島部屋の力士。令和2年11月場所の番付は最高位更新となる西 幕下11枚目。

静岡市立丘小学4年の頃から富士わんぱく相撲クラブで相撲を始めて、3年連続わんぱく相撲全国大会に出場。6年次には8強入りした。

岳陽中学時代にも全国中学校相撲選手権大会3年連続出場をはじめ数々の大会で活躍。高校は飛龍高校に進学、高1で東海大会団体優勝、個人無差別3位。高2で選抜大会団体優勝、個人2位。高校3年次には東海大会団体優勝と共に個人優勝も果たすなど優秀な成績をおさめた。

東洋大など大学からの誘いもあったが、大相撲への挑戦を決意、中学の頃から藤島部屋で稽古をつけてもらっていた鈴木は迷わず藤島部屋の門を叩いた。

四股名
鈴木 優斗(すずき ゆうと)
最高位
幕下11枚目
最新番付
西 幕下11枚目
出身地
静岡県 富士市
本名
鈴木 優斗
生年月日
平成12年(2000)7月26日(20歳)
出身高校
飛龍高校
所属部屋
藤島部屋
初土俵
平成31年(2019)1月(18歳6ヵ月)
優勝
無し
通算成績
44勝19敗0休/63出場(勝率:69.8%)
直近7場所
29勝13敗
7場所勝率
69.0%
令2年11月
西 幕下11枚目(9枚半上昇・最高位更新)
0勝0敗
令2年9月
東 幕下21枚目(28枚上昇・最高位更新)
5勝2敗
●--○○|--○○-|-○--●
令2年7月
東 幕下49枚目(10枚半上昇・最高位更新)
6勝1敗
●--○○|--○○-|-○--○
令2年3月
西 幕下59枚目(11枚上昇・最高位更新)
4勝3敗
●-○-○|--●○-|○---●
令2年1月
西 三段目10枚目(8枚上昇・最高位更新)
4勝3敗
●-○-○|-●--●|-○○--
令元年11月
西 三段目18枚目(56枚半上昇・最高位更新)
4勝3敗
-○●-●|-○--○|-○--●
令元年9月
東 三段目75枚目
6勝1敗
○--○○|-○-○-|●---○

吉井

吉井 虹(よしい こう)は静岡県 焼津市出身、時津風部屋の力士。令和2年11月場所の番付は最高位更新となる西 幕下33枚目。

幼い頃から柔道を習っていたが、小4の頃からやいづ相撲クラブで相撲を始める。相撲でもたちまち頭角を現した吉井は、わんぱく相撲全国大会など数々の大会に出場、小6で全日本小学生優勝大会2位に。焼津市立湊中学時代にも中3での全国中学校相撲選手権大会優勝(中学横綱)や白鵬杯3位など数々の大会で優秀な成績を収めた。

小5の頃にはすでに中学卒業後の角界入りを決意していた吉井は、以前から気にかけてくれていた中川親方(元幕内・旭里)の中川部屋に入門。しかし令和2年(2020)7月場所を前に中川部屋の閉鎖決まり、時津風部屋への移籍が決まった。

四股名
吉井 虹(よしい こう)
最高位
幕下33枚目
最新番付
西 幕下33枚目
出身地
静岡県 焼津市
本名
吉井 虹
生年月日
平成15年(2003)8月1日(17歳)
所属部屋
中川⇒時津風部屋
初土俵
平成31年(2019)3月(15歳7ヵ月)
優勝
無し
通算成績
38勝18敗0休/56出場(勝率:67.9%)
直近7場所
27勝15敗
7場所勝率
64.3%
令2年11月
西 幕下33枚目(11枚上昇・最高位更新)
0勝0敗
令2年9月
西 幕下44枚目(10枚上昇・最高位更新)
4勝3敗
-○●--|●○--○|-●-○-
令2年7月
西 幕下54枚目(24枚半上昇・最高位更新)
4勝3敗
-○●-●|-○-○-|●-○--
令2年3月
東 三段目19枚目(14枚上昇・最高位更新)
5勝2敗
-●-○-|○-●○-|-○○--
令2年1月
東 三段目33枚目(28枚上昇・最高位更新)
4勝3敗
-○-●-|●-○●-|○--○-
令元年11月
東 三段目61枚目(35枚上昇・最高位更新)
5勝2敗
-○○-●|--○-○|●---○
令元年9月
東 三段目96枚目
5勝2敗
●-○--|○○-○-|○--●-

篠原

篠原 大河(しのはら たいが)は静岡県 富士市出身、藤島部屋の力士。令和2年11月場所の番付は最高位更新となる西 三段目61枚目。

富士市立原田小学2年の頃から富士わんぱく相撲クラブで相撲を始めた。飛龍高校3年次に全国高校総体団体でベスト8に。握力82㎏、背筋力は200㎏を記録する怪力の持ち主。伊勢ヶ濱部屋に入門した颯富士(大桑)とは高校の同級生。令和2年3月場所ではその颯富士を破るなど全勝序ノ口優勝という好スタートを切った。

四股名
篠原 大河(しのはら たいが)
最高位
三段目61枚目
最新番付
西 三段目61枚目
出身地
静岡県 富士市
本名
篠原 大河
生年月日
平成13年(2001)12月1日(18歳)
出身高校
飛龍高校
所属部屋
藤島部屋
初土俵
令和2年(2020)1月(18歳1ヵ月)
優勝
序ノ口優勝1回
通算成績
16勝5敗0休/21出場(勝率:76.2%)
直近7場所
16勝5敗
7場所勝率
76.2%
令2年11月
西 三段目61枚目(19枚半上昇・最高位更新)
0勝0敗
令2年9月
東 三段目81枚目(35枚上昇・最高位更新)
4勝3敗
-●-○-|○-○○-|●---●
令2年7月
東 序二段16枚目(122枚半上昇・最高位更新)
5勝2敗
○--○●|--○-○|-○●--
令2年3月
西 序ノ口22枚目(出世)
7勝0敗(序ノ口優勝)
○-○--|○-○○-|○-○--
令2年1月
前相撲

颯富士

颯富士 元揮(はやてふじ げんき)は静岡県 藤枝市出身、伊勢ヶ濱部屋の力士。令和2年11月場所の番付は最高位更新となる東 三段目22枚目。

藤枝市立高洲南小1の頃から焼津少年相撲クラブで相撲を始めて、小5のときに全日本小学生相撲優勝大会で3位に。高洲中学2年次に全国都道府県中学生相撲選手権軽量級でベスト8、中3次に全国中学校相撲選手権大会でベスト16になった。

飛龍高校に進学すると高3次に高校総体で優勝、高校横綱の栄冠に輝いた。伊勢ヶ濱親方(元横綱・旭富士)には高校1年の頃から誘われており、高校卒業とともに伊勢ヶ濱部屋の門を叩いた。

四股名
颯富士 元揮(はやてふじ げんき)
最高位
三段目22枚目
最新番付
東 三段目22枚目
出身地
静岡県 藤枝市
本名
大桑 元揮
生年月日
平成13年(2001)12月6日(18歳)
出身高校
飛龍高校
所属部屋
伊勢ヶ濱部屋
初土俵
令和2年(2020)1月(18歳1ヵ月)
優勝
無し
通算成績
18勝3敗0休/21出場(勝率:85.7%)
直近7場所
18勝3敗
7場所勝率
85.7%
令2年11月
東 三段目22枚目(58枚半上昇・最高位更新)
0勝0敗
令2年9月
西 三段目80枚目(66枚上昇・最高位更新)
6勝1敗
○--○○|--○●-|○---○
令2年7月
西 序二段46枚目(91枚上昇・最高位更新)
6勝1敗
-○-●○|-○-○-|○--○-
令2年3月
西 序ノ口21枚目(出世)
6勝1敗
-○●--|○-○○-|○-○--
令2年1月
前相撲

過去から現在までの静岡出身力士はこちら

ここまでは静岡出身の現役力士の番付や成績を中心にご紹介してきましたが、過去から現在までの静岡県の大相撲力士をまとめた記事もご用意しています。興味を持たれた方はどうぞ。

出身地別、力士別、初土俵別など様々な方法で力士データをまとめています。

ネットでの大相撲観戦といえばAbemaTV!「AbemaTV」での視聴方法について解説しています。序ノ口から結びの一番まで完全無料生中継!ぜひ確認してみてください。

当サイトのいろんな記事へのリンクをまとめたナビゲーションページです。

カテゴリー : 東海地方

公開日:2018-01-11
投稿者:レイ

コメントはお気軽にどうぞ

※当サイトは個人が運営するサイトであり、日本相撲協会及び、各相撲部屋とは関連がないことをご了承ください。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。※当サイトは個人が運営するサイトです。