山口県出身力士の番付と場所成績に基礎情報を網羅した現役力士一覧

山口県出身力士の番付と成績、そして基礎情報をまとめてご紹介します。

この番付表では最新場所である令和2年7月場所の番付だけではなく、先場所からどれだけ番付が上がったのかを成績と共に比べて確認できます。

表の内容はボタンによって切り替えることが出来ます。力士の詳細なデータが盛りだくさんですよ!さらに表の下には出身力士の勝敗数をまとめて集計していますので「出身地全体の力」も確認できます。

場所中には日々更新していきますので、観戦のお供にどうぞご活用ください。

また、日々の対戦相手と勝敗が一目で分かる星取表もあわせてご覧ください。

他の出身地の番付と成績も見てみたい方は部屋目次より選んでください。相撲部屋毎の番付・成績もご用意しています。

相撲部屋や出身地ごとの場所の成績からランキングを作成しております。初場所、好調な相撲部屋や力士の出身地はどこ?


この他にも山口出身の過去から現在までの主な関取たちををまとめた記事もありますので併せてご覧ください。

スポンサーリンク



山口県出身力士の番付と成績・力士一覧

番付 (令2.7) 四股名 よみ 令2.7 場所成績 令2.7月場所星取表 番付推移 7←5月 変動S 7←5月 変動枚数 7←5月 番付 (令2.5) 令2.5 場所成績 令2.5月場所星取表 番付推移 5←3月 変動S 5←3月 変動枚数 5←3月 番付 (令2.3) 令2.3 場所成績 番付推移 3←1月 変動S 3←1月 変動枚数 3←1月 番付 (令2.1) 令2.1 場所成績 番付推移 1←11月 変動S 1←11月 変動枚数 1←11月 番付 (令元.11) 令元.11 場所成績 番付推移 11←9月 変動S 11←9月 変動枚数 11←9月 番付 (令元.9月) 令元.9月 場所成績 番付推移 9←7月 変動S 9←7月 変動枚数 9←7月 番付 (令元.7) 令元.7 場所成績 過去6場所 成績 過去6場所 勝率 2020年 年間成績 2020年 年間勝率 最高位 出身地 部屋 一門 年齢 生年月日 大相撲歴 本名 旧所属 旧四股名 身長(㎝) 体重(㎏) BMI 出身高校 出身大学 初土俵 初土俵 年齢 新十両 新十両 年齢 新入幕 新入幕 年齢 新三役 新三役 年齢 大関昇進 大関昇進 年齢 横綱昇進 横綱昇進 年齢 優勝 三賞・金星 通算 勝利数 通算 敗数 通算 休数 出場回数 通算 勝率(%) 出身エリア

※表は横にスクロールします。また、表示件数を切り替えることで上下のスクロールも可能です。項目をクリックすることで表を並べ替えることが出来ます。
番付表の記号等、補足事項はこちらをどうぞ


スポンサーリンク


山口県出身力士の星取表

四股名 成績 番付 初日 2日 3日 4日 5日 6日 7日 中日 9日 10日 11日 12日 13日 14日 千秋楽 出身地 部屋

スポンサーリンク


山口出身の現役力士

山口県出身の現役力士を初土俵順にプロフィール付きでご紹介します。

電山

山口県宇部市出身、大嶽部屋。旧四股名の「右肩上」は先代の親方(元関脇・貴闘力)が命名。

  • 四股名 :電山 博保(でんざん ひろやす)
  • 出身地 :山口県宇部市
  • 本 名 :吉野 博保
  • 生年月日:昭和63年(1988)6月8日(32歳)
  • 所属部屋:大嶽部屋
  • 改名歴 :吉野⇒右肩上り⇒右肩上⇒吉野⇒電山
  • 初土俵 :平成16年(2004)3月(15歳9ヵ月)

豊響 隆太

山口県下関市出身、境川部屋。四股名の「豊」は出身地である豊浦町と母である豊美さんの一字から。響高校を卒業後、2年間はトラックの運転手などをしていたが埼玉国体でベスト16に入ったことから心機一転、境川部屋への入門を決めた。初土俵から2年での新十両場所で十両優勝、そして新入幕で敢闘賞など一気に番付を駆け上がった。

  • 四股名 :豊響 隆太(とよひびき りゅうた)
  • 最高位 :前頭2枚目
  • 出身地 :山口県下関市
  • 本 名 :門元 隆太
  • 生年月日:昭和59年(1984)11月16日(35歳)
  • 所属部屋:境川部屋
  • 改名歴 :門元⇒豊響
  • 初土俵 :平成17年(2005)1月(20歳2ヵ月)
  • 新十両 :平成19年(2007)1月(22歳2ヵ月)
  • 新入幕 :平成19年(2007)7月(22歳8ヵ月)
  • 優勝等 :十両優勝3回,序二段優勝1回
  • 成 績 :敢闘賞3回,金星1個

響龍

山口県の響高校では相撲部で主将を務めた。高校3年次に高校総体団体で32強入り。当初の四股名は豊関山(ほうかんやま)で、これは出身地の豊浦町と下関市に因んで境川親方が付けてくれた

  • 四股名 :響龍 光稀(ひびきりゅう みつき)
  • 出身地 :山口県下関市
  • 本 名 :天野 光稀
  • 生年月日:平成5年(1993)3月17日(27歳)
  • 所属部屋:境川部屋
  • 改名歴 :天野⇒豊関山⇒響龍
  • 初土俵 :平成23年(2011)5月(18歳2ヵ月)

原田

山口県山口市出身、錣山部屋。防府市の高川学園高校ではラグビー部に所属し県大会準優勝。同郷の立田川親方(元小結・豊真将)が講演で同校に立ち寄った際に目が留まりスカウトされた。

  • 四股名 :原田 将輝(はらだ まさき)
  • 出身地 :山口県山口市
  • 本 名 :原田 将輝
  • 生年月日:平成11年(1999)1月21日(21歳)
  • 所属部屋:錣山部屋
  • 初土俵 :平成29年(2017)1月(18歳0ヵ月)

千代大宝

山口県山口市出身、九重部屋。水泳や柔道の傍ら小学5年生の頃から下関市の川棚相撲クラブで相撲を始めて小6でわんぱく相撲全国大会に出場。中3では全国中学校相撲選手権大会に出場した。相撲を始めた頃から九重親方(元大関・千代大海)に誘われており、中学卒業とともに入門となった。

  • 四股名 :千代大宝 雅人(ちよたいほう まさと)
  • 出身地 :山口県山口市
  • 本 名 :梶田 雅人
  • 生年月日:平成13年(2001)8月1日(18歳)
  • 所属部屋:九重部屋
  • 改名歴 :梶田⇒千代大宝
  • 初土俵 :平成29年(2017)3月(15歳7ヵ月)

大石

山口県山口市出身、境川部屋。相撲経験は無かったが鴻城高校2年のときに日本の国技である相撲の世界に入りたいと思い立つ。それを知ったレスリング部の監督に誘われて身体を鍛えるためにレスリングを始めた大石は、監督の伝手で境川部屋を紹介してもらい入門が決まった。

  • 四股名 :大石 崇仁(おおいし たかのぶ)
  • 出身地 :山口県山口市
  • 本 名 :大石 崇仁
  • 生年月日:平成12年(2000)12月26日(19歳)
  • 所属部屋:境川部屋
  • 初土俵 :平成31年(2019)1月(18歳1ヵ月)

矢田部

山口県岩国市出身、芝田山部屋。入門するまで相撲の経験は無く、立東小学1年の頃から高水高校3年まで野球でピッチャー。高校2年からは柔道部にも所属し全国大会団体戦に出場したことも。

芝田山部屋入門のきっかけは、野球と柔道の「2刀流」の様子がテレビで紹介され、それを見た元大関・魁傑の知人が芝田山親方(元横綱・大乃国)に連絡したことから入門が決まった。

  • 四股名 :矢田部 貴就(やたべ たかなり)
  • 出身地 :山口県岩国市
  • 本 名 :矢田部 貴就
  • 生年月日:平成12年(2000)5月25日(20歳)
  • 所属部屋:芝田山部屋
  • 初土俵 :平成31年(2019)3月(18歳10ヵ月)

長原

山口県下松市出身、芝田山部屋。下松小学1年の頃から周南下松道場で極真空手を始めて、小5で中国選手権中級の部優勝など数々の大会で優秀な成績をおさめた。下松高校時代は柔道部に所属し身体を鍛えたが入門するまで相撲経験は無かった。入門のきっかけはバイト先の居酒屋に放駒部屋の元力士(元序二段・瀬戸光)がいたことで、これが縁となり放駒部屋の横綱だった芝田山親方(元横綱・大乃国)率いる芝田山部屋への入門を決めた。

  • 四股名 :長原 勇理(ながはら ゆうり)
  • 出身地 :山口県下松市
  • 本 名 :長原 勇理
  • 生年月日:平成13年(2001)4月15日(19歳)
  • 所属部屋:芝田山部屋
  • 初土俵 :令和2年(2020)3月(18歳11ヵ月)

山口県防府市出身、錣山部屋。5歳頃から防府練成会で柔道を始める。右田中学時代も柔道部に所属し、同部屋同期入門の松本とも対戦したことが。入門のきっかけは小6の頃、入所していた児童養護施設に立田川親方(元小結・豊真将)が訪れた際に勧誘されたことから。錣山部屋の体験入門にも参加して角界入りを決めた。

  • 四股名 :町 亜斗夢(まち あとむ)
  • 出身地 :山口県防府市
  • 本 名 :町 亜斗夢
  • 生年月日:平成16年(2004)10月5日(15歳)
  • 所属部屋:錣山部屋
  • 初土俵 :令和2年(2020)3月(15歳5ヵ月)

松本

山口県岩国市出身、錣山部屋。修成小学3年の頃から玖珂中学3年まで続けた柔道は初段の腕前。本格的に相撲に取り組んだことは無かったが、中2のときに岩国市で開催された全国中学校相撲選手権大会の「開催地代表」として団体戦に飛び入り参加。この時の経験から相撲の面白さを知った松本は、中3の夏に出場した岩国市夏季大会で重量級優勝を手にした。

入門のきっかけは平成30年(2018)秋の巡業「周南場所」を見に行った際に、立田川親方(元小結・豊真将)に誘われたこと。そこから錣山部屋の体験入門に3回参加した松本は、自らの意思で入門を決めた。

  • 四股名 :松本 幸太(まつもと こうた)
  • 出身地 :山口県岩国市
  • 本 名 :松本 幸太
  • 生年月日:平成17年(2005)3月24日(15歳)
  • 所属部屋:錣山部屋
  • 初土俵 :令和2年(2020)3月(15歳0ヵ月)

過去から現在までの山口出身力士はこちら

ここまでは山口出身の現役力士の番付や成績を中心にご紹介してきましたが、過去から現在までの山口県の大相撲力士をまとめた記事もご用意しています。興味を持たれた方はどうぞ。



大相撲観戦におすすめの1冊をご紹介。全力士や親方はもちろん、行司さんや呼出さんなどの裏方の方々もすべて顔写真付きで載っている、まさに観戦のお供といえる大相撲力士名鑑です。



出身地別、力士別、初土俵別など様々な方法で力士データをまとめています。

おすすめの記事をご紹介

ここからは当サイトのおすすめ記事をご紹介します。

相撲に携わる方々

ネットでの大相撲観戦といえばAbemaTV!「AbemaTV」での視聴方法について解説しています。序ノ口から結びの一番まで完全無料生中継!ぜひ確認してみてください。

カテゴリー : 中国地方

公開日:2018-01-11
投稿者:レイ

コメントはお気軽にどうぞ

※当サイトは個人が運営するサイトであり、日本相撲協会及び、各相撲部屋とは関連がないことをご了承ください。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。※当サイトは個人が運営するサイトです。