鹿児島県出身力士の番付と場所成績に基礎情報を網羅した現役力士一覧

鹿児島県出身力士の番付と成績、そして基礎情報をまとめてご紹介します。

この番付表では最新場所である令和元年9月場所(秋場所)の番付だけではなく、先場所からどれだけ番付が上がったのかを成績と共に比べて確認できます。

表の内容はボタンによって切り替えることが出来ます。力士の詳細なデータが盛りだくさんですよ!さらに表の下には出身力士の勝敗数をまとめて集計していますので「出身地全体の力」も確認できます。

場所中には日々更新していきますので、観戦のお供にどうぞご活用ください。

また、日々の対戦相手と勝敗が一目で分かる星取表もあわせてご覧ください。

他の出身地の番付と成績も見てみたい方は部屋目次より選んでください。相撲部屋毎の番付・成績もご用意しています。

この他にも鹿児島出身の過去から現在までの主な関取たちををまとめた記事もありますので併せてご覧ください。

スポンサーリンク



鹿児島県出身力士の番付と成績・力士一覧

番付 (令元.9) 四股名 よみ 令元.9 場所成績 9月場所星取表 番付推移 9←7月 変動S 9←7月 変動枚数 9←7月 番付 (令元.7) 令元.7 場所成績 7月場所星取表 番付推移 7←5月 変動S 7←5月 変動枚数 7←5月 番付 (令元.5) 令元.5 場所成績 番付推移 令元.5←平31.3月 変動S 令元.5←平31.3月 変動枚数 令元.5←平31.3月 番付 (平31.3) 平31.3 場所成績 番付推移 5←1月 変動S 5←1月 変動枚数 5←1月 番付 (平31.1) 平31.1 場所成績 番付推移 H31.1←H30.11月 変動S H31.1←H30.11月 変動枚数 H31.1←H30.11月 番付 (平30.11) 平30.11 場所成績 番付推移 11←9月 変動S 11←9月 変動枚数 11←9月 番付 (平30.9) 平30.9 場所成績 過去6場所 成績 過去6場所 勝率 2019年 年間成績 2019年 年間勝率 最高位 出身地 部屋 一門 年齢 生年月日 大相撲歴 本名 旧所属 旧四股名 身長(㎝) 体重(㎏) BMI 出身高校 出身大学 初土俵 初土俵 年齢 新十両 新十両 年齢 新入幕 新入幕 年齢 新三役 新三役 年齢 大関昇進 大関昇進 年齢 横綱昇進 横綱昇進 年齢 優勝 三賞・金星 通算 勝利数 通算 敗数 通算 休数 出場回数 通算 勝率(%) 出身エリア

※表は横にスクロールします。また、表示件数を切り替えることで上下のスクロールも可能です。項目をクリックすることで表を並べ替えることが出来ます。
番付表の記号等、補足事項はこちらをどうぞ


スポンサーリンク


鹿児島県出身力士の星取表


四股名 成績 番付 初日 2日 3日 4日 5日 6日 7日 中日 9日 10日 11日 12日 13日 14日 千秋楽 出身地 部屋

スポンサーリンク


鹿児島出身の主な現役力士を紹介

鹿児島県出身の主な現役力士を初土俵順でご紹介します。

石原

鹿児島県西之表市出身。松ヶ根部屋からの部屋最古参

石原 一平(いしはら いっぺい)

出身地 :鹿児島県西之表市

本 名 :石原 一平

生年月日:平成元年(1989)10月26日(29歳)

所属部屋:松ヶ根⇒二所ノ関部屋

初土俵 :平成17年(2005)3月(15歳5ヵ月)

勝誠

平成10年(1998)小6でわんぱく横綱。平成16年(2004)の世界ジュニア相撲選手権大会中量級で優勝

勝誠 剛(しょうせい たけし)

出身地 :鹿児島県大島郡宇検村

本 名 :福永 剛

生年月日:昭和61年(1986)5月27日(33歳)

所属部屋:境川部屋

改名歴 :福永⇒薩摩響⇒勝誠

初土俵 :平成17年(2005)3月(18歳10ヵ月)

優勝等 :幕下同点1回

奄美岳

奄美市出身。入門するまで相撲の経験はなかったが剣道は初段の腕前

奄美岳 光(あまみだけ ひかる)

出身地 :鹿児島県奄美市

本 名 :泉 光一朗

生年月日:昭和59年(1984)11月29日(34歳)

所属部屋:二十山⇒北の湖⇒山響部屋

改名歴 :泉⇒北堅夢⇒奄美岳

初土俵 :平成17年(2005)11月(21歳0ヵ月)

琴明山

相撲甚句の歌い手として巡業などで大活躍。タレ目がチャームポイント

琴明山 真動(ことみょうざん しんどう)

出身地 :鹿児島県志布志市

本 名 :山口 裕也

生年月日:平成3年(1991)1月22日(28歳)

所属部屋:佐渡ヶ嶽部屋

改名歴 :琴山口⇒琴明山

初土俵 :平成18年(2006)3月(15歳2ヵ月)

千代丸

同部屋の千代鳳は弟。平成25年九州場所では千代鳳が十両優勝、翌平成26年初場所では千代丸が十両優勝を果たして大相撲史上初の兄弟2場所連続十両制覇となった。身体を活かした押し相撲だけではなく四つ相撲も取り入れて相撲の幅が広がった。「ちよまるたん」と親しまれているが、本場所中には呼ばれると複雑な心境らしい

千代丸 一樹(ちよまる かずき)

出身地 :鹿児島県志布志市

本 名 :木下 一樹

生年月日:平成3年(1991)4月17日(28歳)

所属部屋:九重部屋

改名歴 :木下⇒千代丸

初土俵 :平成19年(2007)5月(16歳1ヵ月)

新十両 :平成25年(2013)9月(22歳5ヵ月)

新入幕 :平成26年(2014)3月(22歳11ヵ月)

優勝等 :十両優勝1回

禧集院

明瀬山と希善龍は日本大学の同期。四股名の「禧」の字は高校時代の恩師である禧久昭広さんから頂いたもの

禧集院 昭広(きじゅういん あきひろ)

出身地 :鹿児島県日置市

本 名 :山下 博嗣

生年月日:昭和60年(1985)9月25日(34歳)

出身大学:日本大学

所属部屋:木瀬⇒北の湖⇒木瀬部屋

改名歴 :山下⇒禧勢ノ山⇒禧勢岳⇒禧集院

初土俵 :平成20年(2008)1月(22歳4ヵ月)

優勝等 :三段目優勝1回

慶天海

奄美大島の古仁屋相撲クラブ出身で高校は「名門」埼玉栄高校に相撲留学。四股名は亡くなった高校の恩師が遺してくれたもの。平成24年9場所に新十両昇進も2日目に膝を負傷し休場、右膝前十字靭帯断裂でその後5場所連続休場となった。序ノ口での復帰場所で全勝優勝、続く序二段でも全勝優勝を果たす

慶天海 孔晴(けいてんかい こうせい)

出身地 :鹿児島県大島郡瀬戸内町

本 名 :慶 孔晴

生年月日:平成2年(1990)3月10日(29歳)

所属部屋:阿武松部屋

改名歴 :慶⇒慶天海

初土俵 :平成20年(2008)1月(17歳10ヵ月)

新十両 :平成24年(2012)9月(22歳6ヵ月)

優勝等 :序二段優勝2回,序ノ口優勝1回

千代鳳

小学生の頃から柔道と相撲。柔道は黒帯の腕前で全国大会などで活躍。相撲では小6の時わんぱく相撲全国大会でベスト16入り。中学卒業後、兄と同じ九重部屋に入門。初土俵から約4年で十両昇進、5年目に新入幕を果たす。三役も経験したが右肩の脱臼と左膝の怪我の影響で番付を大きく落とした。叩きに滅法つよく、容易なことでは前に落ちない相撲が強み

千代鳳 祐樹(ちよおおとり ゆうき)

出身地 :鹿児島県志布志市

本 名 :木下 祐樹

生年月日:平成4年(1992)10月11日(27歳)

所属部屋:九重部屋

改名歴 :大木下⇒千代鳳

初土俵 :平成20年(2008)5月(15歳7ヵ月)

新十両 :平成24年(2012)3月(19歳5ヵ月)

新入幕 :平成25年(2013)5月(20歳7ヵ月)

新三役 :平成26年(2014)5月(21歳7ヵ月)

優勝等 :十両優勝1回,幕下同点2回,序二段優勝1回

有川

師匠と同じ樟南高校に入学、そこで相撲を始めて専修大学に進学。しかし大学生活に充実したものを感じられずに2年で中退、松ヶ根部屋の門を叩いた

有川 義一(ありかわ よしかず)

出身地 :鹿児島県鹿児島市

本 名 :有川 義一

生年月日:昭和63年(1988)10月9日(31歳)

出身大学:専修大学・中退

所属部屋:松ヶ根⇒二所ノ関部屋

改名歴 :有川⇒豪刃龍⇒有川

初土俵 :平成21年(2009)3月(20歳5ヵ月)

千代ノ皇

鹿児島県の与論島出身で高校は沖縄県の中部農林高で相撲部に所属。吊りの名手としても評価が高い

千代ノ皇 王代仁(ちよのおう みよひと)

出身地 :沖縄県沖縄市 ⇒ 鹿児島県大島郡与論町

本 名 :基 王代仁

生年月日:平成3年(1991)5月29日(28歳)

所属部屋:九重部屋

改名歴 :基⇒千代皇⇒千代ノ皇

初土俵 :平成22年(2010)3月(18歳10ヵ月)

新十両 :平成25年(2013)5月(22歳0ヵ月)

新入幕 :平成29年(2017)1月(25歳8ヵ月)

優勝等 :幕下優勝1回

埼玉栄高校出身。序ノ口初土俵で全勝優勝を果たすも翌2場所は全休。完全復帰場所を2度目の序ノ口全勝優勝で飾ったが、またもや怪我のため休場が続いて番付外に陥落。ところが3度目となる序ノ口復帰場所でも全勝優勝という「序ノ口全勝優勝3回」の記録を持つ

蘇 堅太(いける けんた)

出身地 :鹿児島県大島郡瀬戸内町

本 名 :蘇 堅太

生年月日:平成4年(1992)11月26日(26歳)

所属部屋:阿武松部屋

初土俵 :平成22年(2010)11月(18歳0ヵ月)

優勝等 :序ノ口優勝3回

明生

幼少時より相撲を始め小6のとき全国小学生優勝大会で優勝し小学生横綱に。しかし中学時代には目立った成績を残せず角界入りか進学かで迷ったが父親に一喝されて入門を決意した。

四股名は本名の下の名。ヘルニアに苦しみ引退を覚悟したこともあったが、努力によって平成30年7月場所での新入幕を掴んだ“叩き上げ”

明生 力(めいせい ちから)

出身地 :鹿児島県大島郡瀬戸内町

本 名 :川畑 明生

生年月日:平成7年(1995)7月24日(24歳)

所属部屋:立浪部屋

初土俵 :平成23年(2011)5月(15歳10ヵ月)

新十両 :平成28年(2016)11月(21歳4ヵ月)

新入幕 :平成30年(2018)7月(23歳0ヵ月)

中園

バスケ部だった中3の時に観た相撲に魅了されて角界入りを決意

中園 空(なかぞの そら)

出身地 :鹿児島県西之表市

本 名 :中園 空

生年月日:平成8年(1996)5月18日(23歳)

所属部屋:松ヶ根⇒二所ノ関部屋

初土俵 :平成24年(2012)3月(15歳10ヵ月)

幸奄美

奄美大島の宇検村出身。鹿児島県の中学総体では中2のときに相撲個人優勝

幸奄美 創(ゆきあまみ はじめ)

出身地 :鹿児島県大島郡宇検村

本 名 :中田 翔太

生年月日:平成10年(1998)1月9日(21歳)

所属部屋:立浪部屋

改名歴 :大和浪⇒幸奄美

初土俵 :平成25年(2013)3月(15歳2ヵ月)

大奄美

日大相撲部4年次には主将を務めた。左膝の不安もあり卒業後は日大に職員として就職。平成27年(2015)の実業団横綱を獲得して角界入りを決意

大奄美 元規(だいあまみ げんき)

出身地 :鹿児島県大島郡龍郷町

本 名 :坂元 元規

生年月日:平成4年(1992)12月15日(26歳)

出身大学:日本大学

所属部屋:追手風部屋

改名歴 :坂元⇒大奄美

初土俵 :平成28年(2016)1月・幕下15付出(23歳1ヵ月)

新十両 :平成29年(2017)1月(24歳1ヵ月)

新入幕 :平成29年(2017)11月(24歳11ヵ月)

優勝等 :十両優勝1回(同点1回)

魁禅

平成26年(2014)の全国学生相撲選手権大会団体Bクラスで優勝

魁禅 拓海(かいぜん たくみ)

出身地 :鹿児島県大島郡徳之島町

本 名 :前田 拓海

生年月日:平成5年(1993)7月29日(26歳)

出身大学:朝日大学

所属部屋:浅香山部屋

初土俵 :平成28年(2016)1月(22歳6ヵ月)

奄美将

小学1年生から奄美市の住用相撲クラブで相撲を始め、小5でわんぱく相撲全国大会に出場。鹿児島実業高3年次に高校総体個人戦と国体に出場

奄美将 やまと(あまみしょう やまと)

出身地 :鹿児島県奄美市

本 名 :吉崎 やまと

生年月日:平成9年(1997)10月27日(21歳)

所属部屋:境川部屋

改名歴 :吉崎⇒奄美将

初土俵 :平成28年(2016)3月(18歳5ヵ月)

徳之武藏

平成27年(2015)の全国中学校相撲選手権大会(個人)で準優勝

徳之武藏 龍大郎(とくのむさし りゅうたろう)

出身地 :鹿児島県大島郡徳之島町

本 名 :徳田 龍大郎

生年月日:平成12年(2000)7月25日(19歳)

所属部屋:武蔵川部屋

改名歴 :徳田⇒徳之武藏

初土俵 :平成28年(2016)5月(15歳10ヵ月)

薩摩桜

鹿児島県鹿児島市出身の薩摩桜。戦艦とカラオケとラーメンが好き

薩摩桜 秀勝(さつまおう ひでかつ)

出身地 :鹿児島県鹿児島市

本 名 :川口 義弘

生年月日:平成12年(2000)7月26日(19歳)

所属部屋:式秀部屋

改名歴 :川口⇒薩摩桜

初土俵 :平成28年(2016)7月(16歳0ヵ月)

福山

平成28年の全国学生相撲個人体重別選手権大会100㎏未満級で3位。反り技が得意な注目力士

福山 聖和(ふくやま せな)

出身地 :鹿児島県大島郡瀬戸内町

本 名 :福山 聖和

生年月日:平成7年(1995)3月23日(24歳)

出身大学:専修大学

所属部屋:藤島部屋

初土俵 :平成29年(2017)3月(22歳0ヵ月)

大隅富士

鹿児島県鹿屋市出身。鹿屋高校時代にはレスリング部に所属しグレコローマン120kg級で県大会優勝経験も

大隅富士 悠真(おおすみふじ ゆうま)

出身地 :鹿児島県鹿屋市

本 名 :大園 悠真

生年月日:平成11年(1999)12月18日(19歳)

所属部屋:伊勢ヶ濱部屋

初土俵 :平成29年(2017)11月(17歳11ヵ月)

小島

5歳から柔道を始め小6の時に50キロ超級、中3で90キロ超級で全国大会に出場。中学では生徒会長になったことも

小島 大尚(こじま ひろまさ)

出身地 :鹿児島県出水郡長島町

本 名 :小島 大尚

生年月日:平成14年(2002)9月11日(17歳)

所属部屋:浅香山部屋

初土俵 :平成30年(2018)3月(15歳6ヵ月)

スポンサーリンク


過去から現在までの鹿児島出身力士はこちら

ここまでは鹿児島出身の現役力士の番付や成績を中心にご紹介してきましたが、過去から現在までの鹿児島県の大相撲力士をまとめた記事もご用意しています。興味を持たれた方はどうぞ。

【特報!】第72代横綱・稀勢の里待望の自伝が10月3日より発売です。

元横綱・稀勢の里が襲名した荒磯の歴史を知りたくありませんか?こちらの記事では詳細プロフィール付きで荒磯代々についてご紹介しています。

出身地・部屋ごとの目次はこちら

他の出身の力士や相撲部屋ごとで力士データを探したい方のために目次ページをご用意しています。

おすすめの記事をご紹介

ここからは当サイトのおすすめ記事をご紹介します。

歴代横綱リストはこちら

歴代横綱の詳細データが満載な横綱一覧です。

最新場所の番付はこちら

詳細なデータを分かりやすく表にまとめた最新番付表もご用意しています。過去6場所分の成績と番付の昇降がひとめで分かり、通算成績や経歴なども一気に確認できるおすすめの番付表です。

相撲の裏方の一覧はこちら

現役力士褒賞金一覧と関取の推定年収はこちら

現役力士の力士褒賞金、通称「給金」を独自計算により一覧でご紹介さらに関取の推定年収も一覧表にしてまとめました。

現役力士の力士褒賞金と推定年収一覧! オススメ!

地方巡業日程はこちら

力士や親方、裏方さんたちと間近で触れ合うチャンスは地方巡業です!巡業日程や詳細をご紹介しています。

コメントはお気軽にどうぞ

ユーザー様の視聴環境

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。