『相撲データ』カテゴリー記事

現役力士の年収ランキング!給金を独自計算で関取の推定年収を一挙公開

華やかな大相撲の世界。いったい力士はどれぐらいの給料を貰っているのか?年収はどれぐらいなのか?気になりませんか?

また、「力士褒賞金」や「給金」という言葉を聞いたことがある方は、各力士はそれぞれいくらぐらいなのかも気になるのではないでしょうか。

前回、こちらの記事では(力士の給料はどれぐらい?関取と幕下以下の違いは? )力士の給料の仕組みをご紹介いたしましたが、今回はこの仕組みを現役力士に当てはめて現役力士の力士褒賞金、そして推定年収を一覧にしてご紹介したいと思います。ただし、正式に公表されているものではなく、あくまで情報と成績から計算した推定であることをご承知くださいね。

スポンサーリンク

力士の給料について予備知識

力士それぞれの褒賞金額や年収をご紹介する前に、予備知識をいくつかご紹介しておきましょう。

給料を貰えるのは「関取」以上

まず大前提として、給料を貰えるのは「関取」になってからです。

「力士」と「関取」は同じ意味ではないの?と思われる方もいるかもしれませんが実は違いがあります。

「力士」は序ノ口から横綱まですべてのお相撲さんのことを指しますが、「関取」は十両以上の力士のことを指します。

ということで、給料はこの十両以上である「関取」に対してのみ支払われています。

相撲協会から支給される

この給料ですが、所属する相撲部屋から支給されるのではなく相撲協会からの支給になります。

実は、すべての力士は相撲協会の所属であり、各相撲部屋は協会から委託された力士に対して指導と養成を行う場という位置づけなんですね

この関係性は力士だけではなく、親方から行司や呼出などの裏方まで、すべてが相撲協会に属しており相撲協会から給料を頂いています。

給与と手当、そして力士褒賞金

関取に対しては規定の給与から各種手当のほかに、成績に応じて計算される「力士褒賞金(りきしほうしょうきん)」と呼ばれる相撲界独特の支給方法があります。「給金(きゅうきん)」という言葉を聞いたことがある方も多いと思いますが、これは力士褒賞金の旧称で、いまも親しまれて使われている俗称なのです。

力士褒賞金の算定方法

ここでは簡単にご説明いたします。

褒賞金は本場所の成績に応じて加算されていくもので、勝ち越し星(勝ち数ー負け数)ひとつにつき50銭(0.5円)、平幕力士が横綱に勝つ金星の場合は10円、幕内優勝で30円、全勝した場合には50円が加算されます。このように算定された金額のことを支給標準額と呼びます。

  • 勝ち越し星ひとつ=0.5円(50銭)
  • 金星=10円
  • 幕内優勝=30円
  • 幕内全勝優勝=50円

この金額は便宜的なもので実際に支給されるのは算定した支給標準額を4000倍した金額が支給されるのです。つまり、勝ち越し(8勝7敗で勝ち越し星1の場合)で2000円、金星で4万円、幕内優勝で12万円、全勝で20万円が加算されます。

力士褒賞金を4000倍した金額
    • 勝ち越し星ひとつ=2千円
  • 金星=4万円
  • 幕内優勝=12万円
  • 幕内全勝優勝=20万円

関取の給与について、詳しくはこちらの記事(力士の給料はどれぐらい?関取と幕下以下の違いは? )でご紹介しております。

今回の記事ではご紹介しきれなかった力士褒賞金の更なる詳細に給与項目、手当、そして懸賞金についても解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク


現役力士報奨金一覧(関取経験者)

さて、お待たせいたしました。まずは現役力士たちの力士褒賞金(給金)はいくらなのかを一覧表でご紹介いたします。対象は関取経験のある力士です。

なお、算定した金額や点数などは各力士の成績から独自に計算したもので、公式に発表されたものではありませんのでご了承ください。

四股名褒賞金 (実額)支給 標準額番付勝ち越し点 (総計)勝ち越し加算金 (総計)出世勝越点 (幕下以下)勝越加算金 (幕下以下)勝越点 (十両)勝越加算金 (十両)勝越点 (前頭~関脇)勝越加算金 (前頭~関脇)勝越点 (大関)勝越加算金 (大関)勝越点 (横綱)勝越加算金 (横綱)昇進加算金 (十両)昇進加算金 (幕内)昇進加算金 (大関)昇進加算金 (横綱)金星金星加算幕内 優勝幕内優勝 加算幕内 全勝優勝幕内全勝 優勝加算最高位所属部屋

白鵬の高い支給標準額のわけは?

いかがでしたか?とても興味深い数字だったのではないでしょうか。基本的には地位と連動しているようにも見えますが、中には意外な力士が上位に並んでいることも分かります。

しかし、一番目につくのはやはり白鵬の飛び抜けて高い支給標準額ではないでしょうか。

同じ横綱の鶴竜や稀勢の里に比べても6倍以上の開きがある白鵬の支給標準額。史上最多の勝ち星を誇り、幕内だけでも1000勝を超えている白鵬ですから勝ち星だけでも相当な積み上げになりますが、それ以外にも大きな理由があります。

それは優勝の回数が多いことです。なにせ優勝1回で30円、全勝優勝で50円という配分ですから、史上最多の優勝回数を誇る白鵬はそれだけで他の力士を大きく引き離す支給標準額となるわけです。

スポンサーリンク


関取の年収と収入内訳一覧(平成30年11月場所の番付による)

さて、次はいよいよ関取の年収発表です。

とは言っても番付によって月給や手当に違いがあり、その番付も場所ごとに変わっていくのが相撲の世界。ここでは「平成30年11月場所の番付のまま1年間いたとしたら?」という前提でご覧ください。

また、懸賞金による収入もあるはずですがここでは除外しております。

四股名推定 年収 (懸賞金除く)褒賞金収入 (6場所分)給料+手当月給ボーナス本場所 手当出張手当力士 補助費褒賞金実額 (1場所)支給 標準額番付最高位所属部屋

いかがでしょうか。前述したようにここでは懸賞金が含まれていませんから、実際にはこれ以上になる力士が多いでしょう。その反面、幕尻力士は十両陥落によってこれ以下のこともあるでしょうし、十両下位の力士に至っては給料が一気に「ゼロ」になる可能性もはらんでいます。シビアな大相撲の世界です。

さて、力士ごとの力士褒賞金や年収はこれでお分かり頂けたかと思います。今回の記事では紹介しきれなかった地位による月給や手当については別の記事で詳細に解説しております。ぜひご覧ください。