片男波部屋力士の番付・星取表・基礎情報を網羅した現役力士一覧

片男波(かたおなみ)部屋の現役力士の番付と成績、そして基礎情報をまとめてご紹介します。

この記事では様々な情報を網羅した力士一覧表をご用意しております。

最新場所である令和6年3月場所の番付はもちろん、過去6場所分の成績を確認することができます。

また、表の内容はボタンによって切り替えることができ、通算成績や力士の基礎情報などもシームレスに知るこができます。

最新場所については日々の対戦相手と勝敗が一目で分かる星取表もご覧頂けます。場所中は日々更新していきますので、観戦のお供にぜひご活用ください。

当サイトでは全ての部屋と出身地についても同様のページをご用意しております。

他の部屋の番付と成績も見てみたい方は部屋目次より選んでください。出身地毎の番付・成績は出身地別目次からどうぞ。

相撲部屋や出身地ごとの場所の成績からランキングを作成しております。初場所、好調な相撲部屋や力士の出身地はどこ?



[/cot]

番付から作成した格付けランキングもあります。

この他にも片男波部屋の過去から現在までの主な関取たちををまとめた記事もありますので併せてご覧ください。

片男波部屋の基本情報

力士一覧表(番付・星取表・成績・経歴)(千秋楽)

No 四股名 直近7場所 成績 直近7場所 勝率 番付 (令6.5) 5月場所 成績 令和6年5月場所星取表 S1 番付 推移 変動 枚数 番付 (令6.3) 3月場所 成績 令和6年3月場所星取表 S2 番付 推移 変動 枚数 番付 (令6.1) 1月場所 成績 令和6年1月場所星取表 S3 番付 推移 変動 枚数 番付 (令5.11) 11月場所 成績 令和5年11月場所星取表 S4 番付 推移 変動 枚数 番付 (令5.9) 9月場所 成績 令和5年9月場所星取表 S5 番付 推移 変動 枚数 番付 (令5.7) 7月場所 成績 令和5年7月場所星取表 s6 番付 推移 変動 枚数 番付 (令5.5) 5月場所 成績 令和5年5月場所星取表 初日 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目 中日 9日目 10日目 11日目 12日目 13日目 14日目 千秋楽 最高位 出身地 部屋 一門 年齢 生年月日 大相撲歴 本名 旧四股名 旧所属 身長(㎝) 体重(㎏) BMI 出身高校 出身大学 初土俵 初土俵 年齢 新十両 新十両 年齢 新入幕 新入幕 年齢 新小結 新小結 年齢 新関脇 新関脇 年齢 大関昇進 大関昇進 年齢 横綱昇進 横綱昇進 年齢 幕内 優勝 十両 優勝 幕下 優勝 三段目 優勝 序二段 優勝 序ノ口 優勝 技能賞 殊勲賞 敢闘賞 金星 通算 勝利数 通算 敗数 通算 休数 出場回数 通算 勝率(%) s誕生日 s初土俵 s新十両 s新入幕 s新小結 s新関脇 s大関昇進 s横綱昇進 s初土俵年齢 s新十両年齢 s新入幕年齢 s新小結年齢 s新関脇年齢 s大関昇進年齢 s横綱昇進年齢 s7場所勝敗 s1勝敗 s2勝敗 s3勝敗 s4勝敗 s5勝敗 s6勝敗 s7勝敗 s2順 s3順 s4順 s5順 s6順 s7順 s1シフト s2シフト s3シフト s4シフト s5シフト s6シフト sしこな s最高位 s出身ふりがな s部屋ふりがな s7勝率 s勝 s敗 s休 s出 s勝率 s幕優 s十 s下 s三 s二 s口 s技 s殊 s敢 s金

※表は横にスクロールします。また、表示件数を切り替えることで上下のスクロールも可能です。項目をクリックすることで表を並べ替えることが出来ます。
番付表の記号等、補足事項はこちらをどうぞ


相撲部屋や出身地ごとの場所の成績からランキングを作成しております。初場所、好調な相撲部屋や力士の出身地はどこ?

片男波部屋の星取表

令和6年5月場所、片男波部屋の星取表です。

四股名 初日 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目 中日 9日目 10日目 11日目 12日目 13日目 14日目 千秋楽
玉鷲
東・前頭9
7勝8敗
モンゴル
片男波部屋

押し出し
琴勝峰
千葉県
佐渡ヶ嶽部屋

叩き込み
湘南乃海
神奈川県
高田川部屋

押し出し
正代
熊本県
時津風部屋

寄り倒し
佐田の海
熊本県
境川部屋

突き落とし
隆の勝
千葉県
常盤山部屋

押し出し
金峰山
カザフスタン
木瀬部屋

寄り切り
錦木
岩手県
伊勢ノ海部屋

肩透かし
翠富士
静岡県
伊勢ヶ濱部屋

押し出し
明生
鹿児島県
立浪部屋

押し出し
時疾風
宮城県
時津風部屋

押し出し
錦富士
青森県
伊勢ヶ濱部屋

押し出し
友風
神奈川県
二所ノ関部屋

押し出し
王鵬
東京都
大嶽部屋

押し出し
美ノ海
沖縄県
木瀬部屋

突き落とし
一山本
北海道
放駒部屋
玉正鳳
西・十両9
8勝7敗
モンゴル
片男波部屋

押し出し
千代栄
京都府
九重部屋

寄り切り
伯桜鵬
鳥取県
伊勢ヶ濱部屋

送り出し
英乃海
東京都
木瀬部屋

寄り切り
白鷹山
山形県
高田川部屋

寄り切り
志摩ノ海
三重県
木瀬部屋

寄り切り
紫雷
東京都
木瀬部屋

寄り倒し
獅司
ウクライナ
雷部屋

下手投げ
島津海
鹿児島県
放駒部屋

押し出し
對馬洋
長崎県
境川部屋

叩き込み
碧山
ブルガリア
春日野部屋

寄り切り
栃大海
埼玉県
春日野部屋

叩き込み
欧勝海
石川県
鳴戸部屋

寄り切り

石川県
高田川部屋

突き落とし
大奄美
鹿児島県
追手風部屋

寄り切り
千代翔馬
モンゴル
九重部屋
玉天翔
東・序二段24
3勝4敗
東京都
片男波部屋

 
爆羅騎
埼玉県
式秀部屋

押し出し
貴正道
兵庫県
二所ノ関部屋

 
 
 
 

寄り切り
爆羅騎
埼玉県
式秀部屋

 
 
 
 

押し倒し
千代剣
千葉県
九重部屋

 
 
 
 

突き落とし
飛騨野
富山県
荒汐部屋

押し出し
岡ノ城
福島県
出羽海部屋

 
 
 
 

 
 
 
 

下手出し投げ
安櫻
青森県
安治川

 
 
 
 

小手投げ
名島
熊本県
湊部屋

 
 
 
 
玉の寅
東・序二段77
3勝4敗
大阪府
片男波部屋

掬い投げ
蒼乃駿
鹿児島県
荒汐部屋

 
 
 
 

 
 
 
 

押し出し
大馬翔
岐阜県
追手風部屋

寄り切り
謙豊
宮城県
時津風部屋

 
 
 
 

叩き込み
霧乃華
富山県
荒汐部屋

 
 
 
 

 
 
 
 

押し出し
千代福
栃木県
九重部屋

下手投げ
真庭山
岡山県
高田川部屋

 
 
 
 

 
 
 
 

叩き込み
錦丸
千葉県
朝日山部屋

 
 
 
 

トータルの成績です。

トータル 初日 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目 中日 9日目 10日目 11日目 12日目 13日目 14日目 千秋楽
44取組
21勝
23敗
勝敗差-2
3取組
1勝
2敗
-1
3取組
1勝
2敗
-1
2取組
2勝
0敗
+2
4取組
2勝
2敗
±0
3取組
2勝
1敗
+1
3取組
1勝
2敗
-1
3取組
1勝
2敗
-1
3取組
0勝
3敗
-3
3取組
2勝
1敗
+1
3取組
2勝
1敗
+1
3取組
2勝
1敗
+1
3取組
1勝
2敗
-1
2取組
1勝
1敗
±0
4取組
3勝
1敗
+2
2取組
0勝
2敗
-2

現役力士の紹介

片男波部屋の現役力士を初土俵順にプロフィール付きでご紹介します。

玉鷲 一朗

玉鷲 一朗(たまわし いちろう)はモンゴル ウランバートル市出身、片男波部屋の力士で最高位は関脇。令和6年5月場所の番付は東 前頭9枚目。

入門するまでは相撲経験は無く、将来はホテルマンになろうとモンゴル食糧技術大学で学んでいた。しかし、大きな身体と腕力を活かして力士になろうと思い立ち、留学していた姉を頼って来日。姉と一緒に両国を訪れ、通りかかった井筒部屋の前で鶴竜に出会い相談すると旭鷲山の連絡先を教えてもらえた。これが片男波部屋入門のきっかけとなった。

初土俵から4年の平成20(2008)年1月場所で新十両、そこから4場所連続勝ち越しで平成20(2008)年9月場所で新入幕を果たした。平成27(2015)年3月場所で新小結に昇進。初土俵から所要66場所目での新三役というスロー出世。さらに平成29(2017)年1月場所で新関脇昇進。初土俵から所要77場所、新入幕から所要49場所での新関脇は史上5位タイのスロー昇進。

年を重ねるごとに「相撲力」がアップしてきた玉鷲。かねてより公言していた「大関よりも優勝すること!」を、平成31(2019)年1月場所の初優勝で達成。優勝を決めた千秋楽には第二子も産まれてダブルの喜びとなった。

令和4(2022)年9月場所では千秋楽に高安を破り自身2度目の幕内最高位優勝を決めた。37歳10ヶ月での幕内優勝は、旭天鵬の抜いて昭和以降の最年長記録となった。

ハートマークグッズを集めるのが趣味。玉鷲の妻は、閉鎖した中川部屋から移籍して来た幕下・旭蒼天の姉にあたる。

四股名
玉鷲 一朗(たまわし いちろう)
最高位
関脇
最新番付
東 前頭9枚目
出身地
モンゴル ウランバートル市
本名
バトジャルガル・ムンフオリギル
生年月日
昭和59年(1984)11月16日(39歳)
所属部屋
片男波部屋
初土俵
平成16年(2004)1月(19歳2ヵ月)
新十両
平成20年(2008)1月(23歳2ヵ月)
新入幕
平成20年(2008)9月(23歳10ヵ月)
新小結
平成27年(2015)3月(30歳4ヵ月)
新関脇
平成29年(2017)1月(32歳2ヵ月)
優勝
幕内優勝2回,十両優勝1回,幕下優勝1回
受賞・金星
殊勲賞2回,敢闘賞1回,技能賞1回,金星7個
通算成績
814勝800敗2休/1613出場(勝率:50.5%)
直近7場所
48勝57敗
7場所勝率
45.7%
令6年5月
東 前頭9枚目(1枚半降下)
7勝8敗
○●○●●|●●●●○|○○○○●
令6年3月
西 前頭7枚目(2枚半上昇)
7勝8敗
●●●○●|○●●○○|○●●○○
令6年1月
東 前頭10枚目(2枚上昇)
8勝7敗
●○○●○|●○○○○|●●○●●
令5年11月
東 前頭12枚目(8枚半降下)
9勝6敗
○○○○●|●○○●●|○○●○●
令5年9月
西 前頭3枚目(4枚上昇)
2勝13敗
●●●●●|●●●●●|●○○●●
令5年7月
西 前頭7枚目(変動なし)
8勝7敗
○●○○○|○○●●●|●○○●●
令5年5月
西 前頭7枚目
7勝8敗
●○●●●|●○○●○|○○○●●

玉正鳳 萬平

玉正鳳 萬平(たましょうほう まんぺい)はモンゴル ウランバートル市出身、片男波部屋の力士で最高位は十両筆頭。令和6年5月場所の番付は西 十両9枚目。

父親はモンゴル相撲と柔道の監督で、教え子にはのちの朝青龍や日馬富士、朝赤龍や時天空などがいた。

実は13代高島(元関脇・高望山)の高島部屋へ入門するために来日したのだが、新弟子検査を受ける前に部屋は消滅してしまい急遽、20代春日山(元幕内・春日富士)の春日山部屋所属となった経緯が。当初の「高春日 望」という四股名は高望山と春日富士を合わせたもの。その次の「種子島」という四股名は後援者の名前だった。

現在の「旭蒼天」という四股名は前の師匠である中川親方(元幕内・旭里)の「旭」と、モンゴルに因んだ「蒼天」から命名。実の姉は片男波部屋の玉鷲の妻、つまり玉鷲は義理の兄にあたる。

令和2年(2020)7月場所を前に中川部屋が閉鎖、旭蒼天は義兄のいる片男波部屋への移籍が決まった。

四股名
玉正鳳 萬平(たましょうほう まんぺい)
最高位
十両筆頭
最新番付
西 十両9枚目
出身地
モンゴル ウランバートル市
本名
エルデンビィールグ・エンクマンライ
生年月日
平成5年(1993)3月6日(31歳)
所属部屋
春日山⇒追手風⇒中川⇒片男波部屋
改名歴
高春日⇒種子島⇒旭蒼天⇒玉正鳳
初土俵
平成23年(2011)9月(18歳6ヵ月)
新十両
令和5年(2023)3月(30歳0ヵ月)
優勝
幕下優勝1回
通算成績
308勝281敗0休/588出場(勝率:52.4%)
直近7場所
50勝55敗
7場所勝率
47.6%
令6年5月
西 十両9枚目(変動なし)
8勝7敗
●○○○○|●○●○●|○●●○●
令6年3月
西 十両9枚目(5枚半降下)
6勝9敗
●●●●○|○●●○○|●○●○●
令6年1月
東 十両4枚目(3枚上昇)
4勝11敗
○●●●○|●●○●●|●●○●●
令5年11月
東 十両7枚目(5枚半降下)
9勝6敗
○○●○○|●□●○○|●●●○○
令5年9月
西 十両筆頭(3枚半上昇・最高位更新)
4勝11敗
●●●●○|●●●●●|○○●●○
令5年7月
東 十両5枚目(6枚半上昇・最高位更新)
10勝5敗
○○●○○|○●○○●|○●●○○
令5年5月
西 十両11枚目
9勝6敗
○○○●○|○○●●○|○●○●●

玉の寅 麿

玉の寅 麿(たまのとら まろ)は大阪府 泉佐野市出身、片男波部屋の力士で最高位は序二段54枚目。令和6年5月場所の番付は東 序二段77枚目。

四股名
玉の寅 麿(たまのとら まろ)
最高位
序二段54枚目
最新番付
東 序二段77枚目
出身地
大阪府 泉佐野市
本名
田口 義明
生年月日
平成17年(2005)12月22日(18歳)
所属部屋
片男波部屋
改名歴
田口⇒玉の寅
初土俵
令和3年(2021)3月(15歳3ヵ月)
優勝
無し
通算成績
50勝83敗0休/132出場(勝率:37.9%)
直近7場所
20勝29敗
7場所勝率
40.8%
令6年5月
東 序二段77枚目(22枚半降下)
3勝4敗
●--○○|-●--○|●--●-
令6年3月
西 序二段54枚目(44枚上昇・最高位更新)
2勝5敗
●--○●|-○--●|-●-●-
令6年1月
西 序ノ口筆頭(8枚半降下)
5勝2敗
○--○-|●-○●-|○---○
令5年11月
東 序二段91枚目(22枚降下)
2勝5敗
-●-●●|--○-○|●-●--
令5年9月
東 序二段69枚目(34枚半上昇・最高位更新)
1勝6敗
●--●○|-●-●-|●---●
令5年7月
西 序二段103枚目(3枚半降下)
4勝3敗
○-○-●|-●--●|-○-○-
令5年5月
東 序二段100枚目
3勝4敗
○--●○|-●-●-|○-●--

玉天翔 怜桜

玉天翔 怜桜(たまてんしょう れお)は東京都 東村山市出身、片男波部屋の力士で最高位は序二段16枚目。令和6年5月場所の番付は東 序二段24枚目。

東村山市立秋津東小学4年の頃から練馬石泉相撲クラブで相撲を始めた。

四股名
玉天翔 怜桜(たまてんしょう れお)
最高位
序二段16枚目
最新番付
東 序二段24枚目
出身地
東京都 東村山市
本名
服部 怜桜
生年月日
平成17年(2005)5月14日(19歳)
所属部屋
片男波部屋
改名歴
服部⇒玉天翔
初土俵
令和3年(2021)5月(16歳0ヵ月)
優勝
無し
通算成績
58勝65敗3休/121出場(勝率:47.9%)
直近7場所
23勝23敗3休
7場所勝率
51.1%
令6年5月
東 序二段24枚目(46枚半上昇)
3勝4敗
-●-●-|○-●○-|-●-○-
令6年3月
西 序二段70枚目(30枚半降下)
5勝2敗
○-○-●|-○-○-|-○●--
令6年1月
東 序二段40枚目(24枚降下)
1勝3敗3休
-●○-●|--■やや|ややややや
令5年11月
東 序二段16枚目(77枚上昇・最高位更新)
3勝4敗
○-●-○|-●-●-|○--●-
令5年9月
東 序二段93枚目(37枚降下)
6勝1敗
○--○○|-○-●-|-○-○-
令5年7月
東 序二段56枚目(34枚上昇)
1勝6敗
○--●-|●-●●-|●---●
令5年5月
東 序二段90枚目
4勝3敗
-○-●-|○○--●|-●-○-

片男波部屋の部屋付き親方

熊ヶ谷親方

玉飛鳥 大輔(たまあすか だいすけ)愛知県名古屋市熱田区出身、片男波部屋の元力士で、最高位は前頭9枚目

平成10年(1998)3月場所に15歳1ヶ月で初土俵を踏み、平成28年(2016)9月場所を最後に引退(33歳7ヶ月)(※番付上は平成28年11月場所が最後)

通算成績は580勝569敗29休1145出場。生涯勝率.505。通算111場所中、61場所を勝ち越した(勝ち越し率.555)。

主な成績は十両優勝2回(同点1),幕下優勝2回(同点1)。

昭和58年(1983)1月26日生まれ。本名は高橋 大輔。

父の勧めで小学生の頃から相撲を始めて日比野中学3年次には全国中学校相撲選手権大会で個人優勝を達成、中学生横綱の栄冠に輝く。高校に進学するつもりだったが13代片男波(元関脇・玉ノ富士)の熱心なスカウトにより角界入りを決意。

四股名は入門直前に亡くなった父が「飛ぶ鳥を落とす勢い」と飛鳥時代に因んで命名したもの。

年寄名
17代・熊ヶ谷 大輔(片男波部屋)
四股名
玉飛鳥 大輔(たまあすか だいすけ)
最高位
前頭9枚目
年寄名跡
15代荒磯 大輔 → 17代熊ヶ谷 大輔
出身地
愛知県名古屋市熱田区
本名
高橋 大輔
生年月日
昭和58年(1983)1月26日(41歳)
所属部屋
片男波部屋
改名歴
玉飛鳥 大輔
初土俵
平成10年(1998)3月 前相撲(15歳1ヶ月)
新十両
平成16年(2004)11月(所要40場所)
21歳9ヶ月(初土俵から6年8ヶ月)
新入幕
平成17年(2005)7月(所要44場所)
22歳5ヶ月(初土俵から7年4ヶ月)
最終場所
平成28年(2016)9月(33歳7ヶ月)※番付上は平成28年11月場所
大相撲歴
111場所(18年6ヶ月)
通算成績
580勝569敗29休1145出場(勝率.505)
通算111場所
勝ち越し61場所(勝ち越し率.555)
優勝等
十両優勝2回(同点1),幕下優勝2回(同点1)
前頭戦歴
54勝109敗17休161出場(勝率.331)
在位12場所(在位率.108)
勝ち越し1場所(勝ち越し率.083)
十両戦歴
282勝291敗12休572出場(勝率.492)
在位39場所(在位率.351)
勝ち越し21場所(勝ち越し率.538)
関取戦歴
336勝400敗29休733出場(勝率.457)
在位51場所(在位率.459)
勝ち越し22場所(勝ち越し率.431)
幕下以下歴
244勝169敗0休412出場(勝率.591)
在位59場所(在位率.532)
勝ち越し39場所(勝ち越し率.661)


片男波親方の経歴

玉春日 良二(たまかすが りょうじ)愛媛県東宇和郡野村町出身、片男波部屋の元力士で、最高位は関脇

平成6年(1994)1月場所に22歳0ヶ月で初土俵を踏み、平成20年(2008)9月場所を最後に引退(36歳8ヶ月)。

通算成績は603勝636敗39休1235出場。生涯勝率.487。通算89場所中、46場所を勝ち越した(勝ち越し率.517)。

主な成績は十両優勝1回殊勲賞1回,敢闘賞2回,技能賞2回,金星7個(貴乃花3個、曙1個、若乃花2個、武蔵丸1個)。

昭和47年(1972)1月7日生まれ。本名は松本 良二。

小学生の頃から身体が大きく運動能力も高かったことから乙亥大相撲をはじめ様々な競技で活躍していた。中央大学時代は際立った成績を残せなかったが幕下最下位格付出で角界入りすると、徹底的に押し相撲を磨くことで頭角を現し、長らく幕内の土俵を務めることができた。

「玉春日」の四股名は小惑星の名として空に残されている。これは平成10年(1998)6月に愛媛県の久万高原天体観測館の職員が発見した小惑星で、当時活躍していた郷土力士にあやかって「(8432)Tamakasuga」として登録された。

引退後は15代楯山を襲名し部屋付親方として後進の指導にあたっていたが、平成12年(2010)2月に13代片男波(玉ノ富士)と名跡を交換、14代片男波を襲名して部屋を継承した。

年寄名跡
14代・片男波 良二
四股名
玉春日 良二(たまかすが りょうじ)
最高位
関脇
年寄名跡
15代楯山 良二 → 14代片男波 良二
出身地
愛媛県東宇和郡野村町
本名
松本 良二
生年月日
昭和47年(1972)1月7日(52歳)
出身高校
愛媛県立野村高校
出身大学
中央大学
所属部屋
片男波部屋
改名歴
玉春日 良二 → 玉春日 公二 → 玉春日 良二
初土俵
平成6年(1994)1月 幕下60枚目格付出(22歳0ヶ月)
新十両
平成7年(1995)3月(所要7場所)
23歳2ヶ月(初土俵から1年2ヶ月)
新入幕
平成8年(1996)1月(所要12場所)
24歳0ヶ月(初土俵から2年0ヶ月)
新関脇
平成9年(1997)7月(所要21場所)
25歳5ヶ月(初土俵から3年6ヶ月)
最終場所
平成20年(2008)9月(36歳8ヶ月)
大相撲歴
89場所(14年8ヶ月)
通算成績
603勝636敗39休1235出場(勝率.487)
通算89場所
勝ち越し46場所(勝ち越し率.517)
優勝等
十両優勝1回
受賞・金星
殊勲賞1回,敢闘賞2回,技能賞2回,金星7個
幕内戦歴
444勝537敗24休977出場(勝率.453)
在位67場所(在位率.753)
勝ち越し28場所(勝ち越し率.418)
三役戦歴
15勝30敗0休45出場(勝率.333)
在位3場所(在位率.034)
勝ち越し0場所(勝ち越し率.000)
関脇戦歴
7勝8敗0休15出場(勝率.467)
在位1場所(在位率.011)
勝ち越し0場所(勝ち越し率.000)
小結戦歴
8勝22敗0休30出場(勝率.267)
在位2場所(在位率.022)
勝ち越し0場所(勝ち越し率.000)
前頭戦歴
429勝507敗24休932出場(勝率.458)
在位64場所(在位率.719)
勝ち越し28場所(勝ち越し率.438)
十両戦歴
126勝83敗15休209出場(勝率.603)
在位15場所(在位率.169)
勝ち越し11場所(勝ち越し率.733)
関取戦歴
570勝620敗39休1186出場(勝率.479)
在位82場所(在位率.921)
勝ち越し39場所(勝ち越し率.476)
幕下以下歴
33勝16敗0休49出場(勝率.673)
在位7場所(在位率.079)
勝ち越し7場所(勝ち越し率1.000)


過去から現在までの片男波部屋力士はこちら

ここまでは片男波部屋の現役力士と親方などをご紹介してきましたが、この片男波部屋の過去から現在までの所属力士をまとめた記事もご用意しています。興味を持たれた方はどうぞ。



[/cot]

出身地別、力士別、初土俵別など様々な方法で力士データをまとめています。

おすすめの記事をご紹介

ここからは当サイトのおすすめ記事をご紹介します。

ネットでの大相撲観戦といえばAbemaTV!「AbemaTV」での視聴方法について解説しています。序ノ口から結びの一番まで完全無料生中継!ぜひ確認してみてください。

当サイトのいろんな記事へのリンクをまとめたナビゲーションページです。

地方巡業日程はこちら

力士や親方、裏方さんたちと間近で触れ合うチャンスは地方巡業です!巡業日程や詳細をご紹介しています。

コメントはお気軽にどうぞ

※当サイトは個人が運営するサイトであり、日本相撲協会及び、各相撲部屋とは関連がないことをご了承ください。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。※当サイトは個人が運営するサイトです。