立浪部屋力士の番付と場所成績に基礎情報を網羅した現役力士一覧

立浪(たつなみ)部屋の現役力士の番付と成績、そして基礎情報をまとめてご紹介します。

この番付表では最新場所である令和2年5月場所(夏場所)の番付だけではなく、先場所からどれだけ番付が上がったのかを成績と共に比べて確認できます。

表の内容はボタンによって切り替えることが出来ます。力士の詳細なデータが盛りだくさんですよ!さらに表の下には所属力士の勝敗数をまとめて集計していますので「部屋としての全体の力」も確認できます。

場所中には日々更新していきますので、観戦のお供にどうぞご活用ください。

また、日々の対戦相手と勝敗が一目で分かる星取表もあわせてご覧ください。

他の部屋の番付と成績も見てみたい方は部屋目次より選んでください。出身地毎の番付・成績もご用意しています。

相撲部屋や出身地ごとの場所の成績からランキングを作成しております。初場所、好調な相撲部屋や力士の出身地はどこ?


番付から作成した格付けランキングもありますよ。

この他にも立浪部屋の過去から現在までの主な関取たちををまとめた記事もありますので併せてご覧ください。

立浪部屋の基本情報 一門 :立浪一門⇒貴乃花一門⇒無所属⇒出羽海一門
創設 :大正4年(1915年)
創設者:4代・立浪 弥右衛門(元小結・緑嶌)
現師匠:7代・立浪 耐治(元小結・旭豊)
所在地:茨城県つくばみらい市陽光台4-3-4
スポンサーリンク



立浪部屋の番付と成績・力士一覧

番付 (令2.5) 四股名 よみ 令2.5 場所成績 令2.5月場所星取表 番付推移 5←3月 変動S 5←3月 変動枚数 5←3月 番付 (令2.3) 令2.3 場所成績 令2.3月場所星取表 番付推移 3←1月 変動S 3←1月 変動枚数 3←1月 番付 (令2.1) 令2.1 場所成績 番付推移 1←11月 変動S 1←11月 変動枚数 1←11月 番付 (令元.11) 令元.11 場所成績 番付推移 11←9月 変動S 11←9月 変動枚数 11←9月 番付 (令元.9月) 令元.9月 場所成績 番付推移 9←7月 変動S 9←7月 変動枚数 9←7月 番付 (令元.7) 令元.7 場所成績 番付推移 7←5月 変動S 7←5月 変動枚数 7←5月 番付 (令元.5) 令元.5 場所成績 過去6場所 成績 過去6場所 勝率 2020年 年間成績 2020年 年間勝率 最高位 出身地 部屋 一門 年齢 生年月日 大相撲歴 本名 旧所属 旧四股名 身長(㎝) 体重(㎏) BMI 出身高校 出身大学 初土俵 初土俵 年齢 新十両 新十両 年齢 新入幕 新入幕 年齢 新三役 新三役 年齢 大関昇進 大関昇進 年齢 横綱昇進 横綱昇進 年齢 優勝 三賞・金星 通算 勝利数 通算 敗数 通算 休数 出場回数 通算 勝率(%)

※表は横にスクロールします。また、表示件数を切り替えることで上下のスクロールも可能です。項目をクリックすることで表を並べ替えることが出来ます。
番付表の記号等、補足事項はこちらをどうぞ


スポンサーリンク


立浪部屋の星取表

四股名 成績 番付 初日 2日 3日 4日 5日 6日 7日 中日 9日 10日 11日 12日 13日 14日 千秋楽 出身地 部屋

スポンサーリンク


立浪部屋の現役力士を紹介

立浪部屋の現役力士を初土俵順にご紹介します。

華吹

東京都足立区出身、立浪部屋。初土俵は昭和61(1986)年3月場所で昭和、平成、令和すべての本場所土俵に立った唯一の力士。生涯場所数はすでに200場所を超えているが、これは昭和以降の現役在位場所数歴代1位である。もちろん昭和以降の最高齢現役力士。立浪部屋のちゃんこ長として部屋を支える超ベテラン。

華吹 大作(はなかぜ だいさく)

出身地 :東京都足立区

本 名 :山口 大作

生年月日:昭和45年(1970)5月28日(50歳)

所属部屋:立浪部屋

改名歴 :山口⇒立山口⇒華吹

初土俵 :昭和61年(1986)3月(15歳10ヵ月)

飛天龍 貴信

福岡県福岡市南区出身、立浪部屋。平成23年(2011)5月の技量審査場所では東幕下10枚目で4勝3敗という成績だったが、大相撲八百長問題による引退力士が大量に発生したこともあり翌場所での新十両昇進となった。四股名は立浪部屋の行司だった35代木村庄之助が、新十両昇進のお祝いにと名付けてくれた。

平成31年(2019)3月場所13日目の取組後に引退を表明、5月には断髪式を行うと発表されていたが、5月場所の番付には飛天龍の四股名が。その5月場所は「休場」、翌7月場所ではなんと本場所の土俵に立ち、事実上の引退撤回となった。

飛天龍 貴信(ひてんりゅう たかのぶ)

最高位 :十両13枚目

出身地 :福岡県福岡市南区

本 名 :持丸 貴信

生年月日:昭和59年(1984)6月16日(35歳)

所属部屋:立浪部屋

改名歴 :持丸⇒桃持丸⇒挑持丸⇒豊丸⇒持丸⇒飛天龍

初土俵 :平成12年(2000)3月(15歳9ヵ月)

新十両 :平成23年(2011)7月(27歳1ヵ月)

北洋山

平成21年(2009)の入門当時には昭和62年(1987)の北獅子以来、22年ぶりとなる夕張市出身者の入門として話題になった

北洋山 和弘(ほくようざん かずひろ)

出身地 :北海道夕張市

本 名 :柴田 和弘

生年月日:平成5年(1993)11月26日(26歳)

所属部屋:立浪部屋

初土俵 :平成21年(2009)3月(15歳4ヵ月)

越乃花

新潟県上越市柿崎区出身。小中は柿崎国技会の相撲教室で相撲を学び、高田農業高校相撲部へ。巡業では相撲甚句で美声も聞かせる

越乃花 友弥(えつのはな ともや)

出身地 :新潟県上越市

本 名 :小池 友弥

生年月日:平成3年(1991)9月4日(28歳)

所属部屋:立浪部屋

改名歴 :越ノ浪⇒越錦⇒越乃花

初土俵 :平成22年(2010)1月(18歳4ヵ月)

天空海 翔馬

茨城県東茨城郡大洗町出身、立浪部屋。那珂湊第一高(現・那珂湊高)では柔道部。卒業後はいったん専門学校に入学したが同郷の稀勢の里の活躍を機に立浪部屋へと入門。当初は豊乃浪という四股名だったが成績に波があったので「浪(なみ)」を取って天空海に。“天”は番付上昇、“空”と“海”は地元・大洗町のイメージから。

天空海 翔馬(あくあ しょうま)

最高位 :十両6枚目

出身地 :茨城県東茨城郡大洗町

本 名 :高畠 祐貴

生年月日:平成2年(1990)11月6日(29歳)

所属部屋:立浪部屋

改名歴 :豊乃浪⇒天空海

初土俵 :平成22年(2010)11月(20歳0ヵ月)

新十両 :平成30年(2018)1月(27歳2ヵ月)

羅王

「羅王」は本名で入門当初の四股名は羅王丸。下の「希望」は出身校である「相撲の強豪」福岡・希望が丘高にあやかった。式秀部屋の爆羅騎は実の弟。肘の手術で2場所休場も復帰の平成30年7月場所では序二段で全勝優勝

羅王 希望(らおう のぞむ)

出身地 :埼玉県所沢市

本 名 :伊藤 羅王

生年月日:平成5年(1993)3月30日(27歳)

所属部屋:立浪部屋

改名歴 :羅王丸⇒羅王

初土俵 :平成23年(2011)1月(17歳10ヵ月)

優勝等 :序二段優勝1回

明生 力

鹿児島県大島郡瀬戸内町出身、立浪部屋。幼少時より相撲を始め小6のとき全国小学生優勝大会で優勝し小学生横綱に。しかし中学時代には目立った成績を残せず角界入りか進学かで迷ったが父親に一喝されて入門を決意した。

ヘルニアに苦しみ引退を覚悟したこともあったが、努力によって平成30年7月場所での新入幕を掴んだ“叩き上げ”。四股名は本名の下の名からで「あきお」さんかと思いきや、実は読みも同じ「めいせい」。

明生 力(めいせい ちから)

最高位 :前頭2枚目

出身地 :鹿児島県大島郡瀬戸内町

本 名 :川畑 明生

生年月日:平成7年(1995)7月24日(24歳)

所属部屋:立浪部屋

初土俵 :平成23年(2011)5月(15歳10ヵ月)

新十両 :平成28年(2016)11月(21歳4ヵ月)

新入幕 :平成30年(2018)7月(23歳0ヵ月)

幸奄美

奄美大島の宇検村出身。鹿児島県の中学総体では中2のときに相撲個人優勝

幸奄美 創(ゆきあまみ はじめ)

出身地 :鹿児島県大島郡宇検村

本 名 :中田 翔太

生年月日:平成10年(1998)1月9日(22歳)

所属部屋:立浪部屋

改名歴 :大和浪⇒幸奄美

初土俵 :平成25年(2013)3月(15歳2ヵ月)

北大地

小学校低学年から相撲を始めて都道府県大会にも出場経験あり。ラップバトルの鑑賞が趣味

北大地 豊(きただいち ゆたか)

出身地 :北海道夕張市

本 名 :佐々木 大地

生年月日:平成10年(1998)7月8日(21歳)

所属部屋:立浪部屋

初土俵 :平成26年(2014)3月(15歳8ヵ月)

刻竜浪

東九州龍谷高校相撲部では高2でインターハイに出場

刻竜浪 昌大(こくりゅうなみ まさひろ)

出身地 :福岡県豊前市

本 名 :岡本 昌大

生年月日:平成7年(1995)4月20日(25歳)

所属部屋:立浪部屋

初土俵 :平成26年(2014)3月(18歳11ヵ月)

瑞光

沖縄県石垣市出身で中学ではバスケの選手。立浪親方の兄が石垣島に遊びに来たことがきっかけで立浪部屋への入門が決まった

瑞光 海波(ずいこう みなみ)

出身地 :沖縄県石垣市

本 名 :新垣 海波

生年月日:平成14年(2002)3月26日(18歳)

所属部屋:立浪部屋

改名歴 :海波⇒瑞光

初土俵 :平成29年(2017)3月(15歳0ヵ月)

多良浪

小1から長崎の大村相撲クラブで相撲を始めて小4でわんぱく相撲全国大会に出場。そのわんぱく相撲のために立浪部屋に宿泊したことが縁で以降交流が続き、中2で入門を決意した

多良浪 直希(たらなみ なおき)

出身地 :長崎県大村市

本 名 :佐藤 直希

生年月日:平成14年(2002)2月19日(18歳)

所属部屋:立浪部屋

初土俵 :平成29年(2017)3月(15歳1ヵ月)

上戸

小5から大学3年まではラグビーで活躍。長崎の大村工高3年次には7人制ラグビー全国高校大会で優勝。入門のきっかけは高2の時に立浪親方から誘われたことで、中京大学3年次に決意して中退を選び立浪部屋へと入門

上戸 大輝(かみと だいき)

出身地 :長崎県大村市

本 名 :上戸 大輝

生年月日:平成7年(1995)8月19日(24歳)

所属部屋:立浪部屋

初土俵 :平成29年(2017)3月(21歳7ヵ月)

豊昇龍 智勝

モンゴルからレスリングを志して日本に留学していたが、日馬富士の取組を国技館で観るや一気に相撲の魅力に取りつかれ相撲へと転向。日体大柏高校相撲部でインターハイ個人2位など数々の実績をあげて立浪部屋への入門を決めた。

朝青龍の甥であり、四股名は師匠(旭豊)と叔父から1文字ずつを頂いた。目標は叔父と同じ「最高峰」の横綱

豊昇龍 智勝(ほうしょうりゅう ともかつ)

最高位 :十両6枚目

出身地 :モンゴル ウランバートル市

本 名 :スガラグチャー ビャンバスレン

生年月日:平成11年(1999)5月22日(21歳)

所属部屋:立浪部屋

初土俵 :平成30年(2018)1月(18歳8ヵ月)

新十両 :令和元年(2019)11月(20歳6ヵ月)

優勝等 :序二段優勝1回

浪満

同じ部屋の明生とは祖父同士が兄弟という親戚関係。3歳から空手を始めて中2に全国大会出場で団体32強入り。相撲は中3の頃から助っ人として始めて高校で本格的に取り組むが1年で中退。そこへ立浪親方から誘いがあり入門となった

浪満 力(ろまん ちから)

出身地 :沖縄県名護市

本 名 :川畑 六満

生年月日:平成13年(2001)4月24日(19歳)

所属部屋:立浪部屋

初土俵 :平成30年(2018)5月(17歳1ヵ月)

豊浪

福岡県行橋市出身、立浪部屋。相撲を始めたのは高校に入学してから。大分県中津市の東九州龍谷高校に進学した松崎はそこで相撲部に誘われ入部、2年秋の新人戦では県大会団体戦2位に貢献した。3年次には全九州大会個人戦100㎏級に出場。高校卒業後は福岡の自動車エンジンメーカーに就職したが、もう一度相撲がやりたいと夏に退職、高校の先輩(刻竜浪)が在籍する立浪部屋への入門を決めた。

豊浪 龍之介(ゆたかなみ りゅうのすけ)

出身地 :福岡県行橋市

本 名 :松崎 龍之介

生年月日:平成13年(2011)2月2日(19歳)

所属部屋:立浪部屋

初土俵 :令和元年(2019)9月(18歳7ヵ月)

奥武山

沖縄県島尻郡八重瀬町出身、立浪部屋。沖縄県立南部農林高校1年の頃から相撲を始め、那覇市の奥武山道場でも稽古を積んだ。高2で県大会80㎏未満級3位で九州大会に出場するなど数々の大会で優秀な成績をおさめる。四股名は通っていた道場の名を頂いた。

奥武山 雷己(おうのやま らいき)

出身地 :沖縄県島尻郡八重瀬町

本 名 :川平 雷己

生年月日:平成13年(2001)7月3日(18歳)

所属部屋:立浪部屋

初土俵 :令和2年(2020)1月(18歳6ヵ月)

渉利

兵庫県たつの市出身、立浪部屋。たつの市立御津小学4年の頃から広畑少年相撲教室で相撲を始め、小6で全日本小学生相撲優勝大会やわんぱく相撲全国大会などに出場した。飾磨東中学時代にも数々の大会に出場し実績を積んだ山科(当時は岸本姓)は、高校は千葉県の拓殖大学紅陵高へと進学、そこでも高校総体個人8強をはじめ様々な大会で活躍した。

高校3年の8月に膝の靭帯断裂という大怪我を負ってしまい、3ヵ月ものあいだ土俵に上がることは出来なかったが、この間に筋トレなどで基本を鍛えあげ角界入りに備えた。千葉県の日本体育大学柏高出身の豊昇龍とは以前から知り合いで、稽古場見学の際の雰囲気や立浪親方(元小結・旭豊)の人柄に触れて部屋への入門を決めた。

渉利 山科(しょうり やましな)

出身地 :兵庫県たつの市

本 名 :山科 渉利

生年月日:平成13年(2001)11月20日(18歳)

所属部屋:立浪部屋

初土俵 :令和2年(2020)3月(18歳4ヵ月)

筑波山

茨城県つくば市出身、立浪部屋。幼稚園の頃から並木中学3年までサッカーで身体を鍛えた。入門するまで相撲の経験は無かったが、自らの意思で立浪部屋への入門を決めた。

筑波山 稔(つくばやま みのる)

出身地 :茨城県つくば市

本 名 :雪野 稔

生年月日:平成13年(2001)11月22日(18歳)

所属部屋:立浪部屋

初土俵 :令和2年(2020)3月(18歳4ヵ月)

立浪親方の経歴

愛知県春日井市出身、大島部屋の元力士で最高位は小結。横綱・旭富士や旭天鵬と同じ大島部屋所属だったが同門の宗家である立浪部屋を継承するために余力を残して引退。しかし先代の6代立浪との間ではトラブルが絶えず遂には裁判沙汰となったイケメン親方。平成24年(2012)5月に立浪一門を離脱して貴乃花グループ(一門)へと合流。しかし貴乃花一門は崩壊、無所属期間を経て出羽海一門へと合流した。

7代・立浪 耐治

旭豊 勝照(あさひゆたか かつてる)

最高位 :小結

年寄名跡:準年寄・旭豊⇒7代立浪

出身地 :愛知県春日井市

本 名 :市川 耐治⇒安念 耐治⇒市川 耐治

生年月日:昭和43年(1968)9月10日(51歳)

所属部屋:大島部屋

改名歴 :市川⇒旭豊

初土俵 :昭和62年(1987)3月(18歳6ヵ月)

新十両 :平成5年(1993)11月(25歳2ヵ月)

新入幕 :平成7年(1995)3月(26歳6ヵ月)

新三役 :平成8年(1996)5月(27歳8ヵ月)

最終場所:平成11年(1999)1月(30歳4ヵ月)

生涯戦歴:364勝341敗26休/704出場(71場所)

生涯勝率:51.6%

優勝等 :十両優勝1回,幕下優勝2回

成 績 :殊勲賞1回,敢闘賞1回,金星4個

幕内戦歴:160勝198敗(24場所)勝率:44.7%

  小結:20勝25敗(3場所)勝率:44.4%

  前頭:140勝173敗(21場所)勝率:44.7%

十両戦歴:67勝53敗(8場所)勝率:55.8%

過去から現在までの立浪部屋力士はこちら

ここまでは立浪部屋の現役力士と親方などをご紹介してきましたが、この立浪部屋の過去から現在までの所属力士をまとめた記事もご用意しています。興味を持たれた方はどうぞ。



大相撲観戦におすすめの1冊をご紹介。全力士や親方はもちろん、行司さんや呼出さんなどの裏方の方々もすべて顔写真付きで載っている、まさに観戦のお供といえる大相撲力士名鑑です。



出身地別、力士別、初土俵別など様々な方法で力士データをまとめています。

おすすめの記事をご紹介

ここからは当サイトのおすすめ記事をご紹介します。

相撲に携わる方々

ネットでの大相撲観戦といえばAbemaTV!「AbemaTV」での視聴方法について解説しています。序ノ口から結びの一番まで完全無料生中継!ぜひ確認してみてください。

地方巡業日程はこちら

力士や親方、裏方さんたちと間近で触れ合うチャンスは地方巡業です!巡業日程や詳細をご紹介しています。

カテゴリー : 出羽海一門

公開日:2017-12-29
投稿者:レイ

コメントはお気軽にどうぞ

※当サイトは個人が運営するサイトであり、日本相撲協会及び、各相撲部屋とは関連がないことをご了承ください。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。※当サイトは個人が運営するサイトです。