田子ノ浦部屋力士の番付・星取表・基礎情報を網羅した現役力士一覧

田子ノ浦(たごのうら)部屋の現役力士の番付と成績、そして基礎情報をまとめてご紹介します。

この記事では様々な情報を網羅した力士一覧表をご用意しております。

最新場所である令和2年9月場所の番付はもちろん、過去6場所分の成績を確認することができます。

また、表の内容はボタンによって切り替えることができ、通算成績や力士の基礎情報などもシームレスに知るこができます。

最新場所については日々の対戦相手と勝敗が一目で分かる星取表もご覧頂けます。場所中は日々更新していきますので、観戦のお供にぜひご活用ください。

当サイトでは全ての部屋と出身地についても同様のページをご用意しております。

他の部屋の番付と成績も見てみたい方は部屋目次より選んでください。出身地毎の番付・成績は出身地別目次からどうぞ。

番付から作成した格付けランキングもありますよ。

この他にも田子ノ浦部屋と、その前身である鳴戸部屋の過去から現在までの主な関取たちををまとめた記事もありますので併せてご覧ください。

田子ノ浦部屋の基本情報

力士一覧表(番付・星取表・成績・経歴)(10日目)

No 四股名 直近7場所 成績 直近7場所 勝率 番付 (令2.9) 9月場所 成績 令和2年9月場所星取表 S1 番付 推移 変動 枚数 番付 (令2.7) 7月場所 成績 令和2年7月場所星取表 S2 番付 推移 変動 枚数 番付 (令2.3) 3月場所 成績 令和2年3月場所星取表 S3 番付 推移 変動 枚数 番付 (令2.1) 1月場所 成績 令和2年1月場所星取表 S4 番付 推移 変動 枚数 番付 (令元.11) 11月場所 成績 令和元年11月場所星取表 S5 番付 推移 変動 枚数 番付 (令元.9) 9月場所 成績 令和元年9月場所星取表 s6 番付 推移 変動 枚数 番付 (令元.7) 7月場所 成績 令和元年7月場所星取表 初日 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目 中日 9日目 10日目 11日目 12日目 13日目 14日目 千秋楽 最高位 出身地 部屋 一門 年齢 生年月日 大相撲歴 本名 旧四股名 旧所属 身長(㎝) 体重(㎏) BMI 出身高校 出身大学 初土俵 初土俵 年齢 新十両 新十両 年齢 新入幕 新入幕 年齢 新小結 新小結 年齢 新関脇 新関脇 年齢 大関昇進 大関昇進 年齢 横綱昇進 横綱昇進 年齢 幕内 優勝 十両 優勝 幕下 優勝 三段目 優勝 序二段 優勝 序ノ口 優勝 技能賞 殊勲賞 敢闘賞 金星 通算 勝利数 通算 敗数 通算 休数 出場回数 通算 勝率(%) s誕生日 s初土俵 s新十両 s新入幕 s新小結 s新関脇 s大関昇進 s横綱昇進 s初土俵年齢 s新十両年齢 s新入幕年齢 s新小結年齢 s新関脇年齢 s大関昇進年齢 s横綱昇進年齢 s7場所勝敗 s1勝敗 s2勝敗 s3勝敗 s4勝敗 s5勝敗 s6勝敗 s7勝敗 s2順 s3順 s4順 s5順 s6順 s7順 s1シフト s2シフト s3シフト s4シフト s5シフト s6シフト sしこな s最高位 s出身ふりがな s部屋ふりがな s7勝率 s勝 s敗 s休 s出 s勝率 s幕優 s十 s下 s三 s二 s口 s技 s殊 s敢 s金

※表は横にスクロールします。また、表示件数を切り替えることで上下のスクロールも可能です。項目をクリックすることで表を並べ替えることが出来ます。
番付表の記号等、補足事項はこちらをどうぞ


相撲部屋や出身地ごとの場所の成績からランキングを作成しております。初場所、好調な相撲部屋や力士の出身地はどこ?

現役力士の紹介

田子ノ浦部屋の現役力士を初土俵順にプロフィール付きでご紹介します。

輝の里

輝の里 一輝(てるのさと かずき)は愛媛県 四国中央市出身、田子ノ浦部屋の力士で最高位は三段目23枚目。令和2年9月場所の番付は西 序二段104枚目。

前身である鳴戸部屋(平成25年12月、田子ノ浦部屋に改称)からの最古参で大ベテラン。40歳を過ぎても丸々としたお腹は健在。

四股名
輝の里 一輝(てるのさと かずき)
最高位
三段目23枚目
最新番付
西 序二段104枚目
出身地
愛媛県 四国中央市
本名
長野 一輝
生年月日
昭和53年(1978)1月27日(42歳)
所属部屋
旧・鳴戸⇒田子ノ浦部屋
改名歴
長野⇒輝の里
初土俵
平成5年(1993)3月(15歳2ヵ月)
優勝
無し
通算成績
534勝572敗33休/1102出場(勝率:48.5%)
直近7場所
20勝27敗
7場所勝率
42.6%
令2年9月
西 序二段104枚目(14枚半降下)
3勝2敗
●--●-|○-○-○|     
令2年7月
東 序二段90枚目(47枚降下)
2勝5敗
●-●--|○-●-●|○--●-
令2年3月
東 序二段43枚目(33枚半上昇)
1勝6敗
-●●--|●●-●-|○---●
令2年1月
西 序二段76枚目(42枚降下)
4勝3敗
-●-●-|○-○○-|-●-○-
令元年11月
西 序二段34枚目(28枚半上昇)
2勝5敗
●-●-●|--●○-|○-●--
令元年9月
東 序二段63枚目(33枚上昇)
4勝3敗
●-○-○|-●-●-|-○○--
令元年7月
東 序二段96枚目
4勝3敗
●-●-○|--○○-|○--●-

足立

足立 和也(あだち かずや)は神奈川県 茅ヶ崎市出身、田子ノ浦部屋の力士で最高位は三段目74枚目。令和2年9月場所の番付は西 序二段78枚目。

円蔵中学では長身をいかしてバレー部で活躍。この頃から体重がすでに150キロあった。部屋では「だっち」と呼び親しまれており、濃い味付けのちゃんこが評判。

四股名
足立 和也(あだち かずや)
最高位
三段目74枚目
最新番付
西 序二段78枚目
出身地
神奈川県 茅ヶ崎市
本名
足立 和也
生年月日
昭和60年(1985)7月15日(35歳)
所属部屋
旧・鳴戸⇒田子ノ浦部屋
初土俵
平成14年(2002)5月(16歳10ヵ月)
優勝
無し
通算成績
333勝415敗6休/748出場(勝率:44.5%)
直近7場所
20勝27敗
7場所勝率
42.6%
令2年9月
西 序二段78枚目(8枚降下)
1勝4敗
-○●--|●-●●-|     
令2年7月
西 序二段70枚目(35枚上昇)
3勝4敗
●-○--|●-●-○|-●-○-
令2年3月
西 序二段105枚目(14枚降下)
4勝3敗
-○-○○|--○●-|-●--●
令2年1月
西 序二段91枚目(27枚半降下)
2勝5敗
-○-●●|-●-○-|-●--●
令元年11月
東 序二段64枚目(45枚降下)
3勝4敗
-●○--|●●--○|●---○
令元年9月
東 序二段19枚目(79枚上昇)
1勝6敗
-●●-○|--●●-|-●--●
令元年7月
東 序二段98枚目
6勝1敗
○--○-|○○-○-|○-●--

高安 晃

高安 晃(たかやす あきら)は茨城県 土浦市出身、田子ノ浦部屋の力士で最高位は大関。令和2年9月場所の番付は東 前頭6枚目。

小中は野球少年で相撲には興味がなかったが、父の勧めで中学卒業後に鳴戸部屋へと入門。恵まれた体格だったが部屋からの脱走が後を絶たずに当初はあまり期待されていなかった。

しかし、父親が癌の大手術を行ったことで心機一転、兄弟子稀勢の里との猛烈な稽古によって平成生まれ初の関取、そして新三役となった。平成29年夏場所後に大関に昇進

四股名
高安 晃(たかやす あきら)
最高位
大関
最新番付
東 前頭6枚目
出身地
茨城県 土浦市
本名
高安 晃
生年月日
平成2年(1990)2月28日(30歳)
所属部屋
旧・鳴戸⇒田子ノ浦部屋
初土俵
平成17年(2005)3月(15歳1ヵ月)
新十両
平成22年(2010)11月(20歳9ヵ月)
新入幕
平成23年(2011)7月(21歳5ヵ月)
新小結
平成25年(2013)9月(23歳7ヵ月)
新関脇
平成28年(2016)9月(26歳7ヵ月)
新大関
平成29年(2017)7月(27歳5ヵ月)
優勝
幕下優勝1回
受賞・金星
殊勲賞3回,敢闘賞4回,技能賞2回,金星4個
通算成績
573勝447敗76休/1014出場(勝率:56.5%)
直近7場所
33勝31敗36休
7場所勝率
54.1%
令2年9月
東 前頭6枚目(7枚上昇)
6勝4敗
○○●○●|○○○●●|     
令2年7月
東 前頭13枚目(11枚半降下)
10勝5敗
●○○●○|○●●○●|○○○○○
令2年3月
西 前頭筆頭(2枚降下)
0勝5敗10休
●●●●■|ややややや|ややややや
令2年1月
西 関脇(1枚降下)
6勝9敗
●○○●●|●○●●○|●●●○○
令元年11月
西 大関(半枚降下)
3勝5敗7休
○●○●●|●○■やや|ややややや
令元年9月
東 大関(半枚上昇)
0勝0敗15休
ややややや|ややややや|ややややや
令元年7月
西 大関
8勝3敗4休
○●○○○|○○○●○|■やややや

関塚

関塚 知広(せきづか ともひろ)は愛知県 小牧市出身、田子ノ浦部屋の力士で最高位は三段目45枚目。令和2年9月場所の番付は東 三段目73枚目。

。小学生時代はバスケットボール。相撲の経験は無かったが、前身である鳴戸部屋(平成25年12月、田子ノ浦部屋に改称)の入門説明会に参加したことで角界入りを決意。弟も田子ノ浦部屋に所属で兄弟関取を目指す。

四股名
関塚 知広(せきづか ともひろ)
最高位
三段目45枚目
最新番付
東 三段目73枚目
出身地
愛知県 小牧市
本名
関塚 知広
生年月日
平成9年(1997)4月21日(23歳)
所属部屋
旧・鳴戸⇒田子ノ浦部屋
初土俵
平成25年(2013)3月(15歳11ヵ月)
優勝
無し
通算成績
122勝181敗3休/303出場(勝率:40.3%)
直近7場所
24勝23敗
7場所勝率
51.1%
令2年9月
東 三段目73枚目(19枚半上昇)
1勝4敗
-●-●-|●-●○-|     
令2年7月
西 三段目92枚目(33枚半上昇)
4勝3敗
○--●-|●-○-○|●-○--
令2年3月
東 序二段26枚目(17枚降下)
5勝2敗
○-○-●|--○○-|-○--●
令2年1月
東 序二段9枚目(19枚半上昇)
3勝4敗
-○-●-|●○--●|-●--○
令元年11月
西 序二段28枚目(24枚半上昇)
4勝3敗
-○○--|●-●-●|-○○--
令元年9月
東 序二段53枚目(28枚半降下)
4勝3敗
-○-○-|●-○○-|-●--●
令元年7月
西 序二段24枚目
3勝4敗
-●-●-|○-●○-|○--●-

明石富士

明石富士 恋次郎(あかしふじ こいじろう)は兵庫県 明石市出身、田子ノ浦部屋の力士。令和2年9月場所の番付は最高位更新となる東 三段目16枚目。

飾磨工業高校では柔道部に所属し全国定時制通信制大会の団体と個人75kg声級で優勝。柔道由来の足技が得意で二丁投げや内掛けなども繰り出す。

四股名
明石富士 恋次郎(あかしふじ こいじろう)
最高位
三段目16枚目
最新番付
東 三段目16枚目
出身地
兵庫県 明石市
本名
藤原 大介
生年月日
平成7年(1995)12月11日(24歳)
出身高校
飾磨工高校
所属部屋
田子ノ浦部屋
改名歴
田子ノ藤⇒明石富士
初土俵
平成26年(2014)3月(18歳3ヵ月)
優勝
無し
通算成績
137勝125敗2休/261出場(勝率:52.5%)
直近7場所
24勝23敗
7場所勝率
51.1%
令2年9月
東 三段目16枚目(18枚半上昇・最高位更新)
2勝3敗
-●-●-|○-○●-|     
令2年7月
西 三段目34枚目(16枚半上昇)
4勝3敗
-●-○-|●○--●|○--○-
令2年3月
東 三段目51枚目(27枚降下)
4勝3敗
-○●-○|-●-○-|-○--●
令2年1月
東 三段目24枚目(56枚上昇)
2勝5敗
●--○●|--●-○|-●--●
令元年11月
東 三段目80枚目(15枚半降下)
6勝1敗
-○●--|○-○-○|-○○--
令元年9月
西 三段目64枚目(20枚半降下)
3勝4敗
-○●--|○●-○-|●--●-
令元年7月
東 三段目44枚目
3勝4敗
-●●--|○-●-●|-○--○

関塚山

関塚山 太一(せきづかやま たいち)は愛知県 小牧市出身、田子ノ浦部屋の力士で最高位は序二段71枚目。令和2年9月場所の番付は西 序二段81枚目。

兄は同じ田子ノ浦部屋の関塚。小学生の頃はバスケットボールをしていた。4つ上の兄と共に稽古に精進する。

四股名
関塚山 太一(せきづかやま たいち)
最高位
序二段71枚目
最新番付
西 序二段81枚目
出身地
愛知県 小牧市
本名
関塚 太一
生年月日
平成13年(2001)7月6日(19歳)
所属部屋
田子ノ浦部屋
初土俵
平成29年(2017)3月(15歳8ヵ月)
優勝
無し
通算成績
48勝91敗0休/139出場(勝率:34.5%)
直近7場所
17勝30敗
7場所勝率
36.2%
令2年9月
西 序二段81枚目(33枚上昇)
3勝2敗
○-●-○|--○-●|     
令2年7月
西 序二段114枚目(11枚降下)
4勝3敗
○--○●|--●○-|-○●--
令2年3月
西 序二段103枚目(26枚半降下)
2勝5敗
●-●--|●○--○|-●●--
令2年1月
東 序二段77枚目(38枚上昇)
1勝6敗
●--●-|●●-●-|○-●--
令元年11月
東 序ノ口7枚目(8枚半降下)
4勝3敗
○--○-|●○-●-|-●-○-
令元年9月
西 序二段107枚目(36枚降下)
2勝5敗
-●-○○|-●--●|●---●
令元年7月
西 序二段71枚目
1勝6敗
●-●--|●-●●-|○---●

田子丸

田子丸 鉄(たごまる てつ)は愛知県 小牧市出身、田子ノ浦部屋の力士。令和2年9月場所の番付は最高位更新となる西 序二段26枚目。

光ヶ丘中学時代はバレーボール部に所属。相撲経験はなかったが相撲が好きだったこともあり田子ノ浦部屋へと入門。

四股名
田子丸 鉄(たごまる てつ)
最高位
序二段26枚目
最新番付
西 序二段26枚目
出身地
愛知県 小牧市
本名
高橋 鉄
生年月日
平成13年(2001)7月16日(19歳)
所属部屋
田子ノ浦部屋
初土俵
平成29年(2017)3月(15歳8ヵ月)
優勝
無し
通算成績
46勝43敗7休/89出場(勝率:51.7%)
直近7場所
25勝22敗
7場所勝率
53.2%
令2年9月
西 序二段26枚目(28枚上昇・最高位更新)
4勝1敗
●-○--|○-○○-|     
令2年7月
西 序二段54枚目(28枚上昇)
4勝3敗
-○○--|○●-●-|○---●
令2年3月
西 序二段82枚目(36枚降下)
4勝3敗
-○-○●|--○●-|●--○-
令2年1月
西 序二段46枚目(30枚半上昇・最高位更新)
2勝5敗
○-●-○|--●-●|-●-●-
令元年11月
東 序二段77枚目(25枚降下)
4勝3敗
○-○--|○●--●|-○●--
令元年9月
東 序二段52枚目(32枚半上昇・最高位更新)
3勝4敗
●-●-●|--○-○|-○-●-
令元年7月
西 序二段84枚目
4勝3敗
○--●●|-○--●|○-○--

海真

海真 翔海(かいしん かける)は青森県 下北郡大間町出身、田子ノ浦部屋の力士。令和2年9月場所の番付は最高位更新となる東 三段目47枚目。

出身は「大間のマグロ」で有名な青森県大間町。大間中学時代は陸上で砲丸投げの選手。入門に際しての決意表明の言葉は「己を尽くす」。

四股名
海真 翔海(かいしん かける)
最高位
三段目47枚目
最新番付
東 三段目47枚目
出身地
青森県 下北郡大間町
本名
辻 翔海
生年月日
平成13年(2001)9月25日(18歳)
所属部屋
田子ノ浦部屋
初土俵
平成29年(2017)3月(15歳6ヵ月)
優勝
無し
通算成績
67勝64敗7休/131出場(勝率:51.1%)
直近7場所
27勝20敗
7場所勝率
57.4%
令2年9月
東 三段目47枚目(31枚半上昇・最高位更新)
3勝2敗
-●●--|○○-○-|     
令2年7月
西 三段目78枚目(19枚半上昇・最高位更新)
5勝2敗
□--○-|○-●●-|○---○
令2年3月
東 三段目98枚目(19枚半上昇・最高位更新)
4勝3敗
○-○--|●○-●-|○-●--
令2年1月
西 序二段17枚目(20枚半上昇・最高位更新)
4勝3敗
○--○○|--●-●|-●○--
令元年11月
東 序二段38枚目(29枚上昇)
4勝3敗
○--○●|-●-●-|-○○--
令元年9月
東 序二段67枚目(32枚降下)
4勝3敗
○--○●|-●-○-|-○-●-
令元年7月
東 序二段35枚目
3勝4敗
-●-○-|●-○-●|○--●-

小力

小力 龍太郎(こちから りゅうたろう)は栃木県 那須烏山市出身、田子ノ浦部屋の力士。令和2年9月場所の番付は最高位更新となる東 序二段12枚目。

4歳の頃から父親お手製の自宅土俵で稽古を始めた筋金入り。小5でわんぱく相撲全国大会で関脇(3位)に。中学では大相撲入りに照準を定めてあえて試合には出場せずに基礎を磨いた。腰の難病のために半年間休場、前相撲からの再スタートもあったが田子ノ浦部屋期待の逸材。

四股名
小力 龍太郎(こちから りゅうたろう)
最高位
序二段12枚目
最新番付
東 序二段12枚目
出身地
栃木県 那須烏山市
本名
本多 力也
生年月日
平成14年(2002)6月15日(18歳)
所属部屋
田子ノ浦部屋
初土俵
平成30年(2018)3月(15歳9ヵ月)
優勝
無し
通算成績
39勝27敗23休/65出場(勝率:60%)
直近7場所
24勝16敗
7場所勝率
60.0%
令2年9月
東 序二段12枚目(40枚上昇・最高位更新)
3勝2敗
○--●-|○○--●|     
令2年7月
東 序二段52枚目(27枚半上昇)
5勝2敗
-○○-○|--●-●|-○--○
令2年3月
西 序二段79枚目(35枚降下)
4勝3敗
●-○--|●○--○|●--○-
令2年1月
西 序二段44枚目(41枚上昇・最高位更新)
2勝5敗
●-●--|●●-○-|-●--○
令元年11月
西 序二段85枚目(54枚上昇)
5勝2敗
○-○-●|--○-●|-○--○
令元年9月
西 序ノ口30枚目(再出世)
5勝2敗
-●-○●|-○-○-|○--○-
令元年7月
前相撲(再)

獅子丸

獅子丸 功貴(ししまる こうき)は東京都 江戸川区出身、田子ノ浦部屋の力士で最高位は序二段81枚目。令和2年9月場所の番付は東 序二段100枚目。

中1の時、東小岩のスーパーで田子ノ浦部屋のおかみさんに入門を誘われた。その後、稀勢の里が優勝したことを見て入門を決意。

四股名
獅子丸 功貴(ししまる こうき)
最高位
序二段81枚目
最新番付
東 序二段100枚目
出身地
東京都 江戸川区
本名
吉崎 功貴
生年月日
平成14年(2002)10月25日(17歳)
所属部屋
田子ノ浦部屋
初土俵
平成30年(2018)3月(15歳5ヵ月)
優勝
無し
通算成績
28勝69敗0休/97出場(勝率:28.9%)
直近7場所
17勝31敗
7場所勝率
35.4%
令2年9月
東 序二段100枚目(19枚降下)
2勝3敗
○--●●|--○●-|     
令2年7月
東 序二段81枚目(48枚上昇・最高位更新)
2勝5敗
-●○-●|-○--●|●---●
令2年3月
東 序ノ口13枚目(7枚上昇)
4勝3敗
-○○--|○-●●-|-○●--
令2年1月
東 序ノ口20枚目(半枚上昇)
3勝4敗
-○○-○|-●--●|-●●--
令元年11月
西 序ノ口20枚目(半枚上昇)
2勝5敗
●-●-○|--●-○|-●-●-
令元年9月
東 序ノ口21枚目(3枚降下)
2勝5敗
-○-●●|--●-○|●--●-
令元年7月
東 序ノ口18枚目
2勝6敗
-●●--|●-●○-|●-○●-

飯塚

飯塚 諒(いいつか りょう)は茨城県 つくば市出身、田子ノ浦部屋の力士。令和2年9月場所の番付は最高位更新となる西 序二段24枚目。

入門するまで相撲の経験は無く、前野小学1年から大穂中学3年まで野球でキャッチャー。田子ノ浦部屋入門のきっかけは、演歌歌手の姉・水城なつみさんが高安関と食事をした際に弟の写真を見せたこと。これがもとで高安関から誘われて入門を決意した。

四股名
飯塚 諒(いいつか りょう)
最高位
序二段24枚目
最新番付
西 序二段24枚目
出身地
茨城県 つくば市
本名
飯塚 諒
生年月日
平成13年(2001)1月4日(19歳)
出身高校
つくば松実高校
所属部屋
田子ノ浦部屋
初土俵
平成31年(2019)3月(18歳2ヵ月)
優勝
無し
通算成績
27勝27敗0休/54出場(勝率:50%)
直近7場所
24勝23敗
7場所勝率
51.1%
令2年9月
西 序二段24枚目(40枚半上昇・最高位更新)
2勝3敗
●--●○|-●-○-|     
令2年7月
東 序二段65枚目(31枚半上昇・最高位更新)
5勝2敗
●-○--|●-○-○|○---○
令2年3月
西 序二段96枚目(15枚半降下)
4勝3敗
-○-●-|●-○○-|-○●--
令2年1月
東 序二段81枚目(41枚上昇・最高位更新)
3勝4敗
●--○●|--○●-|●-○--
令元年11月
東 序ノ口14枚目(2枚上昇・最高位更新)
4勝3敗
○--●●|-○--○|○---●
令元年9月
東 序ノ口16枚目(4枚上昇・最高位更新)
3勝4敗
-●○-●|-○--○|●-●--
令元年7月
東 序ノ口20枚目
3勝4敗
-●-○-|○-●●-|○-●--

高須

髙須 琉希亜(たかす るきあ)は茨城県 稲敷市出身、田子ノ浦部屋の力士。令和2年9月場所の番付は最高位更新となる西 序ノ口15枚目。

入門するまで相撲経験は無く浮島小学時代はサッカー、霞ケ浦高校附属中時代はハンドボールで身体を鍛えた。体格がよかった高須は、中2のときに高安土浦後援会の方から声をかけられて場所後の千秋楽パーティに出席し、高安関と対面。また高安関の激励会にも出席するようになると後援会の方から入門を誘われるようになり、中3の秋に自ら部屋を訪れて入門の意思を伝えた。

四股名
髙須 琉希亜(たかす るきあ)
最高位
序ノ口15枚目
最新番付
西 序ノ口15枚目
出身地
茨城県 稲敷市
本名
高須 琉希亜
生年月日
平成16年(2004)5月4日(16歳)
所属部屋
田子ノ浦部屋
改名歴
高須⇒髙須
初土俵
令和2年(2020)3月(15歳10ヵ月)
優勝
無し
通算成績
6勝6敗0休/12出場(勝率:50%)
直近7場所
6勝6敗
7場所勝率
50.0%
令2年9月
西 序ノ口15枚目(16枚半上昇・最高位更新)
3勝2敗
-●-●-|○○--○|     
令2年7月
東 序ノ口32枚目(出世)
3勝4敗
○-●--|○●-●-|●---○
令2年3月
前相撲

谷口

谷口 龍樹(たにぐち りゅうき)は福岡県 福岡市西区出身、田子ノ浦部屋の力士。令和2年9月場所の番付は最高位更新となる東 序ノ口15枚目。

福岡市立福重小学3年の頃から空手、内浜中学ではバレーと砲丸投げなどで身体を鍛えたが相撲経験は無かった。入門のきっかけは中学の先生に勧められたこと。

四股名
谷口 龍樹(たにぐち りゅうき)
最高位
序ノ口15枚目
最新番付
東 序ノ口15枚目
出身地
福岡県 福岡市西区
本名
谷口 龍樹
生年月日
平成16年(2004)9月3日(16歳)
所属部屋
田子ノ浦部屋
初土俵
令和2年(2020)3月(15歳6ヵ月)
優勝
無し
通算成績
7勝5敗0休/12出場(勝率:58.3%)
直近7場所
7勝5敗
7場所勝率
58.3%
令2年9月
東 序ノ口15枚目(16枚半上昇・最高位更新)
4勝1敗
○--○-|○●-○-|     
令2年7月
西 序ノ口31枚目(出世)
3勝4敗
-●-○○|--○-●|●--●-
令2年3月
前相撲

松木

松木 一真(まつぎ かずま)は愛媛県 新居浜市出身、田子ノ浦部屋の力士。令和2年9月場所の番付は最高位更新となる東 序ノ口20枚目。

新居浜市立角野小学1年の頃から少林寺拳法を始める。角野中学時代は卓球部に所属。相撲経験は無かったが、高安関のファンである母親の勧めで地元の田子ノ浦部屋スカウト担当と面談、さらに部屋の稽古を見学した松木は感激し、未経験ながら入門を決意した。

四股名
松木 一真(まつぎ かずま)
最高位
序ノ口20枚目
最新番付
東 序ノ口20枚目
出身地
愛媛県 新居浜市
本名
松木 一真
生年月日
平成17年(2005)3月14日(15歳)
所属部屋
田子ノ浦部屋
初土俵
令和2年(2020)3月(15歳0ヵ月)
優勝
無し
通算成績
3勝9敗0休/12出場(勝率:25%)
直近7場所
3勝9敗
7場所勝率
25.0%
令2年9月
東 序ノ口20枚目(9枚半上昇・最高位更新)
1勝4敗
●-●--|●-○-●|     
令2年7月
西 序ノ口29枚目(出世)
2勝5敗
●--●●|-○--●|●--○-
令2年3月
前相撲

田子ノ浦部屋の部屋付き親方

荒磯親方

十両昇進に新入幕、ともに貴花田に次ぐ戦後2位の年少記録。四股名は「稀な勢いで駆け上がる」との想いで先代の師匠が名付けてくれた。しかし入幕から7年目での大関昇進を目前にして先代の師匠が急逝。また大関で5年も足踏みするなど、その名の通りにはいかなかったが平成29年1月場所でようやく悲願の初優勝をあげ横綱へと昇進。翌場所は怪我をおして奇跡の大逆転で連覇を果たした。しかしその代償はあまりにも大きく、平成31年1月場所で引退となった

  • 16代・荒磯 寛
  • 四股名 :稀勢の里 寛(きせのさと ゆたか)
  • 最高位 :第72代横綱
  • 年寄名跡:16代荒磯
  • 出身地 :茨城県牛久市
  • 本 名 :萩原 寛
  • 生年月日:昭和61年(1986)7月3日(34歳)
  • 所属部屋:鳴戸⇒田子ノ浦部屋
  • 改名歴 :萩原⇒稀勢の里
  • 初土俵 :平成14年(2002)3月(15歳8ヵ月)
  • 新十両 :平成16年(2004)5月(17歳10ヵ月)
  • 新入幕 :平成16年(2004)11月(18歳4ヵ月)
  • 新三役 :平成18年(2006)7月(20歳0ヵ月)
  • 新大関 :平成24年(2012)1月(25歳6ヵ月)
  • 横綱昇進:平成29年(2017)3月(30歳8ヵ月)
  • 最終場所:平成31年(2019)1月(32歳6ヵ月)
  • 生涯戦歴:800勝496敗97休/1289出場(101場所)
  • 生涯勝率:61.7%
  • 優勝等 :幕内優勝2回(次点12),幕下優勝1回,三段目同点1回
  • 成 績 :殊勲賞5回,敢闘賞3回,技能賞1回,金星3個
  • 幕内戦歴:714勝453敗97休(85場所)勝率:61.2%
  •   横綱:36勝36敗97休(12場所)勝率:50.0%
  •   大関:332勝133敗(31場所)勝率:71.4%
  •   関脇:86勝64敗(10場所)勝率:57.3%
  •   小結:91勝89敗(12場所)勝率:50.6%
  •   前頭:169勝131敗(20場所)勝率:56.3%
  • 十両戦歴:26勝19敗(3場所)勝率:57.8%

田子ノ浦親方

若の里と隆乃若とは同じ初土俵の同期生。三段目のときに幼い頃からの足の病が悪化したため、両足親指を切断、神経を除去して再度親指を縫い合わせるという大手術を行った。このため5場所連続休場となり一時は番付外に。しかしそこから奮起して約6年をかけて入幕を果たした。先代師匠の急逝により急遽14代鳴戸を襲名するも、先代夫人との話し合いがつかずに16代田子ノ浦へと名跡を変え現在に至る

  • 16代・田子ノ浦 伸一
  • 四股名 :隆の鶴 伸一(たかのつる しんいち)
  • 最高位 :前頭8枚目
  • 年寄名跡:準年寄・隆の鶴⇒9代西岩⇒14代鳴戸16代田子ノ浦
  • 出身地 :鹿児島県出水市
  • 本 名 :積山 伸一
  • 生年月日:昭和51年(1976)6月18日(44歳)
  • 所属部屋:鳴戸部屋
  • 改名歴 :積山⇒隆の鶴
  • 初土俵 :平成4年(1992)3月(15歳9ヵ月)
  • 新十両 :平成13年(2001)3月(24歳9ヵ月)
  • 新入幕 :平成15年(2003)1月(26歳7ヵ月)
  • 最終場所:平成18年(2006)5月(29歳11ヵ月)
  • 生涯戦歴:393勝364敗70休/754出場(86場所)
  • 生涯勝率:51.9%
  • 優勝等 :序二段優勝1回(同点1)
  • 幕内戦歴:26勝45敗4休(5場所)勝率:36.6%
  • 十両戦歴:174勝186敗15休(25場所)勝率:48.3%

過去から現在までの田子ノ浦部屋力士はこちら

ここまでは田子ノ浦部屋の現役力士と親方などをご紹介してきましたが、この田子ノ浦(鳴戸)部屋の過去から現在までの在籍力士をまとめた記事もご用意しています。興味を持たれた方はどうぞ。

出身地別、力士別、初土俵別など様々な方法で力士データをまとめています。

ネットでの大相撲観戦といえばAbemaTV!「AbemaTV」での視聴方法について解説しています。序ノ口から結びの一番まで完全無料生中継!ぜひ確認してみてください。

当サイトのいろんな記事へのリンクをまとめたナビゲーションページです。

コメントはお気軽にどうぞ

※当サイトは個人が運営するサイトであり、日本相撲協会及び、各相撲部屋とは関連がないことをご了承ください。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。※当サイトは個人が運営するサイトです。