鳴戸部屋力士の番付と場所成績に基礎情報を網羅した現役力士一覧

鳴戸(なると)部屋の現役力士の番付と成績、そして基礎情報をまとめてご紹介します。

この番付表では最新場所である令和元年11月場所(九州場所)の番付だけではなく、先場所からどれだけ番付が上がったのかを成績と共に比べて確認できます。

表の内容はボタンによって切り替えることが出来ます。力士の詳細なデータが盛りだくさんですよ!さらに表の下には所属力士の勝敗数をまとめて集計していますので「部屋としての全体の力」も確認できます。

場所中には日々更新していきますので、観戦のお供にどうぞご活用ください。

また、日々の対戦相手と勝敗が一目で分かる星取表もあわせてご覧ください。

他の部屋の番付と成績も見てみたい方は部屋目次より選んでください。出身地毎の番付・成績もご用意しています。

鳴戸部屋の基本情報 一門 :二所ノ関一門
創設 :平成29年(2017)4月1日
創設者:15代・鳴戸 勝紀(元大関・琴欧州)
現師匠:同上
所在地:東京都墨田区向島1丁目22−16
スポンサーリンク



鳴戸部屋の番付と成績・力士一覧(10日目)

番付 (令元.11) 四股名 よみ 令元.11 場所成績 11月場所星取表 番付推移 11←9月 変動S 11←9月 変動枚数 11←9月 番付 (令元.9) 令元.9 場所成績 9月場所星取表 番付推移 9←7月 変動S 9←7月 変動枚数 9←7月 番付 (令元.7) 令元.7 場所成績 番付推移 7←5月 変動S 7←5月 変動枚数 7←5月 番付 (令元.5) 令元.5 場所成績 番付推移 令元.5←平31.3月 変動S 令元.5←平31.3月 変動枚数 令元.5←平31.3月 番付 (平31.3) 平31.3 場所成績 番付推移 5←1月 変動S 5←1月 変動枚数 5←1月 番付 (平31.1) 平31.1 場所成績 番付推移 H31.1←H30.11月 変動S H31.1←H30.11月 変動枚数 H31.1←H30.11月 番付 (平30.11) 平30.11 場所成績 過去6場所 成績 過去6場所 勝率 2019年 年間成績 2019年 年間勝率 最高位 出身地 部屋 一門 年齢 生年月日 大相撲歴 本名 旧所属 旧四股名 身長(㎝) 体重(㎏) BMI 出身高校 出身大学 初土俵 初土俵 年齢 新十両 新十両 年齢 新入幕 新入幕 年齢 新三役 新三役 年齢 大関昇進 大関昇進 年齢 横綱昇進 横綱昇進 年齢 優勝 三賞・金星 通算 勝利数 通算 敗数 通算 休数 出場回数 通算 勝率(%)

※表は横にスクロールします。また、表示件数を切り替えることで上下のスクロールも可能です。項目をクリックすることで表を並べ替えることが出来ます。
番付表の記号等、補足事項はこちらをどうぞ


スポンサーリンク


鳴戸部屋の星取表(10日目)


四股名 成績 番付 初日 2日 3日 4日 5日 6日 7日 中日 9日 10日 11日 12日 13日 14日 千秋楽 出身地 部屋

スポンサーリンク


鳴戸部屋の系図

鳴戸部屋の成り立ちを図にしてみました。
鳴戸部屋・相関図
スポンサーリンク


鳴戸部屋の主な現役力士を紹介

鳴戸部屋の主な現役力士を初土俵順にご紹介します。

欧翔山

小学生の頃より空手を始め中2で全日本ジュニア空手道選手権65キロ以上の部で全国8強入り。他にも剣道で活躍。鳴戸親方の一番弟子として佐渡ヶ嶽部屋に入門、鳴戸部屋創設に伴い親方に同行して四股名も新たに

欧翔山 浩貴(おうしょうざん ひろき)

出身地 :山梨県北杜市

本 名 :小林 浩貴

生年月日:平成12年(2000)5月11日(19歳)

所属部屋:佐渡ヶ嶽⇒鳴戸部屋

改名歴 :琴小林⇒欧翔山

初土俵 :平成28年(2016)3月(15歳10ヵ月)

本間

小学1年の頃から墨田区のわんぱく相撲大会に出場で小5と小6で連覇を果たす。中2からはキックボクシングを始めてU-15の全国大会70キロ級2位に。入門のきっかけは小学校6年生の時に曳舟小を訪れた琴欧洲関からスカウトされたこと

本間 航平(ほんま こうへい)

出身地 :東京都墨田区

本 名 :本間 航平

生年月日:平成13年(2001)5月1日(18歳)

所属部屋:佐渡ヶ嶽⇒鳴戸部屋

改名歴 :琴本間⇒本間

初土俵 :平成29年(2017)3月(15歳10ヵ月)

安齋

幼稚園から小4まではブラジリアン柔術。その他、柔道や空手に相撲など、あらゆる格闘技で目覚しい成績を残す。スカウトされて鳴戸部屋に入門

安齋 雄裕(あんざい ゆうすけ)

出身地 :東京都江戸川区

本 名 :安齋 雄裕

生年月日:平成14年(2002)8月6日(17歳)

所属部屋:鳴戸部屋

初土俵 :平成30年(2018)3月(15歳7ヵ月)

川村

三重県の立石薬師高校時代にはウェイトリフティングで85キロ級県大会2位に

川村 泰斗(かわむら たいと)

出身地 :三重県鈴鹿市

本 名 :川村 泰斗

生年月日:平成13年(2001)9月3日(18歳)

所属部屋:鳴戸部屋

初土俵 :平成30年(2018)5月(16歳8ヵ月)

欧樹

専門学校のスマホアプリ開発科を卒業後、フリーターを経て鳴戸部屋の門を叩いた。目指す力士は舞の海関

欧樹 樹(おうじゅ たつき)

出身地 :青森県むつ市

本 名 :藤島 樹

生年月日:平成8年(1996)2月8日(23歳)

所属部屋:鳴戸部屋

初土俵 :平成30年(2018)5月(22歳3ヵ月)

向田

高校では柔道で初段。高3の時に100キロ超級で県大会ベスト16入り。高校卒業後、いったんは就職したが鳴戸部屋の門を叩く

向田 浩基(むかいだ ひろき)

出身地 :兵庫県淡路市

本 名 :向田 浩基

生年月日:平成10年(1998)11月2日(21歳)

所属部屋:鳴戸部屋

初土俵 :平成30年(2018)5月(19歳6ヵ月)

丸勝

小1の頃から上越市相撲教室で相撲を始めて小4から3年連続わんぱく相撲全国大会に出場。小5の時にはわんぱく小結(ベスト8)に輝く。海洋高校進学後も相撲部に入部し稽古に励んだが、左目網膜剥離のため試合にはあまり出場できなかった。それでも高校総体などの団体戦で活躍し、一定の実績を積んだ

丸勝 竜也(まるしょう たつや)

出身地 :新潟県糸魚川市

本 名 :丸山 竜也

生年月日:平成12年(2000)9月9日(19歳)

所属部屋:鳴戸部屋

改名歴 :丸山⇒丸勝

初土俵 :令和元年(2019)5月(18歳8ヵ月)

三島

松江工業高校でレスリングを始めて高3でフリースタイル125kg級国体3位に。レスリングの合宿に鳴戸親方が訪ねてきたときに誘われ、体験入門を経て角界入りを決めた

三島 慧太(みしま けいた)

出身地 :島根県松江市

本 名 :三島 慧太

生年月日:平成12年(2000)9月18日(19歳)

所属部屋:鳴戸部屋

初土俵 :令和元年(2019)5月(18歳8ヵ月)

岩田

幼稚園から小4までは空手で身体を鍛えた。小6から松戸市相撲連盟に通い始めて相撲の稽古に励んだが、中3の春に左足首を痛めたことで一時的に相撲から離れた時期も。しかし8月に参加した鳴戸部屋の合宿で相撲を再開、鳴戸部屋の入門のきっかけとなった

岩田 魁(いわた かい)

出身地 :千葉県松戸市

本 名 :岩田 魁

生年月日:平成15年(2003)4月20日(16歳)

所属部屋:鳴戸部屋

初土俵 :令和元年(2019)5月(16歳1ヵ月)

山根

小3の時に三刀屋柔道教室で柔道を始め、三刀屋中学でも柔道部に在籍で初段の腕前。中3で県中学総体90kg超級2位、中国大会でベスト8に。相撲は中1から掛合相撲道場で始めて出雲地区新人相撲1年生の部で優勝を飾った。鳴戸親方に誘われて参加した体験入門を経て角界入りを決意。

山根 駿也(やまね としや)

出身地 :島根県雲南市

本 名 :山根 駿也

生年月日:平成15年(2003)11月14日(16歳)

所属部屋:鳴戸部屋

初土俵 :令和元年(2019)5月(15歳6ヵ月)

櫻井

小5でわんぱく相撲全国大会に出場。中1から新利根相撲クラブ青山道場で相撲を始め、柏日体高校(現・日本体育大学柏高)入学から本格的に取り組む。日体大に進学後も数々の大会で優秀な成績をおさめていたが4年次の宇和島大会で左膝前十字靭と後十字靭帯断裂の大怪我を負ってしまった。

櫻井 浩太郎(さくらい こうたろう)

出身地 :茨城県稲敷市

本 名 :櫻井 浩太郎

生年月日:平成9年(1997)3月15日(22歳)

出身大学:日本体育大学

所属部屋:鳴戸部屋

初土俵 :令和元年(2019)5月(22歳2ヵ月)

元林

小1から大東市相撲連盟で相撲を始めて以降、数々の大会に出場して研鑽を積んだ。

近畿大学1年次には西日本新人戦優勝、2年次から3年連続で西日本135kg以上級優勝、4年次に宇和島大会優勝、宇佐大会優勝、西日本学生選手権優勝など学生時代に9個のタイトルを獲得。

数々のタイトルを手にした元林は、小5の頃から誘ってくれていた鳴戸親方(元大関・琴欧洲)のもとへ。

元林 健治(もとばやし けんじ)

出身地 :大阪府東大阪市

本 名 :元林 健治

生年月日:平成8年(1996)4月22日(23歳)

出身大学:近畿大学

所属部屋:鳴戸部屋

初土俵 :令和元年(2019)5月(23歳1ヵ月)

優勝等 :序ノ口優勝1回

鳴戸親方の経歴

ヨーロッパ出身力士として初の幕内優勝者であり初の親方に、平成29年(2017)4月1日に分家独立も果たす。ブログも人気

15代・鳴戸 勝紀

平成29年(2017)4月1日

琴欧州 勝紀(ことおうしゅう かつのり)

最高位 :大関

年寄名跡:大関3年・琴欧洲 ⇒15代鳴戸

出身地 :ブルガリア ベリコタロノボ市

本 名 :カロヤン・ステファノフ・マハリャノフ⇒安藤 カロヤン

生年月日:昭和58年(1983)2月19日(36歳)

所属部屋:佐渡ヶ嶽部屋

改名歴 :琴欧州⇒琴欧洲

初土俵 :平成14年(2002)11月(19歳9ヵ月)

新十両 :平成16年(2004)5月(21歳3ヵ月)

新入幕 :平成16年(2004)9月(21歳7ヵ月)

新三役 :平成17年(2005)3月(22歳1ヵ月)

新大関 :平成18年(2006)1月(22歳11ヵ月)

最終場所:平成26年(2014)3月(31歳1ヵ月)

生涯戦歴:537勝337敗67休/864出場(68場所)

生涯勝率:61.4%

優勝等 :幕内優勝1回(同点1・次点3),十両優勝1回,幕下優勝1回,序ノ口優勝1回

成 績 :殊勲賞2回,敢闘賞3回

幕内戦歴:466勝322敗67休(57場所)勝率:59.1%

  大関:378勝264敗63休(47場所)勝率:58.9%

  関脇:33勝23敗4休(4場所)勝率:58.9%

  小結:16勝14敗(2場所)勝率:53.3%

  前頭:39勝21敗(4場所)勝率:65.0%

十両戦歴:23勝7敗(2場所)勝率:76.7%

鳴戸部屋のことをもっと知りたい方はこちらの記事も併せてどうぞ。

【特報!】第72代横綱・稀勢の里待望の自伝が10月3日より発売です。

元横綱・稀勢の里が襲名した荒磯の歴史を知りたくありませんか?こちらの記事では詳細プロフィール付きで荒磯代々についてご紹介しています。

部屋・出身地ごとの目次はこちら

他の部屋の力士データや出身地ごとで力士データを探したい方のために目次ページをご用意しています。

おすすめの記事をご紹介

ここからは当サイトのおすすめ記事をご紹介します。

歴代横綱リストはこちら

歴代横綱の詳細データが満載な横綱一覧です。

相撲の一門について知りたい方はこちらの記事がおすすめです。
大相撲の「一門」とは?その成り立ちと役割 オススメ!

最新場所の番付はこちら

詳細なデータを分かりやすく表にまとめた最新番付表もご用意しています。過去6場所分の成績と番付の昇降がひとめで分かり、通算成績や経歴なども一気に確認できるおすすめの番付表です。

相撲の裏方の一覧はこちら

現役力士褒賞金一覧と関取の推定年収はこちら

現役力士の力士褒賞金、通称「給金」を独自計算により一覧でご紹介さらに関取の推定年収も一覧表にしてまとめました。

現役力士の力士褒賞金と推定年収一覧! オススメ!

地方巡業日程はこちら

力士や親方、裏方さんたちと間近で触れ合うチャンスは地方巡業です!巡業日程や詳細をご紹介しています。

One thought on “鳴戸部屋力士の番付と場所成績に基礎情報を網羅した現役力士一覧

  1. 矢内みつる

    昨日、ドキュメント番組を見ました。私自身は相撲経験無く角界の様子など全くの無知ですが親方の相撲アスリート養成に前向きな姿勢、手法を拝見してグローバルに変革する先駆けとなっていくものと思います。期待しております。

    返信

コメントはお気軽にどうぞ

ユーザー様の視聴環境

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。