鳴戸部屋力士の番付と場所成績に基礎情報を網羅した力士一覧

鳴戸(なると)部屋の現役力士の番付と成績、そして基礎情報をまとめてご紹介します。

この番付表では最新場所である平成31年1月場所(初場所)の番付だけではなく、先場所からどれだけ番付が上がったのかを成績と共に比べて確認できます。

また、表の内容は4つに分かれており、ボタンによって切り替えることができます。そして、表の下には所属力士の勝敗数をまとめて集計していますので「部屋としての全体の力」も確認できます。

場所中には日々更新していきますので、観戦のお供にどうぞご活用ください。

また、日々の対戦相手と勝敗が一目で分かる星取表もあわせてご覧ください。

他の部屋の番付と成績も見てみたい方は出身地目次より選んでください。また、出身地毎の番付・成績もご用意しています。

相撲部屋の総合成績をランキングで見たい方はこちら。勝敗数や勝ち越し力士数、勝率などが分かります。

歴代横綱の詳細なリストです。

年度ごとの初土俵力士一覧もありますよ。白鵬や稀勢の里と同期力士は誰なのか?また各年度ごとの出世力士は誰なのかも分かります。

初土俵年ごとの力士一覧

そして、おすすめの記事はこちら!現役力士の力士褒賞金、通称「給金」を独自計算により一覧でご紹介、さらに関取の推定年収も一覧表にしてまとめました。

チケットぴあでは3月場所(大阪)のプレミアムシートを販売しています。すぐに売り切れてしまうと思いますので、気になる方はお早めにチェックを!

大相撲三月場所(大阪)ぴあプレミアムシート購入証明書(お土産付き)
icon

鳴戸部屋の基本情報 一門 :二所ノ関一門
創設 :平成29年(2017)4月1日
創設者:15代・鳴戸 勝紀(元大関・琴欧州)
現師匠:同上
所在地:東京都墨田区横川2-14-7
スポンサーリンク

鳴戸部屋の番付と成績・力士一覧(7日目)

番付 (平31.1)四股名よみ平31.1月 場所成績1月場所星取表番付推移 H31.1←11月変動S 3101←3011変動枚数 H31.1←11月番付 (平30.11)平30.11月 場所成績H30.11月場所星取表番付推移 H30.11←9月変動S 3011←3009変動枚数 H30.11←9月番付 (平30.9)平30.9月 場所成績番付推移 H30.9←7月変動S 3009←3007変動枚数 9←7月番付 (平30.7)平30.7月 場所成績番付推移 H30.7←5月変動S 3005←3003変動枚数 7←H5月番付 (平30.5)平30.5月 場所成績番付推移 H30.5←3月変動S 3005←3003変動枚数 5←3月番付 (平30.3)平30.3月 場所成績番付推移 H30.3←1月変動S 3003←3001変動枚数 H30.3←1月番付 (平30.1)平30.1月 場所成績過去6場所 成績過去6場所 勝率平成30年 年間成績平成30年 年間勝率最高位出身地部屋一門年齢生年月日大相撲歴本名旧所属旧四股名身長(㎝)体重(㎏)BMI出身高校出身大学初土俵初土俵 年齢新十両新十両 年齢新入幕新入幕 年齢新三役新三役 年齢大関昇進大関昇進 年齢横綱昇進横綱昇進 年齢優勝三賞・金星通算 勝利数通算 敗数通算 休数出場回数通算 勝率(%)

※表は横にスクロールします。また、表示件数を切り替えることで上下のスクロールも可能です。項目をクリックすることで表を並べ替えることが出来ます。
番付表の記号等、補足事項はこちらをどうぞ

スポンサーリンク


鳴戸部屋の星取表(7日目)

四股名成績番付初日2日目3日目4日目5日目6日目7日目中日9日目10 日目11 日目12 日目13 日目14 日目千秋楽出身地部屋

こちらの記事もいかがですか?⇒ 貴乃花部屋力士の番付と成績 オススメ!

スポンサーリンク


鳴戸部屋の系図

鳴戸部屋の成り立ちを図にしてみました。 鳴戸部屋・相関図
スポンサーリンク

鳴戸部屋の主な現役力士を紹介

鳴戸部屋の主な現役力士を初土俵順にご紹介します。

欧翔山

小学生の頃より空手を始め中2で全日本ジュニア空手道選手権65キロ以上の部で全国8強入り。他にも剣道で活躍。鳴戸親方の一番弟子として佐渡ヶ嶽部屋に入門、鳴戸部屋創設に伴い親方に同行して四股名も新たに

欧翔山 浩貴(おうしょうざん ひろき)
出身地 :山梨県北杜市
本 名 :小林 浩貴
生年月日:平成12年(2000)5月11日(18歳)
所属部屋:佐渡ヶ嶽⇒鳴戸部屋
改名歴 :琴小林⇒欧翔山
初土俵 :平成28年(2016)3月(15歳10ヵ月)

本間

小学1年の頃から墨田区のわんぱく相撲大会に出場で小5と小6で連覇を果たす。中2からはキックボクシングを始めてU-15の全国大会70キロ級2位に。入門のきっかけは小学校6年生の時に曳舟小を訪れた琴欧洲関からスカウトされたこと

本間 航平(ほんま こうへい)
出身地 :東京都墨田区
本 名 :本間 航平
生年月日:平成13年(2001)5月1日(17歳)
所属部屋:佐渡ヶ嶽⇒鳴戸部屋
改名歴 :琴本間⇒本間
初土俵 :平成29年(2017)3月(15歳10ヵ月)

虎来欧

鳴戸親方と同じブルガリアからやって来たレスリングジュニア王者

虎来欧 大輝(とらきおう だいき)
出身地 :ブルガリア プロヴディフ市
本 名 :ベンチスラフ・カツァロフ
生年月日:平成8年(1996)12月15日(22歳)
所属部屋:鳴戸部屋
初土俵 :平成29年(2017)7月(20歳7ヵ月)

隅田川

千葉商科大学付属高等学校では柔道部で活躍。大学進学が内定していたが相撲の道を選んだ。四股名は地元の代名詞である隅田川から

隅田川 裕太(すみだがわ ゆうた)
出身地 :東京都墨田区
本 名 :佐藤 裕太
生年月日:平成10年(1998)11月4日(20歳)
所属部屋:鳴戸部屋
初土俵 :平成29年(2017)7月(18歳8ヵ月)

安齋

幼稚園から小4まではブラジリアン柔術。その他、柔道や空手に相撲など、あらゆる格闘技で目覚しい成績を残す。スカウトされて鳴戸部屋に入門

安齋 雄裕(あんざい ゆうすけ)
出身地 :東京都江戸川区
本 名 :安齋 雄裕
生年月日:平成14年(2002)8月6日(16歳)
所属部屋:鳴戸部屋
初土俵 :平成30年(2018)3月(15歳7ヵ月)

川村

三重県の立石薬師高校時代にはウェイトリフティングで85キロ級県大会2位に

川村 泰斗(かわむら たいと)
出身地 :三重県鈴鹿市
本 名 :川村 泰斗
生年月日:平成13年(2001)9月3日(17歳)
所属部屋:鳴戸部屋
初土俵 :平成30年(2018)5月(16歳8ヵ月)

欧樹

専門学校のスマホアプリ開発科を卒業後、フリーターを経て鳴戸部屋の門を叩いた。目指す力士は舞の海関

欧樹 樹(おうじゅ たつき)
出身地 :青森県むつ市
本 名 :藤島 樹
生年月日:平成8年(1996)2月8日(22歳)
所属部屋:鳴戸部屋
初土俵 :平成30年(2018)5月(22歳3ヵ月)

向田

高校では柔道で初段。高3の時に100キロ超級で県大会ベスト16入り。高校卒業後、いったんは就職したが鳴戸部屋の門を叩く

向田 浩基(むかいだ ひろき)
出身地 :兵庫県淡路市
本 名 :向田 浩基
生年月日:平成10年(1998)11月2日(20歳)
所属部屋:鳴戸部屋
初土俵 :平成30年(2018)5月(19歳6ヵ月)

ブルガリアからやって来た虎来欧

師匠である琴欧洲と同じブルガリア出身の虎来欧(とらきおう)は、本名がヴェンツィスラフ・ニコロフ・カツァロフといい、部屋では愛称で「ベンツィ」と呼ばれています。

虎来欧の四股名の由来

四股名の由来は、ベンツィの故郷であるプロヴディフが関係しています。プロヴディフはブルガリア第2の都市であり歴史のある土地ですが、その昔はトラキア地方とも呼ばれていました。

この歴史的な地名「トラキア」を基にして、琴欧洲の「欧」が加わり、虎来欧(とらきおう)という四股名が付けれらました。また、「欧州から来た虎」とも解釈できますね。

虎来欧の入門の経緯

ブルガリアでは空手とレスリングに取り組んでいた虎来欧ですが、19歳の時にはレスリング120キロ級のジュニアチャンピオンにも輝いた実力者であり、一時はオリンピック出場も目指していたそうです。

そんな虎来欧が相撲の世界に入門するきっかけとなったのは、平成28年(2016)の夏にブルガリアへと里帰りをしていた鳴戸親方からのスカウトでした。

その甘いマスクもあって入門時からすでに注目されており、前相撲デビューでは式秀部屋の宇瑠虎(うるとら)を豪快なすくい投げで破ったとして話題になるほどでした。

相撲経験はまだまだ浅いですが、その潜在能力の高さは大いに魅力である虎来欧。イケメン力士の今後に注目です。

鳴戸親方の経歴

15代・鳴戸 勝紀
平成29年(2017)4月1日
ヨーロッパ出身力士として初の幕内優勝者であり初の親方に、平成29年(2017)4月1日に分家独立も果たす。ブログも人気

琴欧州 勝紀(ことおうしゅう かつのり)
最高位 :大関
年寄名跡:大関3年・琴欧洲 ⇒15代鳴戸
出身地 :ブルガリア ベリコタロノボ市
本 名 :カロヤン・ステファノフ・マハリャノフ⇒安藤 カロヤン
生年月日:昭和58年(1983)2月19日(35歳)
所属部屋:佐渡ヶ嶽部屋
改名歴 :琴欧州⇒琴欧洲
初土俵 :平成14年(2002)11月(19歳9ヵ月)
新十両 :平成16年(2004)5月(21歳3ヵ月)
新入幕 :平成16年(2004)9月(21歳7ヵ月)
新三役 :平成17年(2005)3月(22歳1ヵ月)
新大関 :平成18年(2006)1月(22歳11ヵ月)
最終場所:平成26年(2014)3月(31歳1ヵ月)
生涯戦歴:537勝337敗67休/864出場(68場所)
生涯勝率:61.4%
優勝等 :幕内優勝1回(同点1・次点3),十両優勝1回,幕下優勝1回,序ノ口優勝1回
成 績 :殊勲賞2回,敢闘賞3回
幕内戦歴:466勝322敗67休(57場所)勝率:59.1%
  大関:378勝264敗63休(47場所)勝率:58.9%
  関脇:33勝23敗4休(4場所)勝率:58.9%
  小結:16勝14敗(2場所)勝率:53.3%
  前頭:39勝21敗(4場所)勝率:65.0%
十両戦歴:23勝7敗(2場所)勝率:76.7%

他の部屋の成績も見てみたい方は目次ページより選んでください。

こちらの部屋別番付と同様の情報が詰まった情報盛り沢山な最新番付表もご用意しています。先場所だけではなく、過去6場所分の成績が通算成績とともに一気に確認できます。さらに新十両や入幕などの昇進はいつだったのか?出身校や身長体重BMI等々…より詳細な情報も併せて載せていますので是非ご覧下さい。

相撲の一門について知りたい方はこちらの記事がおすすめです。
大相撲の「一門」とは?その成り立ちと役割 オススメ!

地方巡業日程はこちら

力士や親方、裏方さんたちと間近で触れ合うチャンスは地方巡業です!巡業日程や詳細をご紹介しています。

現役力士褒賞金一覧と関取の推定年収はこちら

現役力士の力士褒賞金、通称「給金」を独自計算により一覧でご紹介さらに関取の推定年収も一覧表にしてまとめました。

現役力士の力士褒賞金と推定年収一覧! オススメ!

コメントはお気軽にどうぞ

ユーザー様の視聴環境

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。