令和2年(2020年)が初土俵の力士一覧!出世頭は誰?

令和2年(2020)が初土俵の力士の番付や成績を一覧表にしてご紹介しています。

表の下のボタンによって月ごとに表示を切り替えることも出来ますよ。 初土俵が同じ同期力士のなかで、誰が一番出世しているのかがひと目で分かります。

スポンサーリンク



2020年初土俵力士の番付と成績・力士一覧

番付 (令2.7) 四股名 よみ 令2.7 場所成績 令2.7月場所星取表 番付推移 7←5月 変動S 7←5月 変動枚数 7←5月 番付 (令2.5) 令2.5 場所成績 令2.5月場所星取表 番付推移 5←3月 変動S 5←3月 変動枚数 5←3月 番付 (令2.3) 令2.3 場所成績 番付推移 3←1月 変動S 3←1月 変動枚数 3←1月 番付 (令2.1) 令2.1 場所成績 番付推移 1←11月 変動S 1←11月 変動枚数 1←11月 番付 (令元.11) 令元.11 場所成績 番付推移 11←9月 変動S 11←9月 変動枚数 11←9月 番付 (令元.9月) 令元.9月 場所成績 番付推移 9←7月 変動S 9←7月 変動枚数 9←7月 番付 (令元.7) 令元.7 場所成績 過去6場所 成績 過去6場所 勝率 2020年 年間成績 2020年 年間勝率 最高位 出身地 部屋 一門 年齢 生年月日 大相撲歴 本名 旧所属 旧四股名 身長(㎝) 体重(㎏) BMI 出身高校 出身大学 初土俵 初土俵 年齢 新十両 新十両 年齢 新入幕 新入幕 年齢 新三役 新三役 年齢 大関昇進 大関昇進 年齢 横綱昇進 横綱昇進 年齢 優勝 三賞・金星 通算 勝利数 通算 敗数 通算 休数 出場回数 通算 勝率(%)

スポンサーリンク


令和2年1月場所が初土俵の力士

笹崎

神奈川県川崎市中原区出身、中川部屋。川崎市立平間中学時代は柔道で身体を鍛えた。同時に中1から向の岡工業高校相撲部にも通い相撲も始めている。向の岡工業高校3年次に県大会でベスト8に。同校の先輩が多い中川部屋へと入門。

笹崎 巳来夢(ささざき みらむ)

出身地 :神奈川県川崎市中原区

本 名 :笹崎 巳来夢

生年月日:平成13年(2001)2月5日(19歳)

所属部屋:中川部屋

初土俵 :令和2年(2020)1月(18歳11ヵ月)

大海

熊本県葦北郡芦北町出身、尾上部屋。芦北町立佐敷小学1年の頃からJKA(ジャパン・熊本・芦北)トレジャークラブで相撲を始める。佐敷中学3年次には全国都道府県中学生相撲選手権団体で優勝。

高校は文徳高校へと進学、全国高校総体団体優勝に貢献するなど数々の大会で優秀な成績をおさめる。尾上部屋は芦北町で毎年冬合宿を行っており、馴染みがあったことから同部屋への入門を決めた。

大海 一成(たいよう かずなり)

出身地 :熊本県葦北郡芦北町

本 名 :橋本 大海

生年月日:平成13年(2001)5月18日(19歳)

所属部屋:尾上部屋

初土俵 :令和2年(2020)1月(18歳8ヵ月)

奥武山

沖縄県島尻郡八重瀬町出身、立浪部屋。沖縄県立南部農林高校1年の頃から相撲を始め、那覇市の奥武山道場でも稽古を積んだ。高2で県大会80㎏未満級3位で九州大会に出場するなど数々の大会で優秀な成績をおさめる。四股名は通っていた道場の名を頂いた。

奥武山 雷己(おうのやま らいき)

出身地 :沖縄県島尻郡八重瀬町

本 名 :川平 雷己

生年月日:平成13年(2001)7月3日(19歳)

所属部屋:立浪部屋

初土俵 :令和2年(2020)1月(18歳6ヵ月)

愛知県名古屋市瑞穂区出身、本籍はボリビア・コチャバンバ市。朝日山部屋。6歳まではボリビアで育ち、父親が愛知県の工場に就職するために来日、名古屋市立穂波小学校に通った。稲沢東高校時代はレスリングで高校総体や国体に出場、グレコローマン125㎏級では国大5位に。

入門のきっかけは試合を観に来ていた朝日山親方(元関脇・琴錦)に誘われたことで、相撲経験はなかったが「相撲に懸ける」ことに。目標は「横綱」になり、相撲で有名になって将来はボリビア大統領になること。

四股名は「曙(元横綱)に雰囲気が似ているから漢字1文字の四股名がいい」と思った朝日山親方が名付けた。ちなみに日本在留期間が10年を超えるため日本人扱いとして協会に所属。

煌 貴圭(きらめき たかよし)

出身地 :愛知県名古屋市瑞穂区

本 名 :ベレス・ガルシア・ダニエル

生年月日:平成13年(2001)7月29日(18歳)

所属部屋:朝日山部屋

初土俵 :令和2年(2020)1月(18歳6ヵ月)

篠原

静岡県富士市出身、藤島部屋。富士市立原田小学2年の頃から富士わんぱく相撲クラブで相撲を始めた。飛龍高校3年次に全国高校総体団体でベスト8に。握力82㎏、背筋力は200㎏を記録する怪力の持ち主。伊勢ヶ濱部屋に入門した颯富士(大桑)とは高校の同級生。令和2年3月場所ではその颯富士を破るなど全勝序ノ口優勝という好スタートを切った。

篠原 大河(しのはら たいが)

出身地 :静岡県富士市

本 名 :篠原 大河

生年月日:平成13年(2001)12月1日(18歳)

所属部屋:藤島部屋

初土俵 :令和2年(2020)1月(18歳1ヵ月)

優勝等 :序ノ口優勝1回

颯富士

静岡県藤枝市出身、伊勢ヶ濱部屋。藤枝市立高洲南小1の頃から焼津少年相撲クラブで相撲を始めて、小5のときに全日本小学生相撲優勝大会で3位に。高洲中学2年次に全国都道府県中学生相撲選手権軽量級でベスト8、中3次に全国中学校相撲選手権大会でベスト16になった。

飛龍高校に進学すると高3次に高校総体で優勝、高校横綱の栄冠に輝いた。伊勢ヶ濱親方(元横綱・旭富士)には高校1年の頃から誘われており、高校卒業とともに伊勢ヶ濱部屋の門を叩いた。

颯富士 元揮(はやてふじ げんき)

出身地 :静岡県藤枝市

本 名 :大桑 元揮

生年月日:平成13年(2001)12月6日(18歳)

所属部屋:伊勢ヶ濱部屋

初土俵 :令和2年(2020)1月(18歳1ヵ月)

竹岡

東京都墨田区出身、尾車部屋。両国小学校4年生の頃から墨田区相撲連盟と三鷹市相撲クラブに通い始める。中学は新潟県の糸魚川市立飯生中学、そして「相撲の強豪」海洋高校へと進学した。高3次に十和田大会団体準優勝に貢献するなど実績を残す。入門のきっかけは尾車部屋の世話人・錦風と父親が知り合いだったこと。尾車部屋の体験入門を通じて嘉風関(現・中村親方)の指導に感銘を受け、入門を決意。

竹岡 勇人(たけおか はやと)

出身地 :東京都墨田区

本 名 :竹岡 勇人

生年月日:平成13年(2001)12月21日(18歳)

所属部屋:尾車部屋

初土俵 :令和2年(2020)1月(18歳1ヵ月)

鷹司

大阪府貝塚市出身、入間川部屋。貝塚市立第二中学時代は砲丸投げ、和歌山県の初芝橋本高校時代にはハンマー投げの選手として活躍した。入門のきっかけは中3の頃、貝塚市小瀬に大阪場所の宿舎を構えた入間川部屋の入間川親方(元関脇・栃司)に誘われたこと。まずは体力をつけるために高校進学を選択、満を持して同部屋の門を叩いた。

鷹司 慶(たかつかさ けい)

出身地 :大阪府貝塚市

本 名 :酒井 慶次朗

生年月日:平成14年(2002)2月6日(18歳)

所属部屋:入間川部屋

初土俵 :令和2年(2020)1月(18歳11ヵ月)

生田目

栃木県さくら市出身、二子山部屋。相撲を始めたのは矢板高校に入学してからだが高校総体や国体に出場し実績を残す。高校2年のときに出場した関東選抜大会無差別級では2位に。二子山入門のきっかけは高校1年の夏に二子山親方(元大関・雅山)から誘われたこと。

本名の「生田目(なばため)」は栃木県芳賀郡益子町生田目(なばため)が発祥といわれている。

生田目 竜也(なばため たつや)

出身地 :栃木県さくら市

本 名 :生田目 竜也

生年月日:平成14年(2002)2月22日(18歳)

所属部屋:二子山部屋

初土俵 :令和2年(2020)1月(17歳11ヵ月)

スポンサーリンク


令和2年3月場所が初土俵の力士

加藤桜

神奈川県横浜市都筑区出身、式秀部屋。幼少の頃から水泳で身体を鍛え、荏田高校時代は卓球部に所属。相撲との出会いは進学した國學院大學で、3年次に一念発起して相撲部へと入部。3年と4年次に出場した全国学生相撲選手権では1回戦敗退だった。

卒業後は大相撲に関わる仕事を志し、日本相撲協会協会職員の採用試験を受けたが残念ながら不採用。それでも諦めきれなかった加藤は、今度は力士になるべく式秀部屋の門を叩いた。

入門時24歳だった加藤は、相撲経験者らのために設けられた年齢制限基準緩和制度(25歳まで)により初土俵を踏むこととなる。この日は25歳の誕生日だった。國學院大學出身初の力士。

加藤桜 琢磨(かとうざくら たくま)

出身地 :神奈川県横浜市都筑区

本 名 :加藤 琢磨

生年月日:平成7年(1995)3月8日(25歳)

出身大学:國學院大學

所属部屋:式秀部屋

初土俵 :令和2年(2020)3月(25歳0ヵ月)

獅司

ウクライナ出身、入間川部屋。5歳の頃からレスリングを始め、15歳の頃に相撲へと転向した。平成27年(2015)8月に大阪で行われた世界ジュニア相撲選手権重量級で3位。翌年にモンゴルで行われた世界相撲選手権重量級でも3位の成績を残した。

平成30年(2018)5月のUS・スモウ・オープン大会でヘビー級3位になったソコロフスキーは時津風親方(元幕内・時津海)を紹介されて7月に来日、約1ヵ月ものあいだ時津海部屋の稽古に参加した。

その後、外国人枠の絡みもあり入間川部屋を紹介されたソコロフスキーは1年の研修期間を経て令和2年(2020)1月場所での新弟子検査を受検、翌場所で初土俵を踏んだ。

獅司 大(しし まさる)

出身地 :ウクライナ・ザポリジャ州メリトポリ市

本 名 :ソコロフスキー・セルギイ

生年月日:平成9年(1997)1月16日(23歳)

所属部屋:入間川部屋

初土俵 :令和2年(2020)1月(23歳0ヵ月)

萩原

北海道札幌市東区出身、鳴戸部屋。父はトルコ人、母親は日本人のハーフ。札幌中学1年の頃から札幌すもうスポーツ小年団で本格的に相撲を始めた。札幌東陵高校2年次に全国選抜大会個人80㎏未満級で2位に。

進学した拓殖大学では2年次の東日本体重別100㎏未満級優勝でのはじめ、数々の大会で優秀な成績をおさめた。この優勝したときに鳴戸親方(元大関・琴欧洲)に声を掛けられていた萩原は、大学卒業とともに自らの意思で入門を決めた。

小学生の頃から高校3年までピアノを習っていた萩原。その腕前は、中学のときに日本クラシック音楽コンクールで入賞したという相当なもの。

萩原 光(はぎわら ひかり)

出身地 :北海道札幌市東区

本 名 :萩原 光

生年月日:平成9年(1997)6月16日(23歳)

出身大学:拓殖大学

所属部屋:鳴戸部屋

初土俵 :令和2年(2020)3月(22歳9ヵ月)

深井

石川県羽咋市出身、高砂部屋。羽咋市立瑞穂小学2年の頃から羽咋道場で相撲を始めて小6でわんぱく相撲全国大会に出場。鳴和中時代には全国中学校相撲選手権大会での団体優勝と個人優勝(中学横綱)や、全国都道府県中学生相撲選手権団体優勝など数々の大会で優秀な成績をおさめた。金沢市立工業高校時代にも高校総体団体優勝、全国選抜大会個人優勝など活躍し、着実にその名を上げていた。

大学は東洋大へと進学、ここでも東日本学生団体優勝や宇和島大会団体優勝など数々の団体優勝に貢献。さらに個人でも4年次に全国学生選手権個人8強入りの成績をおさめた深井は三段目最下位格付け出し資格を獲得、母親からの後押しもあり角界入りを決意した。

深井 拓斗(ふかい たくと)

出身地 :石川県羽咋市

本 名 :深井 拓斗

生年月日:平成9年(1997)9月10日(22歳)

出身大学:東洋大学

所属部屋:高砂部屋

初土俵 :令和2年(2020)3月(22歳6ヵ月)

鵬山

東京都江東区出身、大嶽部屋。中央区立有馬小学3年の頃から江東青龍館に通って相撲を始める。さいたま市立大宮西中を経て埼玉栄高校へと進学、3年次には高校総体団体優勝に貢献した。その後、中央大学へと進学し団体戦などで活躍した。祖父は横綱大鵬で父は元関脇・貴闘力。納谷4兄弟の次男。

鵬山 幸林(ほうざん たかもり)

出身地 :東京都江東区

本 名 :納谷 幸林

生年月日:平成10年(1998)1月10日(22歳)

出身大学:中央大学

所属部屋:大嶽部屋

初土俵 :令和2年(2020)3月(22歳2ヵ月)

長原

山口県下松市出身、芝田山部屋。下松小学1年の頃から周南下松道場で極真空手を始めて、小5で中国選手権中級の部優勝など数々の大会で優秀な成績をおさめた。下松高校時代は柔道部に所属し身体を鍛えたが入門するまで相撲経験は無かった。入門のきっかけはバイト先の居酒屋に放駒部屋の元力士(元序二段・瀬戸光)がいたことで、これが縁となり放駒部屋の横綱だった芝田山親方(元横綱・大乃国)率いる芝田山部屋への入門を決めた。

長原 勇理(ながはら ゆうり)

出身地 :山口県下松市

本 名 :長原 勇理

生年月日:平成13年(2001)4月15日(19歳)

所属部屋:芝田山部屋

初土俵 :令和2年(2020)3月(18歳11ヵ月)

千代大聖

熊本県熊本市東区出身、九重部屋。長嶺小学1年の頃から桜木柔道クラブで始めた柔道は初段の腕前。開新高校時代には100㎏超級の選手として活躍した。入門するまで相撲経験は無かったが、その恵まれた体格から高3の6月にスカウトを受けた小嶺は、母親に親孝行をしたいと角界入りを決めた。

千代大聖 紫龍(ちよたいせい しりゅう)

出身地 :熊本県熊本市東区

本 名 :小嶺 紫龍

生年月日:平成13年(2001)4月13日(19歳)

所属部屋:九重部屋

改名歴 :小嶺⇒千代大聖

初土俵 :令和2年(2020)3月(18歳11ヵ月)

欧深沢

石川県河北郡津幡町出身、鳴戸部屋。英田小学1年の頃から津幡町少年相撲教室で相撲を始めて小4から3年連続でわんぱく相撲全国大会に出場、小6では16強入りとなった。津幡南中学時代には3年次の全国都道府県中学生相撲選手権団体優勝をはじめ、数々の大会で優秀な成績をおさめた。

高校は新潟県立海洋高校へと相撲留学、ここでも団体選手として様々な大会で活躍した。中学の頃から鳴戸親方(元大関・琴欧洲)から熱心に誘われていた深沢は、高校卒業と共に鳴戸部屋の門を叩いた。

欧深沢 成矢(おうふかさわ せいや)

出身地 :石川県河北郡津幡町

本 名 :深沢 成矢

生年月日:平成13年(2001)5月12日(19歳)

所属部屋:鳴戸部屋

改名歴 :深沢⇒欧深沢

初土俵 :令和2年(2020)3月(18歳10ヵ月)

虎徹

三重県津市出身、大嶽部屋。津市立誠之小学3年の頃から久居柔道教室で始めた柔道は二段の腕前。高校の時には県大会では2位になり東海大会に出場した。相撲経験はなかったが大嶽親方(元十両・大竜)に誘われたことで入門を決意した。四股名は江戸時代の刀工として有名な「虎徹」が由来で、父親が名付けてくれた。

虎徹 亮我(こてつ りょうが)

出身地 :三重県津市

本 名 :山本 亮我

生年月日:平成13年(2001)8月10日(18歳)

所属部屋:大嶽部屋

初土俵 :令和2年(2020)3月(18歳7ヵ月)

魁陽龍

東京都板橋区出身、浅香山部屋。板橋第五小学時代は野球、板橋第二中学時代はバスケットボール、北豊島工業高校時代にはハンマー投げなどの投擲選手と入門するまでは相撲経験は無かった。しかし高2の頃から角界入りを決めていた渡邊は浅香山部屋へと入門。

卒業式に出席するために大阪から一時帰京していた渡邊だったが、新型コロナの感染拡大予防のためにそのまま自宅待機となり、令和2年(2020)3月場所の前相撲の土俵には立てなかった。通常であれば出世は見送られるケースだが、特例として出世が認められ、晴れて5月場所の番付に四股名を載せることができた。

魁陽龍 陽向(かいひりゅう ひなた)

出身地 :東京都板橋区

本 名 :渡邊 陽向

生年月日:平成13年(2001)10月17日(18歳)

所属部屋:浅香山部屋

初土俵 :令和2年(2020)3月(18歳5ヵ月)

北青鵬

北海道札幌市東区出身、宮城野部屋。生まれはモンゴル・ウランバートル市。5歳の頃に母親の語学留学のために来日した。相撲を始めたきっかけは6歳のときに韓国の空港で偶然白鵬関に会ったこと。この時に白鵬から相撲をやるように勧められたダワーニンジ少年は札幌相撲スポーツ少年団で相撲を始めた。小4から3年連続でわんぱく相撲全国大会に出場。

その後、白鵬関の紹介で鳥取市立西中学へと相撲留学、さらに「相撲の名門」鳥取城北高校へと進学した。数々の大会での団体優勝に貢献。また、個人でも優秀な成績をおさめて名を上げてきたダワーニンジは、10年以上日本に住んでいることもあり、日本人扱いとして宮城野部屋への入門が決まった。

北青鵬 治(ほくせいほう おさむ)

出身地 :北海道札幌市東区

本 名 :アリューナー・ダワーニンジ

生年月日:平成13年(2001)11月12日(18歳)

所属部屋:宮城野部屋

初土俵 :令和2年(2020)3月(18歳4ヵ月)

渉利

兵庫県たつの市出身、立浪部屋。たつの市立御津小学4年の頃から広畑少年相撲教室で相撲を始め、小6で全日本小学生相撲優勝大会やわんぱく相撲全国大会などに出場した。飾磨東中学時代にも数々の大会に出場し実績を積んだ山科(当時は岸本姓)は、高校は千葉県の拓殖大学紅陵高へと進学、そこでも高校総体個人8強をはじめ様々な大会で活躍した。

高校3年の8月に膝の靭帯断裂という大怪我を負ってしまい、3ヵ月ものあいだ土俵に上がることは出来なかったが、この間に筋トレなどで基本を鍛えあげ角界入りに備えた。千葉県の日本体育大学柏高出身の豊昇龍とは以前から知り合いで、稽古場見学の際の雰囲気や立浪親方(元小結・旭豊)の人柄に触れて部屋への入門を決めた。

渉利 山科(しょうり やましな)

出身地 :兵庫県たつの市

本 名 :山科 渉利

生年月日:平成13年(2001)11月20日(18歳)

所属部屋:立浪部屋

初土俵 :令和2年(2020)3月(18歳4ヵ月)

筑波山

茨城県つくば市出身、立浪部屋。幼稚園の頃から並木中学3年までサッカーで身体を鍛えた。入門するまで相撲の経験は無かったが、自らの意思で立浪部屋への入門を決めた。

筑波山 稔(つくばやま みのる)

出身地 :茨城県つくば市

本 名 :雪野 稔

生年月日:平成13年(2001)11月22日(18歳)

所属部屋:立浪部屋

初土俵 :令和2年(2020)3月(18歳4ヵ月)

石井

山梨県韮崎市出身、宮城野部屋。韮崎東中学2年の頃から柔道を始め、進学した甲府工業高校でも柔道部に所属して身体を鍛えた。相撲経験は無かったが、宮城野部屋に14歳年の離れた実の兄、樹龍が所属している縁で子供の頃から白鵬関に誘われていた石井は、高校卒業とともに宮城野部屋の門を叩くこととなった。

石井 一真(いしい かずま)

出身地 :山梨県韮崎市

本 名 :石井 一真

生年月日:平成14年(2002)1月20日(18歳)

所属部屋:宮城野部屋

初土俵 :令和2年(2020)3月(18歳2ヵ月)

牧尾

鹿児島県阿久根市出身、武蔵川部屋。阿久根小学1年の頃から父親が主催する「あくね毘沙門天太鼓響流(こーる)」で太鼓を叩き始めて鶴翔高校時代には全国大会にも出場。日本太鼓財団4級技術指導員という腕前を持つ。

プロレスラーに憧れて、高3の頃から出水市のハイブリッドレスリング鹿児島へと通い、レスラーを目指していたが、武蔵川親方(元横綱・武蔵丸)と知り合いだった叔父の勧めで角界入りを決めた。

牧尾 圭吾(まきお けいご)

出身地 :鹿児島県阿久根市

本 名 :牧尾 圭吾

生年月日:平成14年(2002)3月14日(18歳)

所属部屋:武蔵川部屋

初土俵 :令和2年(2020)3月(18歳0ヵ月)

若大根原

東京都練馬区出身、西岩部屋。練馬区立谷原中学時代からボクシングやレスリングを始め、中学を卒業後はアルバイトをしながら石神井スポーツボクシングジムに通ってプロを目指していた。

転機はプロテストを目前に控えていた頃。ボクシングジムの会長に見せられた大相撲中継に大いに魅了された大根原は力士への転向を決め、自ら西岩親方(元関脇・若の里)に連絡を取り、その門を叩いた。

若大根原 瑞規(わかおおねはら みずき)

出身地 :東京都練馬区

本 名 :大根原 瑞規

生年月日:平成15年(2003)6月12日(17歳)

所属部屋:西岩部屋

初土俵 :令和2年(2020)3月(16歳9ヵ月)

須崎

岐阜県関市出身、大嶽部屋。関市立安桜小学1年の頃から岐阜木曜クラブで相撲を始めて小5で全日本小学生優勝大会2回戦進出、小6でわんぱく相撲全国大会に出場。緑ケ丘中学時代にも全国中学校相撲選手権大会や全国都道府県中学生相撲選手権に出場するなど実績を積んだ。小さな頃から力士になると誓っていた須崎(入門時は掛野)は、中学卒業と共に日頃からお世話になっていた大嶽部屋の門を叩いた。

須崎 聖也(すざき せいや)

出身地 :岐阜県関市

本 名 :掛野 聖也

生年月日:平成16年(2004)4月2日(16歳)

所属部屋:大嶽部屋

改名歴 :掛野⇒須崎

初土俵 :令和2年(2020)3月(15歳11ヵ月)

大翔洸

三重県鈴鹿市出身、追手風部屋。鈴鹿市立玉垣小学校5年生の頃から鈴鹿相撲クラブで相撲を始めた。名古屋場所の折には追手風部屋の稽古土俵で世話になっていたこともあり、また監督からの勧めで入門を決意。四股名は地元鈴鹿市出身の偉人、大黒屋光太夫の「光」を頂き、字画を考慮して「洸」としたもの。

大翔洸 圭佑(だいしょうこう けいすけ)

出身地 :三重県鈴鹿市

本 名 :金津 圭佑

生年月日:平成16年(2004)4月24日(16歳)

所属部屋:追手風部屋

初土俵 :令和2年(2020)3月(15歳11ヵ月)

高須

茨城県稲敷市出身、田子ノ浦部屋。入門するまで相撲経験は無く浮島小学時代はサッカー、霞ケ浦高校附属中時代はハンドボールで身体を鍛えた。体格がよかった高須は、中2のときに高安土浦後援会の方から声をかけられて場所後の千秋楽パーティに出席し、高安関と対面。また高安関の激励会にも出席するようになると後援会の方から入門を誘われるようになり、中3の秋に自ら部屋を訪れて入門の意思を伝えた。

高須 琉希亜(たかす るきあ)

出身地 :茨城県稲敷市

本 名 :高須 琉希亜

生年月日:平成16年(2004)5月4日(16歳)

所属部屋:田子ノ浦部屋

初土俵 :令和2年(2020)3月(15歳10ヵ月)

瀬戸の海

広島県広島市中区出身、高田川部屋。愛媛県の松山市立石井北小学2年の頃から友愛相撲クラブで相撲を始めて、広島に引っ越してからは竹原市の大川道場に通った。中学時代には全国都道府県中学生相撲選手権をはじめ、様々な大会で活躍。高校相撲部からの誘いもあったが、小6の頃から角界入りを決めていた松井は自ら進んで厳しいと評判の高田川部屋の門を叩いた。

瀬戸の海 龍昇(せとのうみ りゅうしょう)

出身地 :広島県広島市中区

本 名 :松井 涼雅

生年月日:平成16年(2004)6月11日(16歳)

所属部屋:高田川部屋

初土俵 :令和2年(2020)3月(15歳9ヵ月)

朝大洞

愛知県一宮市出身、高砂部屋。身体が大きかったことから一宮市立葉栗中学2年の頃より相撲を始めて大会に出場するようになる。中3次には県大会個人で3位となり東海大会に出場、また全国中学校相撲選手権大会にも出場した。角界入りのきっかけは愛西市の県大会観戦に訪れていた高砂部屋の朝鬼神や朝大門らに誘われたこと。

朝大洞 玲空(あさおおぼら れく)

出身地 :愛知県一宮市

本 名 :大洞 玲空

生年月日:平成16年(2004)6月21日(16歳)

所属部屋:高砂部屋

初土俵 :令和2年(2020)3月(15歳9ヵ月)

東海

千葉県市原市出身、境川部屋。市原市立西小学2年の頃から相撲を始め、小5で出場したわんぱく相撲全国大会では3回戦まで進んだ。辰巳中学で始めた柔道は初段の腕前。自らの意思で境川部屋への入門を決めた。

東海 有真(とうかい ゆうま)

出身地 :千葉県市原市

本 名 :東海 有真

生年月日:平成16年(2004)6月23日(16歳)

所属部屋:境川部屋

初土俵 :令和2年(2020)3月(15歳9ヵ月)

吉野

熊本県菊池市出身、境川部屋。菊池市立七城小学4年の頃から七城相撲愛育会で相撲を始めて小6で全日本小学生優勝大会に出場した。七城中学1年の時には団体戦の選手として九州大会にも出場。角界入りを志したのは中2の頃で、自ら進んで境川部屋の門を叩いた。

吉野 慶児(よしの けいじ)

出身地 :熊本県菊池市

本 名 :吉野 慶児 ※四股名、本名共に実際の「吉」の字は、上の横棒が短い「よし」

生年月日:平成16年(2004)7月8日(15歳)

所属部屋:境川部屋

初土俵 :令和2年(2020)3月(15歳8ヵ月)

玉の星

東京都調布市出身、片男波部屋。富士見台小学1年の頃から始めた空手は初段の腕前。相撲は小6の頃から三鷹相撲クラブに通って稽古に励んだ。調布中学3年のときに出場した東京都中学生体重別相撲選手権重量級では見事優勝。

玉の星 太陽(たまのほし たいよう)

出身地 :東京都調布市

本 名 :池田 昂司

生年月日:平成16年(2004)8月11日(15歳)

所属部屋:片男波部屋

改名歴 :池田⇒玉の星

初土俵 :令和2年(2020)3月(15歳7ヵ月)

山川

兵庫県伊丹市出身、田子ノ浦部屋。本籍は中華人民共和国にある。伊丹市立北中学時代は柔道で身体を鍛えた。相撲の経験は無かったが、友達の父からの勧めで田子ノ浦部屋への入門を決めた。

山川 俊男(やまかわ としお)

出身地 :兵庫県伊丹市

本 名 :山川 俊男(祝 賢明)

生年月日:平成16年(2004)8月27日(15歳)

所属部屋:田子ノ浦部屋

初土俵 :令和2年(2020)3月(15歳7ヵ月)

坂下

岐阜県加茂郡八百津町出身、伊勢ヶ濱部屋。格闘技経験は小学校時代に空手をかじった程度。入門のきっかけは八百津中学3年の夏休み、後援会の紹介で同地を訪れた伊勢ヶ濱親方(元横綱・旭富士)に誘われたこと。

坂下 登惟(さかした とうい)

出身地 :岐阜県加茂郡八百津町

本 名 :坂下 登惟

生年月日:平成16年(2004)8月28日(15歳)

所属部屋:伊勢ヶ濱部屋

初土俵 :令和2年(2020)3月(15歳7ヵ月)

谷口

福岡県福岡市西区出身、田子ノ浦部屋。福岡市立福重小学3年の頃から空手、内浜中学ではバレーと砲丸投げなどで身体を鍛えたが相撲経験は無かった。入門のきっかけは中学の先生に勧められたこと。

谷口 龍樹(たにぐち りゅうき)

出身地 :福岡県福岡市西区

本 名 :谷口 龍樹

生年月日:平成16年(2004)9月3日(15歳)

所属部屋:田子ノ浦部屋

初土俵 :令和2年(2020)3月(15歳6ヵ月)

若金子

高知県高知市出身、西岩部屋。父親は二子山~藤島部屋の元幕下力士だった安芸の富士。南海中学2年の頃から学校のクラブで相撲を始めた光内は、父のように力士になりたいと自らの意思で入門を決めた。四股名は母親の旧姓である「金子」から。

若金子 響(わかかねこ ひびき)

出身地 :高知県高知市

本 名 :光内 響

生年月日:平成16年(2004)9月15日(15歳)

所属部屋:西岩部屋

初土俵 :令和2年(2020)3月(15歳6ヵ月)

山口県防府市出身、錣山部屋。5歳頃から防府練成会で柔道を始める。右田中学時代も柔道部に所属し、同部屋同期入門の松本とも対戦したことが。入門のきっかけは小6の頃、入所していた児童養護施設に立田川親方(元小結・豊真将)が訪れた際に勧誘されたことから。錣山部屋の体験入門にも参加して角界入りを決めた。

町 亜斗夢(まち あとむ)

出身地 :山口県防府市

本 名 :町 亜斗夢

生年月日:平成16年(2004)10月5日(15歳)

所属部屋:錣山部屋

初土俵 :令和2年(2020)3月(15歳5ヵ月)

江面

茨城県古河市出身、伊勢ヶ濱部屋。下大野小学1年の頃から古川市相撲クラブで相撲を始め、小4次にわんぱく相撲全国大会に出場。総和中学3年の夏休みに、同校を訪れた伊勢ヶ濱親方(元横綱・旭富士)から誘われたことで入門を決めた。

江面 龍二(えづら りゅうじ)

出身地 :茨城県古河市

本 名 :江面 龍二

生年月日:平成16年(2004)10月14日(15歳)

所属部屋:伊勢ヶ濱部屋

初土俵 :令和2年(2020)3月(15歳5ヵ月)

西田

福岡県築上郡築上町出身、尾車部屋。椎田小学2年の頃から築上町少年相撲クラブで相撲を始め、小4で白鵬杯団体3位と個人16強、小6で全日本小学生相撲優勝大会に出場した。角界入りのきっかけは中3の時に出場した「嘉風相撲大会」で、このとき中学生の部2位になった西田は、中村親方(元関脇・嘉風)に声をかけられて尾車部屋への入門を決めた。

西田 健心(にしだ けんしん)

出身地 :福岡県築上郡築上町

本 名 :西田 健心

生年月日:平成16年(2004)10月24日(15歳)

所属部屋:尾車部屋

初土俵 :令和2年(2020)3月(15歳5ヵ月)

春空

福岡県八女市出身、高田川部屋。八女市立福島中学では相撲部に所属し県大会などで活躍した。角界入りにあたっては自ら調べて高田川部屋を選んだ。四股名は自身の本名である「春空」と、高田川部屋伝統の名である「太郎」

春空 太郎(はるく たろう)

出身地 :福岡県八女市

本 名 :靏 春空

生年月日:平成16年(2004)12月2日(15歳)

所属部屋:高田川部屋

初土俵 :令和2年(2020)3月(15歳3ヵ月)

朝勝令

愛知県一宮市出身、高砂部屋。一宮市立南部中学時代には柔道部に所属しつつ、相撲大会にも出場していた。角界入りのきっかけは、同じ中学出身の1年先輩である朝翔に誘われたこと。四股名は父親が名付けてくれたもので、父親のお名前「勝人」と、息子の本名「令志」から。当初は「朝令勝(あされいしょう)」という案もあったが、「0勝(れいしょう)」のようでゲンが悪いのでは?とのことで朝勝令に落ち着いた。

朝勝令 令志(あさしょうれい れいじ)

出身地 :愛知県一宮市

本 名 :野田 令志

生年月日:平成16年(2004)12月23日(15歳)

所属部屋:高砂部屋

初土俵 :令和2年(2020)3月(15歳3ヵ月)

山口

千葉県市原市出身、境川部屋。辰巳台中学では柔道部に所属し初段の腕前。本格的な相撲の経験は無かったが、小6のときに出場した市原市のちびっこ相撲大会では2位になったことがある。自らの意思で境川部屋への入門を決めた。

山口 慶太(やまぐち けいた)

出身地 :千葉県市原市

本 名 :山口 慶太

生年月日:平成17年(2005)1月5日(15歳)

所属部屋:境川部屋

初土俵 :令和2年(2020)3月(15歳2ヵ月)

霧乃華

富山県高岡市出身、陸奥部屋。高岡市立芳野中学時代は卓球部に所属し相撲経験はなかったが、中学卒業とともに自ら進んで角界入りを決意した。

霧乃華 駿太朗(きりのはな しゅんたろう)

出身地 :富山県高岡市

本 名 :中島 駿太朗

生年月日:平成17年(2005)1月8日(15歳)

所属部屋:陸奥部屋

初土俵 :令和2年(2020)3月(15歳2ヵ月)

若田中

兵庫県尼崎市出身、西岩部屋。父親は放駒部屋の元三段目力士だった駒響。わんぱく相撲の予選に出るために園和小学2年の頃から相撲を始める。園田東中学2年の頃から力士への想いが高まった田中は、現役国体選手でもある父の指導のもと、入門に向けて稽古に励んだ。

若田中 優霧(わかたなか ひろむ)

出身地 :兵庫県尼崎市

本 名 :田中 優霧

生年月日:平成17年(2005)1月20日(15歳)

所属部屋:西岩部屋

初土俵 :令和2年(2020)3月(15歳2ヵ月)

月岡

埼玉県所沢市出身、二子山部屋。所沢市立三ケ島中学時代は野球部に所属し相撲経験はなかったが、地元所沢に居を構える二子山部屋に何度か稽古見学に行っていた月岡は中学卒業とともに入門を決めた。

月岡 雛大(つきおか ひなた)

出身地 :埼玉県所沢市

本 名 :月岡 雛大

生年月日:平成17年(2005)1月23日(15歳)

所属部屋:二子山部屋

初土俵 :令和2年(2020)3月(15歳2ヵ月)

家島

兵庫県姫路市出身、山響部屋。姫路市立家島小学4年の頃から亀浜道場で相撲を始めて小4から3年連続わんぱく相撲全国大会に出場、小6ではベスト16となった。中学時代にも全国都道府県中学生相撲選手権での個人16強をはじめ、数々の大会で活躍した。同じ姫路市出身の山響親方(元幕内・厳雄)に誘われて入門を決意、実兄は同部屋の家の島。

家島 健慎(いえしま けんしん)

出身地 :兵庫県姫路市

本 名 :八木 健慎

生年月日:平成17年(2005)1月26日(15歳)

所属部屋:山響部屋

改名歴 :八木⇒家島

初土俵 :令和2年(2020)3月(15歳2ヵ月)

宮田

茨城県つくば市出身、錣山部屋。谷田部小学3年の頃から中3まで柔道で身体を鍛えた。得意技は払い腰。相撲を本格的にやったことはなかったが、小4、小5と わんぱく相撲全国大会に出場、2回戦まで進んだ。実はこの頃から大相撲の世界に憧れていた宮田は中学卒業と共に錣山部屋の門を自らの叩いた。

宮田 知弥(みやた ともや)

出身地 :茨城県つくば市

本 名 :宮田 知弥

生年月日:平成17年(2005)2月4日(15歳)

所属部屋:錣山部屋

初土俵 :令和2年(2020)3月(15歳1ヵ月)

樋口

山梨県甲斐市出身、武蔵川部屋。幼稚園の頃から始めた空手は初段の腕前。双葉中学時代には組手の部で様々な大会で活躍した。相撲の経験は無かったが、日本航空高校空手部監督を務める父親の知人の伝手で武蔵川部屋の稽古を見学し、入門を決めた。

樋口 虎之心(ひぐち とらのしん)

出身地 :山梨県甲斐市

本 名 :樋口 虎之心

生年月日:平成17年(2005)3月1日(15歳)

所属部屋:武蔵川部屋

初土俵 :令和2年(2020)3月(15歳0ヵ月)

若箭原

大阪府摂津市出身、西岩部屋。相撲経験は無かったが、好きな相撲を自らやってみたいとネットで調べ、西岩部屋への入門を決めた。

若箭原 祐太(わかやはら ゆうた)

出身地 :大阪府摂津市

本 名 :箭原 祐太

生年月日:平成17年(2005)3月9日(15歳)

所属部屋:西岩部屋

初土俵 :令和2年(2020)3月(15歳0ヵ月)

逢松龍

兵庫県高砂市出身、阿武松部屋。高砂市立荒井小学2年の頃から高砂相撲教室で相撲を始めて、小5と小6でわんぱく相撲全国大会に出場。松陽中学時代にも全国中学校相撲選手権大会団体8強入りに貢献した。相撲部の監督が阿武松親方(元幕内・大道)と専修大学相撲部の同期であることから阿武松部屋への入門を決めた。

逢松龍 佳鴻(あいしょうりゅう よしとき)

出身地 :兵庫県高砂市

本 名 :坂本 佳鴻

生年月日:平成17年(2005)3月14日(15歳)

所属部屋:阿武松部屋

初土俵 :令和2年(2020)3月(15歳0ヵ月)

松木

愛媛県新居浜市出身、田子ノ浦部屋。新居浜市立角野小学1年の頃から少林寺拳法を始める。角野中学時代は卓球部に所属。相撲経験は無かったが、高安関のファンである母親の勧めで地元の田子ノ浦部屋スカウト担当と面談、さらに部屋の稽古を見学した松木は感激し、未経験ながら入門を決意した。

松木 一真(まつぎ かずま)

出身地 :愛媛県新居浜市

本 名 :松木 一真

生年月日:平成17年(2005)3月14日(15歳)

所属部屋:田子ノ浦部屋

初土俵 :令和2年(2020)3月(15歳0ヵ月)

白石桜

愛知県海部郡大治町出身、式秀部屋。大治中学時代は相撲部に所属して稽古に励んだ。祖母が式秀親方(元幕内・北桜)と現役の頃から知り合いだった縁で式秀部屋への入門が決まった。

白石桜 遥生(しらいしざくら はると)

出身地 :愛知県海部郡大治町

本 名 :白石 遥生

生年月日:平成17年(2005)3月15日(15歳)

所属部屋:式秀部屋

初土俵 :令和2年(2020)3月(15歳0ヵ月)

松本

山口県岩国市出身、錣山部屋。修成小学3年の頃から玖珂中学3年まで続けた柔道は初段の腕前。本格的に相撲に取り組んだことは無かったが、中2のときに岩国市で開催された全国中学校相撲選手権大会の「開催地代表」として団体戦に飛び入り参加。この時の経験から相撲の面白さを知った松本は、中3の夏に出場した岩国市夏季大会で重量級優勝を手にした。

入門のきっかけは平成30年(2018)秋の巡業「周南場所」を見に行った際に、立田川親方(元小結・豊真将)に誘われたこと。そこから錣山部屋の体験入門に3回参加した松本は、自らの意思で入門を決めた。

松本 幸太(まつもと こうた)

出身地 :山口県岩国市

本 名 :松本 幸太

生年月日:平成17年(2005)3月24日(15歳)

所属部屋:錣山部屋

初土俵 :令和2年(2020)3月(15歳0ヵ月)

大塚

埼玉県春日部市出身、武蔵川部屋。春日部市立牛島小学1年の頃からさいたま相撲クラブで相撲を始め、小3のときに出場した全国鎮守の森こども相撲大会では個人2位に。小6からは千葉県の柏相撲少年団へと通った。父親の勧めもあり武蔵川部屋へと入門。小5のときに、タウンワークのCMで行司に扮したダウンタウンの松本人志さんと共演したことがある。

大塚 桜也(おおつか おうや)

出身地 :埼玉県春日部市

本 名 :大塚 桜也

生年月日:平成17年(2005)3月31日(15歳)

所属部屋:武蔵川部屋

初土俵 :令和2年(2020)3月(15歳0ヵ月)

※表は横にスクロールします。また、表示件数を切り替えることで上下のスクロールも可能です。項目をクリックすることで表を並べ替えることが出来ます。
番付表の記号等、補足事項はこちらをどうぞ


初土俵年ごとリンク一覧

初土俵年別のリンク一覧です。

当サイトおすすめ記事

地方巡業日程はこちら

力士や親方、裏方さんたちと間近で触れ合うチャンスは地方巡業です!巡業日程や詳細をご紹介しています。

カテゴリー : 初土俵別

公開日:2020-02-24
投稿者:レイ

コメントはお気軽にどうぞ

※当サイトは個人が運営するサイトであり、日本相撲協会及び、各相撲部屋とは関連がないことをご了承ください。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。※当サイトは個人が運営するサイトです。