新潟県出身力士の番付と場所成績に基礎情報を網羅した現役力士一覧

新潟県出身力士の番付と成績、そして基礎情報をまとめてご紹介します。

この番付表では最新場所である令和2年5月場所(夏場所)の番付だけではなく、先場所からどれだけ番付が上がったのかを成績と共に比べて確認できます。

表の内容はボタンによって切り替えることが出来ます。力士の詳細なデータが盛りだくさんですよ!さらに表の下には出身力士の勝敗数をまとめて集計していますので「出身地全体の力」も確認できます。

場所中には日々更新していきますので、観戦のお供にどうぞご活用ください。

また、日々の対戦相手と勝敗が一目で分かる星取表もあわせてご覧ください。

他の出身地の番付と成績も見てみたい方は部屋目次より選んでください。相撲部屋毎の番付・成績もご用意しています。

相撲部屋や出身地ごとの場所の成績からランキングを作成しております。初場所、好調な相撲部屋や力士の出身地はどこ?


この他にも新潟出身の過去から現在までの主な関取たちををまとめた記事もありますので併せてご覧ください。

スポンサーリンク



新潟県出身力士の番付と成績・力士一覧

番付 (令2.5) 四股名 よみ 令2.5 場所成績 令2.5月場所星取表 番付推移 5←3月 変動S 5←3月 変動枚数 5←3月 番付 (令2.3) 令2.3 場所成績 令2.3月場所星取表 番付推移 3←1月 変動S 3←1月 変動枚数 3←1月 番付 (令2.1) 令2.1 場所成績 番付推移 1←11月 変動S 1←11月 変動枚数 1←11月 番付 (令元.11) 令元.11 場所成績 番付推移 11←9月 変動S 11←9月 変動枚数 11←9月 番付 (令元.9月) 令元.9月 場所成績 番付推移 9←7月 変動S 9←7月 変動枚数 9←7月 番付 (令元.7) 令元.7 場所成績 番付推移 7←5月 変動S 7←5月 変動枚数 7←5月 番付 (令元.5) 令元.5 場所成績 過去6場所 成績 過去6場所 勝率 2020年 年間成績 2020年 年間勝率 最高位 出身地 部屋 一門 年齢 生年月日 大相撲歴 本名 旧所属 旧四股名 身長(㎝) 体重(㎏) BMI 出身高校 出身大学 初土俵 初土俵 年齢 新十両 新十両 年齢 新入幕 新入幕 年齢 新三役 新三役 年齢 大関昇進 大関昇進 年齢 横綱昇進 横綱昇進 年齢 優勝 三賞・金星 通算 勝利数 通算 敗数 通算 休数 出場回数 通算 勝率(%) 出身エリア

※表は横にスクロールします。また、表示件数を切り替えることで上下のスクロールも可能です。項目をクリックすることで表を並べ替えることが出来ます。
番付表の記号等、補足事項はこちらをどうぞ


スポンサーリンク


新潟県出身力士の星取表

四股名 成績 番付 初日 2日 3日 4日 5日 6日 7日 中日 9日 10日 11日 12日 13日 14日 千秋楽 出身地 部屋

スポンサーリンク


新潟出身の主な現役力士を紹介

新潟県出身の主な現役力士を初土俵順でご紹介します。

天一

平成25年9月に35歳10ヶ月であげた三段目優勝は戦後最年長での各段優勝記録

天一 俊哉(てんいち としや)

出身地 :新潟県南魚沼市

本 名 :渡辺 俊哉

生年月日:昭和52年(1977)11月22日(42歳)

所属部屋:北の湖⇒山響部屋

改名歴 :渡辺山⇒天一⇒天壱⇒天一

初土俵 :平成5年(1993)3月(15歳4ヵ月)

優勝等 :三段目優勝2回,序二段同点1回

飛燕力

押尾川部屋出身。平成26年(2014)の名古屋場所では当時序ノ口から20連勝中だった安彦(現・剣翔)を降して31歳で三段目優勝

飛燕力 敬介(ひえんりき けいすけ)

出身地 :新潟県燕市

本 名 :吉川 敬介

生年月日:昭和58年(1983)3月6日(37歳)

所属部屋:押尾川⇒尾車部屋

改名歴 :吉川⇒飛燕力

初土俵 :平成10年(1998)3月(15歳0ヵ月)

優勝等 :三段目優勝1回,序ノ口同点1回

希帆ノ海

出身地は新潟中越沖地震で大きな被害を受けた新潟県刈羽村。いっとき名乗っていた「越闘龍」は“越後の闘う昇り龍”という意味があった

希帆ノ海 勇樹(きほのうみ ゆうき)

出身地 :新潟県刈羽郡刈羽村

本 名 :山﨑 譲

生年月日:昭和59年(1984)6月4日(35歳)

所属部屋:出羽海部屋

改名歴 :山﨑⇒希帆ノ海⇒越闘龍⇒希帆ノ海

初土俵 :平成12年(2000)3月(15歳9ヵ月)

優勝等 :幕下優勝1回,三段目優勝1回(同点1)

高見劉

現師匠の東関親方(元幕内・潮丸)が現役だった時から付け人を務めているベテラン

高見劉 薫則(たかみりゅう まさのり)

出身地 :新潟県新津市

本 名 :森 薫則

生年月日:昭和61年(1986)1月6日(34歳)

所属部屋:東関部屋

初土俵 :平成16年(2004)3月(18歳2ヵ月)

越乃花

新潟県上越市柿崎区出身。小中は柿崎国技会の相撲教室で相撲を学び、高田農業高校相撲部へ。巡業では相撲甚句で美声も聞かせる

越乃花 友弥(えつのはな ともや)

出身地 :新潟県上越市

本 名 :小池 友弥

生年月日:平成3年(1991)9月4日(28歳)

所属部屋:立浪部屋

改名歴 :越ノ浪⇒越錦⇒越乃花

初土俵 :平成22年(2010)1月(18歳4ヵ月)

魁渡

小学校4年生の頃に出場した佐渡市の相撲大会で2位になったことがきっかけで、佐渡少年相撲教室で本格的に相撲を始めた。中学時代は陸上部に所属し、砲丸投げの選手として活躍、そのかたわら相撲も続けており数々の大会で好成績をあげていた。

角界入りのきっかけは、地元でのプロレス観戦後の食事会で、レフリーに「魁皇に憧れていた」と話したこと。このことが魁皇の兄弟子だったプロレスラーの大刀光(元幕内・大刀光)に伝わり、さらにそこから浅香山親方(元大関・魁皇)に伝わったことで親方から勧誘を受け、内弟子として友綱部屋への入門が決まった。

浅香山親方の独立とともに浅香山部屋へと移籍、初土俵から所要12場所、17歳で幕下に番付を上げるなど順調だったが平成27(2015)年初場所での6番相撲で左膝靭帯断裂の大怪我を負ってしまった。これにより4場所連続休場で一時は序ノ口にまで番付を下げた。

平成27年11月場所、序ノ口で復帰すると翌場所の序二段を全勝優勝で飾って復活の狼煙をあげる。そこから着実に番付を上げていき、令和2年初場所では幕下全勝優勝を果たした浅香山部屋期待のひとり。

魁渡 頌胆(かいと しょうた)

出身地 :新潟県佐渡市

本 名 :萩原 頌胆

生年月日:平成8年(1996)6月19日(23歳)

所属部屋:友綱⇒浅香山部屋

改名歴 :萩原⇒魁渡

初土俵 :平成24年(2012)5月(15歳11ヵ月)

優勝等 :幕下優勝1回,序二段優勝1回

王輝

新潟県新発田市の加治川相撲教室出身。小4でわんぱく相撲全国大会準優勝。相撲の強豪校、新潟の海洋高校を中退して錣山部屋へと入門

王輝 嘉助(おうき かすけ)

出身地 :新潟県岩船郡関川村

本 名 :小池 一毅

生年月日:平成8年(1996)6月12日(23歳)

所属部屋:錣山部屋

改名歴 :小池⇒王輝

初土俵 :平成25年(2013)7月(17歳1ヵ月)

謙信

新潟県上越市出身。高田農高2年次には国体の団体で準優勝。郷土の名将・上杉謙信にあやかって謙信の四股名を境川親方より授かった。関ノ戸親方とは従弟関係

謙信 翔平(けんしん しょうへい)

出身地 :新潟県上越市

本 名 :丸山 翔平

生年月日:平成8年(1996)4月4日(24歳)

所属部屋:境川部屋

改名歴 :丸山⇒謙信

初土俵 :平成27年(2015)1月(18歳9ヵ月)

豊山 亮太

金沢学院東高(現金沢学院)出身で炎鵬や田邉(木瀬)の1年先輩にあたる。全日本相撲選手権大会ベスト8の実績により三段目100枚格付出でデビュー。新入幕とともに部屋伝統の四股名であり、同郷同大出身の2人の先輩が繋いできた「豊山」を継承した

豊山 亮太(ゆたかやま りょうた)

最高位 :前頭2枚目

出身地 :新潟県新潟市北区

本 名 :小柳 亮太

生年月日:平成5年(1993)9月22日(26歳)

出身大学:東京農業大学

所属部屋:時津風部屋

改名歴 :小柳⇒豊山

初土俵 :平成28年(2016)3月・三段目100付出(22歳6ヵ月)

新十両 :平成28年(2016)11月(23歳2ヵ月)

新入幕 :平成29年(2017)5月(23歳8ヵ月)

優勝等 :幕下優勝1回,三段目優勝1回

成 績 :敢闘賞1回

寺沢

佐渡少年相撲教室出身。金沢市立工業高を経て東洋大に進学、全国学生相撲選手権大会団体優勝や全日本大学選抜相撲大会での個人優勝など実績をあげて高砂部屋へ入門。しかし大学相撲引退後に痛めた腰痛により思うように相撲がとれず椎間板ヘルニアの手術を受けることに。

これにより番付外に落ちたが平成31年初場所で再び前相撲、そして翌3月場所は全勝で序ノ口優勝を飾り新たなスタートラインに立った

寺沢 樹(てらさわ いつき)

出身地 :新潟県佐渡市

本 名 :寺沢 樹

生年月日:平成7年(1995)6月22日(24歳)

出身大学:東洋大学

所属部屋:高砂部屋

初土俵 :平成30年(2018)3月(22歳9ヵ月)

優勝等 :三段目優勝1回,序ノ口優勝1回

田中山

平成28年の全国都道府県中学生選手権個人無差別級で優勝。新潟の海洋高に入学も1年で中退し境川部屋の門を叩いた。祖父は元関脇の「デゴイチ」こと黒姫山(12代武隈)、父は元幕下の羽黒灘

田中山 虎之介(たなかやま とらのすけ)

出身地 :東京都墨田区⇒新潟県糸魚川市

本 名 :田中 虎之介

生年月日:平成14年(2002)1月24日(18歳)

所属部屋:境川部屋

初土俵 :平成30年(2018)5月(16歳4ヵ月)

丸勝

小1の頃から上越市相撲教室で相撲を始めて小4から3年連続わんぱく相撲全国大会に出場。小5の時にはわんぱく小結(ベスト8)に輝く。海洋高校進学後も相撲部に入部し稽古に励んだが、左目網膜剥離のため試合にはあまり出場できなかった。それでも高校総体などの団体戦で活躍し、一定の実績を積んで鳴戸部屋へと入門。

丸勝 竜也(まるしょう たつや)

出身地 :新潟県糸魚川市⇒新潟県上越市

本 名 :丸山 竜也

生年月日:平成12年(2000)9月9日(19歳)

所属部屋:鳴戸部屋

改名歴 :丸山⇒丸勝

初土俵 :令和元年(2019)5月(18歳8ヵ月)

過去から現在までの新潟出身力士はこちら

ここまでは新潟出身の現役力士の番付や成績を中心にご紹介してきましたが、過去から現在までの新潟県の大相撲力士をまとめた記事もご用意しています。興味を持たれた方はどうぞ。



大相撲観戦におすすめの1冊をご紹介。全力士や親方はもちろん、行司さんや呼出さんなどの裏方の方々もすべて顔写真付きで載っている、まさに観戦のお供といえる大相撲力士名鑑です。



出身地別、力士別、初土俵別など様々な方法で力士データをまとめています。

おすすめの記事をご紹介

ここからは当サイトのおすすめ記事をご紹介します。

相撲に携わる方々

ネットでの大相撲観戦といえばAbemaTV!「AbemaTV」での視聴方法について解説しています。序ノ口から結びの一番まで完全無料生中継!ぜひ確認してみてください。

地方巡業日程はこちら

力士や親方、裏方さんたちと間近で触れ合うチャンスは地方巡業です!巡業日程や詳細をご紹介しています。

カテゴリー : 北陸地方

公開日:2018-01-10
投稿者:レイ

コメントはお気軽にどうぞ

※当サイトは個人が運営するサイトであり、日本相撲協会及び、各相撲部屋とは関連がないことをご了承ください。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。※当サイトは個人が運営するサイトです。