『な行の力士』カテゴリー記事

大相撲力士名鑑!四股名が「な」で始まる力士たち

大相撲力士名鑑。過去から現在までの大相撲の力士たちをまとめています。こちらは四股名の始まりが「な」の力士たちです。

力士名鑑の目次ページもご用意しております。

スポンサーリンク



2文字目が「か行」の力士

中石 流威

愛知県岡崎市出身、二所ノ関部屋。小1の頃から空手を始める。相撲経験は無かったが父親からの勧めで入門を決意。愛称は「アルパカ」。

  • 四股名 :中石 流威(なかいし るい)
  • 出身地 :愛知県岡崎市
  • 本 名 :中石 流威
  • 生年月日:平成10年(1998)7月24日(21歳)
  • 所属部屋:松ヶ根⇒二所ノ関部屋
  • 初土俵 :平成26年(2014)3月(15歳8ヵ月)

仲井 君隆

三重県の英心高時代にパワーリフティング120kg超級で140kgを上げて県大会優勝

  • 四股名 :仲井 君隆(なかい きみたか)
  • 出身地 :三重県志摩市
  • 本 名 :仲井 君隆
  • 生年月日:平成8年(1996)3月8日(24歳)
  • 所属部屋:尾上部屋
  • 初土俵 :平成26年(2014)1月(17歳10ヵ月)

中尾 亮太

門真市相撲連盟出身。京都廣学館高から尾上部屋へと入門

  • 四股名 :中尾 亮太(なかお りょうた)
  • 出身地 :大阪府門真市
  • 本 名 :中尾 亮太
  • 生年月日:平成7年(1995)6月19日(25歳)
  • 所属部屋:尾上部屋
  • 初土俵 :平成26年(2014)1月(18歳7ヵ月)

中島 楓

大分県別府市出身、武蔵川部屋。楊志館高校を中退したことで一度は相撲からも離れたが、その後も相撲への想いは消えることなく大相撲の世界へと足を踏み出した。

  • 四股名 :中島 楓(なかしま かえで)
  • 出身地 :大分県別府市
  • 本 名 :中島 楓
  • 生年月日:平成10年(1998)9月20日(21歳)
  • 所属部屋:武蔵川部屋
  • 初土俵 :平成27年(2015)11月(17歳2ヵ月)

中園 空

鹿児島県西之表市出身、二所ノ関部屋。バスケ部だった中3の時に観た相撲に魅了されて角界入りを決意。

  • 四股名 :中園 空(なかぞの そら)
  • 出身地 :鹿児島県西之表市
  • 本 名 :中園 空
  • 生年月日:平成8年(1996)5月18日(24歳)
  • 所属部屋:松ヶ根⇒二所ノ関部屋
  • 初土俵 :平成24年(2012)3月(15歳10ヵ月)

中田 智斗

北海道岩見沢市出身、八角部屋。小4から本格的に始めた野球では主にキャッチャーを務めた。相撲経験はなかったが八角部屋の長谷川ゼネラルマネージャーに誘われたことで入門を決意。

  • 四股名 :中田 智斗(なかた のりと)
  • 出身地 :北海道岩見沢市
  • 本 名 :中田 智斗
  • 生年月日:平成15年(2003)11月28日(16歳)
  • 所属部屋:八角部屋
  • 初土俵 :平成31年(2019)3月(15歳4ヵ月)

仲の国 将

日本語の勉強のために来日したが身体の大きさを見込まれて湊部屋へ入門、漢民族としては初の関取

  • 四股名 :仲の国 将(なかのくに しょう)
  • 最高位 :十両12枚目
  • 出身地 :中国・北京市順義区
  • 本 名 :呂 超
  • 生年月日:昭和58年(1983)9月17日
  • 所属部屋:湊部屋
  • 初土俵 :平成14年(2002)7月(18歳10ヵ月)
  • 新十両 :平成22年(2010)9月(27歳0ヵ月)
  • 最終場所:平成24年(2012)5月(28歳8ヵ月)
  • 生涯戦歴:218勝196敗/414出場(59場所)
  • 生涯勝率:52.7%
  • 優勝等 :三段目優勝1回
  • 十両戦歴:3勝12敗(1場所)勝率:20.0%

長原 勇理

山口県下松市出身、芝田山部屋。下松小学1年の頃から周南下松道場で極真空手を始めて、小5で中国選手権中級の部優勝など数々の大会で優秀な成績をおさめた。下松高校時代は柔道部に所属し身体を鍛えたが入門するまで相撲経験は無かった。入門のきっかけはバイト先の居酒屋に放駒部屋の元力士(元序二段・瀬戸光)がいたことで、これが縁となり放駒部屋の横綱だった芝田山親方(元横綱・大乃国)率いる芝田山部屋への入門を決めた。

  • 四股名 :長原 勇理(ながはら ゆうり)
  • 出身地 :山口県下松市
  • 本 名 :長原 勇理
  • 生年月日:平成13年(2001)4月15日(19歳)
  • 所属部屋:芝田山部屋
  • 初土俵 :令和2年(2020)3月(18歳11ヵ月)
スポンサーリンク


2文字目が「た行」の力士

洋司 博

埼玉県川越市・入間川部屋の元力士で最高位は幕下4枚目。同じ部屋の恵那司とは同期だった。

  • 四股名 :洋司 博(なだつかさ ひろし)
  • 最高位 :幕下4枚目
  • 出身地 :埼玉県川越市
  • 本 名 :小嶋 洋司
  • 生年月日:昭和54年(1979)8月25日
  • 所属部屋:入間川部屋
  • 改名歴 :小嶋⇒洋司
  • 初土俵 :平成7年(1995)5月(15歳9ヵ月)
  • 最終場所:平成17年(2005)7月(25歳11ヵ月)
  • 生涯戦歴:194勝139敗95休/331出場(62場所)
  • 生涯勝率:58.3%
  • 優勝等 :三段目優勝2回,序二段優勝1回

那智ノ山 公晴

  • 四股名 :那智ノ山 公晴(なちのやま きみはる)
  • 最高位 :前頭19枚目
  • 年寄名跡:峰崎
  • 出身地 :和歌山県日高郡
  • 本 名 :柏木 佐平
  • 生年月日:大正9年(1920)8月15日
  • 没年月日:平成6年(1994)12月22日(享年74歳)
  • 所属部屋:出羽海部屋
  • 改名歴 :柏木⇒那智ノ海⇒那智ノ山
  • 初土俵 :昭和12年(1937)5月(16歳9ヵ月)
  • 新十両 :昭和22年(1947)6月(26歳10ヵ月)
  • 新入幕 :昭和25年(1950)9月(30歳1ヵ月)
  • 最終場所:昭和33年(1958)1月(37歳5ヵ月)
  • 生涯戦歴:308勝326敗14休/634出場(54場所)
  • 生涯勝率:48.6%
  • 優勝等 :三段目優勝1回
  • 幕内戦歴:11勝14敗5休(2場所)勝率:44.0%
  • 十両戦歴:246勝275敗(36場所)勝率:47.2%
スポンサーリンク


2文字目が「な行」の力士

七ツ海 操

  • 四股名 :七ツ海 操(ななつうみ みさお)
  • 最高位 :前頭12枚目
  • 出身地 :茨城県岩井市
  • 本 名 :野口 操
  • 生年月日:昭和2年(1927)10月8日
  • 没年月日:平成6年(1994)12月24日(享年67歳)
  • 所属部屋:立浪部屋
  • 改名歴 :野口⇒七ツ海
  • 初土俵 :昭和22年(1947)6月(19歳8ヵ月)
  • 新十両 :昭和27年(1952)9月(24歳11ヵ月)
  • 新入幕 :昭和29年(1954)1月(26歳3ヵ月)
  • 最終場所:昭和34年(1959)9月(31歳11ヵ月)
  • 生涯戦歴:326勝332敗15休/657出場(48場所)
  • 生涯勝率:49.5%
  • 優勝等 :幕下優勝1回,三段目優勝1回,序ノ口同点1回
  • 幕内戦歴:24勝29敗7休(4場所)勝率:45.3%
  • 十両戦歴:199勝221敗(28場所)勝率:47.4%

浪速龍 功

  • 四股名 :浪速龍 功(なにわりゅう いさお)
  • 最高位 :十両10枚目
  • 出身地 :大阪府大阪市住吉区
  • 本 名 :吉村 義彦
  • 生年月日:昭和23年(1948)9月26日
  • 所属部屋:片男波部屋
  • 改名歴 :大波⇒大騰山⇒浪速龍
  • 初土俵 :昭和38年(1963)5月(14歳8ヵ月)
  • 新十両 :昭和50年(1975)5月(26歳8ヵ月)
  • 最終場所:昭和51年(1976)9月(28歳0ヵ月)
  • 生涯戦歴:286勝271敗12休/557出場(81場所)
  • 生涯勝率:51.3%
  • 優勝等 :幕下優勝2回,三段目同点1回
  • 十両戦歴:11勝19敗(2場所)勝率:36.7%

2文字目が「は行」の力士

生田目 竜也

栃木県さくら市出身、二子山部屋。相撲を始めたのは矢板高校に入学してからだが高校総体や国体に出場し実績を残す。高校2年のときに出場した関東選抜大会無差別級では2位に。二子山入門のきっかけは高校1年の夏に二子山親方(元大関・雅山)から誘われたこと。

本名の「生田目(なばため)」は栃木県芳賀郡益子町生田目(なばため)が発祥といわれている。

  • 四股名 :生田目 竜也(なばため たつや)
  • 出身地 :栃木県さくら市
  • 本 名 :生田目 竜也
  • 生年月日:平成14年(2002)2月22日(18歳)
  • 所属部屋:二子山部屋
  • 初土俵 :令和2年(2020)1月(17歳11ヵ月)

2文字目が「ま行」の力士

浪ノ音 範人

同期は元関脇・隆乃若、旭天鵬、若の里や元小結・旭鷲山や智乃花、元前頭・朝乃若、隆の鶴など

  • 四股名 :浪ノ音 範人(なみのおと のりと)
  • 最高位 :幕下23枚目
  • 出身地 :青森県南津軽郡浪岡町
  • 本 名 :天内 範人
  • 生年月日:昭和52年(1977)3月17日
  • 所属部屋:峰崎部屋
  • 改名歴 :天内⇒浪ノ山⇒浪ノ音
  • 初土俵 :平成4年(1992)3月(15歳0ヵ月)
  • 最終場所:平成16年(2004)11月(27歳8ヵ月)
  • 生涯戦歴:264勝261敗7休/525出場(77場所)
  • 生涯勝率:50.3%
  • 優勝等 :なし

浪乃花 教天

相手を睨みつける仕切りが人気だった、初代若乃花が育てた最後の幕内力士

  • 四股名 :浪乃花 教天(なみのはな かずたか)
  • 最高位 :小結
  • 出身地 :青森県南津軽郡浪岡町
  • 本 名 :工藤 和博
  • 生年月日:昭和44年(1969)3月19日
  • 所属部屋:二子山部屋
  • 改名歴 :工藤⇒浪ノ花⇒浪乃花⇒浪之花
  • 初土俵 :昭和59年(1984)5月(15歳2ヵ月)
  • 新十両 :平成2年(1990)11月(21歳8ヵ月)
  • 新入幕 :平成4年(1992)9月(23歳6ヵ月)
  • 新三役 :平成7年(1995)3月(26歳0ヵ月)
  • 最終場所:平成9年(1997)3月(28歳0ヵ月)
  • 生涯戦歴:423勝402敗10休/825出場(78場所)
  • 生涯勝率:51.3%
  • 優勝等 :十両優勝2回,幕下同点1回
  • 成 績 :敢闘賞1回
  • 幕内戦歴:117勝153敗(18場所)勝率:43.3%
  •   小結:6勝9敗(1場所)勝率:40.0%
  •   前頭:111勝144敗(17場所)勝率:43.5%
  • 十両戦歴:149勝136敗(19場所)勝率:52.3%

2文字目が「や行」の力士

納谷 幸之介

東京都江東区出身、大嶽部屋。大横綱・大鵬の孫で貴闘力の三男!埼玉栄高で鍛えた相撲力は国体相撲(少年男子)での個人と団体優勝で折り紙つき。

  • 四股名 :納谷 幸之介(なや こうのすけ)
  • 出身地 :東京都江東区
  • 本 名 :納谷 幸之介
  • 生年月日:平成12年(2000)2月14日(20歳)
  • 所属部屋:大嶽部屋
  • 初土俵 :平成30年(2018)1月(17歳11ヵ月)
  • 優勝等 :序ノ口優勝1回

「大鵬の孫」納谷幸之介

相撲に関心を持ち始めると、あちこちで名を耳にするであろう「昭和の大横綱」大鵬

昭和36年(1961)9月場所後にライバル柏戸と共に横綱に推挙され、ふたりで「柏鵬(はくほう)時代」という相撲の黄金時代を築きましたが、この第48代横綱の孫が納谷(なや)幸之介なのです。

元関脇・貴闘力が父

「大鵬の孫」であることが注目されている納谷ですが、実は元関脇・貴闘力の息子(三男)でもあります。貴闘力といえば「若貴兄弟」の兄弟子であり藤島・二子山部屋の黄金時代をともに築いた激しい相撲が魅力な敢闘賞10回の猛者。

大鵬の三女と結婚した貴闘力は、息子から「偉大なおじいちゃん」の大鵬と自分の成績とを比べられて困っていたそうですが、平成12年(2000)3月場所で幕尻での初優勝を決めると「どうだ、父ちゃんだって強いんだぞ!」とようやく言えるぞと喜んだそうです。

野球賭博問題への関与によって貴闘力(当時、大嶽親方)は解雇処分を受けてしまい納谷の母とは離婚、そして大鵬との養子縁組も解消されて、平成25年の大鵬の葬儀への出席も許されなかったそうですが、相撲への熱い想いは離れ離れになった息子へと注がれていました。

祖父と父が親方だった大嶽部屋への入門

祖父が大鵬部屋として創設し、父が大嶽部屋と名を改めて継承した部屋を選んだ納谷には「大相撲の血」が脈々と流れています。

さらに「相撲の名門校」埼玉栄高校で鍛え上げた力は本物で、序ノ口では全勝優勝を飾りました。朝青龍の甥である豊勝龍とのライバル関係も楽しみな納谷の今後に期待です。そして四股名はいつ、どんな名前になるのかも楽しみですね。

名寄岩 静男

「病気のデパート」と呼ばれるほど様々な病に苦しめられたが40歳まで土俵を務め上げた

  • 四股名 :名寄岩 静男(なよろいわ しずお)
  • 最高位 :大関
  • 年寄名跡:15代春日山
  • 出身地 :北海道名寄市
  • 本 名 :岩壁 静雄
  • 生年月日:大正3年(1914)9月27日
  • 没年月日:昭和46年(1971)1月26日(享年56歳)
  • 所属部屋:立浪部屋
  • 初土俵 :昭和7年(1932)5月(17歳8ヵ月)
  • 新十両 :昭和11年(1936)5月(21歳8ヵ月)
  • 新入幕 :昭和12年(1937)1月(22歳4ヵ月)
  • 新三役 :昭和13年(1938)5月(23歳8ヵ月)
  • 新大関 :昭和18年(1943)1月(28歳4ヵ月)
  • 最終場所:昭和29年(1954)9月(40歳0ヵ月)
  • 生涯戦歴:337勝297敗33休/634出場(54場所)
  • 生涯勝率:53.2%
  • 優勝等 :幕下優勝1回,三段目優勝1回
  • 成 績 :敢闘賞2回,金星2個
  • 幕内戦歴:292勝279敗33休(44場所)勝率:51.1%
  •   大関:26勝31敗22休(6場所)勝率:45.6%
  •   関脇:110勝73敗11休(15場所)勝率:60.1%
  •   小結:11勝4敗(1場所)勝率:73.3%
  •   前頭:145勝171敗(22場所)勝率:45.9%
  • 十両戦歴:9勝2敗(1場所)勝率:81.8%

2文字目が「ら行」の力士

楢錦 政吉

  • 四股名 :楢錦 政吉(ならにしき まさきち)
  • 最高位 :前頭筆頭
  • 出身地 :秋田県仙北郡
  • 本 名 :佐藤 政吉
  • 生年月日:明治27年(1894)3月10日
  • 没年月日:昭和48年(1973)7月16日(享年79歳)
  • 所属部屋:湊川部屋
  • 改名歴 :奈良錦⇒楢錦
  • 初土俵 :大正3年(1914)1月(19歳10ヵ月)
  • 新十両 :大正7年(1918)5月(24歳2ヵ月)
  • 新入幕 :大正12年(1923)1月(28歳10ヵ月)
  • 最終場所:昭和2年(1927)10月(33歳7ヵ月)
  • 生涯戦歴:107勝98敗18休3分3預/211出場(30場所)
  • 生涯勝率:52.2%
  • 優勝等 :十両優勝1回,幕下優勝1回
  • 幕内戦歴:45勝64敗18休2分1預(12場所)勝率:41.3%
  • 十両戦歴:27勝21敗1分(7場所)勝率:56.3%

鳴滝 翔月

京都府京都市右京区出身、伊勢ノ海部屋。京都市立日吉ヶ丘高3年次での高校総体では個人団体32強に。京の里は実の兄。

  • 四股名 :鳴滝 翔月(なるたき かずき)
  • 出身地 :京都府京都市右京区
  • 本 名 :花井 翔月
  • 生年月日:平成10年(1998)11月13日(21歳)
  • 所属部屋:伊勢ノ海部屋
  • 初土俵 :平成28年(2016)11月(18歳0ヵ月)
  • 優勝等 :序二段優勝1回,序ノ口同点1回

鳴門海 一行

兵庫県三原郡出身、春日野部屋の元力士で最高位は前頭筆頭。奪った金星3個はすべて鏡里からの「鏡里キラー」。

  • 四股名 :鳴門海 一行(なるとうみ かずゆき)
  • 最高位 :前頭筆頭
  • 年寄名跡:竹縄
  • 出身地 :兵庫県三原郡
  • 本 名 :武岡 一行
  • 生年月日:大正15年(1926)1月1日
  • 没年月日:平成22年(2010)6月19日(享年84歳)
  • 所属部屋:春日野部屋
  • 改名歴 :武岡⇒鳴門海
  • 初土俵 :昭和17年(1942)5月(16歳4ヵ月)
  • 新十両 :昭和22年(1947)11月(21歳10ヵ月)
  • 新入幕 :昭和24年(1949)10月(23歳9ヵ月)
  • 最終場所:昭和36年(1961)1月(35歳0ヵ月)
  • 生涯戦歴:414勝447敗4休2分/861出場(65場所)
  • 生涯勝率:48.1%
  • 優勝等 :十両優勝1回
  • 成 績 :殊勲賞1回,技能賞1回,金星3個
  • 幕内戦歴:296勝359敗4休1分(44場所)勝率:45.2%
  • 十両戦歴:83勝67敗1分(11場所)勝率:55.3%

成山 明

  • 四股名 :成山 明(なるやま あきら)
  • 最高位 :小結
  • 出身地 :兵庫県洲本市
  • 本 名 :成山 明
  • 生年月日:昭和6年(1931)11月27日
  • 没年月日:昭和53年(1978)5月8日(享年46歳)
  • 所属部屋:小野川部屋
  • 改名歴 :成山⇒小野若⇒成山
  • 初土俵 :昭和23年(1948)10月(16歳11ヵ月)
  • 新十両 :昭和28年(1953)1月(21歳2ヵ月)
  • 新入幕 :昭和28年(1953)9月(21歳10ヵ月)
  • 新三役 :昭和31年(1956)3月(24歳4ヵ月)
  • 最終場所:昭和37年(1962)5月(30歳6ヵ月)
  • 生涯戦歴:454勝433敗/887出場(61場所)
  • 生涯勝率:51.2%
  • 優勝等 :幕内次点2回,十両優勝2回
  • 成 績 :殊勲賞1回,技能賞3回,金星6個
  • 幕内戦歴:261勝294敗(37場所)勝率:47.0%
  •   小結:3勝12敗(1場所)勝率:20.0%
  •   前頭:258勝282敗(36場所)勝率:47.8%
  • 十両戦歴:89勝61敗(11場所)勝率:59.3%

2文字目が「わ行」の力士

南海力 篤史

高知県高知市出身、木瀬部屋。入門は10代・三保ヶ関(元大関・増位山)の三保ヶ関部屋だったが、平成25年(2013)9月場所を最後に部屋が閉鎖となり木瀬部屋所属となった。

平成21年(2009)7月場所と平成27年(2015)9月場所の2度、8人による幕下優勝決定巴戦に進出したが惜しくも初戦で敗れた経験が。

右膝の手術のため平成31年(2019)1月場所から4場所連続休場となり一時は番付を序ノ口にまで落とした。捻りや足技も得意な業師。野球観戦と競馬が好き。

  • 四股名 :南海力 篤史(なんかいりき あつし)
  • 出身地 :高知県高知市
  • 本 名 :大田 篤史⇒中村 篤史
  • 生年月日:昭和62年(1987)10月16日(32歳)
  • 所属部屋:三保ヶ関⇒木瀬⇒北の湖⇒木瀬部屋
  • 改名歴 :大田⇒龍河洞⇒南海力
  • 初土俵 :平成15年(2003)3月(15歳5ヵ月)
  • 優勝等 :幕下同点2回

南海龍 太郎

「サモアの怪人」と呼ばれた史上初の西サモア出身関取であり幕内力士、度を過ぎた大酒飲みが災いし二日酔いで休場、これがもとで廃業に

  • 四股名 :南海龍 太郎(なんかいりゅう たろう)
  • 最高位 :前頭2枚目
  • 出身地 :西サモア アピア市
  • 本 名 :キリフィ・サパ
  • 生年月日:昭和40年(1965)2月22日
  • 所属部屋:高砂部屋
  • 初土俵 :昭和59年(1984)9月(19歳7ヵ月)
  • 新十両 :昭和62年(1987)5月(22歳3ヵ月)
  • 新入幕 :昭和62年(1987)11月(22歳9ヵ月)
  • 最終場所:昭和63年(1988)11月(23歳9ヵ月)
  • 生涯戦歴:145勝94敗1休/238出場(26場所)
  • 生涯勝率:60.7%
  • 優勝等 :序二段同点1回
  • 幕内戦歴:44勝45敗1休(7場所)勝率:49.4%
  • 十両戦歴:30勝15敗(3場所)勝率:66.7%

南宮 実岬

大阪府大阪市生野区出身、錣山部屋。中川小学時代は柔道、また小5~6年生の頃には近代附属高校相撲部に通って相撲の手ほどきも受けていた。もともと行司になりたかったが、知り合いの勧めもあり力士として錣山部屋に入門。高々と上がる四股に注目。

  • 四股名 :南宮 実岬(なんぐう みさき)
  • 出身地 :大阪府大阪市生野区
  • 本 名 :南宮 実岬
  • 生年月日:平成16年(2004)2月7日(16歳)
  • 所属部屋:錣山部屋
  • 初土俵 :平成31年(2019)3月(15歳1ヵ月)

南富 健三

小錦の勧誘によって入門を決意、幕下までの昇進は2年と早かったが怪我によって関取目前でリタイア

  • 四股名 :南富 健三(なんふう けんぞう)
  • 最高位 :幕下筆頭
  • 出身地 :アメリカ ハワイ州
  • 本 名 :ケカウオハ・ビジオ・カレオ
  • 生年月日:昭和45年(1970)1月22日
  • 所属部屋:高砂部屋
  • 初土俵 :平成2年(1990)9月(20歳8ヵ月)
  • 最終場所:平成8年(1996)9月(26歳8ヵ月)
  • 生涯戦歴:132勝106敗14休/238出場(37場所)
  • 生涯勝率:55.5%
  • 優勝等 :三段目優勝1回

出身地別、力士別、初土俵別など様々な方法で力士データをまとめています。

おすすめの記事をご紹介

ここからは当サイトのおすすめ記事をご紹介します。

相撲に携わる方々

ネットでの大相撲観戦といえばAbemaTV!「AbemaTV」での視聴方法について解説しています。序ノ口から結びの一番まで完全無料生中継!ぜひ確認してみてください。