二子山部屋力士の番付と場所成績に基礎情報を網羅した現役力士一覧

相撲部屋別で力士の番付や成績をご紹介!
こちらでは二子山(ふたごやま)部屋の現役力士の番付と成績、そして基礎情報をまとめてご紹介します。

この番付表では最新場所である令和元年9月場所(秋場所)の番付だけではなく、先場所からどれだけ番付が上がったのかを成績と共に比べて確認できます。

また、表の内容は4つに分かれており、力士の詳細なデータをボタンによって切り替えることができます。そして、表の下には所属力士の勝敗数をまとめて集計していますので「部屋としての全体の力」も確認できます。

場所中には日々更新していきますので、観戦のお供にどうぞご活用ください。

また、日々の対戦相手と勝敗が一目で分かる星取表もあわせてご覧ください。

他の部屋の番付と成績も見てみたい方は出身地目次より選んでください。また、出身地毎の番付・成績もご用意しています。

大相撲観戦におすすめの1冊をご紹介。全力士や親方はもちろん、行司さんや呼出さんなどの裏方の方々もすべて顔写真付きで載っている、まさに観戦のお供といえる大相撲力士名鑑です。


大相撲11月場所(福岡国際センター)の一般発売は9/14(土)10:00からです。

大相撲11月場所:11/10(日)~11/24(日)福岡国際センター

二子山部屋の基本情報 一門 :出羽海一門
創設 :平成30年(2018)4月1日
創設者:14代・二子山 雅高(元大関・雅山)
現師匠:同上
所在地:埼玉県所沢市北岩岡366
スポンサーリンク

二子山部屋の番付と成績・力士一覧(11日目)

番付 (令元.9)四股名よみ令元.9 場所成績9月場所星取表番付推移 9←7月変動S 9←7月変動枚数 9←7月番付 (令元.7)令元.7 場所成績7月場所星取表番付推移 7←5月変動S 7←5月変動枚数 7←5月番付 (令元.5)令元.5 場所成績番付推移 令元.5←平31.3月変動S 令元.5←平31.3月変動枚数 令元.5←平31.3月番付 (平31.3)平31.3 場所成績番付推移 5←1月変動S 5←1月変動枚数 5←1月番付 (平31.1)平31.1 場所成績番付推移 H31.1←H30.11月変動S H31.1←H30.11月変動枚数 H31.1←H30.11月番付 (平30.11)平30.11 場所成績番付推移 11←9月変動S 11←9月変動枚数 11←9月番付 (平30.9)平30.9 場所成績過去6場所 成績過去6場所 勝率2019年 年間成績2019年 年間勝率最高位出身地部屋一門年齢生年月日大相撲歴本名旧所属旧四股名身長(㎝)体重(㎏)BMI出身高校出身大学初土俵初土俵 年齢新十両新十両 年齢新入幕新入幕 年齢新三役新三役 年齢大関昇進大関昇進 年齢横綱昇進横綱昇進 年齢優勝三賞・金星通算 勝利数通算 敗数通算 休数出場回数通算 勝率(%)

※表は横にスクロールします。また、表示件数を切り替えることで上下のスクロールも可能です。項目をクリックすることで表を並べ替えることが出来ます。
番付表の記号等、補足事項はこちらをどうぞ

スポンサーリンク


二子山部屋の星取表(11日目)

四股名成績番付初日2日3日4日5日6日7日中日9日10日11日12日13日14日千秋楽出身地部屋

スポンサーリンク



二子山部屋の概略

平成25年(2013)3月場所を最後に現役を引退した元大関・雅山は14代二子山を襲名、藤島部屋の部屋付親方となっていました。

平成28年4月からは評議員を務めるために名目上は親方を退任していましたが平成30年3月26日で評議員の任期を全うすると年寄に復帰、これにより以前から準備をして来た独立をすすめて平成30年(2018)4月1日付で藤島部屋より分家独立、二子山部屋を創設しました。

スポンサーリンク

二子山部屋の主な現役力士を紹介

二子山部屋の主な現役力士を初土俵順にご紹介します。

雷雅

高校時代は野球部だった

雷雅 和孝(らいが かずたか)
出身地 :大阪府東大阪市
本 名 :藪岡 和孝
生年月日:平成10年(1998)9月7日(21歳)
所属部屋:藤島部屋⇒二子山部屋
改名歴 :藪岡⇒雷雅⇒藪岡⇒雷雅
初土俵 :平成29年(2017)1月(18歳4ヵ月)

雅清

小学生の頃は野球少年。向の岡工業高校2年次には高校総体団体でベスト8。高校1年の冬に母親を亡くしたことで大相撲入りを決意。高校卒業と共に二子山親方の内弟子として藤島部屋へと入門した

雅清 竜昇(みやびしん たつのり)
出身地 :神奈川県川崎市多摩区
本 名 :田井中 竜昇
生年月日:平成10年(1998)8月10日(21歳)
所属部屋:藤島部屋⇒二子山部屋
改名歴 :田井中⇒雅清
初土俵 :平成29年(2017)3月(18歳7ヵ月)

舞蹴

福井農林高3年次の高校相撲金沢大会で3位に、母はフィリピン出身。同郷の「大先輩」越ノ龍がいた藤島部屋に二子山親方の内弟子として入門。師匠の独立に同行して移籍となった

舞蹴 修樹(まいける しゅうき)
出身地 :福井県福井市
本 名 :林 舞蹴
生年月日:平成10年(1998)7月15日(21歳)
所属部屋:藤島部屋⇒二子山部屋
改名歴 :林⇒舞蹴
初土俵 :平成29年(2017)9月(19歳2ヵ月)

小滝山

小5から地元大田原市のおおたわら修志館で相撲を始めて小6でわんぱく相撲全国大会に出場。中学でも全国都道府県中学生相撲選手権をはじめ数々の大会に出場して実績を残す。二子山親方の内弟子として各界入り

小滝山 健人(こたきやま けんと)
出身地 :栃木県大田原市
本 名 :相馬 健
生年月日:平成15年(2003)1月9日(16歳)
所属部屋:藤島⇒二子山部屋
改名歴 :相馬⇒小滝山
初土俵 :平成30年(2018)3月(15歳2ヵ月)

森田

中学時代は柔道で得意は内股と大腰、90キロ超級で県大会に出場。相撲は小6から中1の時に君津相撲倶楽部で経験あり。二子山親方に誘われたことで入門に

森田 竜司(もりた りゅうじ)
出身地 :千葉県君津市
本 名 :森田 竜司
生年月日:平成14年(2002)5月29日(17歳)
所属部屋:藤島⇒二子山部屋
初土俵 :平成30年(2018)3月(15歳10ヵ月)

颯雅

中学ではテニスの傍ら地元小鹿野町出身の元幕内・剣武の宮本氏に相撲を教わり秩父地区で団体8強入り。二子山親方(元大関・雅山)の弟弟子にあたる宮本氏の紹介によって二子山部屋へと入門

颯雅 真(そうが まこと)
出身地 :埼玉県秩父郡小鹿野町
本 名 :今井 颯真
生年月日:平成15年(2003)2月9日(16歳)
所属部屋:二子山部屋
初土俵 :平成30年(2018)5月(15歳3ヵ月)

狼雅

母親の故郷であるロシアのトゥヴァ共和国で生まれ育った実はロシア人。14歳の頃、ウランバートルに移り住み国籍はモンゴルに。鳥取城北高校に相撲留学で来日、3年次に全国高等学校総合体育大会相撲競技大会の決勝で朝青龍の甥であるスガラグチャー・ビャンバスレン(現・豊昇龍)を破って高校横綱のタイトルを獲得した実力者

狼雅 力(ろうが ちから)
出身地 :モンゴル・ウランバートル市
本 名 :アマルトゥブシン アマルサナー
生年月日:平成11年(1999)3月2日(20歳)
所属部屋:二子山部屋
初土俵 :平成30年(2018)11月(19歳8ヵ月)
優勝等 :序二段優勝1回,序ノ口優勝1回

雅隆

松山市立双葉小学校4年生の頃から相撲を始め、18歳からは棟田武道館で柔道を学び初段の腕前。中学時代には市民劇団に在籍、また保育士の資格を持つなど相撲以外の経験も豊か

雅隆 和基(がりゅう かずき)
出身地 :愛媛県松山市
本 名 :松尾 基隆
生年月日:平成9年(1997)7月22日(22歳)
所属部屋:二子山部屋
改名歴 :松尾⇒雅隆
初土俵 :平成31年(2019)3月(21歳8ヵ月)

出沼

中1から相撲を始めて中学3年の時に全国都道府県中学生選手権大会団体で3位に。向の岡工業高校でも様々な大会で優秀な成績をおさめた。親方に誘われたことで入門を決意

出沼 大樹(でぬま たいき)
出身地 :神奈川県川崎市川崎区
本 名 :出沼 大樹
生年月日:平成13年(2001)2月7日(18歳)
所属部屋:二子山部屋
初土俵 :平成31年(2019)3月(18歳1ヵ月)

二子山親方の経歴

14代・二子山 雅高
平成30年(2018)4月1日~
小学生の頃から水戸尾曽相撲道場に通い武双山(現・藤島親方)の父に相撲の指導を受ける。明治大学を中退して幕下最下位格付出で初土俵を踏むと幕下2場所、十両2場所の4場所連続優勝で一気に入幕。その後も勢いは止まらず所要12場所で大関へと昇進。これは戦後最速の大関で「平成の新怪物」と呼ばれたことも。その後は足の怪我などもあり8場所で大関から陥落。一時は十両にまで落ちたこともあったがそこから三役復帰を果たした元大関は、雅山が大相撲史上初。引退後は藤島部屋の部屋付親方を経て平成30年4月に二子山部屋を創設

雅山 哲士(みやびやま てつし)
最高位 :大関
年寄名跡:14代二子山
出身地 :茨城県水戸市
本 名 :竹内 雅人
生年月日:昭和52年(1977)7月28日(42歳)
出身大学:明治大学(中退)
所属部屋:武蔵川⇒藤島部屋
改名歴 :竹内⇒雅山
初土俵 :平成10年(1998)7月・幕下60付出(21歳0ヵ月)
新十両 :平成10年(1998)11月(21歳4ヵ月)
新入幕 :平成11年(1999)3月(21歳8ヵ月)
新三役 :平成12年(2000)1月(22歳6ヵ月)
新大関 :平成12年(2000)7月(23歳0ヵ月)
最終場所:平成25年(2013)3月(35歳8ヵ月)
生涯戦歴:654勝582敗68休/1233出場(88場所)
生涯勝率:52.9%
優勝等 :幕内同点1・次点3回,十両優勝2回,幕下優勝2回
成 績 :殊勲賞2回,敢闘賞5回,技能賞1回,金星2個
幕内戦歴:599勝563敗68休(82場所)勝率:51.5%
  大関:57勝58敗5休(8場所)勝率:49.6%
  関脇:104勝76敗30休(14場所)勝率:57.8%
  小結:41勝49敗(6場所)勝率:45.6%
  前頭:397勝380敗33休(54場所)勝率:51.1%
十両戦歴:41勝19敗(4場所)勝率:68.3%

他の部屋の成績も見てみたい方は目次ページより選んでください。

こちらの部屋別番付と同様の情報が詰まった情報盛り沢山な最新番付表もご用意しています。先場所だけではなく、過去6場所分の成績が通算成績とともに一気に確認できます。さらに新十両や入幕などの昇進はいつだったのか?出身校や身長体重BMI等々…より詳細な情報も併せて載せていますので是非ご覧下さい。

相撲の一門について知りたい方はこちらの記事がおすすめです。
大相撲の「一門」とは?その成り立ちと役割 オススメ!

地方巡業日程はこちら

力士や親方、裏方さんたちと間近で触れ合うチャンスは地方巡業です!巡業日程や詳細をご紹介しています。

現役力士褒賞金一覧と関取の推定年収はこちら

現役力士の力士褒賞金、通称「給金」を独自計算により一覧でご紹介さらに関取の推定年収も一覧表にしてまとめました。

現役力士の力士褒賞金と推定年収一覧! オススメ!

コメントはお気軽にどうぞ

ユーザー様の視聴環境

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。