高知県出身力士の番付と場所成績に基礎情報を網羅した現役力士一覧

高知県出身力士の番付と成績、そして基礎情報をまとめてご紹介します。

この番付表では最新場所である令和2年5月場所(夏場所)の番付だけではなく、先場所からどれだけ番付が上がったのかを成績と共に比べて確認できます。

表の内容はボタンによって切り替えることが出来ます。力士の詳細なデータが盛りだくさんですよ!さらに表の下には出身力士の勝敗数をまとめて集計していますので「出身地全体の力」も確認できます。

場所中には日々更新していきますので、観戦のお供にどうぞご活用ください。

また、日々の対戦相手と勝敗が一目で分かる星取表もあわせてご覧ください。

他の出身地の番付と成績も見てみたい方は部屋目次より選んでください。相撲部屋毎の番付・成績もご用意しています。

相撲部屋や出身地ごとの場所の成績からランキングを作成しております。初場所、好調な相撲部屋や力士の出身地はどこ?


この他にも高知出身の過去から現在までの主な関取たちををまとめた記事もありますので併せてご覧ください。

スポンサーリンク



高知県出身力士の番付と成績・力士一覧

番付 (令2.5) 四股名 よみ 令2.5 場所成績 令2.5月場所星取表 番付推移 5←3月 変動S 5←3月 変動枚数 5←3月 番付 (令2.3) 令2.3 場所成績 令2.3月場所星取表 番付推移 3←1月 変動S 3←1月 変動枚数 3←1月 番付 (令2.1) 令2.1 場所成績 番付推移 1←11月 変動S 1←11月 変動枚数 1←11月 番付 (令元.11) 令元.11 場所成績 番付推移 11←9月 変動S 11←9月 変動枚数 11←9月 番付 (令元.9月) 令元.9月 場所成績 番付推移 9←7月 変動S 9←7月 変動枚数 9←7月 番付 (令元.7) 令元.7 場所成績 番付推移 7←5月 変動S 7←5月 変動枚数 7←5月 番付 (令元.5) 令元.5 場所成績 過去6場所 成績 過去6場所 勝率 2020年 年間成績 2020年 年間勝率 最高位 出身地 部屋 一門 年齢 生年月日 大相撲歴 本名 旧所属 旧四股名 身長(㎝) 体重(㎏) BMI 出身高校 出身大学 初土俵 初土俵 年齢 新十両 新十両 年齢 新入幕 新入幕 年齢 新三役 新三役 年齢 大関昇進 大関昇進 年齢 横綱昇進 横綱昇進 年齢 優勝 三賞・金星 通算 勝利数 通算 敗数 通算 休数 出場回数 通算 勝率(%) 出身エリア

※表は横にスクロールします。また、表示件数を切り替えることで上下のスクロールも可能です。項目をクリックすることで表を並べ替えることが出来ます。
番付表の記号等、補足事項はこちらをどうぞ


スポンサーリンク


高知県出身力士の星取表

四股名 成績 番付 初日 2日 3日 4日 5日 6日 7日 中日 9日 10日 11日 12日 13日 14日 千秋楽 出身地 部屋

スポンサーリンク


高知出身の主な現役力士を紹介

高知県出身の主な現役力士を初土俵順でご紹介します。

朝乃土佐

元関脇・朝赤龍とは明徳義塾高の同期で高砂部屋入門も同じ平成12年1月。歌のうまさには定評がある

朝乃土佐 翔(あさのとさ しょう)

出身地 :高知県土佐市

本 名 :久保 翔

生年月日:昭和56年(1981)11月10日(38歳)

所属部屋:若松⇒高砂部屋

改名歴 :朝ノ土佐⇒朝乃土佐

初土俵 :平成12年(2000)1月(18歳2ヵ月)

優勝等 :幕下同点1回

豊ノ島 大樹

高知県宿毛市出身、時津風部屋の元力士で最高位は関脇。中学3年次に全国都道府県中学生相撲選手権大会で個人・団体優勝、この頃から菊次(琴奨菊)とはライバルであり親友。

第二新弟子検査合格者として初の関取であり三役。平成28年(2016)初場所では琴奨菊と千秋楽まで優勝を争った。しかし7月場所前の稽古中に左足アキレス腱を断裂、2場所休場により幕下にまで陥落。

そこから長い道のりとなったが西幕下筆頭だった平成30年(2018)9月場所で勝ち越しを決めて2年(13場所)ぶりとなる関取復帰を決めた。さらに西十両5枚目で迎えた平成31年(2018)1月場所で10勝5敗の好成績をあげ、翌3月場所には念願の再入幕を果たす。実に16場所ぶりの幕内復帰となった。

しかし、その後通算3場所務めた幕内では一度も勝ち越せず、十両でも1度の勝ち越しのみと思うような成績をあげることが出来ずに令和2年(2020)1月場所の負け越しで幕下陥落となった。

無観客場所となった3月場所も2勝5敗と負け越した豊ノ島は、令和2年4月17日付で現役引退を発表、年寄・井筒を襲名することとなった。

15代・井筒 大樹(時津風部屋)

豊ノ島 大樹(とよのしま だいき)

最高位 :関脇

年寄名跡:15代井筒

出身地 :高知県宿毛市

本 名 :梶原 大樹

生年月日:昭和58年(1983)6月29日(36歳)

所属部屋:時津風部屋

改名歴 :梶原⇒豊ノ島

初土俵 :平成14年(2002)1月(18歳7ヵ月)

新十両 :平成16年(2004)5月(20歳11ヵ月)

新入幕 :平成16年(2004)9月(21歳3ヵ月)

新三役 :平成19年(2007)5月(23歳11ヵ月)

最終場所:令和2年(2020)5月(36歳11ヵ月)

生涯戦歴:703勝641敗68休/1337出場(110場所)

生涯勝率:52.3%

優勝等 :幕内同点1・次点4回,十両優勝2回,三段目同点1回,序二段優勝1回,序ノ口優勝1回

成 績 :殊勲賞3回,敢闘賞3回,技能賞4回,金星4個

幕内戦歴:493勝524敗48休(71場所)勝率:48.5%

  関脇:27勝48敗(5場所)勝率:36.0%

  小結:48勝65敗7休(8場所)勝率:42.5%

  前頭:418勝411敗41休(58場所)勝率:50.4%

十両戦歴:97勝53敗15休(11場所)勝率:64.7%

南海力

高知県高知市出身、木瀬部屋。入門は10代・三保ヶ関(元大関・増位山)の三保ヶ関部屋だったが、平成25年(2013)9月場所を最後に部屋が閉鎖となり木瀬部屋所属となった。

平成21年(2009)7月場所と平成27年(2015)9月場所の2度、8人による幕下優勝決定巴戦に進出したが惜しくも初戦で敗れた経験が。

右膝の手術のため平成31年(2019)1月場所から4場所連続休場となり一時は番付を序ノ口にまで落とした。捻りや足技も得意な業師。野球観戦と競馬が好き。

南海力 篤史(なんかいりき あつし)

出身地 :高知県高知市

本 名 :大田 篤史⇒中村 篤史

生年月日:昭和62年(1987)10月16日(32歳)

所属部屋:三保ヶ関⇒木瀬⇒北の湖⇒木瀬部屋

改名歴 :大田⇒龍河洞⇒南海力

初土俵 :平成15年(2003)3月(15歳5ヵ月)

優勝等 :幕下同点2回

朝乃丈

安芸中学相撲部では栃煌山と同期。四股名を読み解くと「あしたのジョー」と「丹下段平」が…

朝乃丈 段平(あさのじょう だんぺい)

出身地 :高知県安芸市

本 名 :久保 優

生年月日:昭和61年(1986)9月3日(33歳)

所属部屋:高砂部屋

改名歴 :朝久保⇒朝乃丈

初土俵 :平成16年(2004)1月(17歳4ヵ月)

栃煌山 雄一郎

高知の安芸中学3年次に全国中学生選手権大会にて団体優勝、さらに個人優勝もあげ中学横綱のタイトルを獲得。明徳義塾高では世界ジュニア重量級などのタイトルも獲得した。少年時代から豪栄道とはライバル関係にあり初土俵も同じ。所要9場所で十両に昇進、14場所目には新入幕を果たしたスピード出世

栃煌山 雄一郎(とちおうざん ゆういちろう)

最高位 :関脇

出身地 :高知県安芸市

本 名 :影山 雄一郎

生年月日:昭和62年(1987)3月9日(33歳)

所属部屋:春日野部屋

改名歴 :影山⇒栃煌山

初土俵 :平成17年(2005)1月(17歳10ヵ月)

新十両 :平成18年(2006)9月(19歳6ヵ月)

新入幕 :平成19年(2007)3月(20歳0ヵ月)

新三役 :平成21年(2009)5月(22歳2ヵ月)

優勝等 :三段目優勝1回

成 績 :殊勲賞2回,敢闘賞2回,技能賞2回,金星6個

豊清水

幼少時から相撲を始めた4人兄弟の長男。地元土佐清水市の劇団清水出身で宿毛高時代には全国大会団体ベスト8入り

豊清水 太暉(とよしみず たいき)

出身地 :高知県土佐清水市

本 名 :宮崎 太暉

生年月日:平成9年(1997)2月25日(23歳)

所属部屋:時津風部屋

改名歴 :宮崎⇒豊清水

初土俵 :平成27年(2015)5月(18歳3ヵ月)

千代の海 明太郎

高知県宿毛高校出身。日本体育大学4年次の全国学生相撲選手権大会では副主将として団体優勝に貢献した。平成27年5月に初土俵。序ノ口での全勝優勝を皮切りに序二段、三段目と優勝を重ねて6場所目には幕下上位まで駆け上がったが右肘の手術により3場所連続休場。いちどは番付を下げたが復帰後は順調に番付をあげて平成30年7月場所で新十両。四股名の「海」は、憧れの力士で母親も大ファンだった千代大海から一字を頂いた

千代の海 明太郎(ちよのうみ めいたろう)

最高位 :十両8枚目

出身地 :高知県幡多郡黒潮町

本 名 :濱町 明太郎

生年月日:平成5年(1993)1月11日(27歳)

出身大学:日本体育大学

所属部屋:九重部屋

改名歴 :濱町⇒千代の海

初土俵 :平成27年(2015)5月(22歳4ヵ月)

新十両 :平成30年(2018)7月(25歳6ヵ月)

優勝等 :三段目優勝1回,序二段優勝1回,序ノ口優勝1回

土佐緑

埼玉栄高ではキャプテンも務め、関東大会では3位の実績を残す。初土俵から順調に番付をあげたが右肩の手術とリハビリで4場所全休で番付外へと陥落。さらに復帰から3場所で今度は左肩の脱臼により再び番付外へ。怪我に悩まされたが平成30年9月の序ノ口復活場所を全勝優勝で飾った

土佐緑 清太(とさみどり きよた)

出身地 :高知県高知市

本 名 :光内 洸太

生年月日:平成8年(1996)5月11日(24歳)

所属部屋:阿武松部屋

改名歴 :光内⇒土佐緑

初土俵 :平成27年(2015)7月(19歳2ヵ月)

優勝等 :序二段優勝1回,序ノ口優勝1回

元亀

埼玉栄高では国体と全日本ジュニア選手権で優勝。明大では全国学生個人体重別選手権の無差別級で3位入賞

元亀 進之介(げんき しんのすけ)

出身地 :高知県土佐清水市

本 名 :武政 進之介

生年月日:平成5年(1993)10月22日(26歳)

出身大学:明治大学

所属部屋:阿武松部屋

改名歴 :武政⇒元亀

初土俵 :平成28年(2016)3月(22歳5ヵ月)

優勝等 :三段目優勝1回

土佐栄山

平成26年(2014)の全国都道府県中学生相撲選手権大会軽量級で準優勝

土佐栄山 泰成(とさえいざん たいせい)

出身地 :埼玉県さいたま市西区 ⇒ 高知県高知市

本 名 :光宗 泰成

生年月日:平成11年(1999)8月20日(20歳)

所属部屋:阿武松部屋

改名歴 :光宗⇒土佐栄山

初土俵 :平成29年(2017)11月(18歳3ヵ月)

若金子

高知県高知市出身、西岩部屋。父親は二子山~藤島部屋の元幕下力士だった安芸の富士。南海中学2年の頃から学校のクラブで相撲を始めた光内は、父のように力士になりたいと自らの意思で入門を決めた。四股名は母親の旧姓である「金子」から。

若金子 響(わかかねこ ひびき)

出身地 :高知県高知市

本 名 :光内 響

生年月日:平成16年(2004)9月15日(15歳)

所属部屋:西岩部屋

初土俵 :令和2年(2020)3月(15歳6ヵ月)

過去から現在までの高知出身力士はこちら

ここまでは高知出身の現役力士の番付や成績を中心にご紹介してきましたが、過去から現在までの高知県の大相撲力士をまとめた記事もご用意しています。興味を持たれた方はどうぞ。



大相撲観戦におすすめの1冊をご紹介。全力士や親方はもちろん、行司さんや呼出さんなどの裏方の方々もすべて顔写真付きで載っている、まさに観戦のお供といえる大相撲力士名鑑です。



出身地別、力士別、初土俵別など様々な方法で力士データをまとめています。

おすすめの記事をご紹介

ここからは当サイトのおすすめ記事をご紹介します。

相撲に携わる方々

ネットでの大相撲観戦といえばAbemaTV!「AbemaTV」での視聴方法について解説しています。序ノ口から結びの一番まで完全無料生中継!ぜひ確認してみてください。

地方巡業日程はこちら

力士や親方、裏方さんたちと間近で触れ合うチャンスは地方巡業です!巡業日程や詳細をご紹介しています。

カテゴリー : 四国地方

公開日:2018-01-11
投稿者:レイ

コメントはお気軽にどうぞ

※当サイトは個人が運営するサイトであり、日本相撲協会及び、各相撲部屋とは関連がないことをご了承ください。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。※当サイトは個人が運営するサイトです。