大嶽部屋力士の番付と場所成績に基礎情報を網羅した現役力士一覧

大嶽(おおたけ)部屋の現役力士の番付と成績、そして基礎情報をまとめてご紹介します。

この番付表では最新場所である令和2年5月場所(夏場所)の番付だけではなく、先場所からどれだけ番付が上がったのかを成績と共に比べて確認できます。

表の内容はボタンによって切り替えることが出来ます。力士の詳細なデータが盛りだくさんですよ!さらに表の下には所属力士の勝敗数をまとめて集計していますので「部屋としての全体の力」も確認できます。

場所中には日々更新していきますので、観戦のお供にどうぞご活用ください。

また、日々の対戦相手と勝敗が一目で分かる星取表もあわせてご覧ください。

他の部屋の番付と成績も見てみたい方は部屋目次より選んでください。出身地毎の番付・成績もご用意しています。

相撲部屋や出身地ごとの場所の成績からランキングを作成しております。初場所、好調な相撲部屋や力士の出身地はどこ?


番付から作成した格付けランキングもありますよ。

この他にも大嶽部屋と、その前身である大鵬部屋の過去から現在までの主な関取たちををまとめた記事もありますので併せてご覧ください。

大嶽部屋の基本情報 一門 :二所ノ関一門⇒貴乃花一門⇒阿武松グループ⇒二所ノ関一門
創設 :昭和46年(1971)12月22日(大鵬部屋)
創設者:一代年寄・大鵬 幸喜(第48代横綱・大鵬)
改称 :平成16年(2004)1月1日(大嶽部屋)
改称者:16代・大嶽 忠茂(元関脇・貴闘力)
現師匠:17代・大嶽 忠博(元十両4枚目・大竜)
所在地:東京都江東区清澄2-8-3
スポンサーリンク



大嶽部屋の番付と成績・力士一覧

番付 (令2.5) 四股名 よみ 令2.5 場所成績 令2.5月場所星取表 番付推移 5←3月 変動S 5←3月 変動枚数 5←3月 番付 (令2.3) 令2.3 場所成績 令2.3月場所星取表 番付推移 3←1月 変動S 3←1月 変動枚数 3←1月 番付 (令2.1) 令2.1 場所成績 番付推移 1←11月 変動S 1←11月 変動枚数 1←11月 番付 (令元.11) 令元.11 場所成績 番付推移 11←9月 変動S 11←9月 変動枚数 11←9月 番付 (令元.9月) 令元.9月 場所成績 番付推移 9←7月 変動S 9←7月 変動枚数 9←7月 番付 (令元.7) 令元.7 場所成績 番付推移 7←5月 変動S 7←5月 変動枚数 7←5月 番付 (令元.5) 令元.5 場所成績 過去6場所 成績 過去6場所 勝率 2020年 年間成績 2020年 年間勝率 最高位 出身地 部屋 一門 年齢 生年月日 大相撲歴 本名 旧所属 旧四股名 身長(㎝) 体重(㎏) BMI 出身高校 出身大学 初土俵 初土俵 年齢 新十両 新十両 年齢 新入幕 新入幕 年齢 新三役 新三役 年齢 大関昇進 大関昇進 年齢 横綱昇進 横綱昇進 年齢 優勝 三賞・金星 通算 勝利数 通算 敗数 通算 休数 出場回数 通算 勝率(%)

※表は横にスクロールします。また、表示件数を切り替えることで上下のスクロールも可能です。項目をクリックすることで表を並べ替えることが出来ます。
番付表の記号等、補足事項はこちらをどうぞ


スポンサーリンク


大嶽部屋の星取表

四股名 成績 番付 初日 2日 3日 4日 5日 6日 7日 中日 9日 10日 11日 12日 13日 14日 千秋楽 出身地 部屋

スポンサーリンク


大嶽部屋の主な現役力士を紹介

大嶽部屋の主な現役力士を初土俵順にご紹介します。

闘鵬

相撲教習所の現役教官を長く務めている

闘鵬 聡志(とうほう そうし)

出身地 :兵庫県尼崎市

本 名 :甘利 聡司

生年月日:昭和55年(1980)8月27日(39歳)

所属部屋:大鵬⇒大嶽部屋

改名歴 :甘利⇒闘鵬⇒鬪鵬⇒闘鵬

初土俵 :平成8年(1996)3月(15歳7ヵ月)

優勝等 :序二段優勝1回

森麗

新出世から38場所連続負け越しは昭和以降のワースト記録。四股名は、デビューからの連敗で人気となった競走馬の「ハルウララ」にあやかったもの

森麗 勇樹(もりうらら ゆうき)

出身地 :千葉県千葉市若葉区

本 名 :森川 勇樹

生年月日:昭和62年(1987)6月16日(32歳)

所属部屋:大鵬⇒大嶽部屋

改名歴 :森川⇒森麗⇒勇竜⇒森麗

初土俵 :平成15年(2003)5月(15歳11ヵ月)

玄界鵬

故郷の九州、玄界灘に因んだ四股名

玄界鵬 龍憲(げんかいほう たつのり)

出身地 :福岡県北九州市八幡西区

本 名 :福田 龍憲

生年月日:昭和63年(1988)4月15日(32歳)

所属部屋:大嶽部屋

改名歴 :福田⇒玄海鵬⇒福田山⇒玄海鵬⇒玄界鵬

初土俵 :平成16年(2004)3月(15歳11ヵ月)

電山

旧四股名の「右肩上」は先代の親方(元関脇・貴闘力)が命名

電山 博保(でんざん ひろやす)

出身地 :山口県宇部市

本 名 :吉野 博保

生年月日:昭和63年(1988)6月8日(31歳)

所属部屋:大嶽部屋

改名歴 :吉野⇒右肩上り⇒右肩上⇒吉野⇒電山

初土俵 :平成16年(2004)3月(15歳9ヵ月)

銀星山

中学ではスピードスケートの選手として活躍。小柄だが第2新弟子検査で合格。銀盤から土俵へと舞台を移して上を目指す

銀星山 峰大(ぎんせいざん たかひろ)

出身地 :長野県諏訪市

本 名 :茅野 峰大

生年月日:平成5年(1993)4月6日(27歳)

所属部屋:大嶽部屋

改名歴 :茅野⇒銀星山

初土俵 :平成24年(2012)3月(18歳11ヵ月)

露草

父はポーランド人で少年期はポーランドで過ごす。イケメン力士で実力も充分備わっている

露草 和樹(つゆくさ かずき)

出身地 :神奈川県相模原市中央区

本 名 :露草 和樹

生年月日:平成6年(1994)12月6日(25歳)

所属部屋:大嶽部屋

初土俵 :平成28年(2016)9月(21歳9ヵ月)

優勝等 :三段目同点1回,序二段同点1回

納谷

大横綱・大鵬の孫で貴闘力の三男!埼玉栄高で鍛えた相撲力は国体相撲(少年男子)での個人と団体優勝で折り紙つき

納谷 幸之介(なや こうのすけ)

出身地 :東京都江東区

本 名 :納谷 幸之介

生年月日:平成12年(2000)2月14日(20歳)

所属部屋:大嶽部屋

初土俵 :平成30年(2018)1月(17歳11ヵ月)

優勝等 :序ノ口優勝1回

「大鵬の孫」納谷幸之介

相撲に関心を持ち始めると、あちこちで名を耳にするであろう「昭和の大横綱」大鵬

昭和36年(1961)9月場所後にライバル柏戸と共に横綱に推挙され、ふたりで「柏鵬(はくほう)時代」という相撲の黄金時代を築きましたが、この第48代横綱の孫が納谷(なや)幸之介なのです。

元関脇・貴闘力が父

「大鵬の孫」であることが注目されている納谷ですが、実は元関脇・貴闘力の息子(三男)でもあります。貴闘力といえば「若貴兄弟」の兄弟子であり藤島・二子山部屋の黄金時代をともに築いた激しい相撲が魅力な敢闘賞10回の猛者。

大鵬の三女と結婚した貴闘力は、息子から「偉大なおじいちゃん」の大鵬と自分の成績とを比べられて困っていたそうですが、平成12年(2000)3月場所で幕尻での初優勝を決めると「どうだ、父ちゃんだって強いんだぞ!」とようやく言えるぞと喜んだそうです。

野球賭博問題への関与によって貴闘力(当時、大嶽親方)は解雇処分を受けてしまい納谷の母とは離婚、そして大鵬との養子縁組も解消されて、平成25年の大鵬の葬儀への出席も許されなかったそうですが、相撲への熱い想いは離れ離れになった息子へと注がれていました。

祖父と父が親方だった大嶽部屋への入門

祖父が大鵬部屋として創設し、父が大嶽部屋と名を改めて継承した部屋を選んだ納谷には「大相撲の血」が脈々と流れています。

さらに「相撲の名門校」埼玉栄高校で鍛え上げた力は本物で、序ノ口では全勝優勝を飾りました。朝青龍の甥である豊勝龍とのライバル関係も楽しみな納谷の今後に期待です。そして四股名はいつ、どんな名前になるのかも楽しみですね。

夢道鵬

東京都江東区出身、大嶽部屋。5歳の頃から江東青龍館で相撲を始める。中央区立有馬小6年次に全日本小学生相撲優勝大会に出場した。中学はさいたま市立大宮西中学に通い、中3次に全国都道府県中学生相撲選手権に出場、全国中学校相撲選手権大会では団体でベスト8、個人ではベスト32の成績をあげた。

高校は「相撲の名門」埼玉栄高校に進学、稽古に励み高3次に高校総体個人でベスト32入り。納谷4兄弟の末っ子で3男の納谷幸之介に続いて大嶽部屋の門を叩いた。祖父は大横綱・大鵬。

夢道鵬 幸成(むどうほう こうせい)

出身地 :東京都江東区

本 名 :納谷 幸成

生年月日:平成13年(2001)9月18日(18歳)

所属部屋:大嶽部屋

初土俵 :令和元年(2019)11月(18歳2ヵ月)

鵬山

東京都江東区出身、大嶽部屋。中央区立有馬小学3年の頃から江東青龍館に通って相撲を始める。さいたま市立大宮西中を経て埼玉栄高校へと進学、3年次には高校総体団体優勝に貢献した。その後、中央大学へと進学し団体戦などで活躍した。祖父は横綱大鵬で父は元関脇・貴闘力。納谷4兄弟の次男。

鵬山 幸林(ほうざん たかもり)

出身地 :東京都江東区

本 名 :納谷 幸林

生年月日:平成10年(1998)1月10日(22歳)

出身大学:中央大学

所属部屋:大嶽部屋

初土俵 :令和2年(2020)3月(22歳2ヵ月)

虎徹

三重県津市出身、大嶽部屋。津市立誠之小学3年の頃から久居柔道教室で始めた柔道は二段の腕前。高校の時には県大会では2位になり東海大会に出場した。相撲経験はなかったが大嶽親方(元十両・大竜)に誘われたことで入門を決意した。四股名は江戸時代の刀工として有名な「虎徹」が由来で、父親が名付けてくれた。

虎徹 亮我(こてつ りょうが)

出身地 :三重県津市

本 名 :山本 亮我

生年月日:平成13年(2001)8月10日(18歳)

所属部屋:大嶽部屋

初土俵 :令和2年(2020)3月(18歳7ヵ月)

須崎

岐阜県関市出身、大嶽部屋。関市立安桜小学1年の頃から岐阜木曜クラブで相撲を始めて小5で全日本小学生優勝大会2回戦進出、小6でわんぱく相撲全国大会に出場。緑ケ丘中学時代にも全国中学校相撲選手権大会や全国都道府県中学生相撲選手権に出場するなど実績を積んだ。小さな頃から力士になると誓っていた須崎(入門時は掛野)は、中学卒業と共に日頃からお世話になっていた大嶽部屋の門を叩いた。

須崎 聖也(すざき せいや)

出身地 :岐阜県関市

本 名 :掛野 聖也

生年月日:平成16年(2004)4月2日(16歳)

所属部屋:大嶽部屋

改名歴 :掛野⇒須崎

初土俵 :令和2年(2020)3月(15歳11ヵ月)

大嶽親方の経歴

最高位は十両ながら年寄名跡を取得、熱心な指導と事務能力の高さで協会内での評価が高い。先代の解雇処分にともない部屋を継承した

17代・大嶽 忠博

大竜 忠博(だいりゅう ただひろ)

最高位 :十両4枚目

年寄名跡:15代大嶽⇒16代佐ノ山⇒19代山響⇒12代二子山⇒17代大嶽

出身地 :大阪府大阪市西成区

本 名 :永本 忠博⇒佐藤 忠博

生年月日:昭和35年(1960)9月30日

所属部屋:大鵬部屋

改名歴 :永本⇒大竜

初土俵 :昭和51年(1976)5月(15歳8ヵ月)

新十両 :昭和63年(1988)3月(27歳6ヵ月)

最終場所:平成9年(1997)7月(36歳10ヵ月)

生涯戦歴:553勝508敗28休/1059出場(128場所)

生涯勝率:52.1%

優勝等 :幕下同点1回,三段目同点1回

十両戦歴:173勝195敗7休(25場所)勝率:47.0%

過去から現在までの大嶽部屋力士はこちら

ここまでは大嶽部屋の現役力士と親方などをご紹介してきましたが、この大嶽部屋の過去から現在までの所属力士をまとめた記事もご用意しています。興味を持たれた方はどうぞ。



大相撲観戦におすすめの1冊をご紹介。全力士や親方はもちろん、行司さんや呼出さんなどの裏方の方々もすべて顔写真付きで載っている、まさに観戦のお供といえる大相撲力士名鑑です。



出身地別、力士別、初土俵別など様々な方法で力士データをまとめています。

おすすめの記事をご紹介

ここからは当サイトのおすすめ記事をご紹介します。

相撲に携わる方々

ネットでの大相撲観戦といえばAbemaTV!「AbemaTV」での視聴方法について解説しています。序ノ口から結びの一番まで完全無料生中継!ぜひ確認してみてください。

地方巡業日程はこちら

力士や親方、裏方さんたちと間近で触れ合うチャンスは地方巡業です!巡業日程や詳細をご紹介しています。

コメントはお気軽にどうぞ

※当サイトは個人が運営するサイトであり、日本相撲協会及び、各相撲部屋とは関連がないことをご了承ください。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。※当サイトは個人が運営するサイトです。