石川県出身力士の番付と場所成績に基礎情報を網羅した現役力士一覧

石川県出身力士の番付と成績、そして基礎情報をまとめてご紹介します。

この番付表では最新場所である令和2年7月場所の番付だけではなく、先場所からどれだけ番付が上がったのかを成績と共に比べて確認できます。

表の内容はボタンによって切り替えることが出来ます。力士の詳細なデータが盛りだくさんですよ!さらに表の下には出身力士の勝敗数をまとめて集計していますので「出身地全体の力」も確認できます。

場所中には日々更新していきますので、観戦のお供にどうぞご活用ください。

また、日々の対戦相手と勝敗が一目で分かる星取表もあわせてご覧ください。

他の出身地の番付と成績も見てみたい方は部屋目次より選んでください。相撲部屋毎の番付・成績もご用意しています。

この他にも石川出身の過去から現在までの主な関取たちををまとめた記事もありますので併せてご覧ください。



石川県出身力士の番付と成績・力士一覧(千秋楽)

番付 (令2.7) 四股名 よみ 令2.7 場所成績 令2.7月場所星取表 番付推移 7←5月 変動S 7←5月 変動枚数 7←5月 番付 (令2.5) 令2.5 場所成績 令2.5月場所星取表 番付推移 5←3月 変動S 5←3月 変動枚数 5←3月 番付 (令2.3) 令2.3 場所成績 番付推移 3←1月 変動S 3←1月 変動枚数 3←1月 番付 (令2.1) 令2.1 場所成績 番付推移 1←11月 変動S 1←11月 変動枚数 1←11月 番付 (令元.11) 令元.11 場所成績 番付推移 11←9月 変動S 11←9月 変動枚数 11←9月 番付 (令元.9月) 令元.9月 場所成績 番付推移 9←7月 変動S 9←7月 変動枚数 9←7月 番付 (令元.7) 令元.7 場所成績 過去6場所 成績 過去6場所 勝率 2020年 年間成績 2020年 年間勝率 最高位 出身地 部屋 一門 年齢 生年月日 大相撲歴 本名 旧所属 旧四股名 身長(㎝) 体重(㎏) BMI 出身高校 出身大学 初土俵 初土俵 年齢 新十両 新十両 年齢 新入幕 新入幕 年齢 新三役 新三役 年齢 大関昇進 大関昇進 年齢 横綱昇進 横綱昇進 年齢 優勝 三賞・金星 通算 勝利数 通算 敗数 通算 休数 出場回数 通算 勝率(%) 出身エリア

※表は横にスクロールします。また、表示件数を切り替えることで上下のスクロールも可能です。項目をクリックすることで表を並べ替えることが出来ます。
番付表の記号等、補足事項はこちらをどうぞ



石川県出身力士の星取表(千秋楽)


四股名 成績 番付 初日 2日 3日 4日 5日 6日 7日 中日 9日 10日 11日 12日 13日 14日 千秋楽 出身地 部屋

石川出身の現役力士

石川県出身の現役力士を初土俵順にプロフィール付きでご紹介します。

宝龍山

宝龍山 靖幸(ほうりゅうやま やすゆき)は石川県 珠洲市出身、玉ノ井部屋の力士で最高位は幕下筆頭。令和2年7月場所の番付は西 幕下44枚目。

若山小学1年の頃から相撲を始めて小6で全日本小学生相撲優勝大会3位に。金沢市立工業高校では金沢大会団体優勝をはじめ、数々の大会で活躍した。

大学は東洋大学に進学、3年次に東二本体重別135㎏以上級で優勝。4年次に東日本学生選手権団体準優勝、全国学生相撲選手権団体準優勝、全国大学選抜大会高知大会団体優勝などに貢献した。四股名は自ら考えたもの。

四股名
宝龍山 靖幸(ほうりゅうやま やすゆき)
最高位
幕下筆頭
最新番付
西 幕下44枚目
出身地
石川県 珠洲市
本名
坂口 靖幸
生年月日
昭和61年(1986)8月24日(33歳)
出身高校
金沢市立工業高校
出身大学
東洋大学
所属部屋
玉ノ井部屋
改名歴
坂口⇒宝龍山
初土俵
平成21年(2009)3月(22才7ヵ月)
通算成績
244勝201敗17休/444出場(勝率:54.8%)
過去6場所
20勝22敗
令2年7月
西 幕下44枚目(15枚降下)
3勝4敗
-○●--|○○--●|●--●-
令2年3月
西 幕下29枚目(9枚半上昇)
2勝5敗
●-○--|●●-○-|●---●
令2年1月
東 幕下39枚目(10枚上昇)
4勝3敗
-●○-○|-●-○-|-●-○-
令元年11月
東 幕下49枚目(9枚半上昇)
4勝3敗
●-○-●|--○-○|●-○--
令元年9月
西 幕下58枚目(11枚半降下)
4勝3敗
●--●●|-○-○-|-○○--
令元年7月
東 幕下47枚目(10枚半降下)
3勝4敗
-○○--|○●-●-|-●●--
令元年5月
西 幕下36枚目(7枚上昇)
3勝4敗
●--○○|--●-●|●---○

栃登

栃登 稔(とちのぼり みのる)は石川県 鳳珠郡能登町出身、春日野部屋の力士で最高位は幕下12枚目。令和2年7月場所の番付は西 幕下36枚目。

四股名
栃登 稔(とちのぼり みのる)
最高位
幕下12枚目
最新番付
西 幕下36枚目
出身地
石川県 鳳珠郡能登町
本名
木谷 稔
生年月日
平成5年(1993)9月1日(26歳)
所属部屋
春日野部屋
改名歴
木谷⇒栃登
初土俵
平成21年(2009)3月(15才6ヵ月)
通算成績
238勝219敗5休/456出場(勝率:52.1%)
過去6場所
21勝21敗
令2年7月
西 幕下36枚目(20枚半上昇)
4勝3敗
-○-●-|●-○●-|○--○-
令2年3月
東 幕下57枚目(11枚上昇)
5勝2敗
●--○○|-○--○|-●--○
令2年1月
東 三段目8枚目(30枚降下)
4勝3敗
-○-●-|○○--●|●-○--
令元年11月
東 幕下38枚目(8枚半降下)
1勝6敗
-●●-●|--●○-|-●--●
令元年9月
西 幕下29枚目(5枚降下)
3勝4敗
-●○--|○●--○|●-●--
令元年7月
西 幕下24枚目(13枚半上昇)
3勝4敗
-●●--|○-●-○|-○-●-
令元年5月
東 幕下38枚目(14枚降下)
5勝2敗
-○○--|●-○-□|-○-●-

輝 大士

輝 大士(かがやき たいし)は石川県 七尾市出身、高田川部屋の力士で最高位は前頭4枚目。令和2年7月場所の番付は最高位に並ぶ東 前頭4枚目。

小1の頃から七尾市スポーツ少年団で相撲を始める。西南中学3年次に全国都道府県中学生選手権の団体と個人で優勝を飾った。このとき団体戦で共に戦った中村は現在、宮城野部屋に在籍する炎鵬。中学卒業と共に高田川部屋へと入門。

初土俵から9場所目には早くも幕下の土俵に立ったが、そこから十両昇進までは約3年の足踏みとなった。十両昇進と共に改めた四股名の「輝」は北陸新幹線の「かがやき」から。元関脇・若の里(現・西岩親方)の付け人として相撲と力士のイロハを教わった。

四股名
輝 大士(かがやき たいし)
最高位
前頭4枚目
最新番付
東 前頭4枚目
出身地
石川県 七尾市
本名
達 綾哉
生年月日
平成6年(1994)6月1日(26歳)
所属部屋
高田川部屋
改名歴
達⇒輝
初土俵
平成22年(2010)3月(15才9ヵ月)
新十両
平成26年(2014)11月(20才5ヵ月)
新入幕
平成28年(2016)1月(21才7ヵ月)
通算成績
360勝332敗0休/692出場(勝率:52.0%)
過去6場所
46勝44敗
令2年7月
東 前頭4枚目(2枚半上昇)
5勝10敗
○○●●●|○●●●○|●●●○●
令2年3月
西 前頭6枚目(5枚上昇)
8勝7敗
○●○○●|○●○○●|●○●●○
令2年1月
西 前頭11枚目(2枚上昇)
10勝5敗
○○○○○|●●○○○|○●●●○
令元年11月
西 前頭13枚目(半枚降下)
10勝5敗
●○○●□|○○○○●|○●●○○
令元年9月
東 前頭13枚目(半枚降下)
6勝9敗
●○○●○|●●○●○|●●●●○
令元年7月
西 前頭12枚目(2枚半降下)
7勝8敗
○●○●●|○○○●●|○●●○●
令元年5月
東 前頭10枚目(3枚半上昇)
5勝10敗
●●○●●|●●○●●|●●○○○

遠藤 聖大

遠藤 聖大(えんどう しょうた)は石川県 鳳珠郡穴水町出身、追手風部屋の力士で最高位は小結。令和2年7月場所の番付は東 前頭筆頭。

幕下付出から大相撲史上最速の所要3場所で入幕。平成27年3月場所での大怪我は土俵人生を大きく左右した。黙々と、何度でも立ち上がる不屈の力士

四股名
遠藤 聖大(えんどう しょうた)
最高位
小結
最新番付
東 前頭筆頭
出身地
石川県 鳳珠郡穴水町
本名
遠藤 聖大
生年月日
平成2年(1990)10月19日(29歳)
出身高校
金沢学院東高校
出身大学
日本大学
所属部屋
追手風部屋
初土俵
平成25年(2013)3月・幕下10付出(22才5ヵ月)
新十両
平成25年(2013)7月(22才9ヵ月)
新入幕
平成25年(2013)9月(22才11ヵ月)
新三役
平成30年(2018)5月(27才7ヵ月)
優勝
十両優勝1回
成績
殊勲賞1回,敢闘賞1回,技能賞3回,金星6個
通算成績
324勝290敗30休/609出場(勝率:52.8%)
過去6場所
48勝42敗
令2年7月
東 前頭筆頭(半枚降下)
8勝7敗
○●●●●|●○●○○|○○●○○
令2年3月
西 小結(半枚上昇)
7勝8敗
●○●○○|○●●○●|○●○●●
令2年1月
東 前頭筆頭(半枚降下)
9勝6敗(殊勲賞・金星2)
○○○●○|○○●●●|○●○●○
令元年11月
西 小結(変動なし)
7勝8敗
○●●●●|○○○●●|○●○○●
令元年9月
西 小結(2枚上昇)
8勝7敗
●○○○○|○●○●●|○●○●●
令元年7月
西 前頭2枚目(半枚降下)
10勝5敗(技能賞)
○●●○●|●○●○○|○○○○○
令元年5月
東 前頭2枚目(半枚降下)
7勝8敗
●●○●●|○●○●●|○○●○○

髙立 直哉

高立 直哉(たかりゅう なおや)は石川県 金沢市出身、木瀬部屋の力士で最高位は十両13枚目。令和2年7月場所の番付は西 幕下53枚目。

小1の頃から押野道場に通い始めて、平成13年(2001)の全日本小学生相撲優勝大会で優勝。西南部中時代にも団体戦などで活躍し、進学した金沢学院東高校3年次には十和田大会個人優勝など順調に実績を積んだ。ちなみに同校では遠藤の1年後輩にあたる。高校卒業時には相撲界の不祥事もあったため拓殖大学への進学を選んだが、大学卒業とともに木瀬部屋へと入門。初土俵から所要8場所で新十両昇進を決め、四股名を高立と改めた。この四股名は入門前に亡くなった父親が生前に考えてくれていたもの。

四股名
高立 直哉(たかりゅう なおや)
最高位
十両13枚目
最新番付
西 幕下53枚目
出身地
石川県 金沢市
本名
高木 立太
生年月日
平成4年(1992)3月18日(28歳)
出身高校
金沢学院東高校
出身大学
拓殖大学
所属部屋
木瀬部屋
改名歴
高木⇒高立
初土俵
平成26年(2014)3月(22才0ヵ月)
新十両
平成27年(2015)7月(23才4ヵ月)
優勝
幕下優勝1回,三段目優勝1回
通算成績
144勝123敗0休/267出場(勝率:53.9%)
過去6場所
19勝23敗
令2年7月
西 幕下53枚目(11枚半降下)
4勝3敗
○-○--|●●-○-|-○-●-
令2年3月
東 幕下42枚目(23枚上昇)
3勝4敗
-○●-●|--●○-|●---○
令2年1月
東 三段目5枚目(20枚半降下)
5勝2敗
●-●-○|--○-○|○-○--
令元年11月
西 幕下44枚目(9枚降下)
2勝5敗
-○-●●|--●●-|-○--●
令元年9月
西 幕下35枚目(5枚上昇)
3勝4敗
-●○-●|--○-●|●---○
令元年7月
西 幕下40枚目(13枚降下)
4勝3敗
-●●-●|-○-○-|-○-○-
令元年5月
西 幕下27枚目(14枚上昇)
2勝5敗
-●-○-|●●--●|-●--○

綿谷

綿谷 力(わたたに りき)は石川県 小松市出身、荒汐部屋の力士。令和2年7月場所の番付は最高位更新となる西 序二段41枚目。

中学卒業とともに入門。稽古熱心で押し相撲を磨いている。たまの息抜きにはキャッチボールやバッティングセンターが好き。

四股名
綿谷 力(わたたに りき)
最高位
序二段41枚目
最新番付
西 序二段41枚目
出身地
石川県 小松市
本名
綿谷 力
生年月日
平成11年(1999)7月7日(21歳)
所属部屋
荒汐部屋
初土俵
平成27年(2015)5月(15才10ヵ月)
通算成績
87勝109敗14休/196出場(勝率:44.4%)
過去6場所
21勝21敗
令2年7月
西 序二段41枚目(最高位更新)(47枚半上昇)
2勝5敗
●--●○|-○-●-|●---●
令2年3月
東 序二段89枚目(21枚降下)
5勝2敗
-●○-○|--○○-|●---○
令2年1月
東 序二段68枚目(37枚上昇)
3勝4敗
-●-●○|--●-○|○--●-
令元年11月
東 序二段105枚目(13枚半降下)
4勝3敗
●--○-|●-○○-|○---●
令元年9月
西 序二段91枚目(38枚降下)
3勝4敗
-●-○●|--●-●|-○--○
令元年7月
西 序二段53枚目(33枚上昇)
2勝5敗
●-○--|●-●○-|●-●--
令元年5月
西 序二段86枚目(34枚降下)
4勝3敗
●--○-|●-○●-|-○○--

大翔

大翔 虹太郎(だいしょう こうたろう)は石川県 鳳珠郡穴水町出身、追手風部屋の力士で最高位は序二段39枚目。令和2年7月場所の番付は西 序二段84枚目。

同部屋の遠藤関と同じ、石川県穴水町出身で穴水少年相撲教室出身。

四股名
大翔 虹太郎(だいしょう こうたろう)
最高位
序二段39枚目
最新番付
西 序二段84枚目
出身地
石川県 鳳珠郡穴水町
本名
橋本 虹太
生年月日
平成12年(2000)6月4日(20歳)
所属部屋
追手風部屋
改名歴
橋本⇒大翔
初土俵
平成28年(2016)3月(15才9ヵ月)
通算成績
83勝92敗0休/175出場(勝率:47.4%)
過去6場所
20勝22敗
令2年7月
西 序二段84枚目(32枚半降下)
4勝3敗
○-●-○|-○-●-|●-○--
令2年3月
東 序二段52枚目(32枚上昇)
3勝4敗
○-○-●|-●-●-|-●--○
令2年1月
東 序二段84枚目(42枚降下)
4勝3敗
●--○-|●○-○-|-○--●
令元年11月
東 序二段42枚目(34枚半上昇)
2勝5敗
●--●-|○-●-●|-●--○
令元年9月
西 序二段76枚目(32枚半降下)
4勝3敗
○-○-●|-○--●|●-○--
令元年7月
東 序二段44枚目(29枚半上昇)
3勝4敗
●--○●|--○-●|-●--○
令元年5月
西 序二段73枚目(34枚半降下)
4勝3敗
○-○-●|-●-○-|○---●

炎鵬 晃

炎鵬 晃(えんほう あきら)は石川県 金沢市出身、宮城野部屋の力士で最高位は前頭4枚目。令和2年7月場所の番付は東 前頭6枚目。

5歳の頃から押野相撲スポーツ少年団で相撲を始める。西南部中学では達(高田川部屋の輝)と同級生で、全国都道府県中学生相撲選手権大会ではチームメイトとして団体優勝を経験した。金沢学院東高校3年次に世界ジュニア相撲選手権大会の軽量級で優勝。金沢学院大学時代には10個ものタイトルを獲得した。

白鵬関の内弟子として宮城野部屋へと入門。四股名は白鵬が命名してくれた。前相撲から所要6場所での十両昇進は史上最速タイ。序ノ口からは21連勝と怒涛の勢いで番付を駆け上がる。令和元年(2019)5月場所で新入幕。

四股名
炎鵬 晃(えんほう あきら)
最高位
前頭4枚目
最新番付
東 前頭6枚目
出身地
石川県 金沢市
本名
中村 友哉
生年月日
平成6年(1994)10月18日(25歳)
出身高校
金沢学院東高校
出身大学
金沢学院大学
所属部屋
宮城野部屋
初土俵
平成29年(2017)3月(22才5ヵ月)
新十両
平成30年(2018)3月(23才5ヵ月)
新入幕
令和元年(2019)5月(24才7ヵ月)
優勝
三段目優勝1回,序二段優勝1回,序ノ口優勝1回
成績
技能賞1回
通算成績
131勝98敗0休/229出場(勝率:57.2%)
過去6場所
47勝43敗
令2年7月
東 前頭6枚目(2枚降下)
5勝10敗
●○●○●|○○●●●|○●●●●
令2年3月
東 前頭4枚目(最高位更新)(1枚半上昇)
6勝9敗
●○●●○|●●○●●|○●○●○
令2年1月
西 前頭5枚目(最高位更新)(1枚上昇)
8勝7敗
○●○●○|●●○○●|○○○●●
令元年11月
西 前頭6枚目(最高位更新)(5枚上昇)
8勝7敗
●○○○○|●●●○●|○●●○○
令元年9月
西 前頭11枚目(最高位更新)(3枚上昇)
9勝6敗
○○○●○|○●●●○|○●●○○
令元年7月
西 前頭14枚目(変動なし)
9勝6敗(技能賞)
○○○●○|○●●○○|●●●○○
令元年5月
西 前頭14枚目(最高位更新)(4枚半上昇)
7勝8敗
○●○○○|○●○○●|●●●●●

深井

深井 拓斗(ふかい たくと)は石川県 羽咋市出身、高砂部屋の力士。令和2年7月場所の番付は最高位更新となる東 三段目67枚目。

羽咋市立瑞穂小学2年の頃から羽咋道場で相撲を始めて小6でわんぱく相撲全国大会に出場。鳴和中時代には全国中学校相撲選手権大会での団体優勝と個人優勝(中学横綱)や、全国都道府県中学生相撲選手権団体優勝など数々の大会で優秀な成績をおさめた。金沢市立工業高校時代にも高校総体団体優勝、全国選抜大会個人優勝など活躍し、着実にその名を上げていた。

大学は東洋大へと進学、ここでも東日本学生団体優勝や宇和島大会団体優勝など数々の団体優勝に貢献。さらに個人でも4年次に全国学生選手権個人8強入りの成績をおさめた深井は三段目最下位格付け出し資格を獲得、母親からの後押しもあり角界入りを決意した。

四股名
深井 拓斗(ふかい たくと)
最高位
三段目67枚目
最新番付
東 三段目67枚目
出身地
石川県 羽咋市
本名
深井 拓斗
生年月日
平成9年(1997)9月10日(22歳)
出身高校
金沢市立工業高校
出身大学
東洋大学
所属部屋
高砂部屋
初土俵
令和2年(2020)3月・三段目100付出(22才6ヵ月)
優勝
三段目優勝1回
通算成績
12勝2敗0休/14出場(勝率:85.7%)
過去6場所
5勝2敗
令2年7月
東 三段目67枚目(最高位更新)(33枚上昇)
7勝0敗(三段目優勝)
○-○--|○-○○-|○-○--
令2年3月
三段目100枚目付出(最高位更新)(付出格)
5勝2敗
-○-○-|○○-●-|-○●--

欧深沢

欧深沢 成矢(おうふかさわ せいや)は石川県 河北郡津幡町出身、鳴戸部屋の力士。令和2年7月場所の番付は最高位更新となる西 序ノ口15枚目。

英田小学1年の頃から津幡町少年相撲教室で相撲を始めて小4から3年連続でわんぱく相撲全国大会に出場、小6では16強入りとなった。津幡南中学時代には3年次の全国都道府県中学生相撲選手権団体優勝をはじめ、数々の大会で優秀な成績をおさめた。

高校は新潟県立海洋高校へと相撲留学、ここでも団体選手として様々な大会で活躍した。中学の頃から鳴戸親方(元大関・琴欧洲)から熱心に誘われていた深沢は、高校卒業と共に鳴戸部屋の門を叩いた。

四股名
欧深沢 成矢(おうふかさわ せいや)
最高位
序ノ口15枚目
最新番付
西 序ノ口15枚目
出身地
石川県 河北郡津幡町
本名
深沢 成矢
生年月日
平成13年(2001)5月12日(19歳)
出身高校
海洋高校
所属部屋
鳴戸部屋
改名歴
深沢⇒欧深沢
初土俵
令和2年(2020)3月(18才10ヵ月)
通算成績
5勝2敗0休/7出場(勝率:71.4%)
令2年7月
西 序ノ口15枚目(最高位更新)(出世)
5勝2敗
○-○-●|-○--●|○--○-
令2年3月
前相撲

過去から現在までの石川出身力士はこちら

ここまでは石川出身の現役力士の番付や成績を中心にご紹介してきましたが、過去から現在までの石川県の大相撲力士をまとめた記事もご用意しています。興味を持たれた方はどうぞ。

出身地別、力士別、初土俵別など様々な方法で力士データをまとめています。

ネットでの大相撲観戦といえばAbemaTV!「AbemaTV」での視聴方法について解説しています。序ノ口から結びの一番まで完全無料生中継!ぜひ確認してみてください。

当サイトのいろんな記事へのリンクをまとめたナビゲーションページです。

カテゴリー : 北陸地方

公開日:2018-01-11
投稿者:レイ

コメントはお気軽にどうぞ

※当サイトは個人が運営するサイトであり、日本相撲協会及び、各相撲部屋とは関連がないことをご了承ください。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。※当サイトは個人が運営するサイトです。