『出身校別』カテゴリー記事

埼玉栄高校出身の力士一覧!現役から過去の名力士まで

相撲観戦歴もある程度になってくると力士の出身校でよく聞く名前があることに気づくのではないでしょうか。

高校野球では甲子園に毎回出場しているような名門校が幾つかあるように、小学生の頃から相撲に親しんできた子が高校に進学するときに目指す「強豪校」というものが存在するんですね。

そんな高校相撲の強豪校筆頭とも言われるのが埼玉県の「埼玉栄高校」です。

この高校出身の力士は現在各段さまざまな位置で活躍しているのはご存知のことかと思います。

今回は埼玉栄高校出身力士を一覧にしてみました。

スポンサーリンク

埼玉栄高校出身力士の番付と成績・力士一覧

番付 (H31.3)四股名よみH31.3 場所成績3月場所星取表番付推移 3←1月変動S 3←1月変動枚数 3←1月番付 (H31.1)H31.1 場所成績1月場所星取表番付推移 H31.1←H30.11月変動S H31.1←H30.11月変動枚数 H31.1←H30.11月番付 (H30.11)H30.11 場所成績番付推移 11←9月変動S 11←9月変動枚数 11←9月番付 (H30.9)H30.9 場所成績番付推移 9←7月変動S 9←7月変動枚数 9←7月番付 (H30.7)H30.7 場所成績番付推移 7←5月変動S 7←5月変動枚数 7←5月番付 (H30.5)H30.5 場所成績番付推移 5←3月変動S 5←3月変動枚数 5←3月番付 (H30.3)H30.3 場所成績過去6場所 成績過去6場所 勝率2019年 年間成績2019年 年間勝率最高位出身地部屋一門年齢生年月日大相撲歴本名旧所属旧四股名身長(㎝)体重(㎏)BMI出身高校出身大学初土俵初土俵 年齢新十両新十両 年齢新入幕新入幕 年齢新三役新三役 年齢大関昇進大関昇進 年齢横綱昇進横綱昇進 年齢優勝三賞・金星通算 勝利数通算 敗数通算 休数出場回数通算 勝率(%)

スポンサーリンク


埼玉栄高校出身の大関

豪栄道 豪太郎(現役)

小5でわんぱく横綱。「相撲の名門」埼玉栄高校では11個の個人タイトルを獲得。初の「高卒幕下付出」を期待された全日本相撲選手権大会では高校生として史上4人目となる3位を獲得した。春日野部屋の栃煌山とは幼少時から切磋琢磨してきたライバル。昭和以降1位となる関脇在位連続14場所を経て平成26年9月場所に大関昇進。平成28年9月場所では悲願の幕内初優勝を全勝で達成、この全勝優勝は日本人力士として横綱・貴乃花以来20年ぶりだった

豪栄道 豪太郎(ごうえいどう ごうたろう)
最高位 :大関
出身地 :大阪府寝屋川市
本 名 :澤井 豪太郎
生年月日:昭和61年(1986)4月6日(33歳)
所属部屋:境川部屋
改名歴 :澤井⇒豪栄道
初土俵 :平成17年(2005)1月(18歳9ヵ月)
新十両 :平成18年(2006)11月(20歳7ヵ月)
新入幕 :平成19年(2007)9月(21歳5ヵ月)
新三役 :平成20年(2008)11月(22歳7ヵ月)
新大関 :平成26年(2014)9月(28歳5ヵ月)
優勝等 :幕内優勝1回(同点1・次点6),十両同点1回,幕下優勝2回,三段目優勝1回,序ノ口優勝1回

スポンサーリンク



埼玉栄高校出身の関脇

妙義龍 泰成(現役)

埼玉栄高校では同級生だった澤井(豪栄道)と共にチームを引っ張った。日大では4年次に大分国体成年の部で優勝し幕下15枚目格付出しの資格を獲得、先に角界入りしていた豪栄道と同じ境川部屋への入門を決めた。所要4場所での新十両昇進も2日目で左膝を痛めて途中休場、手術となり3場所を全休したが、再出発から幕下と十両で計3度の優勝をあげるなど勢いは止まらず7場所目で新入幕を果たした。見本のような押し相撲で5度の技能賞を獲得

妙義龍 泰成(みょうぎりゅう やすなり)
最高位 :関脇
出身地 :兵庫県高砂市
本 名 :宮本 泰成
生年月日:昭和61年(1986)10月22日(32歳)
出身大学:日本体育大学
所属部屋:境川部屋
改名歴 :宮本⇒妙義龍
初土俵 :平成21年(2009)5月・幕下15付出(22歳7ヵ月)
新十両 :平成22年(2010)1月(23歳3ヵ月)
新入幕 :平成23年(2011)11月(25歳1ヵ月)
新三役 :平成24年(2012)7月(25歳9ヵ月)
優勝等 :十両優勝3回,幕下優勝1回,三段目同点1回
成 績 :技能賞5回,金星3個

貴景勝 光信(現役)

小さな身体ながら勝負度胸の良さと的確で力のある突き押しが魅力。四股名は戦国武将の上杉景勝から

貴景勝 光信(たかけいしょう みつのぶ)
最高位 :関脇
出身地 :兵庫県芦屋市
本 名 :佐藤 貴信
生年月日:平成8年(1996)8月5日(22歳)
所属部屋:貴乃花⇒千賀ノ浦部屋
改名歴 :佐藤⇒貴景勝
初土俵 :平成26年(2014)9月(18歳1ヵ月)
新十両 :平成28年(2016)5月(19歳9ヵ月)
新入幕 :平成29年(2017)1月(20歳5ヵ月)
新三役 :平成30年(2018)1月(21歳5ヵ月)
優勝等 :幕内優勝1回(次点2),十両優勝1回,幕下優勝1回(同点1),序二段優勝1回,序ノ口優勝1回
成 績 :殊勲賞3回,敢闘賞2回,技能賞2回,金星3個

スポンサーリンク

埼玉栄高校出身の小結

豊真将 紀行

19代・立田川 豊英(錣山部屋)
部屋創設間もない錣山部屋へと入門、部屋初の関取となった。丁寧な所作と取組後の礼が清々しかった相撲道の体現者

豊真将 紀行(ほうましょう のりゆき)
最高位 :小結
年寄名跡:19代立田川
出身地 :山口県下関市
本 名 :山本 洋介
生年月日:昭和56年(1981)4月16日(38歳)
出身大学:日本大学
所属部屋:錣山部屋
改名歴 :山本⇒豊真将
初土俵 :平成16年(2004)3月(22歳11ヵ月)
新十両 :平成18年(2006)1月(24歳9ヵ月)
新入幕 :平成18年(2006)5月(25歳1ヵ月)
新三役 :平成23年(2011)11月(30歳7ヵ月)
最終場所:平成27年(2015)1月(33歳9ヵ月)
生涯戦歴:415勝344敗113休/756出場(65場所)
生涯勝率:54.7%
優勝等 :幕内次点3回,十両優勝1回,三段目優勝1回
成 績 :敢闘賞5回,技能賞2回
幕内戦歴:309勝304敗77休(46場所)勝率:50.4%
  小結:12勝33敗(3場所)勝率:26.7%
  前頭:297勝271敗77休(43場所)勝率:52.3%
十両戦歴:54勝22敗29休(7場所)勝率:71.1%

常幸龍 貴之(現役)

初土俵からの27連勝は史上1位の記録。四股名の「幸」は亡くなられた父親の名から1字を授かった。初土俵から所要20場所での新三役昇進を果たす。これは木瀬部屋初の三役力士でもあった

常幸龍 貴之(じょうこうりゅう たかゆき)
最高位 :小結
出身地 :東京都北区
本 名 :佐久間 貴之
生年月日:昭和63年(1988)8月7日(30歳)
出身大学:日本大学
所属部屋:北の湖⇒木瀬部屋
改名歴 :佐久間山⇒常幸龍
初土俵 :平成23年(2011)5月(22歳9ヵ月)
新十両 :平成24年(2012)5月(23歳9ヵ月)
新入幕 :平成24年(2012)11月(24歳3ヵ月)
新三役 :平成26年(2014)9月(26歳1ヵ月)
優勝等 :十両優勝1回,幕下優勝1回,三段目優勝2回,序二段同点1回,序ノ口優勝1回
成 績 :金星1個

北勝富士 大輝(現役)

付出資格を二度失効してでも両親への感謝の想いで大学卒業を選び、前相撲からの出発。玄人好みの相撲を目指す。埼玉出身として昭和34年3月場所の若秩父以来、戦後3人目60年ぶりの新三役力士

北勝富士 大輝(ほくとふじ だいき)
最高位 :小結
出身地 :埼玉県所沢市
本 名 :中村 大輝
生年月日:平成4年(1992)7月15日(26歳)
出身大学:日本体育大学
所属部屋:八角部屋
改名歴 :大輝⇒北勝富士
初土俵 :平成27年(2015)3月(22歳8ヵ月)
新十両 :平成28年(2016)7月(24歳0ヵ月)
新入幕 :平成28年(2016)11月(24歳4ヵ月)
新三役 :平成31年(2019)3月(26歳8ヵ月)
優勝等 :幕内次点1回,十両優勝1回,三段目優勝1回,序二段優勝1回
成 績 :技能賞1回,金星5個

埼玉栄高校出身の前頭

栃栄 篤史

12代・三保ヶ関 篤志(春日野部屋)
埼玉栄高校では高校横綱に・引退相撲は栃乃花と合同で行った

栃栄 篤史(とちさかえ あつし)
最高位 :前頭筆頭
年寄名跡:21代竹縄⇒11代清見潟⇒12代三保ヶ関
出身地 :佐賀県佐賀郡富士町
本 名 :岡本 篤
生年月日:昭和49年(1974)6月27日(44歳)
所属部屋:春日野部屋
改名歴 :岡本⇒栃ノ巖⇒岡本⇒栃ノ巖⇒栃栄
初土俵 :平成5年(1993)1月(18歳7ヵ月)
新十両 :平成10年(1998)3月(23歳9ヵ月)
新入幕 :平成12年(2000)9月(26歳3ヵ月)
最終場所:平成20年(2008)1月(33歳7ヵ月)
生涯戦歴:480勝423敗86休/895出場(91場所)
生涯勝率:53.2%
優勝等 :十両優勝2回,幕下優勝1回,三段目優勝2回,序二段優勝1回
幕内戦歴:149勝188敗53休(26場所)勝率:44.2%
十両戦歴:147勝116敗22休(19場所)勝率:55.9%

大翔山 直樹

11代・追手風 直樹
自身の母校である日大出身力士を多数率いて部屋は隆盛を極める

大翔山 直樹(だいしょうやま なおき)
最高位 :前頭2枚目
年寄名跡:12代中川⇒11代追手風
出身地 :石川県鳳珠郡穴水町
本 名 :山崎 直樹
生年月日:昭和41年(1966)7月7日(52歳)
出身大学:日本大学
所属部屋:立浪部屋
改名歴 :山崎⇒大翔山
初土俵 :平成元年(1989)1月・幕下60付出(22歳6ヵ月)
新十両 :平成2年(1990)5月(23歳10ヵ月)
新入幕 :平成2年(1990)9月(24歳2ヵ月)
最終場所:平成7年(1995)11月(29歳4ヵ月)
生涯戦歴:266勝252敗35休/517出場(42場所)
生涯勝率:51.4%
優勝等 :幕内次点1回,十両優勝1回,幕下優勝2回
成 績 :敢闘賞1回,金星3個
幕内戦歴:153勝176敗1休(22場所)勝率:46.5%
十両戦歴:75勝60敗30休(11場所)勝率:55.6%

大栄翔 勇人(現役)

埼玉栄高出身。「栄」の字が四股名の最後だと怪我をすると言われて改名。後輩からもいじられる愛されキャラの持ち主

大栄翔 勇人(だいえいしょう はやと)
最高位 :前頭3枚目
出身地 :埼玉県朝霞市
本 名 :高西 勇人
生年月日:平成5年(1993)11月10日(25歳)
所属部屋:追手風部屋
改名歴 :高西⇒大翔栄⇒大栄翔
初土俵 :平成24年(2012)1月(18歳2ヵ月)
新十両 :平成26年(2014)7月(20歳8ヵ月)
新入幕 :平成27年(2015)9月(21歳10ヵ月)
優勝等 :十両優勝1回,三段目優勝1回,序ノ口優勝1回

山本山 龍太

新入幕時の体重が252キロで話題になるも後に八百長疑惑で引退

山本山 龍太(やまもとやま りゅうた)
最高位 :前頭9枚目
出身地 :埼玉県さいたま市
本 名 :山本 龍一
生年月日:昭和59年(1984)5月8日
出身大学:日本大学
所属部屋:尾上部屋
初土俵 :平成19年(2007)1月(22歳8ヵ月)
新十両 :平成20年(2008)9月(24歳4ヵ月)
新入幕 :平成21年(2009)1月(24歳8ヵ月)
最終場所:平成23年(2011)5月(27歳0ヵ月)
生涯戦歴:131勝107敗34休/233出場(25場所)
生涯勝率:55.0%
優勝等 :幕下優勝1回(同点1),序二段優勝1回
幕内戦歴:29勝41敗5休(5場所)勝率:41.4%
十両戦歴:54勝49敗17休(8場所)勝率:52.4%

英乃海 拓也(現役)

カレーパンマンに似ているとの噂、弟は追手風部屋の翔猿

英乃海 拓也(ひでのうみ たくや)
最高位 :前頭12枚目
出身地 :東京都江戸川区
本 名 :岩崎 拓也
生年月日:平成元年(1989)6月11日(29歳)
出身大学:日本大学
所属部屋:木瀬部屋
改名歴 :岩崎⇒英乃海
初土俵 :平成24年(2012)5月(22歳11ヵ月)
新十両 :平成26年(2014)11月(25歳5ヵ月)
新入幕 :平成27年(2015)7月(26歳1ヵ月)
優勝等 :十両優勝1回,序二段優勝1回,序ノ口優勝1回

矢後 太規(現役)

中央大学4年次に全国学生相撲選手権でベスト8、全日本相撲選手権大会優勝でアマチュア横綱のタイトルを獲得し幕下15枚目格付出資格を得た。大学の先輩にあたる豪風がいる尾車部屋へと入門。所要2場所での新十両昇進は最速タイ。その後は地道に相撲力を蓄えて平成31年初場所で新入幕を果たした

矢後 太規(やご たかのり)
最高位 :前頭13枚目
出身地 :北海道河西郡芽室町
本 名 :矢後 太規
生年月日:平成6年(1994)7月8日(24歳)
出身大学:中央大学
所属部屋:尾車部屋
初土俵 :平成29年(2017)5月・幕下15付出(22歳10ヵ月)
新十両 :平成29年(2017)9月(23歳2ヵ月)
新入幕 :平成31年(2019)1月(24歳6ヵ月)
優勝等 :幕下優勝1回

明瀬山 光彦(現役)

小学4年と5年次にわんぱく横綱を獲得。たびたび「ゆるふん」を指摘される「パンの山」

明瀬山 光彦(あきせやま みつひこ)
最高位 :前頭16枚目
出身地 :愛知県春日井市
本 名 :深尾 光彦
生年月日:昭和60年(1985)7月18日(33歳)
出身大学:日本大学
所属部屋:木瀬⇒北の湖⇒木瀬部屋
改名歴 :深尾⇒明瀬山
初土俵 :平成20年(2008)1月(22歳6ヵ月)
新十両 :平成22年(2010)11月(25歳4ヵ月)
新入幕 :平成28年(2016)3月(30歳8ヵ月)
優勝等 :幕下優勝1回,序二段同点1回,序ノ口優勝1回

埼玉栄高校出身の十両

剣翔 桃太郎(現役)

葛飾白鳥相撲教室出身。千代嵐とはアマチュア時代に何度も顔が合った。埼玉栄高では高校総体団体優勝や全日本ジュニア体重別選手権100キロ以上級で優勝など活躍をみせる。日大では大翔丸と同期生で遠藤の1年後輩

剣翔 桃太郎(つるぎしょう ももたろう)
最高位 :十両5枚目
出身地 :東京都葛飾区
本 名 :安彦 剣太郎
生年月日:平成3年(1991)7月27日(27歳)
出身大学:日本大学
所属部屋:追手風部屋
改名歴 :安彦⇒剣翔
初土俵 :平成26年(2014)1月(22歳6ヵ月)
新十両 :平成28年(2016)1月(24歳6ヵ月)
優勝等 :幕下優勝1回,序二段優勝1回,序ノ口優勝1回

翔猿 正也(現役)

四股名は申年生まれであり、猿のように動きまわる自身のスタイルから命名。兄は木瀬部屋の英乃海

翔猿 正也(とびざる まさや)
最高位 :十両10枚目
出身地 :東京都江戸川区
本 名 :岩崎 正也
生年月日:平成4年(1992)4月24日(26歳)
出身大学:日本大学
所属部屋:追手風部屋
改名歴 :岩崎⇒翔猿
初土俵 :平成27年(2015)1月(22歳9ヵ月)
新十両 :平成29年(2017)7月(25歳3ヵ月)

慶天海 孔晴(現役)

奄美大島の古仁屋相撲クラブ出身で高校は「名門」埼玉栄高校に相撲留学。四股名は亡くなった高校の恩師が遺してくれたもの。平成24年9場所に新十両昇進も2日目に膝を負傷し休場、右膝前十字靭帯断裂でその後5場所連続休場となった。序ノ口での復帰場所で全勝優勝、続く序二段でも全勝優勝を果たす

慶天海 孔晴(けいてんかい こうせい)
最高位 :十両11枚目
出身地 :鹿児島県大島郡瀬戸内町
本 名 :慶 孔晴
生年月日:平成2年(1990)3月10日(29歳)
所属部屋:阿武松部屋
改名歴 :慶⇒慶天海
初土俵 :平成20年(2008)1月(17歳10ヵ月)
新十両 :平成24年(2012)9月(22歳6ヵ月)
優勝等 :序二段優勝2回,序ノ口優勝1回

埼玉栄高校出身の主な幕下以下

前田 勝

わんぱく相撲全国大会では2年連続優勝してわんぱく横綱の称号を獲得、中学生になっても様々な大会で活躍した前田は「山形の怪童」と呼ばれた。埼玉栄高校では主将としてチームを引っ張り、また世界ジュニア相撲選手権大会無差別級でも優勝を飾った。前田への期待は大きく、十両まであと一歩のところだったが及ばず、平成30年9月場所を最後に引退を表明した

前田 勝(まえた まさる)
最高位 :幕下3枚目
出身地 :山形県鶴岡市
本 名 :前田 勝
生年月日:昭和57年(1982)6月24日
出身大学:日本大学
所属部屋:放駒⇒芝田山部屋
初土俵 :平成17年(2005)3月(22歳9ヵ月)
最終場所:平成30年(2018)9月(36歳3ヵ月)
生涯戦歴:270勝263敗27休/532出場(81場所)
生涯勝率:50.7%
優勝等 :幕下優勝1回,三段目優勝1回(同点1)

武将山(現役)

幕下では同点優勝の経験もある実力者

武将山 虎太郎(ぶしょうざん こたろう)
出身地 :茨城県水戸市
本 名 :藤原 虎太郎
生年月日:平成7年(1995)12月6日(23歳)
所属部屋:藤島部屋
改名歴 :虎太郎⇒武将山
初土俵 :平成26年(2014)1月(18歳1ヵ月)
優勝等 :幕下同点1回

琴鎌谷(現役)

祖父は53代横綱・琴櫻で、父は師匠である元関脇・琴ノ若。血筋だけではなく、埼玉栄高校では主将として高校総体団体で優勝。さらに平成27年の世界ジュニア相撲選手権大会・個人重量級でも見事優勝と実力は確か。いずれは「琴ノ若」そして「琴櫻」の四股名を継ぐ日が来る?

琴鎌谷 将且(ことかまたに まさかつ)
出身地 :千葉県松戸市
本 名 :鎌谷 将且
生年月日:平成9年(1997)11月19日(21歳)
所属部屋:佐渡ヶ嶽部屋
初土俵 :平成27年(2015)11月(18歳0ヵ月)
優勝等 :序ノ口優勝1回

琴手計(現役)

平成26年(2014)の全国都道府県中学生相撲選手権大会(無差別級)で優勝。埼玉栄高校では「大鵬の孫」大嶽部屋の納谷と同級生

琴手計 富士紀(ことてばかり としき)
出身地 :千葉県柏市
本 名 :手計 富士紀
生年月日:平成11年(1999)8月26日(19歳)
所属部屋:佐渡ヶ嶽部屋
初土俵 :平成29年(2017)11月(18歳3ヵ月)
優勝等 :序ノ口同点1回

塚原(現役)

草加相撲練修会と入間相撲クラブ出身。平成26年(2014)の全国中学校相撲選手権大会で優勝の中学横綱。埼玉栄の高3で国体団体Vに

塚原 隆明(つかはら たかあき)
出身地 :埼玉県越谷市
本 名 :塚原 隆明
生年月日:平成11年(1999)10月12日(19歳)
所属部屋:春日野部屋
初土俵 :平成29年(2017)11月(18歳1ヵ月)
優勝等 :序二段優勝1回,序ノ口優勝1回

納谷(現役)

大横綱・大鵬の孫で貴闘力の三男!埼玉栄高で鍛えた相撲力は国体相撲(少年男子)での個人と団体優勝で折り紙つき

納谷 幸之介(なや こうのすけ)
出身地 :東京都江東区
本 名 :納谷 幸之介
生年月日:平成12年(2000)2月14日(19歳)
所属部屋:大嶽部屋
初土俵 :平成30年(2018)1月(17歳11ヵ月)
優勝等 :序ノ口優勝1回

下村(現役)

近大附属中学時代は陸上で砲丸投げの選手だったが相撲をやりたくて中2の2学期から埼玉栄中へと転校。埼玉栄高校へと進学して高校総体、国体団体戦で優勝。父親は出羽海部屋の元幕内で平成5年に引退した常の山

下村 龍太朗(しもむら りゅうたろう)
出身地 :大阪府大阪市中央区
本 名 :下村 龍太朗
生年月日:平成12年(2000)8月20日(18歳)
所属部屋:境川部屋
初土俵 :平成30年(2018)11月(18歳3ヵ月)

濱洲(現役)

尾上親方の長男。中学時代は柔道部で初段の腕前。「相撲の名門」埼玉栄高に進んでから相撲を始めたが1年の夏に髄膜炎を発症して思うように相撲はとれなかった。同部屋の竜虎とは従弟同士

濱洲 泉啓(はます もとひろ)
出身地 :東京都大田区
本 名 :濱洲 泉啓
生年月日:平成13年(2001)3月6日(18歳)
所属部屋:尾上部屋
初土俵 :平成30年(2018)11月(17歳8ヵ月)

カテゴリー : 出身校別

公開日:2019-03-16
投稿者:レイ