歴代の横綱を一覧で!初代から72代横綱・稀勢の里までの詳細な横綱リスト

大相撲の代名詞といえば「横綱」ですね。ここでは初代横綱・明石 志賀之助からから72代横綱・稀勢の里までの歴代横綱を一覧にしてご紹介しております。

歴代横綱の昇進歴や成績なども一挙に確認できます。また、和暦と併せて西暦も載せることで時代感覚もとらえやすくしました。

スポンサーリンク

目次

大相撲の最高位

横綱とは大相撲の最高位であり番付の最上位に位置します。定員は定められておらず、また、番付には必ずしも横綱がいる必要はありません。

昔は大関が最高位だった

横綱という地位は昔からあったものではなく、昔は大関が番付での最高位でした。名誉称号として与えられていた「横綱」が正式に番付上に明記されたのは明治23年(1890)5月場所からで、16代横綱・西ノ海嘉治郎(初代)が最初でした。
スポンサーリンク


歴代横綱一覧

代数四股名出身地所属部屋土俵入り型年齢本名旧所属旧四股名年寄 名跡初土俵 場所初土俵 年齢新十両 場所新十両 年齢新入幕 場所新入幕 年齢新三役 場所新三役 年齢大関昇進 場所大関昇進 年齢横綱昇進 場所横綱昇進 年齢最終場所最終場所 年齢幕内 優勝三賞・金星幕内 勝数幕内 敗数幕内 休数幕内 勝率幕内 出場回数幕内 場所数横綱 在位大関 在位関脇 在位小結 在位前頭 在位関取 在位通算 勝数通算 敗数通算 休数通算 勝率生涯 場所数通算 出場回数

現役横綱に関しては平成30年9月場所時点での情報です。

スポンサーリンク


江戸年間の横綱

丸山 権太左衛門

実在はしていたようだが本当に横綱免許を受けたかは不明、幕末の12代横綱・陣幕久五郎が建立した横綱力士碑には3代目横綱として刻まれた

丸山 権太左衛門(まるやま ごんたざえもん)
最高位 :大関(横綱免許?)第3代横綱
出身地 :宮城県登米市米山町中津山
本 名 :芳賀 銀太夫
生年月日:正徳3年(1713)12月23日
没年月日:寛延2年(1749)11月14日(享年35歳)
所属部屋:七ツ森部屋
初土俵?:元文2年(1737)4月・大関付出(18歳)大阪
横綱免許:寛延2年(1749)8月?(35歳)
※吉田司家の故実門人覚書には「寛延2年8月 丸山 権太左衛門」とあるが、それが横綱免許の授与を意味しているかは定かでない

谷風 梶之助(2代)

力量、人望ともに優れた実質的な初代横綱、江戸で猛威を奮ったインフルエンザで現役のまま急逝

(2代)谷風 梶之助(たにかぜ かじのすけ)
最高位 :大関(横綱免許)第4代横綱
出身地 :宮城県仙台市
本 名 :金子 与四郎
生年月日:寛延3年(1750)8月8日
没年月日:寛政7年(1795)1月9日(享年44歳)
所属部屋:関ノ戸⇒伊勢ノ海部屋
改名歴 :秀ノ山⇒伊達ヶ関⇒達ヶ関⇒谷風
初土俵 :明和6年(1769)4月・大関付出(18歳)
再入幕 :明和7年(1770)11月(20歳)
新三役 :安永3年(1774)10月(24歳)
大関  :安永10年(1781)3月(30歳)
横綱免許:寛政元年(1789)11月(39歳)
最終場所:寛政6年(1794)11月(44歳)
生涯戦歴:258勝14敗112休16分16預5無/309出場(49場所)
生涯勝率:94.9%
優勝等 :優勝相当21回
上段戦歴:258勝14敗112休16分16預5無(49場所)勝率:94.9%
  大関:113勝5敗73休5分4預4無(22場所)勝率:95.8%
  関脇:85勝3敗25休6分5預(14場所)勝率:96.6%
  小結:37勝2敗4休4分5預1無(7場所)勝率:94.9%
  前頭:23勝4敗10休1分2預(6場所)勝率:85.2%

小野川 喜三郎

小野川 喜三郎(おのがわ きさぶろう)
最高位 :大関(横綱免許)第5代横綱
年寄名跡:小野川
出身地 :滋賀県大津市
本 名 :川村 喜三郎
生年月日:宝暦8年(1758)
没年月日:文化3年(1806)3月12日(享年49歳)
所属部屋:草摺(京都)⇒小野川(大阪)⇒玉垣⇒雷⇒友綱⇒玉垣部屋
改名歴 :小車⇒相模川⇒小野川 喜三郎⇒小野川 才助
初土俵 :安永8年(1779)10月・序二段付出(21歳)
上段昇進:天明元年(1781)3月(23歳)
横綱免許:寛政元年(1789)11月(31歳)
新大関 :寛政2年(1790)3月(33歳)
最終場所:寛政9年(1797)10月(39歳)
生涯戦歴:163勝18敗41休4分9預3無/197出場(28場所)
生涯勝率:90.1%
優勝等 :優勝相当7回
上段戦歴:144勝13敗41休4分9預3無(23場所)勝率:91.7%
  大関:60勝5敗24休1分2預2無(10場所)勝率:92.3%
  関脇:55勝4敗8休1分2預(8場所)勝率:93.2%
  小結:6勝2敗2預(1場所)勝率:75.0%
  前頭:23勝2敗9休2分3預1無(4場所)勝率:92.0%
十両戦歴:19勝5敗(5場所)勝率:79.2%

阿武松 緑之助

長州毛利候のお抱え力士で阿武松の四股名は名所「阿武の松原」から、稲妻と共に文政~天保の土俵を支えた

阿武松 緑之助(おうのまつ みどりのすけ)
最高位 :大関(横綱免許)第6代横綱
年寄名跡:初代・阿武松
出身地 :石川県鳳至郡
本 名 :佐々木 長吉(常吉?)
生年月日:寛政3年(1791)※寛政6年説もあり
没年月日:嘉永4年(1851)12月29日(享年60歳)
所属部屋:武隈⇒粂川⇒雷⇒武隈部屋
改名歴 :小柳⇒阿武松
初土俵 :文化12年(1815)3月・新序(24歳)
新十両 :文政3年(1820)10月(29歳)
新入幕 :文政5年(1822)10月(31歳)
新三役 :文政7年(1824)10月(33歳)
新大関 :文政9年(1826)10月(35歳)
横綱免許:文政11年(1828)2月(37歳)
最終場所:天保6年(1835)10月(44歳)
生涯戦歴:163勝36敗37休25分8預3無/235出場(29場所)
生涯勝率:81.9%
優勝等 :優勝相当5回
幕内戦歴:142勝31敗37休24分8預1無(26場所)勝率:82.1%
  大関:92勝16敗29休22分7預(18場所)勝率:85.2%
  関脇:11勝3敗5休1預(2場所)勝率:78.6%
  小結:14勝4敗2休(2場所)勝率:77.8%
  前頭:25勝8敗1休2分1無(4場所)勝率:75.8%
十両戦歴:21勝5敗1分2無(3場所)勝率:80.8%

稲妻 雷五郎

「知性、仁徳、勇気」が土俵哲学、風流の道にも秀でて書や俳句を数多く残した

稲妻 雷五郎(いなづま らいごろう)
最高位 :大関(横綱免許)第7代横綱
出身地 :茨城県稲敷郡
本 名 :根本 才助
生年月日:享和2年(1802)
没年月日:明治10年(1877)3月29日(享年75歳)
所属部屋:佐渡ヶ嶽⇒錦島部屋
改名歴 :槇ノ島⇒槙ノ島⇒稲妻
初土俵 :文政4年(1821)2月・二段目付出(19歳)
新入幕 :文政7年(1824)10月(22歳)
新三役 :文政8年(1825)1月(23歳)
横綱免許:文政11年(1828)7月(26歳)京都五条家
新大関 :文政11年(1828)10月(26歳)
横綱免許:文政12年(1829)9月(27歳)吉田司家
最終場所:天保10年(1839)11月(37歳)
生涯戦歴:147勝17敗73休14分4預1無/183出場(28場所)
生涯勝率:89.6%
優勝等 :優勝相当10回
幕内戦歴:130勝13敗73休14分3預1無(25場所)勝率:90.9%
  大関:92勝9敗62休12分1預1無(19場所)勝率:91.1%
  関脇:18勝1敗5休2分1預(3場所)勝率:94.7%
  小結:13勝3敗4休(2場所)勝率:81.3%
  前頭:7勝0敗2休1預(1場所)勝率:100.0%
十両戦歴:17勝4敗1預(3場所)勝率:81.0%

不知火 諾右エ門

巻き込まれた傷害事件の為に妻子を残して大阪へ、そこから始まった力士人生

不知火 諾右エ門(しらぬい なぎえもん)
最高位 :大関(横綱免許)第8代横綱
年寄名跡:10代湊
出身地 :熊本県宇土市
本 名 :近久 信次
生年月日:享和元年(1801)10月
没年月日:嘉永7年(1854)7月24日(享年52歳)
所属部屋:初嵐(堺)⇒湊(大阪)⇒浦風部屋
改名歴 :黒雲⇒濃錦里⇒不知火
初土俵 :文政13年(1822)11月・二段目付出(21歳)
新入幕 :天保8年(1837)1月(35歳)
新大関 :天保10年(1839)3月(37歳)
横綱免許:天保11年(1840)11月(39歳)
最終場所:天保15年(1844)1月(42歳)
生涯戦歴:81勝26敗65休5分2預1無/115出場(20場所)
生涯勝率:75.7%
優勝等 :優勝相当1回
幕内戦歴:48勝15敗65休3分2預1無(14場所)勝率:76.2%
  大関:19勝10敗45休3分1預(8場所)勝率:65.5%
  関脇:12勝2敗5休1預(2場所)勝率:85.7%
  前頭:17勝3敗15休1無(4場所)勝率:85.0%
十両戦歴:33勝11敗2分(6場所)勝率:75.0%

秀ノ山 雷五郎

身長164センチと歴代横綱中もっとも小兵。引退後は中改め(審判)に就任するも自分の弟子ばかりを贔屓にしたため「嘉永事件」と言われる大相撲初のストライキが起きた

秀ノ山 雷五郎(ひでのやま らいごろう)
最高位 :大関(横綱免許)第9代横綱
年寄名跡:3代秀ノ山
出身地 :宮城県気仙沼市
本 名 :菊田 辰五郎⇒橋本 辰五郎
生年月日:文化5年(1808)
没年月日:文久2年(1862)5月19日(享年54歳)
所属部屋:秀ノ山部屋
改名歴 :北山⇒天津風⇒立神⇒岩見潟⇒秀の山⇒秀ノ山⇒秀の山
初土俵 :文政11年(1828)3月新序(20歳)
新入幕 :天保8年(1837)1月(29歳)
新三役 :天保10年(1839)11月(31歳)
新大関 :天保12年(1841)1月(33歳)
横綱免許:弘化4年(1847)9月(39歳)
最終場所:嘉永3年(1850)3月(42歳)
生涯戦歴:123勝30敗96休38分2預/193出場(31場所)
生涯勝率:80.4%
優勝等 :優勝相当6回
幕内戦歴:112勝21敗96休33分2預(27場所)勝率:84.2%
  大関:52勝12敗65休18分1預(15場所)勝率:81.3%
  関脇:32勝5敗13休10分(6場所)勝率:86.5%
  小結:6勝0敗2休2分(1場所)勝率:100.0%
  前頭:22勝4敗16休3分1預(5場所)勝率:84.6%
十両戦歴:11勝9敗5分(4場所)勝率:55.0%

雲龍 久吉

土俵入りの「雲龍型」に名を残したが、実際は不知火型だったらしい

雲龍 久吉(うんりゅう ひさきち)
最高位 :大関(横綱免許)第10代横綱
年寄名跡:5代追手風
出身地 :福岡県山門郡
本 名 :塩塚 久吉⇒佐藤 喜太郎
生年月日:文政5年(1823)9月
没年月日:明治23年(1890)6月15日(享年67歳)
所属部屋:陣幕(大阪)⇒追手風⇒雷⇒追手風部屋
初土俵 :弘化4年(1847)11月・十両(24歳)
新入幕 :嘉永5年(1853)2月(30歳)
新大関 :安政5年(1858)1月(34歳)
横綱免許:文久2年(1861)9月(38歳)
最終場所:元治2年(1865)2月(41歳)
生涯戦歴:140勝37敗55休16分7預/200出場(29場所)
生涯勝率:79.1%
優勝等 :優勝相当7回
幕内戦歴:127勝32敗55休15分5預(26場所)勝率:79.9%
  大関:63勝24敗41休7分1預(15場所)勝率:72.4%
  関脇:23勝2敗2休1預(3場所)勝率:92.0%
  小結:12勝5敗6休5分2預(4場所)勝率:70.6%
  前頭:29勝1敗6休3分1預(4場所)勝率:96.7%
十両戦歴:13勝5敗1分2預(3場所)勝率:72.2%

不知火 光右衛門

土俵入りに名を残すが「白鶴の翼を張れるごとし」と讃えられた土俵入りは実は雲龍型だった

不知火 光右衛門(しらぬい こうえもん)
最高位 :大関(横綱免許)第11代横綱
年寄名跡:初代・不知火
出身地 :熊本県菊池郡
本 名 :原野 峰松
生年月日:文政8年(1825)3月3日
没年月日:明治12年(1879)3月24日(享年54歳)
所属部屋:湊(大阪)⇒境川部屋
改名歴 :殿り(しんがり)⇒不知火
初土俵 :嘉永3年(1850)11月・二段目付出(25歳)
新入幕 :安政3年(1856)11月(31歳)
新大関 :文久2年(1862)3月(37歳)
横綱免許:文久3年(1863)10月(38歳)
最終場所:明治2年(1869)11月(44歳)
生涯戦歴:131勝38敗75休15分11預/195出場(30場所)
生涯勝率:77.5%
優勝等 :優勝相当3回
幕内戦歴:119勝35敗75休15分9預(27場所)勝率:77.3%
  大関:72勝20敗57休7分2預(16場所)勝率:78.3%
  関脇:17勝8敗8休2分2預(4場所)勝率:68.0%
  小結:14勝1敗3休2分(2場所)勝率:93.3%
  前頭:16勝6敗7休4分5預(5場所)勝率:72.7%
十両戦歴:12勝3敗2預(3場所)勝率:80.0%

陣幕 久五郎

幕末屈指の強豪で滅多に負けないことから「負けず屋」の異名を持つ、引退後は多くの碑を建立し横綱の代数を確立した

陣幕 久五郎(じんまく きゅうごろう)
最高位 :大関(横綱免許)第12代横綱
年寄名跡:初代・北陣(元は陣幕だったが江戸の陣幕と区別するため「北陣幕」から「北陣」へ変化
出身地 :島根県八束郡
本 名 :石倉 慎太郎
生年月日:文政12年(1829)5月3日
没年月日:明治36年(1903)10月21日(享年74歳)
所属部屋:滝登⇒朝日山(大阪)⇒北陣(大阪)⇒秀ノ山部屋
改名歴 :黒縅⇒陣幕
初土俵 :嘉永3年(1850)11月・二段目付出(21歳6ヵ月)
新入幕 :安政5年(1858)1月(28歳8ヵ月)
新三役 :文久3年(1863)7月(34歳2ヵ月)
新大関 :慶応2年(1866)11月(37歳6ヵ月)
横綱免許:慶応3年(1867)1月(37歳8ヵ月)京都五条家
横綱免許:慶応3年(1867)11月(38歳6ヵ月)吉田司家
最終場所:慶応3年(1867)11月(38歳6ヵ月)
生涯戦歴:94勝6敗63休18分3預/121出場(20場所)
生涯勝率:94.0%
優勝等 :優勝相当5回
幕内戦歴:87勝5敗63休17分3預(19場所)勝率:94.6%
  大関:22勝0敗5休3分(3場所)勝率:100.0%
  関脇:19勝1敗34休2分2預(6場所)勝率:95.0%
  前頭:46勝4敗24休12分1預(10場所)勝率:92.0%
十両戦歴:7勝1敗1分(1場所)勝率:87.5%

スポンサーリンク

明治年間の横綱

鬼面山 谷五郎

徳島藩のお抱え力士として陣幕久五郎らと共に「阿波四天王」と称された攻めの力士。明治になって初の横綱免許は鬼面山で、この時すでに43歳。これは歴代横綱のなかでも最高齢授与記録

鬼面山 谷五郎(きめんざん たにごろう)
最高位 :大関(横綱免許)第13代横綱
年寄名跡:横綱特権・鬼面山
出身地 :岐阜県養老郡
本 名 :田中 新一
生年月日:文政9年(1826)
没年月日:明治4年(1871)7月23日(享年45歳)
所属部屋:武隈部屋
改名歴 :浜碇⇒弥高山⇒鬼面山
初土俵 :嘉永5年(1852)2月・二段目付出(26歳)
新入幕 :安政4年(1857)1月(31歳)
新大関 :慶応元年(1865)11月(39歳)
横綱免許:明治2年(1869)2月(43歳)
最終場所:明治3年(1870)11月(44歳)
生涯戦歴:143勝24敗62休16分8預/191出場(27場所)
生涯勝率:85.6%
優勝等 :優勝相当7回
幕内戦歴:143勝24敗62休16分8預(27場所)勝率:85.6%
  大関:38勝5敗27休6分3預(8場所)勝率:88.4%
  関脇:35勝8敗9休5分2預(6場所)勝率:81.4%
  小結:52勝6敗21休5分3預(9場所)勝率:89.7%
  前頭:18勝5敗5休(4場所)勝率:78.3%

境川 浪右エ門

相手十分で相撲を取らせてから勝ちに出るその土俵態度は対戦相手から好感を持たれた

境川 浪右エ門(さかいがわ なみえもん)
最高位 :大関(横綱免許)第14代横綱
年寄名跡:6代境川
出身地 :千葉県市川市
本 名 :宇田川 政吉⇒市川 浪右衛門
生年月日:天保12年(1842)4月8日
没年月日:明治20年(1887)9月16日(享年46歳)
所属部屋:境川部屋
改名歴 :小西川⇒四方山⇒増位山⇒境川
初土俵 :安政4年(1857)11月・序ノ口(15歳7ヵ月)
新入幕 :慶応3年(1867)4月(25歳0ヵ月)
新大関 :明治3年(1870)4月(28歳0ヵ月)
横綱免許:明治9年(1876)12月(34歳8ヶ月)京都五条家
承認  :明治10年(1877)2月(34歳10ヶ月)吉田司家
最終場所:明治14年(1881)1月(38歳9ヵ月)
生涯戦歴:130勝26敗63休73分6預/235出場(30場所)
生涯勝率:83.3%
優勝等 :優勝相当5回
幕内戦歴:118勝23敗63休71分5預(28場所)勝率:83.7%
  大関:83勝19敗57休56分5預(22場所)勝率:81.4%
  関脇:15勝0敗2休3分(2場所)勝率:100.0%
  小結:4勝2敗1休3分(1場所)勝率:66.7%
  前頭:16勝2敗3休9分(3場所)勝率:88.9%
十両戦歴:12勝3敗2分1預(2場所)勝率:80.0%

梅ヶ谷 藤太郎(初代)

現役の功績はもちろん、引退後も相撲界を牽引し「相撲道中興の祖」と仰がれた「大雷」

(初代)梅ヶ谷 藤太郎(うめがたに とうたろう)
最高位 :大関(横綱免許)第15代横綱
年寄名跡:梅ヶ谷⇒10代雷
出身地 :福岡県朝倉郡
本 名 :小江 藤太郎
生年月日:弘化2年(1845)2月9日
没年月日:昭和3年(1928)6月15日(享年83歳)
所属部屋:湊(大阪)⇒玉垣⇒梅ケ谷⇒雷部屋
初土俵 :明治4年(1871)3月・二段目付出(26歳)
新十両 :明治4年(1871)11月(26歳)
新入幕 :明治7年(1874)12月(29歳)
新三役 :明治10年(1877)6月(32歳)
新大関 :明治12年(1879)1月(34歳)
横綱免許:明治17年(1884)3月(38歳)
最終場所:明治18年(1885)5月(40歳)
生涯戦歴:151勝13敗78休22分2預/188出場(28場所)
生涯勝率:92.1%
優勝等 :優勝相当9回
幕内戦歴:116勝6敗78休18分2預(22場所)勝率:95.1%
  大関:66勝3敗57休13分1預(14場所)勝率:95.7%
  関脇:13勝0敗5休1分1預(2場所)勝率:100.0%
  小結:7勝0敗2休1分(1場所)勝率:100.0%
  前頭:30勝3敗14休3分(5場所)勝率:90.9%
十両戦歴:35勝7敗4分(6場所)勝率:83.3%

明治年間の横綱(これ以降、横綱は番付上最高位)

西ノ海 嘉治郎(初代)

番付史上初めて「横綱」と明記された横綱、現在へと続く井筒部屋の礎を築く

(初代)西ノ海 嘉治郎(にしのうみ かじろう)
最高位 :第16代横綱
年寄名跡:7代井筒
出身地 :鹿児島県川内市
本 名 :小園 嘉次郎
生年月日:安政2年(1855)1月3日
没年月日:明治41年(1908)11月30日(享年53歳)
所属部屋:鯨波(京都)⇒高砂部屋
初土俵 :明治15年(1882)1月・幕内付出(27歳0ヵ月)
新入幕 :明治15年(1882)1月(27歳0ヵ月)
新三役 :明治16年(1883)5月(28歳4ヵ月)
新大関 :明治18年(1885)1月(30歳0ヵ月)
横綱昇進:明治23年(1890)5月(35歳4ヵ月)
最終場所:明治29年(1896)1月(41歳0ヵ月)
生涯戦歴:127勝37敗97休25分4預/193出場(29場所)
生涯勝率:77.4%
優勝等 :優勝相当2回
幕内戦歴:127勝37敗97休25分4預(29場所)勝率:77.4%
  横綱:44勝13敗60休1分2預(12場所)勝率:77.2%
  大関:16勝3敗4休7分(3場所)勝率:84.2%
  関脇:38勝10敗10休10分2預(7場所)勝率:79.2%
  小結:15勝5敗17休3分(4場所)勝率:75.0%
  前頭:14勝6敗6休4分(3場所)勝率:70.0%

小錦 八十吉(初代)

新入幕から4年間で39連勝、立ち合い鋭くまた臨機応変で俊敏な取り口で絶大な人気を誇った。引退後は二十山部屋を興し、次期高砂の後継者に内定していたが先代の後を追うように亡くなる

(初代)小錦 八十吉(こにしき やそきち)
最高位 :第17代横綱
年寄名跡:6代二十山
出身地 :千葉県山武郡
本 名 :岩井 八十吉
生年月日:慶応2(1866)年10月15日
没年月日:大正3年(1914)10月22日(享年48歳)
所属部屋:高砂部屋
初土俵 :明治16年(1883)5月・序ノ口(16歳7ヶ月)
新十両 :明治21年(1888)1月(21歳3ヶ月)
新入幕 :明治21年(1888)5月(21歳7ヶ月)
新三役 :明治22年(1889)5月(22歳7ヶ月)
新大関 :明治23年(1890)5月(23歳7ヶ月)
横綱昇進:明治29年(1896)5月(29歳7ヶ月)
最終場所:明治34年(1901)1月(35歳3ヶ月)
生涯戦歴:127勝26敗101休9分7預/169出場(27場所)
生涯勝率:83.0%
優勝等 :優勝相当7回
幕内戦歴:119勝24敗101休9分7預(26場所)勝率:83.2%
  横綱:37勝17敗37休6分3預(10場所)勝率:68.5%
  大関:52勝7敗59休1分1預(12場所)勝率:88.1%
  小結:15勝0敗3休1分1預(2場所)勝率:100.0%
  前頭:15勝0敗2休1分2預(2場所)勝率:100.0%
十両戦歴:8勝2敗(1場所)勝率:80.0%

大砲 万右エ門

巨体で、組めば強かったが慎重すぎて引き分けが多く横綱ならぬ「分け綱」と揶揄された

大砲 万右エ門(おおづつ まんえもん)
最高位 :第18代横綱
年寄名跡:7代待乳山
出身地 :宮城県白石市
本 名 :角張 万次
生年月日:明治2年(1869)11月28日
没年月日:大正7年(1918)5月27日(享年48歳)
所属部屋:尾車部屋
改名歴 :三沢滝⇒大砲⇒大炮⇒大砲⇒大炮⇒大砲
初土俵 :明治20年(1887)1月・序ノ口(17歳2ヵ月)
新十両 :明治25年(1892)1月(22歳2ヵ月)
新入幕 :明治25年(1892)6月(22歳7ヵ月)
新三役 :明治26年(1893)1月(23歳2ヵ月)
新大関 :明治32年(1899)5月(29歳6ヵ月)
横綱昇進:明治34年(1901)5月(31歳6ヵ月)
最終場所:明治41年(1908)1月(38歳2ヵ月)
生涯戦歴:106勝30敗138休52分4預/192出場(33場所)
生涯勝率:77.9%
優勝等 :優勝相当2回
幕内戦歴:98勝29敗138休51分4預(32場所)勝率:77.2%
  横綱:34勝7敗68休29分2預(14場所)勝率:82.9%
  大関:14勝0敗19休5分2預(4場所)勝率:100.0%
  関脇:15勝4敗14休7分(4場所)勝率:78.9%
  小結:17勝4敗32休7分(6場所)勝率:81.0%
  前頭:18勝14敗5休3分(4場所)勝率:56.3%
十両戦歴:8勝1敗1分(1場所)勝率:88.9%

常陸山 谷右エ門

明治後期の相撲黄金時代を築いた「角聖」は一代で部屋を角界一の大部屋へ、国技館建設などにも尽力

常陸山 谷右エ門(ひたちやま たにえもん)
最高位 :第19代横綱
年寄名跡:5代出羽ノ海
出身地 :茨城県水戸市
本 名 :市毛 谷⇒市毛 谷右衛門
生年月日:明治7年(1874)1月19日
没年月日:大正11年(1922)6月19日(享年48歳)
所属部屋:入間川⇒出羽ノ海⇒三ツ湊(名古屋)⇒中村(大阪)⇒出羽ノ海部屋
改名歴 :御西山⇒常陸山
初土俵 :明治25年(1892)6月・序ノ口(18歳5ヵ月)
新十両 :明治31年(1898)5月(24歳4ヵ月)
新入幕 :明治32年(1899)1月(25歳0ヵ月)
新三役 :明治33年(1900)5月(26歳4ヵ月)
新大関 :明治34年(1901)5月(27歳4ヵ月)
横綱昇進:明治37年(1904)1月(30歳0ヵ月)
最終場所:大正3年(1914)5月(40歳4ヵ月)
生涯戦歴:159勝15敗131休23分2預/199出場(33場所)
生涯勝率:91.4%
優勝等 :幕内優勝1回(次点2)優勝相当6回
幕内戦歴:150勝15敗131休22分2預(32場所)勝率:90.9%
  横綱:83勝10敗108休17分2預(22場所)勝率:89.2%
  大関:37勝3敗9休1分(5場所)勝率:92.5%
  関脇:15勝1敗2休2分(2場所)勝率:93.8%
  前頭:15勝1敗12休2分(3場所)勝率:93.8%
十両戦歴:9勝0敗1分(1場所)勝率:100.0%

梅ヶ谷 藤太郎(2代)

明治後期の相撲黄金期「梅・常陸時代」を築いた立役者

(2代)梅ヶ谷 藤太郎(うめがたに とうたろう)
最高位 :第20代横綱
年寄名跡:11代雷
出身地 :富山県富山市
本 名 :押田 音次郎⇒小江 音次郎
生年月日:明治11年(1878)3月11日
没年月日:昭和2年(1927)9月2日(享年49歳)
所属部屋:雷部屋
改名歴 :梅ノ谷⇒梅ヶ谷
初土俵 :明治25年(1892)6月(14歳3ヵ月)
新十両 :明治30年(1897)1月(18歳10ヵ月)
新入幕 :明治31年(1898)1月(19歳10ヵ月)
新三役 :明治32年(1899)1月(20歳10ヵ月)
新大関 :明治33年(1900)5月(22歳2ヵ月)
横綱昇進:明治37年(1904)1月(25歳10ヵ月)
最終場所:大正4年(1915)6月(37歳3ヵ月)
生涯戦歴:183勝31敗116休48分2預/264出場(39場所)
生涯勝率:85.5%
優勝等 :優勝相当3回
幕内戦歴:168勝27敗116休47分2預(36場所)勝率:86.2%
  横綱:90勝13敗99休37分1預(24場所)勝率:87.4%
  大関:48勝6敗12休4分(7場所)勝率:88.9%
  関脇:6勝2敗1休1分(1場所)勝率:75.0%
  小結:12勝3敗2休3分(2場所)勝率:80.0%
  前頭:12勝3敗2休2分1預(2場所)勝率:80.0%
十両戦歴:15勝4敗1分(2場所)勝率:78.9%

若嶌 権四郎

東京相撲では男前がたたって土俵が疎かになり脱走、大阪相撲に加入すると頭角を現して無敵の存在に。大阪力士として初めて吉田司家から横綱免許を正式に授与された

若嶌 権四郎(わかしま ごんしろう)
最高位 :第21代横綱
年寄名跡:若島(大阪相撲)
出身地 :千葉県市川市
本 名 :高橋 権四郎⇒加藤 権四郎
生年月日:明治9年(1876)1月19日
没年月日:昭和18年(1943)10月23日(享年67歳)
所属部屋:楯山⇒粂川⇒友綱⇒草風(京都)⇒中村(大阪)部屋
改名歴 :松若⇒楯甲⇒若嶌
初土俵 :明治24年(1891)5月・序ノ口(15歳4ヵ月)
新十両 :明治28年(1895)6月(19歳5ヶ月)
新入幕 :明治29年(1896)1月(20歳0ヵ月)(東京)
新入幕 :明治31年(1898)10月(22歳9ヵ月)(大阪)
新大関 :明治34年(1901)5月(25歳4ヶ月)(大阪)
準横綱 :明治35年(1902)6月(26歳5ヶ月)(大阪)
横綱昇進:明治38年(1905)4月(29歳3ヶ月)(大阪)吉田司家
最終場所:明治40年(1907)1月(31歳0ヵ月)
生涯戦歴:82勝32敗16休8分4預/126出場(20場所)
生涯勝率:33.3%
優勝等 :優勝4回(大阪相撲)
幕内戦歴:13勝26敗16休4分1預(6場所)勝率:33.3%(東京)
幕内戦歴:69勝6敗4分3預(14場所)勝率:92.0%(大阪)

太刀山 峰右エ門

強力な突っ張りで「45日の鉄砲」(一月半=一突き半)と恐れられた

太刀山 峰右エ門(たちやま みねえもん)
最高位 :第22代横綱
年寄名跡:7代東関
出身地 :富山県富山市
本 名 :老本 弥次郎
生年月日:明治10年(1877)8月15日
没年月日:昭和16年(1941)4月3日(享年63歳)
所属部屋:友綱部屋
初土俵 :明治33年(1900)5月・幕下付出(22歳9ヵ月)
新十両 :明治35年(1902)1月(24歳5ヵ月)
新入幕 :明治36年(1903)1月(25歳5ヵ月)
新三役 :明治38年(1905)5月(27歳9ヵ月)
新大関 :明治42年(1909)6月(31歳10ヵ月)
横綱昇進:明治44年(1911)6月(33歳10ヵ月)
最終場所:大正7年(1918)1月(40歳5ヵ月)
生涯戦歴:211勝30敗73休11分5預/257出場(33場所)
生涯勝率:87.6%
優勝等 :幕内優勝9回(次点4)
幕内戦歴:195勝27敗73休10分5預(31場所)勝率:87.8%
  横綱:84勝3敗51休1分1預(14場所)勝率:96.6%
  大関:31勝2敗1休4分2預(4場所)勝率:93.9%
  関脇:48勝11敗16休4分1預(8場所)勝率:81.4%
  前頭:32勝11敗5休1分1預(5場所)勝率:74.4%
十両戦歴:16勝3敗1分(2場所)勝率:84.2%

大木戸 森右衛門

大木戸 森右衛門(おおきど もりえもん)
最高位 :第23代横綱
年寄名跡:14代湊
出身地 :兵庫県神戸市東灘区魚崎南町
本 名 :米川 文敏
生年月日:明治9年(1876)5月13日
没年月日:昭和5年(1930)11月7日(享年54歳)
所属部屋:湊部屋(大阪)
改名歴 :大城戸⇒大木戸
初土俵 :明治30年(1896)9月・見習(20歳)
新十両 :明治35年(1902)6月(26歳)
新入幕 :明治36年(1903)1月(27歳)
新三役 :明治37年(1904)1月(28歳)
新大関 :明治38年(1905)5月(29歳)
横綱免許:明治43年(1910)1月(34歳)(大阪協会)
横綱昇進:大正元年(1912)12月(36歳)(東京・吉田司家)
最終場所:大正3年(1914)1月(38歳)
優勝等 :幕内優勝10回(大阪)
幕内戦歴:143勝20敗6分4預(22場所)勝率:87.7%

大正年間の横綱

鳳 谷五郎

強靭な足腰で繰り出す掛け投げが得意で「ケンケン」とあだ名され人気を誇った。引退後は宮城野部屋を継承した

鳳 谷五郎(おおとり たにごろう)
最高位 :第24代横綱
年寄名跡:7代宮城野
出身地 :千葉県印西市
本 名 :瀧田 明
生年月日:明治20年(1887)4月3日
没年月日:昭和31年(1956)11月16日(享年69歳)
所属部屋:宮城野部屋
改名歴 :大鳥⇒鳳
初土俵 :明治36年(1903)5月・(16歳1ヵ月)
新十両 :明治41年(1908)5月(21歳1ヵ月)
新入幕 :明治42年(1909)1月(21歳9ヵ月)
新三役 :明治43年(1910)1月(22歳9ヵ月)
新大関 :大正2年(1913)1月(25歳9ヵ月)
横綱昇進:大正4年(1915)6月(28歳2ヵ月)
最終場所:大正9年(1920)5月(33歳1ヵ月)
生涯戦歴:113勝49敗68休7分11預/180出場(25場所)
生涯勝率:69.8%
優勝等 :幕内優勝2回(次点2)
幕内戦歴:107勝49敗68休6分10預(24場所)勝率:68.6%
  横綱:35勝24敗49休1分1預(11場所)勝率:59.3%
  大関:36勝4敗7休2分1預(5場所)勝率:90.0%
  関脇:9勝7敗2分2預(2場所)勝率:56.3%
  小結:6勝5敗7休2預(2場所)勝率:54.5%
  前頭:21勝9敗5休1分4預(4場所)勝率:70.0%
十両戦歴:6勝0敗1分1預(1場所)勝率:100.0%

西ノ海 嘉治郎(2代)

35歳11ヶ月での高齢初優勝、協会取締役として東西合併にも尽力した

(2代)西ノ海 嘉治郎(にしのうみ かじろう)
最高位 :第25代横綱
年寄名跡:8代井筒
出身地 :鹿児島県西之表市
本 名 :牧瀬 休八⇒近藤 休八
生年月日:明治13年(1880)2月6日
没年月日:昭和6年(1931)1月27日(享年50歳)
所属部屋:高砂⇒佐ノ山⇒井筒部屋
改名歴 :種子ヶ島⇒星甲⇒錦洋⇒西ノ海
初土俵 :明治33年(1900)1月(19歳11ヵ月)
新十両 :明治38年(1905)5月(25歳3ヵ月)
新入幕 :明治39年(1906)5月(26歳3ヵ月)
新三役 :明治41年(1908)1月(27歳11ヵ月)
新大関 :明治43年(1910)1月(29歳11ヵ月)
横綱昇進:大正5年(1916)5月(36歳3ヵ月)
最終場所:大正7年(1918)5月(38歳3ヵ月)
生涯戦歴:117勝43敗70休29分11預/200出場(28場所)
生涯勝率:73.1%
優勝等 :幕内優勝1回(次点1)
幕内戦歴:106勝38敗70休27分9預(25場所)勝率:73.6%
  横綱:12勝5敗33休(5場所)勝率:70.6%
  大関:63勝22敗19休18分8預(13場所)勝率:74.1%
  関脇:19勝5敗10休6分(4場所)勝率:79.2%
  前頭:12勝6敗8休3分1預(3場所)勝率:66.7%
十両戦歴:11勝5敗2分2預(2場所)勝率:68.8%

大錦 夘一郎

大錦 夘一郎(おおにしき ういちろう)
最高位 :第26代横綱
出身地 :大阪府大阪市
本 名 :細川 夘一郎
生年月日:明治24年(1891)11月25日
没年月日:昭和16年(1941)5月13日(享年49歳)
所属部屋:出羽海部屋
初土俵 :明治43年(1910)1月(18歳2ヵ月)
新十両 :大正3年(1914)1月(22歳2ヵ月)
新入幕 :大正4年(1915)1月(23歳2ヵ月)
新三役 :大正4年(1915)6月(23歳7ヵ月)
新大関 :大正5年(1916)1月(24歳2ヵ月)
横綱昇進:大正6年(1917)5月(25歳6ヵ月)
最終場所:大正12年(1923)1月(31歳2ヵ月)
生涯戦歴:134勝16敗32休3分2預/155出場(21場所)
生涯勝率:89.3%
優勝等 :幕内優勝5回(次点4),十両優勝1回,序二段優勝1回
幕内戦歴:119勝16敗32休3分(17場所)勝率:88.1%
  横綱:77勝9敗31休3分(12場所)勝率:89.5%
  大関:25勝5敗(3場所)勝率:83.3%
  小結:9勝1敗(1場所)勝率:90.0%
  前頭:8勝1敗1休(1場所)勝率:88.9%
十両戦歴:10勝0敗2預(2場所)勝率:100.0%

栃木山 守也

横綱在位中の勝率は93.5%!近代最強力士との声も

栃木山 守也(とちぎやま もりや)
最高位 :第27代横綱
年寄名跡:8代春日野
出身地 :栃木県下都賀郡
本 名 :横田 守也⇒中田 守也
生年月日:明治25年(1892)2月5日
没年月日:昭和34年(1959)10月3日(享年67歳)
所属部屋:出羽海部屋
初土俵 :明治44年(1911)2月(19歳0ヵ月)
新十両 :大正3年(1914)1月(21歳11ヵ月)
新入幕 :大正4年(1915)1月(22歳11ヵ月)
新三役 :大正5年(1916)5月(24歳3ヵ月)
新大関 :大正6年(1917)5月(25歳3ヵ月)
横綱昇進:大正7年(1918)5月(26歳3ヵ月)
最終場所:大正14年(1925)5月(33歳3ヵ月)
生涯戦歴:197勝26敗24休7分5預/235出場(30場所)
生涯勝率:88.3%
優勝等 :幕内優勝9回(次点4),幕下優勝1回
成 績 :金星2個
幕内戦歴:166勝23敗24休7分4預(22場所)勝率:87.8%
  横綱:115勝8敗22休6分3預(15場所)勝率:93.5%
  大関:19勝0敗1預(2場所)勝率:100.0%
  関脇:6勝3敗1休(1場所)勝率:66.7%
  小結:6勝3敗1休(1場所)勝率:66.7%
  前頭:20勝9敗1分(3場所)勝率:69.0%
十両戦歴:9勝2敗(2場所)勝率:81.8%

大錦 大五郎

大阪相撲の3人目の横綱で公認された第28代横綱

大錦 大五郎(おおにしき だいごろう)
最高位 :第28代横綱
年寄名跡:12代朝日山⇒一代頭取・大錦
出身地 :愛知県海部郡鍋田村
本 名 :渡邊⇒山田 吉三郎⇒鳥井 吉三郎
生年月日:明治16年(1883)3月20日
没年月日:昭和18年(1943)5月16日(享年60歳)
所属部屋:伊呂波(京都)⇒北陣(大阪)⇒朝日山部屋(大阪)
改名歴 :大錦⇒朝日山⇒大錦
初土俵 :明治36年(1903)1月・三段目付出(19歳10ヶ月)
新十両 :明治38年(1905)6月(22歳3ヵ月)
新入幕 :明治39年(1906)2月(22歳11ヵ月)
新三役 :明治40年(1907)6月(24歳3ヵ月)
新大関 :明治43年(1910)6月(27歳3ヵ月)
横綱昇進:大正7年(1918)4月(35歳1ヵ月)
最終場所:大正11年(1922)1月(38歳10ヵ月)
幕内戦歴:156勝48敗14分10預
勝率  :76.5%
優勝等 :優勝6回(大阪)

宮城山 福松

東京相撲から大阪相撲へと転身、大阪で大成した大阪相撲最後の横綱。東西合併後、初めて行われた本場所では見事優勝。「大阪相撲は格下」との悪評を覆して面目を施した

宮城山 福松(みやぎやま ふくまつ)
最高位 :第29代横綱
年寄名跡:9代白玉6代芝田山
出身地 :岩手県一関市
本 名 :佐藤 福松
生年月日:明治28年(1895)2月27日
没年月日:昭和18年(1943)11月19日(享年48歳)
所属部屋:出羽ノ海⇒高田川部屋
改名歴 :岩手川⇒宮木山⇒宮城山
初土俵 :明治43年(1910)6月(15歳)東京
新入幕 :大正5年(1916)6月(21歳4ヵ月)大阪
新三役 :大正6年(1917)1月(21歳11ヵ月)大阪
新大関 :大正6年(1917)1月場所後(21歳11ヵ月)大阪
横綱昇進:大正11年(1922)1月場所後(26歳11ヵ月)大阪
東京横綱:昭和2年(1927)1月(31歳11ヵ月)東京
最終場所:昭和6年(1931)3月(36歳1ヵ月)
生涯戦歴:104勝76敗26休1分/176出場(22場所)
生涯勝率:57.8%
優勝等 :幕内優勝2回(次点1)
幕内戦歴:90勝70敗26休1分(17場所)勝率:56.3%
  横綱:90勝70敗26休1分(17場所)勝率:56.3%

西ノ海 嘉治郎(3代)

「三河島事件」の影響で幕内優勝経験のないまま横綱に推された

(3代)西ノ海 嘉治郎(にしのうみ かじろう)
最高位 :第30代横綱
年寄名跡:5代浅香山
出身地 :鹿児島県姶良郡
本 名 :松山 伊勢助
生年月日:明治23年(1890)11月2日
没年月日:昭和8年(1933)7月28日(享年42歳)
所属部屋:井筒部屋
改名歴 :源氏山⇒西ノ海
初土俵 :明治43年(1910)1月(19歳2ヵ月)
新十両 :大正4年(1915)1月(24歳2ヵ月)
新入幕 :大正5年(1916)1月(25歳2ヵ月)
新三役 :大正7年(1918)5月(27歳6ヵ月)
新大関 :大正11年(1922)1月(31歳2ヵ月)
横綱昇進:大正12年(1923)5月(32歳6ヵ月)
最終場所:昭和3年(1928)10月(37歳11ヵ月)
生涯戦歴:176勝69敗121休4分2預/250出場(42場所)
生涯勝率:71.8%
優勝等 :幕内優勝1回(次点4),十両優勝1回,幕下優勝1回,序二段優勝1回
成 績 :金星1個
幕内戦歴:134勝60敗116休2分2預(30場所)勝率:69.1%
  横綱:49勝19敗95休1預(15場所)勝率:72.1%
  大関:15勝4敗10休1分(3場所)勝率:78.9%
  関脇:17勝12敗1預(3場所)勝率:58.6%
  小結:12勝5敗3休(2場所)勝率:70.6%
  前頭:41勝20敗8休1分(7場所)勝率:67.2%
十両戦歴:10勝2敗1分(2場所)勝率:83.3%

常ノ花 寛市

華やかな投技で人気だった横綱。戦後の混乱期には理事長として敏腕を振るい協会の礎を築く

常ノ花 寛市(つねのはな かんいち)
最高位 :第31代横綱
年寄名跡:9代藤島⇒7代出羽海
出身地 :岡山県岡山市
本 名 :山野辺 寛一
生年月日:明治29年(1896)11月23日
没年月日:昭和35年(1960)11月28日(享年64歳)
所属部屋:出羽海部屋
初土俵 :明治43年(1910)1月(13歳2ヵ月)
新十両 :大正4年(1915)6月(18歳7ヵ月)
新入幕 :大正6年(1917)5月(20歳6ヵ月)
新三役 :大正8年(1919)1月(22歳2ヵ月)
新大関 :大正9年(1920)5月(23歳6ヵ月)
横綱昇進:大正13年(1924)5月(27歳6ヵ月)
最終場所:昭和5年(1930)10月(33歳11ヵ月)
生涯戦歴:263勝81敗66休8分10預/361出場(49場所)
生涯勝率:76.5%
優勝等 :幕内優勝10回(次点4),十両優勝1回
幕内戦歴:221勝58敗66休8分6預(34場所)勝率:79.2%
  横綱:131勝31敗52休3分1預(20場所)勝率:80.9%
  大関:52勝13敗10休4分2預(8場所)勝率:80.0%
  関脇:19勝6敗2休1分2預(3場所)勝率:76.0%
  前頭:19勝8敗2休1預(3場所)勝率:70.4%
十両戦歴:14勝8敗2預(4場所)勝率:63.6%

昭和年間の横綱

玉錦 三右エ門

玉錦 三右エ門(たまにしき さんえもん)
最高位 :第32代横綱
年寄名跡:6代二所ノ関
出身地 :高知県高知市
本 名 :西ノ内 彌寿喜
生年月日:明治36年(1903)12月15日
没年月日:昭和13年(1938)12月4日(享年34歳)
所属部屋:二所ノ関部屋
初土俵 :大正8年(1919)1月(15歳1ヵ月)
新十両 :大正14年(1925)1月(21歳1ヵ月)
新入幕 :大正15年(1926)1月(22歳1ヵ月)
新三役 :昭和3年(1928)1月(24歳1ヵ月)
新大関 :昭和5年(1930)5月(26歳5ヵ月)
横綱昇進:昭和8年(1933)1月(29歳1ヵ月)
最終場所:昭和13年(1938)5月(34歳5ヵ月)
生涯戦歴:350勝114敗17休3分1預/466出場(53場所)
生涯勝率:75.4%
優勝等 :幕内優勝9回(次点11)
成 績 :金星1個
幕内戦歴:308勝92敗17休3分(39場所)勝率:77.0%
  横綱:104勝18敗15休1分(12場所)勝率:85.2%
  大関:86勝20敗(11場所)勝率:81.1%
  関脇:67勝21敗(8場所)勝率:76.1%
  小結:14勝7敗1分(2場所)勝率:66.7%
  前頭:37勝26敗2休1分(6場所)勝率:58.7%
十両戦歴:10勝3敗(2場所)勝率:76.9%

武藏山 武

初土俵から一気に番付を駆け上がるも、痛めていた右肘は横綱で悲鳴をあげた

武藏山 武(むさしやま たけし)
最高位 :第33代横綱
年寄名跡:10代出来山⇒7代不知火
出身地 :神奈川県横浜市
本 名 :横山 武
生年月日:明治42年(1909)12月5日
没年月日:昭和44年(1969)3月15日(享年59歳)
所属部屋:出羽海部屋
初土俵 :大正15年(1926)1月(16歳1ヵ月)
新十両 :昭和4年(1929)1月(19歳1ヵ月)
新入幕 :昭和4年(1929)5月(19歳5ヵ月)
新三役 :昭和5年(1930)5月(20歳5ヵ月)
新大関 :昭和7年(1932)1月(22歳1ヵ月)
横綱昇進:昭和11年(1936)1月(26歳1ヵ月)
最終場所:昭和14年(1939)5月(29歳5ヵ月)
生涯戦歴:240勝79敗71休2分/318出場(41場所)
生涯勝率:75.2%
優勝等 :幕内優勝1回(次点7),十両優勝1回,幕下優勝1回,序二段優勝1回
成 績 :金星2個
幕内戦歴:174勝69敗71休2分(29場所)勝率:71.6%
  横綱:15勝15敗70休(8場所)勝率:50.0%
  大関:76勝28敗2分(11場所)勝率:73.1%
  小結:50勝15敗1休(6場所)勝率:76.9%
  前頭:33勝11敗(4場所)勝率:75.0%
十両戦歴:20勝2敗(2場所)勝率:90.9%

男女ノ川 登三

四股名は筑波山に源流を持つ川の名から。仁王様のような風貌と怪力で強かったが、勝負にムラがあり意外に脆い面も。引退後は理事を務めたこともあったがその後、衆院選に出馬したり、保険の外交員や私立探偵をしたりと転々とした後半生を送った

男女ノ川 登三(みなのがわ とうぞう)
最高位 :第34代横綱
年寄名跡:横綱特権・男女ノ川
出身地 :茨城県つくば市
本 名 :坂田 供次郎
生年月日:明治36年(1903)9月17日
没年月日:昭和46年(1971)1月20日(享年67歳)
所属部屋:高砂⇒佐渡ヶ嶽⇒高砂⇒佐渡ヶ嶽部屋
改名歴 :男女ノ川⇒朝潮⇒男女ノ川
初土俵 :大正13年(1924)1月(20歳4ヵ月)
新十両 :昭和2年(1927)1月(23歳4ヵ月)
新入幕 :昭和3年(1928)1月(24歳4ヵ月)
新三役 :昭和5年(1930)1月(26歳4ヵ月)
新大関 :昭和9年(1934)5月(30歳8ヵ月)
横綱昇進:昭和11年(1936)5月(32歳8ヵ月)
最終場所:昭和17年(1942)1月(38歳4ヵ月)
生涯戦歴:294勝155敗34休1分/449出場(46場所)
生涯勝率:65.5%
優勝等 :幕内優勝2回(次点5),三段目優勝1回
成 績 :金星2個
幕内戦歴:247勝136敗33休1分(36場所)勝率:64.5%
  横綱:87勝55敗22休(12場所)勝率:61.3%
  大関:31勝13敗(4場所)勝率:70.5%
  関脇:27勝17敗11休(5場所)勝率:61.4%
  小結:22勝11敗(3場所)勝率:66.7%
  前頭:80勝40敗1分(12場所)勝率:66.7%
十両戦歴:23勝13敗1休(4場所)勝率:63.9%

双葉山 定次

双葉山 定次(ふたばやま さだじ)
最高位 :第35代横綱
年寄名跡:横綱特権・双葉山12代時津風
出身地 :大分県宇佐市
本 名 :穐吉 定次
生年月日:明治45年(1912)2月9日
没年月日:昭和43年(1968)12月16日(享年56歳)
所属部屋:立浪⇒双葉山相撲道場
初土俵 :昭和2年(1927)3月(15歳1ヵ月)
新十両 :昭和6年(1931)5月(19歳3ヵ月)
新入幕 :昭和7年(1932)2月(20歳0ヵ月)
新三役 :昭和10年(1935)1月(22歳11ヵ月)
新大関 :昭和12年(1937)1月(24歳11ヵ月)
横綱昇進:昭和13年(1938)1月(25歳11ヵ月)
最終場所:昭和20年(1945)11月(33歳9ヵ月)
生涯戦歴:348勝116敗33休1分/463出場(51場所)
生涯勝率:75.0%
優勝等 :幕内優勝12回(次点4)
成 績 :金星1個
幕内戦歴:276勝68敗33休1分(31場所)勝率:80.2%
  横綱:180勝24敗22休(17場所)勝率:88.2%
  大関:24勝0敗(2場所)勝率:100.0%
  関脇:11勝0敗(1場所)勝率:100.0%
  小結:4勝6敗1分(1場所)勝率:40.0%
  前頭:57勝38敗11休(10場所)勝率:60.0%
十両戦歴:10勝12敗(3場所)勝率:45.5%

羽黒山 政司

羽黒山 政司(はぐろやま まさじ)
最高位 :第36代横綱
年寄名跡:横綱特権・羽黒山⇒5代立浪
出身地 :新潟県西蒲原郡
本 名 :小林 正治
生年月日:大正3年(1914)11月18日
没年月日:昭和44年(1969)10月14日(享年54歳)
所属部屋:立浪部屋
初土俵 :昭和9年(1934)1月(19歳2ヵ月)
新十両 :昭和12年(1937)1月(22歳2ヵ月)
新入幕 :昭和12年(1937)5月(22歳6ヵ月)
新三役 :昭和13年(1938)5月(23歳6ヵ月)
新大関 :昭和15年(1940)1月(25歳2ヵ月)
横綱昇進:昭和17年(1942)1月(27歳2ヵ月)
最終場所:昭和28年(1953)9月(38歳10ヵ月)
生涯戦歴:359勝99敗117休1分/452出場(46場所)
生涯勝率:78.4%
優勝等 :幕内優勝7回(次点6),十両優勝1回,幕下優勝1回,三段目優勝1回,序二段優勝1回,序ノ口優勝1回
幕内戦歴:321勝94敗117休1分(39場所)勝率:77.3%
  横綱:230勝62敗114休(30場所)勝率:78.8%
  大関:46勝11敗3休(4場所)勝率:80.7%
  関脇:11勝4敗(1場所)勝率:73.3%
  小結:15勝10敗1分(2場所)勝率:60.0%
  前頭:19勝7敗(2場所)勝率:73.1%
十両戦歴:9勝2敗(1場所)勝率:81.8%

安藝ノ海 節男

双葉山の連勝を止めた世紀の1番は前頭4枚目の時、のちに横綱へと昇進

安藝ノ海 節男(あきのうみ せつお)
最高位 :第37代横綱
年寄名跡:8代不知火⇒10代藤島
出身地 :広島県広島市
本 名 :永田 節男
生年月日:大正3年(1914)5月30日
没年月日:昭和54年(1979)3月25日(享年64歳)
所属部屋:出羽海部屋
改名歴 :永田⇒安藝ノ海
初土俵 :昭和7年(1932)2月(17歳9ヵ月)
新十両 :昭和11年(1936)1月(21歳8ヵ月)
新入幕 :昭和13年(1938)1月(23歳8ヵ月)
新三役 :昭和15年(1940)1月(25歳8ヵ月)
新大関 :昭和16年(1941)1月(26歳8ヵ月)
横綱昇進:昭和18年(1943)1月(28歳8ヵ月)
最終場所:昭和21年(1946)11月(32歳6ヵ月)
生涯戦歴:209勝101敗38休/309出場(32場所)
生涯勝率:67.4%
優勝等 :幕内優勝1回(次点3),序ノ口優勝1回
成 績 :金星1個
幕内戦歴:142勝59敗38休(18場所)勝率:70.6%
  横綱:38勝19敗38休(8場所)勝率:66.7%
  大関:47勝13敗(4場所)勝率:78.3%
  関脇:24勝6敗(2場所)勝率:80.0%
  前頭:33勝21敗(4場所)勝率:61.1%
十両戦歴:28勝18敗(4場所)勝率:60.9%

照國 万藏

「桜色の音楽」と形容さた巧みな前さばきとリズミカルな寄り身は天才的。優勝のないまま横綱に昇進、その後もなかなか賜杯に届かなかったが実に昇進7年目にして初優勝を遂げた。引退後は10代荒磯、そして6代伊勢ヶ濱として大関・清國らを育てあげた

照國 万藏(てるくに まんぞう)
最高位 :第38代横綱
年寄名跡:10代荒磯6代伊勢ヶ濱
出身地 :秋田県雄勝郡
本 名 :菅 萬藏⇒大野 萬藏
生年月日:大正8年(1919)1月10日
没年月日:昭和52年(1977)3月20日(享年58歳)
所属部屋:伊勢ヶ濱部屋
初土俵 :昭和10年(1935)1月(16歳0ヵ月)
新十両 :昭和13年(1938)1月(19歳0ヵ月)
新入幕 :昭和14年(1939)5月(20歳4ヵ月)
新三役 :昭和15年(1940)5月(21歳4ヵ月)
新大関 :昭和17年(1942)1月(23歳0ヵ月)
横綱昇進:昭和18年(1943)1月(24歳0ヵ月)
最終場所:昭和28年(1953)1月(34歳0ヵ月)
生涯戦歴:318勝112敗74休/422出場(41場所)
生涯勝率:74.0%
優勝等 :幕内優勝2回(次点5),十両優勝1回,幕下優勝1回
成 績 :金星1個
幕内戦歴:271勝91敗74休(32場所)勝率:74.9%
  横綱:187勝70敗74休(25場所)勝率:72.8%
  大関:25勝5敗(2場所)勝率:83.3%
  関脇:36勝9敗(3場所)勝率:80.0%
  前頭:23勝7敗(2場所)勝率:76.7%
十両戦歴:17勝9敗(2場所)勝率:65.4%

前田山 英五郎

休場中の日米野球観戦が問題となり引退勧告、横綱としては短命に終わったが名大関だったとの評価も

前田山 英五郎(まえだやま えいごろう)
最高位 :第39代横綱
年寄名跡:4代高砂
出身地 :愛媛県西宇和郡
本 名 :萩森 金松
生年月日:大正3年(1914)5月4日
没年月日:昭和46年(1971)8月17日(享年57歳)
所属部屋:高砂部屋
改名歴 :喜木山⇒佐田岬⇒前田山
初土俵 :昭和4年(1929)1月(14歳8ヵ月)
新十両 :昭和9年(1934)1月(19歳8ヵ月)
新入幕 :昭和12年(1937)1月(22歳8ヵ月)
新三役 :昭和13年(1938)1月(23歳8ヵ月)
新大関 :昭和13年(1938)5月(24歳0ヵ月)
横綱昇進:昭和22年(1947)11月(33歳6ヵ月)
最終場所:昭和24年(1949)10月(35歳5ヵ月)
生涯戦歴:306勝153敗50休/451出場(52場所)
生涯勝率:66.7%
優勝等 :幕内優勝1回(同点1・次点2),十両優勝1回,幕下優勝1回
幕内戦歴:206勝104敗39休(27場所)勝率:66.5%
  横綱:24勝27敗25休(6場所)勝率:47.1%
  大関:155勝67敗14休(18場所)勝率:69.8%
  小結:11勝2敗(1場所)勝率:84.6%
  前頭:16勝8敗(2場所)勝率:66.7%
十両戦歴:18勝4敗(3場所)勝率:81.8%

東富士 欽壹

東富士 欽壹(あずまふじ きんいち)
最高位 :第40代横綱
年寄名跡:7代錦戸
出身地 :東京都台東区
本 名 :井上 謹一
生年月日:大正10年(1921)10月28日
没年月日:昭和48年(1973)7月31日(享年51歳)
所属部屋:高砂部屋
改名歴 :東冨士⇒東富士
初土俵 :昭和11年(1936)1月(14歳3ヵ月)
新十両 :昭和17年(1942)1月(20歳3ヵ月)
新入幕 :昭和18年(1943)5月(21歳7ヵ月)
新三役 :昭和19年(1944)11月(23歳1ヵ月)
新大関 :昭和20年(1945)11月(24歳1ヵ月)
横綱昇進:昭和24年(1949)1月(27歳3ヵ月)
最終場所:昭和29年(1954)9月(32歳11ヵ月)
生涯戦歴:335勝137敗54休1分1預/466出場(46場所)
生涯勝率:71.0%
優勝等 :幕内優勝6回(同点2・次点4),十両優勝1回,幕下優勝1回
幕内戦歴:261勝104敗54休1分1預(31場所)勝率:71.5%
  横綱:172勝74敗50休1分1預(20場所)勝率:69.9%
  大関:51勝15敗(6場所)勝率:77.3%
  関脇:15勝2敗(2場所)勝率:88.2%
  前頭:23勝13敗4休(3場所)勝率:63.9%
十両戦歴:33勝12敗(3場所)勝率:73.3%

千代の山 雅信

部屋の継承を巡って耐え忍んだが出羽海一門からの破門を条件に独立、当時大関だった北の冨士らを連れて九重部屋を興す

千代の山 雅信(ちよのやま まさのぶ)
最高位 :第41代横綱
年寄名跡:横綱特権・千代の山⇒11代九重
出身地 :北海道松前郡
本 名 :杉村 昌治
生年月日:大正15年(1926)6月2日
没年月日:昭和52年(1977)10月29日(享年51歳)
所属部屋:出羽海部屋
改名歴 :杉村⇒千代ノ山⇒千代の山
初土俵 :昭和17年(1942)1月・本中(15歳7ヵ月)
新十両 :昭和19年(1944)11月(18歳5ヵ月)
新入幕 :昭和20年(1945)11月(19歳5ヵ月)
新三役 :昭和22年(1947)6月(21歳0ヵ月)
新大関 :昭和24年(1949)10月(23歳4ヵ月)
横綱昇進:昭和26年(1951)9月(25歳3ヵ月)
最終場所:昭和34年(1959)1月(32歳7ヵ月)
生涯戦歴:407勝158敗147休2分/561出場(54場所)
生涯勝率:72.0%
優勝等 :幕内優勝6回(次点6),十両優勝2回
成 績 :殊勲賞1回,敢闘賞1回,金星3個
幕内戦歴:366勝149敗147休2分(46場所)勝率:71.1%
  横綱:239勝103敗137休1分(32場所)勝率:69.9%
  大関:67勝23敗(6場所)勝率:74.4%
  関脇:24勝14敗10休1分(4場所)勝率:63.2%
  前頭:36勝9敗(4場所)勝率:80.0%
十両戦歴:14勝3敗(2場所)勝率:82.4%

鏡里 喜代治

8代粂川(大関・鏡岩)の弟子で師匠とともに双葉山道場に合流、その双葉山の手で育てられた横綱は堂々とした太鼓腹で土俵入りが美しかった。時津風(双葉山)の死後、いっとき時津風を襲名したが先代の遺志は大関・豊山への継承を望んでいたと知り、部屋を去った

鏡里 喜代治(かがみさと きよじ)
最高位 :第42代横綱
年寄名跡:横綱特権・鏡里⇒10代粂川⇒13代立田川⇒13代時津風13代立田川⇒10代二十山
出身地 :青森県三戸郡
本 名 :奥山 喜世治
生年月日:大正12年(1923)4月30日
没年月日:平成16年(2004)2月29日(享年80歳)
所属部屋:粂川⇒双葉山⇒時津風部屋
初土俵 :昭和16年(1941)1月(17歳9ヵ月)
新十両 :昭和20年(1945)11月(22歳7ヵ月)
新入幕 :昭和22年(1947)6月(24歳2ヵ月)
新三役 :昭和25年(1950)1月(26歳9ヵ月)
新大関 :昭和26年(1951)5月(28歳1ヵ月)
横綱昇進:昭和28年(1953)3月(29歳11ヵ月)
最終場所:昭和33年(1958)1月(34歳9ヵ月)
生涯戦歴:415勝189敗33休/602出場(50場所)
生涯勝率:68.7%
優勝等 :幕内優勝4回(次点5),三段目優勝1回,序二段優勝1回
成 績 :殊勲賞1回,敢闘賞1回,金星2個
幕内戦歴:360勝163敗28休(38場所)勝率:68.8%
  横綱:199勝88敗28休(21場所)勝率:69.3%
  大関:70勝20敗(6場所)勝率:77.8%
  関脇:39勝21敗(4場所)勝率:65.0%
  前頭:52勝34敗(7場所)勝率:60.5%
十両戦歴:15勝8敗(2場所)勝率:65.2%

吉葉山 潤之輔

伸び盛りの時期に応召、6年間の戦地で銃弾を浴びたことも。自身初であり唯一の優勝は全勝優勝、大雪降るなか行われた優勝パレードは全国からファンが集まり「雪の全勝行進」と呼ばれた

吉葉山 潤之輔(よしばやま じゅんのすけ)
最高位 :第43代横綱
年寄名跡:横綱特権・吉葉山⇒8代宮城野
出身地 :北海道厚田郡
本 名 :池田 潤之輔
生年月日:大正9年(1920)4月3日
没年月日:昭和52年(1977)11月26日(享年57歳)
所属部屋:高島部屋
改名歴 :北糖山⇒吉葉山
初土俵 :昭和13年(1938)5月(18歳1ヵ月)
新十両 :昭和22年(1947)6月(27歳2ヵ月)
新入幕 :昭和22年(1947)11月(27歳7ヵ月)
新三役 :昭和25年(1950)9月(30歳5ヵ月)
新大関 :昭和26年(1951)5月(31歳1ヵ月)
横綱昇進:昭和29年(1954)3月(33歳11ヵ月)
最終場所:昭和33年(1958)1月(37歳9ヵ月)
生涯戦歴:357勝171敗85休1預/521出場(47場所)
生涯勝率:67.6%
優勝等 :幕内優勝1回(同点1・次点4),十両同点1回,幕下優勝1回
成 績 :殊勲賞3回,金星2個
幕内戦歴:304勝151敗85休1預(37場所)勝率:66.8%
  横綱:109勝67敗79休(17場所)勝率:61.9%
  大関:109勝34敗6休1預(10場所)勝率:76.2%
  関脇:26勝4敗(2場所)勝率:86.7%
  前頭:60勝46敗(8場所)勝率:56.6%
十両戦歴:9勝1敗(1場所)勝率:90.0%

栃錦 清隆

若乃花との「栃若」はテレビを通じて全国のファンを熱狂させた

栃錦 清隆(とちにしき きよたか)
最高位 :第44代横綱
年寄名跡:9代春日野
出身地 :東京都江戸川区
本 名 :大塚 清⇒中田 清
生年月日:大正14年(1925)2月20日
没年月日:平成2年(1990)1月10日(享年64歳)
所属部屋:春日野部屋
改名歴 :大塚⇒栃錦
初土俵 :昭和14年(1939)1月(13歳11ヵ月)
新十両 :昭和19年(1944)5月(19歳3ヵ月)
新入幕 :昭和22年(1947)6月(22歳4ヵ月)
新三役 :昭和25年(1950)1月(24歳11ヵ月)
新大関 :昭和28年(1953)1月(27歳11ヵ月)
横綱昇進:昭和30年(1955)1月(29歳11ヵ月)
最終場所:昭和35年(1960)5月(35歳3ヵ月)
生涯戦歴:578勝245敗44休1分1預/821出場(66場所)
生涯勝率:70.2%
優勝等 :幕内優勝10回(同点1・次点8)
成 績 :殊勲賞1回,技能賞9回,金星1個
幕内戦歴:513勝203敗44休1分(52場所)勝率:71.6%
  横綱:292勝84敗44休(28場所)勝率:77.7%
  大関:92勝28敗(8場所)勝率:76.7%
  関脇:43勝17敗(4場所)勝率:71.7%
  小結:22勝23敗(3場所)勝率:48.9%
  前頭:64勝51敗1分(9場所)勝率:55.7%
十両戦歴:18勝14敗1預(3場所)勝率:56.3%

若乃花 幹士(初代)

盟友栃錦と共に「栃若時代」と呼ばれる相撲黄金期を築く。栃錦との史上初横綱同士の千秋楽全勝対決を制した「土俵の鬼」は、師匠としても数々の名力士を育てた

(初代)若乃花 幹士(わかのはな かんじ)
最高位 :第45代横綱
年寄名跡:10代二子山⇒13代藤島
出身地 :北海道室蘭市 ⇒ 青森県弘前市
本 名 :花田 勝治
生年月日:昭和3年(1928)3月16日
没年月日:平成22年(2010)9月1日(享年82歳)
所属部屋:二所ノ関⇒芝田山⇒花籠部屋
改名歴 :若ノ花⇒若乃花
初土俵 :昭和21年(1946)11月(18歳8ヵ月)
新十両 :昭和24年(1949)5月(21歳2ヵ月)
新入幕 :昭和25年(1950)1月(21歳10ヵ月)
新三役 :昭和26年(1951)9月(23歳6ヵ月)
新大関 :昭和31年(1956)1月(27歳10ヵ月)
横綱昇進:昭和33年(1958)3月(30歳0ヵ月)
最終場所:昭和37年(1962)5月(34歳2ヵ月)
生涯戦歴:593勝253敗70休4分/844出場(65場所)
生涯勝率:70.1%
優勝等 :幕内優勝10回(同点1・次点6),十両同点1回,三段目優勝1回,序二段優勝1回
成 績 :殊勲賞2回,敢闘賞2回,技能賞1回,金星6個
幕内戦歴:546勝235敗70休4分(57場所)勝率:69.9%
  横綱:254勝66敗69休1分(26場所)勝率:79.4%
  大関:117勝32敗1休(10場所)勝率:78.5%
  関脇:72勝45敗3分(8場所)勝率:61.5%
  小結:20勝25敗(3場所)勝率:44.4%
  前頭:83勝67敗(10場所)勝率:55.3%
十両戦歴:20勝10敗(2場所)勝率:66.7%

朝潮 太郎(3代)

太い眉毛と胸毛がトレードマーク、横綱昇進後は脊椎分離症に悩まされた。引退後は部屋を継承し4代朝潮や小錦、水戸泉らを育てた

(3代)朝汐 太郎(あさしお たろう)
最高位 :第46代横綱
年寄名跡:横綱5年・朝潮⇒13代振分5代高砂
出身地 :兵庫県神戸市
本 名 :米川 文敏
生年月日:昭和4年(1929)11月13日
没年月日:昭和63年(1988)10月23日(享年58歳)
所属部屋:高砂部屋
改名歴 :米川⇒朝潮⇒朝汐⇒朝潮
初土俵 :昭和23年(1948)10月・新序(18歳11ヵ月)
新十両 :昭和25年(1950)9月(20歳10ヵ月)
新入幕 :昭和26年(1951)1月(21歳2ヵ月)
新三役 :昭和28年(1953)1月(23歳2ヵ月)
新大関 :昭和32年(1957)5月(27歳6ヵ月)
横綱昇進:昭和34年(1959)5月(29歳6ヵ月)
最終場所:昭和37年(1962)1月(32歳2ヵ月)
生涯戦歴:501勝270敗101休/766出場(59場所)
生涯勝率:65.0%
優勝等 :幕内優勝5回(次点3),十両優勝1回
成 績 :殊勲賞4回,金星7個
幕内戦歴:431勝248敗101休(52場所)勝率:63.5%
  横綱:102勝58敗95休(17場所)勝率:63.8%
  大関:117勝42敗6休(11場所)勝率:73.6%
  関脇:94勝56敗(10場所)勝率:62.7%
  小結:47勝43敗(6場所)勝率:52.2%
  前頭:71勝49敗(8場所)勝率:59.2%
十両戦歴:14勝1敗(1場所)勝率:93.3%

柏戸 剛

大鵬と共に横綱同時昇進、互いに切磋琢磨して「柏鵬時代」と呼ばれる相撲黄金期を築いた。引退後は鏡山部屋を興す

柏戸 剛(かしわど つよし)
最高位 :第47代横綱
年寄名跡:7代鏡山
出身地 :山形県東田川郡櫛引町
本 名 :富樫 剛
生年月日:昭和13年(1938)11月29日
没年月日:平成8年(1996)12月8日(享年58歳)
所属部屋:伊勢ノ海部屋
改名歴 :富樫⇒柏戸
初土俵 :昭和29年(1954)9月(15歳10ヵ月)
新十両 :昭和32年(1957)11月(19歳0ヵ月)
新入幕 :昭和33年(1958)9月(19歳10ヵ月)
新三役 :昭和34年(1959)11月(21歳0ヵ月)
新大関 :昭和35年(1960)9月(21歳10ヵ月)
横綱昇進:昭和36年(1961)11月(23歳0ヵ月)
最終場所:昭和44年(1969)7月(30歳8ヵ月)
生涯戦歴:715勝295敗140休/1003出場(84場所)
生涯勝率:70.8%
優勝等 :幕内優勝5回(同点2・次点13),十両優勝1回(同点1),幕下優勝1回
成 績 :殊勲賞2回,敢闘賞2回,技能賞4回
幕内戦歴:599勝240敗140休(66場所)勝率:71.4%
  横綱:407勝147敗140休(47場所)勝率:73.5%
  大関:81勝24敗(7場所)勝率:77.1%
  関脇:30勝15敗(3場所)勝率:66.7%
  小結:17勝13敗(2場所)勝率:56.7%
  前頭:64勝41敗(7場所)勝率:61.0%
十両戦歴:50勝25敗(5場所)勝率:66.7%

大鵬 幸喜

6連覇2回を含む優勝32回など数々の記録を樹立、柏戸と共に「柏鵬時代」を築く。没後に角界2人目となる国民栄誉賞が贈られた

大鵬 幸喜(たいほう こうき)
最高位 :第48代横綱
年寄名跡:一代年寄・大鵬
出身地 :北海道川上郡弟子屈町
本 名 :納谷 幸喜⇒住吉 幸喜⇒納谷 幸喜
生年月日:昭和15年(1940)5月29日
没年月日:平成25年(2013)1月19日(享年72歳)
所属部屋:二所ノ関部屋
改名歴 :納谷⇒大鵬
初土俵 :昭和31年(1956)9月(16歳4ヵ月)
新十両 :昭和34年(1959)5月(19歳0ヵ月)
新入幕 :昭和35年(1960)1月(19歳8ヵ月)
新三役 :昭和35年(1960)7月(20歳2ヵ月)
新大関 :昭和36年(1961)1月(20歳8ヵ月)
横綱昇進:昭和36年(1961)11月(21歳6ヵ月)
最終場所:昭和46年(1971)5月(31歳0ヵ月)
生涯戦歴:872勝182敗136休/1045出場(87場所)
生涯勝率:82.7%
優勝等 :幕内優勝32回(同点2・次点10),十両優勝1回,幕下同点1回,三段目優勝1回
成 績 :敢闘賞2回,技能賞1回,金星1個
幕内戦歴:746勝144敗136休(69場所)勝率:83.8%
  横綱:622勝103敗136休(58場所)勝率:85.8%
  大関:58勝17敗(5場所)勝率:77.3%
  関脇:25勝5敗(2場所)勝率:83.3%
  小結:11勝4敗(1場所)勝率:73.3%
  前頭:30勝15敗(3場所)勝率:66.7%
十両戦歴:44勝16敗(4場所)勝率:73.3%

栃ノ海 晃嘉

小柄ながら相撲巧者で横綱に昇進。しかし度重なる病と怪我に苦しんだ

栃ノ海 晃嘉(とちのうみ てるよし)
最高位 :第49代横綱
年寄名跡:横綱5年・栃ノ海⇒9代中立⇒10代春日野⇒18代竹縄
出身地 :青森県南津軽郡田舎館村
本 名 :花田 茂廣⇒宮古 茂廣⇒花田 茂廣
生年月日:昭和13年(1938)3月13日
所属部屋:春日野部屋
改名歴 :花田⇒栃ノ海
初土俵 :昭和30年(1955)9月(17歳6ヵ月)
新十両 :昭和34年(1959)1月(20歳10ヵ月)
新入幕 :昭和35年(1960)3月(22歳0ヵ月)
新三役 :昭和36年(1961)7月(23歳4ヵ月)
新大関 :昭和37年(1962)7月(24歳4ヵ月)
横綱昇進:昭和39年(1964)3月(26歳0ヵ月)
最終場所:昭和41年(1966)11月(28歳8ヵ月)
生涯戦歴:478勝261敗104休/733出場(64場所)
生涯勝率:64.7%
優勝等 :幕内優勝3回,十両優勝1回,幕下優勝1回,三段目同点1回
成 績 :敢闘賞1回,技能賞6回,金星1個
幕内戦歴:315勝181敗104休(40場所)勝率:63.5%
  横綱:102勝69敗84休(17場所)勝率:59.6%
  大関:101勝44敗5休(10場所)勝率:69.7%
  関脇:49勝26敗(5場所)勝率:65.3%
  小結:11勝4敗(1場所)勝率:73.3%
  前頭:52勝38敗15休(7場所)勝率:57.8%
十両戦歴:77勝43敗(8場所)勝率:64.2%

佐田の山 晋松

部屋では「不許分家独立」の不文律を取り払い、理事長としては改革案を掲げて孤軍奮闘

佐田の山 晋松(さだのやま しんまつ)
最高位 :第50代横綱
年寄名跡:9代出羽海⇒12代境川⇒13代中立
出身地 :長崎県南松浦郡有川町
本 名 :佐々田 晋松⇒市川 晋松
生年月日:昭和13年(1938)2月18日
没年月日:平成29年(2017)4月27日(享年79歳)
所属部屋:出羽海部屋
改名歴 :佐々田⇒佐田ノ山⇒佐田の山⇒佐田乃山⇒佐田の山
初土俵 :昭和31年(1956)1月(17歳11ヵ月)
新十両 :昭和35年(1960)3月(22歳1ヵ月)
新入幕 :昭和36年(1961)1月(22歳11ヵ月)
新三役 :昭和36年(1961)9月(23歳7ヵ月)
新大関 :昭和37年(1962)5月(24歳3ヵ月)
横綱昇進:昭和40年(1965)3月(27歳1ヵ月)
最終場所:昭和43年(1968)3月(30歳1ヵ月)
生涯戦歴:591勝251敗61休/837出場(71場所)
生涯勝率:70.2%
優勝等 :幕内優勝6回(同点3・次点7)
成 績 :殊勲賞1回,敢闘賞1回,技能賞1回,金星2個
幕内戦歴:435勝164敗61休(44場所)勝率:72.6%
  横綱:188勝64敗33休(19場所)勝率:74.6%
  大関:176勝66敗13休(17場所)勝率:72.7%
  関脇:38勝22敗(4場所)勝率:63.3%
  前頭:33勝12敗15休(4場所)勝率:73.3%
十両戦歴:47勝28敗(5場所)勝率:62.7%

玉の海 正洋

北の富士とは同時横綱昇進のライバルであり親友だった、虫垂炎の術後の肺血栓で無念の急逝

玉の海 正洋(たまのうみ まさひろ)
最高位 :第51代横綱
出身地 :愛知県蒲郡市
本 名 :善竹 正夫⇒谷口 正夫⇒竹内 正夫⇒谷口 正夫
生年月日:昭和19年(1944)2月5日
没年月日:昭和46年(1971)10月11日(享年27歳)
所属部屋:二所ノ関⇒片男波部屋
改名歴 :玉乃嶋⇒玉乃島⇒玉の海
初土俵 :昭和34年(1959)3月(15歳1ヵ月)
新十両 :昭和38年(1963)9月(19歳7ヵ月)
新入幕 :昭和39年(1964)3月(20歳1ヵ月)
新三役 :昭和40年(1965)1月(20歳11ヵ月)
新大関 :昭和41年(1966)11月(22歳9ヵ月)
横綱昇進:昭和45年(1970)3月(26歳1ヵ月)
最終場所:昭和46年(1971)9月(27歳7ヵ月)
生涯戦歴:619勝305敗/924出場(76場所)
生涯勝率:67.0%
優勝等 :幕内優勝6回(同点2・次点10),序二段優勝1回
成 績 :殊勲賞4回,敢闘賞2回,金星4個
幕内戦歴:469勝221敗(46場所)勝率:68.0%
  横綱:130勝20敗(10場所)勝率:86.7%
  大関:206勝94敗(20場所)勝率:68.7%
  関脇:36勝24敗(4場所)勝率:60.0%
  小結:13勝17敗(2場所)勝率:43.3%
  前頭:84勝66敗(10場所)勝率:56.0%
十両戦歴:30勝15敗(3場所)勝率:66.7%

北の富士 勝昭

入門は出羽海部屋で大関の時に九重部屋へと移籍。師匠としては弟弟子でもあった千代の富士と直弟子の北勝海を横綱へと導く

北の富士 勝昭(きたのふじ かつあき)
最高位 :第52代横綱
年寄名跡:12代井筒12代九重⇒18代陣幕
出身地 :北海道旭川市
本 名 :竹沢 勝昭
生年月日:昭和17年(1942)3月28日(76歳)
所属部屋:出羽海⇒九重部屋
改名歴 :竹沢⇒竹美山⇒北の冨士⇒北の富士
初土俵 :昭和32年(1957)1月(14歳10ヵ月)
新十両 :昭和38年(1963)3月(21歳0ヵ月)
新入幕 :昭和39年(1964)1月(21歳10ヵ月)
新三役 :昭和39年(1964)3月(22歳0ヵ月)
新大関 :昭和41年(1966)9月(24歳6ヵ月)
横綱昇進:昭和45年(1970)3月(28歳0ヵ月)
最終場所:昭和49年(1974)7月(32歳4ヵ月)
生涯戦歴:786勝427敗69休/1208出場(105場所)
生涯勝率:64.8%
優勝等 :幕内優勝10回(同点1・次点3),十両優勝1回,三段目同点1回
成 績 :殊勲賞2回,敢闘賞1回,技能賞3回,金星1個
幕内戦歴:592勝294敗62休(64場所)勝率:66.8%
  横綱:247勝84敗62休(27場所)勝率:74.6%
  大関:208勝107敗(21場所)勝率:66.0%
  関脇:75勝60敗(9場所)勝率:55.6%
  小結:14勝16敗(2場所)勝率:46.7%
  前頭:48勝27敗(5場所)勝率:64.0%
十両戦歴:49勝26敗(5場所)勝率:65.3%

琴櫻 傑將

32歳2ヶ月での横綱昇進で「姥桜の狂い咲き」とも、師匠として佐渡ヶ嶽部屋の全盛期を築く

琴櫻 傑將(ことざくら まさかつ)
最高位 :第53代横綱
年寄名跡:11代白玉⇒12代佐渡ヶ嶽
出身地 :鳥取県倉吉市
本 名 :鎌谷 紀雄
生年月日:昭和15年(1940)11月26日
没年月日:平成19年(2007)8月14日(享年66歳)
所属部屋:佐渡ヶ嶽部屋
改名歴 :鎌谷⇒琴桜⇒琴櫻
初土俵 :昭和34年(1959)1月(18歳2ヵ月)
新十両 :昭和37年(1962)7月(21歳8ヵ月)
新入幕 :昭和38年(1963)3月(22歳4ヵ月)
新三役 :昭和39年(1964)1月(23歳2ヵ月)
新大関 :昭和42年(1967)11月(27歳0ヵ月)
横綱昇進:昭和48年(1973)3月(32歳4ヵ月)
最終場所:昭和49年(1974)7月(33歳8ヵ月)
生涯戦歴:723勝428敗77休/1144出場(93場所)
生涯勝率:62.8%
優勝等 :幕内優勝5回(次点3),十両優勝2回,幕下同点1回,三段目優勝1回
成 績 :殊勲賞4回,敢闘賞2回,金星2個
幕内戦歴:553勝345敗77休(65場所)勝率:61.6%
  横綱:66勝34敗20休(8場所)勝率:66.0%
  大関:287勝159敗34休(32場所)勝率:64.3%
  関脇:58勝47敗(7場所)勝率:55.2%
  小結:63勝49敗8休(8場所)勝率:56.3%
  前頭:79勝56敗15休(10場所)勝率:58.5%
十両戦歴:69勝36敗(7場所)勝率:65.7%

輪島 大士

学生相撲出身唯一の横綱「黄金の左」と讃えられた下手投げは絶品で北の湖と共に「輪湖時代」を築く

輪島 大士(わじま ひろし)
最高位 :第54代横綱
年寄名跡:12代花籠
出身地 :石川県七尾市
本 名 :輪島 博
生年月日:昭和23年(1948)1月11日
没年月日:平成30年(2018)10月8日(享年70歳)
出身大学:日本大学
所属部屋:花籠部屋
初土俵 :昭和45年(1970)1月・幕下60番付外(22歳0ヵ月)
新十両 :昭和45年(1970)5月(22歳4ヵ月)
新入幕 :昭和46年(1971)1月(23歳0ヵ月)
新三役 :昭和47年(1972)1月(24歳0ヵ月)
新大関 :昭和47年(1972)11月(24歳10ヵ月)
横綱昇進:昭和48年(1973)7月(25歳6ヵ月)
最終場所:昭和56年(1981)3月(33歳2ヵ月)
生涯戦歴:673勝234敗85休/899出場(68場所)
生涯勝率:74.2%
優勝等 :幕内優勝14回(同点1・次点13),十両優勝1回,幕下優勝2回
成 績 :殊勲賞3回,敢闘賞2回
幕内戦歴:620勝213敗85休(62場所)勝率:74.4%
  横綱:466勝142敗85休(47場所)勝率:76.6%
  大関:50勝10敗(4場所)勝率:83.3%
  関脇:42勝18敗(4場所)勝率:70.0%
  小結:10勝5敗(1場所)勝率:66.7%
  前頭:52勝38敗(6場所)勝率:57.8%
十両戦歴:39勝21敗(4場所)勝率:65.0%

北の湖 敏満

「怪童」と呼ばれ史上最年少での横綱昇進を果たす。「憎らしいほど強い」と評された。引退後は一代年寄を贈られて自身の部屋を創設、理事長としても手腕を発揮した。平成27年の九州場所中である11月20日に急逝、享年62歳

北の湖 敏満(きたのうみ としみつ)
最高位 :第55代横綱
年寄名跡:一代年寄・北の湖
出身地 :北海道有珠郡壮瞥町
本 名 :小畑 敏満
生年月日:昭和28年(1953)5月16日
没年月日:平成27年(2015)11月20日(享年62歳)
所属部屋:三保ヶ関部屋
初土俵 :昭和42年(1967)1月(13歳8ヵ月)
新十両 :昭和46年(1971)5月(18歳0ヵ月)
新入幕 :昭和47年(1972)1月(18歳8ヵ月)
新三役 :昭和48年(1973)1月(19歳8ヵ月)
新大関 :昭和49年(1974)3月(20歳10ヵ月)
横綱昇進:昭和49年(1974)9月(21歳4ヵ月)
最終場所:昭和60年(1985)1月(31歳8ヵ月)
生涯戦歴:951勝350敗107休/1293出場(109場所)
生涯勝率:73.1%
優勝等 :幕内優勝24回(同点5・次点11),序二段同点1回
成 績 :殊勲賞2回,敢闘賞1回,金星1個
幕内戦歴:804勝247敗107休(78場所)勝率:76.5%
  横綱:670勝156敗107休(63場所)勝率:81.1%
  大関:36勝9敗(3場所)勝率:80.0%
  関脇:24勝6敗(2場所)勝率:80.0%
  小結:12勝18敗(2場所)勝率:40.0%
  前頭:62勝58敗(8場所)勝率:51.7%
十両戦歴:43勝32敗(5場所)勝率:57.3%

若乃花 幹士(2代)

横綱昇進時に若三杉だった四股名を若乃花へと改名、偉大な師匠の名を継いだ。引退後は間垣部屋を興して若ノ鵬や五城楼などの幕内力士を育てた

(2代)若乃花 幹士(わかのはな かんじ)
最高位 :第56代横綱
年寄名跡:横綱5年・若乃花⇒18代間垣
出身地 :青森県南津軽郡大鰐町
本 名 :下山 勝則
生年月日:昭和28年(1953)4月3日
所属部屋:二子山部屋
改名歴 :下山⇒朝ノ花⇒若三杉⇒若乃花
初土俵 :昭和43年(1968)7月(15歳3ヵ月)
新十両 :昭和48年(1973)7月(20歳3ヵ月)
新入幕 :昭和48年(1973)11月(20歳7ヵ月)
新三役 :昭和49年(1974)11月(21歳7ヵ月)
新大関 :昭和52年(1977)3月(23歳11ヵ月)
横綱昇進:昭和53年(1978)7月(25歳3ヵ月)
最終場所:昭和58年(1983)1月(29歳9ヵ月)
生涯戦歴:656勝323敗85休/975出場(88場所)
生涯勝率:67.0%
優勝等 :幕内優勝4回(同点2・次点11)
成 績 :殊勲賞2回,技能賞4回,金星3個
幕内戦歴:512勝234敗70休(55場所)勝率:68.6%
  横綱:260勝86敗65休(28場所)勝率:75.1%
  大関:92勝28敗(8場所)勝率:76.7%
  関脇:53勝32敗5休(6場所)勝率:62.4%
  小結:30勝30敗(4場所)勝率:50.0%
  前頭:77勝58敗(9場所)勝率:57.0%
十両戦歴:28勝17敗(3場所)勝率:62.2%

三重ノ海 剛司

入門まで相撲未経験も大人数の出羽海部屋のなか自らの努力で大成した武蔵川理事長

三重ノ海 剛司(みえのうみ つよし)
最高位 :第57代横綱
年寄名跡:11代山科⇒14代武蔵川
出身地 :三重県松阪市
本 名 :石山 五郎
生年月日:昭和23年(1948)2月4日
所属部屋:出羽海部屋
改名歴 :石山⇒三重ノ海
初土俵 :昭和38年(1963)7月(15歳5ヵ月)
新十両 :昭和44年(1969)3月(21歳1ヵ月)
新入幕 :昭和44年(1969)9月(21歳7ヵ月)
新三役 :昭和45年(1970)7月(22歳5ヵ月)
新大関 :昭和51年(1976)1月(27歳11ヵ月)
横綱昇進:昭和54年(1979)9月(31歳7ヵ月)
最終場所:昭和55年(1980)11月(32歳9ヵ月)
生涯戦歴:695勝525敗56休1分/1214出場(105場所)
生涯勝率:57.0%
優勝等 :幕内優勝3回(同点1・次点5),三段目優勝1回
成 績 :殊勲賞5回,敢闘賞1回,技能賞3回,金星5個
幕内戦歴:543勝413敗51休1分(68場所)勝率:56.8%
  横綱:55勝23敗30休(8場所)勝率:70.5%
  大関:180勝123敗12休(21場所)勝率:59.4%
  関脇:99勝73敗8休(12場所)勝率:57.6%
  小結:29勝16敗(3場所)勝率:64.4%
  前頭:180勝178敗1休1分(24場所)勝率:50.3%
十両戦歴:28勝17敗(3場所)勝率:62.2%

千代の富士 貢

80年代の大相撲界を支えた国民的な大横綱、角界初となる国民栄誉賞も受賞、引退後は九重部屋を継承し多くの関取を育てた

千代の富士 貢(ちよのふじ みつぐ)
最高位 :第58代横綱
年寄名跡:17代陣幕⇒13代九重
出身地 :北海道松前郡福島町
本 名 :秋元 貢
生年月日:昭和30年(1955)6月1日
没年月日:平成28年(2016)7月31日(享年61歳)
所属部屋:九重部屋
改名歴 :秋元⇒大秋元⇒千代の冨士⇒千代の富士
初土俵 :昭和45年(1970)9月(15歳3ヵ月)
新十両 :昭和49年(1974)11月(19歳5ヵ月)
新入幕 :昭和50年(1975)9月(20歳3ヵ月)
新三役 :昭和53年(1978)7月(23歳1ヵ月)
新大関 :昭和56年(1981)3月(25歳9ヵ月)
横綱昇進:昭和56年(1981)9月(26歳3ヵ月)
最終場所:平成3年(1991)5月(35歳11ヵ月)
生涯戦歴:1045勝437敗170休/1473出場(125場所)
生涯勝率:70.5%
優勝等 :幕内優勝31回(次点11),幕下優勝1回
成 績 :殊勲賞1回,敢闘賞1回,技能賞5回,金星3個
幕内戦歴:807勝253敗155休(81場所)勝率:76.1%
  横綱:625勝112敗148休(59場所)勝率:84.8%
  大関:38勝7敗(3場所)勝率:84.4%
  関脇:25勝5敗(2場所)勝率:83.3%
  小結:21勝24敗(3場所)勝率:46.7%
  前頭:98勝105敗7休(14場所)勝率:48.3%
十両戦歴:130勝120敗5休(17場所)勝率:52.0%

隆の里 俊英

吊りが得意で千代の富士には16勝12敗と強かったが、若い頃の暴飲暴食がたたって糖尿病に苦しんだ。引退後は鳴戸部屋を興して若の里や稀勢の里を育てるも平成23年九州場所開幕直前に急逝

隆の里 俊英(たかのさと としひで)
最高位 :第59代横綱
年寄名跡:13代鳴戸
出身地 :青森県南津軽郡浪岡町
本 名 :高谷 俊英
生年月日:昭和27年(1952)9月29日
没年月日:平成23年(2011)11月7日(享年59歳)
所属部屋:二子山部屋
改名歴 :高谷⇒隆ノ里⇒隆の里
初土俵 :昭和43年(1968)7月(15歳10ヵ月)
新十両 :昭和49年(1974)11月(22歳2ヵ月)
新入幕 :昭和50年(1975)5月(22歳8ヵ月)
新三役 :昭和52年(1977)3月(24歳6ヵ月)
新大関 :昭和57年(1982)3月(29歳6ヵ月)
横綱昇進:昭和58年(1983)9月(31歳0ヵ月)
最終場所:昭和61年(1986)1月(33歳4ヵ月)
生涯戦歴:693勝493敗80休/1180出場(106場所)
生涯勝率:58.4%
優勝等 :幕内優勝4回(次点8),十両優勝1回(同点1)
成 績 :殊勲賞2回,敢闘賞5回,金星2個
幕内戦歴:464勝313敗80休(58場所)勝率:59.7%
  横綱:95勝42敗75休(15場所)勝率:69.3%
  大関:106勝29敗(9場所)勝率:78.5%
  関脇:73勝47敗(8場所)勝率:60.8%
  小結:14勝16敗(2場所)勝率:46.7%
  前頭:176勝179敗5休(24場所)勝率:49.6%
十両戦歴:85勝65敗(10場所)勝率:56.7%

双羽黒 光司

優勝経験がないまま横綱になった未完の大器

双羽黒 光司(ふたはぐろ こうじ)
最高位 :第60代横綱
出身地 :三重県津市
本 名 :北尾 光司
生年月日:昭和38年(1963)8月12日
所属部屋:立浪部屋
改名歴 :北尾⇒双羽黒
初土俵 :昭和54年(1979)3月(15歳7ヵ月)
新十両 :昭和59年(1984)1月(20歳5ヵ月)
新入幕 :昭和59年(1984)9月(21歳1ヵ月)
新三役 :昭和60年(1985)1月(21歳5ヵ月)
新大関 :昭和61年(1986)1月(22歳5ヵ月)
横綱昇進:昭和61年(1986)9月(23歳1ヵ月)
最終場所:昭和63年(1988)1月(24歳5ヵ月)
生涯戦歴:348勝184敗24休/529出場(54場所)
生涯勝率:65.4%
優勝等 :幕内同点2・次点5回,十両優勝1回,幕下同点2回,序ノ口優勝1回
成 績 :殊勲賞5回,技能賞2回,金星3個
幕内戦歴:197勝87敗16休(21場所)勝率:69.4%
  横綱:74勝33敗13休(9場所)勝率:69.2%
  大関:46勝14敗(4場所)勝率:76.7%
  関脇:29勝13敗3休(3場所)勝率:69.0%
  小結:20勝10敗(2場所)勝率:66.7%
  前頭:28勝17敗(3場所)勝率:62.2%
十両戦歴:40勝20敗(4場所)勝率:66.7%

北勝海 信芳

8代・八角 信芳
千代の富士との稽古で強くなった努力家、引退後は八角部屋を興した

北勝海 信芳(ほくとうみ のぶよし)
最高位 :第61代横綱
年寄名跡:横綱5年・北勝海⇒8代八角
出身地 :北海道広尾郡広尾町
本 名 :保志 信芳
生年月日:昭和38年(1963)6月22日(55歳)
所属部屋:九重部屋
改名歴 :保志⇒富士若⇒保志⇒北勝海
初土俵 :昭和54年(1979)3月(15歳9ヵ月)
新十両 :昭和58年(1983)3月(19歳9ヵ月)
新入幕 :昭和58年(1983)9月(20歳3ヵ月)
新三役 :昭和59年(1984)1月(20歳7ヵ月)
新大関 :昭和61年(1986)9月(23歳3ヵ月)
横綱昇進:昭和62年(1987)7月(24歳1ヵ月)
最終場所:平成4年(1992)5月(28歳11ヵ月)
生涯戦歴:591勝286敗109休/874出場(80場所)
生涯勝率:67.4%
優勝等 :幕内優勝8回(同点2・次点6),十両優勝1回,幕下優勝1回,序二段優勝1回
成 績 :殊勲賞3回,敢闘賞3回,技能賞5回,金星1個
幕内戦歴:465勝206敗109休(53場所)勝率:69.3%
  横綱:250勝76敗109休(30場所)勝率:76.7%
  大関:56勝19敗(5場所)勝率:74.7%
  関脇:84勝51敗(9場所)勝率:62.2%
  小結:34勝26敗(4場所)勝率:56.7%
  前頭:41勝34敗(5場所)勝率:54.7%
十両戦歴:26勝19敗(3場所)勝率:57.8%

大乃国 康

12代・芝田山 康
横綱昇進時の周囲の期待は大きかったが皆勤で負け越すなど成績は振るわず28歳で引退、相撲解説には定評がありスイーツ親方としても有名

大乃国 康(おおのくに やすし)
最高位 :第62代横綱
年寄名跡:横綱5年・大乃国⇒12代芝田山
出身地 :北海道河西郡芽室町
本 名 :青木 康
生年月日:昭和37年(1962)10月9日(56歳)
所属部屋:花籠⇒放駒部屋
改名歴 :青木⇒大ノ国⇒大乃国
初土俵 :昭和53年(1978)3月(15歳5ヵ月)
新十両 :昭和57年(1982)3月(19歳5ヵ月)
新入幕 :昭和58年(1983)3月(20歳5ヵ月)
新三役 :昭和58年(1983)9月(20歳11ヵ月)
新大関 :昭和60年(1985)9月(22歳11ヵ月)
横綱昇進:昭和62年(1987)11月(25歳1ヵ月)
最終場所:平成3年(1991)7月(28歳9ヵ月)
生涯戦歴:560勝319敗113休/876出場(81場所)
生涯勝率:63.7%
優勝等 :幕内優勝2回(次点7),十両優勝1回
成 績 :殊勲賞5回,敢闘賞2回,金星4個
幕内戦歴:426勝228敗111休(51場所)勝率:65.1%
  横綱:155勝79敗111休(23場所)勝率:66.2%
  大関:140勝55敗(13場所)勝率:71.8%
  関脇:83勝52敗(9場所)勝率:61.5%
  小結:6勝9敗(1場所)勝率:40.0%
  前頭:42勝33敗(5場所)勝率:56.0%
十両戦歴:26勝19敗(3場所)勝率:57.8%

平成年間の横綱

旭富士 正也

9代・伊勢ヶ濱 正也
柔らかな身体と相撲勘のよさで横綱へと昇進、しかし膵炎などで思うように相撲が取れずに引退を決意

旭富士 正也(あさひふじ せいや)
最高位 :第63代横綱
年寄名跡:横綱5年・旭富士⇒4代安治川9代伊勢ヶ濱
出身地 :青森県西津軽郡木造町
本 名 :杉野森 正也
生年月日:昭和35年(1960)7月6日(58歳)
所属部屋:大島部屋
改名歴 :杉野森⇒旭富士
初土俵 :昭和56年(1981)1月(20歳6ヵ月)
新十両 :昭和57年(1982)3月(21歳8ヵ月)
新入幕 :昭和58年(1983)3月(22歳8ヵ月)
新三役 :昭和58年(1983)11月(23歳4ヵ月)
新大関 :昭和62年(1987)11月(27歳4ヵ月)
横綱昇進:平成2年(1990)9月(30歳2ヵ月)
最終場所:平成4年(1992)1月(31歳6ヵ月)
生涯戦歴:573勝323敗46休/893出場(67場所)
生涯勝率:64.0%
優勝等 :幕内優勝4回(同点2・次点7),幕下優勝1回,三段目優勝1回,序ノ口優勝1回
成 績 :殊勲賞2回,敢闘賞2回,技能賞5回,金星2個
幕内戦歴:487勝277敗46休(54場所)勝率:63.7%
  横綱:71勝29敗35休(9場所)勝率:71.0%
  大関:194勝61敗(17場所)勝率:76.1%
  関脇:65勝40敗(7場所)勝率:61.9%
  小結:56勝64敗(8場所)勝率:46.7%
  前頭:101勝83敗11休(13場所)勝率:54.9%
十両戦歴:50勝40敗(6場所)勝率:55.6%

曙 太郎

外国人初となる横綱。謙虚で礼儀正しく「日本人以上に日本人らしい」と評された。長いリーチを活かした突っ張りが武器で、平成初期の大相撲ブームの一翼を担った

曙 太郎(あけぼの たろう)
最高位 :第64代横綱
年寄名跡:横綱5年・曙
出身地 :アメリカ ハワイ州オアフ島
本 名 : チャド・ジョージ・ハヘオ・ローウェン⇒曙 太郎
生年月日:昭和44年(1969)5月8日
所属部屋:東関部屋
改名歴 :大海⇒曙
初土俵 :昭和63年(1988)3月(18歳10ヵ月)
新十両 :平成2年(1990)3月(20歳10ヵ月)
新入幕 :平成2年(1990)9月(21歳4ヵ月)
新三役 :平成3年(1991)3月(21歳10ヵ月)
新大関 :平成4年(1992)7月(23歳2ヵ月)
横綱昇進:平成5年(1993)3月(23歳10ヵ月)
最終場所:平成13年(2001)1月(31歳8ヵ月)
生涯戦歴:654勝232敗181休/882出場(78場所)
生涯勝率:73.8%
優勝等 :幕内優勝11回(同点3・次点10)
成 績 :殊勲賞4回,敢闘賞2回,金星4個
幕内戦歴:566勝198敗181休(63場所)勝率:74.1%
  横綱:432勝122敗166休(48場所)勝率:78.0%
  大関:36勝9敗15休(4場所)勝率:80.0%
  関脇:28勝17敗(3場所)勝率:62.2%
  小結:28勝17敗(3場所)勝率:62.2%
  前頭:42勝33敗(5場所)勝率:56.0%
十両戦歴:30勝15敗(3場所)勝率:66.7%

貴乃花 光司

一代年寄・貴乃花 光司
平成初期相撲ブームの立役者。引退後は二子山部屋を継承して改称、貴乃花部屋を率いて独自の「相撲道」を探求

貴乃花 光司(たかのはな こうじ)
最高位 :第65代横綱
年寄名跡:一代年寄・貴乃花
出身地 :東京都中野区
本 名 :花田 光司
生年月日:昭和47年(1972)8月12日(46歳)
所属部屋:藤島⇒二子山部屋
改名歴 :貴花田⇒貴ノ花⇒貴乃花
初土俵 :昭和63年(1988)3月(15歳7ヵ月)
新十両 :平成元年(1989)11月(17歳3ヵ月)
新入幕 :平成2年(1990)5月(17歳9ヵ月)
新三役 :平成3年(1991)7月(18歳11ヵ月)
新大関 :平成5年(1993)3月(20歳7ヵ月)
横綱昇進:平成7年(1995)1月(22歳5ヵ月)
最終場所:平成15年(2003)1月(30歳5ヵ月)
生涯戦歴:794勝262敗201休/1049出場(90場所)
生涯勝率:75.2%
優勝等 :幕内優勝22回(同点5・次点11),幕下優勝2回
成 績 :殊勲賞4回,敢闘賞2回,技能賞3回,金星1個
幕内戦歴:701勝217敗201休(75場所)勝率:76.4%
  横綱:429勝99敗201休(49場所)勝率:81.3%
  大関:137勝28敗(11場所)勝率:83.0%
  関脇:33勝27敗(4場所)勝率:55.0%
  小結:33勝12敗(3場所)勝率:73.3%
  前頭:69勝51敗(8場所)勝率:57.5%
十両戦歴:44勝31敗(5場所)勝率:58.7%

若乃花 勝(3代)

小柄だったがおっつけと瞬発力、そして立ち合いの呼吸をはかる巧みさで横綱になった「お兄ちゃん」

(3代)若乃花 勝(わかのはな まさる)
最高位 :第66代横綱
年寄名跡:16代藤島
出身地 :東京都中野区
本 名 :花田 勝
生年月日:昭和46年(1971)1月20日(47歳)
所属部屋:藤島⇒二子山部屋
改名歴 :若花田⇒若ノ花⇒若乃花
初土俵 :昭和63年(1988)3月(17歳2ヵ月)
新十両 :平成2年(1990)3月(19歳2ヵ月)
新入幕 :平成2年(1990)9月(19歳8ヵ月)
新三役 :平成3年(1991)11月(20歳10ヵ月)
新大関 :平成5年(1993)9月(22歳8ヵ月)
横綱昇進:平成10年(1998)7月(27歳6ヵ月)
最終場所:平成12年(2000)3月(29歳2ヵ月)
生涯戦歴:573勝286敗124休/850出場(73場所)
生涯勝率:66.7%
優勝等 :幕内優勝5回(同点3・次点6),十両優勝1回,三段目優勝1回,序ノ口優勝1回
成 績 :殊勲賞3回,技能賞6回,金星2個
幕内戦歴:487勝250敗124休(58場所)勝率:66.1%
  横綱:61勝38敗57休(11場所)勝率:61.6%
  大関:274勝101敗60休(29場所)勝率:73.1%
  関脇:23勝7敗(2場所)勝率:76.7%
  小結:21勝19敗5休(3場所)勝率:52.5%
  前頭:108勝85敗2休(13場所)勝率:56.0%
十両戦歴:31勝14敗(3場所)勝率:68.9%

武蔵丸 光洋

15代・武蔵川 光偉
外国出身力士として2人目の横綱、ライバル貴乃花と数々の名勝負を生んだ「横綱の魂」

武蔵丸 光洋(むさしまる こうよう)
最高位 :第67代横綱
年寄名跡:横綱5年・武蔵丸⇒15代振分⇒3代大島⇒15代武蔵川
出身地 :アメリカ ハワイ州オアフ島
本 名 :ペニタニ フィアマル⇒武蔵丸 光洋
生年月日:昭和46年(1971)5月2日(47歳)
所属部屋:武蔵川部屋
初土俵 :平成元年(1989)9月(18歳4ヵ月)
新十両 :平成3年(1991)7月(20歳2ヵ月)
新入幕 :平成3年(1991)11月(20歳6ヵ月)
新三役 :平成4年(1992)5月(21歳0ヵ月)
新大関 :平成6年(1994)3月(22歳10ヵ月)
横綱昇進:平成11年(1999)7月(28歳2ヵ月)
最終場所:平成15年(2003)11月(32歳6ヵ月)
生涯戦歴:779勝294敗115休/1068出場(86場所)
生涯勝率:72.6%
優勝等 :幕内優勝12回(同点6・次点8),十両優勝1回,三段目優勝1回,序ノ口優勝1回
成 績 :殊勲賞1回,敢闘賞1回,技能賞2回
幕内戦歴:706勝267敗115休(73場所)勝率:72.6%
  横綱:216勝67敗115休(27場所)勝率:76.3%
  大関:353勝127敗(32場所)勝率:73.5%
  関脇:89勝46敗(9場所)勝率:65.9%
  小結:19勝11敗(2場所)勝率:63.3%
  前頭:29勝16敗(3場所)勝率:64.4%
十両戦歴:21勝9敗(2場所)勝率:70.0%

朝青龍 明徳

初土俵から25場所での横綱昇進、史上初の7連覇達成など、賛否はあるが圧倒的な強さと人間味溢れる人柄は記憶にも記録にも残る横綱

朝青龍 明徳(あさしょうりゅう あきのり)
最高位 :第68代横綱
出身地 :モンゴル ウランバートル市
本 名 :ドルゴルスレンギーン・ダグワドルジ
生年月日:昭和55年(1980)9月27日
所属部屋:若松⇒高砂部屋
初土俵 :平成11年(1999)1月(18歳4ヵ月)
新十両 :平成12年(2000)9月(20歳0ヵ月)
新入幕 :平成13年(2001)1月(20歳4ヵ月)
新三役 :平成13年(2001)5月(20歳8ヵ月)
新大関 :平成14年(2002)9月(22歳0ヵ月)
横綱昇進:平成15年(2003)3月(22歳6ヵ月)
最終場所:平成22年(2010)1月(29歳4ヵ月)
生涯戦歴:669勝173敗76休/838出場(67場所)
生涯勝率:79.5%
優勝等 :幕内優勝25回(同点1・次点7),幕下優勝1回(同点1),三段目優勝1回,序二段優勝1回
成 績 :殊勲賞3回,敢闘賞3回,金星1個
幕内戦歴:596勝153敗76休(55場所)勝率:79.6%
  横綱:463勝91敗76休(42場所)勝率:83.6%
  大関:38勝7敗(3場所)勝率:84.4%
  関脇:42勝18敗(4場所)勝率:70.0%
  小結:25勝20敗(3場所)勝率:55.6%
  前頭:28勝17敗(3場所)勝率:62.2%
十両戦歴:20勝10敗(2場所)勝率:66.7%

白鵬 翔(現役)

優勝回数、勝利数共に史上最多、数々の記録を塗り替えていく横綱

白鵬 翔(はくほう しょう)
最高位 :第69代横綱
出身地 :モンゴル ウランバートル市
本 名 :ムンフバト・ダヴァジャルガル
生年月日:昭和60年(1985)3月11日(33歳)
所属部屋:宮城野部屋
初土俵 :平成13年(2001)3月(16歳0ヵ月)
新十両 :平成16年(2004)1月(18歳10ヵ月)
新入幕 :平成16年(2004)5月(19歳2ヵ月)
新三役 :平成17年(2005)1月(19歳10ヵ月)
新大関 :平成18年(2006)5月(21歳2ヵ月)
横綱昇進:平成19年(2007)7月(22歳4ヵ月)
優勝等 :幕内優勝41回(同点4・次点17),十両優勝1回
成 績 :殊勲賞3回,敢闘賞1回,技能賞2回,金星1個

日馬富士 公平

軽量ながら重心の低い鋭い立ち合いと向こう気の強さで横綱へと昇進

日馬富士 公平(はるまふじ こうへい)
最高位 :第70代横綱
出身地 :モンゴル ゴビアルタイ
本 名 :ダワーニャミーン・ビャンバドルジ
生年月日:昭和59年(1984)4月14日
所属部屋:安治川⇒伊勢ヶ濱部屋
改名歴 :安馬⇒日馬富士
初土俵 :平成13年(2001)1月(16歳9ヵ月)
新十両 :平成16年(2004)3月(19歳11ヵ月)
新入幕 :平成16年(2004)11月(20歳7ヵ月)
新三役 :平成18年(2006)5月(22歳1ヵ月)
新大関 :平成21年(2009)1月(24歳9ヵ月)
横綱昇進:平成24年(2012)11月(28歳7ヵ月)
最終場所:平成29年(2017)11月(33歳7ヵ月)
生涯戦歴:827勝441敗73休/1263出場(100場所)
生涯勝率:65.2%
優勝等 :幕内優勝9回(同点1・次点6),十両優勝1回,三段目優勝1回,序ノ口優勝1回
成 績 :殊勲賞4回,敢闘賞1回,技能賞5回,金星1個
幕内戦歴:712勝370敗73休(77場所)勝率:65.8%
  横綱:285勝104敗61休(30場所)勝率:73.3%
  大関:214勝105敗11休(22場所)勝率:67.1%
  関脇:76勝44敗(8場所)勝率:63.3%
  小結:32勝28敗(4場所)勝率:53.3%
  前頭:105勝89敗1休(13場所)勝率:54.1%
十両戦歴:36勝24敗(4場所)勝率:60.0%

鶴竜 力三郎(現役)

「日本で力士になりたい」との決意を手紙にしたためて日本相撲振興会の会長に送ったことで井筒部屋の入門が決まったが、線の細かった鶴竜に初めて会った親方は「床山にでもするか」と思ったほど華奢だった。平成29年は4場所連続休場と引退も危ぶまれたが平成30年は自身初の連覇も達成し復活をアピールした

鶴竜 力三郎(かくりゅう りきさぶろう)
最高位 :第71代横綱
出身地 :モンゴル スフバートル県
本 名 :マンガラジャラブ・アナンダ
生年月日:昭和60年(1985)8月10日(33歳)
所属部屋:井筒部屋
初土俵 :平成13年(2001)11月(16歳3ヵ月)
新十両 :平成17年(2005)11月(20歳3ヵ月)
新入幕 :平成18年(2006)11月(21歳3ヵ月)
新三役 :平成21年(2009)5月(23歳9ヵ月)
新大関 :平成24年(2012)5月(26歳9ヵ月)
横綱昇進:平成26年(2014)5月(28歳9ヵ月)
優勝等 :幕内優勝5回(同点2・次点4),三段目優勝1回
成 績 :殊勲賞2回,技能賞7回

稀勢の里 寛(現役)

十両昇進に新入幕、ともに貴花田に次ぐ戦後2位の年少記録。四股名は「稀な勢いで駆け上がる」との想いで師匠が名付けてくれた。その名の通りにはいかなかったが平成29年(2017)1月場所でようやく悲願の初優勝をあげるとそのまま横綱へと昇進、翌場所は奇跡の大逆転で連覇を果たした。しかし、そこから長い迷路へと迷い込んでしまったが、このままでは終われない

稀勢の里 寛(きせのさと ゆたか)
最高位 :第72代横綱
出身地 :茨城県牛久市
本 名 :萩原 寛
生年月日:昭和61年(1986)7月3日(32歳)
所属部屋:鳴戸⇒田子ノ浦部屋
改名歴 :萩原⇒稀勢の里
初土俵 :平成14年(2002)3月(15歳8ヵ月)
新十両 :平成16年(2004)5月(17歳10ヵ月)
新入幕 :平成16年(2004)11月(18歳4ヵ月)
新三役 :平成18年(2006)7月(20歳0ヵ月)
新大関 :平成24年(2012)1月(25歳6ヵ月)
横綱昇進:平成29年(2017)3月(30歳8ヵ月)
優勝等 :幕内優勝2回(次点12),幕下優勝1回,三段目同点1回
成 績 :殊勲賞5回,敢闘賞3回,技能賞1回,金星3個

おすすめの記事

今回の記事では歴代の横綱の詳細情報をご紹介いたしました。

当サイトではこの他に、横綱の優勝回数や在位場所数にポイントを絞った記事もご用意しております。優勝回数が多い横綱は誰か?在位数が少ないのは?など興味のある方はぜひご覧ください。

また、横綱の昇進条件や特権についての解説記事もご用意しております。

横綱の昇進条件や特権、土俵入りについて解説

コメントはお気軽にどうぞ

ユーザー様の視聴環境

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。