青森県出身力士の番付と場所成績に基礎情報を網羅した現役力士一覧

青森県出身力士の番付と成績、そして基礎情報をまとめてご紹介します。

この番付表では最新場所である令和元年7月場所(名古屋場所)の番付だけではなく、先場所からどれだけ番付が上がったのかを成績と共に比べて確認できます。

また、表の内容は4つに分かれており、ボタンによって切り替えることができます。そして、表の下には所属力士の勝敗数をまとめて集計していますので「部屋としての全体の力」も確認できます。

場所中には日々更新していきますので、観戦のお供にどうぞご活用ください。

また、日々の対戦相手と勝敗が一目で分かる星取表もあわせてご覧ください。

他の出身地の番付と成績も見てみたい方は出身地目次より選んでください。部屋毎の番付・成績もご用意しております。

大相撲観戦におすすめの1冊をご紹介。全力士や親方はもちろん、行司さんや呼出さんなどの裏方の方々もすべて顔写真付きで載っている、まさに観戦のお供といえる大相撲力士名鑑です。

青森出身の過去から現在までの主な力士達はこちらの記事をどうぞ。

スポンサーリンク

青森県出身力士の番付と成績・力士一覧

番付 (令元.7)四股名よみ令元.7 場所成績7月場所星取表番付推移 7←5月変動S 7←5月変動枚数 7←5月番付 (令元.5)令元.5 場所成績5月場所星取表番付推移 令元.5←平31.3月変動S 令元.5←平31.3月変動枚数 令元.5←平31.3月番付 (平31.3)平31.3 場所成績番付推移 5←1月変動S 5←1月変動枚数 5←1月番付 (平31.1)平31.1 場所成績番付推移 H31.1←H30.11月変動S H31.1←H30.11月変動枚数 H31.1←H30.11月番付 (平30.11)平30.11 場所成績番付推移 11←9月変動S 11←9月変動枚数 11←9月番付 (平30.9)平30.9 場所成績番付推移 9←7月変動S 9←7月変動枚数 9←7月番付 (平30.7)平30.7 場所成績過去6場所 成績過去6場所 勝率2019年 年間成績2019年 年間勝率最高位出身地部屋一門年齢生年月日大相撲歴本名旧所属旧四股名身長(㎝)体重(㎏)BMI出身高校出身大学初土俵初土俵 年齢新十両新十両 年齢新入幕新入幕 年齢新三役新三役 年齢大関昇進大関昇進 年齢横綱昇進横綱昇進 年齢優勝三賞・金星通算 勝利数通算 敗数通算 休数出場回数通算 勝率(%)出身エリア

※表は横にスクロールします。また、表示件数を切り替えることで上下のスクロールも可能です。項目をクリックすることで表を並べ替えることが出来ます。
番付表の記号等、補足事項はこちらをどうぞ

スポンサーリンク


青森県出身力士の星取表

四股名成績番付初日2日3日4日5日6日7日中日9日10日11日12日13日14日千秋楽出身地部屋

スポンサーリンク



青森出身の主な現役力士を紹介

青森県出身の主な現役の力士を初土俵順にご紹介します。

安美錦

小学生の頃から相撲を始めて鰺ヶ沢高校を卒業後、実兄である安壮富士がいた安治川部屋へと入門。入門から3年で新十両へと昇進、その3場所後には新入幕を果たした。貴乃花最後の一番の相手であり金星で引導を渡す。平成15年(2003)7月場所の闘牙戦で前十字靭帯と半月板損傷の大怪我を負ったことが膝の怪我との長い付き合いの始まり。朝青龍から4つもの金星を奪った相撲巧者であり行司泣かせの取り口。平成28年(2016)5月場所でアキレス腱断裂の大怪我。翌場所を全休して幕内陥落となったが平成29年11月場所で史上最高齢39歳での幕内再昇進を決めた。伊勢ヶ濱親方は父親の従兄弟

安美錦 竜児(あみにしき りゅうじ)
出身地 :青森県西津軽郡深浦町
本 名 :杉野森 竜児
生年月日:昭和53年(1978)10月3日(40歳)
所属部屋:安治川⇒伊勢ヶ濱部屋
改名歴 :杉野森⇒安美錦
初土俵 :平成9年(1997)1月(18歳3ヵ月)
新十両 :平成12年(2000)1月(21歳3ヵ月)
新入幕 :平成12年(2000)7月(21歳9ヵ月)
新三役 :平成18年(2006)11月(28歳1ヵ月)
生涯戦歴:907勝908敗53休/1805出場(135場所)
生涯勝率:50.0%
優勝等 :幕内次点2回,十両同点1回,序ノ口同点1回
成 績 :殊勲賞4回,敢闘賞2回,技能賞6回,金星8個
幕内戦歴:678勝730敗47休(97場所)勝率:48.2%
  関脇:38勝46敗6休(6場所)勝率:45.2%
  小結:61勝74敗(9場所)勝率:45.2%
  前頭:579勝610敗41休(82場所)勝率:48.7%
十両戦歴:151勝137敗6休(20場所)勝率:52.4%

克乃富士

初土俵から約2年半で幕下昇進も稽古中の大怪我で4場所連続全休、一時は序二段にまで番付を下げた。しかし復帰から6場所目には再び幕下へと戻った実力者

克乃富士 修一(かつのふじ しゅういち)
出身地 :青森県つがる市
本 名 :鶴賀 修一
生年月日:昭和59年(1984)5月4日(35歳)
所属部屋:境川部屋
改名歴 :鶴賀⇒克の富士⇒克乃富士
初土俵 :平成15年(2003)1月(18歳8ヵ月)
優勝等 :序二段同点1回

誉富士

小学生の頃から相撲を始め鰺ヶ沢第一中学3年次には全国中学校相撲選手権大会で準優勝。五所川原農林高、近畿大学と学生相撲で活躍したのちに伊勢ヶ濱部屋の門を叩いた。元小結・舞の海は小・中学校の先輩。女将さんの従姉妹と平成28年に結婚

誉富士 歓之(ほまれふじ よしゆき)
出身地 :青森県西津軽郡鯵ヶ沢町
本 名 :三浦 歓之
生年月日:昭和60年(1985)5月6日(34歳)
出身大学:近畿大学
所属部屋:伊勢ヶ濱部屋
初土俵 :平成20年(2008)1月(22歳8ヵ月)
新十両 :平成24年(2012)1月(26歳8ヵ月)
新入幕 :平成25年(2013)5月(28歳0ヵ月)
優勝等 :十両同点1回,三段目優勝1回,序二段優勝1回

睦風

青森県むつ市出身。田名部中学では柔道部に所属し90kg超級で青森県大会3位に。卒業後に尾車部屋へと入門

睦風 菊勝(むつかぜ きくまさ)
出身地 :青森県むつ市
本 名 :宮北 雄人
生年月日:平成4年(1992)7月2日(27歳)
所属部屋:尾車部屋
改名歴 :宮北⇒睦風
初土俵 :平成20年(2008)3月(15歳8ヵ月)

野上

平成12年(2000)の小学4年生から3年連続わんぱく横綱を獲得した逸材。高校は鳥取城北高に相撲留学

野上 豪規(のがみ ごうき)
出身地 :青森県五所川原市
本 名 :野上 怜
生年月日:平成2年(1990)8月15日(29歳)
所属部屋:尾車部屋
初土俵 :平成21年(2009)1月(18歳5ヵ月)

宝富士

小3の頃から父親がコーチを務める中里相撲道場で相撲を始めた。中里中学3年次には都道府県中学生選手権で個人3位に。五所川原商業高校、近畿大学と学生相撲で活躍、近代3年次には個人タイトル6冠に輝いた。初土俵から所要10場所で新十両、15場所目には新入幕を果たした。見た目以上の豊かな筋肉を活かした左四つは強力な武器で、左四つになれば宝富士の独壇場と恐れられている

宝富士 大輔(たからふじ だいすけ)
出身地 :青森県北津軽郡中泊町
本 名 :杉山 大輔
生年月日:昭和62年(1987)2月18日(32歳)
出身大学:近畿大学
所属部屋:伊勢ヶ濱部屋
初土俵 :平成21年(2009)1月(21歳11ヵ月)
新十両 :平成22年(2010)9月(23歳7ヵ月)
新入幕 :平成23年(2011)7月(24歳5ヵ月)
新三役 :平成27年(2015)7月(28歳5ヵ月)
優勝等 :幕内次点1回,三段目優勝1回,序ノ口同点1回
成 績 :敢闘賞1回,金星3個

大成道

小1から相撲を始めて秋山相撲道場で腕を磨く。八戸水産高校時代には数々の大会で優秀な成績をおさめた。同部屋だった元幕下・笹山は実の兄。ヘルニアで伸び悩んだ時期もあったが座禅に取り組み心身ともに磨きをかけて平成29年9月場所で新十両昇進。この時は兄が付け人をしてくれた。

大成道 喜悌(だいせいどう よしとも)
出身地 :青森県八戸市
本 名 :笹山 喜悌
生年月日:平成4年(1992)12月30日(26歳)
所属部屋:北の湖⇒木瀬部屋
改名歴 :笹ノ山⇒大成道
初土俵 :平成23年(2011)5月(18歳5ヵ月)
新十両 :平成29年(2017)9月(24歳9ヵ月)
優勝等 :序ノ口同点1回

阿武咲

同郷の宝富士は中里道場の10学年先輩にあたる。全国都道府県中学生相撲選手権大会の無差別級では大会史上初の2連覇を果たした。三本木農業高校でも1年生から国体相撲少年の部で優勝など大活躍をみせ、阿武松親方の誠意あるスカウトにより高校を退学しての入門を決意。四股名は「土俵上で花が咲くように」と地元の恩師が付けてくれたもの

阿武咲 奎也(おうのしょう ふみや)
出身地 :青森県北津軽郡中泊町
本 名 :打越 奎也
生年月日:平成8年(1996)7月4日(23歳)
所属部屋:阿武松部屋
初土俵 :平成25年(2013)1月(16歳6ヵ月)
新十両 :平成27年(2015)1月(18歳6ヵ月)
新入幕 :平成29年(2017)5月(20歳10ヵ月)
新三役 :平成29年(2017)11月(21歳4ヵ月)
優勝等 :十両優勝1回,幕下同点1回
成 績 :敢闘賞3回,金星1個

青乃潮

古川中学では陸上部に所属し、砲丸投げの青森市大会で7位になったことも。中学の先生に力士になることを勧められたことで、岩手県一関市で行われていた東関部屋の夏合宿に見学に。そのとき振分親方(元小結・高見盛)に誘われて入門を決意した

青乃潮 龍生(あおのうみ りゅうき)
出身地 :青森県青森市
本 名 :和田 龍生
生年月日:平成12年(2000)6月22日(19歳)
所属部屋:東関部屋
改名歴 :和田⇒青乃潮
初土俵 :平成28年(2016)3月(15歳9ヵ月)

錦富士

阿武松部屋の阿武咲とは高校の同級生。共に近大中退、同部屋同期の翠富士と切磋琢磨して上を目指す

錦富士 隆聖(にしきふじ りゅうせい)
出身地 :青森県十和田市
本 名 :小笠原 隆聖
生年月日:平成8年(1996)7月22日(23歳)
出身大学:近畿大学(中退)
所属部屋:伊勢ヶ濱部屋
改名歴 :小笠原⇒錦富士
初土俵 :平成28年(2016)9月(20歳2ヵ月)
優勝等 :序二段優勝1回,序ノ口優勝1回

海真

出身は「大間のマグロ」で有名な青森県大間町。大間中学時代は陸上で砲丸投げの選手。入門に際しての決意表明の言葉は「己を尽くす」

海真 翔海(かいしん かける)
出身地 :青森県下北郡大間町
本 名 :辻 翔海
生年月日:平成13年(2001)9月25日(17歳)
所属部屋:田子ノ浦部屋
初土俵 :平成29年(2017)3月(15歳6ヵ月)

欧樹

専門学校のスマホアプリ開発科を卒業後、フリーターを経て鳴戸部屋の門を叩いた。目指す力士は舞の海関

欧樹 樹(おうじゅ たつき)
出身地 :青森県むつ市
本 名 :藤島 樹
生年月日:平成8年(1996)2月8日(23歳)
所属部屋:鳴戸部屋
初土俵 :平成30年(2018)5月(22歳3ヵ月)

伝法谷

中学は卓球部に所属。五所川原商業高に入学してから相撲を始めて十和田大会でベスト16入り

伝法谷 洋匡(でんぽうや ひろまさ)
出身地 :青森県五所川原市
本 名 :伝法谷 洋匡
生年月日:平成12年(2000)7月6日(19歳)
所属部屋:伊勢ヶ濱部屋
初土俵 :平成30年(2018)11月(18歳4ヵ月)

スポンサーリンク

過去から現在までの青森出身力士はこちら

ここまでは青森出身の現役力士の番付や成績を中心にご紹介してきましたが、過去から現在までの青森県の大相撲力士をまとめた記事もご用意しています。興味を持たれた方はどうぞ。

他の出身地の番付と成績も見てみたい方は出身地目次より選んでください。

その他のページリンク

こちらの出身地別番付と同様の情報が詰まった情報盛り沢山な最新番付表もご用意しています。先場所だけではなく、過去6場所分の成績が通算成績とともに一気に確認できます。さらに新十両や入幕などの昇進はいつだったのか?出身校や身長体重BMI等々…より詳細な情報も併せて載せていますので是非ご覧下さい。

地方巡業日程はこちら

力士や親方、裏方さんたちと間近で触れ合うチャンスは地方巡業です!巡業日程や詳細をご紹介しています。

現役力士褒賞金一覧と関取の推定年収はこちら

現役力士の力士褒賞金、通称「給金」を独自計算により一覧でご紹介さらに関取の推定年収も一覧表にしてまとめました。

現役力士の力士褒賞金と推定年収一覧! オススメ!

コメントはお気軽にどうぞ

ユーザー様の視聴環境

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。