平成9年(1997年)生まれの現役力士一覧!出世頭は誰?

平成9年(1997)生まれの現役力士の番付や成績を一覧表にしてご紹介しています。

表の下のボタンによって月ごとに表示を切り替えることも出来ますよ。

同じ年に生まれた力士のなかで、誰が一番出世しているのかがひと目で分かります。

1997年生まれの力士一覧(番付・星取表・成績・経歴)(12日目)

No 四股名 直近7場所 成績 直近7場所 勝率 番付 (令6.7) 7月場所 成績 令和6年7月場所星取表 S1 番付 推移 変動 枚数 番付 (令6.5) 5月場所 成績 令和6年5月場所星取表 S2 番付 推移 変動 枚数 番付 (令6.3) 3月場所 成績 令和6年3月場所星取表 S3 番付 推移 変動 枚数 番付 (令6.1) 1月場所 成績 令和6年1月場所星取表 S4 番付 推移 変動 枚数 番付 (令5.11) 11月場所 成績 令和5年11月場所星取表 S5 番付 推移 変動 枚数 番付 (令5.9) 9月場所 成績 令和5年9月場所星取表 s6 番付 推移 変動 枚数 番付 (令5.7) 7月場所 成績 令和5年7月場所星取表 初日 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目 中日 9日目 10日目 11日目 12日目 13日目 14日目 千秋楽 最高位 出身地 部屋 一門 年齢 生年月日 大相撲歴 本名 旧四股名 旧所属 身長(㎝) 体重(㎏) BMI 出身高校 出身大学 初土俵 初土俵 年齢 新十両 新十両 年齢 新入幕 新入幕 年齢 新小結 新小結 年齢 新関脇 新関脇 年齢 大関昇進 大関昇進 年齢 横綱昇進 横綱昇進 年齢 幕内 優勝 十両 優勝 幕下 優勝 三段目 優勝 序二段 優勝 序ノ口 優勝 技能賞 殊勲賞 敢闘賞 金星 通算 勝利数 通算 敗数 通算 休数 出場回数 通算 勝率(%) s誕生日 s初土俵 s新十両 s新入幕 s新小結 s新関脇 s大関昇進 s横綱昇進 s初土俵年齢 s新十両年齢 s新入幕年齢 s新小結年齢 s新関脇年齢 s大関昇進年齢 s横綱昇進年齢 s7場所勝敗 s1勝敗 s2勝敗 s3勝敗 s4勝敗 s5勝敗 s6勝敗 s7勝敗 s2順 s3順 s4順 s5順 s6順 s7順 s1シフト s2シフト s3シフト s4シフト s5シフト s6シフト sしこな s最高位 s出身ふりがな s部屋ふりがな s7勝率 s勝 s敗 s休 s出 s勝率 s幕優 s十 s下 s三 s二 s口 s技 s殊 s敢 s金

※表は横にスクロールします。また、表示件数を切り替えることで上下のスクロールも可能です。項目をクリックすることで表を並べ替えることが出来ます。
番付表の記号等、補足事項はこちらをどうぞ


相撲部屋や出身地ごとの場所の成績からランキングを作成しております。初場所、好調な相撲部屋や力士の出身地はどこ?

現役力士の詳細プロフィールを、最高位順に並べてご紹介しています。

最高位が大関の現役力士

琴櫻 将傑

琴櫻 将傑(ことざくら まさかつ)は千葉県 松戸市出身、佐渡ヶ嶽部屋の力士で最高位は大関。令和6年7月場所の番付は最高位に並ぶ東 大関。

祖父は53代横綱・琴櫻で、父は師匠でもある13代佐渡ヶ嶽の元関脇・琴ノ若。血筋だけではなく埼玉栄高校では主将として高校総体団体で優勝。さらに平成27年の世界ジュニア相撲選手権大会・個人重量級でも見事優勝と実力は確か。令和元年7月場所での十両昇進により父の四股名「琴ノ若」を受け継いだ。新十両からも着実に勝ち越しを積み上げていき令和2年3月場所で新入幕を果たす。

四股名
琴櫻 将傑(ことざくら まさかつ)
最高位
大関
最新番付
東 大関
出身地
千葉県 松戸市
本名
鎌谷 将且
生年月日
平成9年(1997)11月19日(26歳)
出身高校
埼玉栄高校
所属部屋
佐渡ヶ嶽部屋
改名歴
琴鎌谷⇒琴ノ若⇒琴櫻
初土俵
平成27年(2015)11月(18歳0ヵ月)
新十両
令和1年(2019)7月(21歳8ヵ月)
新入幕
令和2年(2020)3月(22歳4ヵ月)
新小結
令和5年(2023)1月(25歳2ヵ月)
新関脇
令和5年(2023)9月(25歳10ヵ月)
新大関
令和6年(2024)3月(26歳4ヵ月)
優勝
序ノ口優勝1回
受賞・金星
敢闘賞5回,技能賞2回
通算成績
351勝229敗14休/565出場(勝率:62.1%)
直近7場所
73勝29敗
7場所勝率
81.1%
令6年7月
東 大関(半枚上昇)
8勝4敗
●○○○●|○○○○○|●●   
令6年5月
西 大関(1枚上昇)
11勝4敗
●○○○○|●○○○●|○○○●○
令6年3月
西 大関2(半枚上昇・最高位更新)
10勝5敗
○●○○●|○○○○○|●○●○●
令6年1月
東 関脇(1枚上昇)
13勝2敗(幕内同点・技能賞)
○○○○○|●○□○○|○○●○○
令5年11月
東 関脇2(変動なし)
11勝4敗(敢闘賞)
○○○○○|○●●○○|○●●○○
令5年9月
東 関脇2(半枚上昇・最高位更新)
9勝6敗
○●○○●|○●●○○|●●○○○
令5年7月
東 小結
11勝4敗(敢闘賞)
○●○●○|○○●●○|○○○○○

最高位が前頭の現役力士

金峰山 晴樹

金峰山 晴樹(きんぼうざん はるき)はカザフスタン アルマティ出身、木瀬部屋の力士で最高位は前頭5枚目。令和6年7月場所の番付は西 前頭8枚目。

14才の頃から柔道を始めてカザフスタンで3位になったことも。元横綱・朝青龍の紹介で18才の頃に来日して東京の市立日出高校(現・目黒日大高校)に編入し相撲を始めた。

大学は日本大学に進学、3年次の金沢大会団体優勝、全国135㎏以上級2位、全国学生選手権団体優勝。さらに全日本選手権2位で三段目付け出し資格を取得したがこの時は行使せずに失効した。

大学4年次に東日本135㎏以上級優勝、全国135㎏以上級優勝、東日本学生選手権優勝、そして全国学生選手権3位で再び三段目付け出し資格を獲得した。

四股名
金峰山 晴樹(きんぼうざん はるき)
最高位
前頭5枚目
最新番付
西 前頭8枚目
出身地
カザフスタン アルマティ
本名
バルタグル・イェルシン
生年月日
平成9年(1997)6月24日(27歳)
出身高校
日出高校
出身大学
日本大学
所属部屋
木瀬部屋
初土俵
令和3年(2021)11月(24歳5ヵ月)
新十両
令和4年(2022)9月(25歳3ヵ月)
新入幕
令和5年(2023)3月(25歳9ヵ月)
優勝
幕下優勝1回,三段目優勝1回
受賞・金星
敢闘賞1回
通算成績
122勝88敗2休/197出場(勝率:61.9%)
直近7場所
48勝52敗2休
7場所勝率
55.2%
令6年7月
西 前頭8枚目(2枚上昇)
3勝9敗
●●●●●|○○○●●|●●   
令6年5月
西 前頭10枚目(3枚半降下)
8勝7敗
○○○●●|○●○●○|●○○●●
令6年3月
東 前頭7枚目(1枚降下)
6勝7敗2休
○●●●■|やや○●○|○○○●●
令6年1月
東 前頭6枚目(1枚上昇)
7勝8敗
○●○●●|○●○○●|○●●●○
令5年11月
東 前頭7枚目(3枚上昇)
8勝7敗
○●●○●|○●○○○|●○○●●
令5年9月
東 前頭10枚目(変動なし)
9勝6敗
○○○○●|○●●●○|○○○●●
令5年7月
東 前頭10枚目
7勝8敗
●○○●○|○●●○○|●●●○●

欧勝馬 出気

欧勝馬 出気(おうしょうま でき)はモンゴル トブ県出身、鳴戸部屋の力士。令和6年7月場所の番付は最高位更新となる東 前頭9枚目。

14才の頃からモンゴル相撲を始め16才からはレスリングも始めた。元横綱・朝青龍の紹介で高校2年生の4月に現・豊昇龍らと一緒に来日して日体大柏高校に入学。レスリングで全国高校選抜・個人120㎏級優勝、全国高校総体120㎏級優勝を果たした。

進学した日本体育大学で相撲を始め、1年次に全国学生選手権で3位に入り三段目付け出し資格を獲得した。2年次に全国無差別級優勝、全国学生選手権8強で三段目付け出し資格獲得(失効)。3年次に宇佐大会個人・団体とも優勝、東日本学生選手権2位、金沢大会優勝、そして全国学生選手権3位で三度、三段目付け出し資格を獲得した。4年次にも東日本無差別級3位、全国無差別級3位、全国学生選手権優勝で学生横綱を獲得し、幕下15枚目格付け出し資格を得た。鳴戸親方(元大関・琴欧洲)の誘いにより鳴戸部屋からの初土俵となった。

四股名
欧勝馬 出気(おうしょうま でき)
最高位
前頭9枚目
最新番付
東 前頭9枚目
出身地
モンゴル トブ県
本名
プレブスレン・デルゲルバヤル
生年月日
平成9年(1997)4月9日(27歳)
出身高校
日体大柏高校
出身大学
日本体育大学
所属部屋
鳴戸部屋
初土俵
令和3年(2021)11月・幕下15付出(24歳7ヵ月)
新十両
令和4年(2022)7月(25歳3ヵ月)
新入幕
令和6年(2024)5月(27歳1ヵ月)
優勝
十両優勝1回,幕下優勝1回
受賞・金星
敢闘賞1回
通算成績
122勝91敗7休/201出場(勝率:60.7%)
直近7場所
17勝10敗(十両:40勝35敗)
7場所勝率
63.3%
令6年7月
東 前頭9枚目(5枚半上昇・最高位更新)
7勝5敗
○○○●○|●●●●○|○○   
令6年5月
西 前頭14枚目(6枚半上昇・最高位更新)
10勝5敗(敢闘賞)
○○○●○|○●●○○|○○●●○
令6年3月
西 十両4枚目(1枚上昇)
11勝4敗
○○●○●|●○○○○|●○○○○
令6年1月
西 十両5枚目(2枚半降下)
8勝7敗
●●●○○|○●●●○|○●○○○
令5年11月
東 十両3枚目(1枚上昇)
6勝9敗
●●○●●|○○○●●|●●●○○
令5年9月
東 十両4枚目(変動なし)
8勝7敗
○●○●●|○●○○○|○○●●●
令5年7月
東 十両4枚目
7勝8敗
○●○○●|●●○○●|●○●●○

最高位が十両の現役力士

獅司 大

獅司 大(しし まさる)はウクライナ ザポリジャ州メリトポリ市出身、雷部屋の力士で最高位は十両5枚目。令和6年7月場所の番付は東 十両10枚目。

5歳の頃からレスリングを始め、15歳の頃に相撲へと転向した。平成27年(2015)8月に大阪で行われた世界ジュニア相撲選手権重量級で3位。翌年にモンゴルで行われた世界相撲選手権重量級でも3位の成績を残した。

平成30年(2018)5月のUS・スモウ・オープン大会でヘビー級3位になったソコロフスキーは時津風親方(元幕内・時津海)を紹介されて7月に来日、約1ヵ月ものあいだ時津海部屋の稽古に参加した。

その後、外国人枠の絡みもあり入間川部屋を紹介されたソコロフスキーは1年の研修期間を経て令和2年(2020)1月場所での新弟子検査を受検、翌場所で初土俵を踏んだ。

四股名
獅司 大(しし まさる)
最高位
十両5枚目
最新番付
東 十両10枚目
出身地
ウクライナ ザポリジャ州メリトポリ市
本名
ソコロフスキー・セルギイ
生年月日
平成9年(1997)1月16日(27歳)
所属部屋
入間川⇒雷部屋
初土俵
令和2年(2020)3月(23歳2ヵ月)
新十両
令和5年(2023)7月(26歳6ヵ月)
優勝
無し
通算成績
135勝91敗2休/213出場(勝率:63.4%)
直近7場所
53勝49敗
7場所勝率
58.9%
令6年7月
東 十両10枚目(3枚降下)
9勝3敗
●○○○○|○○○○●|●○   
令6年5月
東 十両7枚目(1枚半上昇)
5勝10敗
□●●●●|○●○●○|●○●●●
令6年3月
西 十両8枚目(1枚降下)
8勝7敗
○○●●○|○●○●●|○○●●○
令6年1月
西 十両7枚目(2枚半降下)
7勝8敗
●●●○●|○○●●○|●○○○●
令5年11月
東 十両5枚目(3枚上昇・最高位更新)
6勝9敗
●○●●●|●○●●●|○○●○○
令5年9月
東 十両8枚目(4枚上昇・最高位更新)
9勝6敗
●○○●○|○○●○○|●●●○○
令5年7月
東 十両12枚目
9勝6敗
○●○○○|●●●○○|○●○○●

藤青雲 龍輝

藤青雲 龍輝(ふじせいうん たつき)は熊本県 熊本市西区出身、藤島部屋の力士で最高位は十両6枚目。令和6年7月場所の番付は東 十両14枚目。

熊本市立河内小学1年の頃から中村相撲道場で相撲を始める。一時は相撲から離れていたこともあったが文徳高校に進学すると本格的に相撲に取り組み、数々の大会で好成績をあげるようになった。

大学は明治大学に進学し東日本新人戦ベスト16、国体成年の部・個人ベスト32などの成績をおさめた。親の勧めもあり、卒業後は実業団相撲部がある会社に就職したが、コロナ禍では試合もなく、ならばプロで勝負をしたいと一念発起し藤島部屋の門を叩いた。

番付に初めてついた令和3年(2021)5月場所では7戦全勝、同じ藤島部屋の同期である勝呂との優勝決定戦に進出し見事序ノ口優勝を飾った。

四股名
藤青雲 龍輝(ふじせいうん たつき)
最高位
十両6枚目
最新番付
東 十両14枚目
出身地
熊本県 熊本市西区
本名
東 龍輝
生年月日
平成9年(1997)12月5日(26歳)
出身高校
文徳高校
出身大学
明治大学
所属部屋
藤島部屋
初土俵
令和3年(2021)3月(23歳3ヵ月)
新十両
令和5年(2023)5月(25歳5ヵ月)
優勝
幕下優勝1回,三段目優勝2回,序ノ口優勝1回
通算成績
93勝39敗29休/120出場(勝率:77.5%)
直近7場所
8勝4敗15休(幕下以下:18勝3敗14休)
7場所勝率
123.8%
令6年7月
東 十両14枚目(11枚上昇)
8勝4敗
●○○●○|○○○●●|○○   
令6年5月
東 幕下11枚目(3枚半上昇)
7勝0敗(幕下優勝)
○-○--|○-○○-|○-○--
令6年3月
西 幕下14枚目(72枚半上昇)
4勝3敗
○-●--|○-●○-|-○--●
令6年1月
西 三段目26枚目(40枚半降下)
7勝0敗(三段目優勝)
○-○-○|-○-○-|○-○--
令5年11月
東 幕下46枚目(41枚降下)
0勝0敗7休
休場
令5年9月
東 幕下5枚目(13枚降下)
0勝0敗7休
休場
令5年7月
東 十両6枚目
0勝0敗15休
休場

日翔志 英忠

日翔志 英忠(ひとし ひでただ)は東京都 立川市出身、追手風部屋の力士で最高位は十両11枚目。令和6年7月場所の番付は西 幕下19枚目。

5歳の頃から立川錬成館で相撲を始める。中学は新潟の糸魚川市立能生中学校に進学、中3で全国中学校相撲選手権大会個人3位に入賞。高校は「相撲の名門」埼玉栄高校へと進学、高1で高校総体団体優勝、弘前大会団体優勝、高2で選抜大会団体優勝、高3でも高校総体団体優勝や宇佐大会団体優勝と個人3位など数々の大会で好成績をおさめた。

日本大学でも3年次に金沢大会団体優勝、十和田大会個人3位、4年次に東日本学生相撲選手権個人ベスト8、全国学生無差別級優勝、全国学生選手権代替優勝など活躍をみせる。日大職員を経て追手風部屋の門を叩いた。

四股名
日翔志 英忠(ひとし ひでただ)
最高位
十両11枚目
最新番付
西 幕下19枚目
出身地
東京都 立川市
本名
沢田 日登志
生年月日
平成9年(1997)8月14日(26歳)
出身高校
埼玉栄高校
出身大学
日本大学
所属部屋
追手風部屋
改名歴
沢田翔⇒日翔志
初土俵
令和3年(2021)5月(23歳9ヵ月)
新十両
令和5年(2023)11月(26歳3ヵ月)
優勝
幕下優勝1回,三段目優勝1回,序二段優勝2回
通算成績
76勝43敗21休/113出場(勝率:67.3%)
直近7場所
26勝15敗(十両:2勝13敗)
7場所勝率
56.0%
令6年7月
西 幕下19枚目(6枚半降下)
5勝1敗
○--○○|-○-○-|●-   
令6年5月
東 幕下13枚目(8枚上昇)
3勝4敗
○-●-●|-○--●|-●-○-
令6年3月
東 幕下21枚目(14枚降下)
5勝2敗
-○○--|●-○○-|-○●--
令6年1月
東 幕下7枚目(10枚降下)
2勝5敗
-○-●○|-●--●|-●●--
令5年11月
東 十両11枚目(6枚半上昇・最高位更新)
2勝13敗
●●○●●|●●●●●|●○●●●
令5年9月
西 幕下3枚目(6枚上昇・最高位更新)
6勝1敗(幕下優勝)
○-●-○|○--○-|○-○--
令5年7月
西 幕下9枚目
5勝2敗
-○●--|●-○-○|○--○-

最高位が幕下の現役力士

深井 拓斗

深井 拓斗(ふかい たくと)は石川県 羽咋市出身、高砂部屋の力士で最高位は幕下4枚目。令和6年7月場所の番付は東 幕下13枚目。

羽咋市立瑞穂小学2年の頃から羽咋道場で相撲を始めて小6でわんぱく相撲全国大会に出場。鳴和中時代には全国中学校相撲選手権大会での団体優勝と個人優勝(中学横綱)や、全国都道府県中学生相撲選手権団体優勝など数々の大会で優秀な成績をおさめた。金沢市立工業高校時代にも高校総体団体優勝、全国選抜大会個人優勝など活躍し、着実にその名を上げていた。

大学は東洋大へと進学、ここでも東日本学生団体優勝や宇和島大会団体優勝など数々の団体優勝に貢献。さらに個人でも4年次に全国学生選手権個人8強入りの成績をおさめた深井は三段目最下位格付け出し資格を獲得、母親からの後押しもあり角界入りを決意した。

四股名
深井 拓斗(ふかい たくと)
最高位
幕下4枚目
最新番付
東 幕下13枚目
出身地
石川県 羽咋市
本名
深井 拓斗
生年月日
平成9年(1997)9月10日(26歳)
出身高校
金沢市立工業高校
出身大学
東洋大学
所属部屋
高砂部屋
初土俵
令和2年(2020)3月(22歳6ヵ月)
優勝
幕下優勝1回,三段目優勝1回
通算成績
100勝80敗1休/173出場(勝率:57.8%)
直近7場所
24勝24敗
7場所勝率
57.1%
令6年7月
東 幕下13枚目(10枚上昇)
3勝3敗
○--○●|--●●-|○-   
令6年5月
東 幕下23枚目(3枚半降下)
5勝2敗
-○-○-|●○-○-|●---○
令6年3月
西 幕下19枚目(7枚降下)
3勝4敗
-○●--|●-●○-|-●--○
令6年1月
西 幕下12枚目(8枚半降下)
3勝4敗
○--●●|--●-○|-○-●-
令5年11月
東 幕下4枚目(4枚半上昇)
2勝5敗
-○-○-|●●●--|●-●--
令5年9月
西 幕下8枚目(4枚上昇)
4勝3敗
-●-○-|●-○-○|-●-○-
令5年7月
西 幕下12枚目
4勝3敗
●--●-|○○-○-|●--○-

琴砲 国太

琴砲 国太(ことおおづつ くにひろ)は宮崎県 小林市出身、佐渡ヶ嶽部屋の力士で最高位は幕下8枚目。令和6年7月場所の番付は西 幕下41枚目。

中1から小林警察クラブで柔道を始めて全国中学校相撲選手権大会で5位。高校では県総体100kg超級優勝など数々の実績をあげた。中学の時に親方(元関脇・琴ノ若)から誘われており、同郷である琴恵光関の話を聞いたことで相撲界への挑戦を決めた。

四股名
琴砲 国太(ことおおづつ くにひろ)
最高位
幕下8枚目
最新番付
西 幕下41枚目
出身地
宮崎県 小林市
本名
熊添 銀次郎
生年月日
平成9年(1997)4月25日(27歳)
出身高校
延岡学園高校
所属部屋
佐渡ヶ嶽部屋
改名歴
琴熊添⇒琴砲
初土俵
平成28年(2016)3月(18歳11ヵ月)
優勝
無し
通算成績
161勝134敗19休/287出場(勝率:56.1%)
直近7場所
18勝26敗4休
7場所勝率
48.6%
令6年7月
西 幕下41枚目(8枚降下)
1勝5敗
●-○-●|-●--●|-●   
令6年5月
西 幕下33枚目(8枚上昇)
3勝4敗
○--○●|--○-●|●-●--
令6年3月
西 幕下41枚目(9枚上昇)
4勝3敗
○-○-●|--●○-|-○-●-
令6年1月
西 幕下50枚目(8枚半上昇)
4勝3敗
○-●-●|-○--○|-○--●
令5年11月
東 幕下59枚目(34枚半降下)
4勝3敗
●--○-|○-●-○|-●-○-
令5年9月
西 幕下24枚目(14枚半降下)
0勝3敗4休
●-●--|■やややや|ややややや
令5年7月
東 幕下10枚目
2勝5敗
-●-○●|-●--●|-○--●

隠岐の浜 芳和

隠岐の浜 芳和(おきのはま よしかず)は島根県 隠岐郡隠岐の島町出身、八角部屋の力士で最高位は幕下31枚目。令和6年7月場所の番付は西 三段目30枚目。

6歳から始めた柔道は初段の腕前。小6から西郷相撲クラブで相撲を始めて西郷中学では相撲部に所属。中3で都道府県大会出場、全中では団体32強入り。

四股名
隠岐の浜 芳和(おきのはま よしかず)
最高位
幕下31枚目
最新番付
西 三段目30枚目
出身地
島根県 隠岐郡隠岐の島町
本名
青砥 芳和
生年月日
平成9年(1997)6月25日(27歳)
所属部屋
八角部屋
改名歴
青砥⇒隠岐の浜
初土俵
平成25年(2013)3月(15歳9ヵ月)
優勝
無し
通算成績
235勝215敗18休/443出場(勝率:53%)
直近7場所
20勝28敗
7場所勝率
47.6%
令6年7月
西 三段目30枚目(27枚半降下)
2勝4敗
●-●-●|--○-●|-○   
令6年5月
東 三段目3枚目(11枚降下)
2勝5敗
●-●--|●○-○-|●---●
令6年3月
西 幕下52枚目(22枚半上昇)
3勝4敗
-○●--|●●-○-|○--●-
令6年1月
西 三段目14枚目(23枚半降下)
5勝2敗
●--○-|○○--○|●---○
令5年11月
東 幕下51枚目(11枚上昇)
2勝5敗
-●○--|●-●●-|●---○
令5年9月
西 三段目筆頭(21枚降下)
4勝3敗
●--○○|--○○-|-●-●-
令5年7月
西 幕下40枚目
2勝5敗
-●-●-|●●-○-|-●-○-

早南嶺 勇武

早南嶺 勇武(はやなみ いさむ)は岩手県 二戸市出身、武蔵川部屋の力士で最高位は幕下32枚目。令和6年7月場所の番付は西 三段目24枚目。

盛岡大附属高校では柔道で活躍、2年次の県大会100キロ級で準優勝。

四股名
早南嶺 勇武(はやなみ いさむ)
最高位
幕下32枚目
最新番付
西 三段目24枚目
出身地
岩手県 二戸市
本名
和山 勇次
生年月日
平成9年(1997)12月19日(26歳)
出身高校
盛岡大附属高校
所属部屋
武蔵川部屋
改名歴
和山⇒和蔵山⇒和山⇒早南嶺
初土俵
平成28年(2016)1月(18歳1ヵ月)
優勝
無し
通算成績
176勝171敗2休/341出場(勝率:51.6%)
直近7場所
21勝27敗
7場所勝率
50.0%
令6年7月
西 三段目24枚目(13枚半上昇)
2勝4敗
○-○--|●-●-●|-●   
令6年5月
東 三段目38枚目(14枚半降下)
4勝3敗
-●-○-|●●--○|○-○--
令6年3月
西 三段目23枚目(21枚半降下)
3勝4敗
●--○●|-○--●|-●--○
令6年1月
東 三段目2枚目(21枚降下)
2勝5敗
○--●○|-●--●|-●-●-
令5年11月
東 幕下41枚目(10枚半上昇)
2勝5敗
○--●●|--●-○|●---●
令5年9月
西 幕下51枚目(9枚上昇)
4勝3敗
○-●--|○○--●|●--○-
令5年7月
西 幕下60枚目
4勝3敗
-○●-●|--●-○|-○--□

峰洲山 善晴

峰洲山 善晴(ほうしゅうざん よしはる)は千葉県 鎌ケ谷市出身、鳴戸部屋の力士で最高位は幕下34枚目。令和6年7月場所の番付は東 三段目2枚目。

小学1年の頃から葛飾白鳥相撲教室で相撲を始めて小5で全日本相撲優勝大会に出場。大道中時代には全国少年相撲選手権団体優勝をはじめ数々の大会で活躍した。東京学園を経て日本体育大学へと進学、東日本学生相撲リーグ戦団体3連覇などに貢献。令和2年11月場所では序二段の優勝決定戦に進出、惜しくも同部屋の欧深沢に敗れはしたが実力の確かさをみせてくれた。

四股名
峰洲山 善晴(ほうしゅうざん よしはる)
最高位
幕下34枚目
最新番付
東 三段目2枚目
出身地
千葉県 鎌ケ谷市
本名
鈴木 千晴
生年月日
平成9年(1997)8月9日(26歳)
出身高校
東京学園
出身大学
日本体育大学
所属部屋
鳴戸部屋
改名歴
欧鈴木⇒峰洲山
初土俵
令和2年(2020)7月(22歳11ヵ月)
優勝
無し
通算成績
90勝74敗3休/157出場(勝率:57.3%)
直近7場所
22勝26敗
7場所勝率
53.7%
令6年7月
東 三段目2枚目(10枚半降下)
3勝3敗
-○●-○|-○-●-|●-   
令6年5月
西 幕下52枚目(7枚降下)
3勝4敗
-○-●○|--○●-|●-●--
令6年3月
西 幕下45枚目(8枚半上昇)
3勝4敗
-○●--|●○--■|-○●--
令6年1月
東 幕下54枚目(20枚降下)
4勝3敗
○--●○|--○-●|○---●
令5年11月
東 幕下34枚目(8枚上昇)
2勝5敗
-●-●-|○●-●-|-○●--
令5年9月
東 幕下42枚目(7枚半降下)
4勝3敗
-○-●○|-○--○|●---●
令5年7月
西 幕下34枚目
3勝4敗
●--●-|○●--●|○---□

誠道 貴啓

誠道 貴啓(せいどう たかひろ)は群馬県 高崎市出身、湊部屋の力士で最高位は幕下36枚目。令和6年7月場所の番付は西 序二段15枚目。

幼少の頃から剣道で鍛え上げた。相撲は室田小学3年の頃から始めた。兄が同部屋の夏野登岩と中学の同級生という縁で誘われて湊部屋への入門が決まった。

四股名
誠道 貴啓(せいどう たかひろ)
最高位
幕下36枚目
最新番付
西 序二段15枚目
出身地
群馬県 高崎市
本名
中島 貴浩
生年月日
平成9年(1997)1月12日(27歳)
所属部屋
湊部屋
改名歴
榛湊⇒誠道
初土俵
平成24年(2012)3月(15歳2ヵ月)
優勝
無し
通算成績
247勝252敗11休/492出場(勝率:50.2%)
直近7場所
20勝27敗1休
7場所勝率
50.0%
令6年7月
西 序二段15枚目(23枚降下)
3勝3敗
-○-○●|--○-●|-●   
令6年5月
西 三段目82枚目(35枚上昇)
2勝4敗1休
-■やや-|○-●-○|-●-●-
令6年3月
東 序二段27枚目(51枚半降下)
5勝2敗
○-●--|○-○-●|-○--○
令6年1月
東 三段目66枚目(23枚降下)
0勝7敗
-●-●●|-●-●-|●-●--
令5年11月
東 三段目43枚目(18枚上昇)
2勝5敗
-●-○●|-●-●-|-○--●
令5年9月
東 三段目61枚目(20枚上昇)
4勝3敗
●-○-●|-●--○|-○-○-
令5年7月
東 三段目81枚目
4勝3敗
○-○-○|--○●-|●---●

雷鵬 晋太郎

雷鵬 晋太郎(らいほう しんたろう)は静岡県 富士宮市出身、伊勢ヶ濱部屋の力士で最高位は幕下43枚目。令和6年7月場所の番付は東 序二段48枚目。

3歳から中1までは柔道で身体を鍛えた。中2の頃から富士宮相撲クラブで相撲を始めて中3で全国都道府県中学生相撲選手権大会軽量級でベスト8入り。高校は千葉の柏日体高校(現・日体大柏高校)へと相撲留学。大学は日本体育大学へと進学し1年次に全国学生85㎏未満級優勝、2年次に東日本リーグ戦団体優勝など数々の大会で好成績をおさめた。

四股名
雷鵬 晋太郎(らいほう しんたろう)
最高位
幕下43枚目
最新番付
東 序二段48枚目
出身地
静岡県 富士宮市
本名
渡邉 晋太郎
生年月日
平成9年(1997)5月21日(27歳)
出身高校
柏日体高校
出身大学
日本体育大学
所属部屋
宮城野⇒伊勢ヶ濱部屋
初土俵
令和3年(2021)7月(24歳2ヵ月)
優勝
無し
通算成績
58勝40敗27休/97出場(勝率:59.8%)
直近7場所
13勝15敗20休
7場所勝率
48.1%
令6年7月
東 序二段48枚目(61枚降下)
0勝0敗6休
休場
令6年5月
東 三段目77枚目(60枚半降下)
0勝0敗7休
休場
令6年3月
西 三段目16枚目(10枚半降下)
0勝0敗7休
休場
令6年1月
東 三段目6枚目(10枚降下)
3勝4敗
○-○--|●-○-●|-●-■-
令5年11月
東 幕下56枚目(7枚半降下)
3勝4敗
-●-●○|-●--○|-○-●-
令5年9月
西 幕下48枚目(8枚半上昇)
3勝4敗
●--●●|--○○-|-●--○
令5年7月
東 幕下57枚目
4勝3敗
○-●--|○-○○-|-●-●-

大翔樹 歩全

大翔樹 歩全(だいしょうき いぶと)は兵庫県 美方郡新温泉町出身、追手風部屋の力士で最高位は幕下54枚目。令和6年7月場所の番付は東 三段目筆頭。

平成30年(2018)9月場所では、怪我から三段目で復帰した木瀬部屋の宇良に突き落としで勝利。左四つからの上手投げが得意。

四股名
大翔樹 歩全(だいしょうき いぶと)
最高位
幕下54枚目
最新番付
東 三段目筆頭
出身地
兵庫県 美方郡新温泉町
本名
下釜 歩樹
生年月日
平成9年(1997)5月5日(27歳)
所属部屋
追手風部屋
初土俵
平成25年(2013)3月(15歳10ヵ月)
優勝
無し
通算成績
230勝227敗11休/451出場(勝率:51%)
直近7場所
23勝23敗2休
7場所勝率
54.8%
令6年7月
東 三段目筆頭(25枚上昇)
1勝3敗2休
●-○-●|-■-やや|やや   
令6年5月
東 三段目26枚目(14枚半上昇)
5勝2敗
-○-○-|○-○●-|-●○--
令6年3月
西 三段目40枚目(21枚降下)
4勝3敗
○--●●|-●-○-|○-○--
令6年1月
西 三段目19枚目(15枚半上昇)
2勝5敗
-●-●-|●-○-○|-●--●
令5年11月
東 三段目35枚目(15枚半上昇)
4勝3敗
●-○-○|-○-●-|○---●
令5年9月
西 三段目50枚目(17枚降下)
4勝3敗
-●-○○|--○-●|○--●-
令5年7月
西 三段目33枚目
3勝4敗
-●-●-|●-○-●|-○-○-

最高位が三段目の現役力士

土佐清水 万次郎

土佐清水 万次郎(とさしみず まんじろう)は高知県 土佐清水市出身、時津風部屋の力士で最高位は三段目3枚目。令和6年7月場所の番付は西 三段目67枚目。

幼少時から相撲を始めた4人兄弟の長男。地元土佐清水市の劇団清水出身で宿毛高時代には全国大会団体ベスト8入り。

四股名
土佐清水 万次郎(とさしみず まんじろう)
最高位
三段目3枚目
最新番付
西 三段目67枚目
出身地
高知県 土佐清水市
本名
宮崎 太暉
生年月日
平成9年(1997)2月25日(27歳)
出身高校
宿毛高校
所属部屋
時津風部屋
改名歴
宮崎⇒豊清水⇒土佐清水
初土俵
平成27年(2015)5月(18歳3ヵ月)
優勝
無し
通算成績
181勝191敗5休/363出場(勝率:49.9%)
直近7場所
22勝26敗
7場所勝率
52.4%
令6年7月
西 三段目67枚目(15枚降下)
3勝3敗
○--●○|--○●-|-●   
令6年5月
西 三段目52枚目(32枚半上昇)
3勝4敗
○-●--|○●-●-|●---○
令6年3月
東 三段目85枚目(21枚半降下)
5勝2敗
-○○-○|--○●-|-○--●
令6年1月
西 三段目63枚目(25枚半降下)
2勝5敗
-●-○○|-●--●|-●--●
令5年11月
東 三段目38枚目(17枚降下)
2勝5敗
●-○-●|-○--●|●--●-
令5年9月
東 三段目21枚目(13枚上昇)
3勝4敗
-●-●-|○-○-●|-○●--
令5年7月
東 三段目34枚目
4勝3敗
○-●-●|-○-○-|○---●

龍司 成

龍司 成(りゅうつかさ しげ)は静岡県 富士宮市出身、雷部屋の力士で最高位は三段目10枚目。令和6年7月場所の番付は西 三段目61枚目。

飛龍高校3年次に出場した高校総体団体では3位に。

四股名
龍司 成(りゅうつかさ しげ)
最高位
三段目10枚目
最新番付
西 三段目61枚目
出身地
静岡県 富士宮市
本名
金森 成男
生年月日
平成9年(1997)2月13日(27歳)
出身高校
飛龍高校
所属部屋
入間川⇒雷部屋
改名歴
金森⇒龍司
初土俵
平成27年(2015)1月(17歳11ヵ月)
優勝
無し
通算成績
192勝176敗23休/360出場(勝率:53.3%)
直近7場所
22勝20敗6休
7場所勝率
61.1%
令6年7月
西 三段目61枚目(35枚上昇)
4勝2敗
-○●-○|-○--●|-○   
令6年5月
西 序二段6枚目(36枚降下)
5勝2敗
○-○-○|-○-●-|-○-●-
令6年3月
東 三段目61枚目(51枚降下)
1勝6敗
-●○--|●●--●|-●-●-
令6年1月
東 三段目10枚目(12枚上昇・最高位更新)
0勝1敗6休
ややややや|ややややや|やや●--
令5年11月
東 三段目22枚目(28枚上昇)
4勝3敗
○--●-|●○--○|○---●
令5年9月
東 三段目50枚目(17枚降下)
5勝2敗
-○○-○|-○-○-|●--●-
令5年7月
東 三段目33枚目
3勝4敗
-○○-●|-○--●|-●-●-

須山 穂高

須山 穂高(すやま ほたか)は埼玉県 ふじみ野市出身、木瀬部屋の力士。令和6年7月場所の番付は最高位更新となる東 三段目23枚目。

ふじみ野市立大井東中学時代は野球部で捕手や外野。浦和高校から1年の浪人を経て慶應義塾大学に入学。慶大ではバンドサークルでギターを弾いていた。その1年後に再挑戦で東京大学に入学した(文学部哲学専修)。

相撲を始めたのは大学1年からで、様々な大会で活躍をみせた。当初は大学を卒業したら商社か外務省かと考えていたが、コロナ禍で稽古が制限された時期を経験したことで「もうちょっと強くなれた」との思いが芽生え、プロで相撲を続けることを決めた。大学卒業を待たずに入門したのは、25歳になる9月に新弟子検査受検の年齢制限を超えてしまうため。

現役東大生として令和4年(2022年)5月場所で初土俵を踏み、新序出世となった。目指すは「東大なので東の大関」とのこと。

四股名
須山 穂高(すやま ほたか)
最高位
三段目23枚目
最新番付
東 三段目23枚目
出身地
埼玉県 ふじみ野市
本名
須山 穂高
生年月日
平成9年(1997)9月23日(26歳)
出身高校
浦和高校
出身大学
慶應義塾大学(中退)→東京大学
所属部屋
木瀬部屋
初土俵
令和4年(2022)5月(24歳8ヵ月)
優勝
無し
通算成績
52勝38敗0休/84出場(勝率:61.9%)
直近7場所
28勝20敗
7場所勝率
66.7%
令6年7月
東 三段目23枚目(12枚半上昇・最高位更新)
3勝3敗
●--○○|-●-●-|-○   
令6年5月
西 三段目35枚目(29枚半上昇・最高位更新)
4勝3敗
●--●●|--○○-|-○-○-
令6年3月
東 三段目65枚目(9枚半降下)
5勝2敗
○--○-|●-●-○|○---○
令6年1月
西 三段目55枚目(16枚半降下)
3勝4敗
-○●--|●○--●|-●--○
令5年11月
東 三段目39枚目(33枚上昇・最高位更新)
3勝4敗
-○●-○|-●-●-|●---○
令5年9月
東 三段目72枚目(36枚半上昇・最高位更新)
5勝2敗
○--○○|-●-○-|○--●-
令5年7月
西 序二段18枚目
5勝2敗
○-●--|○-○-○|●-○--

関塚 知広

関塚 知広(せきづか ともひろ)は愛知県 小牧市出身、田子ノ浦部屋の力士で最高位は三段目28枚目。令和6年7月場所の番付は西 三段目66枚目。

。小学生時代はバスケットボール。相撲の経験は無かったが、前身である鳴戸部屋(平成25年12月、田子ノ浦部屋に改称)の入門説明会に参加したことで角界入りを決意。弟も田子ノ浦部屋に所属で兄弟関取を目指す。

四股名
関塚 知広(せきづか ともひろ)
最高位
三段目28枚目
最新番付
西 三段目66枚目
出身地
愛知県 小牧市
本名
関塚 知広
生年月日
平成9年(1997)4月21日(27歳)
所属部屋
旧・鳴戸⇒田子ノ浦部屋
初土俵
平成25年(2013)3月(15歳11ヵ月)
優勝
無し
通算成績
195勝256敗17休/445出場(勝率:43.8%)
直近7場所
25勝23敗
7場所勝率
59.5%
令6年7月
西 三段目66枚目(20枚上昇)
6勝0敗
-○-○○|--○-○|○-   
令6年5月
西 三段目86枚目(13枚半降下)
4勝3敗
-●-●○|--○○-|○---●
令6年3月
東 三段目73枚目(27枚半降下)
3勝4敗
-○-●●|--○-●|-●--○
令6年1月
西 三段目45枚目(17枚半降下)
1勝6敗
●--●○|-●-●-|-●--●
令5年11月
東 三段目28枚目(58枚上昇・最高位更新)
3勝4敗
●-○--|○●--●|-●--○
令5年9月
東 三段目86枚目(30枚半降下)
6勝1敗
●--○○|-○-○-|○--○-
令5年7月
西 三段目55枚目
2勝5敗
-●-○-|●●-○-|-●●--

藤の谷 竜汰

藤の谷 竜汰(ふじのたに りょうた)は広島県 広島市南区出身、八角部屋の力士で最高位は三段目53枚目。令和6年7月場所の番付は西 三段目63枚目。

仁保小1年から4年まではサッカーで小5からは空手に取り組む。仁保中学時代はバスケットボール部に所属。相撲経験はなかったが、八角部屋のゼネラルマネージャー長谷川修一氏にスカウトされて入門を決意。

四股名
藤の谷 竜汰(ふじのたに りょうた)
最高位
三段目53枚目
最新番付
西 三段目63枚目
出身地
広島県 広島市南区
本名
元柏 竜汰
生年月日
平成9年(1997)8月7日(26歳)
所属部屋
八角部屋
初土俵
平成25年(2013)3月(15歳7ヵ月)
優勝
無し
通算成績
219勝211敗38休/421出場(勝率:52%)
直近7場所
26勝21敗1休
7場所勝率
65.0%
令6年7月
西 三段目63枚目(20枚上昇)
2勝4敗
●-●--|○-○●-|●-   
令6年5月
西 三段目83枚目(20枚上昇)
4勝2敗1休
■-やや○|--○-○|-●-○-
令6年3月
東 序二段13枚目(14枚半降下)
4勝3敗
-○○--|●○--●|○---●
令6年1月
東 三段目89枚目(69枚上昇)
3勝4敗
-●-●○|--○○-|●-●--
令5年11月
東 序二段68枚目(26枚半降下)
6勝1敗
○-●--|○○--○|-○-○-
令5年9月
西 序二段41枚目(50枚上昇)
2勝5敗
-●●-●|--○-●|●---○
令5年7月
西 序二段91枚目
5勝2敗
-○○--|○○-●-|-○●--

北勝伊 悠希

北勝伊 悠希(ほくとよし ゆうき)は北海道 虻田郡洞爺湖町出身、八角部屋の力士で最高位は三段目74枚目。令和6年7月場所の番付は西 序二段27枚目。

小1から始めた剣道は初段の腕前。北海道洞爺高校時代には柔道に所属し、こちらも初段の腕前。得意は大外刈り。

四股名
北勝伊 悠希(ほくとよし ゆうき)
最高位
三段目74枚目
最新番付
西 序二段27枚目
出身地
北海道 虻田郡洞爺湖町
本名
伊藤 悠希
生年月日
平成9年(1997)7月16日(27歳)
所属部屋
八角部屋
改名歴
伊藤⇒北勝伊
初土俵
平成28年(2016)3月(18歳8ヵ月)
優勝
無し
通算成績
163勝174敗5休/330出場(勝率:49.4%)
直近7場所
25勝23敗
7場所勝率
59.5%
令6年7月
西 序二段27枚目(23枚降下)
4勝2敗
-●-○-|○-○-●|-○   
令6年5月
西 序二段4枚目(21枚上昇)
3勝4敗
-○○-●|-●--●|○--●-
令6年3月
西 序二段25枚目(41枚半上昇)
4勝3敗
-○○--|●-●○-|-○--●
令6年1月
東 序二段67枚目(26枚降下)
5勝2敗
-○-○-|●○--○|-●-○-
令5年11月
東 序二段41枚目(34枚降下)
3勝4敗
●-●--|●○--○|○-●--
令5年9月
東 序二段7枚目(19枚半上昇)
2勝5敗
●--●-|○-●○-|-●●--
令5年7月
西 序二段26枚目
4勝3敗
○--○-|●-●○-|○-●--

禎ノ花 英紀

禎ノ花 英紀(つぐのはな ひでのり)は岩手県 花巻市出身、阿武松部屋の力士で最高位は三段目97枚目。令和6年7月場所の番付は西 序二段38枚目。

花巻東高校出身で、同校からは昭和34年(1959)11月に初土俵を踏んだ花乃巻以来、約60年ぶりとなる力士誕生となった。

四股名
禎ノ花 英紀(つぐのはな ひでのり)
最高位
三段目97枚目
最新番付
西 序二段38枚目
出身地
岩手県 花巻市
本名
千田 英紀
生年月日
平成9年(1997)10月20日(26歳)
出身高校
花巻東高校
所属部屋
阿武松部屋
改名歴
千田⇒禎ノ花
初土俵
平成28年(2016)3月(18歳5ヵ月)
優勝
無し
通算成績
156勝179敗7休/329出場(勝率:47.4%)
直近7場所
23勝25敗
7場所勝率
54.8%
令6年7月
西 序二段38枚目(32枚上昇)
4勝2敗
○-○--|●-○●-|-○   
令6年5月
西 序二段70枚目(27枚半降下)
4勝3敗
●-○-●|-○--○|●-○--
令6年3月
東 序二段43枚目(23枚降下)
2勝5敗
○--●-|●●--●|-●--○
令6年1月
東 序二段20枚目(44枚上昇)
2勝5敗
-●●--|●●-●-|○---○
令5年11月
東 序二段64枚目(21枚半降下)
5勝2敗
-○●--|○○-○-|-○--●
令5年9月
西 序二段42枚目(29枚降下)
3勝4敗
○--○-|●-●○-|●-●--
令5年7月
西 序二段13枚目
3勝4敗
-●-●-|●-○○-|-○-●-

平成9年(1997年)生まれの前頭

貴源治 賢士

貴源治 賢士(たかげんじ さとし)栃木県小山市出身、貴乃花 → 千賀ノ浦~常盤山部屋の元力士で、最高位は前頭10枚目

平成25年(2013)3月場所に15歳9ヶ月で初土俵を踏み、令和3年(2021)7月場所を最後に引退(24歳2ヶ月)。

通算成績は271勝248敗0休519出場。生涯勝率.522。通算50場所中、30場所を勝ち越した(勝ち越し率.612)。

主な成績は十両優勝1回,幕下同点1回。

平成9年(1997)5月13日生まれ。本名は上山 賢。

四股名
貴源治 賢士(たかげんじ さとし)
最高位
前頭10枚目
出身地
茨城県猿島郡境町 → 栃木県小山市
本名
上山 賢
生年月日
平成9年(1997)5月13日
所属部屋
貴乃花 → 千賀ノ浦~常盤山部屋
改名歴
貴源治 賢 → 貴源治 賢士
初土俵
平成25年(2013)3月 前相撲(15歳9ヶ月)
新十両
平成29年(2017)5月(所要25場所)
20歳0ヶ月(初土俵から4年2ヶ月)
新入幕
令和元年(2019)7月(所要38場所)
22歳1ヶ月(初土俵から6年4ヶ月)
最終場所
令和3年(2021)7月(24歳2ヶ月)
大相撲歴
50場所(8年4ヶ月)
通算成績
271勝248敗0休519出場(勝率.522)
通算50場所
勝ち越し30場所(勝ち越し率.612)(勝ち越し星80)
優勝等
十両優勝1回,幕下同点1回
持給金
43円(勝ち越し星80個)
前頭戦歴
8勝22敗0休30出場(勝率.267)
在位2場所(在位率.040)
勝ち越し0場所(勝ち越し率.000)
十両戦歴
149勝151敗0休300出場(勝率.497)
在位20場所(在位率.400)
勝ち越し10場所(勝ち越し率.500)
関取戦歴
157勝173敗0休330出場(勝率.476)
在位22場所(在位率.440)
勝ち越し10場所(勝ち越し率.455)
幕下以下歴
114勝75敗0休189出場(勝率.603)
在位27場所(在位率.540)
勝ち越し20場所(勝ち越し率.741)


平成9年(1997年)生まれの十両

貴ノ富士 三造

双子の兄で口元にホクロがあるのが貴ノ富士。平成30年初場所後に新十両昇進を決めて、先に十両昇進を果たしていた弟の貴源治と共に「史上初、双子関取」の誕生となった。

しかし迎えた新十両である3月場所8日目に付け人に対し暴力を加えたことが発覚し9日目より休場、翌1場所の謹慎処分を受ける。これにより幕下へと陥落。

平成31年初場所より四股名を貴公俊から貴ノ富士に改めて心機一転、翌場所再十両を果たすなど「土俵上」に集中できはじめたと思った矢先、再度暴行問題が。これにより令和元年9月26日の理事会で自主引退を促す決議を受けた貴ノ富士は、一度は不服として徹底抗戦の構えをみせていたが、一転して10月11日に引退届を郵送、受理されて引退となった。

  • 四股名 :貴ノ富士 三造(たかのふじ さんぞう)
  • 最高位 :十両5枚目
  • 出身地 :茨城県猿島郡境町 ⇒ 栃木県小山市
  • 本 名 :上山 剛
  • 生年月日:平成9年(1997)5月13日
  • 所属部屋:貴乃花⇒千賀ノ浦部屋
  • 改名歴 :貴公俊⇒貴ノ富士
  • 初土俵 :平成25年(2013)3月(15歳10ヵ月)
  • 新十両 :平成30年(2018)3月(20歳10ヵ月)
  • 最終場所:令和元年(2019)11月(22歳6ヵ月)
  • 生涯戦歴:165勝112敗35休/276出場(41場所)
  • 生涯勝率:59.6%
  • 優勝等 :幕下優勝1回
  • 十両戦歴:20勝19敗21休(4場所)勝率:51.3%

生まれた年ごとリンク一覧

生まれた年別のリンク一覧です。

当サイトおすすめ記事



[/cot]

出身地別、力士別、初土俵別など様々な方法で力士データをまとめています。

おすすめの記事をご紹介

ここからは当サイトのおすすめ記事をご紹介します。

ネットでの大相撲観戦といえばAbemaTV!「AbemaTV」での視聴方法について解説しています。序ノ口から結びの一番まで完全無料生中継!ぜひ確認してみてください。

当サイトのいろんな記事へのリンクをまとめたナビゲーションページです。

地方巡業日程はこちら

力士や親方、裏方さんたちと間近で触れ合うチャンスは地方巡業です!巡業日程や詳細をご紹介しています。

カテゴリー : 生まれ年別

公開日:2021-03-26
投稿者:レイ

コメントはお気軽にどうぞ

※当サイトは個人が運営するサイトであり、日本相撲協会及び、各相撲部屋とは関連がないことをご了承ください。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。※当サイトは個人が運営するサイトです。