大嶽部屋の力士一覧!大鵬~大嶽部屋の主な関取を網羅しました

大嶽(おおたけ)部屋に在籍した主な力士をご紹介する大嶽部屋の大相撲力士まとめ!

この記事では大嶽部屋と、その前身ある大鵬部屋の主な関取たちを、最高位や改名歴、初土俵や各段の昇進時期と最終場所、さらには生涯戦歴と生涯勝率、成績等を中心にしてご紹介していきます。

なお、年寄名跡欄のマークは、その代で師匠(部屋持ち親方)になったことがあるという意味です。

現役の大嶽部屋力士の最新番付や成績、詳細なデータをご覧になりたい方はこちら


大嶽部屋の基本情報

  • 一門 :二所ノ関一門⇒貴乃花一門⇒二所ノ関一門
  • 創設 :昭和46年(1971)12月22日(大鵬部屋)
  • 創設者:一代年寄・大鵬 幸喜(第48代横綱・大鵬)
  • 改称 :平成16年(2004)1月1日(大嶽部屋)
  • 改称者:16代・大嶽 忠茂(元関脇・貴闘力)
  • 現師匠:17代・大嶽 忠博(元十両4枚目・大竜)
  • 所在地:東京都江東区清澄2-8-3
  • サイト:大嶽部屋公式ウェブサイト
  • ブログ:大嶽部屋公式ブログ
  • SNS:大嶽部屋facebook

大嶽部屋の系図

大嶽部屋は「昭和の大横綱」大鵬が創設した大鵬部屋がその前身となっています。大嶽部屋の成り立ちを図にしてみました。 大嶽部屋・相関図

大鵬部屋の関脇

巨砲 丈士

大鵬の内弟子で部屋創設とともに二所ノ関部屋から移籍、大鵬部屋初の関取と幕内、そして三役力士となった

  • 四股名 :巨砲 丈士(おおづつ たけし)
  • 最高位 :関脇
  • 年寄名跡:14代大嶽⇒14代楯山
  • 出身地 :三重県四日市市
  • 本 名 :松本 隆年
  • 生年月日:昭和31年(1956)4月18日
  • 所属部屋:二所ノ関⇒大鵬部屋
  • 改名歴 :大真⇒巨砲
  • 初土俵 :昭和46年(1971)5月(15歳1ヵ月)
  • 新十両 :昭和52年(1977)7月(21歳3ヵ月)
  • 新入幕 :昭和54年(1979)3月(22歳11ヵ月)
  • 新三役 :昭和55年(1980)3月(23歳11ヵ月)
  • 最終場所:平成4年(1992)5月(36歳1ヵ月)
  • 生涯戦歴:753勝809敗18休/1561出場(127場所)
  • 生涯勝率:48.2%
  • 優勝等 :幕内次点1回,十両優勝1回(同点1)
  • 成 績 :殊勲賞2回,敢闘賞1回,技能賞1回,金星10個
  • 幕内戦歴:533勝637敗(78場所)勝率:45.6%
  •   関脇:18勝27敗(3場所)勝率:40.0%
  •   小結:51勝69敗(8場所)勝率:42.5%
  •   前頭:464勝541敗(67場所)勝率:46.2%
  • 十両戦歴:84勝76敗5休(11場所)勝率:52.5%

大鵬~大嶽部屋の小結

露鵬 幸生

ロシア出身力士で初の三役も大麻陽性反応により協会より解雇処分に

  • 四股名 :露鵬 幸生(ろほう ゆきお)
  • 最高位 :小結
  • 出身地 :ロシア連邦北オセチア・アラニヤ共和国ヴラジカヴカーズ市
  • 本 名 :ソスラン・フェーリクソヴィッチ・ボラーゾフ
  • 生年月日:昭和55年(1980)3月9日
  • 所属部屋:大鵬⇒大嶽部屋
  • 初土俵 :平成14年(2002)5月(22歳2ヵ月)
  • 新十両 :平成16年(2004)1月(23歳10ヵ月)
  • 新入幕 :平成16年(2004)9月(24歳6ヵ月)
  • 新三役 :平成18年(2006)3月(26歳0ヵ月)
  • 最終場所:平成20年(2008)9月(28歳6ヵ月)
  • 生涯戦歴:267勝198敗18休/461出場(38場所)
  • 生涯勝率:57.4%
  • 優勝等 :十両同点1回,序二段優勝1回,序ノ口優勝1回
  • 成 績 :敢闘賞1回
  • 幕内戦歴:182勝160敗18休(24場所)勝率:53.2%
  •   小結:15勝30敗(3場所)勝率:33.3%
  •   前頭:167勝130敗18休(21場所)勝率:56.2%
  • 十両戦歴:37勝23敗(4場所)勝率:61.7%

大鵬~大嶽部屋の前頭

大砂嵐 金太郎

ムスリム初の大相撲力士、荒削りながらも強烈なかち上げは魅力的だったが、無免許運転などの不祥事により引退勧告

  • 四股名 :大砂嵐 金太郎(おおすなあらし きんたろう)
  • 最高位 :前頭筆頭
  • 出身地 :エジプト ダカリーヤ県
  • 本 名 :アブデラハム・シャーラン
  • 生年月日:平成4年(1992)2月10日
  • 所属部屋:大嶽部屋
  • 初土俵 :平成24年(2012)1月(19歳11ヵ月)
  • 新十両 :平成25年(2013)7月(21歳5ヵ月)
  • 新入幕 :平成25年(2013)11月(21歳9ヵ月)
  • 最終場所:平成30年(2018)3月(26歳1ヵ月)
  • 生涯戦歴:238勝178敗53休/407出場(37場所)
  • 生涯勝率:57.2%
  • 優勝等 :十両優勝1回(同点1),幕下優勝1回,序ノ口優勝1回
  • 成 績 :金星3個
  • 幕内戦歴:112勝100敗43休(17場所)勝率:52.8%
  • 十両戦歴:84勝72敗9休(11場所)勝率:53.8%

嗣子鵬 慶昌

のんびり屋だったが巨砲と十両同時昇進で大鵬部屋初の関取に

  • 四股名 :嗣子鵬 慶昌(ししほう よしまさ)
  • 最高位 :前頭2枚目
  • 出身地 :長崎県北高来郡森山町
  • 本 名 :田中 修
  • 生年月日:昭和30年(1955)8月14日
  • 没年月日:平成18年(2006)10月7日(享年51歳)
  • 所属部屋:二所ノ関⇒大鵬部屋
  • 改名歴 :田中⇒豊大山⇒満山⇒嗣子鵬
  • 初土俵 :昭和46年(1971)1月(15歳5ヵ月)
  • 新十両 :昭和52年(1977)7月(21歳11ヵ月)
  • 新入幕 :昭和54年(1979)9月(24歳1ヵ月)
  • 最終場所:昭和62年(1987)5月(31歳9ヵ月)
  • 生涯戦歴:533勝527敗19休/1058出場(99場所)
  • 生涯勝率:50.3%
  • 優勝等 :十両優勝3回,幕下同点1回,序二段同点1回
  • 幕内戦歴:99勝147敗9休(17場所)勝率:40.2%
  • 十両戦歴:256勝221敗3休(32場所)勝率:53.7%

大乃花 武虎

5度目の十両昇進から奮起、入幕まで14年かかったスロー出世力士

  • 四股名 :大乃花 武虎(おおのはな たけとら)
  • 最高位 :前頭13枚目
  • 年寄名跡:12代佐ノ山⇒16代尾上
  • 出身地 :山梨県東八代郡八代町
  • 本 名 :大野 久好
  • 生年月日:昭和33年(1958)6月23日
  • 所属部屋:大鵬部屋
  • 改名歴 :大野⇒鵬龍⇒大野⇒大ノ花⇒大乃花
  • 初土俵 :昭和49年(1974)3月(15歳9ヵ月)
  • 新十両 :昭和58年(1983)7月(25歳1ヵ月)
  • 新入幕 :昭和63年(1988)3月(29歳9ヵ月)
  • 最終場所:平成2年(1990)11月(32歳5ヵ月)
  • 生涯戦歴:483勝428敗30休/909出場(100場所)
  • 生涯勝率:53.0%
  • 優勝等 :十両優勝2回,幕下優勝1回(同点2)
  • 幕内戦歴:5勝10敗(1場所)勝率:33.3%
  • 十両戦歴:212勝224敗14休(30場所)勝率:48.6%

大若松 好弘

10代浅香山親方時代の分かりやすいNHK解説が好評だった

  • 四股名 :大若松 好弘(おおわかまつ よしひろ)
  • 最高位 :前頭13枚目
  • 年寄名跡:16代音羽山⇒10代浅香山
  • 出身地 :埼玉県越谷市
  • 本 名 :若松 好弘
  • 生年月日:昭和41年(1966)11月17日
  • 所属部屋:大鵬部屋
  • 初土俵 :昭和57年(1982)3月(15歳4ヵ月)
  • 新十両 :昭和63年(1988)9月(21歳10ヵ月)
  • 新入幕 :平成2年(1990)7月(23歳8ヵ月)
  • 最終場所:平成8年(1996)3月(29歳4ヵ月)
  • 生涯戦歴:373勝351敗32休/722出場(85場所)
  • 生涯勝率:51.5%
  • 優勝等 :三段目優勝1回
  • 幕内戦歴:24勝32敗4休(4場所)勝率:42.9%
  • 十両戦歴:121勝116敗18休(17場所)勝率:51.1%

大鵬部屋の十両

榛名富士 新司

中学生の時に大鵬の内弟子として二所ノ関部屋へと入門、部屋創設とともに大鵬部屋へと移籍した

  • 四股名 :榛名富士 新司(はるなふじ しんじ)
  • 最高位 :十両2枚目
  • 出身地 :群馬県沼田市
  • 本 名 :飯島 新一
  • 生年月日:昭和34年(1959)2月3日
  • 所属部屋:二所ノ関⇒大鵬部屋
  • 改名歴 :飯島⇒榛名富士
  • 初土俵 :昭和46年(1971)5月(12歳3ヵ月)
  • 新十両 :昭和57年(1982)1月(22歳11ヵ月)
  • 最終場所:昭和62年(1987)1月(27歳11ヵ月)
  • 生涯戦歴:356勝341敗/697出場(95場所)
  • 生涯勝率:51.1%
  • 優勝等 :十両同点1回,幕下優勝1回(同点1)
  • 十両戦歴:94勝116敗(14場所)勝率:44.8%

大鷹 雅規

岡山県出身として昭和最後に関取に昇進した力士

  • 四股名 :大鷹 雅規(おおたか まさき)
  • 最高位 :十両4枚目
  • 出身地 :岡山県備前市
  • 本 名 :定久 正行
  • 生年月日:昭和35年(1960)9月16日
  • 所属部屋:大鵬部屋
  • 改名歴 :定久⇒暁鵬⇒堯公鵬⇒大鷹
  • 初土俵 :昭和51年(1976)3月(15歳6ヵ月)
  • 新十両 :昭和60年(1985)9月(25歳0ヵ月)
  • 最終場所:平成元年(1989)1月(28歳4ヵ月)
  • 生涯戦歴:327勝311敗5休/638出場(78場所)
  • 生涯勝率:51.3%
  • 優勝等 :幕下優勝1回
  • 十両戦歴:94勝101敗(13場所)勝率:48.2%

大竜 忠博

最高位は十両ながら年寄名跡を取得、熱心な指導と事務能力の高さで協会内での評価が高い。先代の解雇処分にともない部屋を継承した

  • 17代・大嶽 忠博
  • 四股名 :大竜 忠博(だいりゅう ただひろ)
  • 最高位 :十両4枚目
  • 年寄名跡:15代大嶽⇒16代佐ノ山⇒19代山響⇒12代二子山⇒17代大嶽
  • 出身地 :大阪府大阪市西成区
  • 本 名 :永本 忠博⇒佐藤 忠博
  • 生年月日:昭和35年(1960)9月30日
  • 所属部屋:大鵬部屋
  • 改名歴 :永本⇒大竜
  • 初土俵 :昭和51年(1976)5月(15歳8ヵ月)
  • 新十両 :昭和63年(1988)3月(27歳6ヵ月)
  • 最終場所:平成9年(1997)7月(36歳10ヵ月)
  • 生涯戦歴:553勝508敗28休/1059出場(128場所)
  • 生涯勝率:52.1%
  • 優勝等 :幕下同点1回,三段目同点1回
  • 十両戦歴:173勝195敗7休(25場所)勝率:47.0%

翔鵬 豪一

  • 四股名 :翔鵬 豪一(しょうほう こういち)
  • 最高位 :十両11枚目
  • 出身地 :新潟県新潟市
  • 本 名 :村山 修一
  • 生年月日:昭和32年(1957)1月5日
  • 所属部屋:二所ノ関⇒大鵬部屋
  • 改名歴 :村山⇒翔鵬⇒村山
  • 初土俵 :昭和46年(1971)9月(14歳8ヵ月)
  • 新十両 :昭和55年(1980)1月(23歳0ヵ月)
  • 最終場所:昭和57年(1982)9月(25歳8ヵ月)
  • 生涯戦歴:230勝208敗18休/438出場(67場所)
  • 生涯勝率:52.5%
  • 優勝等 :なし
  • 十両戦歴:4勝11敗(1場所)勝率:26.7%

草竹 幸一

東幕下25枚目での優勝が関取昇進への弾みとなった

  • 四股名 :草竹 幸一(くさたけ こういち)
  • 最高位 :十両11枚目
  • 出身地 :宮崎県串間市
  • 本 名 :草竹 幸一
  • 生年月日:昭和32年(1957)12月5日
  • 所属部屋:大鵬部屋
  • 改名歴 :草竹⇒若大翔⇒草竹
  • 初土俵 :昭和48年(1973)7月(15歳7ヵ月)
  • 新十両 :昭和57年(1982)1月(24歳1ヵ月)
  • 最終場所:昭和59年(1984)7月(26歳7ヵ月)
  • 生涯戦歴:244勝219敗7休/463出場(67場所)
  • 生涯勝率:52.7%
  • 優勝等 :幕下優勝1回(同点1),序ノ口同点1回
  • 十両戦歴:5勝10敗(1場所)勝率:33.3%

大鵬部屋の幕下

関取にはあと一歩届きませんでしたが、代表的な幕下力士もご紹介しておきましょう。

友鵬 勝尊

引退後は世話人に就任し大鵬親方の良き右腕として部屋を支えた。大嶽部屋となってからも部屋には欠かせない人物だったが平成29年(2017)9月、稽古場で倒れて帰らぬ人に

  • 四股名 :友鵬 勝尊(ゆうほう まさたか)
  • 最高位 :幕下筆頭
  • 出身地 :沖縄県平良市
  • 本 名 :長崎 勝
  • 生年月日:昭和31年(1956)12月5日
  • 没年月日:平成29年(2017)9月8日(享年60歳)
  • 所属部屋:大鵬部屋
  • 改名歴 :宮古島⇒飛鳥王⇒勇鵬⇒友鵬
  • 初土俵 :昭和50年(1975)5月(18歳5ヵ月)
  • 最終場所:平成3年(1991)9月(34歳9ヵ月)
  • 生涯戦歴:347勝332敗7休/679出場(99場所)
  • 生涯勝率:51.1%
  • 優勝等 :なし

大鵬~大嶽部屋の歴代師匠

大嶽部屋の歴代師匠をご紹介いたします。

一代年寄・大鵬 幸喜

6連覇2回を含む優勝32回など数々の記録を樹立、柏戸と共に「柏鵬時代」を築く。没後に角界2人目となる国民栄誉賞が贈られた

  • 四股名 :大鵬 幸喜(たいほう こうき)
  • 最高位 :第48代横綱
  • 年寄名跡:一代年寄・大鵬
  • 出身地 :北海道川上郡弟子屈町
  • 本 名 :納谷 幸喜⇒住吉 幸喜⇒納谷 幸喜
  • 生年月日:昭和15年(1940)5月29日
  • 没年月日:平成25年(2013)1月19日(享年72歳)
  • 所属部屋:二所ノ関部屋
  • 改名歴 :納谷⇒大鵬
  • 初土俵 :昭和31年(1956)9月(16歳4ヵ月)
  • 新十両 :昭和34年(1959)5月(19歳0ヵ月)
  • 新入幕 :昭和35年(1960)1月(19歳8ヵ月)
  • 新三役 :昭和35年(1960)7月(20歳2ヵ月)
  • 新大関 :昭和36年(1961)1月(20歳8ヵ月)
  • 横綱昇進:昭和36年(1961)11月(21歳6ヵ月)
  • 最終場所:昭和46年(1971)5月(31歳0ヵ月)
  • 生涯戦歴:872勝182敗136休/1045出場(87場所)
  • 生涯勝率:82.7%
  • 優勝等 :幕内優勝32回(同点2・次点10),十両優勝1回,幕下同点1回,三段目優勝1回
  • 成 績 :敢闘賞2回,技能賞1回,金星1個
  • 幕内戦歴:746勝144敗136休(69場所)勝率:83.8%
  •   横綱:622勝103敗136休(58場所)勝率:85.8%
  •   大関:58勝17敗(5場所)勝率:77.3%
  •   関脇:25勝5敗(2場所)勝率:83.3%
  •   小結:11勝4敗(1場所)勝率:73.3%
  •   前頭:30勝15敗(3場所)勝率:66.7%
  • 十両戦歴:44勝16敗(4場所)勝率:73.3%

16代・大嶽 忠茂

現役時には気迫のこもった相撲で観客を大いに沸かせた。引退後は舅である大鵬の部屋を継承して大嶽部屋へと改称も、後に野球賭博への関与によって解雇処分に

  • 四股名 :貴闘力 忠茂(たかとうりき ただしげ)
  • 最高位 :関脇
  • 年寄名跡:16代大嶽
  • 出身地 :福岡県福岡市博多区 ⇒ 兵庫県神戸市
  • 本 名 :鎌苅 忠茂⇒納谷 忠茂
  • 生年月日:昭和42年(1967)9月28日
  • 所属部屋:藤島⇒二子山部屋
  • 改名歴 :鎌苅⇒貴闘力
  • 初土俵 :昭和58年(1983)3月(15歳6ヵ月)
  • 新十両 :平成元年(1989)5月(21歳8ヵ月)
  • 新入幕 :平成2年(1990)9月(23歳0ヵ月)
  • 新三役 :平成3年(1991)5月(23歳8ヵ月)
  • 最終場所:平成14年(2002)9月(35歳0ヵ月)
  • 生涯戦歴:754勝703敗/1456出場(118場所)
  • 生涯勝率:51.8%
  • 優勝等 :幕内優勝1回(同点1・次点1),十両同点1回,幕下優勝1回,序ノ口同点1回
  • 成 績 :殊勲賞3回,敢闘賞10回,技能賞1回,金星9個
  • 幕内戦歴:505勝500敗(67場所)勝率:50.2%
  •   関脇:113勝112敗(15場所)勝率:50.2%
  •   小結:74勝91敗(11場所)勝率:44.8%
  •   前頭:318勝297敗(41場所)勝率:51.7%
  • 十両戦歴:96勝97敗(13場所)勝率:49.7%

17代・大嶽 忠博

最高位は十両ながら年寄名跡を取得、熱心な指導と事務能力の高さで協会内での評価が高い。先代の解雇処分にともない部屋を継承した

  • 17代・大嶽 忠博
  • 四股名 :大竜 忠博(だいりゅう ただひろ)
  • 最高位 :十両4枚目
  • 年寄名跡:15代大嶽⇒16代佐ノ山⇒19代山響⇒12代二子山⇒17代大嶽
  • 出身地 :大阪府大阪市西成区
  • 本 名 :永本 忠博⇒佐藤 忠博
  • 生年月日:昭和35年(1960)9月30日
  • 所属部屋:大鵬部屋
  • 改名歴 :永本⇒大竜
  • 初土俵 :昭和51年(1976)5月(15歳8ヵ月)
  • 新十両 :昭和63年(1988)3月(27歳6ヵ月)
  • 最終場所:平成9年(1997)7月(36歳10ヵ月)
  • 生涯戦歴:553勝508敗28休/1059出場(128場所)
  • 生涯勝率:52.1%
  • 優勝等 :幕下同点1回,三段目同点1回
  • 十両戦歴:173勝195敗7休(25場所)勝率:47.0%

現役の大嶽部屋力士の最新情報はこちら

ここまでは過去に大嶽部屋に在籍した名力士たちをご紹介してきましたが、大嶽部屋の現役力士の最新番付や成績を知りたい方の為に最適な記事もご用意しています。相撲観戦と予習におススメです!

出身地別、力士別、初土俵別など様々な方法で力士データをまとめています。

ネットでの大相撲観戦といえばAbemaTV!「AbemaTV」での視聴方法について解説しています。序ノ口から結びの一番まで完全無料生中継!ぜひ確認してみてください。

当サイトのいろんな記事へのリンクをまとめたナビゲーションページです。

コメントはお気軽にどうぞ

※当サイトは個人が運営するサイトであり、日本相撲協会及び、各相撲部屋とは関連がないことをご了承ください。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。※当サイトは個人が運営するサイトです。