高知県出身の力士一覧!過去から現在、高知の主な関取を網羅しました

高知出身の過去から現在までの主な力士をご紹介する高知県の大相撲力士まとめ!この記事では高知出身の関取を中心に紹介していきます。

高知県の過去の郷土力士としては、第32代横綱・玉錦や、大関・朝潮(4代)など数々の名力士たちが名を残しています。

また、現役の関取経験者としては春日野部屋の栃煌山に時津風部屋の豊ノ島、そして九重部屋の千代の海がいますね。

そこでこの記事では主な高知出身の力士たちを取り上げています。過去の力士については最高位や改名歴、初土俵や各段の昇進時期と最終場所、さらに生涯戦歴と生涯勝率、成績等を中心にご紹介していきます。また、現役力士については最高位と昇進時期、主な成績などを載せています。

なお、年寄名跡欄のマークは、その代で師匠(部屋持ち親方)になったことがあるという意味です。

現役の高知県出身力士の最新番付や成績、詳細なデータをご覧になりたい方はこちら

スポンサーリンク

高知出身の横綱

玉錦 三右エ門

玉錦 三右エ門(たまにしき さんえもん)
最高位 :第32代横綱
年寄名跡:6代二所ノ関
出身地 :高知県高知市
本 名 :西ノ内 彌寿喜
生年月日:明治36年(1903)12月15日
没年月日:昭和13年(1938)12月4日(享年34歳)
所属部屋:二所ノ関部屋
初土俵 :大正8年(1919)1月(15歳1ヵ月)
新十両 :大正14年(1925)1月(21歳1ヵ月)
新入幕 :大正15年(1926)1月(22歳1ヵ月)
新三役 :昭和3年(1928)1月(24歳1ヵ月)
新大関 :昭和5年(1930)5月(26歳5ヵ月)
横綱昇進:昭和8年(1933)1月(29歳1ヵ月)
最終場所:昭和13年(1938)5月(34歳5ヵ月)
生涯戦歴:350勝114敗17休3分1預/466出場(53場所)
生涯勝率:75.4%
優勝等 :幕内優勝9回(次点11)
成 績 :金星1個
幕内戦歴:308勝92敗17休3分(39場所)勝率:77.0%
  横綱:104勝18敗15休1分(12場所)勝率:85.2%
  大関:86勝20敗(11場所)勝率:81.1%
  関脇:67勝21敗(8場所)勝率:76.1%
  小結:14勝7敗1分(2場所)勝率:66.7%
  前頭:37勝26敗2休1分(6場所)勝率:58.7%
十両戦歴:10勝3敗(2場所)勝率:76.9%

スポンサーリンク


高知出身の大関

國見山 悦吉

國見山 悦吉(くにみやま えつきち)
最高位 :大関
出身地 :高知県高知市
本 名 :松下 悦吉⇒河野 悦吉⇒松下 悦吉
生年月日:明治9年(1876)3月28日
没年月日:大正13年(1924)9月25日(享年48歳)
所属部屋:友綱部屋
改名歴 :鏡川⇒國見山
初土俵 :明治28年(1895)1月(18歳10ヵ月)
新十両 :明治32年(1899)1月(22歳10ヵ月)
新入幕 :明治33年(1900)1月(23歳10ヵ月)
新三役 :明治35年(1902)1月(25歳10ヵ月)
新大関 :明治38年(1905)5月(29歳2ヵ月)
最終場所:明治45年(1912)5月(36歳2ヵ月)
生涯戦歴:125勝30敗91休26分5預/186出場(29場所)
生涯勝率:80.6%
優勝等 :幕内次点1回
幕内戦歴:111勝29敗91休24分5預(26場所)勝率:79.3%
  大関:53勝12敗65休17分3預(15場所)勝率:81.5%
  関脇:34勝6敗8休2分(5場所)勝率:85.0%
  小結:9勝2敗6休2分1預(2場所)勝率:81.8%
  前頭:15勝9敗12休3分1預(4場所)勝率:62.5%
十両戦歴:14勝1敗2分(2場所)勝率:93.3%

(4代)朝潮 太郎

7代・高砂 浦五郎

(4代)朝潮 太郎(あさしお たろう)
最高位 :大関
年寄名跡:15代山響⇒11代若松7代高砂
出身地 :高知県室戸市
本 名 :長岡 末弘
生年月日:昭和30年(1955)12月9日(33歳)
出身大学:近畿大学
所属部屋:高砂部屋
改名歴 :長岡⇒朝汐⇒朝潮
初土俵 :昭和53年(1978)3月・幕下60付出(22歳3ヵ月)
新十両 :昭和53年(1978)7月(22歳7ヵ月)
新入幕 :昭和53年(1978)11月(22歳11ヵ月)
新三役 :昭和55年(1980)5月(24歳5ヵ月)
新大関 :昭和58年(1983)5月(27歳5ヵ月)
最終場所:平成元年(1989)3月(33歳3ヵ月)
生涯戦歴:564勝382敗43休/943出場(67場所)
生涯勝率:59.6%
優勝等 :幕内優勝1回(同点3・次点1),十両同点1回,幕下優勝1回
成 績 :殊勲賞10回,敢闘賞3回,技能賞1回,金星5個
幕内戦歴:531勝371敗43休(63場所)勝率:58.9%
  大関:294勝203敗43休(36場所)勝率:59.2%
  関脇:82勝53敗(9場所)勝率:60.7%
  小結:44勝16敗(4場所)勝率:73.3%
  前頭:111勝99敗(14場所)勝率:52.9%
十両戦歴:20勝10敗(2場所)勝率:66.7%

スポンサーリンク


高知出身の関脇

海山 太郎

海山 太郎(かいざん たろう)
最高位 :関脇
年寄名跡:5代二所ノ関
出身地 :高知県高知市
本 名 :笠井 兎之助(外之助)
生年月日:明治2年(1869)9月10日
没年月日:昭和6年(1931)6月6日(享年61歳)
所属部屋:友綱部屋
改名歴 :鏡川⇒海山
初土俵 :明治23年(1890)5月・序二段付出(20歳8ヵ月)
新十両 :明治26年(1893)5月(23歳8ヵ月)
新入幕 :明治27年(1894)1月(24歳4ヵ月)
新三役 :明治29年(1896)1月(26歳4ヵ月)
最終場所:明治42年(1909)1月(39歳4ヵ月)
生涯戦歴:91勝98敗77休45分9預/243出場(32場所)
生涯勝率:48.1%
優勝等 :なし
幕内戦歴:85勝95敗77休45分8預(31場所)勝率:47.2%
  関脇:13勝9敗3休2分3預(3場所)勝率:59.1%
  小結:4勝6敗6休2分2預(2場所)勝率:40.0%
  前頭:68勝80敗68休41分3預(26場所)勝率:45.9%
十両戦歴:6勝3敗1預(1場所)勝率:66.7%

荒瀬 英生

荒瀬 英生(あらせ ひでお)
最高位 :関脇
年寄名跡:17代間垣
出身地 :高知県吾川郡伊野町
本 名 :荒瀬 英生
生年月日:昭和24年(1949)6月20日
没年月日:平成20年(2008)8月11日(享年59歳)
出身大学:日本大学
所属部屋:花籠部屋
改名歴 :荒瀬⇒荒勢
初土俵 :昭和47年(1972)1月・幕下60付出(22歳7ヵ月)
新十両 :昭和47年(1972)11月(23歳5ヵ月)
新入幕 :昭和48年(1973)7月(24歳1ヵ月)
新三役 :昭和49年(1974)11月(25歳5ヵ月)
最終場所:昭和56年(1981)9月(32歳3ヵ月)
生涯戦歴:420勝414敗11休/832出場(59場所)
生涯勝率:50.4%
優勝等 :幕下同点1回
成 績 :殊勲賞1回,敢闘賞2回,技能賞1回,金星2個
幕内戦歴:351勝367敗2休(48場所)勝率:48.9%
  関脇:66勝69敗(9場所)勝率:48.9%
  小結:32勝43敗(5場所)勝率:42.7%
  前頭:253勝255敗2休(34場所)勝率:49.8%
十両戦歴:42勝39敗9休(6場所)勝率:51.9%

土佐ノ海 敏生

13代・立川 敏生(伊勢ノ海部屋)
同志社大相撲部時代には「東の尾曽(武双山)、西の山本(土佐ノ海)」と称されていた。入門から期待されていた土佐ノ海は、前頭7枚目で迎えた新入幕で初日大関若乃花、2日目横綱貴乃花との対戦が組まれた。結果は2連敗だったが初土俵から9場所目での横綱大関戦だった

土佐ノ海 敏生(とさのうみ としお)
最高位 :関脇
年寄名跡:13代立川
出身地 :高知県安芸市
本 名 :山本 敏生
生年月日:昭和47年(1972)2月16日(46歳)
出身大学:同志社大学
所属部屋:伊勢ノ海部屋
初土俵 :平成6年(1994)3月・幕下60付出(22歳1ヵ月)
新十両 :平成6年(1994)11月(22歳9ヵ月)
新入幕 :平成7年(1995)7月(23歳5ヵ月)
新三役 :平成8年(1996)1月(23歳11ヵ月)
最終場所:平成23年(2011)1月(38歳11ヵ月)
生涯戦歴:732勝735敗16休/1466出場(101場所)
生涯勝率:49.9%
優勝等 :幕内次点1回,十両優勝2回(同点1),幕下優勝1回
成 績 :殊勲賞7回,敢闘賞5回,技能賞1回,金星11個
幕内戦歴:569勝615敗16休(80場所)勝率:48.1%
  関脇:44勝61敗(7場所)勝率:41.9%
  小結:104勝91敗(13場所)勝率:53.3%
  前頭:421勝463敗16休(60場所)勝率:47.6%
十両戦歴:141勝114敗(17場所)勝率:55.3%

豊ノ島 大樹(現役)

中学3年次に全国都道府県中学生相撲選手権大会で個人・団体優勝、この頃から菊次(琴奨菊)とはライバルであり親友。第二新弟子検査合格者として初の関取であり三役。平成28年(2016)初場所では琴奨菊と千秋楽まで優勝を争った。しかし7月場所前の稽古中に左足アキレス腱を断裂、2場所休場により幕下にまで陥落。そこから長い道のりとなったが西幕下筆頭だった平成30年9月場所で勝ち越しを決めて2年(13場所)ぶりとなる関取復帰を決めた

豊ノ島 大樹(とよのしま だいき)
最高位 :関脇
出身地 :高知県宿毛市
本 名 :梶原 大樹
生年月日:昭和58年(1983)6月29日(35歳)
所属部屋:時津風部屋
改名歴 :梶原⇒豊ノ島
初土俵 :平成14年(2002)1月(18歳7ヵ月)
新十両 :平成16年(2004)5月(20歳11ヵ月)
新入幕 :平成16年(2004)9月(21歳3ヵ月)
新三役 :平成19年(2007)5月(23歳11ヵ月)
優勝等 :幕内同点1・次点4回,十両優勝2回,三段目同点1回,序二段優勝1回,序ノ口優勝1回
成 績 :殊勲賞3回,敢闘賞3回,技能賞4回,金星4個

栃煌山 雄一郎(現役)

高知の安芸中学3年次に全国中学生選手権大会にて団体優勝、さらに個人優勝もあげ中学横綱のタイトルを獲得。明徳義塾高では世界ジュニア重量級などのタイトルも獲得した。少年時代から豪栄道とはライバル関係にあり初土俵も同じ。所要9場所で十両に昇進、14場所目には新入幕を果たしたスピード出世

栃煌山 雄一郎(とちおうざん ゆういちろう)
最高位 :関脇
出身地 :高知県安芸市
本 名 :影山 雄一郎
生年月日:昭和62年(1987)3月9日(31歳)
所属部屋:春日野部屋
改名歴 :影山⇒栃煌山
初土俵 :平成17年(2005)1月(17歳10ヵ月)
新十両 :平成18年(2006)9月(19歳6ヵ月)
新入幕 :平成19年(2007)3月(20歳0ヵ月)
新三役 :平成21年(2009)5月(22歳2ヵ月)
優勝等 :幕内同点1回,十両同点1回,三段目優勝1回
成 績 :殊勲賞2回,敢闘賞2回,技能賞2回,金星4個

スポンサーリンク

高知出身の小結

矢筈山 登

矢筈山 登(やはずやま のぼる)
最高位 :小結
年寄名跡:7代友綱
出身地 :高知県高岡郡
本 名 :西田 亀吉
生年月日:明治21年(1888)12月27日
没年月日:昭和38年(1963)4月7日(享年74歳)
所属部屋:友綱部屋
改名歴 :矢筈山⇒海山⇒矢筈山
初土俵 :明治41年(1908)1月(19歳1ヵ月)
新十両 :明治45年(1912)1月(23歳1ヵ月)
新入幕 :大正7年(1918)5月(29歳5ヵ月)
新三役 :大正11年(1922)1月(33歳1ヵ月)
最終場所:大正15年(1926)1月(37歳1ヵ月)
生涯戦歴:77勝88敗17休3分2預/170出場(22場所)
生涯勝率:46.7%
優勝等 :十両優勝1回
幕内戦歴:63勝82敗17休3分(16場所)勝率:43.4%
  小結:8勝11敗1分(2場所)勝率:42.1%
  前頭:55勝71敗17休2分(14場所)勝率:43.7%
十両戦歴:14勝6敗2預(5場所)勝率:70.0%

高知出身の前頭

土州山 役太郎

土州山 役太郎(としゅうざん やくたろう)
最高位 :前頭筆頭
年寄名跡:8代二子山
出身地 :高知県香美郡
本 名 :岡本 役太郎⇒永森 役太郎
生年月日:明治21年(1888)10月5日
没年月日:昭和35年(1960)3月26日(享年71歳)
所属部屋:友綱部屋
初土俵 :明治40年(1907)1月・(18歳3ヵ月)
新十両 :明治41年(1908)5月(19歳7ヵ月)
新入幕 :明治43年(1910)1月(21歳3ヵ月)
最終場所:大正10年(1921)5月(32歳7ヵ月)
生涯戦歴:83勝119敗39休1分11預/214出場(26場所)
生涯勝率:41.1%
優勝等 :なし
幕内戦歴:77勝113敗39休1分10預(24場所)勝率:40.5%
十両戦歴:6勝6敗1預(2場所)勝率:50.0%

土佐豊 祐哉

20代・間垣 祐哉(時津風部屋)
高知工業高校時代には高校横綱のタイトルを獲得。進学した東京農大時代にも4冠を達成、付出資格は取れなかったが大きな期待のなか時津風部屋へと入門した。序二段、三段目、幕下と三場所連続優勝も達成、前相撲から所要6場所で十両へと昇進した。平成21年7月には新入幕を果たし前頭筆頭にまで番付を上げたが全治3か月の怪我を負ったまま強行出場を続けた結果、番付は急降下。結局、三段目にまで番付を下げることになった。引退も頭をよぎったが奮起し手術とリハビリを行い復帰場所で三段目優勝、徐々に番付を上げて平成27年初場所で18場所ぶりとなる再入幕を果たした

土佐豊 祐哉(とさゆたか ゆうや)
最高位 :前頭筆頭
年寄名跡:7代安治川⇒21代佐ノ山⇒20代間垣
出身地 :高知県土佐市
本 名 :森下 祐哉
生年月日:昭和60年(1985)3月10日(33歳)
出身大学:東京農業大学
所属部屋:時津風部屋
改名歴 :森下⇒土佐豊
初土俵 :平成19年(2007)3月(22歳0ヵ月)
新十両 :平成20年(2008)3月(23歳0ヵ月)
新入幕 :平成21年(2009)7月(24歳4ヵ月)
最終場所:平成28年(2016)1月(30歳10ヵ月)
生涯戦歴:294勝255敗71休/543出場(53場所)
生涯勝率:53.6%
優勝等 :幕下優勝2回,三段目優勝2回,序二段優勝1回
幕内戦歴:90勝111敗24休(15場所)勝率:44.8%
十両戦歴:130勝116敗9休(17場所)勝率:52.8%

鏡川 正光

鏡川 正光(かがみがわ まさみつ)
最高位 :前頭2枚目
年寄名跡:7代鳴戸
出身地 :高知県吾川郡
本 名 :大野 定吉⇒大野 正光
生年月日:明治12年(1879)11月1日
没年月日:昭和16年(1941)4月20日(享年61歳)
所属部屋:友綱部屋
改名歴 :鏡川⇒八幡山⇒鏡川
初土俵 :明治34年(1901)5月・(21歳6ヵ月)
新十両 :明治40年(1907)1月(27歳2ヵ月)
新入幕 :明治41年(1908)5月(28歳6ヵ月)
最終場所:大正3年(1914)1月(34歳2ヵ月)
生涯戦歴:37勝58敗36休5分8預/108出場(15場所)
生涯勝率:38.9%
優勝等 :なし
幕内戦歴:25勝51敗36休3分5預(12場所)勝率:32.9%
十両戦歴:12勝7敗2分3預(3場所)勝率:63.2%

寳川 政治

寳川 政治(たからがわ まさはる)
最高位 :前頭3枚目
出身地 :高知県高岡郡
本 名 :兵頭 亀松
生年月日:明治32年(1899)2月8日
没年月日:昭和48年(1973)12月2日(享年74歳)
所属部屋:友綱部屋
初土俵 :大正10年(1921)5月・幕下番付外(22歳3ヵ月)
新十両 :大正14年(1925)1月(25歳11ヵ月)
新入幕 :昭和2年(1927)5月(28歳3ヵ月)
最終場所:昭和9年(1934)5月(35歳3ヵ月)
生涯戦歴:167勝159敗5休1分/327出場(36場所)
生涯勝率:51.2%
優勝等 :幕内次点1回,十両優勝1回
幕内戦歴:102勝114敗4休(21場所)勝率:47.2%
十両戦歴:40勝30敗1分(8場所)勝率:57.1%

土州山 好一郎

土州山 好一郎(としゅうざん こういちろう)
最高位 :前頭4枚目
年寄名跡:11代大嶽
出身地 :高知県香美郡
本 名 :武内 好春
生年月日:明治37年(1904)1月1日
没年月日:昭和52年(1977)5月4日(享年73歳)
所属部屋:二子山部屋
改名歴 :土佐ノ海⇒土佐ノ山⇒土州山
初土俵 :大正11年(1922)5月(18歳4ヵ月)
新十両 :昭和7年(1932)2月(28歳1ヵ月)
新入幕 :昭和8年(1933)1月(29歳0ヵ月)
最終場所:昭和14年(1939)1月(35歳0ヵ月)
生涯戦歴:89勝102敗/191出場(18場所)
生涯勝率:46.6%
優勝等 :幕内次点1回,十両優勝1回
幕内戦歴:65勝86敗(13場所)勝率:43.0%
十両戦歴:24勝16敗(4場所)勝率:60.0%

晴ノ海 弥太郎

晴ノ海 弥太郎(はれのうみ やたろう)
最高位 :前頭12枚目
出身地 :高知県土佐市
本 名 :中西 弥太郎
生年月日:明治31年(1898)12月6日
没年月日:昭和45年(1970)12月23日(享年72歳)
所属部屋:友綱部屋
初土俵 :大正4年(1915)1月(16歳1ヵ月)
新十両 :大正13年(1924)1月(25歳1ヵ月)
新入幕 :昭和3年(1928)5月(29歳5ヵ月)
最終場所:昭和6年(1931)10月(32歳10ヵ月)
生涯戦歴:159勝159敗6休4預/321出場(44場所)
生涯勝率:50.0%
優勝等 :なし
幕内戦歴:9勝13敗(2場所)勝率:40.9%
十両戦歴:99勝107敗3休(23場所)勝率:48.1%

高知出身の十両

照ノ海 照光

照ノ海 照光(てるのうみ てるみつ)
最高位 :十両筆頭
出身地 :高知県南国市
本 名 :北村 照光
生年月日:大正11年(1922)1月18日
所属部屋:二所ノ関部屋
改名歴 :玉ノ森⇒照ノ海
初土俵 :昭和11年(1936)1月(14歳0ヵ月)
新十両 :昭和16年(1941)5月(19歳4ヵ月)
最終場所:昭和22年(1947)11月(25歳10ヵ月)
生涯戦歴:105勝98敗7休/203出場(23場所)
生涯勝率:51.7%
優勝等 :なし
十両戦歴:62勝69敗7休(11場所)勝率:47.3%

矢筈山 登

矢筈山 登(やはずやま のぼる)
最高位 :十両3枚目
出身地 :高知県高岡郡
本 名 :小野 直憲
生年月日:大正2年(1913)11月30日
所属部屋:友綱部屋
改名歴 :友錦⇒矢筈山
初土俵 :昭和7年(1932)2月(18歳3ヵ月)
新十両 :昭和11年(1936)5月(22歳6ヵ月)
最終場所:昭和18年(1943)5月(29歳6ヵ月)
生涯戦歴:113勝96敗2休/209出場(22場所)
生涯勝率:54.1%
優勝等 :幕下優勝1回,序二段優勝1回,序ノ口優勝1回
十両戦歴:47勝54敗(9場所)勝率:46.5%

八幡野 平八郎

八幡野 平八郎(やはたの へいはちろう)
最高位 :十両5枚目
年寄名跡:9代谷川
出身地 :高知県須崎市
本 名 :西内 平八郎
生年月日:大正6年(1917)9月29日
没年月日:平成6年(1994)5月9日(享年76歳)
所属部屋:伊勢ヶ濱部屋
初土俵 :昭和10年(1935)5月(17歳8ヵ月)
新十両 :昭和19年(1944)5月(26歳8ヵ月)
最終場所:昭和23年(1948)10月(31歳1ヵ月)
生涯戦歴:102勝101敗8休/203出場(27場所)
生涯勝率:50.2%
優勝等 :なし
十両戦歴:41勝51敗1休(9場所)勝率:44.6%

玉輝 貢兵衛

玉輝 貢兵衛(たまひかり こうべえ)
最高位 :十両5枚目
年寄名跡:19代湊⇒11代片男波⇒5代尾車
出身地 :高知県安芸郡
本 名 :中山 貢兵衛
生年月日:大正12年(1923)12月28日
所属部屋:二所ノ関部屋
改名歴 :玉輝⇒玉晃⇒松緑
初土俵 :昭和15年(1940)1月(16歳1ヵ月)
新十両 :昭和24年(1949)1月(25歳1ヵ月)
最終場所:昭和31年(1956)9月(32歳9ヵ月)
生涯戦歴:237勝235敗31休/470出場(46場所)
生涯勝率:50.2%
優勝等 :幕下優勝1回
十両戦歴:121勝142敗20休(19場所)勝率:46.0%

増健 亘志

増健 亘志(ますつよし のぶゆき)
最高位 :十両6枚目
出身地 :高知県高知市
本 名 :柳川 信行
生年月日:昭和49年(1974)1月22日
出身大学:日本大学
所属部屋:三保ヶ関部屋
改名歴 :柳川⇒増健⇒柳川
初土俵 :平成8年(1996)1月・幕下60付出(22歳0ヵ月)
新十両 :平成10年(1998)3月(24歳2ヵ月)
最終場所:平成23年(2011)1月(37歳0ヵ月)
生涯戦歴:358勝367敗24休/723出場(91場所)
生涯勝率:49.4%
優勝等 :幕下同点1回
十両戦歴:83勝127敗(14場所)勝率:39.5%

玉乃浦 友喜

玉乃浦 友喜(たまのうら ともき)
最高位 :十両7枚目
出身地 :高知県安芸郡
本 名 :林 友喜
生年月日:昭和7年(1932)10月6日
所属部屋:二所ノ関部屋
改名歴 :林⇒玉乃浦
初土俵 :昭和29年(1954)1月(21歳3ヵ月)
新十両 :昭和33年(1958)9月(25歳11ヵ月)
最終場所:昭和35年(1960)9月(27歳11ヵ月)
生涯戦歴:189勝128敗8休2分/319出場(33場所)
生涯勝率:59.6%
優勝等 :幕下優勝1回(同点1),序二段優勝1回
十両戦歴:73勝76敗1分(10場所)勝率:49.0%

千代の海 明太郎(現役)

高知県宿毛高校出身。日本体育大学4年次の全国学生相撲選手権大会では副主将として団体優勝に貢献した。平成27年5月に初土俵。序ノ口での全勝優勝を皮切りに序二段、三段目と優勝を重ねて6場所目には幕下上位まで駆け上がったが右肘の手術により3場所連続休場。いちどは番付を下げたが復帰後は順調に番付をあげて平成30年7月場所で新十両。四股名の「海」は、憧れの力士で母親も大ファンだった千代大海から一字を頂いた

千代の海 明太郎(ちよのうみ めいたろう)
最高位 :十両11枚目
出身地 :高知県幡多郡黒潮町
本 名 :濱町 明太郎
生年月日:平成5年(1993)1月11日(26歳)
出身大学:日本体育大学
所属部屋:九重部屋
改名歴 :濱町⇒千代の海
初土俵 :平成27年(2015)5月(22歳4ヵ月)
新十両 :平成30年(2018)7月(25歳6ヵ月)
優勝等 :三段目優勝1回,序二段優勝1回,序ノ口優勝1回

高知出身力士の最新情報はこちら

いかがでしたでしょうか?ここまでは過去から現在までの高知出身の主な力士をご紹介してきましたが、高知出身の現役力士の最新番付や成績を知りたい方の為に最適な記事もご用意しています。相撲観戦と予習におススメです!

カテゴリー : 四国地方

公開日:2018-08-16
投稿者:レイ

高知県出身の力士一覧!過去から現在、高知の主な関取を網羅しました」への2件のフィードバック

  1. 上方話

    高知県出身力士に 東関丑蔵という人はいないでしょうか?
    「浪花の見物自慢三幅 明治十三年十一月十五日御届」という刷物に
    「猪名川門 土州出生 東関丑蔵」とあります。
    書体が古いので読み間違っているかも知れないのですが・・・

    返信
    1. レイ 投稿作成者

      上方話様、コメントをありがとうございます。

      勉強不足で「東関丑蔵」という力士については知りませんでしたが、少し調べてみました。

      まず「東関丑蔵」で検索してみるとこちらのページに名前が載っていました。
      森琴石「響泉堂」関連資料
      この中の(三)「大阪市中近傍案内 (おおさかしちゅう きんぼうあんない)」という欄に「相撲」の項目があり、
      そこに猫又三吉や眞鶴政吉、虎林虎吉などと一緒に「東関丑蔵」の名が載っています。

      これは明治21年に発行された書物のようで、おそらくですが大阪周辺の著名人が列挙されているものと思われます。

      私の手元にある『大相撲人物大辞典』によると眞鶴政吉や猫又三吉は大阪相撲で活躍した力士で、眞鶴は明治18年に、猫又は明治19年にそれぞれ大関に昇進しています。
      残念ながらこの辞典には東関丑蔵は載っていませんでしたが、おそらくは同時期に大阪相撲で活躍していた高知出身の力士だったのではないでしょうか。
      「猪名川」は大阪相撲の年寄り名跡ですので大阪相撲の力士ということは間違いなさそうです。
      因みにこの「猪名川」の名跡は東西合併で一時期廃家になっていましたが、その後、安治川に改名して現在にまで続いている名跡です。

      私が調べた限りではここまでしか分からず申し訳ありませんが、なにかの参考になりましたら幸いです。

      返信

コメントはお気軽にどうぞ

ユーザー様の視聴環境

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。