石川県出身の力士一覧!過去から現在、石川の主な関取を網羅しました

石川出身の過去から現在までの主な力士をご紹介する石川県の大相撲力士まとめ!この記事では石川出身の関取を中心に紹介していきます。

石川県の過去の郷土力士としては、第54代横綱・輪島や大関・出島など数々の名力士たちが名を残しています。

また、現役の関取経験者としては追手風部屋の遠藤に高田川部屋の、木瀬部屋の高立、そして宮城野部屋の炎鵬がいますね。

そこでこの記事では主な石川出身の力士たちを取り上げています。過去の力士については最高位や改名歴、初土俵や各段の昇進時期と最終場所、さらに生涯戦歴と生涯勝率、成績等を中心にご紹介していきます。また、現役力士については最高位と昇進時期、主な成績などを載せています。

なお、年寄名跡欄のマークは、その代で師匠(部屋持ち親方)になったことがあるという意味です。

現役の石川県出身力士の最新番付や成績、詳細なデータをご覧になりたい方はこちら

スポンサーリンク



石川出身の優勝力士一覧

優勝制度が制定された明治42年(1909)6月場所以降、石川出身の幕内最高優勝力士は2人が誕生しています。

石川出身初優勝はいつで誰?

石川出身力士で初の優勝は、昭和47年(1972)5月場所で、当時関脇だった輪島(のち横綱)でした。幕下最下位格付出で初土俵を踏んでからわずか15場所目で幕内優勝をあげた輪島は、その7場所後には横綱として土俵にあがることになります。

石川出身最後の優勝力士は?

石川出身力士で最後の優勝力士は誰かというと当時関脇だった・出島(のち大関)で平成11年(1999)7月場所でした。

では石川県出身の幕内優勝力士を年月順の一覧表で見てみましょう。

石川県出身力士の年月順優勝リスト
スポンサーリンク


石川県出身の優勝力士ランキング

次は優勝回数をランキングにしてみましょう。一位はもちろん輪島で14度賜杯を抱いています。

石川県出身力士の優勝回数リスト
スポンサーリンク


石川出身の横綱

阿武松 緑之助

長州毛利候のお抱え力士で阿武松の四股名は名所「阿武の松原」から、稲妻と共に文政~天保の土俵を支えた

阿武松 緑之助(おうのまつ みどりのすけ)

最高位 :大関(横綱免許)第6代横綱

年寄名跡:初代・阿武松

出身地 :石川県鳳至郡

本 名 :佐々木 長吉(常吉?)

生年月日:寛政3年(1791)※寛政6年説もあり

没年月日:嘉永4年(1851)12月29日(享年60歳)

所属部屋:武隈⇒粂川⇒雷⇒武隈部屋

改名歴 :小柳⇒阿武松

初土俵 :文化12年(1815)3月・新序(24歳)

新十両 :文政3年(1820)10月(29歳)

新入幕 :文政5年(1822)10月(31歳)

新三役 :文政7年(1824)10月(33歳)

新大関 :文政9年(1826)10月(35歳)

横綱免許:文政11年(1828)2月(37歳)

最終場所:天保6年(1835)10月(44歳)

生涯戦歴:163勝36敗37休25分8預3無/235出場(29場所)

生涯勝率:81.9%

優勝等 :優勝相当5回

幕内戦歴:142勝31敗37休24分8預1無(26場所)勝率:82.1%

  大関:92勝16敗29休22分7預(18場所)勝率:85.2%

  関脇:11勝3敗5休1預(2場所)勝率:78.6%

  小結:14勝4敗2休(2場所)勝率:77.8%

  前頭:25勝8敗1休2分1無(4場所)勝率:75.8%

十両戦歴:21勝5敗1分2無(3場所)勝率:80.8%

輪島 大士

学生相撲出身唯一の横綱「黄金の左」と讃えられた下手投げは絶品で北の湖と共に「輪湖時代」を築く

輪島 大士(わじま ひろし)

最高位 :第54代横綱

年寄名跡:12代花籠

出身地 :石川県七尾市

本 名 :輪島 博

生年月日:昭和23年(1948)1月11日

没年月日:平成30年(2018)10月8日(享年70歳)

出身大学:日本大学

所属部屋:花籠部屋

初土俵 :昭和45年(1970)1月・幕下60番付外(22歳0ヵ月)

新十両 :昭和45年(1970)5月(22歳4ヵ月)

新入幕 :昭和46年(1971)1月(23歳0ヵ月)

新三役 :昭和47年(1972)1月(24歳0ヵ月)

新大関 :昭和47年(1972)11月(24歳10ヵ月)

横綱昇進:昭和48年(1973)7月(25歳6ヵ月)

最終場所:昭和56年(1981)3月(33歳2ヵ月)

生涯戦歴:673勝234敗85休/899出場(68場所)

生涯勝率:74.2%

優勝等 :幕内優勝14回(同点1・次点13),十両優勝1回,幕下優勝2回

成 績 :殊勲賞3回,敢闘賞2回

幕内戦歴:620勝213敗85休(62場所)勝率:74.4%

  横綱:466勝142敗85休(47場所)勝率:76.6%

  大関:50勝10敗(4場所)勝率:83.3%

  関脇:42勝18敗(4場所)勝率:70.0%

  小結:10勝5敗(1場所)勝率:66.7%

  前頭:52勝38敗(6場所)勝率:57.8%

十両戦歴:39勝21敗(4場所)勝率:65.0%

スポンサーリンク


石川出身の大関

出島 武春

平成11年の名古屋場所では優勝と三賞を総なめする大活躍、立ち合いからの鋭い出足が武器で「出る出る出島」と称された

15代・大鳴戸 武春(藤島部屋)

出島 武春(でじま たけはる)

最高位 :大関

年寄名跡:15代大鳴戸

出身地 :石川県金沢市

本 名 :出島 武春

生年月日:昭和49年(1974)3月21日(45歳)

出身大学:中央大学

所属部屋:武蔵川部屋

初土俵 :平成8年(1996)3月・幕下60付出(22歳0ヵ月)

新十両 :平成8年(1996)9月(22歳6ヵ月)

新入幕 :平成9年(1997)3月(23歳0ヵ月)

新三役 :平成9年(1997)11月(23歳8ヵ月)

新大関 :平成11年(1999)9月(25歳6ヵ月)

最終場所:平成21年(2009)7月(35歳4ヵ月)

生涯戦歴:595勝495敗98休/1085出場(81場所)

生涯勝率:54.6%

優勝等 :幕内優勝1回(次点2),十両優勝1回,幕下優勝1回

成 績 :殊勲賞3回,敢闘賞4回,技能賞3回,金星6個

幕内戦歴:546勝478敗98休(75場所)勝率:53.3%

  大関:100勝71敗9休(12場所)勝率:58.5%

  関脇:41勝27敗7休(5場所)勝率:60.3%

  小結:45勝45敗15休(7場所)勝率:50.0%

  前頭:360勝335敗67休(51場所)勝率:51.8%

十両戦歴:32勝13敗(3場所)勝率:71.1%

石川出身の関脇

舛田山 靖仁

高校横綱獲得と、拓殖大での全国学生相撲選手権大会決勝進出という実績を積んで春日野部屋に入門。激しい立ち合いからの叩き込みは鮮やかで名人芸との声も。引退後は千賀ノ浦部屋を創設、舛ノ山(舛乃山)らを育て上げた。停年を迎えた平成28年4月に名跡を現師匠(20代)と交換、再雇用制度で部屋付き親方となった

16代・常盤山 靖仁(千賀ノ浦部屋)

舛田山 靖仁(ますだやま やすひと)

最高位 :関脇

年寄名跡:19代千賀ノ浦⇒16代常盤山

出身地 :石川県七尾市

本 名 :舛田 茂

生年月日:昭和26年(1951)4月10日(68歳)

出身大学:拓殖大学

所属部屋:春日野部屋

初土俵 :昭和49年(1974)3月・幕下60付出(22歳11ヵ月)

新十両 :昭和50年(1975)1月(23歳9ヵ月)

新入幕 :昭和51年(1976)11月(25歳7ヵ月)

新三役 :昭和56年(1981)1月(29歳9ヵ月)

最終場所:平成元年(1989)7月(38歳3ヵ月)

生涯戦歴:626勝671敗27休/1295出場(93場所)

生涯勝率:48.3%

優勝等 :十両優勝1回

成 績 :殊勲賞2回,敢闘賞1回,金星1個

幕内戦歴:313勝387敗5休(47場所)勝率:44.7%

  関脇:3勝12敗(1場所)勝率:20.0%

  小結:16勝29敗(3場所)勝率:35.6%

  前頭:294勝346敗5休(43場所)勝率:45.9%

十両戦歴:276勝272敗22休(39場所)勝率:50.4%

栃乃洋 泰一

速攻相撲と強力な下手投げで12個の金星を獲得

24代・竹縄 泰一(春日野部屋)

栃乃洋 泰一(とちのなだ たいいち)

最高位 :関脇

年寄名跡:24代竹縄

出身地 :石川県七尾市

本 名 :後藤 泰一

生年月日:昭和49年(1974)2月26日(45歳)

出身大学:拓殖大学

所属部屋:春日野部屋

改名歴 :後藤⇒栃乃洋

初土俵 :平成8年(1996)1月・幕下60付出(21歳11ヵ月)

新十両 :平成8年(1996)11月(22歳9ヵ月)

新入幕 :平成9年(1997)5月(23歳3ヵ月)

新三役 :平成9年(1997)11月(23歳9ヵ月)

最終場所:平成24年(2012)1月(37歳11ヵ月)

生涯戦歴:669勝700敗31休/1366出場(96場所)

生涯勝率:48.9%

優勝等 :幕内次点2回,十両優勝2回,幕下同点1回

成 績 :殊勲賞3回,敢闘賞2回,技能賞1回,金星12個

幕内戦歴:556勝628敗31休(81場所)勝率:47.0%

  関脇:12勝18敗(2場所)勝率:40.0%

  小結:41勝49敗(6場所)勝率:45.6%

  前頭:503勝561敗31休(73場所)勝率:47.3%

十両戦歴:87勝63敗(10場所)勝率:58.0%

石川出身の小結

遠藤 聖大(現役)

幕下付出から大相撲史上最速の所要3場所で入幕。平成27年3月場所での大怪我は土俵人生を大きく左右した。黙々と、何度でも立ち上がる不屈の力士

遠藤 聖大(えんどう しょうた)

最高位 :小結

出身地 :石川県鳳珠郡穴水町

本 名 :遠藤 聖大

生年月日:平成2年(1990)10月19日(29歳)

出身大学:日本大学

所属部屋:追手風部屋

初土俵 :平成25年(2013)3月・幕下10付出(22歳5ヵ月)

新十両 :平成25年(2013)7月(22歳9ヵ月)

新入幕 :平成25年(2013)9月(22歳11ヵ月)

優勝等 :幕内次点1回,十両優勝1回

成 績 :敢闘賞1回,技能賞3回,金星4個

石川出身の前頭

出羽ノ花 國市

頭脳明晰で「角界の代議士」と呼ばれた弁舌の持ち主、第4代相撲協会理事長も務める

出羽ノ花 國市(でわのはな くにいち)

最高位 :前頭筆頭

年寄名跡:13代武蔵川⇒8代出羽海⇒13代武蔵川

出身地 :石川県小松市

本 名 :駒澤 國一⇒市川 國一

生年月日:明治42年(1909)3月1日

没年月日:昭和62年(1987)5月30日(享年78歳)

所属部屋:出羽海部屋

改名歴 :出羽ノ子⇒出羽ノ花

初土俵 :大正14年(1925)1月(15歳10ヵ月)

新十両 :昭和5年(1930)5月(21歳2ヵ月)

新入幕 :昭和7年(1932)2月(22歳11ヵ月)

最終場所:昭和15年(1940)5月(31歳2ヵ月)

生涯戦歴:96勝104敗47休/199出場(24場所)

生涯勝率:48.0%

優勝等 :なし

幕内戦歴:68勝77敗47休(16場所)勝率:46.9%

十両戦歴:28勝27敗(6場所)勝率:50.9%

清惠波 清隆

樺太の恵須取町生まれ、引退後は中川部屋を興すも弟子には恵まれずに部屋を閉じた

清惠波 清隆(きよえなみ きよたか)

最高位 :前頭2枚目

年寄名跡:9代中川

出身地 :石川県鳳至郡

本 名 :端 清隆⇒大上戸 清隆

生年月日:大正12年(1923)6月24日

没年月日:平成18年(2006)4月25日(享年82歳)

所属部屋:立浪部屋

初土俵 :昭和15年(1940)1月(16歳7ヵ月)

新十両 :昭和22年(1947)11月(24歳5ヵ月)

新入幕 :昭和24年(1949)1月(25歳7ヵ月)

最終場所:昭和35年(1960)1月(36歳7ヵ月)

生涯戦歴:392勝419敗6休/810出場(64場所)

生涯勝率:48.3%

優勝等 :十両優勝1回(同点1)

幕内戦歴:237勝295敗6休(36場所)勝率:44.5%

十両戦歴:102勝81敗(13場所)勝率:55.7%

大翔山 直樹

自身の母校である日大出身力士を多数率いて部屋は隆盛を極める

11代・追手風 直樹

大翔山 直樹(だいしょうやま なおき)

最高位 :前頭2枚目

年寄名跡:12代中川⇒11代追手風

出身地 :石川県鳳珠郡穴水町

本 名 :山崎 直樹

生年月日:昭和41年(1966)7月7日(53歳)

出身大学:日本大学

所属部屋:立浪部屋

改名歴 :山崎⇒大翔山

初土俵 :平成元年(1989)1月・幕下60付出(22歳6ヵ月)

新十両 :平成2年(1990)5月(23歳10ヵ月)

新入幕 :平成2年(1990)9月(24歳2ヵ月)

最終場所:平成7年(1995)11月(29歳4ヵ月)

生涯戦歴:266勝252敗35休/517出場(42場所)

生涯勝率:51.4%

優勝等 :幕内次点1回,十両優勝1回,幕下優勝2回

成 績 :敢闘賞1回,金星3個

幕内戦歴:153勝176敗1休(22場所)勝率:46.5%

十両戦歴:75勝60敗30休(11場所)勝率:55.6%

時葉山 敏夫

時葉山 敏夫(ときばやま としお)

最高位 :前頭2枚目

年寄名跡:6代富士ヶ根

出身地 :石川県七尾市

本 名 :春木 敏男

生年月日:昭和19年(1944)5月5日

没年月日:平成7年(1995)9月20日(享年51歳)

所属部屋:時津風部屋

改名歴 :春木⇒時葉山

初土俵 :昭和34年(1959)9月(15歳4ヵ月)

新十両 :昭和41年(1966)7月(22歳2ヵ月)

新入幕 :昭和42年(1967)9月(23歳4ヵ月)

最終場所:昭和50年(1975)3月(30歳10ヵ月)

生涯戦歴:523勝533敗7休/1054出場(94場所)

生涯勝率:49.5%

優勝等 :十両優勝2回,幕下優勝1回,序二段優勝1回

幕内戦歴:237勝301敗2休(36場所)勝率:44.1%

十両戦歴:123勝102敗(15場所)勝率:54.7%

小松山 貞造

小松山 貞造(こまつやま ていぞう)

最高位 :前頭3枚目

年寄名跡:8代甲山

出身地 :石川県能美郡

本 名 :竹田 貞造

生年月日:大正2年(1913)3月11日

没年月日:昭和47年(1972)4月27日(享年59歳)

所属部屋:井筒⇒双葉山部屋

改名歴 :竹林⇒小松山

初土俵 :昭和5年(1930)5月(17歳2ヵ月)

新十両 :昭和12年(1937)5月(24歳2ヵ月)

新入幕 :昭和15年(1940)1月(26歳10ヵ月)

最終場所:昭和20年(1945)11月(32歳8ヵ月)

生涯戦歴:133勝140敗33休/270出場(26場所)

生涯勝率:48.7%

優勝等 :三段目優勝1回

成 績 :金星1個

幕内戦歴:49勝75敗23休(11場所)勝率:39.5%

十両戦歴:46勝40敗6休(7場所)勝率:53.5%

天津風 武藏

天津風 武藏(あまつかぜ たけぞう)

最高位 :前頭3枚目

出身地 :石川県鳳至郡門前町

本 名 :宮永 征夫

生年月日:昭和12年(1937)12月1日

所属部屋:時津風部屋

改名歴 :宮永⇒天津風

初土俵 :昭和30年(1955)5月(17歳5ヵ月)

新十両 :昭和36年(1961)5月(23歳5ヵ月)

新入幕 :昭和37年(1962)1月(24歳1ヵ月)

最終場所:昭和42年(1967)5月(29歳5ヵ月)

生涯戦歴:381勝368敗33休/748出場(68場所)

生涯勝率:50.9%

優勝等 :十両優勝2回(同点1),三段目同点1回

幕内戦歴:96勝133敗11休(16場所)勝率:41.9%

十両戦歴:149勝151敗(20場所)勝率:49.7%

輝 大士(現役)

小1の頃から七尾市スポーツ少年団で相撲を始める。西南中学3年次に全国都道府県中学生選手権の団体と個人で優勝を飾った。このとき団体戦で共に戦った中村は現在、宮城野部屋に在籍する炎鵬。中学卒業と共に高田川部屋へと入門。初土俵から9場所目には早くも幕下の土俵に立ったがそこから十両昇進までは約3年の足踏みとなった。十両昇進と共に改めた四股名の「輝」は北陸新幹線の「かがやき」から。元関脇・若の里(現・西岩親方)の付け人として相撲と力士のイロハを教わった

輝 大士(かがやき たいし)

最高位 :前頭4枚目

出身地 :石川県七尾市

本 名 :達 綾哉

生年月日:平成6年(1994)6月1日(25歳)

所属部屋:高田川部屋

改名歴 :達⇒輝

初土俵 :平成22年(2010)3月(15歳9ヵ月)

新十両 :平成26年(2014)11月(20歳5ヵ月)

新入幕 :平成28年(2016)1月(21歳7ヵ月)

優勝等 :幕下同点1回

炎鵬 晃(現役)

5歳の頃から押野相撲スポーツ少年団で相撲を始める。西南部中学では達(高田川部屋の輝)と同級生で、全国都道府県中学生相撲選手権大会ではチームメイトとして団体優勝を経験した。金沢学院東高校3年次に世界ジュニア相撲選手権大会の軽量級で優勝。金沢学院大学時代には10個ものタイトルを獲得した。白鵬の内弟子として宮城野部屋へと入門。四股名は白鵬が命名してくれた。前相撲から所要6場所での十両昇進は史上最速タイ。序ノ口からは21連勝と怒涛の勢いで番付を駆け上がる。令和元年5月場所で新入幕

炎鵬 晃(えんほう あきら)

最高位 :前頭6枚目

出身地 :石川県金沢市

本 名 :中村 友哉

生年月日:平成6年(1994)10月18日(25歳)

出身大学:金沢学院大学

所属部屋:宮城野部屋

初土俵 :平成29年(2017)3月(22歳5ヵ月)

新十両 :平成30年(2018)3月(23歳5ヵ月)

新入幕 :令和元年(2019)5月(24歳7ヵ月)

優勝等 :三段目優勝1回,序二段優勝1回,序ノ口優勝1回

成 績 :技能賞1回

立田野 邦清

立田野 邦清(たつたの くにきよ)

最高位 :前頭7枚目

出身地 :石川県松任市

本 名 :窪川 清

生年月日:大正7年(1918)4月14日

没年月日:昭和46年(1971)7月23日(享年53歳)

所属部屋:立浪部屋

改名歴 :石浪⇒立田野

初土俵 :昭和6年(1931)5月(13歳1ヵ月)

新十両 :昭和15年(1940)1月(21歳9ヵ月)

新入幕 :昭和19年(1944)5月(26歳1ヵ月)

最終場所:昭和22年(1947)6月(29歳2ヵ月)

生涯戦歴:123勝151敗/274出場(27場所)

生涯勝率:44.9%

優勝等 :なし

幕内戦歴:12勝25敗(4場所)勝率:32.4%

十両戦歴:53勝75敗(9場所)勝率:41.4%

綾錦 久二

綾錦 久二(あやにしき きゅうじ)

最高位 :前頭11枚目

出身地 :石川県羽咋郡

本 名 :土田 久二

生年月日:明治44年(1911)12月8日

所属部屋:湊川部屋

改名歴 :能登錦⇒綾錦

初土俵 :昭和3年(1928)10月(16歳10ヵ月)

新十両 :昭和9年(1934)5月(22歳5ヵ月)

新入幕 :昭和11年(1936)1月(24歳1ヵ月)

最終場所:昭和14年(1939)5月(27歳5ヵ月)

生涯戦歴:62勝71敗/133出場(16場所)

生涯勝率:46.6%

優勝等 :十両優勝1回

幕内戦歴:14勝23敗(3場所)勝率:37.8%

十両戦歴:48勝48敗(8場所)勝率:50.0%

石川出身の十両

琴白山 俊也

琴白山 俊也(ことはくさん としや)

最高位 :十両4枚目

出身地 :石川県小松市

本 名 :釜野 俊也

生年月日:昭和36年(1961)6月1日

所属部屋:佐渡ヶ嶽部屋

初土俵 :昭和52年(1977)5月(15歳11ヵ月)

新十両 :平成元年(1989)9月(28歳3ヵ月)

最終場所:平成4年(1992)3月(30歳9ヵ月)

生涯戦歴:348勝330敗9休/677出場(90場所)

生涯勝率:51.3%

優勝等 :三段目優勝1回

十両戦歴:54勝66敗(8場所)勝率:45.0%

大車輪 松五郎

大車輪 松五郎(だいしゃりん まつごろう)

最高位 :十両6枚目

出身地 :石川県小松市

本 名 :小坂 芳正

生年月日:昭和24年(1949)9月25日

所属部屋:時津風部屋

改名歴 :小坂⇒比咩の里⇒雷剛山⇒松の山⇒松乃山⇒大車輪

初土俵 :昭和39年(1964)5月(14歳8ヵ月)

新十両 :昭和48年(1973)3月(23歳6ヵ月)

最終場所:昭和55年(1980)1月(30歳4ヵ月)

生涯戦歴:375勝359敗4休/734出場(95場所)

生涯勝率:51.1%

優勝等 :なし

十両戦歴:59勝91敗(10場所)勝率:39.3%

丹蔵 隆浩

四股名は祖父の代まで漁師だった実家の屋号

丹蔵 隆浩(たんぞう たかひろ)

最高位 :十両6枚目

出身地 :石川県鳳珠郡能登町

本 名 :寺下 隆浩

生年月日:昭和59年(1984)5月5日

出身大学:東洋大学

所属部屋:阿武松部屋

改名歴 :寺下⇒丹蔵

初土俵 :平成19年(2007)3月(22歳10ヵ月)

新十両 :平成24年(2012)9月(28歳4ヵ月)

最終場所:平成26年(2014)5月(30歳0ヵ月)

生涯戦歴:174勝130敗54休/303出場(43場所)

生涯勝率:57.2%

優勝等 :幕下優勝1回(同点1),三段目優勝1回,序二段同点1回,序ノ口優勝2回

十両戦歴:55勝65敗(8場所)勝率:45.8%

大倭 東洋

幕下付出からわずか5場所で関取昇進も1場所で陥落、その後は腰痛の悪化のため序二段下位にまで落ちて引退。関取経験者ながらスピード出世が仇となり、引退まで大銀杏を結えなかった

大倭 東洋(おおやまと とうよう)

最高位 :十両12枚目

出身地 :石川県輪島市

本 名 :白崎 東洋

生年月日:昭和46年(1971)1月21日

没年月日:平成27年(2015)6月24日(享年44歳)

出身大学:日本大学

所属部屋:入間川部屋

改名歴 :白崎⇒大倭⇒白崎

初土俵 :平成5年(1993)3月・幕下60付出(22歳2ヵ月)

新十両 :平成6年(1994)1月(23歳0ヵ月)

最終場所:平成8年(1996)11月(25歳10ヵ月)

生涯戦歴:64勝59敗46休/123出場(23場所)

生涯勝率:52.0%

優勝等 :なし

十両戦歴:5勝10敗(1場所)勝率:33.3%

高立 直哉(現役)

四股名は亡くなった父親が考えてくれていたもの

高立 直哉(たかりゅう なおや)

最高位 :十両13枚目

出身地 :石川県金沢市

本 名 :高木 立太

生年月日:平成4年(1992)3月18日(27歳)

出身大学:拓殖大学

所属部屋:木瀬部屋

改名歴 :高木⇒高立

初土俵 :平成26年(2014)3月(22歳0ヵ月)

新十両 :平成27年(2015)7月(23歳4ヵ月)

優勝等 :幕下優勝1回,三段目優勝1回,序二段同点1回

石川出身力士の最新情報はこちら

いかがでしたでしょうか?ここまでは過去から現在までの石川出身の主な力士をご紹介してきましたが、石川出身の現役力士の最新番付や成績を知りたい方の為に最適な記事もご用意しています。相撲観戦と予習におススメです!


【特報!】第72代横綱・稀勢の里待望の自伝が10月3日より発売です。

おすすめの記事をご紹介

ここからは当サイトのおすすめ記事をご紹介します。

歴代横綱リストはこちら

歴代横綱の詳細データが満載な横綱一覧です。

部屋別、出身地別の力士データはこちら

部屋別や出身地別に番付と成績、そして詳細データにプロフィールが確認できるページもご用意しています。併せてどうぞ。

最新場所の番付はこちら

詳細なデータを分かりやすく表にまとめた最新番付表もご用意しています。過去6場所分の成績と番付の昇降がひとめで分かり、通算成績や経歴なども一気に確認できるおすすめの番付表です。

相撲の裏方の一覧はこちら

「AbemaTV」での視聴方法についての解説はこちら

大相撲観戦のあらたな選択肢!「AbemaTV」での視聴方法について解説しています。序ノ口から結びの一番まで完全無料生中継ですよ!ぜひ確認してみてくださいね。

現役力士褒賞金一覧と関取の推定年収はこちら

現役力士の力士褒賞金、通称「給金」を独自計算により一覧でご紹介さらに関取の推定年収も一覧表にしてまとめました。

現役力士の力士褒賞金と推定年収一覧! オススメ!

地方巡業日程はこちら

力士や親方、裏方さんたちと間近で触れ合うチャンスは地方巡業です!巡業日程や詳細をご紹介しています。

カテゴリー : 北陸地方

公開日:2018-08-15
投稿者:レイ

2 thoughts on “石川県出身の力士一覧!過去から現在、石川の主な関取を網羅しました

  1. 桜うぐいす

    輝関の出身地は、七尾市です。
    出身中学は、金沢市の西南部中学ですが・・・。
    公称ではどうなってるんだろう?

    返信
    1. レイ 投稿作成者

      桜うぐいす様、コメントをありがとうございます。

      申し訳ありませんでした。輝関の出身地ですが、七尾市が正しいです。
      相撲協会の公式プロフィールでも七尾市となっております。

      桜うぐいす様のおかげで当サイトの記載も正しく修正することができました。

      ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

      返信

コメントはお気軽にどうぞ

ユーザー様の視聴環境

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。