千賀ノ浦部屋力士の番付と場所成績に基礎情報を網羅した現役力士一覧

千賀ノ浦(ちがのうら)部屋の現役力士の番付と成績、そして基礎情報をまとめてご紹介します。

この番付表では最新場所である令和元年11月場所(九州場所)の番付だけではなく、先場所からどれだけ番付が上がったのかを成績と共に比べて確認できます。

表の内容はボタンによって切り替えることが出来ます。力士の詳細なデータが盛りだくさんですよ!さらに表の下には所属力士の勝敗数をまとめて集計していますので「部屋としての全体の力」も確認できます。

場所中には日々更新していきますので、観戦のお供にどうぞご活用ください。

また、日々の対戦相手と勝敗が一目で分かる星取表もあわせてご覧ください。

他の部屋の番付と成績も見てみたい方は部屋目次より選んでください。出身地毎の番付・成績もご用意しています。

大相撲1月場所(令和2年)チケット情報

開催場所:両国国技館(東京都)

開催場所:エディオンアリーナ大阪 (大阪府)

一般販売:2019/12/3(火) 11:00~2019/12/15(日) 11:00

2019/12/17(火) 18:00頃から順次

この他にも千賀ノ浦部屋の過去から現在までの主な関取たちををまとめた記事もありますので併せてご覧ください。

千賀ノ浦部屋の基本情報 一門 :出羽海一門⇒貴乃花一門⇒阿武松グループ⇒二所ノ関一門
創設 :平成16年(2004年)9月27日
創設者:19代・千賀ノ浦 靖仁(元関脇・舛田山)
現師匠:20代・千賀ノ浦 太一(元小結・隆三杉)
所在地:東京都台東区橋場1-16-5
スポンサーリンク



千賀ノ浦部屋の番付と成績・力士一覧

番付 (令元.11) 四股名 よみ 令元.11 場所成績 11月場所星取表 番付推移 11←9月 変動S 11←9月 変動枚数 11←9月 番付 (令元.9) 令元.9 場所成績 9月場所星取表 番付推移 9←7月 変動S 9←7月 変動枚数 9←7月 番付 (令元.7) 令元.7 場所成績 番付推移 7←5月 変動S 7←5月 変動枚数 7←5月 番付 (令元.5) 令元.5 場所成績 番付推移 令元.5←平31.3月 変動S 令元.5←平31.3月 変動枚数 令元.5←平31.3月 番付 (平31.3) 平31.3 場所成績 番付推移 5←1月 変動S 5←1月 変動枚数 5←1月 番付 (平31.1) 平31.1 場所成績 番付推移 H31.1←H30.11月 変動S H31.1←H30.11月 変動枚数 H31.1←H30.11月 番付 (平30.11) 平30.11 場所成績 過去6場所 成績 過去6場所 勝率 2019年 年間成績 2019年 年間勝率 最高位 出身地 部屋 一門 年齢 生年月日 大相撲歴 本名 旧所属 旧四股名 身長(㎝) 体重(㎏) BMI 出身高校 出身大学 初土俵 初土俵 年齢 新十両 新十両 年齢 新入幕 新入幕 年齢 新三役 新三役 年齢 大関昇進 大関昇進 年齢 横綱昇進 横綱昇進 年齢 優勝 三賞・金星 通算 勝利数 通算 敗数 通算 休数 出場回数 通算 勝率(%)

※表は横にスクロールします。また、表示件数を切り替えることで上下のスクロールも可能です。項目をクリックすることで表を並べ替えることが出来ます。
番付表の記号等、補足事項はこちらをどうぞ


スポンサーリンク


千賀ノ浦部屋の星取表


四股名 成績 番付 初日 2日 3日 4日 5日 6日 7日 中日 9日 10日 11日 12日 13日 14日 千秋楽 出身地 部屋

千賀ノ浦部屋の歴史についてはこちらの記事をどうぞ。

スポンサーリンク


千賀ノ浦部屋の主な現役力士を紹介

千賀ノ浦部屋の主な現役力士を初土俵順にご紹介します。

舛東欧

大相撲史上初のハンガリー出身力士。ハンガリーではレスリング王者にも。

2004年の世界ジュニア相撲選手権・無差別級では決勝に進出。そこで澤井(豪栄道)に敗れるも2位という好成績をおさめた。

四股名の下の名前の「旭」は、本名の「アティッラ」をもじったもの。

舛東欧 旭(ますとうおう あきら)

出身地 :ハンガリー ヤース・ナジタン・ソルノク県

本 名 :トート・アティッラ

生年月日:昭和61年(1986)1月23日(33歳)

所属部屋:千賀ノ浦部屋

初土俵 :平成17年(2005)1月(19歳0ヵ月)

優勝等 :序ノ口優勝1回

舛乃山

高安と共に平成生まれ初の関取。度重なる怪我で序ノ口にまで落ちたこともあったが人気と相撲力は衰えず。

また、激しく息を切らせている様子から心臓病では?と疑われたが、これは呼吸法に原因があったことが分かりひと安心。思い切り相撲を取って、また上を目指す。

舛乃山 大晴(ますのやま ともはる)

出身地 :千葉県印旛郡栄町

本 名 :加藤 大晴

生年月日:平成2年(1990)11月1日(29歳)

所属部屋:千賀ノ浦部屋

改名歴 :舛ノ山⇒舛乃山

初土俵 :平成18年(2006)7月(15歳8ヵ月)

新十両 :平成22年(2010)11月(20歳0ヵ月)

新入幕 :平成23年(2011)9月(20歳10ヵ月)

優勝等 :十両同点1回,三段目優勝1回,序二段同点1回,序ノ口優勝1回

成 績 :敢闘賞1回

貴天秀

貴乃花部屋では最古参だったプロレス好き。ニックネームは「テンちゃん」

貴天秀 哉太(たかてんしゅう かなた)

出身地 :埼玉県さいたま市見沼区

本 名 :松原 哉太

生年月日:平成4年(1992)9月23日(27歳)

所属部屋:貴乃花⇒千賀ノ浦部屋

初土俵 :平成20年(2008)3月(15歳6ヵ月)

隆の勝

20代千賀ノ浦(元小結・隆三杉)が部屋を継承してから初の関取。昇進の際には師匠から「隆」の一字を託された。千賀ノ浦部屋新章の幕開け

隆の勝 伸明(たかのしょう のぶあき)

出身地 :千葉県柏市

本 名 :石井 伸明

生年月日:平成6年(1994)11月14日(25歳)

所属部屋:千賀ノ浦部屋

改名歴 :舛ノ勝⇒舛の勝⇒隆の勝

初土俵 :平成22年(2010)3月(15歳4ヵ月)

新十両 :平成29年(2017)11月(23歳0ヵ月)

新入幕 :平成30年(2018)9月(23歳10ヵ月)

優勝等 :十両同点1回

貴大将

母親の従兄弟はサッカー解説でお馴染みの松木安太郎。名前は「しゅうと」だが、小学生の頃からサッカーではなく相撲一筋。曽祖父は大正時代の出羽海部屋の十両「葵龍」

貴大将 柊斗(たかたいしょう しゅうと)

出身地 :東京都中央区

本 名 :松木 柊斗

生年月日:平成7年(1995)6月15日(24歳)

所属部屋:貴乃花⇒千賀ノ浦部屋

改名歴 :松木⇒貴大将

初土俵 :平成23年(2011)5月(15歳11ヵ月)

貴ノ富士

双子の兄で口元にホクロがあるのが貴ノ富士。平成30年初場所後に新十両昇進を決めて、先に十両昇進を果たしていた弟の貴源治と共に「史上初、双子関取」の誕生となった。

しかし迎えた新十両である3月場所8日目に付け人に対し暴力を加えたことが発覚し9日目より休場、翌1場所の謹慎処分を受ける。これにより幕下へと陥落。

平成31年初場所より四股名を貴公俊から貴ノ富士に改めて心機一転

貴ノ富士 三造(たかのふじ さんぞう)

出身地 :茨城県猿島郡境町 ⇒ 栃木県小山市

本 名 :上山 剛

生年月日:平成9年(1997)5月13日(22歳)

所属部屋:貴乃花⇒千賀ノ浦部屋

改名歴 :貴公俊⇒貴ノ富士

初土俵 :平成25年(2013)3月(15歳10ヵ月)

新十両 :平成30年(2018)3月(20歳10ヵ月)

優勝等 :幕下優勝1回

貴源治

兄弟そろって相撲未経験ながら中学卒業とともに部屋へ入門、北の富士さん期待の力士

貴源治 賢(たかげんじ さとし)

出身地 :茨城県猿島郡境町 ⇒ 栃木県小山市

本 名 :上山 賢

生年月日:平成9年(1997)5月13日(22歳)

所属部屋:貴乃花⇒千賀ノ浦部屋

初土俵 :平成25年(2013)3月(15歳10ヵ月)

新十両 :平成29年(2017)5月(20歳0ヵ月)

優勝等 :十両優勝1回,幕下同点1回

太一山

平成19年と20年のわんぱく相撲全国大会で優勝、わんぱく横綱連覇を達成。四股名は師匠の下の名に因む

太一山 克将(たいちやま かつまさ)

出身地 :大阪府守口市

本 名 :矢ケ部 克将

生年月日:平成9年(1997)4月21日(22歳)

所属部屋:千賀ノ浦部屋

改名歴 :矢ケ部⇒舛実⇒太一山

初土俵 :平成25年(2013)3月(15歳11ヵ月)

貴健斗

高校は鳥取城北高に相撲留学、1年先輩には逸ノ城が。幕下昇進時には前師匠の貴乃花が現役時に使用していた博多帯を譲り受けた

貴健斗 輝虎(たかけんと てるとら)

出身地 :熊本県八代市

本 名 :水田 健斗

生年月日:平成8年(1996)2月10日(23歳)

所属部屋:貴乃花⇒千賀ノ浦部屋

改名歴 :水田⇒貴健斗

初土俵 :平成26年(2014)1月(17歳11ヵ月)

貴景勝

小さな身体ながら勝負度胸の良さと的確で力のある突き押しが魅力。四股名は戦国武将の上杉景勝から

貴景勝 光信(たかけいしょう みつのぶ)

出身地 :兵庫県芦屋市

本 名 :佐藤 貴信

生年月日:平成8年(1996)8月5日(23歳)

所属部屋:貴乃花⇒千賀ノ浦部屋

改名歴 :佐藤⇒貴景勝

初土俵 :平成26年(2014)9月(18歳1ヵ月)

新十両 :平成28年(2016)5月(19歳9ヵ月)

新入幕 :平成29年(2017)1月(20歳5ヵ月)

新三役 :平成30年(2018)1月(21歳5ヵ月)

新大関 :令和元年(2019)5月(22歳9ヵ月)

優勝等 :幕内優勝1回(次点2),十両優勝1回,幕下優勝1回(同点1),序二段優勝1回,序ノ口優勝1回

成 績 :殊勲賞3回,敢闘賞2回,技能賞2回,金星3個

貴景勝の出身校である強豪「埼玉栄高校」出身力士をまとめました。

若青雲

柔道は初段の腕前。相撲経験はなかったが親孝行がしたくて角界入りを決意。力士として大成して夢を叶えたい

若青雲 順平(わかせいうん じゅんぺい)

出身地 :愛知県名古屋市港区

本 名 :佐藤 順平

生年月日:平成13年(2001)4月18日(18歳)

所属部屋:千賀ノ浦部屋

初土俵 :平成29年(2017)3月(15歳11ヵ月)

優力

立川練成館出身。小4のときにわんぱく相撲全国大会でベスト8に。平成30年1月場所で膝を痛めて連続休場を経験

優力 勝(ゆりき まさる)

出身地 :東京都立川市

本 名 :吉田 優力

生年月日:平成13年(2001)9月2日(18歳)

所属部屋:千賀ノ浦部屋

初土俵 :平成29年(2017)9月(16歳0ヵ月)

貴正樹

貴景勝に憧れて旧・貴乃花部屋へと入門

貴正樹 弘樹(たかまさき ひろき)

出身地 :大阪府泉南郡田尻町

本 名 :原 弘樹

生年月日:平成11年(1999)11月6日(20歳)

所属部屋:貴乃花⇒千賀ノ浦部屋

改名歴 :原⇒貴正樹

初土俵 :平成30年(2018)3月(18歳4ヵ月)

スポンサーリンク


千賀ノ浦部屋の部屋付き親方

常盤山親方

高校横綱獲得と、拓殖大での全国学生相撲選手権大会決勝進出という実績を積んで春日野部屋に入門。激しい立ち合いからの叩き込みは鮮やかで名人芸との声も。

引退後は千賀ノ浦部屋を創設、舛ノ山(舛乃山)らを育て上げた。

停年を迎えた平成28年4月に名跡を現師匠(20代)と交換、再雇用制度で部屋付き親方に。

16代・常盤山 靖仁(千賀ノ浦部屋)

舛田山 靖仁(ますだやま やすひと)

最高位 :関脇

年寄名跡:19代千賀ノ浦⇒16代常盤山

出身地 :石川県七尾市

本 名 :舛田 茂

生年月日:昭和26年(1951)4月10日(68歳)

出身大学:拓殖大学

所属部屋:春日野部屋

初土俵 :昭和49年(1974)3月・幕下60付出(22歳11ヵ月)

新十両 :昭和50年(1975)1月(23歳9ヵ月)

新入幕 :昭和51年(1976)11月(25歳7ヵ月)

新三役 :昭和56年(1981)1月(29歳9ヵ月)

最終場所:平成元年(1989)7月(38歳3ヵ月)

生涯戦歴:626勝671敗27休/1295出場(93場所)

生涯勝率:48.3%

優勝等 :十両優勝1回

成 績 :殊勲賞2回,敢闘賞1回,金星1個

幕内戦歴:313勝387敗5休(47場所)勝率:44.7%

  関脇:3勝12敗(1場所)勝率:20.0%

  小結:16勝29敗(3場所)勝率:35.6%

  前頭:294勝346敗5休(43場所)勝率:45.9%

十両戦歴:276勝272敗22休(39場所)勝率:50.4%

千賀ノ浦部屋の世話人

栃の山

拓殖大学では1年後輩に栃乃洋が。同大の先輩である19代千賀ノ浦(元関脇・舛田山)のいた春日野部屋へと入門、三段目優勝などを飾る。

平成16年の千賀ノ浦部屋創設時には師匠に同行して移籍。のちに相撲協会より世話人に採用されたことを機に現役を引退、40歳のことだった

世話人・栃の山 博士(千賀ノ浦部屋)

栃の山 博士(とちのやま ひろし)

最高位 :幕下2枚目

出身地 :東京都立川市

本 名 :山田 博士

生年月日:昭和48年(1973)2月24日

出身大学:拓殖大学

所属部屋:春日野⇒千賀ノ浦部屋

改名歴 :栃ノ山⇒栃之山⇒栃の山

初土俵 :平成7年(1995)1月(21歳11ヵ月)

最終場所:平成25年(2013)5月(40歳3ヵ月)

生涯戦歴:391勝364敗9休/754出場(110場所)

生涯勝率:51.8%

優勝等 :三段目優勝1回(同点1)

嵐望

二子山部屋(師匠は初代・若乃花)での初土俵は1988年3月場所の「花の六三組」で貴乃花とは同期。

引退後は貴乃花部屋の世話人に就任、貴乃花部屋の閉鎖に伴い、千賀ノ浦部屋へと移籍。

世話人・嵐望 将輔(千賀ノ浦部屋)

嵐望 将輔(らんぼー しょうすけ)

最高位 :幕下13枚目

出身地 :東京都福生市

本 名 :井上 高雄

生年月日:昭和47年(1972)7月2日

所属部屋:二子山⇒貴乃花部屋

改名歴 :若井上⇒福の隆⇒福生乃花⇒嵐望

初土俵 :昭和63年(1988)3月(15歳8ヵ月)

最終場所:平成25年(2013)5月(40歳10ヵ月)

生涯戦歴:502勝487敗61休/988出場(151場所)

生涯勝率:50.8%

優勝等 :三段目優勝1回,序二段優勝1回

千賀ノ浦親方の経歴

四股名は兄弟子だった隆の里と若三杉に付けてもらった。新入幕までは早かったが以降は幕内と十両の往復、そして幕内中堅での攻防に。平成3年1月念願の小結昇進は新入幕から58場所目というスロー昇進。

引退後は二子山部屋~貴乃花部屋の部屋付親方として後進の指導にあたり、平成28年4月に元関脇・舛田山の千賀ノ浦親方停年を受けて名跡と同部屋を継承。

これにより千賀ノ浦部屋は出羽海一門から貴乃花一門へ。貴乃花一門崩壊後は二所ノ関一門へと合流

20代・千賀ノ浦 太一

平成28年(2016)4月8日~

隆三杉 太一(たかみすぎ たかかつ)

最高位 :小結

年寄名跡:15代藤島⇒18代音羽山⇒15代常盤山⇒20代千賀ノ浦

出身地 :神奈川県川崎市川崎区

本 名 :金尾 隆

生年月日:昭和36年(1961)3月1日(58歳)

所属部屋:二子山部屋

改名歴 :金尾⇒二子錦⇒隆三杉

初土俵 :昭和51年(1976)3月(15歳0ヵ月)

新十両 :昭和56年(1981)1月(19歳10ヵ月)

新入幕 :昭和56年(1981)7月(20歳4ヵ月)

新三役 :平成3年(1991)1月(29歳10ヵ月)

最終場所:平成7年(1995)11月(34歳8ヵ月)

生涯戦歴:720勝753敗57休/1471出場(119場所)

生涯勝率:48.9%

優勝等 :十両優勝1回,序二段優勝1回

成 績 :金星1個

幕内戦歴:472勝567敗26休(71場所)勝率:45.4%

  小結:6勝24敗(2場所)勝率:20.0%

  前頭:466勝543敗26休(69場所)勝率:46.2%

十両戦歴:128勝101敗26休(17場所)勝率:55.9%

過去から現在までの千賀ノ浦部屋力士はこちら

ここまでは千賀ノ浦部屋の現役力士と親方などをご紹介してきましたが、この千賀ノ浦部屋の過去から現在までの所属力士をまとめた記事もご用意しています。興味を持たれた方はどうぞ。

【特報!】第72代横綱・稀勢の里待望の自伝が10月3日より発売です。

元横綱・稀勢の里が襲名した荒磯の歴史を知りたくありませんか?こちらの記事では詳細プロフィール付きで荒磯代々についてご紹介しています。

部屋・出身地ごとの目次はこちら

他の部屋の力士データや出身地ごとで力士データを探したい方のために目次ページをご用意しています。

おすすめの記事をご紹介

ここからは当サイトのおすすめ記事をご紹介します。

歴代横綱リストはこちら

歴代横綱の詳細データが満載な横綱一覧です。

相撲の一門について知りたい方はこちらの記事がおすすめです。
大相撲の「一門」とは?その成り立ちと役割 オススメ!

最新場所の番付はこちら

詳細なデータを分かりやすく表にまとめた最新番付表もご用意しています。過去6場所分の成績と番付の昇降がひとめで分かり、通算成績や経歴なども一気に確認できるおすすめの番付表です。

相撲の裏方の一覧はこちら

現役力士褒賞金一覧と関取の推定年収はこちら

現役力士の力士褒賞金、通称「給金」を独自計算により一覧でご紹介さらに関取の推定年収も一覧表にしてまとめました。

現役力士の力士褒賞金と推定年収一覧! オススメ!

地方巡業日程はこちら

力士や親方、裏方さんたちと間近で触れ合うチャンスは地方巡業です!巡業日程や詳細をご紹介しています。

コメントはお気軽にどうぞ

ユーザー様の視聴環境

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。