伊勢ヶ濱部屋の力士一覧!過去から現在、安治川~伊勢ヶ濱部屋の主な関取を網羅しました

伊勢ヶ濱(いせがはま)部屋の過去から現在までの主な所属力士をご紹介する伊勢ヶ濱部屋の大相撲力士まとめ!

この記事では伊勢ヶ濱部屋と、その前身である安治川部屋の主な関取を中心に紹介していきます。過去の力士については最高位や改名歴、初土俵や各段の昇進時期と最終場所、さらに生涯戦歴と生涯勝率、成績等を中心にご紹介していきます。また、現役力士については最高位と昇進時期、主な成績などを載せています。

なお、年寄名跡欄のマークは、その代で師匠(部屋持ち親方)になったことがあるという意味です。

現役の伊勢ヶ濱部屋力士の最新番付や成績、詳細なデータをご覧になりたい方はこちら


伊勢ヶ濱部屋の基本情報

  • 一門 :伊勢ヶ濱一門
  • 創設 :昭和54年(1979)4月23日  安治川部屋として創設
  • 創設者:3代・安治川 寛章(元関脇・陸奥嵐)(宮城野)
  • 改称 :平成19年(2007)11月30日 伊勢ヶ濱部屋へと改称
  • 改称者:9代・伊勢ヶ濱 正也(第63代横綱・旭富士)(大島)
  • 現師匠:同上
  • 所在地:東京都江東区毛利1-7-4
  • サイト:伊勢ヶ濱部屋オフィシャルウェブサイト

伊勢ヶ濱部屋の概略

宮城野部屋所属の関脇・陸奥嵐が昭和51年(1976)3月場所を最後に現役を引退して3代安治川を襲名すると、友綱部屋へと移籍して部屋付親方に就任しました。その後、昭和54年(1978)4月には分家独立をして安治川部屋を興します。

平成2年(1990)7月には、停年に伴い閉鎖が決まった春日山部屋から所属力士達を受け入れました。のちに、そのなかの一人だった元前頭筆頭の春日富士が20代春日山を襲名し春日山部屋を再興します。

旭富士への移譲

50歳を迎え健康上の不安が次第に大きくなり始めた3代安治川は部屋を譲ることを決意します。そして部屋を興してから15年となる平成5年(1993)4月に、自身の名跡と部屋を同門であった大島部屋の元横綱・旭富士へと譲りました。

安治川から伊勢ヶ濱へ

4代安治川を襲名した旭富士は平成19年(2007)11月に9代伊勢ヶ濱を襲名して部屋の名を改称、これが現在の伊勢ヶ濱部屋となります。

平成25年(2013)3月には閉鎖された間垣部屋から、平成27年(2015)2月1日には朝日山部屋からそれぞれ親方や所属力士、裏方を受け入れています。

伊勢ヶ濱部屋の優勝力士

優勝制度が制定された明治42年(1909)6月場所以降、現在の伊勢ヶ濱部屋からは2人の幕内最高優勝力士が誕生しています。

伊勢ヶ濱部屋の初優勝はいつで誰?

伊勢ヶ濱部屋の初優勝力士は、平成21年(2009)5月場所で西大関だった日馬富士です。

伊勢ヶ濱部屋の優勝力士一覧

では歴代の伊勢ヶ濱部屋力士の幕内優勝を年月順で一覧表にして見てみましょう。

回数 四股名 所属部屋 出身 最高位 優勝場所 優勝時の番付 成績 備考
1 日馬富士 伊勢ヶ濱 モンゴル 70代横綱 平成21(2009)年05月 西大関 14勝1敗 優勝決定戦で白鵬を破って初優勝を達成
2 日馬富士 伊勢ヶ濱 モンゴル 70代横綱 平成23(2011)年07月 西大関 14勝1敗  
3 日馬富士 伊勢ヶ濱 モンゴル 70代横綱 平成24(2012)年07月 西大関2 15勝0敗 初の全勝優勝
4 日馬富士 伊勢ヶ濱 モンゴル 70代横綱 平成24(2012)年09月 東大関 15勝0敗 2場所連続の全勝優勝
大関での2場所連続優勝は双葉山、貴乃花以来史上3人目
場所後に横綱へと昇進
5 日馬富士 伊勢ヶ濱 モンゴル 70代横綱 平成25(2013)年01月 西横綱 15勝0敗 横綱昇進後、初の優勝を全勝で飾る
6 日馬富士 伊勢ヶ濱 モンゴル 70代横綱 平成25(2013)年11月 西横綱 14勝1敗  
7 照ノ富士 伊勢ヶ濱 モンゴル 大関 平成27(2015)年05月 東関脇 12勝3敗 新入幕から8場所目で幕内最高優勝
8 日馬富士 伊勢ヶ濱 モンゴル 70代横綱 平成27(2015)年11月 東横綱2 13勝2敗  
9 日馬富士 伊勢ヶ濱 モンゴル 70代横綱 平成28(2016)年07月 東横綱2 13勝2敗  
10 日馬富士 伊勢ヶ濱 モンゴル 70代横綱 平成29(2017)年09月 西横綱 11勝4敗 金星を4個配給しての優勝は史上初
11日目終了時点での3差(豪栄道と)を覆しての優勝は史上初
11 照ノ富士 伊勢ヶ濱 モンゴル 大関 令和2(2020)年07月 東前頭17枚目 13勝2敗 30場所ぶり2度目の優勝。大関経験者が関脇以下で優勝するのは昭和以降2人目。
序二段からの復活。前回優勝の間に十両以下に陥落した力士はおらず史上初。

安治川~伊勢ヶ濱部屋の横綱

日馬富士 公平

軽量ながら重心の低い鋭い立ち合いと向こう気の強さで横綱へと昇進

  • 四股名 :日馬富士 公平(はるまふじ こうへい)
  • 最高位 :第70代横綱
  • 出身地 :モンゴル ゴビアルタイ
  • 本 名 :ダワーニャミーン・ビャンバドルジ
  • 生年月日:昭和59年(1984)4月14日
  • 所属部屋:安治川⇒伊勢ヶ濱部屋
  • 改名歴 :安馬⇒日馬富士
  • 初土俵 :平成13年(2001)1月(16歳9ヵ月)
  • 新十両 :平成16年(2004)3月(19歳11ヵ月)
  • 新入幕 :平成16年(2004)11月(20歳7ヵ月)
  • 新三役 :平成18年(2006)5月(22歳1ヵ月)
  • 新大関 :平成21年(2009)1月(24歳9ヵ月)
  • 横綱昇進:平成24年(2012)11月(28歳7ヵ月)
  • 最終場所:平成29年(2017)11月(33歳7ヵ月)
  • 生涯戦歴:827勝441敗73休/1263出場(100場所)
  • 生涯勝率:65.2%
  • 優勝等 :幕内優勝9回(同点1・次点6),十両優勝1回,三段目優勝1回,序ノ口優勝1回
  • 成 績 :殊勲賞4回,敢闘賞1回,技能賞5回,金星1個
  • 幕内戦歴:712勝370敗73休(77場所)勝率:65.8%
  •   横綱:285勝104敗61休(30場所)勝率:73.3%
  •   大関:214勝105敗11休(22場所)勝率:67.1%
  •   関脇:76勝44敗(8場所)勝率:63.3%
  •   小結:32勝28敗(4場所)勝率:53.3%
  •   前頭:105勝89敗1休(13場所)勝率:54.1%
  • 十両戦歴:36勝24敗(4場所)勝率:60.0%

伊勢ヶ濱部屋の大関

照ノ富士 春雄

照ノ富士 春雄(てるのふじ はるお)はモンゴル ウランバートル市出身、伊勢ヶ濱部屋の力士で最高位は大関。令和2年9月場所の番付は東 前頭筆頭。

鳥取城北高校に相撲留学で来日し石浦外喜義監督に相撲を教わる。2代若乃花の間垣部屋に入門し若三勝の四股名で初土俵を踏んだ。

間垣部屋の閉鎖に伴い伊勢ヶ濱部屋へと移籍すると一気に開花。移籍当初の幕下10枚目から小結を飛び越しての新関脇まではわずか12場所だった。ちなみに新十両昇進時に照ノ富士へと改名。

関脇2場所目で初優勝、場所後に大関昇進とこの頃には綱取りも間近と思われたが平成27年(2015)9月場所の稀勢の里戦で右膝前十字靭帯損傷と外側半月板損傷の大怪我を負ってから歯車が狂い始めた。

約1年半の低迷期を経た平成29年(2017)3月場所では大復活、優勝目前だったがまさかの本割と優勝決定戦で稀勢の里に2連敗して逃した。翌場所も優勝次点と好成績を収めはしたが膝はすでに限界を超えており、平成29年9月場所で負け越して大関陥落。さらに糖尿病の影響もあり満足な相撲も取れないまま遂には幕下へと陥落、さらに休場が続いて番付は序二段にまで下がった。

平成31年(2019)3月場所、5場所ぶりに西序二段48枚目で復帰して7戦全勝。惜しくも優勝決定戦は狼雅に敗れたが順調な再スタートとなった。その後も着実に番付を上げていき、西幕下10枚目で迎えた令和元年(2019)11月場所を全勝優勝で飾り令和2年初場所での関取復帰を決めた。さらにその十両復帰場所でも13日連続勝利で十両優勝、復活を大いにアピールすることとなった。

東十両3枚目だった令和2年(2020)3月場所でも10勝5敗の好成績をあげた照ノ富士は、翌5月場所で念願だった再入幕を果たす。大関、幕内、そして幕内最高優勝経験者による序二段陥落からの幕内復帰は、どれもが史上初となる快挙。

その幕内復帰の令和2年(2020)7月場所。千秋楽で関脇・御嶽海を破り、平成27年(2015)5月場所以来2度目となる幕内最高優勝の栄誉に輝いた。

四股名
照ノ富士 春雄(てるのふじ はるお)
最高位
大関
最新番付
東 前頭筆頭
出身地
モンゴル ウランバートル市
本名
ガントルガ・ガンエルデネ
生年月日
平成3年(1991)11月29日(28歳)
出身高校
鳥取城北高校・中退
所属部屋
間垣⇒伊勢ヶ濱部屋
改名歴
若三勝⇒照ノ富士
初土俵
平成23年(2011)5月(19歳6ヵ月)
新十両
平成25年(2013)9月(21歳10ヵ月)
新入幕
平成26年(2014)3月(22歳4ヵ月)
新関脇
平成27年(2015)3月(23歳4ヵ月)
新大関
平成27年(2015)7月(23歳8ヵ月)
優勝
幕内優勝2回,十両優勝2回,幕下優勝1回
受賞・金星
殊勲賞2回,敢闘賞3回,技能賞1回
通算成績
347勝222敗80休/562出場(勝率:61.7%)
直近7場所
21勝7敗2休(十両:23勝7敗)(幕下以下:19勝2敗)
7場所勝率
80.8%
令2年9月
東 前頭筆頭(16枚上昇)
8勝5敗2休
●●○○○|○○○○●|○●■やや
令2年7月
東 前頭17枚目(3枚上昇)
13勝2敗(幕内優勝/殊勲賞/技能賞)
○○○○●|○○○○○|○○○●○
令2年3月
東 十両3枚目(10枚半上昇)
10勝5敗
○○○○○|●○●●○|●○○○●
令2年1月
西 十両13枚目(11枚上昇)
13勝2敗(十両優勝)
○○○○○|○○○○○|○○○●●
令元年11月
西 幕下10枚目(16枚半上昇)
7勝0敗(幕下優勝)
○--○-|○-○○-|○-○--
令元年9月
東 幕下27枚目(32枚上昇)
6勝1敗
-○-○○|--○○-|○-●--
令元年7月
東 幕下59枚目
6勝1敗
-○-●○|--○○-|○---○

安治川~伊勢ヶ濱部屋の関脇

安美錦 竜児

青森県西津軽郡深浦町出身、伊勢ヶ濱部屋の元力士で最高位は関脇。小学生の頃から相撲を始めて鰺ヶ沢高校を卒業後、実兄である安壮富士がいた安治川部屋へと入門。入門から3年で新十両へと昇進、その3場所後には新入幕を果たした。貴乃花最後の一番の相手であり金星で引導を渡す。

平成15年(2003)7月場所の闘牙戦で前十字靭帯と半月板損傷の大怪我を負ったことが膝の怪我との長い付き合いの始まりとなった。朝青龍から4つもの金星を奪った相撲巧者であり行司泣かせの取り口。

平成28年(2016)5月場所でアキレス腱断裂の大怪我。翌場所を全休して幕内陥落となったが平成29年(2017)11月場所で史上最高齢39歳での幕内再昇進を決めた。伊勢ヶ濱親方は父親の従兄弟。令和元年(2019)7月場所2日目の尾上部屋・竜虎戦にて古傷の右膝を痛めて休場、10日目に引退表明となった。8代安治川を襲名。

  • 8代・安治川 竜児(伊勢ヶ濱部屋)
  • 四股名 :安美錦 竜児(あみにしき りゅうじ)
  • 最高位 :関脇
  • 年寄名跡:8代安治川
  • 出身地 :青森県西津軽郡深浦町
  • 本 名 :杉野森 竜児
  • 生年月日:昭和53年(1978)10月3日(41歳)
  • 所属部屋:安治川⇒伊勢ヶ濱部屋
  • 改名歴 :杉野森⇒安美錦
  • 初土俵 :平成9年(1997)1月(18歳3ヵ月)
  • 新十両 :平成12年(2000)1月(21歳3ヵ月)
  • 新入幕 :平成12年(2000)7月(21歳9ヵ月)
  • 新三役 :平成18年(2006)11月(28歳1ヵ月)
  • 最終場所:令和元年(2019)7月(40歳9ヵ月)
  • 生涯戦歴:907勝905敗47休/1803出場(134場所)
  • 生涯勝率:50.1%
  • 優勝等 :幕内次点2回,十両同点1回,序ノ口同点1回
  • 成 績 :殊勲賞4回,敢闘賞2回,技能賞6回,金星8個
  • 幕内戦歴:678勝730敗47休(97場所)勝率:48.2%
  •   関脇:38勝46敗6休(6場所)勝率:45.2%
  •   小結:61勝74敗(9場所)勝率:45.2%
  •   前頭:579勝610敗41休(82場所)勝率:48.7%
  • 十両戦歴:151勝134敗(19場所)勝率:53.0%

宝富士 大輔

宝富士 大輔(たからふじ だいすけ)は青森県 北津軽郡中泊町出身、伊勢ヶ濱部屋の力士で最高位は関脇。令和2年9月場所の番付は西 前頭5枚目。

小3の頃から父親がコーチを務める中里相撲道場で相撲を始めた。中里中学3年次には都道府県中学生選手権で個人3位に。五所川原商業高校、近畿大学と学生相撲で活躍、近代3年次には個人タイトル6冠に輝いた。初土俵から所要10場所で新十両、15場所目には新入幕を果たした。見た目以上の豊かな筋肉を活かした左四つは強力な武器で、左四つになれば宝富士の独壇場と恐れられている

四股名
宝富士 大輔(たからふじ だいすけ)
最高位
関脇
最新番付
西 前頭5枚目
出身地
青森県 北津軽郡中泊町
本名
杉山 大輔
生年月日
昭和62年(1987)2月18日(33歳)
出身高校
五所川原商業高校
出身大学
近畿大学
所属部屋
伊勢ヶ濱部屋
初土俵
平成21年(2009)1月(21歳11ヵ月)
新十両
平成22年(2010)9月(23歳7ヵ月)
新入幕
平成23年(2011)7月(24歳5ヵ月)
新小結
平成27年(2015)7月(28歳5ヵ月)
新関脇
平成28年(2016)9月(29歳7ヵ月)
優勝
三段目優勝1回
受賞・金星
敢闘賞1回,金星3個
通算成績
482勝465敗0休/947出場(勝率:50.9%)
直近7場所
49勝55敗
7場所勝率
47.1%
令2年9月
西 前頭5枚目(2枚半降下)
7勝7敗
●○○○○|●○●●○|●●●○ 
令2年7月
東 前頭3枚目(4枚上昇)
5勝10敗
●●○○●|●●○●○|●●●○●
令2年3月
東 前頭7枚目(1枚降下)
9勝6敗
●○●○○|○●○○○|●○●●○
令2年1月
東 前頭6枚目(3枚降下)
7勝8敗
●○●○●|●●○○○|●●●○○
令元年11月
東 前頭3枚目(5枚半上昇)
6勝9敗
○●●●○|○●□●●|●○●●○
令元年9月
西 前頭8枚目(3枚降下)
9勝6敗
○●○●●|○○□○○|○○●●●
令元年7月
西 前頭5枚目
6勝9敗
●○●●●|○●●●○|○○●●○

安治川~伊勢ヶ濱部屋の前頭

春日富士 晃大

入門は旧春日山部屋で16代(元前頭筆頭・大昇)の停年・閉鎖とともに安治川部屋へ移籍。引退後に20代春日山を襲名し部屋の再興を果たす

  • 四股名 :春日富士 晃大(かすがふじ あきひろ)
  • 最高位 :前頭筆頭
  • 年寄名跡:20代春日山⇒16代雷
  • 出身地 :神奈川県川崎市川崎区 ⇒ 宮城県牡鹿郡牡鹿町
  • 本 名 :岩永 祥紀
  • 生年月日:昭和41年(1966)2月20日
  • 没年月日:平成29年(2017)3月9日(享年51歳)
  • 所属部屋:春日山⇒安治川部屋
  • 改名歴 :岩永⇒春日富士
  • 初土俵 :昭和56年(1981)3月(15歳1ヵ月)
  • 新十両 :昭和63年(1988)1月(21歳11ヵ月)
  • 新入幕 :平成元年(1989)3月(23歳1ヵ月)
  • 最終場所:平成8年(1996)9月(30歳7ヵ月)
  • 生涯戦歴:518勝542敗5休/1060出場(94場所)
  • 生涯勝率:48.9%
  • 優勝等 :序二段同点1回
  • 成 績 :敢闘賞1回
  • 幕内戦歴:289勝341敗(42場所)勝率:45.9%
  • 十両戦歴:78勝72敗5休(11場所)勝率:52.0%

誉富士 歓之

青森県西津軽郡鯵ヶ沢町出身、伊勢ヶ濱部屋の元力士で最高位は前頭6枚目。小学生の頃から相撲を始め鰺ヶ沢第一中学3年次には全国中学校相撲選手権大会で準優勝。五所川原農林高、近畿大学と学生相撲で活躍したのちに伊勢ヶ濱部屋の門を叩いた。

元小結・舞の海は小・中学校の先輩。女将さんの従姉妹と平成28年に結婚。

怪我の影響もあり平成30年7月場所の負け越しで十両から幕下へと陥落。さらに左肩の手術などもあり一時は序二段まで番付を下げた。令和元年9月場所13日目に引退を表明、17代楯山襲名が承認された。

  • 17代・楯山 歓之(伊勢ヶ濱部屋)
  • 四股名 :誉富士 歓之(ほまれふじ よしゆき)
  • 最高位 :前頭6枚目
  • 年寄名跡:17代楯山
  • 出身地 :青森県西津軽郡鯵ヶ沢町
  • 本 名 :三浦 歓之
  • 生年月日:昭和60年(1985)5月6日(35歳)
  • 出身大学:近畿大学
  • 所属部屋:伊勢ヶ濱部屋
  • 初土俵 :平成20年(2008)1月(22歳8ヵ月)
  • 新十両 :平成24年(2012)1月(26歳8ヵ月)
  • 新入幕 :平成25年(2013)5月(28歳0ヵ月)
  • 優勝等 :十両同点1回,三段目優勝1回,序二段優勝1回

照強 翔輝

照強 翔輝(てるつよし しょうき)は兵庫県 南あわじ市出身、伊勢ヶ濱部屋の力士。令和2年9月場所の番付は最高位更新となる西 前頭3枚目。

産まれたのは阪神大震災の日、淡路島の洲本市で産声をあげた。南あわじ市相撲道場で相撲を始めて以来数々の大会に出場。亡くなった祖父にたびたび「力士になれ」と言われていたこともあり、中学卒業と共に伊勢ヶ濱部屋へと入門。第二新弟子検査に合格して初土俵を踏んだ。西幕下9枚目で迎えた平成28年11月場所で全勝優勝を飾り翌場所での新十両昇進を決めた。大量にまく塩は吊り天井に届きそうな勢いで観客からも大歓声が

四股名
照強 翔輝(てるつよし しょうき)
最高位
前頭3枚目
最新番付
西 前頭3枚目
出身地
兵庫県 南あわじ市
本名
福岡 翔輝
生年月日
平成7年(1995)1月17日(25歳)
所属部屋
伊勢ヶ濱部屋
初土俵
平成22年(2010)3月(15歳2ヵ月)
新十両
平成29年(2017)1月(22歳0ヵ月)
新入幕
平成31年(2019)3月(24歳2ヵ月)
優勝
幕下優勝1回
受賞・金星
敢闘賞1回
通算成績
324勝270敗0休/594出場(勝率:54.5%)
直近7場所
53勝51敗
7場所勝率
51.0%
令2年9月
西 前頭3枚目(3枚半上昇・最高位更新)
4勝10敗
○○●●●|●●●○●|●●○● 
令2年7月
東 前頭7枚目(4枚半上昇・最高位更新)
8勝7敗
○○●●●|●○○○●|●○○○●
令2年3月
西 前頭11枚目(2枚半上昇)
9勝6敗
●○●○○|●○●●○|○○●○○
令2年1月
東 前頭14枚目(変動なし)
8勝7敗
○○○○○|●○●●○|○●●●●
令元年11月
東 前頭14枚目(5枚降下)
8勝7敗
○●○●●|●○○○○|●○○●●
令元年9月
東 前頭9枚目(7枚半上昇・最高位更新)
4勝11敗
○●●●●|○●●●●|●○●●○
令元年7月
西 前頭16枚目
12勝3敗(敢闘賞)
○○○○○|●○●○○|○○○●○

安壮富士 清也

安美錦の実兄で父は旭富士の従兄弟。3年あとに入門した安美錦にあっという間に抜かれてしまったが平成18年(2006)11月場所に新入幕を果たすと兄弟同時幕内となった。八百長問題で引退

  • 四股名 :安壮富士 清也(あそうふじ せいや)
  • 最高位 :前頭13枚目
  • 出身地 :青森県西津軽郡深浦町
  • 本 名 :杉野森 清寿
  • 生年月日:昭和51年(1976)1月17日
  • 所属部屋:安治川⇒伊勢ヶ濱部屋
  • 改名歴 :杉野森⇒安壮富士
  • 初土俵 :平成6年(1994)1月(18歳0ヵ月)
  • 新十両 :平成15年(2003)9月(27歳8ヵ月)
  • 新入幕 :平成18年(2006)11月(30歳10ヵ月)
  • 最終場所:平成23年(2011)5月(35歳4ヵ月)
  • 生涯戦歴:517勝478敗7休/995出場(103場所)
  • 生涯勝率:52.0%
  • 優勝等 :序二段優勝1回
  • 幕内戦歴:10勝20敗(2場所)勝率:33.3%
  • 十両戦歴:243勝267敗(34場所)勝率:47.6%

安治川部屋の十両

陸奥北海 勝昭

先代の師匠(元関脇・陸奥嵐)の廃業に奮起して十両昇進を果たすと先代は「俺が居なくなったとたんに力を出しやがって」と笑った

  • 世話人・陸奥北海 勝昭(伊勢ヶ濱部屋)
  • 四股名 :陸奥北海 勝昭(むつほっかい かつあき)
  • 最高位 :十両6枚目
  • 出身地 :北海道三石郡三石町
  • 本 名 :本間 勝明
  • 生年月日:昭和39年(1964)6月24日(56歳)
  • 所属部屋:安治川部屋
  • 改名歴 :陸奥乃海⇒陸奥の海⇒陸奥北海
  • 初土俵 :昭和56年(1981)3月(16歳9ヵ月)
  • 新十両 :平成5年(1993)9月(29歳3ヵ月)
  • 最終場所:平成16年(2004)1月(39歳7ヵ月)
  • 生涯戦歴:526勝498敗15休/1023出場(138場所)
  • 生涯勝率:51.4%
  • 優勝等 :幕下優勝1回
  • 十両戦歴:68勝82敗(10場所)勝率:45.3%

翠富士 一成

翠富士 一成(みどりふじ かずなり)は静岡県 焼津市出身、伊勢ヶ濱部屋の力士。令和2年9月場所の番付は最高位更新となる西 十両10枚目。

小学生の頃から相撲を始めてわんぱく相撲全国大会に出場。中学時代はいっとき相撲から離れていたが中3次に再開して全国中学校相撲選手権大会団体でベスト8に。

高校は飛龍高校に進学、2年次には全国高等学校総合体育大会相撲競技大会団体で埼玉栄高の佐藤貴信(現・貴景勝)を破り埼玉栄の4連覇を阻み、飛龍高校初の団体3位に貢献。また個人でも全日本ジュニア体重別選手権80キロ未満級、全国選抜100キロ未満級でそれぞれ優勝と実績を積んだ。

大学は近畿大学に進学、1年次には全国学生相撲個人体重別選手権大会100㎏未満級で優勝と活躍したが「いずれプロになろうと思っていたので早い方がいいと思った」と、大学を中退しての角界入りを決意。時を同じく近大を中退して伊勢ヶ濱部屋へと入門した錦富士とは良きライバル関係。

平成28年11月場所では序ノ口、翌29年初場所では序二段の優勝決定戦でいずれもその錦富士と対戦して敗れてしまったが、その後も切磋琢磨しながら番付を上げていった翠富士は、東幕下2枚目で迎えた令和2年初場所で5勝2敗で勝ち越して令和2年3月場所での新十両昇進を決めた。

静岡県出身力士としては平成25年(2013)3月場所の栃飛龍(元十両)以来7年ぶりの新十両誕生、焼津出身としては平成16年(2004)7月場所新十両昇進の片山(元・幕内)以来、約16年ぶりの関取誕生。

四股名
翠富士 一成(みどりふじ かずなり)
最高位
十両10枚目
最新番付
西 十両10枚目
出身地
静岡県 焼津市
本名
庵原 一成
生年月日
平成8年(1996)8月30日(24歳)
出身高校
飛龍高校
出身大学
近畿大学・中退
所属部屋
伊勢ヶ濱部屋
改名歴
庵原⇒翠富士
初土俵
平成28年(2016)9月(20歳1ヵ月)
新十両
令和2年(2020)3月(23歳7ヵ月)
新入幕
()
優勝
無し
通算成績
113勝72敗0休/185出場(勝率:61.1%)
直近7場所
26勝19敗(幕下以下:18勝10敗)
7場所勝率
60.3%
令2年9月
西 十両10枚目(1枚半上昇・最高位更新)
11勝4敗
●○○●○|●○○○○|○○●○○
令2年7月
東 十両12枚目(半枚降下)
8勝7敗
●○●●●|○●○○○|○●●○○
令2年3月
西 十両11枚目(4枚半上昇・最高位更新)
7勝8敗
○○●●●|●○●●○|○○●●○
令2年1月
東 幕下2枚目(10枚上昇・最高位更新)
5勝2敗
-●○-○|-●-○-|○--○-
令元年11月
東 幕下12枚目(8枚降下)
6勝1敗
-○-○○|-○-○-|●---○
令元年9月
東 幕下4枚目(7枚半上昇・最高位更新)
2勝5敗
●--●-|●-○●-|●-○--
令元年7月
西 幕下11枚目
5勝2敗
○--○○|-○-●-|-○-●-

安治川~伊勢ヶ濱部屋の歴代師匠

3代・安治川 寛章

豪快な取り口で「東北の暴れん坊」と呼ばれた。引退後は安治川部屋を創設

  • 四股名 :陸奥嵐 幸雄(むつあらし ゆきお)
  • 最高位 :関脇
  • 年寄名跡:3代安治川
  • 出身地 :青森県上北郡東北町
  • 本 名 :南 幸雄
  • 生年月日:昭和18年(1943)1月12日
  • 没年月日:平成14年(2002)7月30日(享年59歳)
  • 所属部屋:宮城野部屋
  • 改名歴 :南⇒陸奥嵐
  • 初土俵 :昭和36年(1961)9月(18歳8ヵ月)
  • 新十両 :昭和40年(1965)11月(22歳10ヵ月)
  • 新入幕 :昭和42年(1967)3月(24歳2ヵ月)
  • 新三役 :昭和42年(1967)9月(24歳8ヵ月)
  • 最終場所:昭和51年(1976)3月(33歳2ヵ月)
  • 生涯戦歴:557勝551敗5休/1106出場(88場所)
  • 生涯勝率:50.3%
  • 優勝等 :幕内次点2回,十両優勝1回,幕下優勝1回
  • 成 績 :敢闘賞4回,技能賞1回,金星2個
  • 幕内戦歴:375勝417敗3休(53場所)勝率:47.3%
  •   関脇:4勝11敗(1場所)勝率:26.7%
  •   小結:14勝31敗(3場所)勝率:31.1%
  •   前頭:357勝375敗3休(49場所)勝率:48.8%
  • 十両戦歴:79勝69敗2休(10場所)勝率:53.4%

4代・安治川~9代・伊勢ヶ濱 正也

柔らかな身体と相撲勘のよさで横綱へと昇進、しかし膵炎などで思うように相撲が取れずに引退を決意

  • 9代・伊勢ヶ濱 正也
  • 四股名 :旭富士 正也(あさひふじ せいや)
  • 最高位 :第63代横綱
  • 年寄名跡:横綱5年・旭富士⇒4代安治川9代伊勢ヶ濱
  • 出身地 :青森県西津軽郡木造町
  • 本 名 :杉野森 正也
  • 生年月日:昭和35年(1960)7月6日(60歳)
  • 出身高校:五所川原商業高校
  • 出身大学:近畿大学(一度中退、現役時に再入学)
  • 所属部屋:大島部屋
  • 改名歴 :杉野森⇒旭富士
  • 初土俵 :昭和56年(1981)1月(20歳6ヵ月)
  • 新十両 :昭和57年(1982)3月(21歳8ヵ月)
  • 新入幕 :昭和58年(1983)3月(22歳8ヵ月)
  • 新三役 :昭和58年(1983)11月(23歳4ヵ月)
  • 新大関 :昭和62年(1987)11月(27歳4ヵ月)
  • 横綱昇進:平成2年(1990)9月(30歳2ヵ月)
  • 最終場所:平成4年(1992)1月(31歳6ヵ月)
  • 生涯戦歴:573勝323敗46休/893出場(67場所)
  • 生涯勝率:64.0%
  • 優勝等 :幕内優勝4回(同点2・次点7),幕下優勝1回,三段目優勝1回,序ノ口優勝1回
  • 成 績 :殊勲賞2回,敢闘賞2回,技能賞5回,金星2個
  • 幕内戦歴:487勝277敗46休(54場所)勝率:63.7%
  •   横綱:71勝29敗35休(9場所)勝率:71.0%
  •   大関:194勝61敗(17場所)勝率:76.1%
  •   関脇:65勝40敗(7場所)勝率:61.9%
  •   小結:56勝64敗(8場所)勝率:46.7%
  •   前頭:101勝83敗11休(13場所)勝率:54.9%
  • 十両戦歴:50勝40敗(6場所)勝率:55.6%

現役の伊勢ヶ濱部屋力士の最新情報はこちら

ここまでは過去から現在までの安治川~伊勢ヶ濱部屋の主な力士たちをご紹介してきましたが、伊勢ヶ濱部屋の現役力士の最新番付や成績を知りたい方の為に最適な記事もご用意しています。相撲観戦と予習におススメです!

出身地別、力士別、初土俵別など様々な方法で力士データをまとめています。

ネットでの大相撲観戦といえばAbemaTV!「AbemaTV」での視聴方法について解説しています。序ノ口から結びの一番まで完全無料生中継!ぜひ確認してみてください。

当サイトのいろんな記事へのリンクをまとめたナビゲーションページです。

コメントはお気軽にどうぞ

※当サイトは個人が運営するサイトであり、日本相撲協会及び、各相撲部屋とは関連がないことをご了承ください。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。※当サイトは個人が運営するサイトです。