阿武松部屋の力士一覧!過去から現在、阿武松部屋の主な関取を網羅しました

阿武松(おうのまつ)部屋の過去から現在までの主な所属力士をご紹介する阿武松部屋の大相撲力士まとめ!

この記事では阿武松部屋の主な関取を中心に紹介していきます。過去の力士については最高位や改名歴、初土俵や各段の昇進時期と最終場所、さらに生涯戦歴と生涯勝率、成績等を中心にご紹介していきます。また、現役力士については最高位と昇進時期、主な成績などを載せています。

なお、年寄名跡欄のマークは、その代で師匠(部屋持ち親方)になったことがあるという意味です。

現役の阿武松部屋力士の最新番付や成績、詳細なデータをご覧になりたい方はこちら

相撲部屋や出身地ごとの場所の成績からランキングを作成しております。初場所、好調な相撲部屋や力士の出身地はどこ?


阿武松部屋の基本情報

スポンサーリンク


阿武松部屋の系図

阿武松部屋の成り立ちを図にしてみました。 阿武松部屋・相関図

阿武松部屋の小結

若荒雄 匡也

小学生の頃から阿武松部屋主催の相撲教室『キッズ阿武松』に参加している「阿武松の秘蔵っ子」。圧力のある突き押しとそこからの叩きで阿武松部屋初の三役力士となった

  • 12代・不知火 匡也(阿武松部屋)
  • 四股名 :若荒雄 匡也(わかこうゆう まさや)
  • 最高位 :小結
  • 年寄名跡:12代不知火
  • 出身地 :千葉県船橋市
  • 本 名 :八木ヶ谷 匡也
  • 生年月日:昭和59年(1984)2月24日(36歳)
  • 所属部屋:阿武松部屋
  • 改名歴 :八木ヶ谷⇒若荒雄
  • 初土俵 :平成11年(1999)3月(15歳1ヵ月)
  • 新十両 :平成20年(2008)1月(23歳11ヵ月)
  • 新入幕 :平成21年(2009)7月(25歳5ヵ月)
  • 新三役 :平成24年(2012)1月(27歳11ヵ月)
  • 最終場所:平成26年(2014)9月(30歳7ヵ月)
  • 生涯戦歴:466勝444敗29休/910出場(93場所)
  • 生涯勝率:51.2%
  • 優勝等 :幕内次点1回,三段目優勝1回
  • 成 績 :敢闘賞1回
  • 幕内戦歴:89勝106敗15休(14場所)勝率:45.6%
  •   小結:5勝10敗(1場所)勝率:33.3%
  •   前頭:84勝96敗15休(13場所)勝率:46.7%
  • 十両戦歴:167勝176敗(23場所)勝率:48.7%

阿武咲 奎也

阿武咲 奎也(おうのしょう ふみや)は青森県 北津軽郡中泊町出身、阿武松部屋の力士で最高位は小結。令和2年7月場所の番付は西 前頭2枚目。

同郷の宝富士は中里道場の10学年先輩にあたる。全国都道府県中学生相撲選手権大会の無差別級では大会史上初の2連覇を果たした。三本木農業高校でも1年生から国体相撲少年の部で優勝など大活躍をみせ、先代の阿武松親方(元関脇・益荒雄)の誠意あるスカウトにより高校を退学しての入門を決意。四股名は「土俵上で花が咲くように」と地元の恩師が付けてくれたもの

四股名
阿武咲 奎也(おうのしょう ふみや)
最高位
小結
最新番付
西 前頭2枚目
出身地
青森県 北津軽郡中泊町
本名
打越 奎也
生年月日
平成8年(1996)7月4日(24歳)
出身高校
三本木農業高校・中退
所属部屋
阿武松部屋
初土俵
平成25年(2013)1月(16才6ヵ月)
新十両
平成27年(2015)1月(18才6ヵ月)
新入幕
平成29年(2017)5月(20才10ヵ月)
新三役
平成29年(2017)11月(21才4ヵ月)
優勝
十両優勝1回
成績
殊勲賞1回,敢闘賞3回,金星2個
通算成績
303勝240敗21休/541出場(勝率:55.8%)
過去6場所
48勝42敗
令2年7月
西 前頭2枚目(3枚上昇)
2勝13敗
●●●●●|●●●●●|●●●○○
令2年3月
西 前頭5枚目(2枚上昇)
9勝6敗(殊勲賞・金星)
○○●○○|●○●●○|●○○●○
令2年1月
西 前頭7枚目(1枚半降下)
9勝6敗
●●●●○|○○○●●|○○○○○
令元年11月
東 前頭6枚目(5枚上昇)
7勝8敗
●○●●○|○○●●○|●○○●●
令元年9月
東 前頭11枚目(3枚降下)
9勝6敗
●●○●○|○●●●○|○○○○○
令元年7月
東 前頭8枚目(2枚半上昇)
6勝9敗
●○●●●|○○○●○|□●●●●
令元年5月
西 前頭10枚目(5枚降下)
8勝7敗
○○●●●|○○●○●|●○○●○

阿武松部屋の前頭

阿夢露 光大

ロシア連邦沿海地方レソザボズク市出身、阿武松部屋の元力士で最高位は前頭5枚目。10年目の新十両で右膝前十字靭帯断裂、1年間の休場も再度奮起し約2年で新入幕を果たした努力家。

  • 四股名 :阿夢露 光大(あむうる みつひろ)
  • 最高位 :前頭5枚目
  • 出身地 :ロシア連邦沿海地方レソザボズク市
  • 本 名 :ニコライ・ユーリィヴィッチ・イワノフ
  • 生年月日:昭和58年(1983)8月25日(34歳)
  • 所属部屋:阿武松部屋
  • 初土俵 :平成14年(2002)5月(18歳9ヵ月)
  • 新十両 :平成24年(2012)1月(28歳5ヵ月)
  • 新入幕 :平成26年(2014)11月(31歳3ヵ月)
  • 最終場所:平成30年(2018)5月(34歳9ヵ月)
  • 生涯戦歴:411勝339敗69休/747出場(96場所)
  • 生涯勝率:54.8%
  • 優勝等 :幕下同点1回,三段目優勝1回,序二段優勝1回
  • 幕内戦歴:58勝73敗4休(9場所)勝率:44.3%
  • 十両戦歴:80勝68敗17休(11場所)勝率:54.1%

大道 健二

専修大学4年次に東日本学生体重別無差別級で優勝。四股名の「大道」は、相撲の原点である出身中学校の名を頂いた。

先代が体調不良を理由に相撲協会からの退職を決めたことで、令和元年9月26日に阿武松の名跡を襲名し、阿武松部屋を継承

  • 13代・阿武松 健二
  • 四股名 :大道 健二(だいどう けんじ)
  • 最高位 :前頭8枚目
  • 年寄名跡:28代小野川⇒21代音羽山⇒13代阿武松
  • 出身地 :東京都葛飾区
  • 本 名 :中西 健二
  • 生年月日:昭和57年(1982)8月21日(37歳)
  • 出身大学:専修大学
  • 所属部屋:阿武松部屋
  • 改名歴 :中西⇒大道
  • 初土俵 :平成17年(2005)3月(22歳7ヵ月)
  • 新十両 :平成22年(2010)3月(27歳7ヵ月)
  • 新入幕 :平成23年(2011)7月(28歳11ヵ月)
  • 最終場所:平成28年(2016)1月(33歳5ヵ月)
  • 生涯戦歴:347勝333敗23休/680出場(65場所)
  • 生涯勝率:51.0%
  • 優勝等 :幕下同点1回,序二段優勝1回,序ノ口優勝1回
  • 幕内戦歴:87勝108敗(13場所)勝率:44.6%
  • 十両戦歴:130勝140敗15休(19場所)勝率:48.1%

片山 伸次

静岡県焼津市出身、阿武松部屋の元力士で最高位は前頭13枚目。「四股の片山」と呼ばれた美しい四股踏みで喝采を浴びる。

  • 四股名 :片山 伸次(かたやま しんじ)
  • 最高位 :前頭13枚目
  • 出身地 :静岡県焼津市
  • 本 名 :片山 伸次
  • 生年月日:昭和54年(1979)9月6日
  • 出身大学:専修大学
  • 所属部屋:阿武松部屋
  • 初土俵 :平成14年(2002)3月(22歳6ヵ月)
  • 新十両 :平成16年(2004)7月(24歳10ヵ月)
  • 新入幕 :平成17年(2005)5月(25歳8ヵ月)
  • 最終場所:平成21年(2009)1月(29歳4ヵ月)
  • 生涯戦歴:241勝239敗6休/480出場(42場所)
  • 生涯勝率:50.2%
  • 優勝等 :序ノ口優勝1回
  • 幕内戦歴:36勝54敗(6場所)勝率:40.0%
  • 十両戦歴:137勝148敗(19場所)勝率:48.1%

阿武松部屋の十両

益荒海 幸太

愛知県豊田市出身、阿武松部屋の元力士で最高位は十両5枚目。相撲未経験の第二検査合格者としては史上初の関取。

  • 四股名 :益荒海 幸太(ますらうみ こうた)
  • 最高位 :十両5枚目
  • 出身地 :愛知県豊田市
  • 本 名 :黒澤 幸太
  • 生年月日:昭和63年(1988)10月15日
  • 所属部屋:阿武松部屋
  • 改名歴 :黒澤⇒益荒海
  • 初土俵 :平成16年(2004)3月(15歳5ヵ月)
  • 新十両 :平成22年(2010)3月(21歳5ヵ月)
  • 最終場所:平成25年(2013)5月(24歳7ヵ月)
  • 生涯戦歴:227勝211敗20休/437出場(55場所)
  • 生涯勝率:51.8%
  • 優勝等 :幕下優勝1回
  • 十両戦歴:63勝81敗6休(10場所)勝率:43.8%

丹蔵 隆浩

石川県鳳珠郡能登町出身、阿武松部屋の元力士で最高位は十両6枚目。四股名は祖父の代まで漁師だった実家の屋号。

  • 四股名 :丹蔵 隆浩(たんぞう たかひろ)
  • 最高位 :十両6枚目
  • 出身地 :石川県鳳珠郡能登町
  • 本 名 :寺下 隆浩
  • 生年月日:昭和59年(1984)5月5日
  • 出身大学:東洋大学
  • 所属部屋:阿武松部屋
  • 改名歴 :寺下⇒丹蔵
  • 初土俵 :平成19年(2007)3月(22歳10ヵ月)
  • 新十両 :平成24年(2012)9月(28歳4ヵ月)
  • 最終場所:平成26年(2014)5月(30歳0ヵ月)
  • 生涯戦歴:174勝130敗54休/303出場(43場所)
  • 生涯勝率:57.2%
  • 優勝等 :幕下優勝1回(同点1),三段目優勝1回,序二段同点1回,序ノ口優勝2回
  • 十両戦歴:55勝65敗(8場所)勝率:45.8%

慶天海 孔晴

慶天海 孔晴(けいてんかい こうせい)は鹿児島県 大島郡瀬戸内町出身、阿武松部屋の力士で最高位は十両11枚目。令和2年7月場所の番付は西 幕下48枚目。

奄美大島の古仁屋相撲クラブ出身で高校は「名門」埼玉栄高校に相撲留学。四股名は亡くなった高校の恩師が遺してくれたもの。平成24年9場所に新十両昇進も2日目に膝を負傷し休場、右膝前十字靭帯断裂でその後5場所連続休場となった。序ノ口での復帰場所で全勝優勝、続く序二段でも全勝優勝を果たす

四股名
慶天海 孔晴(けいてんかい こうせい)
最高位
十両11枚目
最新番付
西 幕下48枚目
出身地
鹿児島県 大島郡瀬戸内町
本名
慶 孔晴
生年月日
平成2年(1990)3月10日(30歳)
出身高校
埼玉栄高校
所属部屋
阿武松部屋
改名歴
慶⇒慶天海
初土俵
平成20年(2008)1月(17才10ヵ月)
新十両
平成24年(2012)9月(22才6ヵ月)
優勝
序二段優勝2回,序ノ口優勝1回
通算成績
266勝175敗78休/440出場(勝率:60.3%)
過去6場所
22勝17敗3休
令2年7月
西 幕下48枚目(9枚降下)
4勝3敗
○-○-●|-●-●-|-○-○-
令2年3月
西 幕下39枚目(17枚半降下)
3勝1敗3休
○-○-○|-●-やや|ややややや
令2年1月
東 幕下22枚目(5枚上昇)
2勝5敗
○-●--|●○--●|●---●
令元年11月
東 幕下27枚目(16枚上昇)
4勝3敗
○--●-|●○--○|●--○-
令元年9月
東 幕下43枚目(14枚上昇)
5勝2敗
-○-○●|-○--○|-○--●
令元年7月
東 幕下57枚目(10枚半降下)
5勝2敗
-○-●○|--○●-|○---○
令元年5月
西 幕下46枚目(6枚半降下)
3勝4敗
○-○-●|--●-●|-○●--

古市 貞秀

大阪府交野市出身、阿武松部屋の元力士で最高位は十両12枚目。阿武松部屋初の関取だったが野球賭博問題への関与によって解雇。

  • 四股名 :古市 貞秀(ふるいち さだひで)
  • 最高位 :十両12枚目
  • 出身地 :大阪府交野市
  • 本 名 :古市 貞秀
  • 生年月日:昭和51年(1976)2月21日
  • 出身高校:南京都高校
  • 出身大学:近畿大学
  • 所属部屋:阿武松部屋
  • 改名歴 :古市⇒小緑⇒古市
  • 初土俵 :平成10年(1998)3月(22歳1ヵ月)
  • 新十両 :平成13年(2001)1月(24歳11ヵ月)
  • 最終場所:平成22年(2010)9月(34歳7ヵ月)
  • 生涯戦歴:277勝243敗14休/520出場(75場所)
  • 生涯勝率:53.3%
  • 優勝等 :幕下同点2回,三段目優勝1回,序二段同点1回
  • 十両戦歴:7勝23敗(2場所)勝率:23.3%

阿武松部屋の幕下

関取にはあと一歩届きませんでしたが、代表的な幕下力士もご紹介しておきましょう。

鐵雄山 卓

青森県十和田市出身、阿武松部屋の元力士で最高位は幕下17枚目。専修大を経て阿武松部屋へと入門。平成27年9月場所の幕下では8人による幕下優勝決定戦に出場した。

  • 四股名 :鐵雄山 卓(てつゆうざん すぐる)
  • 最高位 :幕下17枚目
  • 出身地 :青森県十和田市
  • 本 名 :相坂 卓
  • 生年月日:昭和61年(1986)8月15日
  • 出身大学:専修大学
  • 所属部屋:阿武松部屋
  • 改名歴 :相坂⇒鐵雄山
  • 初土俵 :平成21年(2009)5月(22歳9ヵ月)
  • 最終場所:平成30年(2018)9月(32歳1ヵ月)
  • 生涯戦歴:201勝170敗14休/371出場(56場所)
  • 生涯勝率:54.2%
  • 優勝等 :幕下同点1回,序ノ口優勝1回

阿武松親方の経歴

12代・阿武松 広生

17代押尾川(元大関・大麒麟)の熱心な勧誘を受け高校を中退して角界入り。4度目の入幕からは一気に番付を上げて新三役に。その場所での2横綱4大関を破る活躍は「益荒雄旋風」と呼ばれ「白いウルフ」と親しまれた。引退後は紆余曲折を経て阿武松部屋を創設。平成30年(2018)2月2日に相撲協会理事に初当選。審判部長の要職にあたっていたが体調不良のため令和元年(2019)7月場所を全休。8月中に退職の意向を示していた阿武松は9月場所も全休、9月26日付で退職が承認された

  • 四股名 :益荒雄 広生(ますらお ひろお)
  • 最高位 :関脇
  • 年寄名跡:15代錣山⇒12代阿武松⇒22代音羽山
  • 出身地 :福岡県田川郡糸田町
  • 本 名 :手島 広生
  • 生年月日:昭和36年(1961)6月27日
  • 所属部屋:押尾川部屋
  • 改名歴 :手島⇒益荒雄⇒手島⇒益荒雄
  • 初土俵 :昭和54年(1979)3月(17歳9ヵ月)
  • 新十両 :昭和58年(1983)7月(22歳1ヵ月)
  • 新入幕 :昭和60年(1985)9月(24歳3ヵ月)
  • 新三役 :昭和62年(1987)3月(25歳9ヵ月)
  • 最終場所:平成2年(1990)7月(29歳1ヵ月)
  • 生涯戦歴:387勝329敗73休/711出場(69場所)
  • 生涯勝率:54.1%
  • 優勝等 :十両優勝5回(同点2),幕下同点1回
  • 成 績 :殊勲賞2回,敢闘賞2回,技能賞1回,金星2個
  • 幕内戦歴:111勝125敗64休(20場所)勝率:47.0%
  •   関脇:4勝11敗(1場所)勝率:26.7%
  •   小結:19勝11敗(2場所)勝率:63.3%
  •   前頭:88勝103敗64休(17場所)勝率:46.1%
  • 十両戦歴:163勝135敗2休(21場所)勝率:54.7%

13代・阿武松 健二

専修大学4年次に東日本学生体重別無差別級で優勝。四股名の「大道」は、相撲の原点である出身中学校の名を頂いた。

先代が体調不良を理由に相撲協会からの退職を決めたことで、令和元年9月26日に阿武松の名跡を襲名し、阿武松部屋を継承

  • 13代・阿武松 健二
  • 四股名 :大道 健二(だいどう けんじ)
  • 最高位 :前頭8枚目
  • 年寄名跡:28代小野川⇒21代音羽山⇒13代阿武松
  • 出身地 :東京都葛飾区
  • 本 名 :中西 健二
  • 生年月日:昭和57年(1982)8月21日(37歳)
  • 出身大学:専修大学
  • 所属部屋:阿武松部屋
  • 改名歴 :中西⇒大道
  • 初土俵 :平成17年(2005)3月(22歳7ヵ月)
  • 新十両 :平成22年(2010)3月(27歳7ヵ月)
  • 新入幕 :平成23年(2011)7月(28歳11ヵ月)
  • 最終場所:平成28年(2016)1月(33歳5ヵ月)
  • 生涯戦歴:347勝333敗23休/680出場(65場所)
  • 生涯勝率:51.0%
  • 優勝等 :幕下同点1回,序二段優勝1回,序ノ口優勝1回
  • 幕内戦歴:87勝108敗(13場所)勝率:44.6%
  • 十両戦歴:130勝140敗15休(19場所)勝率:48.1%

現役の阿武松部屋力士の最新情報はこちら

ここまでは過去から現在までの阿武松部屋の主な力士たちをご紹介してきましたが、阿武松部屋の現役力士の最新番付や成績を知りたい方の為に最適な記事もご用意しています。相撲観戦と予習におススメです!

出身地別、力士別、初土俵別など様々な方法で力士データをまとめています。

ネットでの大相撲観戦といえばAbemaTV!「AbemaTV」での視聴方法について解説しています。序ノ口から結びの一番まで完全無料生中継!ぜひ確認してみてください。

当サイトのいろんな記事へのリンクをまとめたナビゲーションページです。

コメントはお気軽にどうぞ

※当サイトは個人が運営するサイトであり、日本相撲協会及び、各相撲部屋とは関連がないことをご了承ください。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。※当サイトは個人が運営するサイトです。