三重県出身の力士一覧!過去から現在、三重の主な関取を網羅しました

三重出身の過去から現在までの主な力士をご紹介する三重県の大相撲力士まとめ!この記事では三重出身の関取を中心に、三重の郷土力士をご紹介していきます。

過去の力士については最高位や改名歴、初土俵や各段の昇進時期と最終場所、さらに生涯戦歴と生涯勝率、成績等を中心にご紹介していきます。また、現役力士については最高位と昇進時期、主な成績などを載せています。

なお、年寄名跡欄のマークは、その代で師匠(部屋持ち親方)になったことがあるという意味です。

現役の三重県出身力士の最新番付や成績、詳細なデータをご覧になりたい方はこちら


相撲部屋や出身地ごとの場所の成績からランキングを作成しております。初場所、好調な相撲部屋や力士の出身地はどこ?


日本大相撲トーナメント第四十五回大会が2021年2月7日に開催されます。チケット発売は2020年11月15日より!

開催日:2021年2月7日(日)

開演 :11:00

会場 :両国国技館 (東京都)

2020年11月15日(日) 10:00より発売

三重出身の横綱

三重ノ海 剛司

三重県松阪市出身、出羽海部屋の元力士で最高位は横綱。入門まで相撲未経験も大人数の出羽海部屋のなか自らの努力で大成した。大関から陥落経験のある唯一の横綱、武蔵川部屋を興して数々の名力士を育てた。

  • 四股名 :三重ノ海 剛司(みえのうみ つよし)
  • 最高位 :第57代横綱
  • 年寄名跡:11代山科⇒14代武蔵川
  • 出身地 :三重県松阪市
  • 本 名 :石山 五郎
  • 生年月日:昭和23年(1948)2月4日
  • 所属部屋:出羽海部屋
  • 改名歴 :石山⇒三重ノ海
  • 初土俵 :昭和38年(1963)7月(15歳5ヵ月)
  • 新十両 :昭和44年(1969)3月(21歳1ヵ月)
  • 新入幕 :昭和44年(1969)9月(21歳7ヵ月)
  • 新三役 :昭和45年(1970)7月(22歳5ヵ月)
  • 新大関 :昭和51年(1976)1月(27歳11ヵ月)
  • 横綱昇進:昭和54年(1979)9月(31歳7ヵ月)
  • 最終場所:昭和55年(1980)11月(32歳9ヵ月)
  • 生涯戦歴:695勝525敗56休1分/1214出場(105場所)
  • 生涯勝率:57.0%
  • 優勝等 :幕内優勝3回(同点1・次点5),三段目優勝1回
  • 成 績 :殊勲賞5回,敢闘賞1回,技能賞3回,金星5個
  • 幕内戦歴:543勝413敗51休1分(68場所)勝率:56.8%
  •   横綱:55勝23敗30休(8場所)勝率:70.5%
  •   大関:180勝123敗12休(21場所)勝率:59.4%
  •   関脇:99勝73敗8休(12場所)勝率:57.6%
  •   小結:29勝16敗(3場所)勝率:64.4%
  •   前頭:180勝178敗1休1分(24場所)勝率:50.3%
  • 十両戦歴:28勝17敗(3場所)勝率:62.2%

双羽黒 光司

優勝経験がないまま横綱になった未完の大器

  • 四股名 :双羽黒 光司(ふたはぐろ こうじ)
  • 最高位 :第60代横綱
  • 出身地 :三重県津市
  • 本 名 :北尾 光司
  • 生年月日:昭和38年(1963)8月12日
  • 没年月日:平成31年(2019)2月10日(享年55歳)
  • 所属部屋:立浪部屋
  • 改名歴 :北尾⇒双羽黒
  • 初土俵 :昭和54年(1979)3月(15歳7ヵ月)
  • 新十両 :昭和59年(1984)1月(20歳5ヵ月)
  • 新入幕 :昭和59年(1984)9月(21歳1ヵ月)
  • 新三役 :昭和60年(1985)1月(21歳5ヵ月)
  • 新大関 :昭和61年(1986)1月(22歳5ヵ月)
  • 横綱昇進:昭和61年(1986)9月(23歳1ヵ月)
  • 最終場所:昭和63年(1988)1月(24歳5ヵ月)
  • 生涯戦歴:348勝184敗24休/529出場(54場所)
  • 生涯勝率:65.4%
  • 優勝等 :幕内同点2・次点5回,十両優勝1回,幕下同点2回,序ノ口優勝1回
  • 成 績 :殊勲賞5回,技能賞2回,金星3個
  • 幕内戦歴:197勝87敗16休(21場所)勝率:69.4%
  •   横綱:74勝33敗13休(9場所)勝率:69.2%
  •   大関:46勝14敗(4場所)勝率:76.7%
  •   関脇:29勝13敗3休(3場所)勝率:69.0%
  •   小結:20勝10敗(2場所)勝率:66.7%
  •   前頭:28勝17敗(3場所)勝率:62.2%
  • 十両戦歴:40勝20敗(4場所)勝率:66.7%

三重出身の大関

琴風 豪規

中学時代は体育以外オール5という秀才。のちの横綱・琴櫻(12代佐渡ヶ嶽)に熱心に誘われて入門を決意。琴櫻の内弟子としてかなり苛められたが、周囲を見返すため稽古に励み昭和50年11月場所で新十両昇進、昭和52年初場所で新入幕を果たす。

左膝内側側副靱帯断裂の大怪我で一時は幕下まで転落するなど怪我が絶えなかったが、昭和56年(1981)9月場所で幕内初優勝を遂げると大関へと昇った。がぶり寄りを武器に駆け上がったインテリ力士

  • 8代・尾車 浩一
  • 四股名 :琴風 豪規(ことかぜ こうき)
  • 最高位 :大関
  • 年寄名跡:8代尾車
  • 出身地 :三重県津市
  • 本 名 :中山 浩一
  • 生年月日:昭和32年(1957)4月26日(63歳)
  • 所属部屋:佐渡ヶ嶽部屋
  • 改名歴 :中ノ山⇒琴風
  • 初土俵 :昭和46年(1971)7月(14歳3ヵ月)
  • 新十両 :昭和50年(1975)11月(18歳7ヵ月)
  • 新入幕 :昭和52年(1977)1月(19歳9ヵ月)
  • 新三役 :昭和53年(1978)1月(20歳9ヵ月)
  • 新大関 :昭和56年(1981)11月(24歳7ヵ月)
  • 最終場所:昭和60年(1985)11月(28歳7ヵ月)
  • 生涯戦歴:561勝352敗102休/908出場(87場所)
  • 生涯勝率:61.4%
  • 優勝等 :幕内優勝2回(次点2),十両優勝1回,幕下優勝1回
  • 成 績 :殊勲賞3回,敢闘賞2回,技能賞1回,金星6個
  • 幕内戦歴:395勝249敗80休(49場所)勝率:61.3%
  •   大関:212勝110敗8休(22場所)勝率:65.8%
  •   関脇:68勝47敗35休(10場所)勝率:59.1%
  •   小結:7勝8敗(1場所)勝率:46.7%
  •   前頭:108勝84敗37休(16場所)勝率:56.3%
  • 十両戦歴:70勝50敗15休(9場所)勝率:58.3%

三重出身の関脇

巨砲 丈士

大鵬の内弟子で部屋創設とともに二所ノ関部屋から移籍、大鵬部屋初の関取と幕内、そして三役力士となった

  • 四股名 :巨砲 丈士(おおづつ たけし)
  • 最高位 :関脇
  • 年寄名跡:14代大嶽⇒14代楯山
  • 出身地 :三重県四日市市
  • 本 名 :松本 隆年
  • 生年月日:昭和31年(1956)4月18日
  • 所属部屋:二所ノ関⇒大鵬部屋
  • 改名歴 :大真⇒巨砲
  • 初土俵 :昭和46年(1971)5月(15歳1ヵ月)
  • 新十両 :昭和52年(1977)7月(21歳3ヵ月)
  • 新入幕 :昭和54年(1979)3月(22歳11ヵ月)
  • 新三役 :昭和55年(1980)3月(23歳11ヵ月)
  • 最終場所:平成4年(1992)5月(36歳1ヵ月)
  • 生涯戦歴:753勝809敗18休/1561出場(127場所)
  • 生涯勝率:48.2%
  • 優勝等 :幕内次点1回,十両優勝1回(同点1)
  • 成 績 :殊勲賞2回,敢闘賞1回,技能賞1回,金星10個
  • 幕内戦歴:533勝637敗(78場所)勝率:45.6%
  •   関脇:18勝27敗(3場所)勝率:40.0%
  •   小結:51勝69敗(8場所)勝率:42.5%
  •   前頭:464勝541敗(67場所)勝率:46.2%
  • 十両戦歴:84勝76敗5休(11場所)勝率:52.5%

三重出身の前頭

千代の国 憲輝

千代の国 憲輝(ちよのくに としき)は三重県 伊賀市出身、九重部屋の力士で最高位は前頭筆頭。令和2年11月場所の番付は東 前頭14枚目。

九重部屋の力士で最高位は前頭筆頭。度重なる怪我で幕内から三段目に落ちたこともあったが、僧侶だった父の死と元力士の兄(幕下・千代の眞)の言葉を受けて再起、平成28年(2016)7月に再入幕を果たす。積極的な攻めと激しい取り口が魅力。

四股名
千代の国 憲輝(ちよのくに としき)
最高位
前頭筆頭
最新番付
東 前頭14枚目
出身地
三重県 伊賀市
本名
澤田 憲輝
生年月日
平成2年(1990)7月10日(30歳)
所属部屋
九重部屋
改名歴
澤田⇒千代の国
初土俵
平成18年(2006)5月(15歳10ヵ月)
新十両
平成23年(2011)7月(21歳0ヵ月)
新入幕
平成24年(2012)1月(21歳6ヵ月)
優勝
十両優勝3回,幕下優勝1回,三段目優勝1回,序二段優勝1回
受賞・金星
敢闘賞2回,金星1個
通算成績
458勝345敗136休/794出場(勝率:57.7%)
直近7場所
10勝5敗(十両:14勝1敗)(幕下以下:23勝12敗)
7場所勝率
72.3%
令2年11月
東 前頭14枚目(14枚上昇)
10勝5敗(敢闘賞)
○○○○○|○●●○●|●○○●○
令2年9月
西 十両11枚目(15枚上昇)
14勝1敗(十両優勝)
○○○●○|○○○○○|○○○○○
令2年7月
西 幕下12枚目(2枚半降下)
7勝0敗(幕下優勝)
-○○--|○○-○-|○-○--
令2年3月
東 幕下10枚目(4枚降下)
3勝4敗
●--●-|●●-○-|○--○-
令2年1月
東 幕下6枚目(3枚半降下)
3勝4敗
●--○-|●○--○|●--●-
令元年11月
西 幕下2枚目(44枚上昇)
3勝4敗
-○●-○|○--●-|●--●-
令元年9月
西 幕下46枚目
7勝0敗(幕下優勝)
○--○○|--○○-|○-○--

太刀若 峰五郎

横綱・太刀山の内弟子として入門

  • 四股名 :太刀若 峰五郎(たちわか みねごろう)
  • 最高位 :前頭6枚目
  • 年寄名跡:13代常盤山
  • 出身地 :三重県伊勢市
  • 本 名 :馬場 米藏
  • 生年月日:明治36年(1903)10月1日
  • 没年月日:昭和63年(1988)8月13日(享年84歳)
  • 所属部屋:高砂部屋
  • 初土俵 :大正7年(1918)1月(14歳3ヵ月)
  • 新十両 :昭和6年(1931)1月(27歳3ヵ月)
  • 新入幕 :昭和9年(1934)1月(30歳3ヵ月)
  • 最終場所:昭和13年(1938)5月(34歳7ヵ月)
  • 生涯戦歴:88勝94敗/182出場(21場所)
  • 生涯勝率:48.4%
  • 優勝等 :なし
  • 幕内戦歴:38勝54敗(8場所)勝率:41.3%
  • 十両戦歴:50勝40敗(9場所)勝率:55.6%

志摩ノ海 航洋

志摩ノ海 航洋(しまのうみ こうよう)は三重県 志摩市出身、木瀬部屋の力士で最高位は前頭6枚目。令和2年11月場所の番付は東 前頭17枚目。

近畿大学3年次に全国学生相撲選手権大会で団体優勝。初土俵から14連勝を記録するも序ノ口、序二段とも同部屋の岩崎(現:英乃海)との優勝決定戦で敗れた。その後、幕下上位から左膝前十字靭帯断裂の大怪我で序ノ口までの転落を経験。その序ノ口からの再スタートを全勝優勝で飾ると翌場所も序二段で全勝優勝、こうして番付を上げていき平成28年7月場所での新十両昇進を果たして四股名を志摩ノ海へと改めた。

しかしこの場所は4勝11敗と跳ね返されてしまい1場所で十両陥落。そこから1年半をかけての念願の再十両、さらに十両の土俵で地力を蓄えた結果、平成31年1月場所と3月場所での十両連続優勝というかたちで実を結んだ

四股名
志摩ノ海 航洋(しまのうみ こうよう)
最高位
前頭6枚目
最新番付
東 前頭17枚目
出身地
三重県 志摩市
本名
濱口 航洋
生年月日
平成1年(1989)7月11日(31歳)
出身高校
明徳義塾高校
出身大学
近畿大学
所属部屋
木瀬部屋
改名歴
濱口⇒志摩ノ海
初土俵
平成24年(2012)5月(22歳10ヵ月)
新十両
平成28年(2016)7月(27歳0ヵ月)
新入幕
令和1年(2019)5月(29歳10ヵ月)
優勝
十両優勝2回,三段目優勝1回,序二段優勝1回,序ノ口優勝1回
受賞・金星
敢闘賞2回
通算成績
265勝184敗37休/448出場(勝率:59.2%)
直近7場所
48勝57敗
7場所勝率
45.7%
令2年11月
東 前頭17枚目(2枚降下)
11勝4敗(敢闘賞)
○○○○○|●○○○○|○○●●●
令2年9月
東 前頭15枚目(4枚降下)
6勝9敗
●○●○●|○○●●●|●○○●●
令2年7月
東 前頭11枚目(5枚半上昇)
5勝10敗
●●●○●|○●●●●|○○○●●
令2年3月
西 前頭16枚目(2枚降下)
9勝6敗
○○●○●|●●○○●|○●○○○
令2年1月
西 前頭14枚目(4枚半降下)
6勝9敗
●○●○●|○●●●●|○○○●●
令元年11月
東 前頭10枚目(4枚降下)
6勝9敗
●○○●●|○●●●○|●●○●○
令元年9月
東 前頭6枚目
5勝10敗
●○●●○|●●○●●|○●●●○

十三錦 市松

関西角力時代には弓取り名人といわれていた

  • 四股名 :十三錦 市松(とみにしき いちまつ)
  • 最高位 :前頭7枚目
  • 出身地 :三重県南牟婁郡
  • 本 名 :寺尾 市松
  • 生年月日:明治44年(1911)12月8日
  • 没年月日:昭和58年(1983)6月10日(享年71歳)
  • 所属部屋:出羽海部屋
  • 改名歴 :寺尾⇒十三錦
  • 初土俵 :昭和4年(1929)9月(17歳9ヵ月)
  • 新十両 :昭和14年(1939)1月(27歳1ヵ月)
  • 新入幕 :昭和15年(1940)5月(28歳5ヵ月)
  • 最終場所:昭和18年(1943)5月(31歳5ヵ月)
  • 生涯戦歴:83勝79敗12休/161出場(14場所)
  • 生涯勝率:51.2%
  • 優勝等 :序ノ口優勝1回
  • 幕内戦歴:36勝42敗12休(6場所)勝率:46.2%
  • 十両戦歴:26勝32敗(4場所)勝率:44.8%

燁司 大

三重県松阪市出身、入間川部屋の元力士で最高位は前頭11枚目。四股名は「火の出るような相撲で華になれ」との思いを込めて師匠が命名。

  • 四股名 :燁司 大(ようつかさ だい)
  • 最高位 :前頭11枚目
  • 年寄名跡:準年寄・燁司⇒14代二十山⇒14代若藤⇒16代関ノ戸⇒25代小野川⇒18代千田川⇒23代竹縄
  • 出身地 :三重県松阪市
  • 本 名 :鈴木 大司
  • 生年月日:昭和48年(1973)9月25日
  • 出身大学:日本大学
  • 所属部屋:入間川部屋
  • 改名歴 :鈴木⇒燁司
  • 初土俵 :平成8年(1996)1月・幕下60付出(22歳4ヵ月)
  • 新十両 :平成10年(1998)5月(24歳8ヵ月)
  • 新入幕 :平成11年(1999)5月(25歳8ヵ月)
  • 最終場所:平成17年(2005)11月(32歳2ヵ月)
  • 生涯戦歴:357勝379敗12休/734出場(60場所)
  • 生涯勝率:48.5%
  • 優勝等 :幕下同点2回
  • 幕内戦歴:49勝59敗12休(8場所)勝率:45.4%
  • 十両戦歴:228勝267敗(33場所)勝率:46.1%

三濱洋 俊明

投げや反り技が得意で十両時代にはたすき反りを決めたことも

  • 四股名 :三濱洋 俊明(みはまなだ としあき)
  • 最高位 :前頭20枚目
  • 出身地 :三重県南牟婁郡
  • 本 名 :榎本 俊明
  • 生年月日:大正8年(1919)3月10日
  • 没年月日:昭和53年(1978)3月15日(享年59歳)
  • 所属部屋:高砂部屋
  • 改名歴 :三濱山⇒大洋⇒三濱洋
  • 初土俵 :昭和12年(1937)1月(17歳10ヵ月)
  • 新十両 :昭和19年(1944)1月(24歳10ヵ月)
  • 新入幕 :昭和23年(1948)5月(29歳2ヵ月)
  • 最終場所:昭和24年(1949)5月(30歳2ヵ月)
  • 生涯戦歴:96勝90敗4休/186出場(26場所)
  • 生涯勝率:51.6%
  • 優勝等 :なし
  • 幕内戦歴:1勝10敗(1場所)勝率:9.1%
  • 十両戦歴:38勝39敗(10場所)勝率:49.4%

三重出身の十両

黒鷲 二千郎

黒鷲を名乗ったのは6場所だけで、相撲人生の大半は本名の東

  • 四股名 :黒鷲 二千郎(くろわし にちろう)
  • 最高位 :十両3枚目
  • 出身地 :三重県尾鷲市
  • 本 名 :東 二千六百(二千郎)
  • 生年月日:昭和15年(1940)11月10日
  • 所属部屋:二所ノ関部屋
  • 改名歴 :東⇒黒鷲⇒東
  • 初土俵 :昭和33年(1958)5月(17歳6ヵ月)
  • 新十両 :昭和42年(1967)11月(27歳0ヵ月)
  • 最終場所:昭和45年(1970)1月(29歳2ヵ月)
  • 生涯戦歴:279勝228敗15休/507出場(71場所)
  • 生涯勝率:55.0%
  • 優勝等 :幕下同点1回
  • 十両戦歴:33勝27敗(5場所)勝率:55.0%

徳真鵬 元久

徳真鵬 元久(とくしんほう もとひさ)は三重県 松阪市出身、木瀬部屋の元力士で最高位は十両6枚目。大学4年次に西日本選抜学生相撲大会で個人戦優勝。朝日大学出身初の関取。200キロを超える巨体を活かした寄り倒しが武器。中止となった令和2年5月場所を最後に現役を引退。

  • 四股名 :徳真鵬 元久(とくしんほう もとひさ)
  • 最高位 :十両6枚目
  • 出身地 :三重県松阪市
  • 本 名 :白塚 元久
  • 生年月日:昭和59年(1984)5月13日
  • 出身大学:朝日大学
  • 所属部屋:木瀬⇒北の湖⇒木瀬部屋
  • 改名歴 :白塚⇒徳真鵬
  • 初土俵 :平成19年(2007)3月(22歳10ヵ月)
  • 新十両 :平成21年(2009)9月(25歳4ヵ月)
  • 最終場所:令和2年(2020)7月(36歳2ヵ月)
  • 生涯戦歴:382勝373敗/755出場(79場所)
  • 生涯勝率:50.6%
  • 優勝等 :幕下優勝1回
  • 十両戦歴:187勝218敗(27場所)勝率:46.2%

伊勢錦 貫二郎

  • 四股名 :伊勢錦 貫二郎(いせにしき かんじろう)
  • 最高位 :十両12枚目
  • 出身地 :三重県四日市市
  • 本 名 :伊藤 徳男⇒稲見 徳男
  • 生年月日:昭和4年(1929)10月18日
  • 所属部屋:高島⇒友綱部屋
  • 改名歴 :伊藤⇒伊勢錦⇒富田川⇒伊勢錦
  • 初土俵 :昭和24年(1949)5月(19歳7ヵ月)
  • 新十両 :昭和30年(1955)5月(25歳7ヵ月)
  • 最終場所:昭和33年(1958)9月(28歳11ヵ月)
  • 生涯戦歴:217勝223敗9休/438出場(37場所)
  • 生涯勝率:49.3%
  • 優勝等 :なし
  • 十両戦歴:106勝126敗8休(16場所)勝率:45.7%

朝玉勢 一嗣磨

朝玉勢 一嗣磨(あさぎょくせい かずま)は三重県 伊勢市出身、高砂部屋の力士で最高位は十両12枚目。令和2年11月場所の番付は西 幕下27枚目。

小学生の頃から志友館相撲道場で相撲を始める。志摩市立磯辺中学3年次に全国都道府県中学生相撲選手権大会で優勝、都道府県中学横綱に輝いた。

高校は、父親が近畿大学相撲部の故・伊東勝人監督と近大相撲部時代に同期だったこともあり近畿大学付属高校へと進学。そして近畿大学へと進むと、1年次に西日本学生相撲新人選手権大会での優勝をはじめ個人タイトル3冠に輝いた。同部屋の朝乃山とは近大相撲部からのチームメイトだが初土俵は朝玉勢が1場所早い。

令和元年9月場所で新十両昇進、四股名を玉木から朝玉勢へと改めた。由来は本名の玉木と伊勢市の「勢」からで、中学時代の下宿先だった餅屋の方が決めてくれた。

四股名
朝玉勢 一嗣磨(あさぎょくせい かずま)
最高位
十両12枚目
最新番付
西 幕下27枚目
出身地
三重県 伊勢市
本名
玉木 一嗣磨
生年月日
平成5年(1993)5月29日(27歳)
出身高校
近大附属高校
出身大学
近畿大学
所属部屋
高砂部屋
改名歴
朝玉木⇒玉木⇒朝玉勢
初土俵
平成28年(2016)1月(22歳8ヵ月)
新十両
令和1年(2019)9月(26歳4ヵ月)
新入幕
()
優勝
序二段優勝1回,序ノ口優勝1回
通算成績
122勝100敗0休/222出場(勝率:55%)
直近7場所
13勝15敗(十両:17勝28敗)
7場所勝率
41.1%
令2年11月
西 幕下27枚目(17枚半降下)
4勝3敗
○--○-|●-○-●|-●-○-
令2年9月
東 幕下10枚目(8枚降下)
2勝5敗
-○●--|●●--●|-●--○
令2年7月
東 幕下2枚目(3枚半降下)
2勝5敗
○-●-●|-●●--|○---●
令2年3月
西 十両12枚目(半枚降下)
5勝10敗
○●●●●|●○●●○|●●●○○
令2年1月
東 十両12枚目(4枚上昇・最高位更新)
7勝8敗
●○○○●|○●●●○|●○●○●
令元年11月
東 幕下2枚目(2枚降下)
5勝2敗
○-○-●|-●-○-|○-○--
令元年9月
東 十両14枚目
5勝10敗
●●○○●|●●○●○|●○●●●

三重出身力士の最新情報はこちら

いかがでしたでしょうか?ここまでは過去から現在までの三重出身の主な力士をご紹介してきましたが、三重出身の現役力士の最新番付や成績を知りたい方の為に最適な記事もご用意しています。相撲観戦と予習におススメです!

出身地別、力士別、初土俵別など様々な方法で力士データをまとめています。

おすすめの記事をご紹介

ここからは当サイトのおすすめ記事をご紹介します。

ネットでの大相撲観戦といえばAbemaTV!「AbemaTV」での視聴方法について解説しています。序ノ口から結びの一番まで完全無料生中継!ぜひ確認してみてください。

当サイトのいろんな記事へのリンクをまとめたナビゲーションページです。

カテゴリー : 東海地方

公開日:2018-08-15
投稿者:レイ

コメントはお気軽にどうぞ

※当サイトは個人が運営するサイトであり、日本相撲協会及び、各相撲部屋とは関連がないことをご了承ください。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。※当サイトは個人が運営するサイトです。