愛知県出身の力士一覧!過去から現在、愛知の主な関取を網羅しました

愛知出身の過去から現在までの主な力士をご紹介する愛知県の大相撲力士まとめ!この記事では愛知出身の関取を中心に、愛知の郷土力士をご紹介していきます。

過去の力士については最高位や改名歴、初土俵や各段の昇進時期と最終場所、さらに生涯戦歴と生涯勝率、成績等を中心にご紹介していきます。また、現役力士については最高位と昇進時期、主な成績などを載せています。

なお、年寄名跡欄のマークは、その代で師匠(部屋持ち親方)になったことがあるという意味です。

現役の愛知県出身力士の最新番付や成績、詳細なデータをご覧になりたい方はこちら


相撲部屋や出身地ごとの場所の成績からランキングを作成しております。初場所、好調な相撲部屋や力士の出身地はどこ?


日本大相撲トーナメント第四十五回大会が2021年2月7日に開催されます。チケット発売は2020年11月15日より!

開催日:2021年2月7日(日)

開演 :11:00

会場 :両国国技館 (東京都)

2020年11月15日(日) 10:00より発売

愛知出身の優勝力士一覧

優勝制度が制定された明治42年(1909)6月場所以降、愛知出身の幕内最高優勝力士は2人が誕生しており、総優勝回数は7回になります。

愛知出身初優勝はいつで誰?

愛知出身力士で初の優勝は、昭和43年(1968)5月場所で大関だった玉乃島(最高位・横綱)でした。玉乃島は横綱に昇進すると玉の海と四股名を改めて、横綱・北の富士との「北玉時代」を築きはじめていましたが、いよいよ円熟味が増してこれからというときに、虫垂炎の術後の肺血栓により27歳という若さで急逝してしまいました。

愛知出身最後の優勝力士は?

愛知出身力士で最後の優勝力士は誰かというと、のちの大関・琴光喜で平成13年(2001)9月場所での平幕優勝でした。この時以来、愛知県出身の優勝力士は途絶えています。

では愛知県出身の幕内優勝力士を年月順の表で見てみましょう。

愛知県出身力士の年月順優勝リスト

愛知県出身の優勝力士ランキング

次に優勝回数をランキングにしてみてみましょう。最多はもちろん玉の海で6度の優勝を果たしています。

愛知県出身力士の優勝回数リスト

愛知出身の横綱

大錦 大五郎

大阪相撲の3人目の横綱で公認された第28代横綱

  • 四股名 :大錦 大五郎(おおにしき だいごろう)
  • 最高位 :第28代横綱
  • 年寄名跡:12代朝日山⇒一代頭取・大錦
  • 出身地 :愛知県海部郡鍋田村
  • 本 名 :渡邊⇒山田 吉三郎⇒鳥井 吉三郎
  • 生年月日:明治16年(1883)3月20日
  • 没年月日:昭和18年(1943)5月16日(享年60歳)
  • 所属部屋:伊呂波(京都)⇒北陣(大阪)⇒朝日山部屋(大阪)
  • 改名歴 :大錦⇒朝日山⇒大錦
  • 初土俵 :明治36年(1903)1月・三段目付出(19歳10ヶ月)
  • 新十両 :明治38年(1905)6月(22歳3ヵ月)
  • 新入幕 :明治39年(1906)2月(22歳11ヵ月)
  • 新三役 :明治40年(1907)6月(24歳3ヵ月)
  • 新大関 :明治43年(1910)6月(27歳3ヵ月)
  • 横綱昇進:大正7年(1918)4月(35歳1ヵ月)
  • 最終場所:大正11年(1922)1月(38歳10ヵ月)
  • 幕内戦歴:156勝48敗14分10預
  • 勝率  :76.5%
  • 優勝等 :優勝6回(大阪)

玉の海 正洋

愛知県蒲郡市出身、二所ノ関~片男波部屋の元力士で最高位は横綱。のちに12代片男波となる玉乃海に誘われて二所ノ関部屋へと入門。12代が独立した時に片男波部屋へと移籍することを選んだ。大鵬の胸を借りて稽古に励み、大関で2度の優勝。昭和45年1月場所後に「盟友」北の富士と共に横綱へと昇進。昭和46年7月場所では自身6度目となる優勝を全勝で飾るが、その頃に急性虫垂炎を発症。しかし横綱の責任感から痛み止めを用いて9月場所も強行出場。大鵬の引退相撲でも横綱土俵入りで太刀持ちを務めるなど無理を重ねたことがたたり10月11日に肺血栓のため現役のまま27歳で急逝。

  • 四股名 :玉の海 正洋(たまのうみ まさひろ)
  • 最高位 :第51代横綱
  • 出身地 :愛知県蒲郡市
  • 本 名 :善竹⇒谷口⇒竹内⇒谷口 正夫
  • 生年月日:昭和19年(1944)2月5日
  • 没年月日:昭和46年(1971)10月11日(享年27歳)
  • 所属部屋:二所ノ関⇒片男波部屋
  • 改名歴 :玉乃嶋⇒玉乃島⇒玉の海
  • 初土俵 :昭和34年(1959)3月(15歳1ヵ月)
  • 新十両 :昭和38年(1963)9月(19歳7ヵ月)
  • 新入幕 :昭和39年(1964)3月(20歳1ヵ月)
  • 新三役 :昭和40年(1965)1月(20歳11ヵ月)
  • 新大関 :昭和41年(1966)11月(22歳9ヵ月)
  • 横綱昇進:昭和45年(1970)3月(26歳1ヵ月)
  • 最終場所:昭和46年(1971)9月(27歳7ヵ月)
  • 生涯戦歴:619勝305敗/924出場(76場所)
  • 生涯勝率:67.0%
  • 優勝等 :幕内優勝6回(同点2・次点10),序二段優勝1回
  • 成 績 :殊勲賞4回,敢闘賞2回,金星4個
  • 幕内戦歴:469勝221敗(46場所)勝率:68.0%
  •   横綱:130勝20敗(10場所)勝率:86.7%
  •   大関:206勝94敗(20場所)勝率:68.7%
  •   関脇:36勝24敗(4場所)勝率:60.0%
  •   小結:13勝17敗(2場所)勝率:43.3%
  •   前頭:84勝66敗(10場所)勝率:56.0%
  • 十両戦歴:30勝15敗(3場所)勝率:66.7%

愛知出身の大関

大碇 紋太郎

東京相撲から京都相撲へ、京都五条家より横綱免許を授与されるも海外巡業に出かけたまま消息不明に

  • 四股名 :大碇 紋太郎(おおいかり もんたろう)
  • 最高位 :大関
  • 出身地 :愛知県知多郡
  • 本 名 :吉田 (竹内?) 紋太郎⇒日比 紋太郎
  • 生年月日:明治2年(1869)2月22日
  • 所属部屋:山分⇒伊勢ノ海⇒草風部屋(京都)
  • 初土俵 :明治18年(1885)5月・序ノ口(16歳3ヵ月)
  • 新十両 :明治22年(1889)5月(20歳3ヵ月)
  • 新入幕 :明治26年(1893)1月(23歳11ヵ月)
  • 新三役 :明治27年(1894)5月(25歳3ヵ月)
  • 新大関 :明治28年(1895)6月(26歳4ヵ月)
  • 最終場所:明治31年(1898)1月(28歳11ヵ月)
  • 生涯戦歴:69勝48敗16休5分5預/127出場(15場所)
  • 生涯勝率:59.0%
  • 優勝等 :なし
  • 幕内戦歴:42勝25敗16休3分4預(9場所)勝率:62.7%
  •   大関:9勝4敗6休1分(2場所)勝率:69.2%
  •   関脇:9勝8敗2休1分(2場所)勝率:52.9%
  •   小結:7勝0敗1休1分1預(1場所)勝率:100.0%
  •   前頭:17勝13敗7休3預(4場所)勝率:56.7%
  • 十両戦歴:27勝23敗2分1預(6場所)勝率:54.0%

琴光喜 啓司

愛知県岡崎市出身、佐渡ヶ嶽部屋の元力士で最高位は大関。不本意な形で角界を去ることになり、解雇の無効を訴えて髷を残していたが平成27年(2015)2月7日に断髪式を行った。

  • 四股名 :琴光喜 啓司(ことみつき けいじ)
  • 最高位 :大関
  • 出身地 :愛知県岡崎市
  • 本 名 :田宮 啓司
  • 生年月日:昭和51年(1976)4月11日
  • 出身高校:鳥取城北高校
  • 出身大学:日本大学
  • 所属部屋:佐渡ヶ嶽部屋
  • 改名歴 :琴田宮⇒琴光喜
  • 初土俵 :平成11年(1999)3月・幕下60付出(22歳11ヵ月)
  • 新十両 :平成11年(1999)11月(23歳7ヵ月)
  • 新入幕 :平成12年(2000)5月(24歳1ヵ月)
  • 新三役 :平成13年(2001)1月(24歳9ヵ月)
  • 新大関 :平成19年(2007)9月(31歳5ヵ月)
  • 最終場所:平成22年(2010)7月(34歳3ヵ月)
  • 生涯戦歴:571勝367敗50休/934出場(68場所)
  • 生涯勝率:60.9%
  • 優勝等 :幕内優勝1回(次点8),十両優勝1回(同点1),幕下優勝1回
  • 成 績 :殊勲賞2回,敢闘賞4回,技能賞7回,金星3個
  • 幕内戦歴:492勝343敗50休(59場所)勝率:58.9%
  •   大関:141勝104敗10休(17場所)勝率:57.6%
  •   関脇:176勝139敗15休(22場所)勝率:55.9%
  •   小結:72勝48敗(8場所)勝率:60.0%
  •   前頭:103勝52敗25休(12場所)勝率:66.5%
  • 十両戦歴:56勝19敗(5場所)勝率:74.7%

愛知出身の関脇

若前田 英二郎

新関脇から2場所続けて10勝を上げ大関昇進を期待されるも怪我により果たせず

  • 四股名 :若前田 英二郎(わかまえだ えいじろう)
  • 最高位 :関脇
  • 年寄名跡:12代尾上
  • 出身地 :愛知県西春日井郡西枇杷島町
  • 本 名 :由井 秀夫
  • 生年月日:昭和5年(1930)11月24日
  • 没年月日:平成19年(2007)6月3日(享年76歳)
  • 所属部屋:高砂部屋
  • 改名歴 :由井⇒若前田
  • 初土俵 :昭和25年(1950)1月(19歳2ヵ月)
  • 新十両 :昭和28年(1953)3月(22歳4ヵ月)
  • 新入幕 :昭和29年(1954)5月(23歳6ヵ月)
  • 新三役 :昭和33年(1958)1月(27歳2ヵ月)
  • 最終場所:昭和39年(1964)1月(33歳2ヵ月)
  • 生涯戦歴:484勝475敗9休/959出場(67場所)
  • 生涯勝率:50.5%
  • 優勝等 :三段目優勝1回,序ノ口優勝1回
  • 成 績 :敢闘賞3回,技能賞1回,金星3個
  • 幕内戦歴:355勝389敗6休(50場所)勝率:47.7%
  •   関脇:22勝23敗(3場所)勝率:48.9%
  •   小結:31勝29敗(4場所)勝率:51.7%
  •   前頭:302勝337敗6休(43場所)勝率:47.3%
  • 十両戦歴:40勝35敗(6場所)勝率:53.3%

鳳凰 倶往

玉の海に憧れて角界入り、左四つからの上手投げが得意

  • 四股名 :鳳凰 倶往(ほうおう ともみち)
  • 最高位 :関脇
  • 出身地 :愛知県蒲郡市
  • 本 名 :壁谷 友道
  • 生年月日:昭和31年(1956)12月7日
  • 所属部屋:二所ノ関部屋
  • 改名歴 :壁谷⇒鳳凰
  • 初土俵 :昭和46年(1971)9月(14歳9ヵ月)
  • 新十両 :昭和53年(1978)5月(21歳5ヵ月)
  • 新入幕 :昭和54年(1979)7月(22歳7ヵ月)
  • 新三役 :昭和55年(1980)11月(23歳11ヵ月)
  • 最終場所:平成2年(1990)5月(33歳5ヵ月)
  • 生涯戦歴:617勝631敗26休/1248出場(113場所)
  • 生涯勝率:49.4%
  • 優勝等 :十両優勝4回(同点1),幕下優勝1回
  • 成 績 :金星3個
  • 幕内戦歴:218勝277敗15休(34場所)勝率:44.0%
  •   関脇:4勝11敗(1場所)勝率:26.7%
  •   小結:4勝11敗(1場所)勝率:26.7%
  •   前頭:210勝255敗15休(32場所)勝率:45.2%
  • 十両戦歴:221勝214敗(29場所)勝率:50.8%

栃司 哲史

愛知県名古屋市中川区出身、春日野部屋の元力士で最高位は関脇。稽古熱心で初土俵から16場所目で新入幕、突き押し相撲に徹して関脇も1場所務めた。引退後は春日野部屋での部屋付親方を経て入間川部屋を創設。

  • 16代・入間川 哲雄
  • 四股名 :栃司 哲史(とちつかさ てつお)
  • 最高位 :関脇
  • 年寄名跡:16代入間川
  • 出身地 :愛知県名古屋市中川区
  • 本 名 :後藤 哲雄
  • 生年月日:昭和33年(1958)4月25日(62歳)
  • 出身大学:日本大学
  • 所属部屋:春日野部屋
  • 初土俵 :昭和56年(1981)3月・幕下60付出(22歳11ヵ月)
  • 新十両 :昭和57年(1982)1月(23歳9ヵ月)
  • 新入幕 :昭和58年(1983)9月(25歳5ヵ月)
  • 新三役 :昭和61年(1986)7月(28歳3ヵ月)
  • 最終場所:平成4年(1992)5月(34歳1ヵ月)
  • 生涯戦歴:465勝448敗27休/910出場(68場所)
  • 生涯勝率:50.9%
  • 優勝等 :十両優勝2回(同点1)
  • 成 績 :敢闘賞1回,技能賞1回,金星3個
  • 幕内戦歴:206勝249敗25休(32場所)勝率:45.3%
  •   関脇:7勝8敗(1場所)勝率:46.7%
  •   小結:16勝29敗(3場所)勝率:35.6%
  •   前頭:183勝212敗25休(28場所)勝率:46.3%
  • 十両戦歴:215勝173敗2休(26場所)勝率:55.4%

愛知出身の小結

若二瀬 唯之

先代の急死で朝日山部屋を引き継ぐも継承問題でトンガ出身力士たちとの揉める

  • 四股名 :若二瀬 唯之(わかふたせ ただゆき)
  • 最高位 :小結
  • 年寄名跡:14代浦風⇒14代北陣⇒17代朝日山
  • 出身地 :愛知県名古屋市南区
  • 本 名 :戸嶋 忠輝
  • 生年月日:昭和17年(1942)2月20日
  • 没年月日:平成9年(1997)5月20日(享年55歳)
  • 所属部屋:大鳴戸⇒朝日山部屋
  • 改名歴 :戸嶋⇒戸島⇒若二瀬
  • 初土俵 :昭和35年(1960)9月(18歳7ヵ月)
  • 新十両 :昭和39年(1964)3月(22歳1ヵ月)
  • 新入幕 :昭和41年(1966)3月(24歳1ヵ月)
  • 新三役 :昭和43年(1968)9月(26歳7ヵ月)
  • 最終場所:昭和50年(1975)3月(33歳1ヵ月)
  • 生涯戦歴:571勝566敗/1137出場(88場所)
  • 生涯勝率:50.2%
  • 優勝等 :幕内次点1回,十両優勝2回,幕下同点1回,序ノ口優勝1回
  • 成 績 :殊勲賞1回,金星1個
  • 幕内戦歴:238勝302敗(36場所)勝率:44.1%
  •   小結:15勝30敗(3場所)勝率:33.3%
  •   前頭:223勝272敗(33場所)勝率:45.1%
  • 十両戦歴:238勝212敗(30場所)勝率:52.9%

旭豊 勝照

愛知県春日井市出身、大島部屋の元力士で最高位は小結。横綱・旭富士や旭天鵬と同じ大島部屋所属だったが同門の宗家である立浪部屋を継承するために余力を残して引退。しかし先代の6代立浪との間ではトラブルが絶えず遂には裁判沙汰となったイケメン親方。平成24年(2012)5月に立浪一門を離脱して貴乃花グループ(一門)へと合流。しかし貴乃花一門は崩壊、無所属期間を経て出羽海一門へと合流した。

  • 7代・立浪 耐治
  • 四股名 :旭豊 勝照(あさひゆたか かつてる)
  • 最高位 :小結
  • 年寄名跡:準年寄・旭豊⇒7代立浪
  • 出身地 :愛知県春日井市
  • 本 名 :市川 耐治⇒安念 耐治⇒市川 耐治
  • 生年月日:昭和43年(1968)9月10日(52歳)
  • 所属部屋:大島部屋
  • 改名歴 :市川⇒旭豊
  • 初土俵 :昭和62年(1987)3月(18歳6ヵ月)
  • 新十両 :平成5年(1993)11月(25歳2ヵ月)
  • 新入幕 :平成7年(1995)3月(26歳6ヵ月)
  • 新三役 :平成8年(1996)5月(27歳8ヵ月)
  • 最終場所:平成11年(1999)1月(30歳4ヵ月)
  • 生涯戦歴:364勝341敗26休/704出場(71場所)
  • 生涯勝率:51.6%
  • 優勝等 :十両優勝1回,幕下優勝2回
  • 成 績 :殊勲賞1回,敢闘賞1回,金星4個
  • 幕内戦歴:160勝198敗(24場所)勝率:44.7%
  •   小結:20勝25敗(3場所)勝率:44.4%
  •   前頭:140勝173敗(21場所)勝率:44.7%
  • 十両戦歴:67勝53敗(8場所)勝率:55.8%
1 ページ目 2 ページ目
カテゴリー : 東海地方

公開日:2018-08-15
投稿者:レイ

コメントはお気軽にどうぞ

※当サイトは個人が運営するサイトであり、日本相撲協会及び、各相撲部屋とは関連がないことをご了承ください。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。※当サイトは個人が運営するサイトです。