高砂部屋の力士一覧!過去から現在、高砂部屋の主な関取を網羅しました

高砂(たかさご)部屋の過去から現在までの主な所属力士をご紹介する高砂部屋の大相撲力士まとめ!

この記事では高砂部屋の主な関取を中心に紹介していきます。過去の力士については最高位や改名歴、初土俵や各段の昇進時期と最終場所、さらに生涯戦歴と生涯勝率、成績等を中心にご紹介していきます。また、現役力士については最高位と昇進時期、主な成績などを載せています。

なお、年寄名跡欄のマークは、その代で師匠(部屋持ち親方)になったことがあるという意味です。

現役の高砂部屋力士の最新番付や成績、詳細なデータをご覧になりたい方はこちら

相撲部屋や出身地ごとの場所の成績からランキングを作成しております。初場所、好調な相撲部屋や力士の出身地はどこ?


高砂部屋の基本情報 一門 :高砂一門
創設 :明治4年(1871年)3月
創設者:初代・高砂 浦五郎(元前頭筆頭・高見山)
現師匠:7代・高砂 浦五郎(元大関・4代朝潮)
現住所:東京都墨田区本所3-5-4
スポンサーリンク



この記事の目次

高砂部屋の優勝力士

優勝制度が制定された明治42年(1909)6月場所以降、高砂部屋の幕内最高優勝力士は11人が誕生しており、総優勝回数は46回にもなります。

高砂部屋の初優勝はいつで誰?

高砂部屋の初優勝力士は、明治42年(1909)6月場所、つまり栄えある初の幕内優勝力士は前頭筆頭だった高見山 酉之助(最高位・関脇)でした。さすがは「名門」高砂部屋ですね。

高砂部屋の優勝力士一覧

では歴代の高砂部屋力士の幕内優勝を年月順で一覧表にして見てみましょう。

歴代高砂部屋力士の年月順優勝リスト
スポンサーリンク


高砂部屋の優勝力士ランキング

次は優勝回数と成績のランキングです。

歴代高砂部屋力士の優勝回数リスト
スポンサーリンク


高砂部屋の横綱

西ノ海 嘉治郎(初代)

鹿児島県薩摩川内市出身、高砂部屋の元力士で最高位は横綱。京都相撲の鯨波(ときのこえ)部屋に入門、西ノ海の四股名で明治7年(1875)に初土俵を踏み、明治14年(1881)には京都相撲で小結まで番付を上げていた。

この頃、改革をうたって東京相撲会所を脱退した初代高砂浦五郎率いる「高砂改正組」の巡業に参加した西ノ海は、高砂に大いに認められ、高砂が東京相撲会所に復帰するや乞われて上京、西ノ海は高砂部屋所属となる。

高砂のはからいで明治15年(1882)1月の初土俵は幕内格付け出しという特別待遇でのスタート。この期待に違わず西ノ海は順調に番付を上げていくと3年後の明治18年(1885)1月場所では当時の相撲界の「最高位」である大関にまで昇進した。

しかしここからが不運の始まり。翌場所も6勝1敗2分と好成績の西ノ海だったが、それを関脇・大達が8勝1敗と上回ると、なんと翌場所は大達に大関を譲る形で関脇に落とされてしまった。その後も好成績を上げても他の力士との兼ね合いでなかなか大関に戻れず、ようやく西ノ海が大関に復帰できたのは4年半後の明治23年(1890)1月場所だった。

大関復帰の場所を7勝2敗で終えた西ノ海は、場所後の天覧相撲に合わせて横綱免許が授与された。

こうして第16代横綱の「名誉称号」を得た西ノ海だったが翌場所の番付では他の優秀な大関候補に押される形で「張出大関」にさせられそうになる。これには「横綱を許されたのに張り出されるのは侮辱だ」と納得のいかない西ノ海。散々もめた末に編み出された解決策は、大関ではなく「横綱」として張り出すというものだった。

従来の階級では「大関」が番付の最高位であり「横綱」はあくまで名誉称号だったが、番付史上初めて「横綱」と明記されることとなった。こののち、横綱が「最高位」として認められて現代に至ることになる。

こうして横綱として6年12場所を務めた西ノ海は明治29年(1896)1月場所で引退。7代井筒を襲名した後、独立して井筒部屋を開くと西ノ海嘉治郎(2代)や駒ヶ嶽國力、大江山松太郎に逆鉾与治郎などを育て上げた。現代へと続く「井筒の系譜」の礎を築く。

西ノ海 嘉治郎(初代)(にしのうみ かじろう)

最高位 :第16代横綱

年寄名跡:7代井筒

出身地 :鹿児島県薩摩川内市

本 名 :小園 嘉次郎

生年月日:安政2年(1855)1月3日

没年月日:明治41年(1908)11月30日(享年53歳)

所属部屋:鯨波(京都)⇒高砂部屋

初土俵 :明治15年(1882)1月・幕内付出(27歳0ヵ月)

新入幕 :明治15年(1882)1月(27歳0ヵ月)

新三役 :明治16年(1883)5月(28歳4ヵ月)

新大関 :明治18年(1885)1月(30歳0ヵ月)

横綱昇進:明治23年(1890)5月(35歳4ヵ月)

最終場所:明治29年(1896)1月(41歳0ヵ月)

生涯戦歴:127勝37敗97休25分4預/193出場(29場所)

生涯勝率:77.4%

優勝等 :優勝相当2回

幕内戦歴:127勝37敗97休25分4預(29場所)勝率:77.4%

  横綱:44勝13敗60休1分2預(12場所)勝率:77.2%

  大関:16勝3敗4休7分(3場所)勝率:84.2%

  関脇:38勝10敗10休10分2預(7場所)勝率:79.2%

  小結:15勝5敗17休3分(4場所)勝率:75.0%

  前頭:14勝6敗6休4分(3場所)勝率:70.0%

小錦 八十吉(初代)

新入幕から4年間で39連勝、立ち合い鋭くまた臨機応変で俊敏な取り口で絶大な人気を誇った。引退後は二十山部屋を興し、次期高砂の後継者に内定していたが先代の後を追うように亡くなる

小錦 八十吉(初代)(こにしき やそきち)

最高位 :第17代横綱

年寄名跡:6代二十山

出身地 :千葉県山武郡

本 名 :岩井 八十吉

生年月日:慶応2(1866)年10月15日

没年月日:大正3年(1914)10月22日(享年48歳)

所属部屋:高砂部屋

初土俵 :明治16年(1883)5月・序ノ口(16歳7ヶ月)

新十両 :明治21年(1888)1月(21歳3ヶ月)

新入幕 :明治21年(1888)5月(21歳7ヶ月)

新三役 :明治22年(1889)5月(22歳7ヶ月)

新大関 :明治23年(1890)5月(23歳7ヶ月)

横綱昇進:明治29年(1896)5月(29歳7ヶ月)

最終場所:明治34年(1901)1月(35歳3ヶ月)

生涯戦歴:127勝26敗101休9分7預/169出場(27場所)

生涯勝率:83.0%

優勝等 :優勝相当7回

幕内戦歴:119勝24敗101休9分7預(26場所)勝率:83.2%

  横綱:37勝17敗37休6分3預(10場所)勝率:68.5%

  大関:52勝7敗59休1分1預(12場所)勝率:88.1%

  小結:15勝0敗3休1分1預(2場所)勝率:100.0%

  前頭:15勝0敗2休1分2預(2場所)勝率:100.0%

十両戦歴:8勝2敗(1場所)勝率:80.0%

前田山 英五郎

愛媛県西宇和郡出身、高砂部屋の元力士で最高位は横綱。休場中の日米野球観戦が問題となり引退勧告、横綱としては短命に終わったが名大関だったとの評価も

4代・高砂浦五郎

前田山 英五郎(まえだやま えいごろう)

最高位 :第39代横綱

年寄名跡:4代高砂

出身地 :愛媛県西宇和郡

本 名 :萩森 金松

生年月日:大正3年(1914)5月4日

没年月日:昭和46年(1971)8月17日(享年57歳)

所属部屋:高砂部屋

改名歴 :喜木山⇒佐田岬⇒前田山

初土俵 :昭和4年(1929)1月(14歳8ヵ月)

新十両 :昭和9年(1934)1月(19歳8ヵ月)

新入幕 :昭和12年(1937)1月(22歳8ヵ月)

新三役 :昭和13年(1938)1月(23歳8ヵ月)

新大関 :昭和13年(1938)5月(24歳0ヵ月)

横綱昇進:昭和22年(1947)11月(33歳6ヵ月)

最終場所:昭和24年(1949)10月(35歳5ヵ月)

生涯戦歴:306勝153敗50休/451出場(52場所)

生涯勝率:66.7%

優勝等 :幕内優勝1回(同点1・次点2),十両優勝1回,幕下優勝1回

幕内戦歴:206勝104敗39休(27場所)勝率:66.5%

  横綱:24勝27敗25休(6場所)勝率:47.1%

  大関:155勝67敗14休(18場所)勝率:69.8%

  小結:11勝2敗(1場所)勝率:84.6%

  前頭:16勝8敗(2場所)勝率:66.7%

十両戦歴:18勝4敗(3場所)勝率:81.8%

東富士 欽壹

左を差し、自慢の巨体を活かした重量感溢れる寄りは「怒涛の寄り身」と称された。若手の頃から大横綱双葉山にかわいがられて「キン坊!一丁来い!」と、よく稽古をつけてもらい「双葉山の後継者」としての期待が大きかった、史上初の「江戸っ子横綱」。

師匠からの大きな期待

12歳の頃にはすでに体重が75キロを超えていた勤一少年は、4代富士ヶ根親方(元小結・若湊)の熱心な誘いにひかれて富士ヶ根部屋へと入門、14歳で初土俵を踏んだ。その体格から周囲からの期待も大きかったが、いざ入ると自分より小さな新弟子にも勝てずになんと2年間も前相撲で足踏み。これには部屋の力士たちも呆れて勤一のことをバカにしていたが、素質に惚れ込んでいた師匠は「馬鹿野郎!俺はキン坊だけが頼りなんだ!」と兄弟子たちを叱った。

この師匠の言葉に発奮した勤一は前相撲を突破、昭和13年1月に「東冨士」の四股名が番付に載るとそこから順調に駆け上がっていき昭和17年1月場所での新十両を決めた。しかし残念なことではあるが、誰よりも東冨士のことを信じてくれていた師匠は、土俵上での晴れ姿を見ることなく前年の11月に亡くなっていた。

双葉山への恩返し

十両3場所目に14勝1敗で十両優勝、昭和18年5月場所で新入幕。小結を飛び越して関脇にあがった昭和19年11月場所も快調に5連勝し、迎えた6日目の対戦相手はあの双葉山。日頃の厚恩に報いようと思い切りぶつかっていった東冨士は右上手投げで快勝、その恩を返すことができた。取組後に挨拶にむかうと、双葉山から「これで安心して引退できるよ」と笑顔の祝福を受ける。その双葉山は翌日から休場、その後も1度土俵に上がっただけで翌年には引退することとなった。

初の江戸っ子横綱誕生

この場所を東冨士は9勝1敗で優勝同点、翌場所も好成績をあげ場所後に大関へと昇進した。そして昭和23年5月場所には10勝1敗で念願の初優勝。翌10月は大関・増位山との決定戦に敗れはしたが10勝1敗の好成績で場所後に横綱免許を授与された。これは大相撲史上初「江戸っ子横綱」の誕生となった。

ちなみにこの間、昭和22年6月場所を最後に5代富士ヶ根(元前頭3・若港)が部屋を閉じたこともあり、本家である高砂部屋所属へと変わっている。

あの双葉山が目を掛け、さらには最後の黒星をつけた相手でもある「新横綱」東富士への世間の期待は大きく、昇進初場所での優勝時には「東富士時代到来」と騒がれたが、その後は成績にムラがあり連敗も多かったため世間の期待にじゅうぶんには応えられなかった。

そんな東富士ではあったが昭和26年9月場所ではおおきな輝きをみせる。急性肺炎による高熱をおして出場を続けた東富士の病状は12日目にはいよいよ医師が制止するほどに。しかし東富士は「命に関わっても文句は言わぬ」と誓約書を出してまで出場、吉葉山との対戦をむかえた。この取組が「物言い取り直し、水入り、水入り後の取り直しでまた物言い」という稀にみる大熱戦となり、とうとう最後には協議の結果、これ以上の取組は危険と判断されて勝負預かりとなるほどだった。

東富士 欽壹(あずまふじ きんいち)

最高位 :第40代横綱

年寄名跡:7代錦戸

出身地 :東京都台東区

本 名 :井上 謹一

生年月日:大正10年(1921)10月28日

没年月日:昭和48年(1973)7月31日(享年51歳)

所属部屋:富士ヶ根⇒高砂部屋

改名歴 :東冨士⇒東富士

初土俵 :昭和11年(1936)1月(14歳3ヵ月)

新十両 :昭和17年(1942)1月(20歳3ヵ月)

新入幕 :昭和18年(1943)5月(21歳7ヵ月)

新三役 :昭和19年(1944)11月(23歳1ヵ月)

新大関 :昭和20年(1945)11月(24歳1ヵ月)

横綱昇進:昭和24年(1949)1月(27歳3ヵ月)

最終場所:昭和29年(1954)9月(32歳11ヵ月)

生涯戦歴:335勝137敗54休1分1預/466出場(46場所)

生涯勝率:71.0%

優勝等 :幕内優勝6回(同点2・次点4),十両優勝1回,幕下優勝1回

幕内戦歴:261勝104敗54休1分1預(31場所)勝率:71.5%

  横綱:172勝74敗50休1分1預(20場所)勝率:69.9%

  大関:51勝15敗(6場所)勝率:77.3%

  関脇:15勝2敗(2場所)勝率:88.2%

  前頭:23勝13敗4休(3場所)勝率:63.9%

十両戦歴:33勝12敗(3場所)勝率:73.3%

朝汐 太郎(3代)

鹿児島県大島郡徳之島町出身、高砂部屋の元力士。最高位は横綱。太い眉毛と胸毛がトレードマーク、横綱昇進後は脊椎分離症に悩まされた。引退後は部屋を継承し4代朝潮や小錦、水戸泉らを育てた。

朝汐 太郎(3代)(あさしお たろう)

最高位 :第46代横綱

年寄名跡:横綱5年・朝潮⇒13代振分5代高砂

出身地 :鹿児島県大島郡徳之島町(出生地は兵庫県神戸市)

本 名 :米川 文敏

生年月日:昭和4年(1929)11月13日

没年月日:昭和63年(1988)10月23日(享年58歳)

所属部屋:高砂部屋

改名歴 :米川⇒朝潮⇒朝汐⇒朝潮

初土俵 :昭和23年(1948)10月・新序(18歳11ヵ月)

新十両 :昭和25年(1950)9月(20歳10ヵ月)

新入幕 :昭和26年(1951)1月(21歳2ヵ月)

新三役 :昭和28年(1953)1月(23歳2ヵ月)

新大関 :昭和32年(1957)5月(27歳6ヵ月)

横綱昇進:昭和34年(1959)5月(29歳6ヵ月)

最終場所:昭和37年(1962)1月(32歳2ヵ月)

生涯戦歴:501勝270敗101休/766出場(59場所)

生涯勝率:65.0%

優勝等 :幕内優勝5回(次点3),十両優勝1回

成 績 :殊勲賞4回,金星7個

幕内戦歴:431勝248敗101休(52場所)勝率:63.5%

  横綱:102勝58敗95休(17場所)勝率:63.8%

  大関:117勝42敗6休(11場所)勝率:73.6%

  関脇:94勝56敗(10場所)勝率:62.7%

  小結:47勝43敗(6場所)勝率:52.2%

  前頭:71勝49敗(8場所)勝率:59.2%

十両戦歴:14勝1敗(1場所)勝率:93.3%

朝青龍 明徳

初土俵から25場所での横綱昇進、史上初の7連覇達成など、賛否はあるが圧倒的な強さと人間味溢れる人柄は記憶にも記録にも残る横綱

朝青龍 明徳(あさしょうりゅう あきのり)

最高位 :第68代横綱

出身地 :モンゴル ウランバートル市

本 名 :ドルゴルスレンギーン・ダグワドルジ

生年月日:昭和55年(1980)9月27日

所属部屋:若松⇒高砂部屋

初土俵 :平成11年(1999)1月(18歳4ヵ月)

新十両 :平成12年(2000)9月(20歳0ヵ月)

新入幕 :平成13年(2001)1月(20歳4ヵ月)

新三役 :平成13年(2001)5月(20歳8ヵ月)

新大関 :平成14年(2002)9月(22歳0ヵ月)

横綱昇進:平成15年(2003)3月(22歳6ヵ月)

最終場所:平成22年(2010)1月(29歳4ヵ月)

生涯戦歴:669勝173敗76休/838出場(67場所)

生涯勝率:79.5%

優勝等 :幕内優勝25回(同点1・次点7),幕下優勝1回(同点1),三段目優勝1回,序二段優勝1回

成 績 :殊勲賞3回,敢闘賞3回,金星1個

幕内戦歴:596勝153敗76休(55場所)勝率:79.6%

  横綱:463勝91敗76休(42場所)勝率:83.6%

  大関:38勝7敗(3場所)勝率:84.4%

  関脇:42勝18敗(4場所)勝率:70.0%

  小結:25勝20敗(3場所)勝率:55.6%

  前頭:28勝17敗(3場所)勝率:62.2%

十両戦歴:20勝10敗(2場所)勝率:66.7%

高砂部屋の大関

朝汐 太郎(初代)

大阪相撲から東上の際、四股名が素人相撲のようだと改名を勧められたが「強くなればこの名もよい名になるでしょう」と答えた。これが今日まで続く高砂部屋の出世名に

朝汐 太郎(初代)(あさしお たろう)

最高位 :大関

年寄名跡:8代佐ノ山

出身地 :愛媛県八幡浜市

本 名 :増原 太郎吉

生年月日:元治元年(1864)11月28日

没年月日:大正9年(1920)8月26日(享年55歳)

所属部屋:押尾川(大阪)⇒高砂部屋

初土俵 :明治23年(1890)1月・十両付出(25歳2ヵ月)

新入幕 :明治23年(1890)5月(25歳6ヵ月)

新三役 :明治26年(1893)1月(28歳2ヵ月)

新大関 :明治31年(1898)5月(33歳6ヵ月)

最終場所:明治41年(1908)1月(43歳2ヵ月)

生涯戦歴:144勝78敗103休32分12預/266出場(37場所)

生涯勝率:64.9%

優勝等 :優勝相当2回

幕内戦歴:138勝76敗103休31分12預(36場所)勝率:64.5%

  大関:43勝24敗19休13分1預(10場所)勝率:64.2%

  関脇:60勝22敗35休7分6預(13場所)勝率:73.2%

  小結:8勝13敗4休5分(3場所)勝率:38.1%

  前頭:27勝17敗45休6分5預(10場所)勝率:61.4%

十両戦歴:6勝2敗1分(1場所)勝率:75.0%

太刀光 電右エ門

北海道三笠市幌内町出身、高砂部屋の元力士で最高位は大関。背は低かったが、組んでも離れても巧みな相撲で左右からの投げと足技も得意。さらに左からのおっつけは名人芸とまで言われた。大相撲史上初の北海道出身大関。

22代横綱・太刀山の内弟子として友綱部屋に入門、大正2年(1913)初場所で初土俵を踏む。太刀山が大正7年(1918)1月場所で引退、独立して東関部屋を興すと移籍した。しかし翌年、相撲界に嫌気がさした7代東関(太刀山)は部屋を閉鎖、部屋の施設ごと弟子たちは高砂部屋に譲られた。

紆余曲折あったが太刀光は大正12年(1921)1月場所で新入幕。幕内4場所目となる大正11年(1922)5月場所の千秋楽では、師匠太刀山に引導を渡した横綱・大錦卯一郎を突き出して破る大金星をあげた。この大錦は翌場所前に三河島事件の責任を取り、全盛期のまま突然の引退。文字通り「仇討ちの一番」となった。

太刀光は大正12年(1923)5月場所で大関に昇進、これは北海道出身の大関第1号となる快挙であった。その後、大正15年(1926)5月場所に出羽ケ嶽に浴びせ倒された際に右足を痛めたことで以降、満足に土俵に上がれなくなった太刀光は昭和2年(1927)10月場所を最後に現役引退、年寄鳴戸を襲名した。

頭脳明晰で協会では監事の要職を務め、また新聞では相撲評を執筆するなど活躍したが、高砂部屋を継承した前田山に反発して立浪部屋へと移籍。しかしその後も高砂との対立は続いたことで協会に嫌気がさして昭和26年(1951)角界を去った。

太刀光 電右衛門(たちひかり でんえもん)

最高位 :大関

年寄名跡:8代鳴戸

出身地 :北海道三笠市幌内町

本 名 :八田 政次

生年月日:明治30年(1897)3月29日

没年月日:昭和27年(1952)5月15日(享年55歳)

所属部屋:友綱⇒東関⇒高砂部屋

初土俵 :大正2年(1913)1月(15歳10ヵ月)

新十両 :大正7年(1918)5月(21歳2ヵ月)

新入幕 :大正10年(1921)1月(23歳10ヵ月)

新三役 :大正12年(1923)1月(25歳10ヵ月)

新大関 :大正12年(1923)5月(26歳2ヵ月)

最終場所:昭和2年(1927)10月(30歳7ヵ月)

生涯戦歴:114勝53敗71休8分6預/181出場(32場所)

生涯勝率:68.3%

優勝等 :なし

成 績 :金星1個

幕内戦歴:67勝26敗69休6分2預(16場所)勝率:72.0%

  大関:35勝14敗45休2分2預(9場所)勝率:71.4%

  関脇:7勝1敗23休1分(3場所)勝率:87.5%

  前頭:25勝11敗1休3分(4場所)勝率:69.4%

十両戦歴:19勝11敗1分1預(5場所)勝率:63.3%

朝潮 太郎(2代)

「右差し五万石」と称されるほどに右を差すと強かった。弟弟子だった綾川との後継者争いは裁判にまで発展するも勝利し二枚鑑札で高砂を襲名。横綱男女ノ川や前田山を育てた

朝潮 太郎(2代)(あさしお たろう)

最高位 :大関

年寄名跡:3代高砂

出身地 :愛媛県西条市

本 名 :薦田 長吉⇒坪井 長吉

生年月日:明治12年(1879)4月19日

没年月日:昭和36年(1961)4月30日(享年82歳)

所属部屋:高砂⇒佐ノ山⇒高砂部屋

改名歴 :朝嵐⇒朝汐⇒朝潮

初土俵 :明治34年(1901)5月・新序(22歳1ヵ月)

新十両 :明治39年(1906)1月(26歳9ヵ月)

新入幕 :明治40年(1907)1月(27歳9ヵ月)

新三役 :明治42年(1909)1月(29歳9ヵ月)

新大関 :大正4年(1915)1月(35歳9ヵ月)

最終場所:大正8年(1919)5月(40歳1ヵ月)

生涯戦歴:111勝67敗66休26分7預/211出場(28場所)

生涯勝率:62.4%

優勝等 :なし

幕内戦歴:98勝64敗66休25分7預(26場所)勝率:60.5%

  大関:28勝13敗56休2分1預(10場所)勝率:68.3%

  関脇:21勝16敗5休5分3預(5場所)勝率:56.8%

  小結:12勝10敗1休5分2預(3場所)勝率:54.5%

  前頭:37勝25敗4休13分1預(8場所)勝率:59.7%

十両戦歴:13勝3敗1分(2場所)勝率:81.3%

前乃山 太郎

大関昇進直後の稽古で右足を骨折、これが元で本来の相撲を失う

前乃山 太郎(まえのやま たろう)

最高位 :大関

年寄名跡:8代高田川⇒17代千田川

出身地 :大阪府守口市

本 名 :金島 和一⇒中矢 和一⇒清水 和一

生年月日:昭和20年(1945)3月9日

所属部屋:高砂部屋

改名歴 :金島⇒金の島⇒前ノ山⇒前の山⇒前ノ山⇒前の山⇒前乃山⇒前の山

初土俵 :昭和36年(1961)3月(16歳0ヵ月)

新十両 :昭和40年(1965)11月(20歳8ヵ月)

新入幕 :昭和41年(1966)9月(21歳6ヵ月)

新三役 :昭和43年(1968)3月(23歳0ヵ月)

新大関 :昭和45年(1970)9月(25歳6ヵ月)

最終場所:昭和49年(1974)3月(29歳0ヵ月)

生涯戦歴:487勝397敗48休/880出場(79場所)

生涯勝率:55.1%

優勝等 :幕内同点1・次点1回,十両優勝1回

成 績 :殊勲賞3回,敢闘賞2回,金星1個

幕内戦歴:343勝305敗34休(46場所)勝率:52.9%

  大関:67勝56敗27休(10場所)勝率:54.5%

  関脇:95勝70敗(11場所)勝率:57.6%

  小結:30勝30敗(4場所)勝率:50.0%

  前頭:151勝149敗7休(21場所)勝率:50.3%

十両戦歴:46勝29敗(5場所)勝率:61.3%

朝潮 太郎(4代)

近大で2年連続アマチュア横綱と学生横綱を獲得し高砂部屋に入門、その風貌と話術で人気力士となりCMにも起用された。引退後は若松部屋継承の後、高砂部屋を継ぐことに

7代・高砂 浦五郎

朝潮 太郎(4代)(あさしお たろう)

最高位 :大関

年寄名跡:15代山響⇒11代若松7代高砂

出身地 :高知県室戸市

本 名 :長岡 末弘

生年月日:昭和30年(1955)12月9日(34歳)

出身大学:近畿大学

所属部屋:高砂部屋

改名歴 :長岡⇒朝汐⇒朝潮

初土俵 :昭和53年(1978)3月・幕下60付出(22歳3ヵ月)

新十両 :昭和53年(1978)7月(22歳7ヵ月)

新入幕 :昭和53年(1978)11月(22歳11ヵ月)

新三役 :昭和55年(1980)5月(24歳5ヵ月)

新大関 :昭和58年(1983)5月(27歳5ヵ月)

最終場所:平成元年(1989)3月(33歳3ヵ月)

生涯戦歴:564勝382敗43休/943出場(67場所)

生涯勝率:59.6%

優勝等 :幕内優勝1回(同点3・次点1),十両同点1回,幕下優勝1回

成 績 :殊勲賞10回,敢闘賞3回,技能賞1回,金星5個

幕内戦歴:531勝371敗43休(63場所)勝率:58.9%

  大関:294勝203敗43休(36場所)勝率:59.2%

  関脇:82勝53敗(9場所)勝率:60.7%

  小結:44勝16敗(4場所)勝率:73.3%

  前頭:111勝99敗(14場所)勝率:52.9%

十両戦歴:20勝10敗(2場所)勝率:66.7%

小錦 八十吉(6代)

入幕2場所目で千代の富士と隆の里から金星を獲得「黒船来襲」と騒がれた外国出身力士初の大関

小錦 八十吉(こにしき やそきち)(6代)

最高位 :大関

年寄名跡:15代佐ノ山

出身地 :アメリカ ハワイ州オアフ島

本 名 :サレバ・ファウリ・アティサノエ⇒塩田⇒小錦 八十吉

生年月日:昭和38年(1963)12月31日

所属部屋:高砂部屋

初土俵 :昭和57年(1982)7月(18歳7ヵ月)

新十両 :昭和58年(1983)11月(19歳11ヵ月)

新入幕 :昭和59年(1984)7月(20歳7ヵ月)

新三役 :昭和59年(1984)11月(20歳11ヵ月)

新大関 :昭和62年(1987)7月(23歳7ヵ月)

最終場所:平成9年(1997)11月(33歳11ヵ月)

生涯戦歴:730勝498敗95休/1219出場(93場所)

生涯勝率:59.4%

優勝等 :幕内優勝3回(同点2・次点7),十両優勝2回(同点1),幕下同点1回,序二段優勝1回,序ノ口優勝1回

成 績 :殊勲賞4回,敢闘賞5回,技能賞1回,金星2個

幕内戦歴:649勝476敗89休(81場所)勝率:57.7%

  大関:345勝197敗43休(39場所)勝率:63.7%

  関脇:62勝48敗25休(9場所)勝率:56.4%

  小結:34勝11敗(3場所)勝率:75.6%

  前頭:208勝220敗21休(30場所)勝率:48.6%

十両戦歴:39勝15敗6休(4場所)勝率:72.2%

朝乃山 英樹

富山県富山市出身、高砂部屋。近畿大学では個人タイトルを7つ獲得、また全日本相撲選手権大会ベスト4などの実績により三段目付出資格を獲得し角界入り。

四股名の「山」の由来は、地元の“富山”に同郷の横綱“太刀山”そして亡くなった恩師の“浦山”から。下の名「英樹」も恩師から頂いた。

令和元年5月場所で幕内最高位優勝。富山出身としては太刀山以来、2人目の優勝力士であり103年ぶりとなる快挙。さらに令和初の優勝力士として相撲史に名を刻んだ。

大関昇進がかかった令和2年3月場所で11勝4敗の成績をあげて場所後に大関昇進を果たす。学生相撲出身力士としては琴光喜以来13年ぶりの大関昇進となった。大関昇進伝達式での口上は「大関の名に恥じぬよう、相撲を愛し、力士として正義を全うし、一生懸命努力します。」

朝乃山 英樹(あさのやま ひでき)

最高位 :大関

出身地 :富山県富山市

本 名 :石橋 広暉

生年月日:平成6年(1994)3月1日(26歳)

出身大学:近畿大学

所属部屋:高砂部屋

改名歴 :石橋⇒朝乃山

初土俵 :平成28年(2016)3月・三段目100付出(22歳0ヵ月)

新十両 :平成29年(2017)3月(23歳0ヵ月)

新入幕 :平成29年(2017)9月(23歳6ヵ月)

新三役 :令和元年(2019)11月(25歳8ヵ月)

新大関 :令和2年(2020)5月(26歳2ヵ月)

優勝等 :幕内優勝1回,幕下優勝1回

成 績 :殊勲賞2回,敢闘賞3回,技能賞1回,金星1個

高砂部屋の関脇

高見山 宗五郎

同郷の初代高砂の弟子で高砂改正組では角界の改革に奔走、帰参後は横綱梅ケ谷を破るなど活躍した

高見山 宗五郎(たかみやま そうごろう)

最高位 :関脇

年寄名跡:5代阿武松⇒2代高砂

出身地 :千葉県山武郡

本 名 :今関 宗次郎

生年月日:嘉永4年(1851)2月10日

没年月日:大正3年(1914)7月4日(享年63歳)

所属部屋:高砂部屋

改名歴 :響矢⇒高見山⇒阿武松

初土俵 :明治11年(1878)5月・幕内格付出(27歳4ヵ月)

新入幕 :明治11年(1878)5月(27歳4ヵ月)

新三役 :明治15年(1882)1月(30歳11ヵ月)

最終場所:明治22年(1889)5月(38歳3ヵ月)

生涯戦歴:65勝59敗71休26分9預/159出場(23場所)

生涯勝率:52.4%

優勝等 :優勝相当1回

幕内戦歴:65勝59敗71休26分9預(23場所)勝率:52.4%

  関脇:4勝4敗1休1預(1場所)勝率:50.0%

  小結:7勝7敗8休6分2預(3場所)勝率:50.0%

  前頭:54勝48敗62休20分6預(19場所)勝率:52.9%

高見山 酉之助

優勝制度が制定されて初となる明治42年6月場所の栄えある優勝力士。色黒で大きなお腹の肥満型力士で「稽古場大関」と呼ばれた。じわじわと寄る四つ相撲タイプだったため速攻力士や手取り力士を苦手としており「鈍州」とあだ名されていた

高見山 酉之助(たかみやま とりのすけ)

最高位 :関脇

出身地 :千葉県銚子市

本 名 :吉岡 酉之助

生年月日:明治6年(1873)10月25日

没年月日:大正13年(1924)1月11日(享年50歳)

所属部屋:高砂部屋

改名歴 :加増山⇒大海⇒加増山⇒高見山

初土俵 :明治28年(1895)6月・(21歳8ヵ月)

新十両 :明治37年(1904)1月(30歳3ヵ月)

新入幕 :明治40年(1907)1月(33歳3ヵ月)

新三役 :明治43年(1910)1月(36歳3ヵ月)

最終場所:大正2年(1913)5月(39歳7ヵ月)

生涯戦歴:59勝38敗55休19分1預/117出場(20場所)

生涯勝率:60.8%

優勝等 :幕内優勝1回

幕内戦歴:43勝29敗55休13分(14場所)勝率:59.7%

  関脇:1勝6敗1休2分(1場所)勝率:14.3%

  小結:3勝3敗13休1分(2場所)勝率:50.0%

  前頭:39勝20敗41休10分(11場所)勝率:66.1%

十両戦歴:16勝9敗6分1預(6場所)勝率:64.0%

綾川 五郎次

青森県黒石市出身、高砂~入間川部屋の元力士で最高位は関脇。容姿端麗で均整の取れた体格と、変幻自在できびきびとした取り口で人気を博した。新入幕から5場所連続勝ち越して関脇にまで昇進するが、新関脇初日から腎結石のために休場、これ以降も成績は振るわず番付を下げていった。また、2代目朝潮との「高砂」襲名争いに敗れた綾川は入間川部屋への移籍を余儀なくされた。

現役時代から明治大学相撲部師範を務め、学生相撲の指導に尽力していた綾川には学生からの人気が高く、本場所での学生応援団による熱狂的な応援は名物として知られていた。

引退後は8代千賀ノ浦を襲名し千賀ノ浦部屋を創設したが、腎臓病の治療のために始めた自彊術の普及と、故郷青森で始めた事業に専念するために部屋を閉めた。文筆に優れており、相撲の決まり手である四十八手を解説した「一味清風」を著したことでも有名。

綾川 五郎次(あやがわ ごろうじ)

最高位 :関脇

年寄名跡:8代千賀ノ浦

出身地 :青森県黒石市

本 名 :村上 要作

生年月日:明治16年(1883)11月25日

没年月日:昭和8年(1933)2月16日(享年49歳)

所属部屋:高砂⇒入間川部屋

改名歴 :綾川⇒響矢⇒綾川

初土俵 :明治38年(1905)1月・(21歳2ヵ月)

新十両 :明治43年(1910)6月(26歳7ヵ月)

新入幕 :大正3年(1914)1月(30歳2ヵ月)

新三役 :大正4年(1915)6月(31歳7ヵ月)

最終場所:大正10年(1921)1月(37歳2ヵ月)

優勝等 :幕下優勝1回

幕内戦歴:45勝34敗54休12分5預(15場所)勝率:57.0%

  関脇:0勝1敗9休(1場所)勝率:0.0%

  小結:9勝5敗1休3分2預(2場所)勝率:64.3%

  前頭:36勝28敗44休9分3預(12場所)勝率:56.3%

十両戦歴:15勝7敗1預(5場所)勝率:68.2%

高登 渉

「信州雷電」の再来と期待されたが大関を目前にして膝を痛めて挫折。引退後は独特の口調による解説で人気を博した

高登 渉(たかのぼり わたる)

最高位 :関脇

年寄名跡:10代大山

出身地 :長野県下伊那郡

本 名 :吉川 渉

生年月日:明治41年(1908)5月7日

没年月日:昭和37年(1962)1月19日(享年53歳)

所属部屋:高砂部屋

初土俵 :昭和2年(1927)1月(18歳8ヵ月)

新十両 :昭和6年(1931)1月(22歳8ヵ月)

新入幕 :昭和6年(1931)5月(23歳0ヵ月)

新三役 :昭和7年(1932)2月(23歳9ヵ月)

最終場所:昭和14年(1939)5月(31歳0ヵ月)

生涯戦歴:174勝126敗28休/299出場(39場所)

生涯勝率:58.0%

優勝等 :幕内次点1回

幕内戦歴:106勝94敗28休(21場所)勝率:53.0%

  関脇:21勝10敗13休(4場所)勝率:67.7%

  小結:14勝22敗4休(4場所)勝率:38.9%

  前頭:71勝62敗11休(13場所)勝率:53.4%

十両戦歴:14勝8敗(2場所)勝率:63.6%

若前田 英二郎

新関脇から2場所続けて10勝を上げ大関昇進を期待されるも怪我により果たせず

若前田 英二郎(わかまえだ えいじろう)

最高位 :関脇

年寄名跡:12代尾上

出身地 :愛知県西春日井郡西枇杷島町

本 名 :由井 秀夫

生年月日:昭和5年(1930)11月24日

没年月日:平成19年(2007)6月3日(享年76歳)

所属部屋:高砂部屋

改名歴 :由井⇒若前田

初土俵 :昭和25年(1950)1月(19歳2ヵ月)

新十両 :昭和28年(1953)3月(22歳4ヵ月)

新入幕 :昭和29年(1954)5月(23歳6ヵ月)

新三役 :昭和33年(1958)1月(27歳2ヵ月)

最終場所:昭和39年(1964)1月(33歳2ヵ月)

生涯戦歴:484勝475敗9休/959出場(67場所)

生涯勝率:50.5%

優勝等 :三段目優勝1回,序ノ口優勝1回

成 績 :敢闘賞3回,技能賞1回,金星3個

幕内戦歴:355勝389敗6休(50場所)勝率:47.7%

  関脇:22勝23敗(3場所)勝率:48.9%

  小結:31勝29敗(4場所)勝率:51.7%

  前頭:302勝337敗6休(43場所)勝率:47.3%

十両戦歴:40勝35敗(6場所)勝率:53.3%

前田川 克郎

前田川 克郎(まえだがわ かつろう)

最高位 :関脇

出身地 :岩手県江刺市

本 名 :高橋 勝郎

生年月日:昭和14年(1939)2月9日

没年月日:平成10年(1998)11月4日(享年59歳)

所属部屋:高砂部屋

改名歴 :高橋⇒前田川⇒清錦⇒前田川

初土俵 :昭和27年(1952)9月(13歳7ヵ月)

新十両 :昭和35年(1960)3月(21歳1ヵ月)

新入幕 :昭和35年(1960)11月(21歳9ヵ月)

新三役 :昭和36年(1961)7月(22歳5ヵ月)

最終場所:昭和42年(1967)5月(28歳3ヵ月)

生涯戦歴:445勝480敗/924出場(79場所)

生涯勝率:48.1%

優勝等 :幕内次点2回,十両同点1回,幕下同点1回

成 績 :敢闘賞2回,技能賞1回,金星1個

幕内戦歴:204勝261敗(31場所)勝率:43.9%

  関脇:13勝17敗(2場所)勝率:43.3%

  小結:4勝26敗(2場所)勝率:13.3%

  前頭:187勝218敗(27場所)勝率:46.2%

十両戦歴:95勝85敗(12場所)勝率:52.8%

富士櫻 栄守

昭和天皇も好んだ「突貫小僧」の押し相撲

富士櫻 栄守(ふじざくら よしもり)

最高位 :関脇

年寄名跡:10代中村

出身地 :山梨県甲府市

本 名 :中澤 榮男

生年月日:昭和23年(1948)2月9日

所属部屋:高砂部屋

改名歴 :中澤⇒富士桜⇒富士櫻

初土俵 :昭和38年(1963)3月(15歳1ヵ月)

新十両 :昭和45年(1970)1月(21歳11ヵ月)

新入幕 :昭和46年(1971)9月(23歳7ヵ月)

新三役 :昭和47年(1972)9月(24歳7ヵ月)

最終場所:昭和60年(1985)3月(37歳1ヵ月)

生涯戦歴:788勝827敗30休/1613出場(133場所)

生涯勝率:48.8%

優勝等 :幕内次点1回,十両優勝1回(同点1),幕下優勝1回

成 績 :殊勲賞2回,敢闘賞3回,技能賞3回,金星9個

幕内戦歴:502勝582敗11休(73場所)勝率:46.3%

  関脇:7勝23敗(2場所)勝率:23.3%

  小結:43勝77敗(8場所)勝率:35.8%

  前頭:452勝482敗11休(63場所)勝率:48.4%

十両戦歴:135勝116敗19休(19場所)勝率:53.8%

髙見山 大五郎

外国出身力士として史上初の幕内優勝を果たした人気力士

髙見山 大五郎(たかみやま だいごろう)

最高位 :関脇

年寄名跡:12代東関

出身地 :アメリカ ハワイ州

本 名 :ジェシー・ジェームス・ワイラニ・クハウルア⇒渡辺 大五郎

生年月日:昭和19年(1944)6月16日

所属部屋:高砂部屋

改名歴 :ジェシー⇒高見山

初土俵 :昭和39年(1964)3月(19歳9ヵ月)

新十両 :昭和42年(1967)3月(22歳9ヵ月)

新入幕 :昭和43年(1968)1月(23歳7ヵ月)

新三役 :昭和44年(1969)11月(25歳5ヵ月)

最終場所:昭和59年(1984)5月(39歳11ヵ月)

生涯戦歴:812勝845敗22休/1654出場(122場所)

生涯勝率:49.0%

優勝等 :幕内優勝1回,序二段優勝1回,序ノ口優勝1回

成 績 :殊勲賞6回,敢闘賞5回,金星12個

幕内戦歴:683勝750敗22休(97場所)勝率:47.7%

  関脇:52勝68敗(8場所)勝率:43.3%

  小結:118勝167敗(19場所)勝率:41.4%

  前頭:513勝515敗22休(70場所)勝率:49.9%

十両戦歴:53勝52敗(7場所)勝率:50.5%

水戸泉 政人

中学生の頃に力士のサイン会で高見山から勧誘されたことが高砂部屋入門のきっかけ。部屋の同期には2度の学生横綱に輝いた後の大関4代朝潮がおり、この経験豊富な朝潮との稽古が水戸泉の糧となった。昭和59年9月場所で新入幕。平成4年(1992)7月場所では平幕優勝も果たした豪快な塩まきの「ソルトシェイカー」

10代・錦戸 眞幸

水戸泉 政人(みといずみ まさと)

最高位 :関脇

年寄名跡:10代錦戸

出身地 :茨城県水戸市

本 名 :小泉 政人

生年月日:昭和37年(1962)9月2日(57歳)

所属部屋:高砂部屋

改名歴 :小泉⇒水戸泉

初土俵 :昭和53年(1978)3月(15歳6ヵ月)

新十両 :昭和59年(1984)5月(21歳8ヵ月)

新入幕 :昭和59年(1984)9月(22歳0ヵ月)

新三役 :昭和61年(1986)9月(24歳0ヵ月)

最終場所:平成12年(2000)9月(38歳0ヵ月)

生涯戦歴:807勝766敗162休/1564出場(136場所)

生涯勝率:51.3%

優勝等 :幕内優勝1回(次点2),十両優勝1回,幕下優勝1回(同点1),三段目同点1回

成 績 :殊勲賞1回,敢闘賞6回

幕内戦歴:530勝556敗99休(79場所)勝率:48.8%

  関脇:17勝30敗13休(4場所)勝率:36.2%

  小結:45勝43敗17休(7場所)勝率:51.1%

  前頭:468勝483敗69休(68場所)勝率:49.2%

十両戦歴:142勝135敗21休(20場所)勝率:51.3%

朝赤龍 太郎

朝青龍とともに明徳義塾高へ相撲留学。十両からの陥落により138年続いた高砂部屋関取在位記録が途絶えたことを、誰よりも悔しがった

17代・錦島 太郎(高砂部屋)

朝赤龍 太郎(あさせきりゅう たろう)

最高位 :関脇

年寄名跡:17代錦島

出身地 :モンゴル ウランバートル市

本 名 :バダルチ・ダシニャム⇒バダルチ・ダシニャム(日本国籍)

生年月日:昭和56年(1981)8月7日(38歳)

所属部屋:若松⇒高砂部屋

初土俵 :平成12年(2000)1月(18歳5ヵ月)

新十両 :平成14年(2002)7月(20歳11ヵ月)

新入幕 :平成15年(2003)3月(21歳7ヵ月)

新三役 :平成18年(2006)7月(24歳11ヵ月)

最終場所:平成29年(2017)5月(35歳9ヵ月)

生涯戦歴:687勝679敗36休/1361出場(104場所)

生涯勝率:50.3%

優勝等 :幕内次点2回,十両優勝1回,序二段優勝1回

成 績 :殊勲賞1回,敢闘賞1回,技能賞2回

幕内戦歴:410勝442敗33休(59場所)勝率:48.1%

  関脇:11勝19敗(2場所)勝率:36.7%

  小結:11勝22敗12休(3場所)勝率:33.3%

  前頭:388勝401敗21休(54場所)勝率:49.2%

十両戦歴:203勝199敗3休(27場所)勝率:50.5%

高砂部屋の小結

國登 國生

國登 國生(くにのぼり くにお)

最高位 :小結

年寄名跡:11代佐ノ山

出身地 :東京都板橋区

本 名 :小川 國松⇒藤 國松

生年月日:大正14年(1925)4月18日

没年月日:平成7年(1995)10月3日(享年70歳)

所属部屋:高砂部屋

初土俵 :昭和15年(1940)5月(15歳1ヵ月)

新十両 :昭和22年(1947)11月(22歳7ヵ月)

新入幕 :昭和23年(1948)10月(23歳6ヵ月)

新三役 :昭和29年(1954)1月(28歳9ヵ月)

最終場所:昭和36年(1961)5月(36歳1ヵ月)

生涯戦歴:432勝427敗56休1分/852出場(70場所)

生涯勝率:50.3%

優勝等 :幕内次点1回,十両優勝2回

成 績 :殊勲賞2回,敢闘賞1回,金星4個

幕内戦歴:292勝311敗50休1分(44場所)勝率:48.4%

  小結:11勝19敗(2場所)勝率:36.7%

  前頭:281勝292敗50休1分(42場所)勝率:49.0%

十両戦歴:93勝88敗6休(13場所)勝率:51.4%

宮錦 弘

宮錦 弘(みやにしき ひろし)

最高位 :小結

年寄名跡:10代芝田山

出身地 :岩手県宮古市

本 名 :野澤 浩

生年月日:昭和2年(1927)5月30日

没年月日:平成4年(1992)7月6日(享年65歳)

所属部屋:高砂部屋

改名歴 :早地峯⇒宮錦

初土俵 :昭和17年(1942)5月(15歳0ヵ月)

新十両 :昭和26年(1951)1月(23歳8ヵ月)

新入幕 :昭和27年(1952)1月(24歳8ヵ月)

新三役 :昭和30年(1955)1月(27歳8ヵ月)

最終場所:昭和34年(1959)11月(32歳6ヵ月)

生涯戦歴:353勝360敗10休/712出場(58場所)

生涯勝率:49.5%

優勝等 :序二段優勝1回

成 績 :敢闘賞1回,金星1個

幕内戦歴:192勝228敗(28場所)勝率:45.7%

  小結:1勝14敗(1場所)勝率:6.7%

  前頭:191勝214敗(27場所)勝率:47.2%

十両戦歴:76勝64敗10休(11場所)勝率:54.3%

富士錦 猛光

相撲は激しかったが穏やかな性格とその風貌から「平和ちゃん」と親しまれていた

富士錦 猛光(ふじにしき たけみつ)

最高位 :小結

年寄名跡:6代西岩⇒14代尾上⇒6代高砂⇒12代若松

出身地 :山梨県甲府市

本 名 :渡辺 章⇒一宮 章

生年月日:昭和12年(1937)3月18日

没年月日:平成15年(2003)12月17日(享年66歳)

所属部屋:高砂部屋

改名歴 :渡辺⇒冨士錦⇒富士錦

初土俵 :昭和28年(1953)3月(16歳0ヵ月)

新十両 :昭和33年(1958)3月(21歳0ヵ月)

新入幕 :昭和34年(1959)1月(21歳10ヵ月)

新三役 :昭和35年(1960)3月(23歳0ヵ月)

最終場所:昭和43年(1968)11月(31歳8ヵ月)

生涯戦歴:574勝559敗5休/1132出場(86場所)

生涯勝率:50.7%

優勝等 :幕内優勝1回(次点2),十両同点1回,幕下優勝1回

成 績 :殊勲賞2回,敢闘賞4回,技能賞1回,金星7個

幕内戦歴:414勝466敗5休(59場所)勝率:47.0%

  小結:58勝87敗5休(10場所)勝率:40.0%

  前頭:356勝379敗(49場所)勝率:48.4%

十両戦歴:61勝29敗(6場所)勝率:67.8%

闘牙 進

「もみあげの闘牙」と親しまれたトレードマークは、断髪式の際にまげと共に切り落とされた。高砂部屋での現役時代には弟弟子として水戸泉を支え、引退後は九重部屋の部屋付親方を経て錦戸部屋へと移籍、ふたたび兄弟子(錦戸親方)の右腕となった

20代・千田川 順(錦戸部屋)

闘牙 進(とうき すすむ)

最高位 :小結

年寄名跡:準年寄・闘牙⇒19代佐ノ山⇒13代浅香山⇒20代押尾川⇒20代千田川

出身地 :千葉県市川市

本 名 :玉城 順

生年月日:昭和49年(1974)7月4日(45歳)

所属部屋:高砂部屋

改名歴 :玉城⇒闘牙

初土俵 :平成3年(1991)1月(16歳6ヵ月)

新十両 :平成9年(1997)7月(23歳0ヵ月)

新入幕 :平成10年(1998)5月(23歳10ヵ月)

新三役 :平成15年(2003)9月(29歳2ヵ月)

最終場所:平成18年(2006)5月(31歳10ヵ月)

生涯戦歴:511勝518敗31休/1026出場(93場所)

生涯勝率:49.7%

優勝等 :十両優勝1回(同点2),幕下優勝1回,三段目優勝1回

幕内戦歴:249勝303敗18休(38場所)勝率:45.1%

  小結:7勝8敗(1場所)勝率:46.7%

  前頭:242勝295敗18休(37場所)勝率:45.1%

十両戦歴:107勝97敗6休(14場所)勝率:52.5%

高砂部屋の前頭

嶋錦 博

嶋錦 博(しまにしき ひろし)

最高位 :前頭筆頭

年寄名跡:16代陣幕⇒7代八角

出身地 :大阪府大阪市

本 名 :大嶋 博

生年月日:昭和3年(1928)9月26日

没年月日:平成15年(2003)7月21日(享年74歳)

所属部屋:高砂部屋

改名歴 :大ノ島⇒嶋錦

初土俵 :昭和18年(1943)5月(14歳8ヵ月)

新十両 :昭和26年(1951)1月(22歳4ヵ月)

新入幕 :昭和27年(1952)9月(24歳0ヵ月)

最終場所:昭和35年(1960)3月(31歳6ヵ月)

生涯戦歴:341勝381敗17休1分/721出場(58場所)

生涯勝率:47.2%

優勝等 :なし

幕内戦歴:212勝247敗5休1分(31場所)勝率:46.2%

十両戦歴:61勝70敗4休(9場所)勝率:46.6%

朝乃若 武彦

派手なレモンイエローのまわしや度を過ぎた塩まきパフォーマンスで審判部長が激怒

15代・若松 武彦(高砂部屋)

朝乃若 武彦(あさのわか たけひこ)

最高位 :前頭筆頭

年寄名跡:15代若松

出身地 :愛知県一宮市

本 名 :足立 武彦

生年月日:昭和44年(1969)12月11日(50歳)

出身大学:近畿大学

所属部屋:若松⇒高砂部屋

改名歴 :若足立⇒朝乃若

初土俵 :平成4年(1992)3月・幕下60付出(22歳3ヵ月)

新十両 :平成5年(1993)1月(23歳1ヵ月)

新入幕 :平成6年(1994)3月(24歳3ヵ月)

最終場所:平成17年(2005)5月(35歳5ヵ月)

生涯戦歴:547勝598敗7休/1145出場(80場所)

生涯勝率:47.8%

優勝等 :十両優勝1回,幕下優勝1回

幕内戦歴:346勝434敗(52場所)勝率:44.4%

十両戦歴:174勝156敗(22場所)勝率:52.7%

南海龍 太郎

「サモアの怪人」と呼ばれた史上初の西サモア出身関取であり幕内力士、度を過ぎた大酒飲みが災いし二日酔いで休場、これがもとで廃業に

南海龍 太郎(なんかいりゅう たろう)

最高位 :前頭2枚目

出身地 :西サモア アピア市

本 名 :キリフィ・サパ

生年月日:昭和40年(1965)2月22日

所属部屋:高砂部屋

初土俵 :昭和59年(1984)9月(19歳7ヵ月)

新十両 :昭和62年(1987)5月(22歳3ヵ月)

新入幕 :昭和62年(1987)11月(22歳9ヵ月)

最終場所:昭和63年(1988)11月(23歳9ヵ月)

生涯戦歴:145勝94敗1休/238出場(26場所)

生涯勝率:60.7%

優勝等 :序二段同点1回

幕内戦歴:44勝45敗1休(7場所)勝率:49.4%

十両戦歴:30勝15敗(3場所)勝率:66.7%

愛宕山 武司

激しい立ち合いから突っ張りで小気味いい相撲ぶり、幕下では2度の全勝優勝も

愛宕山 武司(あたごやま たけし)

最高位 :前頭3枚目

出身地 :愛媛県八幡浜市

本 名 :大澤 慶吉

生年月日:昭和11年(1936)1月11日

没年月日:平成12年(2000)5月5日(享年64歳)

所属部屋:高砂部屋

改名歴 :大澤⇒愛宕山⇒大沢

初土俵 :昭和26年(1951)5月(15歳4ヵ月)

新十両 :昭和31年(1956)1月(20歳0ヵ月)

新入幕 :昭和32年(1957)3月(21歳2ヵ月)

最終場所:昭和37年(1962)1月(26歳0ヵ月)

生涯戦歴:265勝257敗47休/520出場(51場所)

生涯勝率:50.8%

優勝等 :十両優勝1回,幕下優勝2回

幕内戦歴:104勝120敗31休(17場所)勝率:46.4%

十両戦歴:71勝49敗(9場所)勝率:59.2%

信州山 由金

長身だったが頭をしっかりと下げて出る堅実な取り口、横綱羽黒山に善戦した一番が話題となった

信州山 由金(しんしゅうざん よしかね)

最高位 :前頭4枚目

出身地 :長野県諏訪市

本 名 :河西 由金

生年月日:大正7年(1918)11月1日

没年月日:昭和51年(1976)8月20日(享年57歳)

所属部屋:高砂部屋

改名歴 :諏訪昇⇒諏訪登⇒信州山

初土俵 :昭和12年(1937)5月(18歳6ヵ月)

新十両 :昭和19年(1944)1月(25歳2ヵ月)

新入幕 :昭和20年(1945)11月(27歳0ヵ月)

最終場所:昭和23年(1948)10月(29歳11ヵ月)

生涯戦歴:98勝85敗11休/183出場(23場所)

生涯勝率:53.6%

優勝等 :幕下優勝1回

幕内戦歴:24勝31敗11休(6場所)勝率:43.6%

十両戦歴:24勝18敗(4場所)勝率:57.1%

白田山 秀敏

引退までの17年8ヶ月間、連続出場1202番

白田山 秀敏(しらたやま ひでとし)

最高位 :前頭4枚目

年寄名跡:10代谷川

出身地 :熊本県八代郡鏡町

本 名 :白田 秀敏

生年月日:昭和18年(1943)12月25日

所属部屋:高砂部屋

初土俵 :昭和34年(1959)7月(15歳7ヵ月)

新十両 :昭和43年(1968)1月(24歳1ヵ月)

新入幕 :昭和46年(1971)3月(27歳3ヵ月)

最終場所:昭和52年(1977)5月(33歳5ヵ月)

生涯戦歴:594勝608敗/1202出場(108場所)

生涯勝率:49.4%

優勝等 :十両優勝1回

幕内戦歴:88勝122敗(14場所)勝率:41.9%

十両戦歴:314勝316敗(42場所)勝率:49.8%

朝ノ海 正清

強い腕力での櫓投げが魅力だった、長く朝潮の付き人を務める

朝ノ海 正清(あさのうみ まさきよ)

最高位 :前頭9枚目

出身地 :鹿児島県大島郡

本 名 :崎谷 正清

生年月日:昭和11年(1936)11月22日

所属部屋:高砂部屋

初土俵 :昭和28年(1953)1月(16歳2ヵ月)

新十両 :昭和33年(1958)11月(22歳0ヵ月)

新入幕 :昭和37年(1962)7月(25歳8ヵ月)

最終場所:昭和39年(1964)1月(27歳2ヵ月)

生涯戦歴:319勝320敗7休/639出場(58場所)

生涯勝率:49.9%

優勝等 :なし

幕内戦歴:23勝37敗(4場所)勝率:38.3%

十両戦歴:165勝180敗(23場所)勝率:47.8%

及川 太郎

及川 太郎(おいかわ たろう)

最高位 :前頭10枚目

出身地 :岩手県胆沢郡前沢町

本 名 :及川 耕貢

生年月日:昭和11年(1936)1月11日

所属部屋:尾上⇒高砂部屋

初土俵 :昭和27年(1952)1月(16歳0ヵ月)

新十両 :昭和31年(1956)9月(20歳8ヵ月)

新入幕 :昭和32年(1957)9月(21歳8ヵ月)

最終場所:昭和37年(1962)5月(26歳4ヵ月)

生涯戦歴:300勝307敗19休/605出場(51場所)

生涯勝率:49.4%

優勝等 :十両優勝2回

幕内戦歴:147勝164敗4休(21場所)勝率:47.3%

十両戦歴:77勝78敗10休(11場所)勝率:49.7%

朝岡 勲

朝岡 勲(あさおか いさお)

最高位 :前頭10枚目

出身地 :兵庫県洲本市

本 名 :朝岡 勲

生年月日:昭和16年(1941)6月20日

没年月日:平成18年(2006)6月10日(享年64歳)

所属部屋:高砂部屋

初土俵 :昭和37年(1962)5月(20歳11ヵ月)

新十両 :昭和39年(1964)11月(23歳5ヵ月)

新入幕 :昭和41年(1966)3月(24歳9ヵ月)

最終場所:昭和44年(1969)7月(28歳1ヵ月)

生涯戦歴:263勝245敗9休/507出場(44場所)

生涯勝率:51.8%

優勝等 :序二段優勝1回,序ノ口優勝1回

幕内戦歴:17勝28敗(3場所)勝率:37.8%

十両戦歴:176勝182敗2休(24場所)勝率:49.2%

朝嵐 大三郎

時間いっぱいの時、土俵内のゴミを土俵の外へ捨てに行ったら反則負けとなったことが

朝嵐 大三郎(あさあらし だいざぶろう)

最高位 :前頭12枚目

年寄名跡:7代高田川⇒14代振分

出身地 :大阪府大阪市生野区

本 名 :笹木 淳二

生年月日:昭和18年(1943)7月8日

所属部屋:高砂部屋

改名歴 :笹木⇒朝響⇒朝嵐

初土俵 :昭和34年(1959)3月(15歳8ヵ月)

新十両 :昭和41年(1966)7月(23歳0ヵ月)

新入幕 :昭和44年(1969)5月(25歳10ヵ月)

最終場所:昭和48年(1973)3月(29歳8ヵ月)

生涯戦歴:403勝425敗7休/828出場(84場所)

生涯勝率:48.7%

優勝等 :なし

幕内戦歴:5勝10敗(1場所)勝率:33.3%

十両戦歴:209勝256敗(31場所)勝率:44.9%

前ノ山 政三

相手を見ずにぐっと斜めに向いての仕切りが特徴的で、その所作が笑いを誘った

前ノ山 政三(まえのやま まさぞう)

最高位 :前頭14枚目

出身地 :愛媛県八幡浜市

本 名 :菊地 秀介

生年月日:昭和6年(1931)7月2日

没年月日:昭和48年(1973)4月8日(享年41歳)

所属部屋:高砂部屋

改名歴 :前ノ川⇒佐田岬⇒前ノ山

初土俵 :昭和22年(1947)6月(15歳11ヵ月)

新十両 :昭和28年(1953)3月(21歳8ヵ月)

新入幕 :昭和30年(1955)9月(24歳2ヵ月)

最終場所:昭和35年(1960)1月(28歳6ヵ月)

生涯戦歴:339勝342敗15休/678出場(50場所)

生涯勝率:49.8%

優勝等 :なし

幕内戦歴:54勝81敗(9場所)勝率:40.0%

十両戦歴:163勝163敗4休(22場所)勝率:50.0%

東錦 栄三郎

東錦 栄三郎(あずまにしき えいざぶろう)

最高位 :前頭15枚目

出身地 :東京都新宿区

本 名 :星野 栄三郎

生年月日:昭和15年(1940)10月2日

没年月日:平成6年(1994)11月9日(享年54歳)

所属部屋:高砂部屋

改名歴 :星野⇒東錦

初土俵 :昭和31年(1956)5月(15歳7ヵ月)

新十両 :昭和37年(1962)3月(21歳5ヵ月)

新入幕 :昭和37年(1962)9月(21歳11ヵ月)

最終場所:昭和42年(1967)9月(26歳11ヵ月)

生涯戦歴:375勝352敗13休/726出場(66場所)

生涯勝率:51.6%

優勝等 :十両優勝1回(同点1),幕下同点1回,三段目同点1回

幕内戦歴:3勝12敗(1場所)勝率:20.0%

十両戦歴:229勝245敗6休(32場所)勝率:48.3%

大田山 一朗

大田山 一朗(おおたやま いちろう)

最高位 :前頭20枚目

年寄名跡:14代陣幕⇒8代錦戸

出身地 :東京都大田区

本 名 :藤澤 一郎

生年月日:大正13年(1924)5月3日

没年月日:平成11年(1999)11月11日(享年75歳)

所属部屋:高砂部屋

改名歴 :藤沢⇒前田川⇒岩手山⇒太田山⇒大田山

初土俵 :昭和15年(1940)1月(15歳8ヵ月)

新十両 :昭和26年(1951)9月(27歳4ヵ月)

新入幕 :昭和32年(1957)9月(33歳4ヵ月)

最終場所:昭和34年(1959)5月(35歳0ヵ月)

生涯戦歴:347勝366敗9休1分/713出場(58場所)

生涯勝率:48.7%

優勝等 :十両優勝1回,幕下優勝1回

幕内戦歴:10勝20敗(2場所)勝率:33.3%

十両戦歴:228勝247敗4休1分(32場所)勝率:48.0%

柏農山 勝栄

柏農山 勝栄(はくのうざん しょうえい)

最高位 :前頭21枚目

年寄名跡:7代芝田山

出身地 :青森県南津軽郡

本 名 :高木 勝栄

生年月日:大正12年(1923)7月6日

没年月日:昭和33年(1958)5月16日(享年34歳)

所属部屋:高砂部屋

改名歴 :柏農山⇒國錦⇒柏農山

初土俵 :昭和15年(1940)1月(16歳6ヵ月)

新十両 :昭和20年(1945)6月(21歳11ヵ月)

新入幕 :昭和23年(1948)5月(24歳10ヵ月)

最終場所:昭和24年(1949)5月(25歳10ヵ月)

生涯戦歴:73勝57敗15休/130出場(20場所)

生涯勝率:56.2%

優勝等 :なし

幕内戦歴:4勝7敗(1場所)勝率:36.4%

十両戦歴:22勝23敗(7場所)勝率:48.9%

朝若 佐太郎

親方として勝負検査役を務めたが「幕尻1場所の経験で横綱や大関を裁くのか?」と話題になった

朝若 佐太郎(あさわか さたろう)

最高位 :前頭21枚目

年寄名跡:6代高田川

出身地 :愛媛県松山市

本 名 :中矢 悟

生年月日:大正12年(1923)1月8日

没年月日:昭和44年(1969)11月25日(享年46歳)

所属部屋:高砂部屋

改名歴 :朝若⇒高潮⇒朝若

初土俵 :昭和14年(1939)1月(16歳0ヵ月)

新十両 :昭和21年(1946)11月(23歳10ヵ月)

新入幕 :昭和25年(1950)5月(27歳4ヵ月)

最終場所:昭和27年(1952)1月(29歳0ヵ月)

生涯戦歴:130勝144敗26休1分/273出場(30場所)

生涯勝率:47.4%

優勝等 :幕下優勝1回

幕内戦歴:4勝11敗(1場所)勝率:26.7%

十両戦歴:75勝87敗11休1分(13場所)勝率:46.3%

高砂部屋の十両

泉州山 喜裕

泉州山 喜裕(せんしゅうやま よしひろ)

最高位 :十両筆頭

出身地 :大阪府堺市

本 名 :佐藤 喜裕

生年月日:昭和50年(1975)9月1日

所属部屋:高砂部屋

改名歴 :佐藤⇒諏訪錦⇒泉州山

初土俵 :平成4年(1992)5月(16歳8ヵ月)

新十両 :平成12年(2000)5月(24歳8ヵ月)

最終場所:平成19年(2007)1月(31歳4ヵ月)

生涯戦歴:412勝405敗7休/817出場(89場所)

生涯勝率:50.4%

優勝等 :なし

十両戦歴:180勝210敗(26場所)勝率:46.2%

前田花 英介

前田花 英介(まえだはな えいすけ)

最高位 :十両4枚目

出身地 :岩手県下閉伊郡山田町

本 名 :田畑 友彦

生年月日:昭和15年(1940)10月6日

所属部屋:高砂部屋

改名歴 :田畑⇒陸中山⇒宮潮⇒前田花⇒田畑⇒前田花

初土俵 :昭和31年(1956)9月(15歳11ヵ月)

新十両 :昭和39年(1964)9月(23歳11ヵ月)

最終場所:昭和43年(1968)9月(27歳11ヵ月)

生涯戦歴:302勝279敗3休/580出場(71場所)

生涯勝率:52.0%

優勝等 :なし

十両戦歴:56勝76敗3休(9場所)勝率:42.4%

剛堅 大二朗

剛堅 大二朗(ごうけん だいじろう)

最高位 :十両5枚目

出身地 :兵庫県伊丹市

本 名 :森田 耕平

生年月日:昭和39年(1964)6月26日

所属部屋:高砂部屋

改名歴 :森田⇒朝ノ竜⇒森田⇒剛堅

初土俵 :昭和55年(1980)9月(16歳3ヵ月)

新十両 :平成元年(1989)11月(25歳5ヵ月)

最終場所:平成7年(1995)1月(30歳7ヵ月)

生涯戦歴:318勝269敗71休/585出場(87場所)

生涯勝率:54.2%

優勝等 :幕下同点2回

十両戦歴:37勝43敗25休(7場所)勝率:46.3%

皇牙 都嵯

朝青龍の横綱時代に関取ながら弓取り式を努めた

皇牙 都嵯(おうが とさ)

最高位 :十両6枚目

出身地 :福岡県直方市

本 名 :森安 篤

生年月日:昭和52年(1977)10月22日

所属部屋:高砂部屋

改名歴 :森安⇒皇牙

初土俵 :平成5年(1993)3月(15歳5ヵ月)

新十両 :平成18年(2006)5月(28歳7ヵ月)

最終場所:平成19年(2007)5月(29歳7ヵ月)

生涯戦歴:329勝307敗/636出場(85場所)

生涯勝率:51.7%

優勝等 :十両同点1回,幕下同点1回

十両戦歴:42勝48敗(6場所)勝率:46.7%

朝弁慶 大吉

出身地に因んで「湘南の重戦車」と呼ばれている迫力に溢れた相撲が魅力。行司の木村朝之助が「朝弁慶」と命名してくれたが、中華料理店を営んでいた実家のライバル店が「弁慶」という名前だった為「なんでそんな四股名にしたの?」と両親から叱られた

朝弁慶 大吉(あさべんけい だいきち)

最高位 :十両7枚目

出身地 :神奈川県平塚市

本 名 :酒井 泰伸

生年月日:平成元年(1989)2月12日(31歳)

所属部屋:高砂部屋

改名歴 :朝酒井⇒朝弁慶

初土俵 :平成19年(2007)3月(18歳1ヵ月)

新十両 :平成27年(2015)11月(26歳9ヵ月)

優勝等 :三段目優勝1回

伊予櫻 政行

十両は1場所で陥落、引退後は高砂部屋で若者頭に転身

若者頭・伊予櫻 政行(高砂部屋)

伊予櫻 政行(いよざくら まさゆき)

最高位 :十両11枚目

出身地 :愛媛県伊予郡松前町

本 名 :市来 政行

生年月日:昭和36年(1961)3月20日(59歳)

所属部屋:高砂部屋

改名歴 :市来⇒伊予櫻

初土俵 :昭和51年(1976)3月(15歳0ヵ月)

新十両 :昭和59年(1984)11月(23歳8ヵ月)

最終場所:昭和63年(1988)3月(27歳0ヵ月)

生涯戦歴:262勝234敗16休/496出場(73場所)

生涯勝率:52.8%

優勝等 :なし

十両戦歴:2勝13敗(1場所)勝率:13.3%

朝玉勢 一嗣磨

三重県伊勢市出身、高砂部屋。小学生の頃から志友館相撲道場で相撲を始める。志摩市立磯辺中学3年次に全国都道府県中学生相撲選手権大会で優勝、都道府県中学横綱に輝いた。

高校は、父親が近畿大学相撲部の故・伊東勝人監督と近大相撲部時代に同期だったこともあり近畿大学付属高校へと進学。そして近畿大学へと進むと、1年次に西日本学生相撲新人選手権大会での優勝をはじめ個人タイトル3冠に輝いた。同部屋の朝乃山とは近大相撲部からのチームメイトだが初土俵は朝玉勢が1場所早い。

令和元年9月場所で新十両昇進、四股名を玉木から朝玉勢へと改めた。由来は本名の玉木と伊勢市の「勢」からで、中学時代の下宿先だった餅屋の方が決めてくれた。

朝玉勢 一嗣磨(あさぎょくせい かずま)

最高位 :十両12枚目

出身地 :三重県伊勢市

本 名 :玉木 一嗣磨

生年月日:平成5年(1993)5月29日(26歳)

出身大学:近畿大学

所属部屋:高砂部屋

改名歴 :朝玉木⇒玉木⇒朝玉勢

初土俵 :平成28年(2016)1月(22歳8ヵ月)

新十両 :令和元年(2019)9月(26歳4ヵ月)

優勝等 :序二段優勝1回,序ノ口優勝1回

高砂部屋の歴代師匠

高砂部屋の歴代師匠をご紹介いたします。同部屋出身者については、詳細を前述していますので各地位の項を参照ください。

初代・高砂 浦五郎

template id=”203867″]

2代・高砂 浦五郎

同郷の初代高砂の弟子で高砂改正組では角界の改革に奔走、帰参後は横綱梅ケ谷を破るなど活躍した

高見山 宗五郎(たかみやま そうごろう)

最高位 :関脇

年寄名跡:5代阿武松⇒2代高砂

出身地 :千葉県山武郡

本 名 :今関 宗次郎

生年月日:嘉永4年(1851)2月10日

没年月日:大正3年(1914)7月4日(享年63歳)

所属部屋:高砂部屋

改名歴 :響矢⇒高見山⇒阿武松

初土俵 :明治11年(1878)5月・幕内格付出(27歳4ヵ月)

新入幕 :明治11年(1878)5月(27歳4ヵ月)

新三役 :明治15年(1882)1月(30歳11ヵ月)

最終場所:明治22年(1889)5月(38歳3ヵ月)

生涯戦歴:65勝59敗71休26分9預/159出場(23場所)

生涯勝率:52.4%

優勝等 :優勝相当1回

幕内戦歴:65勝59敗71休26分9預(23場所)勝率:52.4%

  関脇:4勝4敗1休1預(1場所)勝率:50.0%

  小結:7勝7敗8休6分2預(3場所)勝率:50.0%

  前頭:54勝48敗62休20分6預(19場所)勝率:52.9%

3代・高砂 浦五郎

「右差し五万石」と称されるほどに右を差すと強かった。弟弟子だった綾川との後継者争いは裁判にまで発展するも勝利し二枚鑑札で高砂を襲名。横綱男女ノ川や前田山を育てた

朝潮 太郎(2代)(あさしお たろう)

最高位 :大関

年寄名跡:3代高砂

出身地 :愛媛県西条市

本 名 :薦田 長吉⇒坪井 長吉

生年月日:明治12年(1879)4月19日

没年月日:昭和36年(1961)4月30日(享年82歳)

所属部屋:高砂⇒佐ノ山⇒高砂部屋

改名歴 :朝嵐⇒朝汐⇒朝潮

初土俵 :明治34年(1901)5月・新序(22歳1ヵ月)

新十両 :明治39年(1906)1月(26歳9ヵ月)

新入幕 :明治40年(1907)1月(27歳9ヵ月)

新三役 :明治42年(1909)1月(29歳9ヵ月)

新大関 :大正4年(1915)1月(35歳9ヵ月)

最終場所:大正8年(1919)5月(40歳1ヵ月)

生涯戦歴:111勝67敗66休26分7預/211出場(28場所)

生涯勝率:62.4%

優勝等 :なし

幕内戦歴:98勝64敗66休25分7預(26場所)勝率:60.5%

  大関:28勝13敗56休2分1預(10場所)勝率:68.3%

  関脇:21勝16敗5休5分3預(5場所)勝率:56.8%

  小結:12勝10敗1休5分2預(3場所)勝率:54.5%

  前頭:37勝25敗4休13分1預(8場所)勝率:59.7%

十両戦歴:13勝3敗1分(2場所)勝率:81.3%

4代・高砂 浦五郎

愛媛県西宇和郡出身、高砂部屋の元力士で最高位は横綱。休場中の日米野球観戦が問題となり引退勧告、横綱としては短命に終わったが名大関だったとの評価も

4代・高砂浦五郎

前田山 英五郎(まえだやま えいごろう)

最高位 :第39代横綱

年寄名跡:4代高砂

出身地 :愛媛県西宇和郡

本 名 :萩森 金松

生年月日:大正3年(1914)5月4日

没年月日:昭和46年(1971)8月17日(享年57歳)

所属部屋:高砂部屋

改名歴 :喜木山⇒佐田岬⇒前田山

初土俵 :昭和4年(1929)1月(14歳8ヵ月)

新十両 :昭和9年(1934)1月(19歳8ヵ月)

新入幕 :昭和12年(1937)1月(22歳8ヵ月)

新三役 :昭和13年(1938)1月(23歳8ヵ月)

新大関 :昭和13年(1938)5月(24歳0ヵ月)

横綱昇進:昭和22年(1947)11月(33歳6ヵ月)

最終場所:昭和24年(1949)10月(35歳5ヵ月)

生涯戦歴:306勝153敗50休/451出場(52場所)

生涯勝率:66.7%

優勝等 :幕内優勝1回(同点1・次点2),十両優勝1回,幕下優勝1回

幕内戦歴:206勝104敗39休(27場所)勝率:66.5%

  横綱:24勝27敗25休(6場所)勝率:47.1%

  大関:155勝67敗14休(18場所)勝率:69.8%

  小結:11勝2敗(1場所)勝率:84.6%

  前頭:16勝8敗(2場所)勝率:66.7%

十両戦歴:18勝4敗(3場所)勝率:81.8%

5代・高砂 浦五郎

鹿児島県大島郡徳之島町出身、高砂部屋の元力士。最高位は横綱。太い眉毛と胸毛がトレードマーク、横綱昇進後は脊椎分離症に悩まされた。引退後は部屋を継承し4代朝潮や小錦、水戸泉らを育てた。

朝汐 太郎(3代)(あさしお たろう)

最高位 :第46代横綱

年寄名跡:横綱5年・朝潮⇒13代振分5代高砂

出身地 :鹿児島県大島郡徳之島町(出生地は兵庫県神戸市)

本 名 :米川 文敏

生年月日:昭和4年(1929)11月13日

没年月日:昭和63年(1988)10月23日(享年58歳)

所属部屋:高砂部屋

改名歴 :米川⇒朝潮⇒朝汐⇒朝潮

初土俵 :昭和23年(1948)10月・新序(18歳11ヵ月)

新十両 :昭和25年(1950)9月(20歳10ヵ月)

新入幕 :昭和26年(1951)1月(21歳2ヵ月)

新三役 :昭和28年(1953)1月(23歳2ヵ月)

新大関 :昭和32年(1957)5月(27歳6ヵ月)

横綱昇進:昭和34年(1959)5月(29歳6ヵ月)

最終場所:昭和37年(1962)1月(32歳2ヵ月)

生涯戦歴:501勝270敗101休/766出場(59場所)

生涯勝率:65.0%

優勝等 :幕内優勝5回(次点3),十両優勝1回

成 績 :殊勲賞4回,金星7個

幕内戦歴:431勝248敗101休(52場所)勝率:63.5%

  横綱:102勝58敗95休(17場所)勝率:63.8%

  大関:117勝42敗6休(11場所)勝率:73.6%

  関脇:94勝56敗(10場所)勝率:62.7%

  小結:47勝43敗(6場所)勝率:52.2%

  前頭:71勝49敗(8場所)勝率:59.2%

十両戦歴:14勝1敗(1場所)勝率:93.3%

6代・高砂 浦五郎

相撲は激しかったが穏やかな性格とその風貌から「平和ちゃん」と親しまれていた

富士錦 猛光(ふじにしき たけみつ)

最高位 :小結

年寄名跡:6代西岩⇒14代尾上⇒6代高砂⇒12代若松

出身地 :山梨県甲府市

本 名 :渡辺 章⇒一宮 章

生年月日:昭和12年(1937)3月18日

没年月日:平成15年(2003)12月17日(享年66歳)

所属部屋:高砂部屋

改名歴 :渡辺⇒冨士錦⇒富士錦

初土俵 :昭和28年(1953)3月(16歳0ヵ月)

新十両 :昭和33年(1958)3月(21歳0ヵ月)

新入幕 :昭和34年(1959)1月(21歳10ヵ月)

新三役 :昭和35年(1960)3月(23歳0ヵ月)

最終場所:昭和43年(1968)11月(31歳8ヵ月)

生涯戦歴:574勝559敗5休/1132出場(86場所)

生涯勝率:50.7%

優勝等 :幕内優勝1回(次点2),十両同点1回,幕下優勝1回

成 績 :殊勲賞2回,敢闘賞4回,技能賞1回,金星7個

幕内戦歴:414勝466敗5休(59場所)勝率:47.0%

  小結:58勝87敗5休(10場所)勝率:40.0%

  前頭:356勝379敗(49場所)勝率:48.4%

十両戦歴:61勝29敗(6場所)勝率:67.8%

7代・高砂 浦五郎

近大で2年連続アマチュア横綱と学生横綱を獲得し高砂部屋に入門、その風貌と話術で人気力士となりCMにも起用された。引退後は若松部屋継承の後、高砂部屋を継ぐことに

7代・高砂 浦五郎

朝潮 太郎(4代)(あさしお たろう)

最高位 :大関

年寄名跡:15代山響⇒11代若松7代高砂

出身地 :高知県室戸市

本 名 :長岡 末弘

生年月日:昭和30年(1955)12月9日(34歳)

出身大学:近畿大学

所属部屋:高砂部屋

改名歴 :長岡⇒朝汐⇒朝潮

初土俵 :昭和53年(1978)3月・幕下60付出(22歳3ヵ月)

新十両 :昭和53年(1978)7月(22歳7ヵ月)

新入幕 :昭和53年(1978)11月(22歳11ヵ月)

新三役 :昭和55年(1980)5月(24歳5ヵ月)

新大関 :昭和58年(1983)5月(27歳5ヵ月)

最終場所:平成元年(1989)3月(33歳3ヵ月)

生涯戦歴:564勝382敗43休/943出場(67場所)

生涯勝率:59.6%

優勝等 :幕内優勝1回(同点3・次点1),十両同点1回,幕下優勝1回

成 績 :殊勲賞10回,敢闘賞3回,技能賞1回,金星5個

幕内戦歴:531勝371敗43休(63場所)勝率:58.9%

  大関:294勝203敗43休(36場所)勝率:59.2%

  関脇:82勝53敗(9場所)勝率:60.7%

  小結:44勝16敗(4場所)勝率:73.3%

  前頭:111勝99敗(14場所)勝率:52.9%

十両戦歴:20勝10敗(2場所)勝率:66.7%

現役の高砂部屋力士の最新情報はこちら

ここまでは過去から現在までの高砂部屋の主な力士たちをご紹介してきましたが、高砂部屋の現役力士の最新番付や成績を知りたい方の為に最適な記事もご用意しています。相撲観戦と予習におススメです!



大相撲観戦におすすめの1冊をご紹介。全力士や親方はもちろん、行司さんや呼出さんなどの裏方の方々もすべて顔写真付きで載っている、まさに観戦のお供といえる大相撲力士名鑑です。



出身地別、力士別、初土俵別など様々な方法で力士データをまとめています。

おすすめの記事をご紹介

ここからは当サイトのおすすめ記事をご紹介します。

相撲に携わる方々

ネットでの大相撲観戦といえばAbemaTV!「AbemaTV」での視聴方法について解説しています。序ノ口から結びの一番まで完全無料生中継!ぜひ確認してみてください。

地方巡業日程はこちら

力士や親方、裏方さんたちと間近で触れ合うチャンスは地方巡業です!巡業日程や詳細をご紹介しています。

カテゴリー : 高砂一門

公開日:2018-07-21
投稿者:レイ

2 thoughts on “高砂部屋の力士一覧!過去から現在、高砂部屋の主な関取を網羅しました

  1. 匿名

    朝嵐大三郎は、福井県出身ではなく、大阪じゃないでしょうか?

    返信
    1. レイ 投稿作成者

      大変失礼いたしました。
      ご指摘の通り、朝嵐関は大阪府大阪市生野区出身が正しかったです。
      さっそく情報は修正させて頂きました。
      今回は申し訳ありませんでした。
      そして、ご指摘頂きまして、ありがとうございました。

      返信

コメントはお気軽にどうぞ

※当サイトは個人が運営するサイトであり、日本相撲協会及び、各相撲部屋とは関連がないことをご了承ください。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。※当サイトは個人が運営するサイトです。