富山県出身の力士一覧!過去から現在、富山の主な関取を網羅しました

富山出身の過去から現在までの主な力士をご紹介する富山県の大相撲力士まとめ!この記事では富山出身の関取を中心に紹介していきます。

富山県の過去の郷土力士としては、明治期の大相撲黄金期を築いた第20代横綱(2代)梅ヶ谷をはじめ、第22代横綱・太刀山や関脇・琴ヶ梅など数々の名力士たちが名を残しています。

また、現役の関取経験者としては高砂部屋の朝乃山がいますね。

そこでこの記事では主な富山出身の力士たちを取り上げています。過去の力士については最高位や改名歴、初土俵や各段の昇進時期と最終場所、さらに生涯戦歴と生涯勝率、成績等を中心にご紹介していきます。また、現役力士については最高位と昇進時期、主な成績などを載せています。

なお、年寄名跡欄のマークは、その代で師匠(部屋持ち親方)になったことがあるという意味です。

現役の富山県出身力士の最新番付や成績、詳細なデータをご覧になりたい方はこちら

スポンサーリンク

富山出身の優勝力士

まずは富山県出身の優勝力士をご紹介しましょう。優勝制度が制定された明治42年(1909)6月場所以降、富山出身の幕内最高優勝力士は長らくただ1人、横綱・太刀山でしたが、令和元年5月場所で朝乃山が初優勝を決めました。これは太刀山が最後に優勝した大正5年(1916)5月場所から実に102年ぶりとなる快挙です。

太刀山について振り返ってみると、太刀山は大関だった明治43年(1910)6月月場所での初優勝を皮切りに大正5年(1916)5月場所の優勝までの間、実に9回もの優勝を遂げました。また、優勝制度が制定される以前にも優勝相当となる成績を2回あげています。まさに郷土が誇る横綱と言っていいでしょう。

富山県出身の優勝力士一覧

太刀山の優勝歴を年代順にご紹介しましょう。
優勝
回数
場所年月四股名優勝時
の地位
成績所属部屋備考
明治43年6月
(1910)
太刀山大関9勝0敗1分友綱
明治44年2月
(1911)
太刀山大関8勝0敗1分1預友綱43連勝中での優勝
明治44年6月
(1911)
太刀山横綱10勝0敗友綱
明治45年1月
(1912)
太刀山横綱8勝1敗1分友綱
明治45年5月
(1912)
太刀山横綱10勝0敗友綱
大正2年5月
(1913)
太刀山横綱10勝0敗友綱
大正3年1月
(1914)
太刀山横綱10勝0敗友綱
大正4年6月
(1915)
太刀山横綱10勝0敗友綱
大正5年5月
(1916)
太刀山横綱9勝1敗友綱8日目に敗れるまで
56連勝を記録
令和元年5月
(2019)
朝乃山前頭高砂
スポンサーリンク


富山出身の横綱

梅ヶ谷 藤太郎(2代)

明治後期の相撲黄金期「梅・常陸時代」を築いた立役者

(2代)梅ヶ谷 藤太郎(うめがたに とうたろう)
最高位 :第20代横綱
年寄名跡:11代雷
出身地 :富山県富山市
本 名 :押田 音次郎⇒小江 音次郎
生年月日:明治11年(1878)3月11日
没年月日:昭和2年(1927)9月2日(享年49歳)
所属部屋:雷部屋
改名歴 :梅ノ谷⇒梅ヶ谷
初土俵 :明治25年(1892)6月(14歳3ヵ月)
新十両 :明治30年(1897)1月(18歳10ヵ月)
新入幕 :明治31年(1898)1月(19歳10ヵ月)
新三役 :明治32年(1899)1月(20歳10ヵ月)
新大関 :明治33年(1900)5月(22歳2ヵ月)
横綱昇進:明治37年(1904)1月(25歳10ヵ月)
最終場所:大正4年(1915)6月(37歳3ヵ月)
生涯戦歴:183勝31敗116休48分2預/264出場(39場所)
生涯勝率:85.5%
優勝等 :優勝相当3回
幕内戦歴:168勝27敗116休47分2預(36場所)勝率:86.2%
  横綱:90勝13敗99休37分1預(24場所)勝率:87.4%
  大関:48勝6敗12休4分(7場所)勝率:88.9%
  関脇:6勝2敗1休1分(1場所)勝率:75.0%
  小結:12勝3敗2休3分(2場所)勝率:80.0%
  前頭:12勝3敗2休2分1預(2場所)勝率:80.0%
十両戦歴:15勝4敗1分(2場所)勝率:78.9%

太刀山 峰右エ門

強力な突っ張りで「45日の鉄砲」(一月半=一突き半)と恐れられた

太刀山 峰右エ門(たちやま みねえもん)
最高位 :第22代横綱
年寄名跡:7代東関
出身地 :富山県富山市
本 名 :老本 弥次郎
生年月日:明治10年(1877)8月15日
没年月日:昭和16年(1941)4月3日(享年63歳)
所属部屋:友綱部屋
初土俵 :明治33年(1900)5月・幕下付出(22歳9ヵ月)
新十両 :明治35年(1902)1月(24歳5ヵ月)
新入幕 :明治36年(1903)1月(25歳5ヵ月)
新三役 :明治38年(1905)5月(27歳9ヵ月)
新大関 :明治42年(1909)6月(31歳10ヵ月)
横綱昇進:明治44年(1911)6月(33歳10ヵ月)
最終場所:大正7年(1918)1月(40歳5ヵ月)
生涯戦歴:211勝30敗73休11分5預/257出場(33場所)
生涯勝率:87.6%
優勝等 :幕内優勝9回(次点4)
幕内戦歴:195勝27敗73休10分5預(31場所)勝率:87.8%
  横綱:84勝3敗51休1分1預(14場所)勝率:96.6%
  大関:31勝2敗1休4分2預(4場所)勝率:93.9%
  関脇:48勝11敗16休4分1預(8場所)勝率:81.4%
  前頭:32勝11敗5休1分1預(5場所)勝率:74.4%
十両戦歴:16勝3敗1分(2場所)勝率:84.2%

スポンサーリンク



富山出身の関脇

玉椿 憲太郎

身長159センチの小兵ながらしぶとい相撲で「ダニ」と称される

玉椿 憲太郎(たまつばき けんたろう)
最高位 :関脇
年寄名跡:8代白玉
出身地 :富山県富山市
本 名 :森野 健次郎
生年月日:明治16年(1883)11月10日
没年月日:昭和3年(1928)9月19日(享年44歳)
所属部屋:雷部屋
改名歴 :湊山⇒玉ヶ関⇒玉椿
初土俵 :明治30年(1897)1月(13歳2ヵ月)
新十両 :明治35年(1902)5月(18歳6ヵ月)
新入幕 :明治36年(1903)5月(19歳6ヵ月)
新三役 :明治40年(1907)1月(23歳2ヵ月)
最終場所:大正5年(1916)1月(32歳2ヵ月)
生涯戦歴:91勝82敗52休34分17預/224出場(29場所)
生涯勝率:52.6%
優勝等 :なし
幕内戦歴:80勝80敗52休33分16預(26場所)勝率:50.0%
  関脇:9勝19敗6休5分1預(4場所)勝率:32.1%
  小結:25勝19敗9休14分3預(7場所)勝率:56.8%
  前頭:46勝42敗37休14分12預(15場所)勝率:52.3%
十両戦歴:11勝2敗1分1預(2場所)勝率:84.6%

黒瀬川 浪之助

吊り、上手投げ、二枚蹴りを得意とした美男子

黒瀬川 浪之助(くろせがわ なみのすけ)
最高位 :関脇
年寄名跡:7代谷川
出身地 :富山県氷見市
本 名 :本川 竹松
生年月日:明治18年(1885)3月20日
没年月日:昭和32年(1957)12月30日(享年72歳)
所属部屋:友綱部屋
初土俵 :明治36年(1903)5月(18歳2ヵ月)
新十両 :明治41年(1908)5月(23歳2ヵ月)
新入幕 :明治42年(1909)6月(24歳3ヵ月)
新三役 :大正2年(1913)5月(28歳2ヵ月)
最終場所:大正11年(1922)1月(36歳10ヵ月)
生涯戦歴:107勝114敗31休20分6預/247出場(29場所)
生涯勝率:48.4%
優勝等 :なし
成 績 :金星1個
幕内戦歴:96勝109敗31休19分5預(26場所)勝率:46.8%
  関脇:9勝11敗(2場所)勝率:45.0%
  小結:3勝7敗10休(2場所)勝率:30.0%
  前頭:84勝91敗21休19分5預(22場所)勝率:48.0%
十両戦歴:11勝5敗1分1預(2場所)勝率:68.8%

若見山 幸平

北の富士、清國とともに「若手三羽がらす」と期待された時期も

若見山 幸平(わかみやま こうへい)
最高位 :関脇
年寄名跡:8代大鳴戸
出身地 :富山県富山市
本 名 :熊野 敏彦
生年月日:昭和18年(1943)4月16日
所属部屋:立浪部屋
改名歴 :熊野⇒若見山
初土俵 :昭和32年(1957)11月(14歳7ヵ月)
新十両 :昭和38年(1963)5月(20歳1ヵ月)
新入幕 :昭和39年(1964)1月(20歳9ヵ月)
新三役 :昭和39年(1964)5月(21歳1ヵ月)
最終場所:昭和44年(1969)11月(26歳7ヵ月)
生涯戦歴:424勝406敗12休/828出場(73場所)
生涯勝率:51.1%
優勝等 :十両優勝1回
成 績 :敢闘賞1回,金星1個
幕内戦歴:173勝220敗12休(27場所)勝率:44.0%
  関脇:15勝15敗(2場所)勝率:50.0%
  小結:17勝28敗(3場所)勝率:37.8%
  前頭:141勝177敗12休(22場所)勝率:44.3%
十両戦歴:110勝85敗(13場所)勝率:56.4%

琴ヶ梅 剛史

「花のサンパチ組」の一人

琴ヶ梅 剛史(ことがうめ つよし)
最高位 :関脇
年寄名跡:19代錣山⇒13代大鳴戸
出身地 :富山県婦負郡八尾町
本 名 :北山 聡
生年月日:昭和38年(1963)10月5日
所属部屋:佐渡ヶ嶽部屋
改名歴 :北山⇒琴ヶ梅
初土俵 :昭和54年(1979)3月(15歳5ヵ月)
新十両 :昭和59年(1984)3月(20歳5ヵ月)
新入幕 :昭和60年(1985)3月(21歳5ヵ月)
新三役 :昭和60年(1985)11月(22歳1ヵ月)
最終場所:平成9年(1997)5月(33歳7ヵ月)
生涯戦歴:691勝663敗37休/1352出場(110場所)
生涯勝率:51.0%
優勝等 :十両優勝1回,三段目優勝2回
成 績 :殊勲賞1回,敢闘賞4回,技能賞2回,金星2個
幕内戦歴:369勝389敗22休(52場所)勝率:48.7%
  関脇:94勝86敗(12場所)勝率:52.2%
  小結:42勝48敗(6場所)勝率:46.7%
  前頭:233勝255敗22休(34場所)勝率:47.7%
十両戦歴:201勝185敗15休(27場所)勝率:52.1%

スポンサーリンク

富山出身の小結

緑嶌 友之助

引退後は春日山部屋から分家独立して立浪部屋を創設、横綱双葉山や羽黒山などを育てた

緑嶌 友之助(みどりしま とものすけ)
最高位 :小結
年寄名跡:4代立浪
出身地 :富山県滑川市
本 名 :高木 友之助 ⇒ 高木 彌右衛門
生年月日:明治11年(1878)1月12日
没年月日:昭和27年(1952)12月16日(享年74歳)
所属部屋:春日山部屋
初土俵 :明治31年(1898)1月・幕下付出(20歳0ヵ月)
新十両 :明治34年(1901)5月(23歳4ヵ月)
新入幕 :明治35年(1902)5月(24歳4ヵ月)
新三役 :明治41年(1908)5月(30歳4ヵ月)
最終場所:大正4年(1915)6月(37歳5ヵ月)
生涯戦歴:89勝124敗46休20分7預/240出場(29場所)
生涯勝率:41.8%
優勝等 :なし
成 績 :金星1個
幕内戦歴:78勝120敗46休19分7預(27場所)勝率:39.4%
  小結:2勝6敗1休1分(1場所)勝率:25.0%
  前頭:76勝114敗45休18分7預(26場所)勝率:40.0%
十両戦歴:11勝4敗1分(2場所)勝率:73.3%

射水川 健太郎

引退後は年寄若松を襲名、鯱ノ里を育てた

射水川 健太郎(いみずがわ けんたろう)
最高位 :小結
年寄名跡:8代若松
出身地 :富山県高岡市
本 名 :麻井 健次⇒松崎 健次
生年月日:明治27年(1894)5月10日
没年月日:昭和31年(1956)2月3日(享年61歳)
所属部屋:高砂部屋
初土俵 :明治45年(1912)1月(17歳8ヵ月)
新十両 :大正7年(1918)5月(24歳0ヵ月)
新入幕 :大正9年(1920)1月(25歳8ヵ月)
新三役 :大正14年(1925)1月(30歳8ヵ月)
最終場所:大正15年(1926)5月(32歳0ヵ月)
生涯戦歴:69勝57敗31休1分2預/129出場(18場所)
生涯勝率:54.8%
優勝等 :なし
成 績 :金星1個
幕内戦歴:53勝50敗31休1分1預(13場所)勝率:51.5%
  小結:5勝4敗1分1預(1場所)勝率:55.6%
  前頭:48勝46敗31休(12場所)勝率:51.1%
十両戦歴:16勝7敗1預(4場所)勝率:69.6%

富山出身の前頭

琴ヶ浦 善治郎

初代・小錦八十吉から徹底的に指導を受けた

琴ヶ浦 善治郎(ことがうら ぜんじろう)
最高位 :前頭筆頭
年寄名跡:12代常盤山
出身地 :富山県魚津市
本 名 :越野 善次郎
生年月日:明治23年(1890)2月11日
没年月日:昭和20年(1945)3月10日(享年55歳)
所属部屋:二十山部屋
改名歴 :小戸ヶ浦⇒琴ヶ浦
初土俵 :明治42年(1909)1月(18歳11ヵ月)
新十両 :大正4年(1915)6月(25歳4ヵ月)
新入幕 :大正6年(1917)1月(26歳11ヵ月)
最終場所:昭和2年(1927)10月(37歳8ヵ月)
生涯戦歴:134勝133敗22休25分7預/299出場(40場所)
生涯勝率:50.2%
優勝等 :なし
成 績 :金星1個
幕内戦歴:81勝107敗20休19分3預(22場所)勝率:43.1%
十両戦歴:19勝8敗3分1預(5場所)勝率:70.4%

吉野山 要次郎

のちの大横綱・双葉山に伝授した土俵際でのうっちゃり

吉野山 要次郎(よしのやま ようじろう)
最高位 :前頭筆頭
年寄名跡:8代中川
出身地 :富山県黒部市
本 名 :大上戸 要次郎
生年月日:明治29年(1896)1月3日
没年月日:昭和31年(1956)2月6日(享年60歳)
所属部屋:立浪部屋
改名歴 :緑浪⇒吉野山⇒吉ノ山⇒吉野山
初土俵 :大正5年(1916)1月(20歳0ヵ月)
新十両 :大正13年(1924)1月(28歳0ヵ月)
新入幕 :大正14年(1925)1月(29歳0ヵ月)
最終場所:昭和8年(1933)1月(37歳0ヵ月)
生涯戦歴:172勝223敗2休1分5預/401出場(47場所)
生涯勝率:43.5%
優勝等 :なし
成 績 :金星3個
幕内戦歴:120勝193敗2預(30場所)勝率:38.3%
十両戦歴:9勝3敗(2場所)勝率:75.0%

朝乃山 英樹(現役)

近畿大学では個人タイトルを7つ獲得、また全日本相撲選手権大会ベスト4などの実績により三段目付出資格を獲得し角界入り。四股名の「山」の由来は、地元の“富山”に同郷の横綱“太刀山”そして亡くなった恩師の“浦山”から。下の名「英樹」も恩師から頂いた。令和元年5月場所で幕内最高位優勝。富山出身としては太刀山以来、2人目の優勝力士であり103年ぶりとなる快挙。さらに令和初の優勝力士として相撲史に名を刻んだ

朝乃山 英樹(あさのやま ひでき)
最高位 :前頭筆頭
出身地 :富山県富山市
本 名 :石橋 広暉
生年月日:平成6年(1994)3月1日(25歳)
出身大学:近畿大学
所属部屋:高砂部屋
改名歴 :石橋⇒朝乃山
初土俵 :平成28年(2016)3月・三段目100付出(22歳0ヵ月)
新十両 :平成29年(2017)3月(23歳0ヵ月)
新入幕 :平成29年(2017)9月(23歳6ヵ月)
優勝等 :幕内優勝1回,十両同点2回,幕下優勝1回
成 績 :殊勲賞1回,敢闘賞3回

敷嶌 猪之助

やぐら投げを得意とした、引退後は理事や監事として協会の中枢で活躍

敷嶌 猪之助(しきしま いのすけ)
最高位 :前頭4枚目
年寄名跡:9代熊ヶ谷
出身地 :富山県富山市
本 名 :持田 猪之助
生年月日:明治20年(1887)11月9日
没年月日:昭和33年(1958)1月29日(享年70歳)
所属部屋:友綱部屋
初土俵 :明治40年(1907)5月・(19歳6ヵ月)
新十両 :明治45年(1912)1月(24歳2ヵ月)
新入幕 :大正5年(1916)5月(28歳6ヵ月)
最終場所:大正10年(1921)1月(33歳2ヵ月)
生涯戦歴:40勝63敗11休7預/110出場(19場所)
生涯勝率:38.8%
優勝等 :なし
幕内戦歴:19勝36敗11休4預(7場所)勝率:34.5%
十両戦歴:21勝27敗3預(10場所)勝率:43.8%

池田川 助松

小柄だったが常に力いっぱい闘う敢闘型力士、春秋園事件に呼応して相撲協会を脱退

池田川 助松(いけだがわ すけまつ)
最高位 :前頭4枚目
出身地 :富山県中新川郡
本 名 :丸山 助松
生年月日:明治33年(1900)8月11日
没年月日:昭和41年(1966)5月19日(享年65歳)
所属部屋:立浪部屋
初土俵 :大正8年(1919)1月(18歳5ヵ月)
新十両 :大正13年(1924)1月(23歳5ヵ月)
新入幕 :大正14年(1925)5月(24歳9ヵ月)
最終場所:昭和6年(1931)10月(31歳2ヵ月)
生涯戦歴:138勝159敗3休3分/300出場(36場所)
生涯勝率:46.5%
優勝等 :なし
幕内戦歴:57勝95敗1休1分(14場所)勝率:37.5%
十両戦歴:50勝49敗1休1分(12場所)勝率:50.5%

大旺 吉伸

現役時の体重は100キロ前後で「そっぷ型」の典型、引退後も65歳目前まで髷を切らなかった

大旺 吉伸(だいおう よしのぶ)
最高位 :前頭4枚目
出身地 :富山県新湊市
本 名 :荒谷 邦治
生年月日:昭和24年(1949)6月23日
所属部屋:二子山部屋
改名歴 :荒谷⇒若神⇒大旺⇒威光⇒大旺
初土俵 :昭和39年(1964)11月(15歳5ヵ月)
新十両 :昭和47年(1972)5月(22歳11ヵ月)
新入幕 :昭和48年(1973)1月(23歳7ヵ月)
最終場所:昭和56年(1981)11月(32歳5ヵ月)
生涯戦歴:587勝569敗/1156出場(102場所)
生涯勝率:50.8%
優勝等 :十両同点1回,三段目同点1回,序二段優勝1回
幕内戦歴:57勝93敗(10場所)勝率:38.0%
十両戦歴:360勝345敗(47場所)勝率:51.1%

駒不動 大助

元横綱・輪島が自らスカウトした自慢の愛弟子だったが力に頼りすぎた相撲で怪我が多かった

駒不動 大助(こまふどう だいすけ)
最高位 :前頭13枚目
出身地 :富山県富山市
本 名 :新木 数人
生年月日:昭和42年(1967)9月15日
所属部屋:花籠⇒放駒部屋
改名歴 :新木⇒花乃若⇒駒不動
初土俵 :昭和59年(1984)1月(16歳4ヵ月)
新十両 :昭和63年(1988)11月(21歳2ヵ月)
新入幕 :平成元年(1989)9月(22歳0ヵ月)
最終場所:平成7年(1995)11月(28歳2ヵ月)
生涯戦歴:333勝278敗23休/610出場(72場所)
生涯勝率:54.5%
優勝等 :十両優勝1回(同点1),幕下同点1回
幕内戦歴:5勝10敗(1場所)勝率:33.3%
十両戦歴:110勝121敗9休(16場所)勝率:47.6%

富山出身の十両

琴立山 兼滋

改名が多かったが「立山」「琴立山」と地元の名峰を掲げた頃から成績は上向きに

琴立山 兼滋(ことたてやま かねしげ)
最高位 :十両7枚目
出身地 :富山県富山市
本 名 :高井 重明
生年月日:昭和27年(1952)3月15日
所属部屋:佐渡ヶ嶽部屋
改名歴 :高井⇒富乃花⇒富の花⇒富乃花⇒富の花⇒富乃花⇒富の花⇒立山⇒琴立山
初土俵 :昭和42年(1967)9月(15歳6ヵ月)
新十両 :昭和51年(1976)11月(24歳8ヵ月)
最終場所:昭和56年(1981)3月(29歳0ヵ月)
生涯戦歴:322勝317敗/639出場(82場所)
生涯勝率:50.4%
優勝等 :幕下同点1回
十両戦歴:56勝79敗(9場所)勝率:41.5%

富山出身力士の最新情報はこちら

いかがでしたでしょうか?ここまでは過去から現在までの富山出身の主な力士をご紹介してきましたが、富山出身の現役力士の最新番付や成績を知りたい方の為に最適な記事もご用意しています。相撲観戦と予習におススメです!

カテゴリー : 北陸地方

公開日:2018-07-21
投稿者:レイ

コメントはお気軽にどうぞ

ユーザー様の視聴環境

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。