旧・貴乃花部屋の番付と場所成績に基礎情報を網羅した現役力士一覧

旧・貴乃花(たかのはな)部屋の力士たちは千賀ノ浦部屋へと移籍しましたが、ここではその力士たちの番付と成績、そして基礎情報をまとめてご紹介します。

※千賀ノ浦部屋の情報はこちらです。⇒ 千賀ノ浦部屋の番付と星取り表

この番付表では最新場所である令和元年11月場所(九州場所)の番付だけではなく、先場所からどれだけ番付が上がったのかを成績と共に比べて確認できます。

表の内容はボタンによって切り替えることが出来ます。力士の詳細なデータが盛りだくさんですよ!さらに表の下には所属力士の勝敗数をまとめて集計していますので「部屋としての全体の力」も確認できます。

場所中には日々更新していきますので、観戦のお供にどうぞご活用ください。

また、日々の対戦相手と勝敗が一目で分かる星取表もあわせてご覧ください。

他の部屋の番付と成績も見てみたい方は部屋目次より選んでください。出身地毎の番付・成績もご用意しています。

大相撲1月場所(令和2年)チケット情報

開催場所:両国国技館(東京都)

開催場所:エディオンアリーナ大阪 (大阪府)

一般販売:2019/12/3(火) 11:00~2019/12/15(日) 11:00

2019/12/17(火) 18:00頃から順次

貴乃花部屋と、その前身である2つの二子山部屋と藤島部屋に在籍した主な力士達はこちらの記事をどうぞ。

貴乃花部屋の基本情報 一門 :二所ノ関⇒無所属⇒貴乃花一門⇒無所属
創設 :昭和37年(1962)9月2日(二子山部屋として創設)
創設者:二子山 勝治(第45代横綱・初代若乃花)
改称 :平成16年(2004)2月1日(貴乃花部屋へ改称)
師 匠:貴乃花 光司(第65代横綱・貴乃花)
閉鎖 :平成30年(2018)10月1日(貴乃花親方の退職に伴い閉鎖)
所在地:東京都江東区東砂4-7-6
スポンサーリンク



旧・貴乃花部屋力士の番付と成績・力士一覧

番付 (令元.11) 四股名 よみ 令元.11 場所成績 11月場所星取表 番付推移 11←9月 変動S 11←9月 変動枚数 11←9月 番付 (令元.9) 令元.9 場所成績 9月場所星取表 番付推移 9←7月 変動S 9←7月 変動枚数 9←7月 番付 (令元.7) 令元.7 場所成績 番付推移 7←5月 変動S 7←5月 変動枚数 7←5月 番付 (令元.5) 令元.5 場所成績 番付推移 令元.5←平31.3月 変動S 令元.5←平31.3月 変動枚数 令元.5←平31.3月 番付 (平31.3) 平31.3 場所成績 番付推移 5←1月 変動S 5←1月 変動枚数 5←1月 番付 (平31.1) 平31.1 場所成績 番付推移 H31.1←H30.11月 変動S H31.1←H30.11月 変動枚数 H31.1←H30.11月 番付 (平30.11) 平30.11 場所成績 過去6場所 成績 過去6場所 勝率 2019年 年間成績 2019年 年間勝率 最高位 出身地 部屋 一門 年齢 生年月日 大相撲歴 本名 旧所属 旧四股名 身長(㎝) 体重(㎏) BMI 出身高校 出身大学 初土俵 初土俵 年齢 新十両 新十両 年齢 新入幕 新入幕 年齢 新三役 新三役 年齢 大関昇進 大関昇進 年齢 横綱昇進 横綱昇進 年齢 優勝 三賞・金星 通算 勝利数 通算 敗数 通算 休数 出場回数 通算 勝率(%)

※表は横にスクロールします。また、表示件数を切り替えることで上下のスクロールも可能です。項目をクリックすることで表を並べ替えることが出来ます。
番付表の記号等、補足事項はこちらをどうぞ


スポンサーリンク


旧・貴乃花部屋力士の星取表


四股名 成績 番付 初日 2日 3日 4日 5日 6日 7日 中日 9日 10日 11日 12日 13日 14日 千秋楽 出身地 部屋

スポンサーリンク


旧・貴乃花部屋所属力士のプロフィール

旧・貴乃花部屋に在籍していた主な現役力士を初土俵順にご紹介します。

貴天秀

貴乃花部屋では最古参だったプロレス好き。ニックネームは「テンちゃん」

貴天秀 哉太(たかてんしゅう かなた)

出身地 :埼玉県さいたま市見沼区

本 名 :松原 哉太

生年月日:平成4年(1992)9月23日(27歳)

所属部屋:貴乃花⇒千賀ノ浦部屋

初土俵 :平成20年(2008)3月(15歳6ヵ月)

貴大将

母親の従兄弟はサッカー解説でお馴染みの松木安太郎。名前は「しゅうと」だが、小学生の頃からサッカーではなく相撲一筋。曽祖父は大正時代の出羽海部屋の十両「葵龍」

貴大将 柊斗(たかたいしょう しゅうと)

出身地 :東京都中央区

本 名 :松木 柊斗

生年月日:平成7年(1995)6月15日(24歳)

所属部屋:貴乃花⇒千賀ノ浦部屋

改名歴 :松木⇒貴大将

初土俵 :平成23年(2011)5月(15歳11ヵ月)

貴ノ富士

双子の兄で口元にホクロがあるのが貴ノ富士。平成30年初場所後に新十両昇進を決めて、先に十両昇進を果たしていた弟の貴源治と共に「史上初、双子関取」の誕生となった。

しかし迎えた新十両である3月場所8日目に付け人に対し暴力を加えたことが発覚し9日目より休場、翌1場所の謹慎処分を受ける。これにより幕下へと陥落。

平成31年初場所より四股名を貴公俊から貴ノ富士に改めて心機一転

貴ノ富士 三造(たかのふじ さんぞう)

出身地 :茨城県猿島郡境町 ⇒ 栃木県小山市

本 名 :上山 剛

生年月日:平成9年(1997)5月13日(22歳)

所属部屋:貴乃花⇒千賀ノ浦部屋

改名歴 :貴公俊⇒貴ノ富士

初土俵 :平成25年(2013)3月(15歳10ヵ月)

新十両 :平成30年(2018)3月(20歳10ヵ月)

優勝等 :幕下優勝1回

貴源治

兄弟そろって相撲未経験ながら中学卒業とともに部屋へ入門、北の富士さん期待の力士

貴源治 賢(たかげんじ さとし)

出身地 :茨城県猿島郡境町 ⇒ 栃木県小山市

本 名 :上山 賢

生年月日:平成9年(1997)5月13日(22歳)

所属部屋:貴乃花⇒千賀ノ浦部屋

初土俵 :平成25年(2013)3月(15歳10ヵ月)

新十両 :平成29年(2017)5月(20歳0ヵ月)

優勝等 :十両優勝1回,幕下同点1回

貴健斗

高校は鳥取城北高に相撲留学、1年先輩には逸ノ城が。幕下昇進時には前師匠の貴乃花が現役時に使用していた博多帯を譲り受けた

貴健斗 輝虎(たかけんと てるとら)

出身地 :熊本県八代市

本 名 :水田 健斗

生年月日:平成8年(1996)2月10日(23歳)

所属部屋:貴乃花⇒千賀ノ浦部屋

改名歴 :水田⇒貴健斗

初土俵 :平成26年(2014)1月(17歳11ヵ月)

貴景勝

小さな身体ながら勝負度胸の良さと的確で力のある突き押しが魅力。四股名は戦国武将の上杉景勝から

貴景勝 光信(たかけいしょう みつのぶ)

出身地 :兵庫県芦屋市

本 名 :佐藤 貴信

生年月日:平成8年(1996)8月5日(23歳)

所属部屋:貴乃花⇒千賀ノ浦部屋

改名歴 :佐藤⇒貴景勝

初土俵 :平成26年(2014)9月(18歳1ヵ月)

新十両 :平成28年(2016)5月(19歳9ヵ月)

新入幕 :平成29年(2017)1月(20歳5ヵ月)

新三役 :平成30年(2018)1月(21歳5ヵ月)

新大関 :令和元年(2019)5月(22歳9ヵ月)

優勝等 :幕内優勝1回(次点2),十両優勝1回,幕下優勝1回(同点1),序二段優勝1回,序ノ口優勝1回

成 績 :殊勲賞3回,敢闘賞2回,技能賞2回,金星3個

貴景勝の出身校である強豪「埼玉栄高校」出身力士をまとめました。

貴正樹

貴景勝に憧れて旧・貴乃花部屋へと入門

貴正樹 弘樹(たかまさき ひろき)

出身地 :大阪府泉南郡田尻町

本 名 :原 弘樹

生年月日:平成11年(1999)11月6日(20歳)

所属部屋:貴乃花⇒千賀ノ浦部屋

改名歴 :原⇒貴正樹

初土俵 :平成30年(2018)3月(18歳4ヵ月)

スポンサーリンク


旧・貴乃花部屋の世話人

嵐望

二子山部屋(師匠は初代・若乃花)での初土俵は1988年3月場所の「花の六三組」で貴乃花とは同期。

引退後は貴乃花部屋の世話人に就任、貴乃花部屋の閉鎖に伴い、千賀ノ浦部屋へと移籍。

世話人・嵐望 将輔(千賀ノ浦部屋)

嵐望 将輔(らんぼー しょうすけ)

最高位 :幕下13枚目

出身地 :東京都福生市

本 名 :井上 高雄

生年月日:昭和47年(1972)7月2日

所属部屋:二子山⇒貴乃花部屋

改名歴 :若井上⇒福の隆⇒福生乃花⇒嵐望

初土俵 :昭和63年(1988)3月(15歳8ヵ月)

最終場所:平成25年(2013)5月(40歳10ヵ月)

生涯戦歴:502勝487敗61休/988出場(151場所)

生涯勝率:50.8%

優勝等 :三段目優勝1回,序二段優勝1回

元・貴乃花親方の経歴

平成初期相撲ブームの立役者。引退後は二子山部屋を継承して改称、貴乃花部屋を率いて独自の「相撲道」を探求していたが平成30年(2018)10月1日付けで相撲協会を退職。伝統ある部屋は閉鎖となった

一代年寄・貴乃花 光司
平成16年(2004)2月1日~平成30年(2018)10月1日

貴乃花 光司(たかのはな こうじ)

最高位 :第65代横綱

年寄名跡:一代年寄・貴乃花

出身地 :東京都中野区

本 名 :花田 光司

生年月日:昭和47年(1972)8月12日(47歳)

所属部屋:藤島⇒二子山部屋

改名歴 :貴花田⇒貴ノ花⇒貴乃花

初土俵 :昭和63年(1988)3月(15歳7ヵ月)

新十両 :平成元年(1989)11月(17歳3ヵ月)

新入幕 :平成2年(1990)5月(17歳9ヵ月)

新三役 :平成3年(1991)7月(18歳11ヵ月)

新大関 :平成5年(1993)3月(20歳7ヵ月)

横綱昇進:平成7年(1995)1月(22歳5ヵ月)

最終場所:平成15年(2003)1月(30歳5ヵ月)

生涯戦歴:794勝262敗201休/1049出場(90場所)

生涯勝率:75.2%

優勝等 :幕内優勝22回(同点5・次点11),幕下優勝2回

成 績 :殊勲賞4回,敢闘賞2回,技能賞3回,金星1個

幕内戦歴:701勝217敗201休(75場所)勝率:76.4%

  横綱:429勝99敗201休(49場所)勝率:81.3%

  大関:137勝28敗(11場所)勝率:83.0%

  関脇:33勝27敗(4場所)勝率:55.0%

  小結:33勝12敗(3場所)勝率:73.3%

  前頭:69勝51敗(8場所)勝率:57.5%

十両戦歴:44勝31敗(5場所)勝率:58.7%

二子山と藤島部屋、そして貴乃花部屋に在籍していた力士達はこちら

ここまでは旧・貴乃花部屋に在籍していた現役力士(千賀ノ浦部屋)をご紹介してきましたが、この貴乃花部屋と、その前身である2つの二子山部屋と藤島部屋に所属していた力士をまとめた記事もご用意しています。興味を持たれた方はどうぞ。

他の部屋の成績も見てみたい方は目次ページより選んでください。

【特報!】第72代横綱・稀勢の里待望の自伝が10月3日より発売です。

元横綱・稀勢の里が襲名した荒磯の歴史を知りたくありませんか?こちらの記事では詳細プロフィール付きで荒磯代々についてご紹介しています。

部屋・出身地ごとの目次はこちら

他の部屋の力士データや出身地ごとで力士データを探したい方のために目次ページをご用意しています。

おすすめの記事をご紹介

ここからは当サイトのおすすめ記事をご紹介します。

歴代横綱リストはこちら

歴代横綱の詳細データが満載な横綱一覧です。

相撲の一門について知りたい方はこちらの記事がおすすめです。
大相撲の「一門」とは?その成り立ちと役割 オススメ!

最新場所の番付はこちら

詳細なデータを分かりやすく表にまとめた最新番付表もご用意しています。過去6場所分の成績と番付の昇降がひとめで分かり、通算成績や経歴なども一気に確認できるおすすめの番付表です。

相撲の裏方の一覧はこちら

現役力士褒賞金一覧と関取の推定年収はこちら

現役力士の力士褒賞金、通称「給金」を独自計算により一覧でご紹介さらに関取の推定年収も一覧表にしてまとめました。

現役力士の力士褒賞金と推定年収一覧! オススメ!

地方巡業日程はこちら

力士や親方、裏方さんたちと間近で触れ合うチャンスは地方巡業です!巡業日程や詳細をご紹介しています。

カテゴリー : 無所属

公開日:2017-12-22
投稿者:レイ

2 thoughts on “旧・貴乃花部屋の番付と場所成績に基礎情報を網羅した現役力士一覧

  1. きよみ

    始まりましたね。貴乃花部屋をずっと応援しています‼️
    貴公俊関は幕下49枚目なんですね‼️早く上に上がってこれると良いですね
    今日はどうだったんですか⁉️教えて下さい。

    返信
    1. レイ 投稿作成者

      きよみ様、コメントをありがとうございます。

      いよいよ7月場所が始まりましたね!貴乃花部屋ファンなのですね。
      貴公俊さんは初日には取組が組まれなかったようですが、2日目に佐渡ヶ嶽部屋の琴欣旺との取組が組まれています。
      貴乃花部屋の上位陣3名は初日黒星発進となりましたが、まだ始まったばかり。
      応援していきたいですね。
      貴公俊さんも実力は十分ですから、きっとすぐに十両に上がって双子関取復活となるでしょう。
      また、その頃には貴源治関は幕内かもしれませんね!?

      きよみ様、コメントをありがとうございました。
      今後とも、よろしくお願いいたします。

      返信

コメントはお気軽にどうぞ

ユーザー様の視聴環境

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。