貴乃花部屋の力士一覧!過去から現在、2つの二子山部屋と藤島部屋、そして貴乃花部屋の主な関取を網羅しました

貴乃花(たかのはな)部屋の過去から現在までの主な所属力士をご紹介する貴乃花部屋の大相撲力士まとめ!

この記事では貴乃花部屋とその前身である二子山部屋と藤島部屋、そして旧二子山部屋の主な関取を中心に紹介していきます。過去の力士については最高位や改名歴、初土俵や各段の昇進時期と最終場所、さらに生涯戦歴と生涯勝率、成績等を中心にご紹介していきます。また、現役力士については最高位と昇進時期、主な成績などを載せています。

なお、年寄名跡欄のマークは、その代で師匠(部屋持ち親方)になったことがあるという意味です。

現役の貴乃花部屋力士の最新番付や成績、詳細なデータをご覧になりたい方はこちら

貴乃花部屋の基本情報 一門 :二所ノ関⇒無所属⇒貴乃花一門⇒無所属
創設 :昭和37年(1962)9月2日(二子山部屋として創設)
創設者:二子山 勝治(第45代横綱・初代若乃花)
改称 :平成16年(2004)2月1日(貴乃花部屋へ改称)
師 匠:貴乃花 光司(第65代横綱・貴乃花)
閉鎖 :平成30年(2018)10月1日(貴乃花親方の退職に伴い閉鎖)
住 所:東京都江東区東砂4-7-6

貴乃花部屋の変遷について

まずは簡単に貴乃花部屋の変遷を整理しておきましょう。
  • 初代・若乃花が創設した二子山部屋から昭和57年(1982)2月に弟の初代・貴ノ花(元大関)が分家独立して藤島部屋を興す。
  • その後、平成5年(1993)2月1日に兄の二子山部屋を吸収合併、二子山の名跡を継いで藤島部屋から二子山部屋へと改める。
  • 平成16年(2004)2月1日に次男の貴乃花(元横綱)に部屋を譲り、名称が二子山から貴乃花部屋へと改称される。
詳細はこちらの記事をどうぞ。
スポンサーリンク


貴乃花部屋の系図

貴乃花部屋の成り立ちを図にしてみました。

貴乃花部屋の歴史と注目ポイント

貴乃花部屋・相関図
スポンサーリンク


旧二子山部屋の横綱

(2代)若乃花 幹士

横綱昇進時に若三杉だった四股名を若乃花へと改名、偉大な師匠の名を継いだ。引退後は間垣部屋を興して若ノ鵬や五城楼などの幕内力士を育てた

(2代)若乃花 幹士(わかのはな かんじ)
最高位 :第56代横綱
年寄名跡:横綱5年・若乃花⇒18代間垣
出身地 :青森県南津軽郡大鰐町
本 名 :下山 勝則
生年月日:昭和28年(1953)4月3日
所属部屋:二子山部屋
改名歴 :下山⇒朝ノ花⇒若三杉⇒若乃花
初土俵 :昭和43年(1968)7月(15歳3ヵ月)
新十両 :昭和48年(1973)7月(20歳3ヵ月)
新入幕 :昭和48年(1973)11月(20歳7ヵ月)
新三役 :昭和49年(1974)11月(21歳7ヵ月)
新大関 :昭和52年(1977)3月(23歳11ヵ月)
横綱昇進:昭和53年(1978)7月(25歳3ヵ月)
最終場所:昭和58年(1983)1月(29歳9ヵ月)
生涯戦歴:656勝323敗85休/975出場(88場所)
生涯勝率:67.0%
優勝等 :幕内優勝4回(同点2・次点11)
成 績 :殊勲賞2回,技能賞4回,金星3個
幕内戦歴:512勝234敗70休(55場所)勝率:68.6%
  横綱:260勝86敗65休(28場所)勝率:75.1%
  大関:92勝28敗(8場所)勝率:76.7%
  関脇:53勝32敗5休(6場所)勝率:62.4%
  小結:30勝30敗(4場所)勝率:50.0%
  前頭:77勝58敗(9場所)勝率:57.0%
十両戦歴:28勝17敗(3場所)勝率:62.2%

吊りが得意で千代の富士には16勝12敗と強かったが、若い頃の暴飲暴食がたたって糖尿病に苦しんだ。引退後は鳴戸部屋を興して若の里や稀勢の里を育てるも平成23年九州場所開幕直前に急逝

隆の里 俊英

隆の里 俊英(たかのさと としひで)
最高位 :第59代横綱
年寄名跡:13代鳴戸
出身地 :青森県南津軽郡浪岡町
本 名 :高谷 俊英
生年月日:昭和27年(1952)9月29日
没年月日:平成23年(2011)11月7日(享年59歳)
所属部屋:二子山部屋
改名歴 :高谷⇒隆ノ里⇒隆の里
初土俵 :昭和43年(1968)7月(15歳10ヵ月)
新十両 :昭和49年(1974)11月(22歳2ヵ月)
新入幕 :昭和50年(1975)5月(22歳8ヵ月)
新三役 :昭和52年(1977)3月(24歳6ヵ月)
新大関 :昭和57年(1982)3月(29歳6ヵ月)
横綱昇進:昭和58年(1983)9月(31歳0ヵ月)
最終場所:昭和61年(1986)1月(33歳4ヵ月)
生涯戦歴:693勝493敗80休/1180出場(106場所)
生涯勝率:58.4%
優勝等 :幕内優勝4回(次点8),十両優勝1回(同点1)
成 績 :殊勲賞2回,敢闘賞5回,金星2個
幕内戦歴:464勝313敗80休(58場所)勝率:59.7%
  横綱:95勝42敗75休(15場所)勝率:69.3%
  大関:106勝29敗(9場所)勝率:78.5%
  関脇:73勝47敗(8場所)勝率:60.8%
  小結:14勝16敗(2場所)勝率:46.7%
  前頭:176勝179敗5休(24場所)勝率:49.6%
十両戦歴:85勝65敗(10場所)勝率:56.7%

スポンサーリンク

藤島部屋出身の横綱

貴乃花 光司

一代年寄・貴乃花 光司
平成16年(2004)2月1日~
平成初期相撲ブームの立役者。引退後は二子山部屋を継承して改称、貴乃花部屋を率いて独自の「相撲道」を探求

貴乃花 光司(たかのはな こうじ)
最高位 :第65代横綱
年寄名跡:一代年寄・貴乃花
出身地 :東京都中野区
本 名 :花田 光司
生年月日:昭和47年(1972)8月12日(46歳)
所属部屋:藤島⇒二子山部屋
改名歴 :貴花田⇒貴ノ花⇒貴乃花
初土俵 :昭和63年(1988)3月(15歳7ヵ月)
新十両 :平成元年(1989)11月(17歳3ヵ月)
新入幕 :平成2年(1990)5月(17歳9ヵ月)
新三役 :平成3年(1991)7月(18歳11ヵ月)
新大関 :平成5年(1993)3月(20歳7ヵ月)
横綱昇進:平成7年(1995)1月(22歳5ヵ月)
最終場所:平成15年(2003)1月(30歳5ヵ月)
生涯戦歴:794勝262敗201休/1049出場(90場所)
生涯勝率:75.2%
優勝等 :幕内優勝22回(同点5・次点11),幕下優勝2回
成 績 :殊勲賞4回,敢闘賞2回,技能賞3回,金星1個
幕内戦歴:701勝217敗201休(75場所)勝率:76.4%
  横綱:429勝99敗201休(49場所)勝率:81.3%
  大関:137勝28敗(11場所)勝率:83.0%
  関脇:33勝27敗(4場所)勝率:55.0%
  小結:33勝12敗(3場所)勝率:73.3%
  前頭:69勝51敗(8場所)勝率:57.5%
十両戦歴:44勝31敗(5場所)勝率:58.7%

(3代)若乃花 勝

小柄だったがおっつけと瞬発力、そして立ち合いの呼吸をはかる巧みさで横綱になった「お兄ちゃん」

(3代)若乃花 勝(わかのはな まさる)
最高位 :第66代横綱
年寄名跡:16代藤島
出身地 :東京都中野区
本 名 :花田 勝
生年月日:昭和46年(1971)1月20日(47歳)
所属部屋:藤島⇒二子山部屋
改名歴 :若花田⇒若ノ花⇒若乃花
初土俵 :昭和63年(1988)3月(17歳2ヵ月)
新十両 :平成2年(1990)3月(19歳2ヵ月)
新入幕 :平成2年(1990)9月(19歳8ヵ月)
新三役 :平成3年(1991)11月(20歳10ヵ月)
新大関 :平成5年(1993)9月(22歳8ヵ月)
横綱昇進:平成10年(1998)7月(27歳6ヵ月)
最終場所:平成12年(2000)3月(29歳2ヵ月)
生涯戦歴:573勝286敗124休/850出場(73場所)
生涯勝率:66.7%
優勝等 :幕内優勝5回(同点3・次点6),十両優勝1回,三段目優勝1回,序ノ口優勝1回
成 績 :殊勲賞3回,技能賞6回,金星2個
幕内戦歴:487勝250敗124休(58場所)勝率:66.1%
  横綱:61勝38敗57休(11場所)勝率:61.6%
  大関:274勝101敗60休(29場所)勝率:73.1%
  関脇:23勝7敗(2場所)勝率:76.7%
  小結:21勝19敗5休(3場所)勝率:52.5%
  前頭:108勝85敗2休(13場所)勝率:56.0%
十両戦歴:31勝14敗(3場所)勝率:68.9%

スポンサーリンク

旧二子山部屋の大関

貴ノ花 利彰

12代・藤島~11代・二子山 利彰
藤島 :昭和57年(1982)3月~平成5年(1993)1月31日
二子山:平成5年(1993)2月1日~平成16年(2004)1月31日
初代若乃花の実弟で「角界のプリンス」と呼ばれた人気力士。軽量ながら常に全力を出し切る相撲がファンを魅了した。若貴兄弟の父であり師匠

貴ノ花 利彰(たかのはな としあき)
最高位 :大関
年寄名跡:10代鳴戸⇒12代藤島11代二子山
出身地 :青森県弘前市
本 名 :花田 満
生年月日:昭和25年(1950)2月19日
没年月日:平成17年(2005)5月30日(享年55歳)
所属部屋:二子山部屋
改名歴 :花田⇒貴ノ花⇒貴乃花⇒貴ノ花
初土俵 :昭和40年(1965)5月(15歳3ヵ月)
新十両 :昭和43年(1968)3月(18歳1ヵ月)
新入幕 :昭和43年(1968)11月(18歳9ヵ月)
新三役 :昭和45年(1970)9月(20歳7ヵ月)
新大関 :昭和47年(1972)11月(22歳9ヵ月)
最終場所:昭和56年(1981)1月(30歳11ヵ月)
生涯戦歴:726勝490敗58休/1208出場(95場所)
生涯勝率:59.7%
優勝等 :幕内優勝2回(次点4),十両優勝2回,序ノ口優勝1回
成 績 :殊勲賞3回,敢闘賞2回,技能賞4回,金星1個
幕内戦歴:578勝406敗58休(70場所)勝率:58.7%
  大関:422勝278敗42休(50場所)勝率:60.3%
  関脇:52勝38敗(6場所)勝率:57.8%
  小結:38勝28敗9休(5場所)勝率:57.6%
  前頭:66勝62敗7休(9場所)勝率:51.6%
十両戦歴:70勝50敗(8場所)勝率:58.3%

若嶋津 六男

12代・二所ノ関 六男
褐色の肌と精悍な顔立ちで人気だった「南海の黒豹」。引退後は松ヶ根部屋を興し、のちに二所ノ関部屋へと看板を掛け替えた

若嶋津 六男(わかしまず むつお)
最高位 :大関
年寄名跡:9代松ヶ根12代二所ノ関
出身地 :鹿児島県熊毛郡中種子町
本 名 :日高 六男
生年月日:昭和32年(1957)1月12日(61歳)
所属部屋:二子山部屋
改名歴 :日高⇒若島津⇒若嶋津
初土俵 :昭和50年(1975)3月(18歳2ヵ月)
新十両 :昭和55年(1980)3月(23歳2ヵ月)
新入幕 :昭和56年(1981)1月(24歳0ヵ月)
新三役 :昭和57年(1982)3月(25歳2ヵ月)
新大関 :昭和58年(1983)1月(26歳0ヵ月)
最終場所:昭和62年(1987)7月(30歳6ヵ月)
生涯戦歴:515勝330敗21休/840出場(75場所)
生涯勝率:60.9%
優勝等 :幕内優勝2回(次点6),十両優勝1回,序二段同点1回,序ノ口優勝1回
成 績 :敢闘賞2回,技能賞3回,金星2個
幕内戦歴:356勝219敗13休(40場所)勝率:61.9%
  大関:250勝145敗13休(28場所)勝率:63.3%
  関脇:39勝21敗(4場所)勝率:65.0%
  小結:10勝5敗(1場所)勝率:66.7%
  前頭:57勝48敗(7場所)勝率:54.3%
十両戦歴:44勝30敗1休(5場所)勝率:59.5%

藤島部屋出身の大関

貴ノ浪 貞博

優勝決定戦で貴乃花との同部屋対決を2度も制した。引退後は貴乃花親方の右腕として部屋を支えたが心不全により平成27年に急逝

貴ノ浪 貞博(たかのなみ さだひろ)
最高位 :大関
年寄名跡:19代音羽山
出身地 :青森県三沢市
本 名 :浪岡 貞博
生年月日:昭和46年(1971)10月27日
没年月日:平成27年(2015)6月20日(享年43歳)
所属部屋:藤島⇒二子山⇒貴乃花部屋
改名歴 :浪岡⇒貴ノ浪
初土俵 :昭和62年(1987)3月(15歳5ヵ月)
新十両 :平成3年(1991)3月(19歳5ヵ月)
新入幕 :平成3年(1991)11月(20歳1ヵ月)
新三役 :平成5年(1993)5月(21歳7ヵ月)
新大関 :平成6年(1994)3月(22歳5ヵ月)
最終場所:平成16年(2004)5月(32歳7ヵ月)
生涯戦歴:777勝559敗13休/1334出場(104場所)
生涯勝率:58.2%
優勝等 :幕内優勝2回(同点2・次点6),十両同点1回
成 績 :敢闘賞3回,金星2個
幕内戦歴:647勝473敗8休(76場所)勝率:57.8%
  大関:353勝194敗8休(37場所)勝率:64.5%
  関脇:67勝38敗(7場所)勝率:63.8%
  小結:39勝36敗(5場所)勝率:52.0%
  前頭:188勝205敗(27場所)勝率:47.8%
十両戦歴:36勝24敗(4場所)勝率:60.0%

旧二子山部屋の関脇

太寿山 忠明

15代・花籠 忠明(峰崎部屋)
若嶋津と霧島とは同期で現役時代のあだ名はムーミン。両手をきちんと付いての立ち合いは力士の模範となった。引退後は花籠部屋を興したが平成24年夏場所後に部屋を閉鎖、峰崎部屋へと移籍した

太寿山 忠明(だいじゅやま ただあき)
最高位 :関脇
年寄名跡:15代花籠
出身地 :新潟県新津市
本 名 :坂爪 忠明
生年月日:昭和34年(1959)4月8日(6歳)
所属部屋:二子山部屋
改名歴 :坂爪⇒大寿山⇒太寿山
初土俵 :昭和50年(1975)3月(15歳11ヵ月)
新十両 :昭和55年(1980)1月(20歳9ヵ月)
新入幕 :昭和55年(1980)9月(21歳5ヵ月)
新三役 :昭和56年(1981)11月(22歳7ヵ月)
最終場所:平成3年(1991)5月(32歳1ヵ月)
生涯戦歴:585勝618敗28休/1202出場(98場所)
生涯勝率:48.6%
優勝等 :幕内次点1回
成 績 :殊勲賞1回,敢闘賞3回,金星7個
幕内戦歴:431勝501敗28休(64場所)勝率:46.2%
  関脇:13勝32敗(3場所)勝率:28.9%
  小結:16勝31敗13休(4場所)勝率:34.0%
  前頭:402勝438敗15休(57場所)勝率:47.9%
十両戦歴:43勝32敗(5場所)勝率:57.3%

旧二子山部屋出身の関脇

若翔洋 俊一

引退後は音羽山を襲名するも3年ほどで退職、のちに格闘家に転身

若翔洋 俊一(わかしょうよう しゅんいち)
最高位 :関脇
年寄名跡:音羽山
出身地 :東京都中野区
本 名 :馬場口 洋一
生年月日:昭和41年(1966)3月8日
所属部屋:二子山部屋
改名歴 :馬場口⇒紫電隆⇒馬場口⇒若翔洋
初土俵 :昭和56年(1981)5月(15歳2ヵ月)
新十両 :平成3年(1991)5月(25歳2ヵ月)
新入幕 :平成3年(1991)9月(25歳6ヵ月)
新三役 :平成5年(1993)3月(27歳0ヵ月)
最終場所:平成9年(1997)11月(31歳8ヵ月)
生涯戦歴:496勝444敗52休/939出場(100場所)
生涯勝率:52.8%
優勝等 :十両優勝1回(同点3),幕下同点1回,三段目優勝1回
成 績 :敢闘賞2回
幕内戦歴:144勝185敗16休(23場所)勝率:43.8%
  関脇:7勝8敗(1場所)勝率:46.7%
  小結:23勝22敗(3場所)勝率:51.1%
  前頭:114勝155敗16休(19場所)勝率:42.4%
十両戦歴:126勝99敗(15場所)勝率:56.0%

藤島部屋出身の関脇

安芸乃島 勝巳

9代・高田川 勝巳
歴代最多の16個の金星は対戦した横綱全てから獲得。引退後は二子山~貴乃花部屋の部屋付親方として指導していたが、貴乃花との確執により袂を分かち高田川部屋へと移籍。のちに9代高田川を襲名

安芸乃島 勝巳(あきのしま かつみ)
最高位 :関脇
年寄名跡:17代藤島⇒16代千田川⇒9代高田川
出身地 :広島県豊田郡安芸津町
本 名 :山中 勝巳
生年月日:昭和42年(1967)3月16日(51歳)
所属部屋:藤島⇒二子山部屋
改名歴 :山中⇒安芸ノ島⇒安芸乃島
初土俵 :昭和57年(1982)3月(15歳0ヵ月)
新十両 :昭和62年(1987)7月(20歳4ヵ月)
新入幕 :昭和63年(1988)3月(21歳0ヵ月)
新三役 :昭和63年(1988)11月(21歳8ヵ月)
最終場所:平成15年(2003)5月(36歳2ヵ月)
生涯戦歴:822勝757敗78休/1575出場(128場所)
生涯勝率:52.1%
優勝等 :幕内次点2回,十両優勝1回,幕下優勝1回,序二段優勝1回,序ノ口同点1回
成 績 :殊勲賞7回,敢闘賞8回,技能賞4回,金星16個
幕内戦歴:647勝640敗78休(91場所)勝率:50.3%
  関脇:77勝82敗21休(12場所)勝率:48.4%
  小結:106勝107敗12休(15場所)勝率:49.8%
  前頭:464勝451敗45休(64場所)勝率:50.7%
十両戦歴:47勝28敗(5場所)勝率:62.7%

貴闘力 忠茂

現役時には気迫のこもった相撲で観客を大いに沸かせた。引退後は舅である大鵬の部屋を継承して大嶽部屋へと改称も、後に野球賭博への関与によって解雇処分に

貴闘力 忠茂(たかとうりき ただしげ)
最高位 :関脇
年寄名跡:6代大嶽
出身地 :福岡県福岡市博多区 ⇒ 兵庫県神戸市
本 名 :鎌苅 忠茂⇒納谷 忠茂
生年月日:昭和42年(1967)9月28日
所属部屋:藤島⇒二子山部屋
改名歴 :鎌苅⇒貴闘力
初土俵 :昭和58年(1983)3月(15歳6ヵ月)
新十両 :平成元年(1989)5月(21歳8ヵ月)
新入幕 :平成2年(1990)9月(23歳0ヵ月)
新三役 :平成3年(1991)5月(23歳8ヵ月)
最終場所:平成14年(2002)9月(35歳0ヵ月)
生涯戦歴:754勝703敗/1456出場(118場所)
生涯勝率:51.8%
優勝等 :幕内優勝1回(同点1・次点1),十両同点1回,幕下優勝1回,序ノ口同点1回
成 績 :殊勲賞3回,敢闘賞10回,技能賞1回,金星9個
幕内戦歴:505勝500敗(67場所)勝率:50.2%
  関脇:113勝112敗(15場所)勝率:50.2%
  小結:74勝91敗(11場所)勝率:44.8%
  前頭:318勝297敗(41場所)勝率:51.7%
十両戦歴:96勝97敗(13場所)勝率:49.7%

旧二子山部屋の小結

二子岳 武

初代若乃花の内弟子として花籠部屋からの独立に同行、旧・二子山部屋初の関取となる。引退後は部屋付親方を務めていたが師匠の停年を機に独立、50歳で荒磯部屋を興した

二子岳 武(ふたごだけ たけし)
最高位 :小結
年寄名跡:12代白玉⇒12代荒磯
出身地 :青森県北津軽郡金木町
本 名 :山中 武
生年月日:昭和18年(1943)11月15日
所属部屋:花籠⇒二子山部屋
改名歴 :山中⇒若二子⇒二子岳
初土俵 :昭和36年(1961)1月(17歳2ヵ月)
新十両 :昭和39年(1964)11月(21歳0ヵ月)
新入幕 :昭和42年(1967)1月(23歳2ヵ月)
新三役 :昭和42年(1967)11月(24歳0ヵ月)
最終場所:昭和51年(1976)9月(32歳10ヵ月)
生涯戦歴:571勝569敗30休1分/1138出場(95場所)
生涯勝率:50.1%
優勝等 :序ノ口同点1回
成 績 :技能賞1回,金星1個
幕内戦歴:376勝460敗11休1分(57場所)勝率:45.0%
  小結:13勝22敗10休(3場所)勝率:37.1%
  前頭:363勝438敗1休1分(54場所)勝率:45.3%
十両戦歴:67勝48敗5休(8場所)勝率:58.3%

若獅子 茂憲

小兵ながら立ち合いの蹴手繰りや速い突っ張りが魅力だった。引退後は借株で11の名跡を渡り歩いて「渡り鳥」と呼ばれた

若獅子 茂憲(わかじし しげのり)
最高位 :小結
年寄名跡:12代鳴戸⇒6代峰崎⇒7代荒汐⇒20代小野川⇒17代千賀ノ浦⇒12代湊川⇒14代花籠⇒14代竹縄⇒11代芝田山⇒14代藤島⇒13代佐ノ山
出身地 :青森県上北郡上北町
本 名 :和田 耕三郎
生年月日:昭和23年(1948)5月4日
所属部屋:二子山部屋
改名歴 :和田⇒和田ノ花⇒若獅子
初土俵 :昭和39年(1964)5月(16歳0ヵ月)
新十両 :昭和46年(1971)1月(22歳8ヵ月)
新入幕 :昭和48年(1973)1月(24歳8ヵ月)
新三役 :昭和51年(1976)9月(28歳4ヵ月)
最終場所:昭和58年(1983)5月(35歳0ヵ月)
生涯戦歴:678勝683敗21休/1357出場(115場所)
生涯勝率:49.8%
優勝等 :十両優勝1回(同点2),幕下優勝1回
成 績 :敢闘賞1回,金星1個
幕内戦歴:200勝262敗3休(31場所)勝率:43.3%
  小結:3勝12敗(1場所)勝率:20.0%
  前頭:197勝250敗3休(30場所)勝率:44.1%
十両戦歴:317勝302敗11休(42場所)勝率:51.2%

旧二子山部屋出身の小結

隆三杉 太一

20代・千賀ノ浦 太一
四股名は兄弟子だった隆の里と若三杉に付けてもらった。新入幕までは早かったが以降は幕内と十両の往復、そして幕内中堅での攻防に。平成3年1月念願の小結昇進は新入幕から58場所目だった。引退後は二子山部屋~貴乃花部屋の部屋付親方として後進の指導にあたり、平成28年4月に元関脇・舛田山の千賀ノ浦親方停年を受けて名跡と同部屋を継承。これにより千賀ノ浦部屋は出羽海一門から貴乃花一門(現・阿武松グループ)へ

隆三杉 太一(たかみすぎ たかかつ)
最高位 :小結
年寄名跡:15代藤島⇒18代音羽山⇒15代常盤山⇒20代千賀ノ浦
出身地 :神奈川県川崎市川崎区
本 名 :金尾 隆
生年月日:昭和36年(1961)3月1日(57歳)
所属部屋:二子山部屋
改名歴 :金尾⇒二子錦⇒隆三杉
初土俵 :昭和51年(1976)3月(15歳0ヵ月)
新十両 :昭和56年(1981)1月(19歳10ヵ月)
新入幕 :昭和56年(1981)7月(20歳4ヵ月)
新三役 :平成3年(1991)1月(29歳10ヵ月)
最終場所:平成7年(1995)11月(34歳8ヵ月)
生涯戦歴:720勝753敗57休/1471出場(119場所)
生涯勝率:48.9%
優勝等 :十両優勝1回,序二段優勝1回
成 績 :金星1個
幕内戦歴:472勝567敗26休(71場所)勝率:45.4%
  小結:6勝24敗(2場所)勝率:20.0%
  前頭:466勝543敗26休(69場所)勝率:46.2%
十両戦歴:128勝101敗26休(17場所)勝率:55.9%

三杉里 公似

同部屋になる前の貴花田に初顔から5連勝した「貴花田キラー」

三杉里 公似(みすぎさと こうじ)
最高位 :小結
年寄名跡:準年寄・三杉里⇒17代浜風
出身地 :滋賀県甲賀郡信楽町
本 名 :岡本 公似
生年月日:昭和37年(1962)7月1日
所属部屋:二子山部屋
改名歴 :岡本⇒三杉里
初土俵 :昭和54年(1979)1月(16歳6ヵ月)
新十両 :昭和59年(1984)7月(22歳0ヵ月)
新入幕 :昭和63年(1988)5月(25歳10ヵ月)
新三役 :平成元年(1989)1月(26歳6ヵ月)
最終場所:平成10年(1998)7月(36歳0ヵ月)
生涯戦歴:698勝709敗2休/1406出場(118場所)
生涯勝率:49.6%
優勝等 :十両優勝1回
成 績 :敢闘賞1回,金星6個
幕内戦歴:367勝428敗(53場所)勝率:46.2%
  小結:16勝29敗(3場所)勝率:35.6%
  前頭:351勝399敗(50場所)勝率:46.8%
十両戦歴:160勝153敗(21場所)勝率:51.1%

浪乃花 教天

相手を睨みつける仕切りが人気だった、初代若乃花が育てた最後の幕内力士

浪乃花 教天(なみのはな かずたか)
最高位 :小結
出身地 :青森県南津軽郡浪岡町
本 名 :工藤 和博
生年月日:昭和44年(1969)3月19日
所属部屋:二子山部屋
改名歴 :工藤⇒浪ノ花⇒浪乃花⇒浪之花
初土俵 :昭和59年(1984)5月(15歳2ヵ月)
新十両 :平成2年(1990)11月(21歳8ヵ月)
新入幕 :平成4年(1992)9月(23歳6ヵ月)
新三役 :平成7年(1995)3月(26歳0ヵ月)
最終場所:平成9年(1997)3月(28歳0ヵ月)
生涯戦歴:423勝402敗10休/825出場(78場所)
生涯勝率:51.3%
優勝等 :十両優勝2回,幕下同点1回
成 績 :敢闘賞1回
幕内戦歴:117勝153敗(18場所)勝率:43.3%
  小結:6勝9敗(1場所)勝率:40.0%
  前頭:111勝144敗(17場所)勝率:43.5%
十両戦歴:149勝136敗(19場所)勝率:52.3%

貴乃花部屋の小結

貴景勝 光信(現役)

小さな身体ながら勝負度胸の良さと的確で力のある突き押しが魅力。四股名は戦国武将の上杉景勝から

貴景勝 光信(たかけいしょう みつのぶ)
最高位 :小結
出身地 :兵庫県芦屋市
本 名 :佐藤 貴信
生年月日:平成8年(1996)8月5日(22歳)
所属部屋:貴乃花部屋
改名歴 :佐藤⇒貴景勝
初土俵 :平成26年(2014)9月(18歳1ヵ月)
新十両 :平成28年(2016)5月(19歳9ヵ月)
新入幕 :平成29年(2017)1月(20歳5ヵ月)
新三役 :平成30年(2018)1月(21歳5ヵ月)
優勝等 :幕内次点1回,十両優勝1回,幕下優勝1回(同点1),序二段優勝1回,序ノ口優勝1回
成 績 :殊勲賞2回,敢闘賞1回,金星3個

旧二子山部屋の前頭

魁罡 功

引退後、親方から勝手に放駒を襲名させられたが拒否して1日で廃業。これは年寄最短襲名記録に

魁罡 功(かいごう いさお)
最高位 :前頭5枚目
年寄名跡:14代放駒
出身地 :青森県青森市
本 名 :大村 功
生年月日:昭和16年(1941)11月16日
所属部屋:花籠⇒二子山部屋
改名歴 :大村⇒二子龍⇒魁罡⇒二子竜
初土俵 :昭和35年(1960)9月(18歳10ヵ月)
新十両 :昭和43年(1968)5月(26歳6ヵ月)
新入幕 :昭和44年(1969)1月(27歳2ヵ月)
最終場所:昭和46年(1971)3月(29歳4ヵ月)
生涯戦歴:307勝278敗/585出場(64場所)
生涯勝率:52.5%
優勝等 :十両優勝1回
幕内戦歴:40勝50敗(6場所)勝率:44.4%
十両戦歴:90勝90敗(12場所)勝率:50.0%

飛騨乃花 修弘

同僚の大関・若島津が「まわしを取られると力が強くて動けなかった」と語るほどの怪力

飛騨乃花 修弘(ひだのはな しげよし)
最高位 :前頭筆頭
年寄名跡:15代尾上
出身地 :岐阜県大野郡朝日村
本 名 :平林 修
生年月日:昭和28年(1953)12月13日
所属部屋:二子山部屋
改名歴 :平林⇒龍王山⇒大真弓⇒龍王山⇒平林⇒龍王山⇒飛騨乃花⇒飛騨ノ花⇒飛騨乃花
初土俵 :昭和44年(1969)3月(15歳3ヵ月)
新十両 :昭和54年(1979)7月(25歳7ヵ月)
新入幕 :昭和55年(1980)9月(26歳9ヵ月)
最終場所:平成元年(1989)3月(35歳3ヵ月)
生涯戦歴:643勝654敗/1297出場(121場所)
生涯勝率:49.6%
優勝等 :十両優勝1回(同点3),三段目同点1回
成 績 :敢闘賞1回,金星1個
幕内戦歴:153勝222敗(25場所)勝率:40.8%
十両戦歴:267勝228敗(33場所)勝率:53.9%

大旺 吉伸

現役時の体重は100キロ前後で「そっぷ型」の典型、引退後も65歳目前まで髷を切らなかった

大旺 吉伸(だいおう よしのぶ)
最高位 :前頭4枚目
出身地 :富山県新湊市
本 名 :荒谷 邦治
生年月日:昭和24年(1949)6月23日
所属部屋:二子山部屋
改名歴 :荒谷⇒若神⇒大旺⇒威光⇒大旺
初土俵 :昭和39年(1964)11月(15歳5ヵ月)
新十両 :昭和47年(1972)5月(22歳11ヵ月)
新入幕 :昭和48年(1973)1月(23歳7ヵ月)
最終場所:昭和56年(1981)11月(32歳5ヵ月)
生涯戦歴:587勝569敗/1156出場(102場所)
生涯勝率:50.8%
優勝等 :十両同点1回,三段目同点1回,序二段優勝1回
幕内戦歴:57勝93敗(10場所)勝率:38.0%
十両戦歴:360勝345敗(47場所)勝率:51.1%

旧二子山部屋~藤島部屋出身の前頭

豊ノ海 真二

大関・貴ノ花の内弟子として二子山部屋に入門、藤島部屋の独立に同行した。200キロを超える巨体の持ち主

豊ノ海 真二(とよのうみ しんじ)
最高位 :前頭筆頭
年寄名跡:18代山響
出身地 :福岡県豊前市
本 名 :濱田 真二
生年月日:昭和40年(1965)9月22日
所属部屋:二子山⇒藤島⇒二子山部屋
改名歴 :濱田⇒浜田⇒貴ノ浜⇒貴乃濱⇒貴ノ浜⇒豊ノ海
初土俵 :昭和56年(1981)3月(15歳6ヵ月)
新十両 :昭和62年(1987)9月(22歳0ヵ月)
新入幕 :昭和63年(1988)11月(23歳2ヵ月)
最終場所:平成11年(1999)3月(33歳6ヵ月)
生涯戦歴:655勝661敗/1316出場(109場所)
生涯勝率:49.8%
優勝等 :十両優勝2回,幕下優勝1回
幕内戦歴:209勝241敗(30場所)勝率:46.4%
十両戦歴:301勝299敗(40場所)勝率:50.2%

貴乃花部屋の前頭

貴ノ岩 義司(現役)

貴乃花が自身で育てた初の関取、平成29年(2017)1月場所で初対戦だった白鵬との一番に勝利し初金星を獲得。しかし11月場所を控えた巡業中に日馬富士から暴行を受け本場所を2場所連続休場。本来であれば幕下陥落の計算になる平成30年3月場所は、社会問題にまで発展した傷害事件を鑑みて特別措置で十両に留まった。復帰から十両優勝を含む4場所連続勝ち越しを遂げた

貴ノ岩 義司(たかのいわ よしもり)
最高位 :前頭2枚目
出身地 :モンゴル ウランバートル市
本 名 :アディヤギーン・バーサンドルジ
生年月日:平成2年(1990)2月26日(28歳)
所属部屋:貴乃花部屋
初土俵 :平成21年(2009)1月(18歳11ヵ月)
新十両 :平成24年(2012)7月(22歳5ヵ月)
新入幕 :平成26年(2014)1月(23歳11ヵ月)
優勝等 :幕内次点1回,十両優勝2回,幕下同点1回,三段目優勝1回,序二段同点1回
成 績 :殊勲賞1回,敢闘賞1回,金星1個

貴乃花部屋の十両

貴源治 賢(現役)

兄弟そろって相撲未経験ながら中学卒業とともに部屋へ入門、北の富士さん期待の力士

貴源治 賢(たかげんじ さとし)
最高位 :十両2枚目
出身地 :茨城県猿島郡境町 ⇒ 栃木県小山市
本 名 :上山 賢
生年月日:平成9年(1997)5月13日(21歳)
所属部屋:貴乃花部屋
初土俵 :平成25年(2013)3月(15歳10ヵ月)
新十両 :平成29年(2017)5月(20歳0ヵ月)
優勝等 :幕下同点1回

貴公俊 剛(現役)

双子の兄。先に十両に昇進していた弟の貴源治に追い付き「史上初、双子関取」の誕生となった。口元にホクロがあるのが貴公俊。平成30年(2018)3月場所に起こした付け人に対する暴力行為で、翌1場所の謹慎処分を受ける

貴公俊 剛(たかよしとし つよし)
最高位 :十両14枚目
出身地 :茨城県猿島郡境町 ⇒ 栃木県小山市
本 名 :上山 剛
生年月日:平成9年(1997)5月13日(21歳)
所属部屋:貴乃花部屋
初土俵 :平成25年(2013)3月(15歳10ヵ月)
新十両 :平成30年(2018)3月(20歳10ヵ月)

二子山~貴乃花部屋の幕下

関取にはあと一歩届きませんでしたが、代表的な幕下力士もご紹介しておきましょう。

嵐望 将輔

初土俵は1988年3月場所の「花の六三組」で貴乃花とは同期

嵐望 将輔(らんぼー しょうすけ)
最高位 :幕下13枚目
出身地 :東京都福生市
本 名 :井上 高雄
生年月日:昭和47年(1972)7月2日
所属部屋:二子山⇒貴乃花部屋
改名歴 :若井上⇒福の隆⇒福生乃花⇒嵐望
初土俵 :昭和63年(1988)3月(15歳8ヵ月)
最終場所:平成25年(2013)5月(40歳10ヵ月)
生涯戦歴:502勝487敗61休/988出場(151場所)
生涯勝率:50.8%
優勝等 :三段目優勝1回,序二段優勝1回

貴乃花部屋の序二段

関取へは残念ながら辿り着けませんでしたが、代表的な序二段力士もご紹介しておきましょう。

貴西龍 一成

平成30年3月場所では付け人として付いていた貴公俊から暴力行為を受けたが「サポートできなかった自分が悪い」と話していた。その後、夏場所(5月場所)限りで現役を引退していたことが7月10日に発表。師匠の貴乃花親方によると「引退しました。(現役を)やりきった。本人から申し入れがあった」とのこと

貴西龍 一成(たかせいりゅう かずなり)
最高位 :序二段5枚目
出身地 :福岡県田川市
本 名 :西畑 龍
生年月日:平成7年(1995)11月3日(22歳)
所属部屋:貴乃花部屋
改名歴 :西畑⇒貴西龍
初土俵 :平成25年(2013)1月(17歳2ヵ月)
生涯戦歴:104勝120敗3休/224出場(34場所)
生涯勝率:46.4%
優勝等 :なし

二子山部屋と藤島部屋、貴乃花部屋の歴代師匠

二子山部屋と藤島部屋、そして貴乃花部屋へと続く歴代師匠をご紹介いたします。同部屋出身者については、詳細を前述していますので各地位の項を参照ください。

10代・二子山 勝治
昭和37年(1962)7月~平成5年(1993)1月31日
盟友栃錦と共に「栃若時代」と呼ばれる相撲黄金期を築く。栃錦との史上初横綱同士の千秋楽全勝対決を制した「土俵の鬼」は、師匠としても数々の名力士を育てた

(初代)若乃花 幹士(わかのはな かんじ)
最高位 :第45代横綱
年寄名跡:10代二子山⇒13代藤島
出身地 :北海道室蘭市 ⇒ 青森県弘前市
本 名 :花田 勝治
生年月日:昭和3年(1928)3月16日
没年月日:平成22年(2010)9月1日(享年82歳)
所属部屋:二所ノ関⇒芝田山⇒花籠部屋
改名歴 :若ノ花⇒若乃花
初土俵 :昭和21年(1946)11月(18歳8ヵ月)
新十両 :昭和24年(1949)5月(21歳2ヵ月)
新入幕 :昭和25年(1950)1月(21歳10ヵ月)
新三役 :昭和26年(1951)9月(23歳6ヵ月)
新大関 :昭和31年(1956)1月(27歳10ヵ月)
横綱昇進:昭和33年(1958)3月(30歳0ヵ月)
最終場所:昭和37年(1962)5月(34歳2ヵ月)
生涯戦歴:593勝253敗70休4分/844出場(65場所)
生涯勝率:70.1%
優勝等 :幕内優勝10回(同点1・次点6),十両同点1回,三段目優勝1回,序二段優勝1回
成 績 :殊勲賞2回,敢闘賞2回,技能賞1回,金星6個
幕内戦歴:546勝235敗70休4分(57場所)勝率:69.9%
  横綱:254勝66敗69休1分(26場所)勝率:79.4%
  大関:117勝32敗1休(10場所)勝率:78.5%
  関脇:72勝45敗3分(8場所)勝率:61.5%
  小結:20勝25敗(3場所)勝率:44.4%
  前頭:83勝67敗(10場所)勝率:55.3%
十両戦歴:20勝10敗(2場所)勝率:66.7%

12代・藤島~11代・二子山 利彰
藤島 :昭和57年(1982)3月~平成5年(1993)1月31日
二子山:平成5年(1993)2月1日~平成16年(2004)1月31日
貴ノ花 利彰(たかのはな としあき)最高位:大関

一代年寄・貴乃花 光司
平成16年(2004)2月1日~
貴乃花 光司(たかのはな こうじ)最高位:第65代横綱

貴乃花部屋についてより詳細な歴史などはこちらをどうぞ。

貴乃花部屋の歴史と注目ポイント

貴乃花部屋に在籍していた力士の最新情報はこちら

ここまでは過去から現在までの二子山部屋と藤島部屋、そして貴乃花部屋の主な力士たちをご紹介してきましたが、かつて貴乃花部屋に在籍していた現役力士の最新番付や成績を知りたい方の為に最適な記事もご用意しています。相撲観戦と予習におススメです!

カテゴリー : 無所属

公開日:2018-08-20
投稿者:レイ

貴乃花部屋の力士一覧!過去から現在、2つの二子山部屋と藤島部屋、そして貴乃花部屋の主な関取を網羅しました」への4件のフィードバック

  1. 相撲ファン

    巨漢の豊ノ海と五剣山は小兵だった親方との相性の悪さを感じたように思います。二人とも大きな身体をもてあましていたように思います。相撲解説でも親方は豊ノ海について、飲み込みが・・・とかトンチンカンなコメントばかりで、相性の悪さをすごく感じます。豊ノ海なんかは前頭筆頭までいったわけですから、もっと相性のいいところいけば大関以上狙えたと思います。他にも摩天楼が関取にもなれないなど、巨漢力士の育成はいまひとつだったように思います。

    返信
    1. レイ 投稿作成者

      相撲ファン様、コメントをありがとうございます。

      なるほど。他力でしか所属部屋が変わることがない相撲界では
      どの部屋に入門するかは、本当に力士人生を左右すると言えそうですね。

      ありがとうございます、今後ともよろしくお願いいたします。

      返信
      1. 相撲ファン

        有難うございます。豊ノ海や五剣山は親方との相性の悪さを感じますでしょうか?法則性と因果関係があると思います。曙も二子山部屋なら間違いなく豊ノ海らのようになっていたと思います。いかがでしょうか?

        返信
        1. レイ 投稿作成者

          本人の資質や性格、年齢にタイミングなど色んな要素がありますので一概には言えない面もありますが、
          親方としては自分に似たタイプの方が指導しやすいということはありそうですね。
          天才肌ほどそうかもしれません。
          逆に苦労人だった親方は研究熱心でいろんなタイプを指導できるのかも?とも思いました。
          相撲ファン様、ありがとうございます。

          返信

コメントはお気軽にどうぞ

ユーザー様の視聴環境

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。