東関部屋力士の番付と場所成績に基礎情報を網羅した現役力士一覧

東関(あずまぜき)部屋の現役力士の番付と成績、そして基礎情報をまとめてご紹介します。

この番付表では最新場所である令和元年7月場所(名古屋場所)の番付だけではなく、先場所からどれだけ番付が上がったのかを成績と共に比べて確認できます。

また、表の内容は4つに分かれており、ボタンによって切り替えることができます。そして、表の下には所属力士の勝敗数をまとめて集計していますので「部屋としての全体の力」も確認できます。

場所中には日々更新していきますので、観戦のお供にどうぞご活用ください。

また、日々の対戦相手と勝敗が一目で分かる星取表もあわせてご覧ください。

他の部屋の番付と成績も見てみたい方は出身地目次より選んでください。また、出身地毎の番付・成績もご用意しています。

大相撲観戦におすすめの1冊をご紹介。全力士や親方はもちろん、行司さんや呼出さんなどの裏方の方々もすべて顔写真付きで載っている、まさに観戦のお供といえる大相撲力士名鑑です。

大相撲9月場所(両国国技館)の先行抽選は7/14(日)11:00~8/2(金)11:00です。

大相撲9月場所:9/8(日)~9/22(日)両国国技館

東関部屋の過去から現在までの主な力士達はこちらの記事をどうぞ。

東関部屋の基本情報 一門 :高砂一門
創設 :昭和61年(1986)2月2日
創設者:12代・東関 大五郎(元関脇・高見山)
現師匠:13代・東関 大五郎(前頭10枚目・潮丸)
所在地:東京都葛飾区柴又2-10-13
スポンサーリンク

東関部屋の番付と成績・力士一覧(千秋楽)

番付 (令元.7)四股名よみ令元.7 場所成績7月場所星取表番付推移 7←5月変動S 7←5月変動枚数 7←5月番付 (令元.5)令元.5 場所成績5月場所星取表番付推移 令元.5←平31.3月変動S 令元.5←平31.3月変動枚数 令元.5←平31.3月番付 (平31.3)平31.3 場所成績番付推移 5←1月変動S 5←1月変動枚数 5←1月番付 (平31.1)平31.1 場所成績番付推移 H31.1←H30.11月変動S H31.1←H30.11月変動枚数 H31.1←H30.11月番付 (平30.11)平30.11 場所成績番付推移 11←9月変動S 11←9月変動枚数 11←9月番付 (平30.9)平30.9 場所成績番付推移 9←7月変動S 9←7月変動枚数 9←7月番付 (平30.7)平30.7 場所成績過去6場所 成績過去6場所 勝率2019年 年間成績2019年 年間勝率最高位出身地部屋一門年齢生年月日大相撲歴本名旧所属旧四股名身長(㎝)体重(㎏)BMI出身高校出身大学初土俵初土俵 年齢新十両新十両 年齢新入幕新入幕 年齢新三役新三役 年齢大関昇進大関昇進 年齢横綱昇進横綱昇進 年齢優勝三賞・金星通算 勝利数通算 敗数通算 休数出場回数通算 勝率(%)

※表は横にスクロールします。また、表示件数を切り替えることで上下のスクロールも可能です。項目をクリックすることで表を並べ替えることが出来ます。
番付表の記号等、補足事項はこちらをどうぞ

スポンサーリンク


東関部屋の星取表(千秋楽)

四股名成績番付初日2日3日4日5日6日7日中日9日10日11日12日13日14日千秋楽出身地部屋

スポンサーリンク



東関部屋の主な現役力士を紹介

東関部屋の主な現役力士を初土俵順にご紹介します。

仙南中学相撲部では全国大会で個人団体ともにベスト8。東洋大では4年次に主将を務め、全国学生相撲選手権大会で団体優勝を果たした。平成23年7月には入門以来約10年、32歳での十両昇進も遂げた大ベテラン

華王錦

華王錦 武志(かおうにしき たけし)
出身地 :秋田県仙北郡美郷町
本 名 :村田 武志
生年月日:昭和53年(1978)9月14日(40歳)
出身大学:東洋大学
所属部屋:東関部屋
改名歴 :村田⇒華王錦
初土俵 :平成13年(2001)5月(22歳8ヵ月)
新十両 :平成23年(2011)7月(32歳10ヵ月)
優勝等 :幕下同点1回,序ノ口優勝1回

高見劉

現師匠の東関親方(元幕内・潮丸)が現役だった時から付け人を務めているベテラン

高見劉 薫則(たかみりゅう まさのり)
出身地 :新潟県新津市
本 名 :森 薫則
生年月日:昭和61年(1986)1月6日(33歳)
所属部屋:東関部屋
初土俵 :平成16年(2004)3月(18歳2ヵ月)

白虎

中村部屋の閉鎖にともない東関部屋へと移籍。四股名の「白虎」は西方の守り神であり、両親が命名してくれた

白虎 雅之(びゃっこ まさゆき)
出身地 :兵庫県明石市
本 名 :中田 雅之
生年月日:平成元年(1989)7月11日(30歳)
所属部屋:中村⇒東関部屋
改名歴 :中田⇒白虎
初土俵 :平成17年(2005)3月(15歳8ヵ月)
優勝等 :三段目優勝1回

美登桜

長崎県の五島列島出身、わんぱく相撲では全国大会に出場。入門は元関脇・富士櫻が興した中村部屋。師匠の停年による閉鎖に伴って東関部屋へと移籍

美登桜 重貴(みとざくら しげたか)
出身地 :長崎県五島市
本 名 :濱脇 重貴
生年月日:平成4年(1992)4月16日(27歳)
所属部屋:中村⇒東関部屋
改名歴 :濱脇⇒美登桜
初土俵 :平成20年(2008)3月(15歳11ヵ月)

富士寿

小学生の頃、ゲートボールの県大会で2位になったことが。一宮市立北部中学では相撲部に所属し、中3で市の大会で優勝、県大会に出場した。入門は中村部屋で閉鎖に伴い東関部屋へと移籍

富士寿 寿幸(ふじひさし としゆき)
出身地 :愛知県一宮市
本 名 :澤田 寿幸
生年月日:平成6年(1994)10月13日(24歳)
所属部屋:中村⇒東関部屋
改名歴 :澤田⇒富士寿
初土俵 :平成22年(2010)3月(15歳5ヵ月)

駿河富士

蒲原小5年の頃から柔道を始めて中1の夏からはボクシングも。相撲経験はなかったが中学校の先生の紹介で東関部屋に入門することに

駿河富士 稜亮(するがふじ りょうすけ)
出身地 :静岡県静岡市清水区
本 名 :大瀧 稜亮
生年月日:平成11年(1999)3月20日(20歳)
所属部屋:東関部屋
改名歴 :大瀧⇒駿河富士
初土俵 :平成26年(2014)3月(15歳0ヵ月)

札野

関東学院大ではアメフト部に所属でポジションはOL(オフェンスライン)。2年次に膝を痛めたことをきっかけにアメフトから相撲への転身を決意

札野 大海(ふだの ひろみ)
出身地 :神奈川県川崎市中原区
本 名 :札野 大海
生年月日:平成3年(1991)8月24日(27歳)
所属部屋:東関部屋
初土俵 :平成26年(2014)5月(22歳9ヵ月)

青乃潮

古川中学では陸上部に所属し、砲丸投げの青森市大会で7位になったことも。中学の先生に力士になることを勧められたことで、岩手県一関市で行われていた東関部屋の夏合宿に見学に。そのとき振分親方(元小結・高見盛)に誘われて入門を決意した

青乃潮 龍生(あおのうみ りゅうき)
出身地 :青森県青森市
本 名 :和田 龍生
生年月日:平成12年(2000)6月22日(19歳)
所属部屋:東関部屋
改名歴 :和田⇒青乃潮
初土俵 :平成28年(2016)3月(15歳9ヵ月)

松岡

小6の頃から長野県上田市のスポーツ少年団で相撲に取り組む傍ら、中学ではバスケ部に所属。角界入りを決めたのは中1の頃。上田市相撲連盟の理事長に相談すると、長野県大相撲東関会を通じて東関親方との面会が叶い、東関部屋への入門を決めた

松岡 裕輔(まつおか ゆうすけ)
出身地 :長野県上田市
本 名 :松岡 裕輔
生年月日:平成13年(2001)11月10日(17歳)
所属部屋:東関部屋
初土俵 :平成29年(2017)3月(15歳4ヵ月)

大天馬

14歳の頃からレスリングを始めてモンゴル大会フリースタイル85kg級で優勝。錦島親方(元関脇・朝赤龍)の紹介で来日、明徳義塾高校で相撲を始めるとすぐに県大会100kg級で優勝するなど才能の片鱗をみせた。高校を中退して東関部屋の門を叩いた

大天馬 明(だいてんま あきら)
出身地 :モンゴル ウランバートル市
本 名 :ナサンジャルガラ・チンゾリグ
生年月日:平成12年(2000)1月9日(19歳)
所属部屋:東関部屋
初土俵 :平成30年(2018)11月(18歳10ヵ月)

スポンサーリンク

東関部屋の部屋付き親方

振分親方

16代・振分 精彦(東関部屋)
独特の仕切りで「角界のロボコップ」と呼ばれた人気者。花道を退く際の姿ですぐに伝わってくるストレートな感情表現も魅力

高見盛 精彦(たかみさかり せいけん)
最高位 :小結
年寄名跡:16代振分
出身地 :青森県北津軽郡板柳町
本 名 :加藤 精彦
生年月日:昭和51年(1976)5月12日(43歳)
出身大学:日本大学
所属部屋:東関部屋
改名歴 :加藤⇒高見盛
初土俵 :平成11年(1999)3月・幕下60付出(22歳10ヵ月)
新十両 :平成12年(2000)1月(23歳8ヵ月)
新入幕 :平成12年(2000)7月(24歳2ヵ月)
新三役 :平成14年(2002)9月(26歳4ヵ月)
最終場所:平成25年(2013)1月(36歳8ヵ月)
生涯戦歴:563勝564敗46休/1125出場(83場所)
生涯勝率:50.0%
優勝等 :十両優勝1回
成 績 :殊勲賞1回,敢闘賞2回,技能賞2回,金星2個
幕内戦歴:408勝446敗16休(58場所)勝率:47.8%
  小結:9勝21敗(2場所)勝率:30.0%
  前頭:399勝425敗16休(56場所)勝率:48.4%
十両戦歴:111勝99敗30休(16場所)勝率:52.9%

大山親方

12代・大山 進(東関部屋)
相撲の見識がたいへん深く、決まり手係として決まり手の大改正を先導、平成13年(2001)1月場所からは従来の70手に12手を加えて82手となった

大飛 進(だいひ すすむ)
最高位 :前頭2枚目
年寄名跡:13代山響⇒12代大山⇒12代大山
出身地 :愛知県名古屋市港区
本 名 :小椋 進
生年月日:昭和27年(1952)10月16日(66歳)
所属部屋:大山部屋
改名歴 :小椋⇒剱岳⇒大登⇒大飛
初土俵 :昭和43年(1968)3月(15歳5ヵ月)
新十両 :昭和49年(1974)7月(21歳9ヵ月)
新入幕 :昭和52年(1977)1月(24歳3ヵ月)
最終場所:昭和58年(1983)5月(30歳7ヵ月)
生涯戦歴:468勝468敗5休/933出場(92場所)
生涯勝率:50.0%
優勝等 :三段目優勝1回
幕内戦歴:44勝60敗1休(7場所)勝率:42.3%
十両戦歴:221勝240敗4休(31場所)勝率:47.9%

東関親方の経歴

13代・東関 大五郎
平成21年(2009)6月16日~
あんこ型の典型で突き押し相撲、童顔で人気だった。師匠の停年にあわせて引退し東関部屋を継承、頭脳明晰で平年寄だった平成24年には異例の勝負審判に抜擢され、現在も土俵下で目を光らせる

潮丸 元康(うしおまる もとやす)
最高位 :前頭10枚目
年寄名跡:24代小野川⇒13代東関
出身地 :静岡県静岡市
本 名 :佐野 元泰
生年月日:昭和53年(1978)5月11日(41歳)
所属部屋:東関部屋
改名歴 :高見佐野⇒天福⇒潮丸
初土俵 :平成6年(1994)3月(15歳10ヵ月)
新十両 :平成14年(2002)1月(23歳8ヵ月)
新入幕 :平成14年(2002)9月(24歳4ヵ月)
最終場所:平成21年(2009)5月(31歳0ヵ月)
生涯戦歴:482勝448敗51休/927出場(92場所)
生涯勝率:51.8%
優勝等 :十両優勝1回,幕下優勝1回
幕内戦歴:68勝92敗20休(12場所)勝率:42.5%
十両戦歴:222勝212敗31休(31場所)勝率:51.2%

過去から現在までの東関部屋力士はこちら

ここまでは東関部屋の現役力士と親方などをご紹介してきましたが、この東関部屋の過去から現在までの所属力士をまとめた記事もご用意しています。興味を持たれた方はどうぞ。

他の部屋の成績も見てみたい方は目次ページより選んでください。

こちらの部屋別番付と同様の情報が詰まった情報盛り沢山な最新番付表もご用意しています。先場所だけではなく、過去6場所分の成績が通算成績とともに一気に確認できます。さらに新十両や入幕などの昇進はいつだったのか?出身校や身長体重BMI等々…より詳細な情報も併せて載せていますので是非ご覧下さい。

相撲の一門について知りたい方はこちらの記事がおすすめです。
大相撲の「一門」とは?その成り立ちと役割 オススメ!

地方巡業日程はこちら

力士や親方、裏方さんたちと間近で触れ合うチャンスは地方巡業です!巡業日程や詳細をご紹介しています。

現役力士褒賞金一覧と関取の推定年収はこちら

現役力士の力士褒賞金、通称「給金」を独自計算により一覧でご紹介さらに関取の推定年収も一覧表にしてまとめました。

現役力士の力士褒賞金と推定年収一覧! オススメ!

カテゴリー : 高砂一門

公開日:2017-12-28
投稿者:レイ

コメントはお気軽にどうぞ

ユーザー様の視聴環境

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。