北海道出身の力士一覧!過去から現在、北海道の主な関取を網羅しました

北海道出身の過去から現在までの主な力士をご紹介する北海道の大相撲力士まとめ!この記事では北海道出身の関取を中心に紹介していきます。

北海道の郷土力士としては「昭和の大横綱ビッグ3」大鵬、北の湖そして千代の富士が思い浮かびますね。また、それだけではなく第41代横綱・千代の山第61代横綱・北勝海、NHKの解説でお馴染みの北の富士勝昭さんなど実に8人もの横綱が誕生している相撲王国です。もちろん横綱以外にも大関、関脇など数々の名力士たちを輩出しているのが北海道の大きな特徴です。

また、現役の関取経験者としては友綱部屋の旭大星に尾車部屋の矢後がいますね。

そこでこの記事では主な北海道出身の力士たちを取り上げています。過去の力士については最高位や改名歴、初土俵や各段の昇進時期と最終場所、さらに生涯戦歴と生涯勝率、成績等を中心にご紹介していきます。また、現役力士については最高位と昇進時期、主な成績などを載せています。

なお、年寄名跡欄のマークは、その代で師匠(部屋持ち親方)になったことがあるという意味です。

現役の北海道出身力士の最新番付や成績、詳細なデータをご覧になりたい方はこちら

スポンサーリンク

目次

北海道出身の優勝力士

優勝制度が制定された明治42年(1909)6月場所以降、13人の北海道出身の幕内最高優勝力士が誕生しています。総優勝回数はなんと120回にもなるんですよ。

北海道出身初優勝はいつで誰?

北海道出身力士で初の優勝は、昭和24年(1949)10月場所での大関・千代ノ山でした。その後も千代ノ山は優勝を重ね横綱へも昇進、通算で6度の優勝を飾りました。

北海道出身最後の優勝力士は?

北海道出身力士で最後の優勝力士は、平成3年(1991)3月場所での横綱・北勝海です。

北海道出身の優勝力士一覧

優勝回数が多い順に最高位と共にご紹介しましよう。
優勝回数四股名所属部屋最高位優勝時の地位
と優勝回数
備考
32回大鵬二所ノ関横綱関脇1回、大関2回、横綱29回
31回千代の富士九重横綱関脇1回、大関1回、横綱29回
24回北の湖三保ヶ関横綱関脇1回、大関1回、横綱22回
10回北の富士出羽海⇒九重横綱大関3回、横綱7回北の冨士で1回
8回北勝海九重横綱大関3回、横綱1回
6回千代ノ山出羽海横綱大関3回、横綱3回
2回北天佑三保ヶ関大関関脇1回、大関2回
2回大乃国花籠⇒放駒横綱大関2回
1回吉葉山高島横綱大関1回
1回安念山立浪関脇小結1回後の羽黒山
1回北葉山時津風大関大関1回
1回長谷川佐渡ヶ嶽関脇関脇1回
1回金剛二所ノ関関脇前頭1回
スポンサーリンク


北海道出身の横綱

吉葉山 潤之輔

伸び盛りの時期に応召、6年間の戦地で銃弾を浴びたことも。自身初であり唯一の優勝は全勝優勝、大雪降るなか行われた優勝パレードは全国からファンが集まり「雪の全勝行進」と呼ばれた

吉葉山 潤之輔(よしばやま じゅんのすけ)
最高位 :第43代横綱
年寄名跡:横綱特権・吉葉山⇒8代宮城野
出身地 :北海道厚田郡
本 名 :池田 潤之輔
生年月日:大正9年(1920)4月3日
没年月日:昭和52年(1977)11月26日(享年57歳)
所属部屋:高島部屋
改名歴 :北糖山⇒吉葉山
初土俵 :昭和13年(1938)5月(18歳1ヵ月)
新十両 :昭和22年(1947)6月(27歳2ヵ月)
新入幕 :昭和22年(1947)11月(27歳7ヵ月)
新三役 :昭和25年(1950)9月(30歳5ヵ月)
新大関 :昭和26年(1951)5月(31歳1ヵ月)
横綱昇進:昭和29年(1954)3月(33歳11ヵ月)
最終場所:昭和33年(1958)1月(37歳9ヵ月)
生涯戦歴:357勝171敗85休1預/521出場(47場所)
生涯勝率:67.6%
優勝等 :幕内優勝1回(同点1・次点4),十両同点1回,幕下優勝1回
成 績 :殊勲賞3回,金星2個
幕内戦歴:304勝151敗85休1預(37場所)勝率:66.8%
  横綱:109勝67敗79休(17場所)勝率:61.9%
  大関:109勝34敗6休1預(10場所)勝率:76.2%
  関脇:26勝4敗(2場所)勝率:86.7%
  前頭:60勝46敗(8場所)勝率:56.6%
十両戦歴:9勝1敗(1場所)勝率:90.0%

千代の山 雅信

部屋の継承を巡って耐え忍んだが出羽海一門からの破門を条件に独立、当時大関だった北の冨士らを連れて九重部屋を興す

千代の山 雅信(ちよのやま まさのぶ)
最高位 :第41代横綱
年寄名跡:横綱特権・千代の山⇒11代九重
出身地 :北海道松前郡
本 名 :杉村 昌治
生年月日:大正15年(1926)6月2日
没年月日:昭和52年(1977)10月29日(享年51歳)
所属部屋:出羽海部屋
改名歴 :杉村⇒千代ノ山⇒千代の山
初土俵 :昭和17年(1942)1月・本中(15歳7ヵ月)
新十両 :昭和19年(1944)11月(18歳5ヵ月)
新入幕 :昭和20年(1945)11月(19歳5ヵ月)
新三役 :昭和22年(1947)6月(21歳0ヵ月)
新大関 :昭和24年(1949)10月(23歳4ヵ月)
横綱昇進:昭和26年(1951)9月(25歳3ヵ月)
最終場所:昭和34年(1959)1月(32歳7ヵ月)
生涯戦歴:407勝158敗147休2分/561出場(54場所)
生涯勝率:72.0%
優勝等 :幕内優勝6回(次点6),十両優勝2回
成 績 :殊勲賞1回,敢闘賞1回,金星3個
幕内戦歴:366勝149敗147休2分(46場所)勝率:71.1%
  横綱:239勝103敗137休1分(32場所)勝率:69.9%
  大関:67勝23敗(6場所)勝率:74.4%
  関脇:24勝14敗10休1分(4場所)勝率:63.2%
  前頭:36勝9敗(4場所)勝率:80.0%
十両戦歴:14勝3敗(2場所)勝率:82.4%

大鵬 幸喜

6連覇2回を含む優勝32回など数々の記録を樹立、柏戸と共に「柏鵬時代」を築く。没後に角界2人目となる国民栄誉賞が贈られた

大鵬 幸喜(たいほう こうき)
最高位 :第48代横綱
年寄名跡:一代年寄・大鵬
出身地 :北海道川上郡弟子屈町
本 名 :納谷 幸喜⇒住吉 幸喜⇒納谷 幸喜
生年月日:昭和15年(1940)5月29日
没年月日:平成25年(2013)1月19日(享年72歳)
所属部屋:二所ノ関部屋
改名歴 :納谷⇒大鵬
初土俵 :昭和31年(1956)9月(16歳4ヵ月)
新十両 :昭和34年(1959)5月(19歳0ヵ月)
新入幕 :昭和35年(1960)1月(19歳8ヵ月)
新三役 :昭和35年(1960)7月(20歳2ヵ月)
新大関 :昭和36年(1961)1月(20歳8ヵ月)
横綱昇進:昭和36年(1961)11月(21歳6ヵ月)
最終場所:昭和46年(1971)5月(31歳0ヵ月)
生涯戦歴:872勝182敗136休/1045出場(87場所)
生涯勝率:82.7%
優勝等 :幕内優勝32回(同点2・次点10),十両優勝1回,幕下同点1回,三段目優勝1回
成 績 :敢闘賞2回,技能賞1回,金星1個
幕内戦歴:746勝144敗136休(69場所)勝率:83.8%
  横綱:622勝103敗136休(58場所)勝率:85.8%
  大関:58勝17敗(5場所)勝率:77.3%
  関脇:25勝5敗(2場所)勝率:83.3%
  小結:11勝4敗(1場所)勝率:73.3%
  前頭:30勝15敗(3場所)勝率:66.7%
十両戦歴:44勝16敗(4場所)勝率:73.3%

北の富士 勝昭

入門は出羽海部屋で大関の時に九重部屋へと移籍。師匠としては弟弟子でもあった千代の富士と直弟子の北勝海を横綱へと導く

北の富士 勝昭(きたのふじ かつあき)
最高位 :第52代横綱
年寄名跡:12代井筒12代九重⇒18代陣幕
出身地 :北海道旭川市
本 名 :竹沢 勝昭
生年月日:昭和17年(1942)3月28日(77歳)
所属部屋:出羽海⇒九重部屋
改名歴 :竹沢⇒竹美山⇒北の冨士⇒北の富士
初土俵 :昭和32年(1957)1月(14歳10ヵ月)
新十両 :昭和38年(1963)3月(21歳0ヵ月)
新入幕 :昭和39年(1964)1月(21歳10ヵ月)
新三役 :昭和39年(1964)3月(22歳0ヵ月)
新大関 :昭和41年(1966)9月(24歳6ヵ月)
横綱昇進:昭和45年(1970)3月(28歳0ヵ月)
最終場所:昭和49年(1974)7月(32歳4ヵ月)
生涯戦歴:786勝427敗69休/1208出場(105場所)
生涯勝率:64.8%
優勝等 :幕内優勝10回(同点1・次点3),十両優勝1回,三段目同点1回
成 績 :殊勲賞2回,敢闘賞1回,技能賞3回,金星1個
幕内戦歴:592勝294敗62休(64場所)勝率:66.8%
  横綱:247勝84敗62休(27場所)勝率:74.6%
  大関:208勝107敗(21場所)勝率:66.0%
  関脇:75勝60敗(9場所)勝率:55.6%
  小結:14勝16敗(2場所)勝率:46.7%
  前頭:48勝27敗(5場所)勝率:64.0%
十両戦歴:49勝26敗(5場所)勝率:65.3%

北の湖 敏満

「怪童」と呼ばれ史上最年少での横綱昇進を果たす。「憎らしいほど強い」と評された。引退後は一代年寄を贈られて自身の部屋を創設、理事長としても手腕を発揮した。平成27年の九州場所中である11月20日に急逝、享年62歳

北の湖 敏満(きたのうみ としみつ)
最高位 :第55代横綱
年寄名跡:一代年寄・北の湖
出身地 :北海道有珠郡壮瞥町
本 名 :小畑 敏満
生年月日:昭和28年(1953)5月16日
没年月日:平成27年(2015)11月20日(享年62歳)
所属部屋:三保ヶ関部屋
初土俵 :昭和42年(1967)1月(13歳8ヵ月)
新十両 :昭和46年(1971)5月(18歳0ヵ月)
新入幕 :昭和47年(1972)1月(18歳8ヵ月)
新三役 :昭和48年(1973)1月(19歳8ヵ月)
新大関 :昭和49年(1974)3月(20歳10ヵ月)
横綱昇進:昭和49年(1974)9月(21歳4ヵ月)
最終場所:昭和60年(1985)1月(31歳8ヵ月)
生涯戦歴:951勝350敗107休/1293出場(109場所)
生涯勝率:73.1%
優勝等 :幕内優勝24回(同点5・次点11),序二段同点1回
成 績 :殊勲賞2回,敢闘賞1回,金星1個
幕内戦歴:804勝247敗107休(78場所)勝率:76.5%
  横綱:670勝156敗107休(63場所)勝率:81.1%
  大関:36勝9敗(3場所)勝率:80.0%
  関脇:24勝6敗(2場所)勝率:80.0%
  小結:12勝18敗(2場所)勝率:40.0%
  前頭:62勝58敗(8場所)勝率:51.7%
十両戦歴:43勝32敗(5場所)勝率:57.3%

千代の富士 貢

80年代の大相撲界を支えた国民的な大横綱、角界初となる国民栄誉賞も受賞、引退後は九重部屋を継承し多くの関取を育てた

千代の富士 貢(ちよのふじ みつぐ)
最高位 :第58代横綱
年寄名跡:17代陣幕⇒13代九重
出身地 :北海道松前郡福島町
本 名 :秋元 貢
生年月日:昭和30年(1955)6月1日
没年月日:平成28年(2016)7月31日(享年61歳)
所属部屋:九重部屋
改名歴 :秋元⇒大秋元⇒千代の冨士⇒千代の富士
初土俵 :昭和45年(1970)9月(15歳3ヵ月)
新十両 :昭和49年(1974)11月(19歳5ヵ月)
新入幕 :昭和50年(1975)9月(20歳3ヵ月)
新三役 :昭和53年(1978)7月(23歳1ヵ月)
新大関 :昭和56年(1981)3月(25歳9ヵ月)
横綱昇進:昭和56年(1981)9月(26歳3ヵ月)
最終場所:平成3年(1991)5月(35歳11ヵ月)
生涯戦歴:1045勝437敗170休/1473出場(125場所)
生涯勝率:70.5%
優勝等 :幕内優勝31回(次点11),幕下優勝1回
成 績 :殊勲賞1回,敢闘賞1回,技能賞5回,金星3個
幕内戦歴:807勝253敗155休(81場所)勝率:76.1%
  横綱:625勝112敗148休(59場所)勝率:84.8%
  大関:38勝7敗(3場所)勝率:84.4%
  関脇:25勝5敗(2場所)勝率:83.3%
  小結:21勝24敗(3場所)勝率:46.7%
  前頭:98勝105敗7休(14場所)勝率:48.3%
十両戦歴:130勝120敗5休(17場所)勝率:52.0%

大乃国 康

12代・芝田山 康
横綱昇進時の周囲の期待は大きかったが皆勤で負け越すなど成績は振るわず28歳で引退、相撲解説には定評がありスイーツ親方としても有名

大乃国 康(おおのくに やすし)
最高位 :第62代横綱
年寄名跡:横綱5年・大乃国⇒12代芝田山
出身地 :北海道河西郡芽室町
本 名 :青木 康
生年月日:昭和37年(1962)10月9日(56歳)
所属部屋:花籠⇒放駒部屋
改名歴 :青木⇒大ノ国⇒大乃国
初土俵 :昭和53年(1978)3月(15歳5ヵ月)
新十両 :昭和57年(1982)3月(19歳5ヵ月)
新入幕 :昭和58年(1983)3月(20歳5ヵ月)
新三役 :昭和58年(1983)9月(20歳11ヵ月)
新大関 :昭和60年(1985)9月(22歳11ヵ月)
横綱昇進:昭和62年(1987)11月(25歳1ヵ月)
最終場所:平成3年(1991)7月(28歳9ヵ月)
生涯戦歴:560勝319敗113休/876出場(81場所)
生涯勝率:63.7%
優勝等 :幕内優勝2回(次点7),十両優勝1回
成 績 :殊勲賞5回,敢闘賞2回,金星4個
幕内戦歴:426勝228敗111休(51場所)勝率:65.1%
  横綱:155勝79敗111休(23場所)勝率:66.2%
  大関:140勝55敗(13場所)勝率:71.8%
  関脇:83勝52敗(9場所)勝率:61.5%
  小結:6勝9敗(1場所)勝率:40.0%
  前頭:42勝33敗(5場所)勝率:56.0%
十両戦歴:26勝19敗(3場所)勝率:57.8%

北勝海 信芳

8代・八角 信芳
千代の富士との稽古で強くなった努力家、引退後は八角部屋を興した

北勝海 信芳(ほくとうみ のぶよし)
最高位 :第61代横綱
年寄名跡:横綱5年・北勝海⇒8代八角
出身地 :北海道広尾郡広尾町
本 名 :保志 信芳
生年月日:昭和38年(1963)6月22日(55歳)
所属部屋:九重部屋
改名歴 :保志⇒富士若⇒保志⇒北勝海
初土俵 :昭和54年(1979)3月(15歳9ヵ月)
新十両 :昭和58年(1983)3月(19歳9ヵ月)
新入幕 :昭和58年(1983)9月(20歳3ヵ月)
新三役 :昭和59年(1984)1月(20歳7ヵ月)
新大関 :昭和61年(1986)9月(23歳3ヵ月)
横綱昇進:昭和62年(1987)7月(24歳1ヵ月)
最終場所:平成4年(1992)5月(28歳11ヵ月)
生涯戦歴:591勝286敗109休/874出場(80場所)
生涯勝率:67.4%
優勝等 :幕内優勝8回(同点2・次点6),十両優勝1回,幕下優勝1回,序二段優勝1回
成 績 :殊勲賞3回,敢闘賞3回,技能賞5回,金星1個
幕内戦歴:465勝206敗109休(53場所)勝率:69.3%
  横綱:250勝76敗109休(30場所)勝率:76.7%
  大関:56勝19敗(5場所)勝率:74.7%
  関脇:84勝51敗(9場所)勝率:62.2%
  小結:34勝26敗(4場所)勝率:56.7%
  前頭:41勝34敗(5場所)勝率:54.7%
十両戦歴:26勝19敗(3場所)勝率:57.8%

スポンサーリンク



北海道出身の大関

太刀光 電右エ門

左からのおっつけは名人芸とまで言われた大相撲史上初の「道産子大関」

太刀光 電右エ門(たちひかり でんえもん)
最高位 :大関
年寄名跡:8代鳴戸
出身地 :北海道三笠市
本 名 :八田 政次
生年月日:明治30年(1897)3月29日
没年月日:昭和27年(1952)5月15日(享年55歳)
所属部屋:高砂部屋
初土俵 :大正2年(1913)1月(15歳10ヵ月)
新十両 :大正7年(1918)5月(21歳2ヵ月)
新入幕 :大正10年(1921)1月(23歳10ヵ月)
新三役 :大正12年(1923)1月(25歳10ヵ月)
新大関 :大正12年(1923)5月(26歳2ヵ月)
最終場所:昭和2年(1927)10月(30歳7ヵ月)
生涯戦歴:114勝53敗71休8分6預/181出場(32場所)
生涯勝率:68.3%
優勝等 :なし
成 績 :金星1個
幕内戦歴:67勝26敗69休6分2預(16場所)勝率:72.0%
  大関:35勝14敗45休2分2預(9場所)勝率:71.4%
  関脇:7勝1敗23休1分(3場所)勝率:87.5%
  前頭:25勝11敗1休3分(4場所)勝率:69.4%
十両戦歴:19勝11敗1分1預(5場所)勝率:63.3%

名寄岩 静男

「病気のデパート」と呼ばれるほど様々な病に苦しめられたが40歳まで土俵を務め上げた

名寄岩 静男(なよろいわ しずお)
最高位 :大関
年寄名跡:15代春日山
出身地 :北海道名寄市
本 名 :岩壁 静雄
生年月日:大正3年(1914)9月27日
没年月日:昭和46年(1971)1月26日(享年56歳)
所属部屋:立浪部屋
初土俵 :昭和7年(1932)5月(17歳8ヵ月)
新十両 :昭和11年(1936)5月(21歳8ヵ月)
新入幕 :昭和12年(1937)1月(22歳4ヵ月)
新三役 :昭和13年(1938)5月(23歳8ヵ月)
新大関 :昭和18年(1943)1月(28歳4ヵ月)
最終場所:昭和29年(1954)9月(40歳0ヵ月)
生涯戦歴:337勝297敗33休/634出場(54場所)
生涯勝率:53.2%
優勝等 :幕下優勝1回,三段目優勝1回
成 績 :敢闘賞2回,金星2個
幕内戦歴:292勝279敗33休(44場所)勝率:51.1%
  大関:26勝31敗22休(6場所)勝率:45.6%
  関脇:110勝73敗11休(15場所)勝率:60.1%
  小結:11勝4敗(1場所)勝率:73.3%
  前頭:145勝171敗(22場所)勝率:45.9%
十両戦歴:9勝2敗(1場所)勝率:81.8%

北葉山 英俊

大関で年間46敗を記録したこともあったが30場所もの長きにわたって大関を務めた努力家

北葉山 英俊(きたばやま ひでとし)
最高位 :大関
年寄名跡:11代枝川
出身地 :北海道室蘭市
本 名 :山田 英俊
生年月日:昭和10年(1935)5月17日
没年月日:平成22年(2010)7月20日(享年75歳)
所属部屋:時津風部屋
改名歴 :山田⇒北葉山
初土俵 :昭和29年(1954)5月(19歳0ヵ月)
新十両 :昭和33年(1958)3月(22歳10ヵ月)
新入幕 :昭和33年(1958)11月(23歳6ヵ月)
新三役 :昭和34年(1959)7月(24歳2ヵ月)
新大関 :昭和36年(1961)7月(26歳2ヵ月)
最終場所:昭和41年(1966)5月(31歳0ヵ月)
生涯戦歴:525勝327敗21休/850出場(66場所)
生涯勝率:61.6%
優勝等 :幕内優勝1回(次点3),十両優勝1回(同点1),幕下優勝1回,三段目優勝1回
成 績 :殊勲賞1回,敢闘賞2回
幕内戦歴:396勝273敗21休(46場所)勝率:59.2%
  大関:250勝179敗21休(30場所)勝率:58.3%
  関脇:82勝53敗(9場所)勝率:60.7%
  小結:27勝18敗(3場所)勝率:60.0%
  前頭:37勝23敗(4場所)勝率:61.7%
十両戦歴:45勝15敗(4場所)勝率:75.0%

旭國 斗雄

研究熱心で「相撲博士」とよばれた、引退後は大島部屋を創設、横綱・旭富士や旭天鵬を育てた

旭國 斗雄(あさひくに ますお)
最高位 :大関
年寄名跡:2代大島
出身地 :北海道上川郡愛別町
本 名 :太田 武雄
生年月日:昭和22年(1947)4月25日
所属部屋:立浪部屋
初土俵 :昭和38年(1963)7月(16歳3ヵ月)
新十両 :昭和44年(1969)3月(21歳11ヵ月)
新入幕 :昭和44年(1969)7月(22歳3ヵ月)
新三役 :昭和47年(1972)11月(25歳7ヵ月)
新大関 :昭和51年(1976)5月(29歳1ヵ月)
最終場所:昭和54年(1979)9月(32歳5ヵ月)
生涯戦歴:635勝479敗57休/1108出場(98場所)
生涯勝率:57.0%
優勝等 :幕内同点1・次点3回,十両優勝1回,幕下優勝1回
成 績 :敢闘賞1回,技能賞6回,金星2個
幕内戦歴:418勝330敗57休(54場所)勝率:55.9%
  大関:168勝122敗20休(21場所)勝率:57.9%
  関脇:46勝32敗12休(6場所)勝率:59.0%
  小結:22勝14敗9休(3場所)勝率:61.1%
  前頭:182勝162敗16休(24場所)勝率:52.9%
十両戦歴:83勝52敗(10場所)勝率:61.5%

大受 久晃

身長が足りずにシリコンを頭に入れて新弟子検査を合格、元関脇・玉の海に「土の匂いのする力士」と評された押し一徹の相撲

大受 久晃(だいじゅ ひさてる)
最高位 :大関
年寄名跡:13代楯山⇒18代朝日山
出身地 :北海道瀬棚郡瀬棚町
本 名 :堺谷 利秋
生年月日:昭和25年(1950)3月19日
所属部屋:高島部屋
改名歴 :堺谷⇒大受
初土俵 :昭和40年(1965)3月(15歳0ヵ月)
新十両 :昭和44年(1969)9月(19歳6ヵ月)
新入幕 :昭和45年(1970)5月(20歳2ヵ月)
新三役 :昭和46年(1971)3月(21歳0ヵ月)
新大関 :昭和48年(1973)9月(23歳6ヵ月)
最終場所:昭和52年(1977)5月(27歳2ヵ月)
生涯戦歴:462勝388敗31休/845出場(74場所)
生涯勝率:54.4%
優勝等 :幕内次点1回,十両優勝1回
成 績 :殊勲賞4回,敢闘賞1回,技能賞6回
幕内戦歴:308勝296敗26休(42場所)勝率:51.0%
  大関:30勝32敗13休(5場所)勝率:48.4%
  関脇:74勝61敗(9場所)勝率:54.8%
  小結:10勝5敗(1場所)勝率:66.7%
  前頭:194勝198敗13休(27場所)勝率:49.5%
十両戦歴:42勝22敗5休(5場所)勝率:65.6%

北天佑 勝彦

相撲を取るために生まれてきたような男と期待された「北海の白熊」、引退後は二十山部屋を興すも癌のため45歳の若さで他界

北天佑 勝彦(ほくてんゆう かつひこ)
最高位 :大関
年寄名跡:13代二十山
出身地 :北海道室蘭市
本 名 :千葉 勝彦
生年月日:昭和35年(1960)8月8日
没年月日:平成18年(2006)6月23日(享年45歳)
所属部屋:三保ヶ関部屋
改名歴 :千葉⇒北天佑
初土俵 :昭和51年(1976)3月(15歳7ヵ月)
新十両 :昭和55年(1980)5月(19歳9ヵ月)
新入幕 :昭和55年(1980)11月(20歳3ヵ月)
新三役 :昭和56年(1981)7月(20歳11ヵ月)
新大関 :昭和58年(1983)7月(22歳11ヵ月)
最終場所:平成2年(1990)9月(30歳1ヵ月)
生涯戦歴:645勝413敗55休/1055出場(88場所)
生涯勝率:61.0%
優勝等 :幕内優勝2回(次点4),十両同点1回,幕下優勝1回
成 績 :殊勲賞2回,敢闘賞4回,技能賞1回,金星3個
幕内戦歴:513勝335敗52休(60場所)勝率:60.5%
  大関:378勝245敗37休(44場所)勝率:60.7%
  関脇:37勝8敗(3場所)勝率:82.2%
  小結:30勝30敗(4場所)勝率:50.0%
  前頭:68勝52敗15休(9場所)勝率:56.7%
十両戦歴:29勝16敗(3場所)勝率:64.4%

スポンサーリンク

北海道出身の関脇

三杉礒 善七

昭和3年1月場所では大関と10勝1敗で並ぶ好成績だったが上位である大関の優勝となった。ところが大関には導入間もない不戦勝があり、以前であれば三杉磯が優勝となるはずだったので、浸透していない不戦勝制度が議論の的となる。これを契機に制度徹底が図られた

三杉礒 善七(みすぎいそ ぜんしち)
最高位 :関脇
年寄名跡:9代花籠
出身地 :北海道爾志郡
本 名 :小西 善七
生年月日:明治25年(1892)11月26日
没年月日:昭和26年(1951)4月22日(享年58歳)
所属部屋:尾車⇒峰崎⇒片男波⇒伊勢ノ海部屋
初土俵 :明治44年(1911)6月(18歳7ヵ月)
新十両 :大正6年(1917)1月(24歳2ヵ月)
新入幕 :大正7年(1918)1月(25歳2ヵ月)
新三役 :大正9年(1920)1月(27歳2ヵ月)
最終場所:昭和4年(1929)3月(36歳4ヵ月)
生涯戦歴:144勝125敗62休8分8預/284出場(40場所)
生涯勝率:53.5%
優勝等 :幕内次点1回
成 績 :金星1個
幕内戦歴:102勝108敗62休7分6預(27場所)勝率:48.6%
  関脇:11勝15敗1休3預(3場所)勝率:42.3%
  小結:1勝5敗5休(1場所)勝率:16.7%
  前頭:90勝88敗56休7分3預(23場所)勝率:50.6%
十両戦歴:9勝2敗1預(2場所)勝率:81.8%

旭川 幸之丞

立浪部屋の参謀格として弟弟子たちを指導、新弟子時代の双葉山も鍛え上げた

旭川 幸之丞(あさひかわ ゆきのじょう)
最高位 :関脇
年寄名跡:15代玉垣
出身地 :北海道旭川市
本 名 :宮坂 幸吉
生年月日:明治38年(1905)8月18日
没年月日:昭和53年(1978)1月31日(享年72歳)
所属部屋:立浪部屋
改名歴 :立ノ海⇒高浪⇒旭川
初土俵 :大正11年(1922)1月(16歳5ヵ月)
新十両 :昭和2年(1927)5月(21歳9ヵ月)
新入幕 :昭和7年(1932)2月(26歳6ヵ月)
新三役 :昭和11年(1936)5月(30歳9ヵ月)
最終場所:昭和17年(1942)5月(36歳9ヵ月)
生涯戦歴:243勝260敗22休1分2預/505出場(55場所)
生涯勝率:48.3%
優勝等 :幕下優勝1回
成 績 :金星1個
幕内戦歴:117勝155敗22休1分1預(24場所)勝率:43.0%
  関脇:2勝11敗(1場所)勝率:15.4%
  小結:7勝19敗(2場所)勝率:26.9%
  前頭:108勝125敗22休1分1預(21場所)勝率:46.4%
十両戦歴:47勝58敗(11場所)勝率:44.8%

輝昇 勝彦

美男子と攻めまくる相撲ぶりで人気があった、敢闘賞制定場所では受賞第一号となる

輝昇 勝彦(てるのぼり かつひこ)
最高位 :関脇
出身地 :北海道留萌市
本 名 :小林 良彦
生年月日:大正11年(1922)1月26日
没年月日:昭和42年(1967)2月20日(享年45歳)
所属部屋:高島部屋
初土俵 :昭和12年(1937)5月(15歳4ヵ月)
新十両 :昭和16年(1941)1月(19歳0ヵ月)
新入幕 :昭和17年(1942)1月(20歳0ヵ月)
新三役 :昭和18年(1943)5月(21歳4ヵ月)
最終場所:昭和31年(1956)3月(34歳2ヵ月)
生涯戦歴:289勝270敗50休/556出場(49場所)
生涯勝率:51.7%
優勝等 :十両優勝1回,三段目優勝1回,序二段優勝1回
成 績 :敢闘賞2回,金星1個
幕内戦歴:222勝226敗33休(35場所)勝率:49.6%
  関脇:6勝13敗7休(2場所)勝率:31.6%
  小結:23勝20敗10休(5場所)勝率:53.5%
  前頭:193勝193敗16休(28場所)勝率:50.0%
十両戦歴:38勝35敗17休(7場所)勝率:52.1%

北の洋 昇

「白い稲妻」と評された速攻相撲で名横綱たちを悩ませた、奪った金星は10個

北の洋 昇(きたのなだ のぼる)
最高位 :関脇
年寄名跡:11代武隈
出身地 :北海道網走市
本 名 :緒方 昇
生年月日:大正12年(1923)2月1日
没年月日:平成14年(2002)1月8日(享年78歳)
所属部屋:立浪部屋
改名歴 :北ノ洋⇒北の洋
初土俵 :昭和15年(1940)1月(16歳11ヵ月)
新十両 :昭和23年(1948)10月(25歳8ヵ月)
新入幕 :昭和25年(1950)9月(27歳7ヵ月)
新三役 :昭和29年(1954)9月(31歳7ヵ月)
最終場所:昭和37年(1962)3月(39歳1ヵ月)
生涯戦歴:494勝473敗29休/962出場(77場所)
生涯勝率:51.1%
優勝等 :幕内次点1回
成 績 :殊勲賞4回,敢闘賞1回,技能賞5回,金星10個
幕内戦歴:368勝388敗24休(52場所)勝率:48.7%
  関脇:12勝17敗1休(2場所)勝率:41.4%
  小結:44勝46敗(6場所)勝率:48.9%
  前頭:312勝325敗23休(44場所)勝率:49.0%
十両戦歴:58勝43敗(7場所)勝率:57.4%

安念山 治

立浪部屋を継承したが横綱・双羽黒の廃業騒ぎや、後継者・旭豊との名跡を巡った裁判沙汰などトラブルが目立った

安念山 治(あんねんやま おさむ)
最高位 :関脇
年寄名跡:9代追手風⇒6代立浪
出身地 :北海道上川郡下川町
本 名 :安念 治
生年月日:昭和9年(1934)2月23日
所属部屋:立浪部屋
改名歴 :安念⇒安念山⇒羽黒山
初土俵 :昭和25年(1950)1月(15歳11ヵ月)
新十両 :昭和28年(1953)9月(19歳7ヵ月)
新入幕 :昭和29年(1954)5月(20歳3ヵ月)
新三役 :昭和32年(1957)5月(23歳3ヵ月)
最終場所:昭和40年(1965)3月(31歳1ヵ月)
生涯戦歴:544勝506敗30休1分/1047出場(74場所)
生涯勝率:51.8%
優勝等 :幕内優勝1回(次点1),幕下優勝1回
成 績 :殊勲賞3回,敢闘賞1回,金星10個
幕内戦歴:428勝427敗29休1分(59場所)勝率:50.1%
  関脇:101勝107敗2休(14場所)勝率:48.6%
  小結:49勝56敗(7場所)勝率:46.7%
  前頭:278勝264敗27休1分(38場所)勝率:51.3%
十両戦歴:26勝19敗(3場所)勝率:57.8%

羽黒花 統司

素質充分で入幕2場所目には敢闘賞も受賞したが度重なる膝の怪我は大成を阻んだ

羽黒花 統司(はぐろはな とうじ)
最高位 :関脇
年寄名跡:6代大鳴戸⇒16代玉垣
出身地 :北海道紋別郡西興部村
本 名 :千葉 進
生年月日:昭和11年(1936)3月28日
没年月日:昭和59年(1984)6月3日(享年48歳)
所属部屋:立浪部屋
改名歴 :千葉⇒羽黒花⇒羽黒川⇒羽黒花
初土俵 :昭和30年(1955)9月(19歳6ヵ月)
新十両 :昭和35年(1960)3月(24歳0ヵ月)
新入幕 :昭和35年(1960)9月(24歳6ヵ月)
新三役 :昭和36年(1961)7月(25歳4ヵ月)
最終場所:昭和40年(1965)11月(29歳8ヵ月)
生涯戦歴:347勝255敗71休/601出場(58場所)
生涯勝率:57.6%
優勝等 :幕内次点1回,幕下優勝2回,三段目優勝1回(同点1),序二段優勝1回
成 績 :敢闘賞1回,金星3個
幕内戦歴:195勝195敗30休(28場所)勝率:50.0%
  関脇:29勝46敗(5場所)勝率:38.7%
  小結:41勝34敗15休(6場所)勝率:54.7%
  前頭:125勝115敗15休(17場所)勝率:52.1%
十両戦歴:29勝19敗12休(5場所)勝率:60.4%

明武谷 力伸

長身で吊りには定評があった元祖イケメン力士、引退後は審判委員を務めていたがエホバの証人に入信したのをきっかけに廃業

明武谷 力伸(みょうぶだに りきのぶ)
最高位 :関脇
年寄名跡:7代中村
出身地 :北海道阿寒郡阿寒町
本 名 :明歩谷 清
生年月日:昭和12年(1937)4月29日
所属部屋:高島⇒吉葉山⇒宮城野部屋
改名歴 :明歩谷⇒明武谷⇒吉葉洋⇒明武谷
初土俵 :昭和29年(1954)3月(16歳11ヵ月)
新十両 :昭和32年(1957)11月(20歳7ヵ月)
新入幕 :昭和34年(1959)7月(22歳3ヵ月)
新三役 :昭和36年(1961)11月(24歳7ヵ月)
最終場所:昭和44年(1969)11月(32歳7ヵ月)
生涯戦歴:624勝580敗6休/1202出場(88場所)
生涯勝率:51.8%
優勝等 :幕内同点2・次点2回,十両同点1回,序二段優勝1回
成 績 :殊勲賞4回,敢闘賞4回,金星3個
幕内戦歴:414勝450敗6休(58場所)勝率:47.9%
  関脇:35勝40敗(5場所)勝率:46.7%
  小結:57勝63敗(8場所)勝率:47.5%
  前頭:322勝347敗6休(45場所)勝率:48.1%
十両戦歴:133勝92敗(15場所)勝率:59.1%

藤ノ川 武雄

土俵を目一杯使った暴れっぷりは「今牛若」と称されるほどで上位陣を苦しめた。昭和46年名古屋場所で左足を痛め、持ち前の機敏な動きが活かせなくなり26歳の若さで引退。先代の没後に伊勢ノ海部屋を継承、理事としても事務能力を大いに発揮し、いまに続く「敢闘精神評価」アンケートの発案者としても知られる

藤ノ川 武雄(ふじのかわ たけお)
最高位 :関脇
年寄名跡:10代立川⇒11代伊勢ノ海⇒12代勝ノ浦
出身地 :北海道河東郡音更町
本 名 :森田 武雄⇒森田 祥玄⇒森田 武雄
生年月日:昭和21年(1946)9月26日
所属部屋:伊勢ノ海部屋
改名歴 :森田⇒藤ノ川
初土俵 :昭和36年(1961)5月(14歳8ヵ月)
新十両 :昭和41年(1966)1月(19歳4ヵ月)
新入幕 :昭和41年(1966)11月(20歳2ヵ月)
新三役 :昭和42年(1967)5月(20歳8ヵ月)
最終場所:昭和47年(1972)11月(26歳2ヵ月)
生涯戦歴:403勝378敗23休/779出場(69場所)
生涯勝率:51.6%
優勝等 :幕内同点1・次点1回,幕下優勝1回
成 績 :殊勲賞1回,敢闘賞2回,技能賞4回,金星4個
幕内戦歴:209勝240敗16休(31場所)勝率:46.5%
  関脇:11勝19敗(2場所)勝率:36.7%
  小結:23勝52敗(5場所)勝率:30.7%
  前頭:175勝169敗16休(24場所)勝率:50.9%
十両戦歴:81勝62敗7休(10場所)勝率:56.6%

高鐵山 孝之進

十両と幕内を何度も往復したが神経痛に悩んで引退、大鳴戸部屋を創設して板井と維新力を育てた

高鐵山 孝之進(こうてつやま こうのしん)
最高位 :関脇
年寄名跡:11代大鳴戸
出身地 :北海道小樽市
本 名 :菅 孝之進
生年月日:昭和17年(1942)7月9日
没年月日:平成8年(1996)4月14日(享年53歳)
所属部屋:朝日山部屋
改名歴 :葵龍⇒高鐵山⇒二瀬川⇒高鐵山⇒高鉄山
初土俵 :昭和32年(1957)3月(14歳8ヵ月)
新十両 :昭和38年(1963)1月(20歳6ヵ月)
新入幕 :昭和38年(1963)9月(21歳2ヵ月)
新三役 :昭和42年(1967)1月(24歳6ヵ月)
最終場所:昭和50年(1975)1月(32歳6ヵ月)
生涯戦歴:661勝668敗10休/1327出場(107場所)
生涯勝率:49.7%
優勝等 :幕内次点2回,十両優勝1回(同点2)
成 績 :敢闘賞1回,技能賞1回,金星2個
幕内戦歴:323勝425敗2休(50場所)勝率:43.2%
  関脇:3勝12敗(1場所)勝率:20.0%
  前頭:320勝413敗2休(49場所)勝率:43.7%
十両戦歴:193勝144敗8休(23場所)勝率:57.3%

長谷川 勝敏

史上初の幕内連続出場1000回、幾多の大関昇進のチャンスも番付運に恵まれなかった「戦後最強の関脇」

長谷川 勝敏(はせがわ かつとし)
最高位 :関脇
年寄名跡:11代秀ノ山
出身地 :北海道空知郡栗沢町
本 名 :長谷川 勝敏
生年月日:昭和19年(1944)7月20日
所属部屋:佐渡ヶ嶽部屋
初土俵 :昭和35年(1960)3月(15歳8ヵ月)
新十両 :昭和38年(1963)1月(18歳6ヵ月)
新入幕 :昭和40年(1965)1月(20歳6ヵ月)
新三役 :昭和40年(1965)11月(21歳4ヵ月)
最終場所:昭和51年(1976)5月(31歳10ヵ月)
生涯戦歴:678勝577敗/1254出場(98場所)
生涯勝率:54.0%
優勝等 :幕内優勝1回(次点2),十両優勝1回,幕下優勝1回
成 績 :殊勲賞3回,敢闘賞3回,技能賞2回,金星9個
幕内戦歴:523勝502敗(69場所)勝率:51.0%
  関脇:164勝151敗(21場所)勝率:52.1%
  小結:57勝78敗(9場所)勝率:42.2%
  前頭:302勝273敗(39場所)勝率:52.5%
十両戦歴:50勝25敗(6場所)勝率:66.7%

金剛 正裕

ユーモアに溢れた奔放な発言が人気も二所ノ関部屋継承のため若くして引退、晩年は脳腫瘍を患い名門を閉じることとなった

金剛 正裕(こんごう まさひろ)
最高位 :関脇
年寄名跡:10代二所ノ関
出身地 :北海道深川市
本 名 :吉沢 正裕⇒北村 正裕
生年月日:昭和23年(1948)11月18日
没年月日:平成26年(2014)8月12日(享年65歳)
所属部屋:二所ノ関部屋
改名歴 :大吉沢⇒金剛
初土俵 :昭和39年(1964)5月(15歳6ヵ月)
新十両 :昭和44年(1969)5月(20歳6ヵ月)
新入幕 :昭和45年(1970)9月(21歳10ヵ月)
新三役 :昭和47年(1972)7月(23歳8ヵ月)
最終場所:昭和51年(1976)9月(27歳10ヵ月)
生涯戦歴:449勝414敗/863出場(74場所)
生涯勝率:52.0%
優勝等 :幕内優勝1回,十両優勝2回,幕下優勝1回,序ノ口優勝1回
成 績 :殊勲賞3回,金星3個
幕内戦歴:259勝281敗(36場所)勝率:48.0%
  関脇:6勝9敗(1場所)勝率:40.0%
  小結:26勝49敗(5場所)勝率:34.7%
  前頭:227勝223敗(30場所)勝率:50.4%
十両戦歴:68勝52敗(8場所)勝率:56.7%

北瀬海 弘光

旭國、鷲羽山と共に「小兵トリオ」と呼ばれた、髪の薄さで大銀杏が結えるのか?と話題になったことも

北瀬海 弘光(きたせうみ ひろみつ)
最高位 :関脇
年寄名跡:10代君ヶ濱
出身地 :北海道瀬棚郡北桧山町
本 名 :土谷 孝
生年月日:昭和23年(1948)7月2日
所属部屋:出羽海⇒九重部屋
改名歴 :土谷⇒若狭山⇒北瀬海
初土俵 :昭和39年(1964)7月(16歳0ヵ月)
新十両 :昭和44年(1969)9月(21歳2ヵ月)
新入幕 :昭和47年(1972)3月(23歳8ヵ月)
新三役 :昭和51年(1976)5月(27歳10ヵ月)
最終場所:昭和54年(1979)5月(30歳10ヵ月)
生涯戦歴:536勝526敗6休/1060出場(90場所)
生涯勝率:50.5%
優勝等 :十両優勝1回,幕下優勝1回
成 績 :殊勲賞2回,技能賞1回,金星1個
幕内戦歴:266勝310敗6休(39場所)勝率:46.2%
  関脇:6勝18敗6休(2場所)勝率:25.0%
  小結:10勝5敗(1場所)勝率:66.7%
  前頭:250勝287敗(36場所)勝率:46.6%
十両戦歴:135勝120敗(17場所)勝率:52.9%

北海道出身の小結

巴潟 誠一

高嶋・友綱親方として横綱・吉葉山や大関・三根山を育てた。年寄引退後は両国に「ちゃんこ巴潟」を開く

巴潟 誠一(ともえがた せいいち)
最高位 :小結
年寄名跡:14代玉垣初代安治川9代高島8代友綱
出身地 :北海道函館市
本 名 :工藤 誠一
生年月日:明治44年(1911)3月30日
没年月日:昭和53年(1978)12月24日(享年67歳)
所属部屋:高島⇒友綱部屋
初土俵 :大正15年(1926)5月(15歳2ヵ月)
新十両 :昭和7年(1932)2月(20歳11ヵ月)
新入幕 :昭和7年(1932)5月(21歳2ヵ月)
新三役 :昭和10年(1935)5月(24歳2ヵ月)
最終場所:昭和15年(1940)5月(29歳2ヵ月)
生涯戦歴:107勝129敗/236出場(21場所)
生涯勝率:45.3%
優勝等 :なし
成 績 :金星1個
幕内戦歴:95勝123敗(18場所)勝率:43.6%
  小結:4勝7敗(1場所)勝率:36.4%
  前頭:91勝116敗(17場所)勝率:44.0%
十両戦歴:12勝6敗(2場所)勝率:66.7%

大晃 定行

史上初の通算1000回連続出場を記録、額が広く四股名にかけて「大光り」といわれた

大晃 定行(おおひかり さだゆき)
最高位 :小結
年寄名跡:11代阿武松
出身地 :北海道上磯郡上磯町
本 名 :柴田 定行
生年月日:昭和2年(1927)9月24日
没年月日:平成8年(1996)1月14日(享年68歳)
所属部屋:出羽海部屋
改名歴 :柴田⇒巴浦⇒大晃
初土俵 :昭和19年(1944)1月(16歳4ヵ月)
新十両 :昭和24年(1949)1月(21歳4ヵ月)
新入幕 :昭和25年(1950)9月(23歳0ヵ月)
新三役 :昭和33年(1958)7月(30歳10ヵ月)
最終場所:昭和38年(1963)11月(36歳2ヵ月)
生涯戦歴:526勝539敗15休3分/1068出場(79場所)
生涯勝率:49.4%
優勝等 :幕内同点1回,幕下同点1回
成 績 :敢闘賞1回,金星5個
幕内戦歴:455勝489敗15休1分(64場所)勝率:48.2%
  小結:11勝19敗(2場所)勝率:36.7%
  前頭:444勝470敗15休1分(62場所)勝率:48.6%
十両戦歴:41勝31敗1分(5場所)勝率:56.9%

沢光 幸夫

前頭の双ツ龍に憧れて角界を志す、新入幕から4場所で小結昇進もそのわずか2場所後に廃業

沢光 幸夫(さわひかり ゆきお)
最高位 :小結
出身地 :北海道常呂郡佐呂間町
本 名 :沢向 幸夫⇒梅村 幸夫⇒沢向 幸夫
生年月日:昭和16年(1941)6月18日
所属部屋:時津風部屋
改名歴 :沢向⇒沢光
初土俵 :昭和31年(1956)9月(15歳3ヵ月)
新十両 :昭和37年(1962)1月(20歳7ヵ月)
新入幕 :昭和38年(1963)11月(22歳5ヵ月)
新三役 :昭和39年(1964)7月(23歳1ヵ月)
最終場所:昭和39年(1964)11月(23歳5ヵ月)
生涯戦歴:254勝211敗24休/464出場(48場所)
生涯勝率:54.6%
優勝等 :十両優勝1回
成 績 :殊勲賞1回,敢闘賞1回,金星1個
幕内戦歴:39勝51敗15休(7場所)勝率:43.3%
  小結:2勝13敗(1場所)勝率:13.3%
  前頭:37勝38敗15休(6場所)勝率:49.3%
十両戦歴:88勝73敗4休(11場所)勝率:54.7%

双津竜 順一

時津風の名門継承も「時津風部屋力士暴行死事件」によって解雇、実刑判決を受けて収監された

双津竜 順一(ふたつりゅう じゅんいち)
最高位 :小結
年寄名跡:13代錦島⇒15代時津風
出身地 :北海道室蘭市
本 名 :山本 順一
生年月日:昭和25年(1950)2月28日
没年月日:平成26年(2014)8月12日(享年64歳)
所属部屋:時津風部屋
改名歴 :山本⇒山本川⇒双ツ竜⇒双津竜
初土俵 :昭和38年(1963)9月(13歳7ヵ月)
新十両 :昭和44年(1969)11月(19歳9ヵ月)
新入幕 :昭和47年(1972)3月(22歳1ヵ月)
新三役 :昭和54年(1979)7月(29歳5ヵ月)
最終場所:昭和57年(1982)11月(32歳9ヵ月)
生涯戦歴:676勝669敗30休/1344出場(116場所)
生涯勝率:50.3%
優勝等 :十両優勝2回(同点1),幕下優勝1回
幕内戦歴:186勝226敗23休(29場所)勝率:45.1%
  小結:4勝11敗(1場所)勝率:26.7%
  前頭:182勝215敗23休(28場所)勝率:45.8%
十両戦歴:343勝317敗(44場所)勝率:52.0%

大翔鳳 昌巳

膵臓がんによって引退、日大の同級生で親友でもあった舞の海らによって断髪式が行われるもそのわずか2か月後に逝去

大翔鳳 昌巳(だいしょうほう まさみ)
最高位 :小結
年寄名跡:準年寄・大翔鳳
出身地 :北海道札幌市豊平区
本 名 :村田 昌巳
生年月日:昭和42年(1967)5月7日
没年月日:平成11年(1999)12月4日(享年32歳)
出身大学:日本大学
所属部屋:立浪部屋
改名歴 :村田⇒大翔鳳
初土俵 :平成2年(1990)1月・幕下60付出(22歳8ヵ月)
新十両 :平成3年(1991)1月(23歳8ヵ月)
新入幕 :平成3年(1991)7月(24歳2ヵ月)
新三役 :平成5年(1993)1月(25歳8ヵ月)
最終場所:平成11年(1999)7月(32歳2ヵ月)
生涯戦歴:369勝380敗65休/746出場(58場所)
生涯勝率:49.3%
優勝等 :幕内次点1回,十両優勝1回
成 績 :敢闘賞2回
幕内戦歴:222勝261敗27休(34場所)勝率:46.0%
  小結:11勝34敗(3場所)勝率:24.4%
  前頭:211勝227敗27休(31場所)勝率:48.2%
十両戦歴:116勝108敗31休(17場所)勝率:51.8%

北海道出身の前頭

松前山 熊義

きびきびとした取り口で下手投げなどを得意とした

松前山 熊義(まつまえやま くまよし)
最高位 :前頭筆頭
出身地 :北海道函館市
本 名 :川崎 熊義
生年月日:明治42年(1909)8月5日
没年月日:昭和59年(1984)3月3日(享年74歳)
所属部屋:高島部屋
改名歴 :巴港山⇒八甲山⇒松前山⇒渡嶋洋⇒松前山
初土俵 :大正14年(1925)5月(15歳9ヵ月)
新十両 :昭和7年(1932)2月(22歳6ヵ月)
新入幕 :昭和8年(1933)5月(23歳9ヵ月)
最終場所:昭和13年(1938)1月(28歳5ヵ月)
生涯戦歴:82勝84敗5休/166出場(17場所)
生涯勝率:49.4%
優勝等 :序ノ口優勝1回
幕内戦歴:42勝46敗(8場所)勝率:47.7%
十両戦歴:34勝38敗5休(7場所)勝率:47.2%

十勝岩 豊

羽黒山二世と期待されたが怪我などあって力士としては大成せず、後に大鵬と大麒麟による二所ノ関の後継者争いが収まらず、期せずしてお鉢が回ってきた

十勝岩 豊(とかちいわ ゆたか)
最高位 :前頭筆頭
年寄名跡:10代湊川9代二所ノ関⇒10代湊川
出身地 :北海道広尾郡
本 名 :三好 豊
生年月日:大正8年(1919)1月10日
没年月日:昭和54年(1979)2月12日(享年60歳)
所属部屋:二所ノ関部屋
初土俵 :昭和14年(1939)1月(20歳0ヵ月)
新十両 :昭和18年(1943)1月(24歳0ヵ月)
新入幕 :昭和19年(1944)5月(25歳4ヵ月)
最終場所:昭和26年(1951)5月(32歳4ヵ月)
生涯戦歴:156勝131敗17休/286出場(28場所)
生涯勝率:54.4%
優勝等 :幕内次点1回,序二段優勝1回,序ノ口優勝1回
幕内戦歴:91勝103敗17休(17場所)勝率:46.9%
十両戦歴:27勝18敗(3場所)勝率:60.0%

双ツ龍 徳義

双葉山を慕って家出して入門、人懐っこい顔と笑顔で人気があった

双ツ龍 徳義(ふたつりゅう とくよし)
最高位 :前頭筆頭
年寄名跡:13代音羽山⇒11代粂川
出身地 :北海道室蘭市
本 名 :荒木 徳義
生年月日:昭和5年(1930)3月3日
没年月日:平成18年(2006)2月4日(享年75歳)
所属部屋:時津風部屋
改名歴 :荒木⇒双ツ竜⇒双ツ龍⇒双ツ竜⇒双ツ龍
初土俵 :昭和22年(1947)6月(17歳3ヵ月)
新十両 :昭和27年(1952)1月(21歳10ヵ月)
新入幕 :昭和27年(1952)9月(22歳6ヵ月)
最終場所:昭和36年(1961)1月(30歳10ヵ月)
生涯戦歴:385勝400敗/785出場(56場所)
生涯勝率:49.0%
優勝等 :十両優勝1回,幕下優勝1回
成 績 :金星4個
幕内戦歴:239勝301敗(36場所)勝率:44.3%
十両戦歴:54勝36敗(7場所)勝率:60.0%

琴ヶ嶽 綱一

稽古熱心でよく知られていたが軽量と肘の故障で幕内定着はできなかった

琴ヶ嶽 綱一(ことがたけ こういち)
最高位 :前頭筆頭
年寄名跡:13代白玉
出身地 :北海道川上郡弟子屈町
本 名 :竹内 孝一
生年月日:昭和27年(1952)9月24日
所属部屋:佐渡ヶ嶽部屋
改名歴 :竹内⇒琴緑⇒琴魅鳳⇒琴ヶ嶽⇒琴美鳳⇒琴ヶ嶽
初土俵 :昭和42年(1967)11月(15歳2ヵ月)
新十両 :昭和49年(1974)1月(21歳4ヵ月)
新入幕 :昭和51年(1976)7月(23歳10ヵ月)
最終場所:昭和59年(1984)3月(31歳6ヵ月)
生涯戦歴:493勝472敗1休/965出場(99場所)
生涯勝率:51.1%
優勝等 :十両優勝1回,幕下優勝1回
幕内戦歴:36勝54敗(6場所)勝率:40.0%
十両戦歴:208勝227敗(29場所)勝率:47.8%

禊鳳 英二

入幕2場所目の初日に横綱栃ノ海、2日目大関豊山、3日目横綱柏戸を連覇して話題になったが終わってみれば4勝11敗だった

禊鳳 英二(みそぎどり えいじ)
最高位 :前頭2枚目
出身地 :北海道上磯郡木古内町
本 名 :佐々木 禊
生年月日:昭和18年(1943)12月10日
所属部屋:出羽海⇒九重部屋
改名歴 :佐々木⇒禊鳳
初土俵 :昭和36年(1961)1月(17歳1ヵ月)
新十両 :昭和40年(1965)9月(21歳9ヵ月)
新入幕 :昭和41年(1966)9月(22歳9ヵ月)
最終場所:昭和44年(1969)9月(25歳9ヵ月)
生涯戦歴:274勝249敗32休1分/522出場(53場所)
生涯勝率:52.4%
優勝等 :十両同点1回
成 績 :敢闘賞1回,金星2個
幕内戦歴:88勝109敗13休(14場所)勝率:44.7%
十両戦歴:80勝69敗1分(10場所)勝率:53.7%

朝登 俊光

横綱柏戸の最後の対戦相手で金星を奪ったのがこの朝登

朝登 俊光(あさのぼり としみつ)
最高位 :前頭2枚目
年寄名跡:11代東関
出身地 :北海道夕張市
本 名 :霜降 利昭
生年月日:昭和23年(1948)6月3日
所属部屋:朝日山部屋
改名歴 :霜降⇒朝登
初土俵 :昭和38年(1963)7月(15歳1ヵ月)
新十両 :昭和42年(1967)9月(19歳3ヵ月)
新入幕 :昭和44年(1969)3月(20歳9ヵ月)
最終場所:昭和53年(1978)5月(29歳11ヵ月)
生涯戦歴:578勝555敗2休/1132出場(90場所)
生涯勝率:51.0%
優勝等 :十両優勝4回,幕下優勝1回,序ノ口優勝1回
成 績 :金星1個
幕内戦歴:82勝113敗(13場所)勝率:42.1%
十両戦歴:385勝378敗2休(51場所)勝率:50.5%

琴若 央雄

2メートル近い長身で「コンコルド」と称された

琴若 央雄(ことわか ちかお)
最高位 :前頭2枚目
出身地 :北海道増毛郡増毛町
本 名 :香島 春男
生年月日:昭和29年(1954)4月7日
没年月日:平成28年(2016)3月10日(享年61歳)
所属部屋:佐渡ヶ嶽部屋
改名歴 :香島⇒琴の花⇒琴若
初土俵 :昭和46年(1971)7月(17歳3ヵ月)
新十両 :昭和52年(1977)11月(23歳7ヵ月)
新入幕 :昭和53年(1978)3月(23歳11ヵ月)
最終場所:昭和60年(1985)9月(31歳5ヵ月)
生涯戦歴:425勝419敗7休/844出場(86場所)
生涯勝率:50.4%
優勝等 :十両同点1回,幕下優勝1回
幕内戦歴:76勝104敗(12場所)勝率:42.2%
十両戦歴:146勝154敗(20場所)勝率:48.7%

騏乃嵐 和稔

入幕4場所目には横綱北の湖を破るなど大関も期待されたが、一門の連合稽古で痛めた膝は期待に応えてくれなかった

騏乃嵐 和稔(きのあらし かずとし)
最高位 :前頭2枚目
出身地 :北海道夕張市
本 名 :石山 和敏
生年月日:昭和36年(1961)7月9日
所属部屋:押尾川部屋
改名歴 :石山⇒騏ノ嵐⇒騏乃嵐
初土俵 :昭和52年(1977)3月(15歳8ヵ月)
新十両 :昭和56年(1981)1月(19歳6ヵ月)
新入幕 :昭和57年(1982)3月(20歳8ヵ月)
最終場所:平成3年(1991)9月(30歳2ヵ月)
生涯戦歴:459勝405敗97休/861出場(88場所)
生涯勝率:53.1%
優勝等 :十両優勝1回,幕下優勝2回,三段目同点1回
成 績 :金星1個
幕内戦歴:98勝112敗30休(16場所)勝率:46.7%
十両戦歴:201勝204敗15休(28場所)勝率:49.6%

大雪 嶺登

四股名は北海道最高峰の大雪山・旭岳に因む、手首を痛めていたため蹴手繰りや蹴返しなど足技が多かった

大雪 嶺登(だいせつ みねと)
最高位 :前頭3枚目
出身地 :北海道夕張市
本 名 :秋田 芳夫
生年月日:昭和19年(1944)11月30日
没年月日:昭和55年(1980)4月16日(享年35歳)
所属部屋:宮城野部屋
改名歴 :秋田⇒吉葉嶺⇒大雪
初土俵 :昭和37年(1962)9月(17歳10ヵ月)
新十両 :昭和43年(1968)1月(23歳2ヵ月)
新入幕 :昭和45年(1970)1月(25歳2ヵ月)
最終場所:昭和48年(1973)1月(28歳2ヵ月)
生涯戦歴:326勝323敗17休/648出場(63場所)
生涯勝率:50.2%
優勝等 :幕下優勝1回
幕内戦歴:77勝103敗(12場所)勝率:42.8%
十両戦歴:123勝129敗3休(17場所)勝率:48.8%

北勝鬨 準人

12代・伊勢ノ海 準人
平成10年(1998)7月場所の幕内陥落によって66年続いた北海道出身幕内力士は途絶えた

北勝鬨 準人(きたかちどき はやと)
最高位 :前頭3枚目
年寄名跡:11代勝ノ浦⇒12代伊勢ノ海
出身地 :北海道帯広市
本 名 :久我 準人
生年月日:昭和41年(1966)1月1日(53歳)
所属部屋:伊勢ノ海部屋
改名歴 :久我⇒北勝鬨
初土俵 :昭和56年(1981)5月(15歳4ヵ月)
新十両 :昭和62年(1987)1月(21歳0ヵ月)
新入幕 :平成元年(1989)1月(23歳0ヵ月)
最終場所:平成12年(2000)9月(34歳8ヵ月)
生涯戦歴:708勝731敗29休/1438出場(117場所)
生涯勝率:49.2%
優勝等 :幕下優勝1回
幕内戦歴:331勝389敗15休(49場所)勝率:46.0%
十両戦歴:244勝251敗(33場所)勝率:49.3%

一ノ濱 善之助

「ハイカラ力士」として名が通っており、現役中にオートバイを乗り回していた

一ノ濱 善之助(いちのはま ぜんのすけ)
最高位 :前頭4枚目
年寄名跡:7代九重
出身地 :北海道亀田郡
本 名 :佐々木 善作⇒高橋 善作⇒大塚 善作
生年月日:明治30年(1897)4月20日
没年月日:昭和37年(1962)9月9日(享年65歳)
所属部屋:井筒部屋
改名歴 :大江嶽⇒一ノ濱
初土俵 :大正5年(1916)1月(18歳9ヵ月)
新十両 :大正11年(1922)5月(25歳1ヵ月)
新入幕 :大正13年(1924)5月(27歳1ヵ月)
最終場所:昭和3年(1928)10月(31歳6ヵ月)
生涯戦歴:103勝96敗23休5分5預/209出場(30場所)
生涯勝率:51.8%
優勝等 :十両優勝1回
幕内戦歴:47勝68敗23休4分1預(13場所)勝率:40.9%
十両戦歴:11勝7敗1預(3場所)勝率:61.1%

緑島 英三

柔らかい足腰とバネのある身体で土俵際の粘りをみせた

緑島 英三(みどりしま えいぞう)
最高位 :前頭4枚目
出身地 :北海道石狩市
本 名 :今井 英三
生年月日:大正12年(1923)1月25日
所属部屋:立浪部屋
改名歴 :石狩岩⇒緑嶋⇒緑島⇒緑嶋⇒緑島
初土俵 :昭和15年(1940)1月(17歳0ヵ月)
新十両 :昭和19年(1944)1月(21歳0ヵ月)
新入幕 :昭和20年(1945)6月(22歳5ヵ月)
最終場所:昭和24年(1949)5月(26歳4ヵ月)
生涯戦歴:103勝74敗15休/177出場(20場所)
生涯勝率:58.2%
優勝等 :なし
幕内戦歴:43勝43敗15休(9場所)勝率:50.0%
十両戦歴:20勝15敗(3場所)勝率:57.1%

玉嵐 孝平

アンコ型の典型でいつもニコニコしていて相撲人形のようだった、玉乃海が独立して片男波部屋を興すと行動を共に

玉嵐 孝平(たまあらし こうへい)
最高位 :前頭4枚目
出身地 :北海道河西郡芽室町
本 名 :成田 孝平
生年月日:昭和16年(1941)8月1日
没年月日:平成5年(1993)2月28日(享年51歳)
所属部屋:二所ノ関⇒片男波部屋
改名歴 :成田⇒玉嵐
初土俵 :昭和31年(1956)9月(15歳1ヵ月)
新十両 :昭和37年(1962)3月(20歳7ヵ月)
新入幕 :昭和37年(1962)7月(20歳11ヵ月)
最終場所:昭和42年(1967)7月(25歳11ヵ月)
生涯戦歴:377勝322敗15休1分/698出場(64場所)
生涯勝率:53.9%
優勝等 :十両優勝2回,幕下優勝1回(同点1)
幕内戦歴:79勝93敗8休(12場所)勝率:45.9%
十両戦歴:155勝144敗1分(20場所)勝率:51.8%

栗家山 惠三

立ち合いからの激しい突っ張りが持ち味で、大関北葉山との張り手と突っ張り合いの一番は話題に

栗家山 惠三(くりけやま けいぞう)
最高位 :前頭5枚目
出身地 :北海道沙流郡門別町
本 名 :橘井 恵三
生年月日:昭和13年(1938)2月15日
所属部屋:佐ノ山⇒高砂⇒佐ノ山部屋
改名歴 :橘井⇒登美錦⇒栗家山⇒太鯤⇒橘井
初土俵 :昭和31年(1956)3月(18歳1ヵ月)
新十両 :昭和36年(1961)5月(23歳3ヵ月)
新入幕 :昭和37年(1962)3月(24歳1ヵ月)
最終場所:昭和39年(1964)1月(25歳11ヵ月)
生涯戦歴:230勝200敗7休/429出場(45場所)
生涯勝率:53.5%
優勝等 :なし
幕内戦歴:18勝27敗(3場所)勝率:40.0%
十両戦歴:76勝82敗7休(11場所)勝率:48.1%

琴乃富士 宗義

身体が大きくて佐渡ヶ嶽部屋期待の力士だったが怪我が多くて伸び悩んだ

琴乃富士 宗義(ことのふじ むねよし)
最高位 :前頭5枚目
年寄名跡:7代尾車
出身地 :北海道虻田郡留寿都村
本 名 :藤沢 宗義
生年月日:昭和26年(1951)11月7日
所属部屋:佐渡ヶ嶽部屋
改名歴 :藤沢⇒琴乃富士⇒琴乃冨士⇒琴乃富士
初土俵 :昭和42年(1967)5月(15歳6ヵ月)
新十両 :昭和47年(1972)11月(21歳0ヵ月)
新入幕 :昭和49年(1974)7月(22歳8ヵ月)
最終場所:昭和57年(1982)1月(30歳2ヵ月)
生涯戦歴:511勝508敗21休/1016出場(89場所)
生涯勝率:50.1%
優勝等 :十両優勝1回(同点1)
幕内戦歴:72勝104敗4休(12場所)勝率:40.9%
十両戦歴:311勝299敗5休(41場所)勝率:51.0%

琴千歳 幸征

若者頭・琴千歳 幸征(佐渡ヶ嶽部屋)
生きのいい相撲で幕内で活躍したが十二指腸潰瘍を患い幕下まで下降、しかし再度奮起して再入幕を果たした努力家。引退後は世話人を経て若者頭に就任

琴千歳 幸征(ことちとせ こうせい)
最高位 :前頭5枚目
出身地 :北海道千歳市
本 名 :山本 稔
生年月日:昭和32年(1957)4月22日(62歳)
所属部屋:佐渡ヶ嶽部屋
改名歴 :山本⇒琴千歳
初土俵 :昭和46年(1971)7月(14歳3ヵ月)
新十両 :昭和54年(1979)9月(22歳5ヵ月)
新入幕 :昭和56年(1981)5月(24歳1ヵ月)
最終場所:昭和61年(1986)7月(29歳3ヵ月)
生涯戦歴:440勝424敗22休/863出場(91場所)
生涯勝率:50.9%
優勝等 :十両優勝2回
幕内戦歴:32勝43敗(5場所)勝率:42.7%
十両戦歴:228勝237敗15休(32場所)勝率:49.0%

北の花 勝利

番付運が悪く東十両2枚目の9勝6敗、西十両筆頭の8勝7敗、さらに翌場所10勝5敗でも十両に留め置かれたことが

北の花 勝利(きたのはな かつとし)
最高位 :前頭6枚目
出身地 :北海道虻田郡留寿都村
本 名 :国岡 治美
生年月日:昭和19年(1944)5月22日
所属部屋:出羽海部屋
改名歴 :国岡⇒北の花
初土俵 :昭和35年(1960)5月(16歳0ヵ月)
新十両 :昭和40年(1965)9月(21歳4ヵ月)
新入幕 :昭和43年(1968)5月(24歳0ヵ月)
最終場所:昭和44年(1969)7月(25歳2ヵ月)
生涯戦歴:302勝271敗4休/572出場(56場所)
生涯勝率:52.7%
優勝等 :なし
幕内戦歴:28勝32敗(4場所)勝率:46.7%
十両戦歴:147勝149敗4休(20場所)勝率:49.7%

若吉葉 重幸

軽量だったが持ち前の運動神経の良さによる投げと足技は見事だった

若吉葉 重幸(わかよしば しげゆき)
最高位 :前頭6枚目
出身地 :北海道夕張市
本 名 :千葉 重幸
生年月日:昭和20年(1945)10月26日
所属部屋:宮城野部屋
改名歴 :千葉の山⇒若吉葉⇒千葉の山⇒若吉葉⇒千葉の山
初土俵 :昭和37年(1962)1月(16歳3ヵ月)
新十両 :昭和40年(1965)3月(19歳5ヵ月)
新入幕 :昭和42年(1967)7月(21歳9ヵ月)
最終場所:昭和45年(1970)7月(24歳9ヵ月)
生涯戦歴:263勝260敗34休/520出場(52場所)
生涯勝率:50.3%
優勝等 :幕下優勝2回(同点1)
幕内戦歴:22勝32敗6休(4場所)勝率:40.7%
十両戦歴:143勝151敗21休(21場所)勝率:48.6%

立洸 熊五郎

知床出身で愛称は「熊」化粧まわしも熊の絵で四股名の熊五郎は自ら付けた「熊づくし」

立洸 熊五郎(たつひかり くまごろう)
最高位 :前頭6枚目
出身地 :北海道斜里郡斜里町
本 名 :石橋 義光
生年月日:昭和44年(1969)10月25日
所属部屋:立浪部屋
改名歴 :石橋⇒立洸
初土俵 :昭和60年(1985)3月(15歳5ヵ月)
新十両 :平成3年(1991)1月(21歳3ヵ月)
新入幕 :平成4年(1992)1月(22歳3ヵ月)
最終場所:平成11年(1999)3月(29歳5ヵ月)
生涯戦歴:391勝356敗25休/746出場(85場所)
生涯勝率:52.3%
優勝等 :十両優勝2回(同点1),幕下優勝2回(同点1)
幕内戦歴:45勝75敗(8場所)勝率:37.5%
十両戦歴:117勝103敗5休(15場所)勝率:53.2%

大心 昇

大鵬と同期生、序ノ口での土俵で大鵬(納谷)に初黒星を付けたのはこの大心(長葉山)

大心 昇(だいしん のぼる)
最高位 :前頭8枚目
出身地 :北海道山越郡長万部町
本 名 :長田 留雄
生年月日:昭和12年(1937)8月2日
没年月日:平成24年(2012)3月20日(享年74歳)
所属部屋:高島⇒吉葉山⇒宮城野部屋
改名歴 :長葉山⇒八雲潟⇒長葉山⇒大心⇒長田
初土俵 :昭和31年(1956)9月(19歳1ヵ月)
新十両 :昭和39年(1964)11月(27歳3ヵ月)
新入幕 :昭和40年(1965)7月(27歳11ヵ月)
最終場所:昭和44年(1969)3月(31歳7ヵ月)
生涯戦歴:343勝321敗11休/663出場(74場所)
生涯勝率:51.7%
優勝等 :十両優勝1回(同点1),幕下優勝1回,序二段優勝1回
幕内戦歴:49勝69敗2休(8場所)勝率:41.5%
十両戦歴:79勝71敗(10場所)勝率:52.7%

旭大星 託也(現役)

平成26年の新十両昇進は若天狼以来、約13年ぶりの道産子関取。平成30年5月場所での新入幕は平成4年(1992)初場所の立洸以来26年ぶりの北海道出身力士による新入幕

旭大星 託也(きょくたいせい たくや)
最高位 :前頭8枚目
出身地 :北海道旭川市
本 名 :大串 拓也
生年月日:平成元年(1989)10月18日(29歳)
所属部屋:大島⇒友綱部屋
改名歴 :大串⇒旭大星
初土俵 :平成20年(2008)1月(18歳3ヵ月)
新十両 :平成26年(2014)7月(24歳9ヵ月)
新入幕 :平成30年(2018)5月(28歳7ヵ月)
成 績 :敢闘賞1回

松前山 武士

昭和42年春場所では大関・北の富士の初優勝と自身の十両優勝で九重部屋の門出を飾った

松前山 武士(まつまえやま たけし)
最高位 :前頭9枚目
年寄名跡:13代尾上
出身地 :北海道松前郡松前町
本 名 :渡辺 貞夫
生年月日:昭和15年(1940)6月29日
所属部屋:出羽海⇒九重部屋
改名歴 :松前山⇒渡辺山⇒松前山
初土俵 :昭和33年(1958)1月(17歳7ヵ月)
新十両 :昭和38年(1963)5月(22歳11ヵ月)
新入幕 :昭和39年(1964)7月(24歳1ヵ月)
最終場所:昭和42年(1967)11月(27歳5ヵ月)
生涯戦歴:301勝205敗58休/506出場(60場所)
生涯勝率:59.5%
優勝等 :十両優勝1回,幕下優勝1回,序ノ口優勝1回
幕内戦歴:14勝16敗15休(3場所)勝率:46.7%
十両戦歴:119勝91敗15休(16場所)勝率:56.7%

四海波 好一郎

身長は高かったが太ることが出来ずに病気が多かった、応召で戦地に向かい戦後帰還して1場所だけ土俵にあがった

四海波 好一郎(しかいなみ こういちろう)
最高位 :前頭10枚目
年寄名跡:12代出来山
出身地 :北海道勇払郡
本 名 :坂本 辰男
生年月日:大正5年(1916)5月7日
所属部屋:出羽海部屋
改名歴 :坂本⇒北海⇒四海波⇒四海浪⇒四海波
初土俵 :昭和6年(1931)5月(15歳0ヵ月)
新十両 :昭和10年(1935)5月(19歳0ヵ月)
新入幕 :昭和15年(1940)1月(23歳8ヵ月)
最終場所:昭和22年(1947)6月(31歳1ヵ月)
生涯戦歴:102勝83敗50休/182出場(20場所)
生涯勝率:55.1%
優勝等 :十両優勝1回,序ノ口優勝1回
幕内戦歴:26勝30敗42休(7場所)勝率:46.4%
十両戦歴:59勝44敗8休(9場所)勝率:57.3%

北ノ國 仁

北ノ國 仁(きたのくに ひとし)
最高位 :前頭10枚目
出身地 :北海道札幌市
本 名 :斎藤 仁
生年月日:昭和13年(1938)1月15日
所属部屋:立浪部屋
改名歴 :斎藤⇒立ノ花⇒立乃花⇒大國⇒北ノ國
初土俵 :昭和31年(1956)1月(18歳0ヵ月)
新十両 :昭和37年(1962)5月(24歳4ヵ月)
新入幕 :昭和39年(1964)5月(26歳4ヵ月)
最終場所:昭和43年(1968)3月(30歳2ヵ月)
生涯戦歴:401勝360敗24休/761出場(71場所)
生涯勝率:52.7%
優勝等 :なし
幕内戦歴:52勝68敗(8場所)勝率:43.3%
十両戦歴:204勝201敗(27場所)勝率:50.4%

櫻國 輝男

櫻國 輝男(さくらくに てるお)
最高位 :前頭11枚目
出身地 :北海道川上郡
本 名 :犬養 輝雄
生年月日:大正15年(1926)6月8日
所属部屋:伊勢ヶ濱⇒荒磯部屋
改名歴 :犬養⇒櫻國
初土俵 :昭和17年(1942)5月(15歳11ヵ月)
新十両 :昭和23年(1948)5月(21歳11ヵ月)
新入幕 :昭和26年(1951)1月(24歳7ヵ月)
最終場所:昭和34年(1959)1月(32歳7ヵ月)
生涯戦歴:319勝324敗31休1分/640出場(53場所)
生涯勝率:49.6%
優勝等 :十両同点1回
幕内戦歴:66勝80敗18休1分(11場所)勝率:45.2%
十両戦歴:214勝221敗5休(30場所)勝率:49.2%

矢後 太規(現役)

中央大学4年次に全国学生相撲選手権でベスト8、全日本相撲選手権大会優勝でアマチュア横綱のタイトルを獲得し幕下15枚目格付出資格を得た。大学の先輩にあたる豪風がいる尾車部屋へと入門。所要2場所での新十両昇進は最速タイ。その後は地道に相撲力を蓄えて平成31年初場所で新入幕を果たした

矢後 太規(やご たかのり)
最高位 :前頭13枚目
出身地 :北海道河西郡芽室町
本 名 :矢後 太規
生年月日:平成6年(1994)7月8日(24歳)
出身大学:中央大学
所属部屋:尾車部屋
初土俵 :平成29年(2017)5月・幕下15付出(22歳10ヵ月)
新十両 :平成29年(2017)9月(23歳2ヵ月)
新入幕 :平成31年(2019)1月(24歳6ヵ月)
優勝等 :幕下優勝1回

王湖 伊津男

王湖 伊津男(おうこ いつお)
最高位 :前頭14枚目
出身地 :北海道釧路市
本 名 :鈴木 伊津男
生年月日:昭和31年(1956)8月17日
没年月日:平成25年(2013)4月24日(享年56歳)
所属部屋:友綱部屋
改名歴 :鈴木山⇒王湖
初土俵 :昭和45年(1970)9月(14歳1ヵ月)
新十両 :昭和56年(1981)3月(24歳7ヵ月)
新入幕 :昭和57年(1982)7月(25歳11ヵ月)
最終場所:昭和60年(1985)11月(29歳3ヵ月)
生涯戦歴:345勝330敗20休/675出場(92場所)
生涯勝率:51.1%
優勝等 :幕下優勝1回(同点1)
幕内戦歴:3勝12敗(1場所)勝率:20.0%
十両戦歴:54勝66敗(8場所)勝率:45.0%

斜里錦 菊三

斜里錦 菊三(しゃりにしき きくぞう)
最高位 :前頭18枚目
出身地 :北海道斜里郡
本 名 :京堂 菊三
生年月日:大正6年(1917)7月12日
没年月日:昭和25年(1950)1月22日(享年32歳)
所属部屋:二所ノ関部屋
初土俵 :昭和11年(1936)1月(18歳6ヵ月)
新十両 :昭和14年(1939)1月(21歳6ヵ月)
新入幕 :昭和18年(1943)1月(25歳6ヵ月)
最終場所:昭和24年(1949)5月(31歳10ヵ月)
生涯戦歴:92勝90敗35休/182出場(28場所)
生涯勝率:50.5%
優勝等 :序二段優勝1回
幕内戦歴:4勝11敗(1場所)勝率:26.7%
十両戦歴:57勝59敗8休(17場所)勝率:49.1%

藤錦 千代吉

藤錦 千代吉(ふじにしき ちよきち)
最高位 :前頭18枚目
出身地 :北海道寿都郡
本 名 :福田 千代吉
生年月日:大正9年(1920)1月9日
没年月日:昭和36年(1961)6月28日(享年41歳)
所属部屋:二所ノ関部屋
初土俵 :昭和13年(1938)5月(18歳4ヵ月)
新十両 :昭和20年(1945)11月(25歳10ヵ月)
新入幕 :昭和23年(1948)10月(28歳9ヵ月)
最終場所:昭和25年(1950)5月(30歳4ヵ月)
生涯戦歴:109勝104敗20休/211出場(25場所)
生涯勝率:51.2%
優勝等 :三段目優勝2回
幕内戦歴:8勝16敗(2場所)勝率:33.3%
十両戦歴:47勝55敗13休(9場所)勝率:46.1%

大龍 志郎

大龍 志郎(だいりゅう しろう)
最高位 :前頭19枚目
出身地 :北海道広尾郡
本 名 :高橋 寸吉
生年月日:昭和2年(1927)2月18日
所属部屋:二所ノ関部屋
改名歴 :大竜山⇒大龍
初土俵 :昭和21年(1946)11月(19歳9ヵ月)
新十両 :昭和25年(1950)1月(22歳11ヵ月)
新入幕 :昭和28年(1953)1月(25歳11ヵ月)
最終場所:昭和34年(1959)7月(32歳5ヵ月)
生涯戦歴:322勝321敗17休/641出場(48場所)
生涯勝率:50.1%
優勝等 :三段目同点1回
幕内戦歴:8勝22敗(2場所)勝率:26.7%
十両戦歴:272勝274敗9休(37場所)勝率:49.8%

北海道出身の十両

若天狼 啓介

若天狼 啓介(わかてんろう けいすけ)
最高位 :十両2枚目
出身地 :北海道根室市
本 名 :上河 啓介
生年月日:昭和52年(1977)10月18日
所属部屋:間垣部屋
改名歴 :上河⇒若天狼
初土俵 :平成5年(1993)3月(15歳5ヵ月)
新十両 :平成13年(2001)11月(24歳1ヵ月)
最終場所:平成23年(2011)5月(33歳7ヵ月)
生涯戦歴:448勝406敗71休/851出場(108場所)
生涯勝率:52.5%
優勝等 :序二段同点2回
十両戦歴:136勝170敗24休(22場所)勝率:44.4%

乾龍 初太郎

乾龍 初太郎(けんりゅう はつたろう)
最高位 :十両5枚目
出身地 :北海道常呂郡留辺蘂町
本 名 :吉田 初男
生年月日:昭和21年(1946)1月2日
所属部屋:二所ノ関⇒押尾川⇒尾車部屋
改名歴 :大吉田⇒乾龍
初土俵 :昭和39年(1964)3月(18歳2ヵ月)
新十両 :昭和49年(1974)1月(28歳0ヵ月)
最終場所:昭和53年(1978)3月(32歳2ヵ月)
生涯戦歴:343勝296敗21休/639出場(85場所)
生涯勝率:53.7%
優勝等 :幕下同点2回
十両戦歴:60勝75敗(9場所)勝率:44.4%

佐ノ藤 清彦

中学卒業と同時に鏡山部屋へ入門、幕下での優勝を契機に翌々場所に十両昇進、以降は十両と幕下を往復した

佐ノ藤 清彦(さのふじ きよひこ)
最高位 :十両5枚目
出身地 :北海道野付郡別海町
本 名 :佐藤 清彦
生年月日:昭和32年(1957)5月27日
所属部屋:鏡山部屋
初土俵 :昭和48年(1973)5月(16歳0ヵ月)
新十両 :昭和57年(1982)11月(25歳6ヵ月)
最終場所:昭和60年(1985)1月(27歳8ヵ月)
生涯戦歴:266勝242敗32休/508出場(71場所)
生涯勝率:52.4%
優勝等 :幕下優勝1回,三段目優勝1回
十両戦歴:36勝54敗(6場所)勝率:40.0%

陸奥北海 勝昭

世話人・陸奥北海 勝昭(伊勢ヶ濱部屋)
先代の師匠(元関脇・陸奥嵐)の廃業に奮起して十両昇進を果たすと先代は「俺が居なくなったとたんに力を出しやがって」と笑った

陸奥北海 勝昭(むつほっかい かつあき)
最高位 :十両6枚目
出身地 :北海道三石郡三石町
本 名 :本間 勝明
生年月日:昭和39年(1964)6月24日(54歳)
所属部屋:安治川部屋
改名歴 :陸奥乃海⇒陸奥の海⇒陸奥北海
初土俵 :昭和56年(1981)3月(16歳9ヵ月)
新十両 :平成5年(1993)9月(29歳3ヵ月)
最終場所:平成16年(2004)1月(39歳7ヵ月)
生涯戦歴:526勝498敗15休/1023出場(138場所)
生涯勝率:51.4%
優勝等 :幕下優勝1回
十両戦歴:68勝82敗(10場所)勝率:45.3%

琴冠佑 源正

琴冠佑 源正(ことかんゆう もとまさ)
最高位 :十両7枚目
出身地 :北海道新冠郡新冠町
本 名 :西尾 源正
生年月日:昭和41年(1966)2月2日
所属部屋:佐渡ヶ嶽部屋
改名歴 :琴ノ洋⇒琴の洋⇒琴冠佑
初土俵 :昭和56年(1981)3月(15歳1ヵ月)
新十両 :平成8年(1996)1月(29歳11ヵ月)
最終場所:平成18年(2006)9月(40歳7ヵ月)
生涯戦歴:591勝525敗50休/1115出場(154場所)
生涯勝率:53.0%
優勝等 :なし
十両戦歴:67勝98敗15休(12場所)勝率:40.6%

北海道出身の幕下

関取にはあと一歩届きませんでしたが、代表的な幕下力士もご紹介しておきましょう。

錦風 真悟

東京都江戸川区出身で小学生の頃からすでに尾車部屋の稽古に参加もしていた。四股名は同郷である第44代横綱・栃錦と師匠の琴風に因んだもの。平成13年7月場所では西幕下筆頭にまで番付を上げたが3勝4敗と惜しくも負け越して十両昇進は叶わなかった。「北海道石狩市出身」とは祖父の出身地をのちに選んだ為。初土俵から現役引退を決めるまで1度も休場をしなかった。引退後は世話人に就任し尾車部屋を支える
世話人・錦風 真悟(尾車部屋)

錦風 真悟(にしきかぜ しんご)
最高位 :幕下筆頭
出身地 :東京都江戸川区 ⇒ 北海道石狩市
本 名 :足達 康之
生年月日:昭和53年(1978)2月14日(41歳)
所属部屋:尾車部屋
初土俵 :平成5年(1993)3月(15歳1ヵ月)
最終場所:平成27年(2015)3月(37歳1ヵ月)
生涯戦歴:461勝449敗7休/910出場(132場所)
生涯勝率:50.7%
優勝等 :幕下優勝1回,三段目優勝1回

北海道出身力士の最新情報はこちら

いかがでしたでしょうか?ここまでは過去から現在までの北海道出身の主な力士をご紹介してきましたが、北海道出身の現役力士の最新番付や成績を知りたい方の為に最適な記事もご用意しています。相撲観戦と予習におススメです!

コメントはお気軽にどうぞ

ユーザー様の視聴環境

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。