伊勢ノ海部屋の力士一覧!過去から現在、伊勢ノ海部屋の主な関取を網羅しました

伊勢ノ海(いせのうみ)部屋の過去から現在までの主な所属力士をご紹介する伊勢ノ海部屋の大相撲力士まとめ!

この記事では伊勢ノ海部屋の主な関取を中心に紹介していきます。過去の力士については最高位や改名歴、初土俵や各段の昇進時期と最終場所、さらに生涯戦歴と生涯勝率、成績等を中心にご紹介していきます。また、現役力士については最高位と昇進時期、主な成績などを載せています。

なお、年寄名跡欄のマークは、その代で師匠(部屋持ち親方)になったことがあるという意味です。

現役の伊勢ノ海部屋力士の最新番付や成績、詳細なデータをご覧になりたい方はこちら

伊勢ノ海部屋の基本情報 一門 :時津風一門
創設 :宝暦7年頃?(1757年頃には存在)
再興 :昭和24年(1949)5月
再興者:10代・伊勢ノ海 裕丈(元前頭筆頭・柏戸)
現師匠:12代・伊勢ノ海 準人(元前頭3枚目・北勝鬨)
現住所:東京都文京区千石1-22-2
昭和初期に2度ほど部屋が途絶えたことがありますが、所属していた力士によって再興されているので、今回はひと続きとしました。
スポンサーリンク

伊勢ノ海部屋の横綱

(2代)谷風 梶之助

力量、人望ともに優れた実質的な初代横綱。江戸で猛威を奮ったインフルエンザで現役のまま急逝

(2代)谷風 梶之助(たにかぜ かじのすけ)
最高位 :大関(横綱免許)第4代横綱
出身地 :宮城県仙台市
本 名 :金子 与四郎
生年月日:寛延3年(1750)8月8日
没年月日:寛政7年(1795)1月9日(享年44歳)
所属部屋:関ノ戸⇒伊勢ノ海部屋
改名歴 :秀ノ山⇒伊達ヶ関⇒達ヶ関⇒谷風
初土俵 :明和6年(1769)4月・大関付出(18歳)
再入幕 :明和7年(1770)11月(20歳)
新三役 :安永3年(1774)10月(24歳)
大関  :安永10年(1781)3月(30歳)
横綱免許:寛政元年(1789)11月(39歳)
最終場所:寛政6年(1794)11月(44歳)
生涯戦歴:258勝14敗112休16分16預5無/309出場(49場所)
生涯勝率:94.9%
優勝等 :優勝相当21回
上段戦歴:258勝14敗112休16分16預5無(49場所)勝率:94.9%
  大関:113勝5敗73休5分4預4無(22場所)勝率:95.8%
  関脇:85勝3敗25休6分5預(14場所)勝率:96.6%
  小結:37勝2敗4休4分5預1無(7場所)勝率:94.9%
  前頭:23勝4敗10休1分2預(6場所)勝率:85.2%

柏戸 剛

大鵬と共に横綱同時昇進、互いに切磋琢磨して「柏鵬時代」と呼ばれる相撲黄金期を築いた。引退後は鏡山部屋を興す

柏戸 剛(かしわど つよし)
最高位 :第47代横綱
年寄名跡:7代鏡山
出身地 :山形県東田川郡櫛引町
本 名 :富樫 剛
生年月日:昭和13年(1938)11月29日
没年月日:平成8年(1996)12月8日(享年58歳)
所属部屋:伊勢ノ海部屋
改名歴 :富樫⇒柏戸
初土俵 :昭和29年(1954)9月(15歳10ヵ月)
新十両 :昭和32年(1957)11月(19歳0ヵ月)
新入幕 :昭和33年(1958)9月(19歳10ヵ月)
新三役 :昭和34年(1959)11月(21歳0ヵ月)
新大関 :昭和35年(1960)9月(21歳10ヵ月)
横綱昇進:昭和36年(1961)11月(23歳0ヵ月)
最終場所:昭和44年(1969)7月(30歳8ヵ月)
生涯戦歴:715勝295敗140休/1003出場(84場所)
生涯勝率:70.8%
優勝等 :幕内優勝5回(同点2・次点13),十両優勝1回(同点1),幕下優勝1回
成 績 :殊勲賞2回,敢闘賞2回,技能賞4回
幕内戦歴:599勝240敗140休(66場所)勝率:71.4%
  横綱:407勝147敗140休(47場所)勝率:73.5%
  大関:81勝24敗(7場所)勝率:77.1%
  関脇:30勝15敗(3場所)勝率:66.7%
  小結:17勝13敗(2場所)勝率:56.7%
  前頭:64勝41敗(7場所)勝率:61.0%
十両戦歴:50勝25敗(5場所)勝率:66.7%

スポンサーリンク


伊勢ノ海部屋の大関

錦木 塚右エ門

のちの二所ノ関 軍右エ門で「二所ノ関の開祖」この頃は南部相撲の頭取名だった

錦木 塚右エ門(にしきぎ つかえもん)
最高位 :大関
年寄名跡:初代二所ノ関(南部頭取)
出身地 :岩手県北上市
本 名 :小田島 音蔵
生年月日:宝暦11年(1761)
没年月日:文政6年(1823)2月5日(享年63歳)
所属部屋:伊勢ノ海部屋
改名歴 :瀧ノ上⇒瀧之上⇒瀧ノ上⇒錦木⇒二所ノ関
初土俵 :天明3年(1783)3月・二段目付出(22歳)
新入幕 :寛政2年(1790)3月(29歳)
新三役 :寛政4年(1792)3月(31歳)
新大関 :文化元年(1804)3月(43歳)
最終場所:文化4年(1807)2月(46歳)
生涯戦歴:89勝29敗104休16分4預9無/147出場(32場所)
生涯勝率:75.4%
優勝等 :なし
幕内戦歴:63勝20敗104休12分2預6無(23場所)勝率:75.9%
  大関:0勝0敗9休(1場所)勝率:0%
  関脇:1勝2敗15休1分1無(2場所)勝率:33.3%
  小結:31勝8敗43休2分2預1無(10場所)勝率:79.5%
  前頭:31勝10敗37休9分4無(10場所)勝率:75.6%
十両戦歴:26勝9敗4分2預3無(9場所)勝率:74.3%

スポンサーリンク



伊勢ノ海部屋の関脇

三杉礒 善七

昭和3年1月場所では大関と10勝1敗で並ぶ好成績だったが上位である大関の優勝となった。ところが大関には導入間もない不戦勝があり、以前であれば三杉磯が優勝となるはずだったので、浸透していない不戦勝制度が議論の的となる。これを契機に制度徹底が図られた

三杉礒 善七(みすぎいそ ぜんしち)
最高位 :関脇
年寄名跡:9代花籠
出身地 :北海道爾志郡
本 名 :小西 善七
生年月日:明治25年(1892)11月26日
没年月日:昭和26年(1951)4月22日(享年58歳)
所属部屋:尾車⇒峰崎⇒片男波⇒伊勢ノ海部屋
初土俵 :明治44年(1911)6月(18歳7ヵ月)
新十両 :大正6年(1917)1月(24歳2ヵ月)
新入幕 :大正7年(1918)1月(25歳2ヵ月)
新三役 :大正9年(1920)1月(27歳2ヵ月)
最終場所:昭和4年(1929)3月(36歳4ヵ月)
生涯戦歴:144勝125敗62休8分8預/284出場(40場所)
生涯勝率:53.5%
優勝等 :幕内次点1回
成 績 :金星1個
幕内戦歴:102勝108敗62休7分6預(27場所)勝率:48.6%
  関脇:11勝15敗1休3預(3場所)勝率:42.3%
  小結:1勝5敗5休(1場所)勝率:16.7%
  前頭:90勝88敗56休7分3預(23場所)勝率:50.6%
十両戦歴:9勝2敗1預(2場所)勝率:81.8%

藤ノ川 武雄

11代・伊勢ノ海 五太夫
昭和57年(1982)12月15日~平成23年(2011)9月24日
土俵を目一杯使った暴れっぷりは「今牛若」と称されるほどで上位陣を苦しめた。昭和46年名古屋場所で左足を痛め、持ち前の機敏な動きが活かせなくなり26歳の若さで引退。先代の没後に伊勢ノ海部屋を継承、理事としても事務能力を大いに発揮し、いまに続く「敢闘精神評価」アンケートの発案者としても知られる

藤ノ川 武雄(ふじのかわ たけお)
最高位 :関脇
年寄名跡:10代立川⇒11代伊勢ノ海⇒12代勝ノ浦
出身地 :北海道河東郡音更町
本 名 :森田 武雄⇒森田 祥玄⇒森田 武雄
生年月日:昭和21年(1946)9月26日
所属部屋:伊勢ノ海部屋
改名歴 :森田⇒藤ノ川
初土俵 :昭和36年(1961)5月(14歳8ヵ月)
新十両 :昭和41年(1966)1月(19歳4ヵ月)
新入幕 :昭和41年(1966)11月(20歳2ヵ月)
新三役 :昭和42年(1967)5月(20歳8ヵ月)
最終場所:昭和47年(1972)11月(26歳2ヵ月)
生涯戦歴:403勝378敗23休/779出場(69場所)
生涯勝率:51.6%
優勝等 :幕内同点1・次点1回,幕下優勝1回
成 績 :殊勲賞1回,敢闘賞2回,技能賞4回,金星4個
幕内戦歴:209勝240敗16休(31場所)勝率:46.5%
  関脇:11勝19敗(2場所)勝率:36.7%
  小結:23勝52敗(5場所)勝率:30.7%
  前頭:175勝169敗16休(24場所)勝率:50.9%
十両戦歴:81勝62敗7休(10場所)勝率:56.6%

土佐ノ海 敏生

13代・立川 敏生(伊勢ノ海部屋)
同志社大相撲部時代には「東の尾曽(武双山)、西の山本(土佐ノ海)」と称されていた。入門から期待されていた土佐ノ海は、前頭7枚目で迎えた新入幕で初日大関若乃花、2日目横綱貴乃花との対戦が組まれた。結果は2連敗だったが初土俵から9場所目での横綱大関戦だった

土佐ノ海 敏生(とさのうみ としお)
最高位 :関脇
年寄名跡:13代立川
出身地 :高知県安芸市
本 名 :山本 敏生
生年月日:昭和47年(1972)2月16日(47歳)
出身大学:同志社大学
所属部屋:伊勢ノ海部屋
初土俵 :平成6年(1994)3月・幕下60付出(22歳1ヵ月)
新十両 :平成6年(1994)11月(22歳9ヵ月)
新入幕 :平成7年(1995)7月(23歳5ヵ月)
新三役 :平成8年(1996)1月(23歳11ヵ月)
最終場所:平成23年(2011)1月(38歳11ヵ月)
生涯戦歴:732勝735敗16休/1466出場(101場所)
生涯勝率:49.9%
優勝等 :幕内次点1回,十両優勝2回(同点1),幕下優勝1回
成 績 :殊勲賞7回,敢闘賞5回,技能賞1回,金星11個
幕内戦歴:569勝615敗16休(80場所)勝率:48.1%
  関脇:44勝61敗(7場所)勝率:41.9%
  小結:104勝91敗(13場所)勝率:53.3%
  前頭:421勝463敗16休(60場所)勝率:47.6%
十両戦歴:141勝114敗(17場所)勝率:55.3%

勢 翔太(現役)

小学生の頃は古市道場で同級生の澤井(豪栄道)とともに汗を流した。女子プロゴルファー比嘉真美子選手との婚約を発表

勢 翔太(いきおい しょうた)
最高位 :関脇
出身地 :大阪府交野市
本 名 :東口 翔太
生年月日:昭和61年(1986)10月11日(32歳)
所属部屋:伊勢ノ海部屋
改名歴 :東口⇒勢
初土俵 :平成17年(2005)3月(18歳5ヵ月)
新十両 :平成23年(2011)11月(25歳1ヵ月)
新入幕 :平成24年(2012)3月(25歳5ヵ月)
新三役 :平成26年(2014)11月(28歳1ヵ月)
優勝等 :幕内次点1回,十両優勝1回(同点1),序二段同点1回
成 績 :敢闘賞4回,金星5個

スポンサーリンク

伊勢ノ海部屋の小結

(5代)柏戸 宗五郎

9代・伊勢ノ海 宗五郎
継承・明治43年(1910)1月~昭和8年(1933) ※当初は二枚鑑札
再興・昭和17年(1942)5月~昭和21年(1946)8月13日
日露戦争では砲兵として従軍。恵まれた体から繰り出す上突っ張りは強烈で将来を期待されていたが病気がちで大成できなかった。9代伊勢ノ海として部屋を率いたが、部屋付きの9代花籠(元関脇・三杉磯)の独立に呼応して所属力士が大量離脱、これが影響して伊勢ノ海部屋をいったん閉じることになるも、9年後に悲願の再興を果たした

(5代)柏戸 宗五郎(かしわど そうごろう)
最高位 :小結
年寄名跡:9代伊勢ノ海
出身地 :新潟県東頸城郡
本 名 :江口 富太郎⇒伊勢ノ海 富太郎
生年月日:明治14年(1881)10月10日
没年月日:昭和21年(1946)8月13日(享年64歳)
所属部屋:伊勢ノ海部屋
改名歴 :八國山⇒柏戸
初土俵 :明治40年(1907)1月・幕下付出(25歳3ヵ月)
新十両 :明治42年(1909)6月(27歳8ヵ月)
新入幕 :明治43年(1910)1月(28歳3ヵ月)
新三役 :大正3年(1914)1月(32歳3ヵ月)
最終場所:大正7年(1918)5月(36歳7ヵ月)
生涯戦歴:52勝35敗77休9分4預/100出場(19場所)
生涯勝率:59.8%
優勝等 :幕内次点1回,十両優勝1回
幕内戦歴:41勝29敗77休9分4預(16場所)勝率:58.6%
  小結:0勝0敗10休(1場所)勝率:0%
  前頭:41勝29敗67休9分4預(15場所)勝率:58.6%
十両戦歴:11勝6敗(3場所)勝率:64.7%

伊勢ノ海部屋の前頭

柏戸 秀剛

10代・伊勢ノ海 裕丈
昭和24年(1949)5月~昭和57年(1982)12月11日
9代と共に伊勢ノ海部屋を再興するが、その9代の死去と共に錦島部屋へ。引退後に10代伊勢ノ海を襲名して再び部屋を復活、47代横綱・柏戸を育てあげた

柏戸 秀剛(かしわど ひでたけ)
最高位 :前頭筆頭
年寄名跡:10代伊勢ノ海
出身地 :岩手県九戸郡
本 名 :佐々木 秀剛
生年月日:大正7年(1918)5月3日
没年月日:昭和57年(1982)12月11日(享年64歳)
所属部屋:春日山⇒伊勢ノ海⇒錦島部屋
改名歴 :藤川⇒藤ノ川⇒柏戸
初土俵 :昭和11年(1936)5月(18歳0ヵ月)
新十両 :昭和15年(1940)1月(21歳8ヵ月)
新入幕 :昭和16年(1941)5月(23歳0ヵ月)
最終場所:昭和24年(1949)1月(30歳8ヵ月)
生涯戦歴:136勝135敗6休/270出場(26場所)
生涯勝率:50.2%
優勝等 :序ノ口優勝1回
成 績 :金星4個
幕内戦歴:82勝108敗6休(16場所)勝率:43.2%
十両戦歴:27勝18敗(3場所)勝率:60.0%

(4代)柏戸 宗五郎

8代・伊勢ノ海 宗五郎
明治19年(1886)1月~明治41年(1908)7月26日 ※当初は二枚鑑札
伊勢ノ海伝統の四股名となる「藤ノ川」の初代。無敵を誇った横綱・梅ケ谷と引き分けたことも。引退後は勝負検査役を長年にわたり務めた

(4代)柏戸 宗五郎(かしわど そうごろう)
最高位 :前頭2枚目
年寄名跡:柏戸⇒8代伊勢ノ海
出身地 :新潟県柏崎市
本 名 :北村 忠之助⇒村松 忠之助⇒伊勢ノ海 五太夫
生年月日:嘉永元年(1848)6月10日
没年月日:明治41年(1908)7月26日(享年60歳)
所属部屋:伊勢ノ海部屋
改名歴 :藤ノ川⇒柏戸⇒伊勢ノ海
初土俵 :明治2年(1869)4月・序ノ口(20歳10ヵ月)
最終場所:明治22年(1889)5月(40歳11ヵ月)
生涯戦歴:76勝96敗70休39分9預/220出場(30場所)
生涯勝率:44.2%
優勝等 :なし
幕内戦歴:56勝72敗70休33分9預(24場所)勝率:43.8%
十両戦歴:20勝24敗6分(6場所)勝率:45.5%

錦木 徹也(現役)

四股名は、江戸の頃の伊勢ノ海部屋の大関で、のちに初代二所ノ関となった錦木塚右エ門を始祖とする由緒あるもの。同郷の先達の四股名を継いだ。普段はメガネ派で花道奥での眼鏡姿も度々目撃される

錦木 徹也(にしきぎ てつや)
最高位 :前頭2枚目
出身地 :岩手県盛岡市
本 名 :熊谷 徹也
生年月日:平成2年(1990)8月25日(28歳)
所属部屋:伊勢ノ海部屋
改名歴 :熊谷⇒錦木
初土俵 :平成18年(2006)3月(15歳7ヵ月)
新十両 :平成27年(2015)5月(24歳9ヵ月)
新入幕 :平成28年(2016)5月(25歳9ヵ月)
優勝等 :十両優勝1回,幕下優勝1回(同点1)
成 績 :金星1個

北勝鬨 準人

12代・伊勢ノ海 準人
平成23年(2011)9月25日~
平成10年(1998)7月場所での幕内陥落により66年間続いた北海道出身幕内力士在籍が途絶えた。同郷である先代の停年に伴い、伊勢ノ海の名跡とともに部屋を継承

北勝鬨 準人(きたかちどき はやと)
最高位 :前頭3枚目
年寄名跡:11代勝ノ浦⇒12代伊勢ノ海
出身地 :北海道帯広市
本 名 :久我 準人
生年月日:昭和41年(1966)1月1日(53歳)
所属部屋:伊勢ノ海部屋
改名歴 :久我⇒北勝鬨
初土俵 :昭和56年(1981)5月(15歳4ヵ月)
新十両 :昭和62年(1987)1月(21歳0ヵ月)
新入幕 :平成元年(1989)1月(23歳0ヵ月)
最終場所:平成12年(2000)9月(34歳8ヵ月)
生涯戦歴:708勝731敗29休/1438出場(117場所)
生涯勝率:49.2%
優勝等 :幕下優勝1回
幕内戦歴:331勝389敗15休(49場所)勝率:46.0%
十両戦歴:244勝251敗(33場所)勝率:49.3%

藤ノ川 祐兒

アマチュア横綱と学生横綱を各2回、同志社大の4年間で獲得したタイトルは17個に及び、アマチュア相撲史上最強との鳴り物入りで角界入り。しかし腰痛と精神面の脆さが災いして大成せず、26歳で引退となった

藤ノ川 祐兒(ふじのかわ ゆうじ)
最高位 :前頭3枚目
出身地 :愛知県大府市
本 名 :服部 祐兒
生年月日:昭和35年(1960)8月20日
出身大学:同志社大学
所属部屋:伊勢ノ海部屋
改名歴 :服部⇒藤ノ川⇒服部
初土俵 :昭和58年(1983)3月・幕下60付出(22歳7ヵ月)
新十両 :昭和58年(1983)9月(23歳1ヵ月)
新入幕 :昭和60年(1985)3月(24歳7ヵ月)
最終場所:昭和62年(1987)7月(26歳11ヵ月)
生涯戦歴:169勝166敗7休/335出場(27場所)
生涯勝率:50.4%
優勝等 :幕下優勝1回
幕内戦歴:75勝90敗(11場所)勝率:45.5%
十両戦歴:75勝60敗(10場所)勝率:55.6%

大碇 剛

10代・甲山 剛(伊勢ノ海部屋)
藤ノ川、土佐ノ海に次ぐ同志社大出身幕内力士。平成10年(1998)11月場所での新入幕は京都出身力士として昭和41年(1966)9月場所での大文字以来32年ぶりだった。NHKの解説席では「ケンコバボイス」を響かせている甲山親方

大碇 剛(おおいかり つよし)
最高位 :前頭11枚目
年寄名跡:準年寄・大碇⇒10代甲山
出身地 :京都府京都市西京区
本 名 :齋藤 剛
生年月日:昭和47年(1972)6月16日(47歳)
出身大学:同志社大学
所属部屋:伊勢ノ海部屋
初土俵 :平成7年(1995)3月・幕下60付出(22歳9ヵ月)
新十両 :平成9年(1997)5月(24歳11ヵ月)
新入幕 :平成10年(1998)11月(26歳5ヵ月)
最終場所:平成16年(2004)11月(32歳5ヵ月)
生涯戦歴:356勝336敗57休/688出場(59場所)
生涯勝率:51.4%
優勝等 :十両優勝2回(同点2),幕下同点1回
幕内戦歴:45勝60敗(7場所)勝率:42.9%
十両戦歴:243勝232敗50休(35場所)勝率:51.2%

豊山 鬼吉

のちに横綱柏戸を育てる10代伊勢ノ海が手掛けた幕内力士第1号。荒馬の四股名でも知られている。廃業後は製紙工場での勤務を経て釧路市の市議会議員を務めた

豊山 鬼吉(ゆたかやま おにきち)
出身地 :秋田県雄勝郡
本 名 :矢野 忠治
生年月日:大正14年(1925)9月29日
没年月日:平成23年(2011)3月10日(享年85歳)
所属部屋:錦島⇒伊勢ノ海部屋
改名歴 :荒馬⇒豊山⇒荒馬
初土俵 :昭和21年(1946)11月(21歳2ヵ月)
新十両 :昭和25年(1950)9月(25歳0ヵ月)
新入幕 :昭和28年(1953)3月(27歳6ヵ月)
優勝等 :幕下優勝1回,序二段優勝1回

伊勢ノ海部屋の十両

柏梁 勝雄

十両在位通算24場所も入幕は果たせず

柏梁 勝雄(はくりょう かつお)
最高位 :十両3枚目
出身地 :岩手県大船渡市
本 名 :中村 勝男
生年月日:昭和17年(1942)12月10日
所属部屋:伊勢ノ海部屋
初土俵 :昭和36年(1961)3月(18歳3ヵ月)
新十両 :昭和41年(1966)9月(23歳9ヵ月)
最終場所:昭和52年(1977)1月(34歳1ヵ月)
生涯戦歴:437勝406敗14休/843出場(96場所)
生涯勝率:51.8%
優勝等 :幕下同点1回
十両戦歴:164勝196敗(24場所)勝率:45.6%

白雄山 昇

十両昇進後は37場所連続、約8年半も地位を保った。十両陥落とともに廃業を決意

白雄山 昇(はくゆうざん のぼる)
最高位 :十両4枚目
出身地 :秋田県秋田市
本 名 :水澤 昇
生年月日:昭和3年(1928)1月5日
所属部屋:錦島⇒伊勢ノ海部屋
改名歴 :水澤⇒白雄山
初土俵 :昭和23年(1948)5月(20歳4ヵ月)
新十両 :昭和26年(1951)9月(23歳8ヵ月)
最終場所:昭和35年(1960)1月(32歳0ヵ月)
生涯戦歴:344勝339敗8休/683出場(48場所)
生涯勝率:50.4%
優勝等 :序二段優勝1回
十両戦歴:262勝293敗(37場所)勝率:47.2%

四ツ車 大八

四股名は江戸時代から伝わる伊勢ノ海伝統のもの、歌舞伎の「神明恵和合取組」(通称:め組の喧嘩)にも登場する

四ツ車 大八(よつぐるま だいはち)
最高位 :十両8枚目
出身地 :岩手県花巻市
本 名 :山影 誠
生年月日:昭和55年(1980)7月24日
所属部屋:伊勢ノ海部屋
改名歴 :山影⇒四ツ車
初土俵 :平成8年(1996)3月(15歳8ヵ月)
新十両 :平成20年(2008)11月(28歳4ヵ月)
最終場所:平成25年(2013)5月(32歳10ヵ月)
生涯戦歴:370勝368敗/738出場(103場所)
生涯勝率:50.1%
優勝等 :幕下優勝1回(同点1),三段目同点1回
十両戦歴:16勝29敗(3場所)勝率:35.6%

伊勢ノ海部屋の歴代師匠

江戸時代から存在していた伊勢ノ海部屋ですが、昭和初期には不遇の時代があり2度途絶えてしまいました。しかし、いずれも再興され現在に至っています。

伊勢ノ海部屋では昔から「柏戸」を名乗った力士が部屋を継ぐという伝統がありました。しかしこの伝統は10代伊勢ノ海が亡くなった際、既に独立して鏡山部屋を興していた47代横綱・柏戸が11代伊勢ノ海の襲名を固辞したことにより途絶えました。ちなみに「柏戸」とい名も8代伊勢ノ海までは年寄名跡(二枚鑑札)だったようです。

さて、ここでは明治中期からの歴代の師匠をご紹介いたします。同部屋出身者については、詳細を前述していますので各地位の項を参照ください。

8代・伊勢ノ海 宗五郎
明治19年(1886)1月~明治41年(1908)7月26日 ※当初は二枚鑑札
(4代)柏戸 宗五郎(かしわど そうごろう)最高位:前頭2枚目

9代・伊勢ノ海 宗五郎
継承・明治43年(1910)1月~昭和8年(1933) ※当初は二枚鑑札
再興・昭和17年(1942)5月~昭和21年(1946)8月13日
(5代)柏戸 宗五郎(かしわど そうごろう)最高位:小結

10代・伊勢ノ海 裕丈
昭和24年(1949)5月~昭和57年(1982)12月11日
柏戸 秀剛(かしわど ひでたけ)最高位:前頭筆頭

11代・伊勢ノ海 五太夫
昭和57年(1982)12月15日~平成23年(2011)9月24日
藤ノ川 武雄(ふじのかわ たけお)最高位:関脇

12代・伊勢ノ海 準人
平成23年(2011)9月25日~
北勝鬨 準人(きたかちどき はやと)最高位:前頭3枚目

現役の伊勢ノ海部屋力士の最新情報はこちら

ここまでは過去から現在までの伊勢ノ海部屋の主な力士たちをご紹介してきましたが、伊勢ノ海部屋の現役力士の最新番付や成績を知りたい方の為に最適な記事もご用意しています。相撲観戦と予習におススメです!

コメントはお気軽にどうぞ

ユーザー様の視聴環境

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。