宮崎県出身の力士一覧!過去から現在、宮崎の主な関取を網羅しました

宮崎出身の過去から現在までの主な力士をご紹介する宮崎県の大相撲力士まとめ!この記事では宮崎出身の関取を中心に紹介していきます。

宮崎県の過去の郷土力士としては、栃光の四股名でも土俵に上がっていた関脇・金城小結・羽黒岩など数々の名力士たちが名を残しています。

また、現役の関取経験者としては佐渡ヶ嶽部屋の琴恵光がいますね。

そこでこの記事では主な宮崎出身の力士たちを取り上げています。過去の力士については最高位や改名歴、初土俵や各段の昇進時期と最終場所、さらに生涯戦歴と生涯勝率、成績等を中心にご紹介していきます。また、現役力士については最高位と昇進時期、主な成績などを載せています。

なお、年寄名跡欄のマークは、その代で師匠(部屋持ち親方)になったことがあるという意味です。

現役の宮崎県出身力士の最新番付や成績、詳細なデータをご覧になりたい方はこちら

スポンサーリンク

宮崎出身の関脇

金城 興福

素質はあったが稽古嫌い、宮城出身初の関脇

金城 興福(かねしろ こうふく)
最高位 :関脇
出身地 :宮崎県児湯郡高鍋町
本 名 :金城 興福
生年月日:昭和28年(1953)2月27日
没年月日:平成14年(2002)12月29日(享年49歳)
所属部屋:春日野部屋
改名歴 :金城⇒栃光⇒金城
初土俵 :昭和44年(1969)9月(16歳7ヵ月)
新十両 :昭和48年(1973)3月(20歳1ヵ月)
新入幕 :昭和49年(1974)9月(21歳7ヵ月)
新三役 :昭和51年(1976)3月(23歳1ヵ月)
最終場所:昭和62年(1987)5月(34歳3ヵ月)
生涯戦歴:683勝725敗7休/1407出場(107場所)
生涯勝率:48.5%
優勝等 :幕内次点2回,幕下同点1回
成 績 :敢闘賞3回,金星2個
幕内戦歴:412勝488敗(60場所)勝率:45.8%
  関脇:5勝10敗(1場所)勝率:33.3%
  小結:28勝62敗(6場所)勝率:31.1%
  前頭:379勝416敗(53場所)勝率:47.7%
十両戦歴:186勝183敗6休(26場所)勝率:50.4%

スポンサーリンク


宮崎出身の小結

羽黒岩 智一

大鵬の46連勝を阻止するも「世紀の大誤審」

羽黒岩 智一(はぐろいわ ともかず)
最高位 :小結
年寄名跡:14代雷
出身地 :宮崎県延岡市
本 名 :戸田 智次郎
生年月日:昭和21年(1946)6月30日
没年月日:平成28年(2016)10月24日(享年70歳)
所属部屋:立浪部屋
改名歴 :戸田⇒羽黒岩
初土俵 :昭和36年(1961)5月(14歳11ヵ月)
新十両 :昭和40年(1965)11月(19歳5ヵ月)
新入幕 :昭和42年(1967)1月(20歳7ヵ月)
新三役 :昭和48年(1973)5月(26歳11ヵ月)
最終場所:昭和53年(1978)1月(31歳7ヵ月)
生涯戦歴:626勝624敗20休/1247出場(101場所)
生涯勝率:50.1%
優勝等 :なし
成 績 :敢闘賞1回,金星2個
幕内戦歴:385勝427敗13休(55場所)勝率:47.4%
  小結:2勝13敗(1場所)勝率:13.3%
  前頭:383勝414敗13休(54場所)勝率:48.1%
十両戦歴:134勝129敗(19場所)勝率:51.0%

スポンサーリンク


宮崎出身の前頭

琴恵光 充憲(現役)

祖父は立浪部屋の元十両・松恵山。平成26年(2014)11月場所での十両昇進は、大鵬部屋の十両だった草竹以来32年ぶりの宮崎出身関取となった。さらに平成30年(2018)7月場所での新入幕は、昭和49年(1974)9月場所での金城(春日野部屋)以来、戦後3人目の宮崎出身幕内力士

琴恵光 充憲(ことえこう みつのり)
最高位 :前頭14枚目
出身地 :宮崎県延岡市
本 名 :柏谷 充隆
生年月日:平成3年(1991)11月20日(27歳)
所属部屋:佐渡ヶ嶽部屋
改名歴 :琴柏谷⇒琴恵光
初土俵 :平成19年(2007)3月(15歳4ヵ月)
新十両 :平成26年(2014)11月(23歳0ヵ月)
新入幕 :平成30年(2018)7月(26歳8ヵ月)

スポンサーリンク

宮崎出身の十両

西の富士 勝治

十両はわずか2場所で九州場所には間に合わなかった

西の富士 勝治(にしのふじ かつじ)
最高位 :十両10枚目
出身地 :宮崎県東臼杵郡南郷村
本 名 :下田 勝治
生年月日:昭和34年(1959)9月4日
所属部屋:井筒⇒九重部屋
改名歴 :下田⇒西の富士⇒下田⇒西の富士
初土俵 :昭和50年(1975)3月(15歳6ヵ月)
新十両 :昭和56年(1981)7月(21歳10ヵ月)
最終場所:昭和58年(1983)1月(23歳4ヵ月)
生涯戦歴:180勝158敗7休/338出場(48場所)
生涯勝率:53.3%
優勝等 :なし
十両戦歴:11勝19敗(2場所)勝率:36.7%

草竹 幸一

東幕下25枚目での優勝が関取昇進への弾みとなった

草竹 幸一(くさたけ こういち)
最高位 :十両11枚目
出身地 :宮崎県串間市
本 名 :草竹 幸一
生年月日:昭和32年(1957)12月5日
所属部屋:大鵬部屋
改名歴 :草竹⇒若大翔⇒草竹
初土俵 :昭和48年(1973)7月(15歳7ヵ月)
新十両 :昭和57年(1982)1月(24歳1ヵ月)
最終場所:昭和59年(1984)7月(26歳7ヵ月)
生涯戦歴:244勝219敗7休/463出場(67場所)
生涯勝率:52.7%
優勝等 :幕下優勝1回(同点1),序ノ口同点1回
十両戦歴:5勝10敗(1場所)勝率:33.3%

松恵山 邦治

琴恵光の祖父で「松恵山相撲道場」は教え子が開いた相撲道場

松恵山 邦治(まつえやま くにはる)
最高位 :十両17枚目
出身地 :宮崎県延岡市
本 名 :柏谷 邦治
生年月日:昭和4年(1929)9月1日
所属部屋:立浪部屋
改名歴 :柏谷⇒松恵山
初土俵 :昭和25年(1950)5月(20歳8ヵ月)
新十両 :昭和30年(1955)3月(25歳6ヵ月)
最終場所:昭和32年(1957)5月(27歳8ヵ月)
生涯戦歴:137勝104敗38休/241出場(27場所)
生涯勝率:56.8%
優勝等 :なし
十両戦歴:15勝19敗26休(4場所)勝率:44.1%

宮崎出身の幕下

郡山 勇二

平成8年(1996)9月場所では幕下全勝優勝を飾った

郡山 勇二(こおりやま ゆうじ)
最高位 :幕下2枚目
出身地 :宮崎県宮崎市
本 名 :郡山 勇二
生年月日:昭和46年(1971)8月8日
所属部屋:三保ヶ関部屋
改名歴 :郡山⇒増昴⇒郡山
初土俵 :昭和62年(1987)3月(15歳7ヵ月)
最終場所:平成25年(2013)9月(42歳1ヵ月)
生涯戦歴:549勝542敗15休/1088出場(159場所)
生涯勝率:50.3%
優勝等 :幕下優勝1回

萬華城 博

相撲協会による21代春日山(元前頭11・濱錦)への師匠辞任勧告の撤回を求めるも叶わず、これを受けて自らも引退を選ぶ

萬華城 博(まんかじょう ひろし)
最高位 :幕下6枚目
出身地 :宮崎県宮崎市
本 名 :曹 博
生年月日:平成2年(1990)2月10日
所属部屋:春日山⇒追手風部屋
改名歴 :曹⇒萬華城
初土俵 :平成17年(2005)3月(15歳1ヵ月)
最終場所:平成28年(2016)11月(26歳9ヵ月)
生涯戦歴:248勝228敗7休/475出場(70場所)
生涯勝率:52.1%
優勝等 :なし

宮崎出身力士の最新情報はこちら

いかがでしたでしょうか?ここまでは過去から現在までの宮崎出身の主な力士をご紹介してきましたが、宮崎出身の現役力士の最新番付や成績を知りたい方の為に最適な記事もご用意しています。相撲観戦と予習におススメです!

コメントはお気軽にどうぞ

ユーザー様の視聴環境

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。