大阪府出身の力士一覧!過去から現在、大阪の主な関取を網羅しました

大阪出身の過去から現在までの主な力士をご紹介する大阪府の大相撲力士まとめ!この記事では大阪出身の関取を中心に、大阪の郷土力士をご紹介していきます。

過去の力士については最高位や改名歴、初土俵や各段の昇進時期と最終場所、さらに生涯戦歴と生涯勝率、成績等を中心にご紹介していきます。また、現役力士については最高位と昇進時期、主な成績などを載せています。

なお、年寄名跡欄のマークは、その代で師匠(部屋持ち親方)になったことがあるという意味です。

現役の大阪府出身力士の最新番付や成績、詳細なデータをご覧になりたい方はこちら


大阪出身の優勝力士一覧

優勝制度が制定された明治42年(1909)6月場所以降、大阪出身の幕内最高優勝力士は3人が誕生しており、総優勝回数は7回になります。

大阪出身初優勝はいつで誰?

大阪出身力士で初の優勝は大正6年(1917)1月場所で、大関だった大錦(最高位・横綱)でした。横綱太刀山を破っての優勝は国技館を大熱狂に包みこみ、土俵には座布団はもちろん蜜柑に灰皿、果ては火鉢まで投げ込まれたようです。

大阪出身最後の優勝力士は?

大阪出身力士で最後の優勝力士は誰かというと大関・豪栄道で平成28年(2016)9月場所のことでした。この場所カド番だった豪栄道は、なんと全勝優勝によって初優勝を果たしました。

では大阪府出身の幕内優勝力士を年月順の一覧表で見てみましょう。

大阪府出身力士の年月順優勝リスト

大阪府出身の優勝力士ランキング

次に優勝回数をランキングにしてみてみましょう。最多は5回の横綱・大錦ですが、歴史がほんの少し違っていたら……あるいはこの記録はもっと伸びていたかもしれません。

大正11年(1922)5月場所で5度目の優勝を果たした大錦はまだまだ全盛期でした。しかし翌年1月に力士養老金などをめぐり協会と力士会の間で対立が起きるたことが大錦の力士人生を大きく変えてしまいます。

大正12年1月9日に行われた力士会の総会で力士養老金の倍増要求が出ましたが協会側はこれを却下、これを不服とした関脇以下の力士たちは三河島の工場に立て籠り1月場所をボイコットする「三河島事件」が勃発してしまいます。

協会は残った力士たちだけで春場所を開催しようとするも行き詰まり、力士の長として大錦は立行司たちと共に調停に向かいます。しかし、なかなか聞き入れてもらえないまま話はまとまらず、最終的にはときの警視総監までが調停に乗り出し、ようやく力士たちの態度は軟化して1月場所は開催されることになりました。

警視庁で手打ち式が行われましたが、内部での調停に失敗したことに責任を感じた大錦はその式の途中で席を外し、自らマゲを切り落として電撃的な廃業を表明したのでした。

大阪府出身力士の優勝回数リスト

大阪出身の横綱

大錦 夘一郎

大阪府大阪市出身、出羽海部屋の元力士で最高位は横綱。無敵の太刀山を破る活躍で入幕わずか6場所で横綱へと昇進。

  • 四股名 :大錦 夘一郎(おおにしき ういちろう)
  • 最高位 :第26代横綱
  • 出身地 :大阪府大阪市
  • 本 名 :細川 夘一郎
  • 生年月日:明治24年(1891)11月25日
  • 没年月日:昭和16年(1941)5月13日(享年49歳)
  • 所属部屋:出羽海部屋
  • 初土俵 :明治43年(1910)1月(18歳2ヵ月)
  • 新十両 :大正3年(1914)1月(22歳2ヵ月)
  • 新入幕 :大正4年(1915)1月(23歳2ヵ月)
  • 新三役 :大正4年(1915)6月(23歳7ヵ月)
  • 新大関 :大正5年(1916)1月(24歳2ヵ月)
  • 横綱昇進:大正6年(1917)5月(25歳6ヵ月)
  • 最終場所:大正12年(1923)1月(31歳2ヵ月)
  • 生涯戦歴:134勝16敗32休3分2預/155出場(21場所)
  • 生涯勝率:89.3%
  • 優勝等 :幕内優勝5回(次点4),十両優勝1回,序二段優勝1回
  • 幕内戦歴:119勝16敗32休3分(17場所)勝率:88.1%
  •   横綱:77勝9敗31休3分(12場所)勝率:89.5%
  •   大関:25勝5敗(3場所)勝率:83.3%
  •   小結:9勝1敗(1場所)勝率:90.0%
  •   前頭:8勝1敗1休(1場所)勝率:88.9%
  • 十両戦歴:10勝0敗2預(2場所)勝率:100.0%

大阪出身の大関

前乃山 太郎

大関昇進直後の稽古で右足を骨折、これが元で本来の相撲を失う

  • 四股名 :前乃山 太郎(まえのやま たろう)
  • 最高位 :大関
  • 年寄名跡:8代高田川⇒17代千田川
  • 出身地 :大阪府守口市
  • 本 名 :金島 和一⇒中矢 和一⇒清水 和一
  • 生年月日:昭和20年(1945)3月9日
  • 所属部屋:高砂部屋
  • 改名歴 :金島⇒金の島⇒前ノ山⇒前の山⇒前ノ山⇒前の山⇒前乃山⇒前の山
  • 初土俵 :昭和36年(1961)3月(16歳0ヵ月)
  • 新十両 :昭和40年(1965)11月(20歳8ヵ月)
  • 新入幕 :昭和41年(1966)9月(21歳6ヵ月)
  • 新三役 :昭和43年(1968)3月(23歳0ヵ月)
  • 新大関 :昭和45年(1970)9月(25歳6ヵ月)
  • 最終場所:昭和49年(1974)3月(29歳0ヵ月)
  • 生涯戦歴:487勝397敗48休/880出場(79場所)
  • 生涯勝率:55.1%
  • 優勝等 :幕内同点1・次点1回,十両優勝1回
  • 成 績 :殊勲賞3回,敢闘賞2回,金星1個
  • 幕内戦歴:343勝305敗34休(46場所)勝率:52.9%
  •   大関:67勝56敗27休(10場所)勝率:54.5%
  •   関脇:95勝70敗(11場所)勝率:57.6%
  •   小結:30勝30敗(4場所)勝率:50.0%
  •   前頭:151勝149敗7休(21場所)勝率:50.3%
  • 十両戦歴:46勝29敗(5場所)勝率:61.3%

豪栄道 豪太郎

大阪府寝屋川市出身、境川部屋の元力士で最高位は大関。小5でわんぱく横綱。「相撲の名門」埼玉栄高校では11個の個人タイトルを獲得。初の「高卒幕下付出」を期待された全日本相撲選手権大会では高校生として史上4人目となる3位を獲得した。

春日野部屋の栃煌山とは幼少時から切磋琢磨してきたライバル。昭和以降1位となる関脇在位連続14場所を経て平成26年9月場所に大関昇進。平成28年9月場所では悲願の幕内初優勝を全勝で達成。日本人力士の全勝優勝は平成8年(1996)9月場所の横綱・貴乃花以来20年ぶりのもの。

カド番で迎えた令和2年初場所、12日目に朝乃山に敗れて負け越しが決定、千秋楽では阿武咲に敗れて5勝10敗と大きく負け越した。大関在位33場所、約5年半戦い抜いた座からの陥落が決まった翌日、潔い現役引退が報じられた。14代武隈を襲名。

  • 14代・武隈 豪太郎(境川部屋)
  • 四股名 :豪栄道 豪太郎(ごうえいどう ごうたろう)
  • 最高位 :大関
  • 年寄名跡:14代武隈
  • 出身地 :大阪府寝屋川市
  • 本 名 :澤井 豪太郎
  • 生年月日:昭和61年(1986)4月6日(34歳)
  • 所属部屋:境川部屋
  • 改名歴 :澤井⇒豪栄道
  • 初土俵 :平成17年(2005)1月(18歳9ヵ月)
  • 新十両 :平成18年(2006)11月(20歳7ヵ月)
  • 新入幕 :平成19年(2007)9月(21歳5ヵ月)
  • 新三役 :平成20年(2008)11月(22歳7ヵ月)
  • 新大関 :平成26年(2014)9月(28歳5ヵ月)
  • 最終場所:令和2年(2020)1月(33歳9ヵ月)
  • 生涯戦歴:696勝493敗66休/1180出場(90場所)
  • 生涯勝率:58.5%
  • 優勝等 :幕内優勝1回(同点1・次点6),十両同点1回,幕下優勝2回,三段目優勝1回,序ノ口優勝1回
  • 成 績 :殊勲賞5回,敢闘賞3回,技能賞3回,金星1個
  • 幕内戦歴:587勝442敗66休(73場所)勝率:57.0%
  •   大関:260勝194敗41休(33場所)勝率:57.3%
  •   関脇:132勝92敗1休(15場所)勝率:58.9%
  •   小結:26勝34敗(4場所)勝率:43.3%
  •   前頭:169勝122敗24休(21場所)勝率:58.1%
  • 十両戦歴:57勝33敗(6場所)勝率:63.3%

大阪出身の関脇

山錦 善治郎

  • 四股名 :山錦 善治郎(やまにしき ぜんじろう)
  • 最高位 :関脇
  • 出身地 :大阪府大阪市
  • 本 名 :山田 善次郎
  • 生年月日:明治31年(1898)4月17日
  • 没年月日:昭和47年(1972)5月27日(享年74歳)
  • 出身大学:関西大学
  • 所属部屋:出羽海部屋
  • 初土俵 :大正6年(1917)5月(19歳1ヵ月)
  • 新十両 :大正11年(1922)1月(23歳9ヵ月)
  • 新入幕 :大正12年(1923)1月(24歳9ヵ月)
  • 新三役 :大正15年(1926)1月(27歳9ヵ月)
  • 最終場所:昭和7年(1932)1月(33歳9ヵ月)
  • 生涯戦歴:189勝145敗15休1分5預/339出場(39場所)
  • 生涯勝率:56.6%
  • 優勝等 :幕内優勝1回
  • 成 績 :金星6個
  • 幕内戦歴:155勝132敗15休1分3預(28場所)勝率:54.0%
  •   関脇:13勝8敗1休(2場所)勝率:61.9%
  •   小結:30勝39敗7休1分(7場所)勝率:43.5%
  •   前頭:112勝85敗7休3預(19場所)勝率:56.9%
  • 十両戦歴:8勝4敗(2場所)勝率:66.7%

磐石 熊太郎

  • 四股名 :磐石 熊太郎(ばんじゃく くまたろう)
  • 最高位 :関脇
  • 年寄名跡:7代北陣
  • 出身地 :大阪府大阪市
  • 本 名 :小六 熊雄⇒吉田 熊雄⇒小六 熊雄
  • 生年月日:明治41年(1908)5月23日
  • 没年月日:昭和19年(1944)9月26日(享年36歳)
  • 所属部屋:朝日山部屋
  • 改名歴 :東潟⇒盤石⇒磐石
  • 初土俵 :昭和2年(1927)1月・三段目(18歳8ヵ月)
  • 新十両 :昭和4年(1929)5月(21歳0ヵ月)
  • 新入幕 :昭和9年(1934)5月(26歳0ヵ月)
  • 新三役 :昭和13年(1938)5月(30歳0ヵ月)
  • 最終場所:昭和18年(1943)1月(34歳8ヵ月)
  • 生涯戦歴:206勝207敗9休/408出場(42場所)
  • 生涯勝率:49.9%
  • 優勝等 :なし
  • 成 績 :金星1個
  • 幕内戦歴:106勝123敗9休(18場所)勝率:46.3%
  •   関脇:5勝7敗1休(1場所)勝率:41.7%
  •   前頭:101勝116敗8休(17場所)勝率:46.5%
  • 十両戦歴:34勝43敗(8場所)勝率:44.2%

豊嶋 雅男

  • 四股名 :豊嶋 雅男(とよしま まさお)
  • 最高位 :関脇
  • 出身地 :大阪府大阪市
  • 本 名 :西村 雅男
  • 生年月日:大正8年(1919)12月23日
  • 没年月日:昭和20年(1945)3月10日(享年25歳)
  • 所属部屋:出羽海部屋
  • 改名歴 :西村⇒豊嶋
  • 初土俵 :昭和12年(1937)1月(17歳1ヵ月)
  • 新十両 :昭和15年(1940)5月(20歳5ヵ月)
  • 新入幕 :昭和16年(1941)5月(21歳5ヵ月)
  • 新三役 :昭和17年(1942)5月(22歳5ヵ月)
  • 最終場所:昭和19年(1944)11月(24歳11ヵ月)
  • 生涯戦歴:112勝65敗/176出場(17場所)
  • 生涯勝率:63.3%
  • 優勝等 :なし
  • 成 績 :金星2個
  • 幕内戦歴:61勝49敗(8場所)勝率:55.5%
  •   関脇:6勝9敗(1場所)勝率:40.0%
  •   小結:19勝21敗(3場所)勝率:47.5%
  •   前頭:36勝19敗(4場所)勝率:65.5%
  • 十両戦歴:23勝7敗(2場所)勝率:76.7%

勢 翔太

勢 翔太(いきおい しょうた)は大阪府 交野市出身、伊勢ノ海部屋の力士で最高位は関脇。令和2年9月場所の番付は東 十両筆頭。

小学生の頃は古市道場で同級生の澤井(元大関・豪栄道)とともに汗を流した。女子プロゴルファー比嘉真美子選手との婚約を発表

四股名
勢 翔太(いきおい しょうた)
最高位
関脇
最新番付
東 十両筆頭
出身地
大阪府 交野市
本名
東口 翔太
生年月日
昭和61年(1986)10月11日(33歳)
所属部屋
伊勢ノ海部屋
改名歴
東口⇒勢
初土俵
平成17年(2005)3月(18歳5ヵ月)
新十両
平成23年(2011)11月(25歳1ヵ月)
新入幕
平成24年(2012)3月(25歳5ヵ月)
新小結
平成26年(2014)11月(28歳1ヵ月)
新関脇
平成28年(2016)5月(29歳7ヵ月)
優勝
十両優勝1回
受賞・金星
敢闘賞4回,金星5個
通算成績
535勝526敗0休/1061出場(勝率:50.4%)
直近7場所
31勝29敗(幕内:19勝26敗)
7場所勝率
47.6%
令2年9月
東 十両筆頭(8枚降下)
3勝12敗
○●●●●|●●●○●|●●○●●
令2年7月
西 前頭9枚目(3枚上昇)
3勝12敗
●○●●○|●●●●●|●●●●○
令2年3月
西 前頭12枚目(3枚上昇)
8勝7敗
○●○○●|○●○●●|○○○●●
令2年1月
西 前頭15枚目(4枚半上昇)
8勝7敗
●●●●○|○●●○○|●○○○○
令元年11月
東 十両3枚目(9枚半上昇)
11勝4敗(十両同点)
○○○○○|○●○●●|○○○●○
令元年9月
西 十両12枚目(4枚降下)
12勝3敗(十両優勝)
○●●○○|○○○○○|○○○○●
令元年7月
西 十両8枚目
5勝10敗
●●●●●|●○●○○|●○○●●

大阪出身の小結

尼ヶ嵜 清吉

大阪府大阪市西淀川区福町出身、井筒部屋の元力士で最高位は小結。体格には恵まれなかったが研究熱心で取り口に工夫を凝らしていた。また、当時相撲名人と謳われた逆鉾与治郎から押し相撲の極意を授かり、その妙を得ることができた。24歳で序ノ口に付き28歳で新入幕、その後36歳にして新小結昇進を果たした大器晩成の力士。引退後は10代振分を襲名、のちに12代間垣として部屋を構えたこともある。

  • 四股名 :尼ヶ嵜 清吉(あまがさき せいきち)
  • 最高位 :小結
  • 年寄名跡:10代振分⇒12代間垣⇒12代間垣
  • 出身地 :大阪府大阪市西淀川区福町
  • 本 名 :半田 清吉
  • 生年月日:明治4年(1871)11月13日
  • 没年月日:昭和22年(1947)3月4日(享年75歳)
  • 所属部屋:井筒部屋
  • 初土俵 :明治29年(1896)1月・序ノ口(24歳2ヵ月)
  • 新十両 :明治32年(1899)5月(27歳6ヵ月)
  • 新入幕 :明治33年(1900)1月(28歳2ヵ月)
  • 新三役 :明治41年(1908)1月(36歳2ヵ月)
  • 最終場所:明治45年(1912)1月(40歳2ヵ月)
  • 優勝等 :なし
  • 幕内戦歴:72勝73敗55休16分4預(22場所)勝率:49.7%
  •   小結:0勝2敗6休2分(1場所)勝率:0.0%
  •   前頭:72勝71敗49休14分4預(21場所)勝率:50.3%
  • 十両戦歴:7勝2敗1分(3場所)勝率:77.8%

佐田の海 鴻嗣

  • 四股名 :佐田の海 鴻嗣(さだのうみ こうじ)
  • 最高位 :小結
  • 年寄名跡:11代二十山⇒10代中立⇒13代田子ノ浦
  • 出身地 :大阪府堺市
  • 本 名 :松村⇒池田⇒松村 宏司
  • 生年月日:昭和31年(1956)7月19日
  • 所属部屋:出羽海部屋
  • 改名歴 :池田⇒松村⇒佐田の海
  • 初土俵 :昭和47年(1972)3月(15歳8ヵ月)
  • 新十両 :昭和53年(1978)3月(21歳8ヵ月)
  • 新入幕 :昭和55年(1980)11月(24歳4ヵ月)
  • 新三役 :昭和57年(1982)1月(25歳6ヵ月)
  • 最終場所:昭和63年(1988)7月(32歳0ヵ月)
  • 生涯戦歴:544勝581敗7休/1124出場(99場所)
  • 生涯勝率:48.4%
  • 優勝等 :幕下優勝1回,序ノ口優勝1回
  • 成 績 :殊勲賞1回,敢闘賞2回,技能賞1回
  • 幕内戦歴:304勝371敗(45場所)勝率:45.0%
  •   小結:24勝36敗(4場所)勝率:40.0%
  •   前頭:280勝335敗(41場所)勝率:45.5%
  • 十両戦歴:70勝86敗7休(11場所)勝率:44.9%

大善 尊太

大阪府大阪市浪速区出身、二所ノ関部屋の元力士で最高位は小結。現役時には真面目で稽古熱心な力士として定評があった。

  • 9代・富士ヶ根 全陽(春日野部屋)
  • 四股名 :大善 尊太(だいぜん たかひろ)
  • 最高位 :小結
  • 年寄名跡:富士ヶ根
  • 出身地 :大阪府大阪市浪速区
  • 本 名 :高橋 徳夫
  • 生年月日:昭和39年(1964)12月14日(55歳)
  • 所属部屋:二所ノ関部屋
  • 改名歴 :高橋山⇒大善
  • 初土俵 :昭和56年(1981)3月(16歳3ヵ月)
  • 新十両 :昭和63年(1988)3月(23歳3ヵ月)
  • 新入幕 :平成3年(1991)11月(26歳11ヵ月)
  • 新三役 :平成6年(1994)3月(29歳3ヵ月)
  • 最終場所:平成15年(2003)3月(38歳3ヵ月)
  • 生涯戦歴:739勝732敗61休/1468出場(133場所)
  • 生涯勝率:50.2%
  • 優勝等 :十両優勝3回,幕下優勝1回(同点1)
  • 成 績 :金星2個
  • 幕内戦歴:235勝290敗(35場所)勝率:44.8%
  •   小結:5勝10敗(1場所)勝率:33.3%
  •   前頭:230勝280敗(34場所)勝率:45.1%
  • 十両戦歴:299勝280敗36休(41場所)勝率:51.6%

剣晃 敏志

大阪府守口市出身、高田川部屋の元力士で最高位は小結。土俵上では悪役だったが本当は人望が厚く、部屋の後継者と言われていたが病によって早逝。

  • 四股名 :剣晃 敏志(けんこう さとし)
  • 最高位 :小結
  • 出身地 :大阪府守口市
  • 本 名 :星村 敏志
  • 生年月日:昭和42年(1967)6月27日
  • 没年月日:平成10年(1998)3月10日(享年30歳)
  • 所属部屋:高田川部屋
  • 改名歴 :星村⇒剣晃
  • 初土俵 :昭和59年(1984)11月(17歳5ヵ月)
  • 新十両 :平成3年(1991)3月(23歳9ヵ月)
  • 新入幕 :平成4年(1992)7月(25歳1ヵ月)
  • 新三役 :平成7年(1995)5月(27歳11ヵ月)
  • 最終場所:平成10年(1998)3月(30歳9ヵ月)
  • 生涯戦歴:411勝410敗59休/821出場(81場所)
  • 生涯勝率:50.1%
  • 優勝等 :序ノ口同点1回
  • 成 績 :殊勲賞1回,敢闘賞1回,金星2個
  • 幕内戦歴:181勝224敗15休(28場所)勝率:44.7%
  •   小結:11勝19敗(2場所)勝率:36.7%
  •   前頭:170勝205敗15休(26場所)勝率:45.3%
  • 十両戦歴:79勝71敗30休(12場所)勝率:52.7%

千代天山 大八郎

新入幕から3場所連続の三賞受賞は史上初

  • 四股名 :千代天山 大八郎(ちよてんざん だいはちろう)
  • 最高位 :小結
  • 出身地 :大阪府大阪市東住吉区
  • 本 名 :角 大八郎
  • 生年月日:昭和51年(1976)2月6日
  • 所属部屋:九重部屋
  • 改名歴 :角⇒千代天山
  • 初土俵 :平成3年(1991)3月(15歳1ヵ月)
  • 新十両 :平成9年(1997)1月(20歳11ヵ月)
  • 新入幕 :平成11年(1999)1月(22歳11ヵ月)
  • 新三役 :平成11年(1999)7月(23歳5ヵ月)
  • 最終場所:平成20年(2008)1月(31歳11ヵ月)
  • 生涯戦歴:519勝541敗33休/1055出場(102場所)
  • 生涯勝率:49.0%
  • 優勝等 :十両優勝1回(同点1),序二段同点1回
  • 成 績 :殊勲賞1回,敢闘賞2回,金星3個
  • 幕内戦歴:144勝181敗20休(23場所)勝率:44.3%
  •   小結:3勝12敗(1場所)勝率:20.0%
  •   前頭:141勝169敗20休(22場所)勝率:45.5%
  • 十両戦歴:184勝206敗(26場所)勝率:47.2%
カテゴリー : 関西地方

公開日:2018-08-16
投稿者:レイ

コメントはお気軽にどうぞ

※当サイトは個人が運営するサイトであり、日本相撲協会及び、各相撲部屋とは関連がないことをご了承ください。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。※当サイトは個人が運営するサイトです。