山梨県出身の力士一覧!過去から現在、山梨の主な関取を網羅しました

山梨出身の過去から現在までの主な力士をご紹介する山梨県の大相撲力士まとめ!この記事では山梨出身の関取を中心に、山梨の郷土力士をご紹介していきます。

過去の力士については最高位や改名歴、初土俵や各段の昇進時期と最終場所、さらに生涯戦歴と生涯勝率、成績等を中心にご紹介していきます。また、現役力士については最高位と昇進時期、主な成績などを載せています。

なお、年寄名跡欄のマークは、その代で師匠(部屋持ち親方)になったことがあるという意味です。

現役の山梨県出身力士の最新番付や成績、詳細なデータをご覧になりたい方はこちら


山梨出身の関脇

富士櫻 栄守

昭和天皇も好んだ「突貫小僧」の押し相撲

  • 四股名 :富士櫻 栄守(ふじざくら よしもり)
  • 最高位 :関脇
  • 年寄名跡:10代中村
  • 出身地 :山梨県甲府市
  • 本 名 :中澤 榮男
  • 生年月日:昭和23年(1948)2月9日
  • 所属部屋:高砂部屋
  • 改名歴 :中澤⇒富士桜⇒富士櫻
  • 初土俵 :昭和38年(1963)3月(15歳1ヵ月)
  • 新十両 :昭和45年(1970)1月(21歳11ヵ月)
  • 新入幕 :昭和46年(1971)9月(23歳7ヵ月)
  • 新三役 :昭和47年(1972)9月(24歳7ヵ月)
  • 最終場所:昭和60年(1985)3月(37歳1ヵ月)
  • 生涯戦歴:788勝827敗30休/1613出場(133場所)
  • 生涯勝率:48.8%
  • 優勝等 :幕内次点1回,十両優勝1回(同点1),幕下優勝1回
  • 成 績 :殊勲賞2回,敢闘賞3回,技能賞3回,金星9個
  • 幕内戦歴:502勝582敗11休(73場所)勝率:46.3%
  •   関脇:7勝23敗(2場所)勝率:23.3%
  •   小結:43勝77敗(8場所)勝率:35.8%
  •   前頭:452勝482敗11休(63場所)勝率:48.4%
  • 十両戦歴:135勝116敗19休(19場所)勝率:53.8%

山梨出身の小結

富士錦 猛光

相撲は激しかったが穏やかな性格とその風貌から「平和ちゃん」と親しまれていた

  • 四股名 :富士錦 猛光(ふじにしき たけみつ)
  • 最高位 :小結
  • 年寄名跡:6代西岩⇒14代尾上⇒6代高砂⇒12代若松
  • 出身地 :山梨県甲府市
  • 本 名 :渡辺 章⇒一宮 章
  • 生年月日:昭和12年(1937)3月18日
  • 没年月日:平成15年(2003)12月17日(享年66歳)
  • 所属部屋:高砂部屋
  • 改名歴 :渡辺⇒冨士錦⇒富士錦
  • 初土俵 :昭和28年(1953)3月(16歳0ヵ月)
  • 新十両 :昭和33年(1958)3月(21歳0ヵ月)
  • 新入幕 :昭和34年(1959)1月(21歳10ヵ月)
  • 新三役 :昭和35年(1960)3月(23歳0ヵ月)
  • 最終場所:昭和43年(1968)11月(31歳8ヵ月)
  • 生涯戦歴:574勝559敗5休/1132出場(86場所)
  • 生涯勝率:50.7%
  • 優勝等 :幕内優勝1回(次点2),十両同点1回,幕下優勝1回
  • 成 績 :殊勲賞2回,敢闘賞4回,技能賞1回,金星7個
  • 幕内戦歴:414勝466敗5休(59場所)勝率:47.0%
  •   小結:58勝87敗5休(10場所)勝率:40.0%
  •   前頭:356勝379敗(49場所)勝率:48.4%
  • 十両戦歴:61勝29敗(6場所)勝率:67.8%

竜電 剛至

竜電 剛至(りゅうでん ごうし)は山梨県 甲府市出身、高田川部屋の力士で最高位は小結。令和2年9月場所の番付は東 前頭7枚目。

小中と柔道一筋だったが16代千田川(現・高田川親方)に勧誘されて角界入りを決意。

平成24年11月場所で念願の新十両昇進も8日目に右股関節を骨折。幕下に陥落後は6場所連続休場などで序ノ口にまで番付を落とした。

10場所ぶりに皆勤した平成26年初場所は全勝で序ノ口優勝。その後、序二段、三段目と全勝優勝で幕下にまで復帰。

平成28年11月に4年ぶりとなる再十両、平成30年初場所の新入幕で大乃花以来、約30年ぶりの山梨出身幕内力士となった。

令和元年7月場所で新小結に昇進。関取経験者が序ノ口陥落後に新三役は史上初となる快挙。

四股名
竜電 剛至(りゅうでん ごうし)
最高位
小結
最新番付
東 前頭7枚目
出身地
山梨県 甲府市
本名
渡邊 裕樹
生年月日
平成2年(1990)11月10日(29歳)
所属部屋
高田川部屋
初土俵
平成18年(2006)3月(15歳4ヵ月)
新十両
平成24年(2012)11月(22歳0ヵ月)
新入幕
平成30年(2018)1月(27歳2ヵ月)
新小結
令和1年(2019)7月(28歳8ヵ月)
優勝
幕下優勝1回,三段目優勝1回,序二段優勝1回,序ノ口優勝1回
受賞・金星
敢闘賞1回,技能賞1回
通算成績
399勝326敗62休/724出場(勝率:55.1%)
直近7場所
46勝59敗
7場所勝率
43.8%
令2年9月
東 前頭7枚目(半枚降下)
6勝9敗
○●●○●|●○●●●|●○○○●
令2年7月
西 前頭6枚目(1枚半降下)
7勝8敗
○●●●●|○○●●○|○●○●○
令2年3月
東 前頭5枚目(3枚半上昇)
6勝9敗
○●○●●|○○●●●|●●○●○
令2年1月
西 前頭8枚目(3枚降下)
10勝5敗
●○○○●|●○□○●|○○○○●
令元年11月
西 前頭5枚目(変動なし)
6勝9敗
○●○●●|○●●●○|●○○●●
令元年9月
西 前頭5枚目(5枚降下)
7勝8敗
○●○●●|●●○○○|○●●●○
令元年7月
西 小結
4勝11敗
●○○●●|●○●●●|●●○●●

山梨出身の前頭

若湊 三郎

長身を活かした吊りは強烈だが消極的な相撲で大成せず、しかし師匠としては弟弟子だった東富士を横綱へと導く

  • 四股名 :若湊 三郎(わかみなと さぶろう)
  • 最高位 :前頭3枚目
  • 年寄名跡:5代富士ヶ根
  • 出身地 :山梨県南都留郡
  • 本 名 :渡邊 孝一郎
  • 生年月日:明治42年(1909)12月13日
  • 没年月日:昭和57年(1982)6月30日(享年72歳)
  • 所属部屋:富士ヶ根部屋
  • 改名歴 :冨士ヶ嶽⇒若港⇒若湊
  • 初土俵 :昭和6年(1931)3月(21歳3ヵ月)
  • 新十両 :昭和10年(1935)1月(25歳1ヵ月)
  • 新入幕 :昭和13年(1938)1月(28歳1ヵ月)
  • 最終場所:昭和20年(1945)11月(35歳11ヵ月)
  • 生涯戦歴:140勝154敗1休/294出場(25場所)
  • 生涯勝率:47.6%
  • 優勝等 :なし
  • 幕内戦歴:95勝121敗(16場所)勝率:44.0%
  • 十両戦歴:14勝10敗(3場所)勝率:58.3%

甲 吾郎

山梨県木巨摩郡(現・南アルプス市若草町)出身、立川部屋の元力士で最高位は前頭4枚目。筋肉質の体格で張り手と突っ張りに威力があり、右四つからの下手投げや出し投げも得意とした。気性の激しい一面もあり若いころは問題をしばしば起こしたが、人情深さも兼ね備えていた。入幕前に脱走し、大阪相撲で甲斐ノ山と名乗っていたがすぐに復帰。明治42年(1909)春場所に立川と改め、年寄二枚鑑札で土俵を務めた。

  • 四股名 :甲 吾郎(かぶと ごろう)
  • 最高位 :前頭4枚目
  • 年寄名跡:6代立川
  • 出身地 :山梨県木巨摩郡(現・南アルプス市若草町)
  • 本 名 :五味 安吉
  • 生年月日:明治2年(1869)12月4日
  • 没年月日:大正12年(1923)1月9日(享年53歳)
  • 所属部屋:立川⇒中村(大阪)⇒立川部屋
  • 改名歴 :甲⇒甲斐ノ山⇒甲⇒兜⇒甲⇒立川
  • 初土俵 :明治26年(1893)1月・序ノ口(23歳1ヵ月)
  • 新十両 :明治30年(1897)5月(27歳5ヵ月)
  • 新入幕 :明治36年(1903)1月(33歳1ヵ月)
  • 最終場所:大正2年(1913)1月(43歳1ヵ月)
  • 優勝等 :なし
  • 幕内戦歴:58勝78敗44休13分17預(21場所)勝率:42.6%
  • 十両戦歴:45勝23敗3分3預(9場所)勝率:66.2%

甲斐ノ山 福人

背の低いアンコ型でぶちかましが得意、引退後は相撲教習所で実技指導に携わる

  • 四股名 :甲斐ノ山 福人(かいのやま ふくひと)
  • 最高位 :前頭10枚目
  • 年寄名跡:8代立川⇒11代田子ノ浦
  • 出身地 :山梨県塩山市
  • 本 名 :田草川 次夫
  • 生年月日:大正10年(1921)3月4日
  • 所属部屋:錦島部屋
  • 改名歴 :大蛇島⇒甲斐ノ山
  • 初土俵 :昭和10年(1935)1月(13歳10ヵ月)
  • 新十両 :昭和19年(1944)1月(22歳10ヵ月)
  • 新入幕 :昭和25年(1950)9月(29歳6ヵ月)
  • 最終場所:昭和30年(1955)3月(34歳0ヵ月)
  • 生涯戦歴:227勝263敗12休/490出場(50場所)
  • 生涯勝率:46.3%
  • 優勝等 :十両優勝1回
  • 幕内戦歴:83勝97敗(12場所)勝率:46.1%
  • 十両戦歴:64勝104敗(13場所)勝率:38.1%

甲斐錦 勝

甥はプロレスラーだったジャンボ鶴田

  • 四股名 :甲斐錦 勝(かいにしき まさる)
  • 最高位 :前頭12枚目
  • 出身地 :山梨県東山梨郡
  • 本 名 :鶴田 勝
  • 生年月日:大正9年(1920)10月31日
  • 所属部屋:二所ノ関部屋
  • 改名歴 :鶴田⇒甲斐錦
  • 初土俵 :昭和13年(1938)5月(17歳7ヵ月)
  • 新十両 :昭和20年(1945)11月(25歳1ヵ月)
  • 新入幕 :昭和24年(1949)5月(28歳7ヵ月)
  • 最終場所:昭和26年(1951)5月(30歳7ヵ月)
  • 生涯戦歴:115勝116敗8休/231出場(28場所)
  • 生涯勝率:49.8%
  • 優勝等 :十両同点1回
  • 幕内戦歴:29勝46敗(5場所)勝率:38.7%
  • 十両戦歴:42勝42敗(9場所)勝率:50.0%

大乃花 武虎

5度目の十両昇進から奮起、入幕まで14年かかったスロー出世力士

  • 四股名 :大乃花 武虎(おおのはな たけとら)
  • 最高位 :前頭13枚目
  • 年寄名跡:12代佐ノ山⇒16代尾上
  • 出身地 :山梨県東八代郡八代町
  • 本 名 :大野 久好
  • 生年月日:昭和33年(1958)6月23日
  • 所属部屋:大鵬部屋
  • 改名歴 :大野⇒鵬龍⇒大野⇒大ノ花⇒大乃花
  • 初土俵 :昭和49年(1974)3月(15歳9ヵ月)
  • 新十両 :昭和58年(1983)7月(25歳1ヵ月)
  • 新入幕 :昭和63年(1988)3月(29歳9ヵ月)
  • 最終場所:平成2年(1990)11月(32歳5ヵ月)
  • 生涯戦歴:483勝428敗30休/909出場(100場所)
  • 生涯勝率:53.0%
  • 優勝等 :十両優勝2回,幕下優勝1回(同点2)
  • 幕内戦歴:5勝10敗(1場所)勝率:33.3%
  • 十両戦歴:212勝224敗14休(30場所)勝率:48.6%

吉田川 清四郎

富士吉田市出身、廃業後は一時プロレスも

  • 四股名 :吉田川 清四郎(よしだがわ せいしろう)
  • 最高位 :前頭13枚目
  • 出身地 :山梨県富士吉田市
  • 本 名 :真田 征四郎
  • 生年月日:昭和2年(1927)11月19日
  • 所属部屋:音羽山⇒双葉山⇒時津風部屋
  • 改名歴 :真田⇒吉田川
  • 初土俵 :昭和16年(1941)5月(13歳6ヵ月)
  • 新十両 :昭和24年(1949)10月(21歳11ヵ月)
  • 新入幕 :昭和25年(1950)5月(22歳6ヵ月)
  • 最終場所:昭和29年(1954)9月(26歳10ヵ月)
  • 生涯戦歴:170勝185敗8休/355出場(33場所)
  • 生涯勝率:47.9%
  • 優勝等 :十両同点1回
  • 幕内戦歴:72勝93敗(11場所)勝率:43.6%
  • 十両戦歴:48勝57敗(7場所)勝率:45.7%

山梨出身の十両

秀ノ花 行秀

関取経験者ながら平成2年(1990)11月場所より5場所、弓取りを務めた

  • 四股名 :秀ノ花 行秀(ひでのはな ゆきひで)
  • 最高位 :十両5枚目
  • 出身地 :山梨県韮崎市
  • 本 名 :菊島 行秀
  • 生年月日:昭和40年(1965)2月10日
  • 所属部屋:花籠⇒放駒部屋
  • 改名歴 :菊島⇒鸞山⇒花光⇒秀ノ花
  • 初土俵 :昭和55年(1980)3月(15歳1ヵ月)
  • 新十両 :昭和63年(1988)5月(23歳3ヵ月)
  • 最終場所:平成6年(1994)3月(29歳1ヵ月)
  • 生涯戦歴:294勝257敗53休/550出場(85場所)
  • 生涯勝率:53.4%
  • 優勝等 :十両優勝1回,三段目優勝1回,序二段優勝1回
  • 十両戦歴:11勝15敗4休(2場所)勝率:42.3%

山梨出身の三段目

勝武士 幹士

山梨県甲府市出身、高田川部屋の力士。甲斐市立竜王中学校出身で同部屋の竜電の1年後輩にあたる。東関部屋の高三郷(平成30年5月場所で引退)との息の合った初っ切りは大好評で巡業の目玉だった。各地での初っ切りを通じて人気だった力士。

令和2年5月13日未明、新型コロナウィルス性肺炎による多臓器不全の為、逝去。ご冥福をお祈り申し上げます。

  • 四股名 :勝武士 幹士(しょうぶし かんじ)
  • 最高位 :三段目11枚目
  • 出身地 :山梨県甲斐市 ⇒ 山梨県甲府市
  • 本 名 :大森 清孝
  • 生年月日:平成3年(1991)11月4日
  • 没年月日:令和2年(2020)5月13日(享年28歳)
  • 所属部屋:高田川部屋
  • 改名歴 :勝武士⇒彈丸⇒勝武士
  • 初土俵 :平成19年(2007)3月(15歳4ヵ月)
  • 最終場所:令和2年(2020)5月(28歳6ヵ月)
  • 生涯戦歴:260勝279敗/538出場(79場所)
  • 生涯勝率:48.2%
  • 優勝等 :なし

山梨出身力士の最新情報はこちら

いかがでしたでしょうか?ここまでは過去から現在までの山梨出身の主な力士をご紹介してきましたが、山梨出身の現役力士の最新番付や成績を知りたい方の為に最適な記事もご用意しています。相撲観戦と予習におススメです!

出身地別、力士別、初土俵別など様々な方法で力士データをまとめています。

ネットでの大相撲観戦といえばAbemaTV!「AbemaTV」での視聴方法について解説しています。序ノ口から結びの一番まで完全無料生中継!ぜひ確認してみてください。

当サイトのいろんな記事へのリンクをまとめたナビゲーションページです。

コメントはお気軽にどうぞ

※当サイトは個人が運営するサイトであり、日本相撲協会及び、各相撲部屋とは関連がないことをご了承ください。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。※当サイトは個人が運営するサイトです。