山響部屋の力士一覧!過去から現在、北の湖~山響部屋の主な関取を網羅しました

山響(やまひびき)部屋の過去から現在までの主な所属力士をご紹介する山響部屋の大相撲力士まとめ!

この記事では山響部屋と、その前身である北の湖部屋の主な関取を中心に紹介していきます。過去の力士については最高位や改名歴、初土俵や各段の昇進時期と最終場所、さらに生涯戦歴と生涯勝率、成績等を中心にご紹介していきます。また、現役力士については最高位と昇進時期、主な成績などを載せています。

なお、年寄名跡欄のマークは、その代で師匠(部屋持ち親方)になったことがあるという意味です。

現役の山響部屋力士の最新番付や成績、詳細なデータをご覧になりたい方はこちら

山響部屋の基本情報 一門 :出羽海一門
創設 :昭和60年(1985)12月1日 ※北の湖部屋として創設
創設者:一代年寄・北の湖 敏満(第55代横綱・北の湖)
改称 :平成27年(2015)11月30日
改称者:20代・山響 謙司(元前頭筆頭・巌雄)
現師匠:同上
現住所:東京都江東区東砂6-6-3
スポンサーリンク

北の湖部屋の前頭

巌雄 謙治

20代・山響 謙司
平成27年(2015)11月23日~
北の湖の一番弟子。新十両場所では大負けして一時は三段目にまで落ちてしまったが、約3年半20場所をかけて再十両を果たした。その後、入幕は北の湖部屋初の幕内力士。平成27年11月の先代の急逝により部屋を継承、名を山響部屋へと改めての再出発となった

巌雄 謙治(がんゆう けんじ)
最高位 :前頭筆頭
年寄名跡:巌雄⇒小野川⇒山響
出身地 :兵庫県姫路市
本 名 :平野 建司⇒平野 兼司
生年月日:昭和45年(1970)8月6日
所属部屋:北の湖部屋
改名歴 :平野⇒巌雄
初土俵 :昭和61年(1986)3月(15歳7ヵ月)
新十両 :平成4年(1992)1月(21歳5ヵ月)
新入幕 :平成8年(1996)3月(25歳7ヵ月)
最終場所:平成12年(2000)5月(29歳9ヵ月)
生涯戦歴:400勝382敗53休/779出場(86場所)
生涯勝率:51.2%
優勝等 :幕下優勝2回,序二段優勝1回
幕内戦歴:144勝195敗6休(23場所)勝率:42.5%
十両戦歴:47勝58敗(7場所)勝率:44.8%

白露山 佑太

入門は二十山部屋。初土俵が一緒の実兄は大鵬・大嶽部屋で幕内力士となった露鵬。兄に遅れること5場所での入幕は、外国人力士として初の兄弟同時幕内だった。二十山親方の急逝により北の湖部屋へと移籍。平成20年9月、大麻の陽性反応が出たことが問題となって協会より解雇

白露山 佑太(はくろざん ゆうた)
最高位 :前頭2枚目
出身地 :ロシア連邦北オセチア・アラニヤ共和国ヴラジカヴカーズ市
本 名 :バトラズ・フェーリクソヴィッチ・ボラーゾフ
生年月日:昭和57年(1982)2月6日
所属部屋:二十山⇒北の湖部屋
初土俵 :平成14年(2002)5月(20歳3ヵ月)
新十両 :平成16年(2004)9月(22歳7ヵ月)
新入幕 :平成17年(2005)7月(23歳5ヵ月)
最終場所:平成20年(2008)9月(26歳7ヵ月)
生涯戦歴:233勝218敗/451出場(38場所)
生涯勝率:51.7%
優勝等 :なし
幕内戦歴:97勝128敗(15場所)勝率:43.1%
十両戦歴:74勝61敗(9場所)勝率:54.8%

北桜 英敏

9代・式守 秀五郎
北の湖部屋2人目の幕内力士誕生は初土俵から約15年の遅咲き。大量の塩まきで「ソルトシェーカー」の異名を水戸泉から継いだ。時間前にも積極的に立っていくその熱い戦いぶりと、サービス精神旺盛なその姿勢で人気者だった。引退後は北の湖部屋の部屋付親方を経て式秀部屋を継承

北桜 英敏(きたざくら ひでとし)
最高位 :前頭9枚目
年寄名跡:26代小野川⇒9代式秀
出身地 :広島県広島市安佐北区
本 名 :向 英俊
生年月日:昭和46年(1971)12月15日(47歳)
所属部屋:北の湖部屋
改名歴 :向⇒北桜⇒向⇒北桜
初土俵 :昭和62年(1987)3月(15歳3ヵ月)
新十両 :平成10年(1998)7月(26歳7ヵ月)
新入幕 :平成13年(2001)7月(29歳7ヵ月)
最終場所:平成22年(2010)3月(38歳3ヵ月)
生涯戦歴:713勝711敗15休/1424出場(138場所)
生涯勝率:50.1%
優勝等 :十両優勝1回,幕下優勝1回
幕内戦歴:70勝110敗(12場所)勝率:38.9%
十両戦歴:350勝355敗15休(48場所)勝率:49.6%

スポンサーリンク


北の湖~山響部屋の前頭

北太樹 明義

29代・小野川 明義(山響部屋)
四股名は父親によって「地に根を張り、上に向かって大きく育つように」との想いで命名。北の湖親方急逝の平成27年九州場所・千秋楽では白星を師匠へと手向けた

北太樹 明義(きたたいき あけよし)
最高位 :前頭2枚目
年寄名跡:29代小野川
出身地 :東京都町田市
本 名 :讃岐 明義
生年月日:昭和57年(1982)10月5日(36歳)
所属部屋:北の湖⇒山響部屋
改名歴 :讃岐⇒北大樹⇒北太樹
初土俵 :平成10年(1998)3月(15歳5ヵ月)
新十両 :平成19年(2007)7月(24歳9ヵ月)
新入幕 :平成20年(2008)9月(25歳11ヵ月)
最終場所:平成30年(2018)1月(35歳3ヵ月)
生涯戦歴:649勝648敗2休/1297出場(118場所)
生涯勝率:50.0%
優勝等 :十両優勝2回
幕内戦歴:255勝315敗(38場所)勝率:44.7%
十両戦歴:174勝156敗(22場所)勝率:52.7%

北磻磨 聖也(現役)

小学4年生までは柔道だったが、わんぱく相撲で全国大会にまで進んだことを機に相撲へと転向。稀勢の里とは同期生。非常に稽古熱心で周囲からも一目を置かれている

北磻磨 聖也(きたはりま せいや)
最高位 :前頭15枚目
出身地 :兵庫県龍野市
本 名 :嶋田 聖也
生年月日:昭和61年(1986)7月28日(32歳)
所属部屋:北の湖⇒山響部屋
改名歴 :嶋田⇒北磻(はり)磨
初土俵 :平成14年(2002)3月(15歳8ヵ月)
新十両 :平成24年(2012)1月(25歳6ヵ月)
新入幕 :平成28年(2016)7月(30歳0ヵ月)

鳰の湖 真二(現役)

大津市立皇子山中では柔道部でキャプテンを務め、全国大会では個人戦ベスト16。四股名は琵琶湖の古称で「水鳥が集まる湖」との意味が。平成24年1月場所での新入幕は滋賀県出身者として蒼樹山以来18年10ヵ月ぶりのこと

鳰の湖 真二(におのうみ しんじ)
最高位 :前頭16枚目
出身地 :滋賀県大津市
本 名 :田中 真二
生年月日:昭和61年(1986)12月16日(32歳)
所属部屋:北の湖⇒山響部屋
初土俵 :平成14年(2002)3月(15歳3ヵ月)
新十両 :平成23年(2011)1月(24歳1ヵ月)
新入幕 :平成24年(2012)1月(25歳1ヵ月)

スポンサーリンク



北の湖部屋の十両

金親 和憲

引退後、故9代宮城野の次女と結婚。これにより10代宮城野(元幕内・竹葉山)と交代で11代宮城野を襲名、宮城野部屋を継承する事となった。しかし、週刊誌に掲載された記事が問題となって理事会より師匠交代勧告を受け、再び竹葉山が宮城野を名乗ることとなった。その後、16代熊ヶ谷として部屋付き親方を務めていたが次女とは離婚、そして個人マネージャへの暴行で逮捕され平成25年10月に協会から解雇された

金親 和憲(かねちか かずのり)
最高位 :十両2枚目
年寄名跡:11代宮城野⇒16代熊ヶ谷
出身地 :神奈川県横浜市鶴見区
本 名 :金親 和行⇒山村 和行
生年月日:昭和44年(1969)11月12日
所属部屋:三保ヶ関⇒北の湖部屋
改名歴 :金親⇒月山⇒金親
初土俵 :昭和60年(1985)9月(15歳10ヵ月)
新十両 :平成4年(1992)3月(22歳4ヵ月)
最終場所:平成16年(2004)9月(34歳10ヵ月)
生涯戦歴:491勝481敗18休/972出場(115場所)
生涯勝率:50.5%
優勝等 :なし
十両戦歴:167勝193敗(24場所)勝率:46.4%

須佐の湖 善誉

一時は武器である体重が240㎏を記録するも、内臓疾患による体重減少と共に低迷

須佐の湖 善誉(すさのうみ よしたか)
最高位 :十両2枚目
出身地 :愛知県知多市
本 名 :金作 善治
生年月日:昭和47年(1972)8月30日
所属部屋:北の湖部屋
改名歴 :金作⇒将兜⇒金作⇒須佐の湖
初土俵 :昭和63年(1988)3月(15歳7ヵ月)
新十両 :平成5年(1993)9月(21歳1ヵ月)
最終場所:平成15年(2003)3月(30歳7ヵ月)
生涯戦歴:381勝376敗17休/756出場(91場所)
生涯勝率:50.3%
優勝等 :十両同点1回,幕下優勝2回,三段目優勝1回,序二段同点1回
十両戦歴:120勝150敗(18場所)勝率:44.4%

太晨 光真

北の湖の内弟子として三保ヶ関部屋に入門、北の湖部屋の創設とともに移籍。平成3年11場所に十両への昇進を果たし北の湖部屋初の関取となった

太晨 光真(たいしん みつまさ)
最高位 :十両9枚目
出身地 :大阪府東大阪市
本 名 :村井 修二
生年月日:昭和42年(1967)4月25日
所属部屋:三保ヶ関⇒北の湖部屋
改名歴 :村井⇒弥刀の湖⇒村井⇒太晨⇒村井⇒太晨⇒村井
初土俵 :昭和59年(1984)3月(16歳11ヵ月)
新十両 :平成3年(1991)11月(24歳7ヵ月)
最終場所:平成6年(1994)9月(27歳5ヵ月)
生涯戦歴:239勝218敗/457出場(64場所)
生涯勝率:52.3%
優勝等 :なし
十両戦歴:11勝19敗(2場所)勝率:36.7%

スポンサーリンク

北の湖部屋の幕下

吐合 明文

近大で学生横綱を獲得し華々しくデビューも度重なる怪我の影響もあり関取の壁は厚かった

吐合 明文(はきあい あきふみ)
最高位 :幕下2枚目
出身地 :愛媛県松山市
本 名 :吐合 明文
生年月日:昭和57年(1982)5月11日
出身大学:近畿大学
所属部屋:北の湖部屋
初土俵 :平成17年(2005)3月・幕下15付出(22歳10ヵ月)
最終場所:平成27年(2015)5月(33歳0ヵ月)
生涯戦歴:183勝166敗43休/348出場(57場所)
生涯勝率:52.4%
優勝等 :幕下同点1回,三段目同点1回,序二段同点1回

大露羅 敏

大相撲史上最重量の288㎏!日本語堪能な愛すべきロシア人力士。先代の師匠・北の湖にたいへん可愛がられ、亡くなるまでの14年間付け人を務めた。生前に交わした約束「北の湖が停年を迎えるまでは現役を続ける」を守り、先代が存命であれば停年を迎えた5月場所を経て、先代が亡くなった11月場所を前にして引退を決意した

大露羅 敏(おおろら さとし)
最高位 :幕下43枚目
出身地 :ロシア連邦ブリヤート共和国ザイグライフスキー
本 名 :アナトリイ・ヴァレリエヴィチ・ミハハノフ
生年月日:昭和58年(1983)4月26日
所属部屋:北の湖⇒山響部屋
初土俵 :平成12年(2000)3月(16歳11ヵ月)
最終場所:平成30年(2018)9月(35歳5ヵ月)
生涯戦歴:376勝382敗12休/756出場(111場所)
生涯勝率:49.6%
優勝等 :なし

北の湖~山響部屋の歴代師匠

山響部屋の歴代師匠をご紹介いたします。同部屋出身者については、詳細を前述していますので各地位の項を参照ください。

一代年寄・北の湖 敏満
昭和60年(1985)11月30日~平成27年(2015)11月20日
「怪童」と呼ばれ史上最年少での横綱昇進を果たす。「憎らしいほど強い」と評された。引退後は一代年寄を贈られて自身の部屋を創設、理事長としても手腕を発揮した。平成27年の九州場所中である11月20日に急逝、享年62歳

北の湖 敏満(きたのうみ としみつ)
最高位 :第55代横綱
年寄名跡:北の湖
出身地 :北海道有珠郡壮瞥町
本 名 :小畑 敏満
生年月日:昭和28年(1953)5月16日
没年月日:平成27年(2015)11月20日(享年62歳)
所属部屋:三保ヶ関部屋
初土俵 :昭和42年(1967)1月(13歳8ヵ月)
新十両 :昭和46年(1971)5月(18歳0ヵ月)
新入幕 :昭和47年(1972)1月(18歳8ヵ月)
新三役 :昭和48年(1973)1月(19歳8ヵ月)
新大関 :昭和49年(1974)3月(20歳10ヵ月)
横綱昇進:昭和49年(1974)9月(21歳4ヵ月)
最終場所:昭和60年(1985)1月(31歳8ヵ月)
生涯戦歴:951勝350敗107休/1293出場(109場所)
生涯勝率:73.1%
優勝等 :幕内優勝24回(同点5・次点11),序二段同点1回
成 績 :殊勲賞2回,敢闘賞1回,金星1個
幕内戦歴:804勝247敗107休(78場所)勝率:76.5%
  横綱:670勝156敗107休(63場所)勝率:81.1%
  大関:36勝9敗(3場所)勝率:80.0%
  関脇:24勝6敗(2場所)勝率:80.0%
  小結:12勝18敗(2場所)勝率:40.0%
  前頭:62勝58敗(8場所)勝率:51.7%
十両戦歴:43勝32敗(5場所)勝率:57.3%

20代・山響 謙司
平成27年(2015)11月23日~
巌雄 謙治(がんゆう けんじ)最高位:前頭筆頭

現役の山響部屋力士の最新情報はこちら

ここまでは過去から現在までの山響部屋所属力士をご紹介してきましたが、山響部屋の現役力士の最新番付や成績を知りたい方の為にもとっておきの記事をご用意しています。相撲観戦と予習におススメです!

コメントはお気軽にどうぞ

ユーザー様の視聴環境

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。