『「め」で始まる力士』カテゴリー記事

大相撲力士名鑑!四股名が「め」で始まる力士たち

大相撲力士名鑑。過去から現在までの大相撲の力士たちをまとめています。こちらは四股名の始まりが「め」の力士たちです。

力士名鑑の目次ページもご用意しております。

相撲部屋や出身地ごとの場所の成績からランキングを作成しております。初場所、好調な相撲部屋や力士の出身地はどこ?

2文字目が「あ行」の力士

明生 力

明生 力(めいせい ちから)は鹿児島県 大島郡瀬戸内町出身、立浪部屋の力士。令和3年9月場所の番付は最高位更新となる西 関脇。

しかし中学時代には目立った成績を残せず角界入りか進学かで迷ったが父親に一喝されて入門を決意した。

ヘルニアに苦しみ引退を覚悟したこともあったが、努力によって平成30年7月場所での新入幕を掴んだ“叩き上げ”。

そこから着実に力をつけてきた明生だが令和元年年末、部屋での稽古で左上腕部と肘の筋肉の部分断裂という大怪我を負ってしまう。

十両へと番付を落とした令和2年7月場所では6人による優勝決定戦に進出。最後は立浪部屋力士3人による巴戦になったが豊昇龍、そして天空海を破って自身初の十両優勝を決めた。

四股名は本名の下の名からで「あきお」さんかと思いきや、実は読みも同じ「めいせい」。

四股名
明生 力(めいせい ちから)
最高位
関脇
最新番付
西 関脇
出身地
鹿児島県 大島郡瀬戸内町
本名
川畑 明生
生年月日
平成7年(1995)7月24日(26歳)
所属部屋
立浪部屋
初土俵
平成23年(2011)5月(15歳10ヵ月)
新十両
平成28年(2016)11月(21歳4ヵ月)
新入幕
平成30年(2018)7月(23歳0ヵ月)
新小結
令和3年(2021)7月(26歳0ヵ月)
新関脇
令和3年(2021)9月(26歳2ヵ月)
優勝
十両優勝1回
受賞・金星
敢闘賞1回
通算成績
347勝281敗7休/627出場(勝率:55.3%)
直近7場所
55勝42敗
7場所勝率
56.7%
令3年9月
西 関脇(1枚半上昇・最高位更新)
3勝4敗
●●○○●|●○   |     
令3年7月
西 小結(1枚半上昇・最高位更新)
8勝7敗
●●□●○|○●○●○|○●○●○
令3年5月
東 前頭2枚目(1枚上昇)
8勝7敗
●○●●●|○○●○●|○○○○●
令3年3月
東 前頭3枚目(4枚上昇)
10勝5敗(敢闘賞)
○●○●●|○○○●□|○○●○○
令3年1月
東 前頭7枚目(3枚半上昇)
8勝7敗
○○○○○|●●○●○|○●●●●
令2年11月
西 前頭10枚目(2枚半上昇)
9勝6敗
○●●○○|●○●●○|○○○●○
令2年9月
東 前頭13枚目
9勝6敗
●○○●□|●○○●●|○○○○●

出身地別、力士別、初土俵別など様々な方法で力士データをまとめています。

おすすめの記事をご紹介

ここからは当サイトのおすすめ記事をご紹介します。

ネットでの大相撲観戦といえばAbemaTV!「AbemaTV」での視聴方法について解説しています。序ノ口から結びの一番まで完全無料生中継!ぜひ確認してみてください。

当サイトのいろんな記事へのリンクをまとめたナビゲーションページです。