出身力士が多い都道府県はどこ?関取が多い出身地なども調べてみました

相撲中継や土俵入りの時には、所属部屋と共に出身がどこなのかを教えてくれます。同郷の力士を見つけると急に親近感が増すものですよね。では、あなたの郷土力士は何人いるか知っていますか?

十両・幕内では何人か知っていても、それ以下の段にはどれだけいるのか分からなかったりしますよね。また、関取衆にひとりもいない出身地の方もいると思います。

そこで今回は、出身別でどの地位にどれだけ力士がいるのか?そして出身地ごとでの力士の地位構成比はどうなっているのかを調べてみました。

並べ替え可能な表をご用意しましたので、同郷の力士が何人いるのか探してみてください。

また、当サイトでは出身地ごとに番付と成績が確認できるページをご用意しています。郷土の力士の日々の結果もすぐに確認できますよ。これは記事の最後にご紹介いたします。

スポンサーリンク

相撲の各段ごとの定数

はじめに大相撲の各段ごとの力士の定数を整理しておきましょう。
力士の定数と枚数
  1. 幕内 :42名
  2. 十両 :28名(東西14枚)
  3. 幕下 :120名(東西60枚)
  4. 三段目:200名(東西100枚)
  5. 序二段:定員なし(最近は東西120枚前後でおよそ220名)
  6. 序ノ口:定員なし(最近は東西35枚前後でおよそ70名)

このように幕内から三段目までは定数が決まっており、十両から三段目までは枚数が毎回固定です。ただし、幕下や三段目で付出が発生した場合には定数プラス付出人数となります。

幕内は総数が42名と定まっていますが、横綱・大関そして三役力士の人数は場所によって変動があるため前頭の枚数は固定せずに前頭の人数で幕内定数「42」を調整しています。

例を上げると…平成29年7月場所では4横綱・3大関・2関脇・2小結の11人が「役力士」でした。ということは残りは31名となり、東西15枚+東の16枚で前頭が構成されていました。

これが平成30年初場所からは3横綱・2大関・2関脇・2小結と9人に減りましたので残りは33名となり、東西16枚+東の17枚が前頭となっています。幕内の東西が対にならない時があるのはこうした理由があるのです。

番付の仕組みに関してはこちらのページにまとめていますので、興味のある方はぜひ御覧ください。

⇒ 番付の仕組みと決め方

さて、お待たせしました。次からはいよいよ部屋ごとの力士数などを見ていきましょう

スポンサーリンク


出身地別の力士数

「出身地ごとの力士の数と、各段力士の総数に対する比率」(平成30年11月場所の番付より ※番付外を除く)

地方出身総計 664人序ノ口 58人 (8.7%)序二段 216人 (32.5%)三段目 200人 (30.1%)幕下 120人 (18.1%)十両 28人 (4.2%)幕内 42人 (6.3%)幕下以下 594人 (89.5%)関取 70人 (10.5%)

表の数字は、左がその出身地の各段ごとの人数、右はその段の総数に対する比率です。

例えば「神奈川県の三段目の人数は6人、その6人は三段目200人に対して3.0%を占める」という見方になります。

表の見出しにある△を押すと並べ替えが出来ます。△は昇順、▽は降順です。

出身力士が多いのはどこ?

まずは出身力士が多い地域は何処かを見てみましょう。右のパーセンテージは11月場所番付での総力士数664人に対する比率です。

出身力士が多いところ
    1. 東京都  49人(7.4%)
    2. 愛知県  38人(5.7%)
    3. 大阪府  37人(5.6%)
    4. 兵庫県  34人(5.1%)
    5. 福岡県  32人(4.8%)
    6. 鹿児島県 31人(4.7%)
    7. 神奈川県 28人(4.2%)
    8. 埼玉県  26人(3.9%)
    8. 千葉県  26人(3.9%)
    9. モンゴル 22人(3.3%)
    10.熊本県  20人(3.0%)
    11.北海道  19人(2.9%)
    12.茨城県  16人(2.4%)
    12.福島県  16人(2.4%)
    13.長崎県  15人(2.3%)
    14.青森県  14人(2.1%)
    15.静岡県  13人(2.0%)
    16.京都府  11人(1.7%)

1位は当然といえば当然なのでしょうが、ちょっと意外な気もする東京都でした。やはり人口が多いだけに力士の数もダントツに多いようです。

また、2位、3位、5位には地方場所の開催地である愛知、大阪、福岡がランクインしています。

3~6位の大阪、兵庫、福岡そして鹿児島は相撲が盛んなイメージがあるので納得の結果です。そして9位に食い込んでいるモンゴル勢、これは一大勢力と呼んでいいでしょう。

熊本や北海道も昔ほどではないにせよ順当にきています。北海道は友綱部屋の旭大星や尾車部屋の矢後、そして二所ノ関部屋の一山本など有望な力士が多く相撲王国の復活が期待できそうです。

意外なところでは京都府が16位というのも印象以上に力士がいることが分かります。

関取が多い出身地はどこ?

次は十両と幕内、いわゆる関取が多い出身地を見てみましょう。関取の総数は70人、つまり力士全体の約1割という狭き門です。

関取が多い出身地
    1. モンゴル 11人(15.7%)
    2. 東京都   5人(7.1%)
    3. 鹿児島県  4人(5.7%)
    3. 兵庫県   4人(5.7%)
    4. 青森県   3人(4.3%)
    4. 石川県   3人(4.3%)
    4. 大阪府   3人(4.3%)
    4. 高知県   3人(4.3%)
    4. 埼玉県   3人(4.3%)
    4. 茨城県   3人(4.3%)
    5. 熊本県   2人(2.9%)
    5. 福岡県   2人(2.9%)
    5. 北海道   2人(2.9%)
    5. 三重県   2人(2.9%)

やはりと言うべきか、モンゴル勢が圧倒的ですね!モンゴル出身力士だけで15.7%ということは4人に1人以上がモンゴル力士だということになります。

しかし日本勢も負けていません。力士数トップの東京都がまず2位につけており相撲どころの鹿児島と兵庫県が3位と存在感を示しています。また、石川県は力士総数が10人と少数ですが遠藤と輝、そして炎鵬と3人の関取を輩出しており大健闘となっています。高知県も豊ノ島が悲願の関取復帰を果たして3人となりました。

出身力士が少ない都道府県は?

今度は出身力士が少ないのはどこかを見てみましょう。ただし、モンゴルを除く外国勢は1人か2人が普通なので、ここでは日本勢だけで見てみます。

出身力士が少ない都道府県
    1.福井・滋賀           2人(0.3%)
    2.鳥取              3人(0.4%)
    3.徳島・富山・奈良        4人(0.6%)
    4.宮城・愛媛・大分・山口・和歌山 5人(0.7%)

このような結果になりました。こうして見ると大分と山口県が4位というのは意外な気がしませんか?大分県といえば古くは大横綱・双葉山を輩出していますし千代大海や垣添、琴別府も大分です。現役では何と言っても嘉風ですよね。そして山口県といえば理事長も務めた17代放駒の元大関・魁傑に元小結の豊真将、現役では豊響など活躍している力士が浮かぶので、もっと多い気がしていました。

また、鳥取と言えば相撲の名門高「鳥取城北高校」があり、日本各地の学生が「相撲留学」で門を叩き、またモンゴル勢の登竜門的存在として角界に有望な若手を送り込んでいます。しかし、鳥取出身となるとわずか3名なんですね。その鳥取出身では宮城野部屋の石浦が頑張っています。

福井出身力士はわずか2名ではありますが、二子山部屋の舞蹴(まいける)は序ノ口初土俵から6場所連続勝ち越しで三段目上位にまで上がってきた注目株です。

最後に朝乃山の出身地である富山県も3位と少数県にランクインしています。石浦と朝乃山は県の期待を一心に背負っているのですね。

こうやって出身力士が多い県、少ない県を見てみると、実数以上に関取がいるかどうか?で大きくイメージが変わる気がしませんか。

スポンサーリンク


出身地別力士の各段構成比

次は出身地ごとの総数に対して各段の力士はどれだけいるのか、その構成比を見てみたいと思います。

「出身地ごとの力士総数に対しての各段力士比率」(平成30年11月場所の番付より ※番付外を除く)

地方出身総計 664人序ノ口 8.7% (58人)序二段 30.1% (216人)三段目 29.7% (200人)幕下 18.1% (120人)十両 4.2% (28人)幕内 6.3% (42人)幕下以下 89.5% (594人)関取 10.5% (70人)

表の見方は、左のパーセンテージが出身地の力士総数に対しての比率、右は各段ごとの人数です。

例えば「青森県の幕下力士は4人、これは出身力士14人のなかの28.6%を占める」という見方です。

表の見出しにある△を押すと並べ替えが出来ます。△は昇順、▽は降順です。

関取比率が高い出身地は?

関取比率が高い出身地
    1. ブラジル   100%(1人)1人中
    2. モンゴル  50.0%(11人)22人中
    2. ジョージア 50.0%(1人)2人中
    2. ブルガリア 50.0%(1人)2人中
    3. 鳥取県   33.3%(1人)3人中
    4. 石川県   30.0%(3人)10人中
    4. 高知県   30.0%(3人)10人中
    5. 富山県   25.0%(1人)4人中
    5. 奈良県   25.0%(1人)4人中
    6. 青森県   21.4%(3人)14人中
    7. 大分県   20.0%(1人)5人中
    8. 三重県   18.2%(2人)11人中
    9. 岩手県   14.3%(1人)7人中

このような結果になりました。こうして見ると石川県が10人中3人が関取と大健闘ですが、分かってはいてもモンゴル力士の半数が関取というのは驚きです。また、出身力士総数でワースト2位だった鳥取と富山県その少なさ故に上位にランクインしていることが分かります。しかし、力士総数が少ない出身地が混じっているせいで、いまいち特徴が見えてきません。そこで総数が10人以上、もしくは関取が2人以上いる地域に絞って見てみましょう。

関取比率が高い出身地(その2)

関取比率が高い出身地(総数10人以上か関取2人以上に限る)
    1. モンゴル  50・0%(11人)22人中
    2. 石川県   30.0%(3人)10人中
    2. 高知県   30.0%(3人)10人中
    3. 青森県   21.4%(3人)14人中
    4. 三重県   18.2%(2人)11人中
    5. 鹿児島県  12.9%(4人)31人中
    6. 茨城県   12.5%(2人)16人中
    7. 兵庫県   11.8%(4人)34人中
    8. 埼玉県   11.5%(3人)26人中
    9. 北海道   10.5%(2人)19人中
    10.東京都   10.2%(5人)49人中
    10.熊本県   10.0%(2人)20人中
    10.秋田県   10.0%(1人)10人中
    10.栃木県   10.0%(1人)10人中
    10.長野県   10.0%(1人)10人中
    10.新潟県   10.0%(1人)10人中
    11.大阪府    8.1%(3人)37人中
    12.福岡県    6.3%(2人)32人中
    12.福島県    6.3%(1人)16人中
    13.千葉県    3.8%(1人)26人中
    14.神奈川県   3.6%(1人)28人中
    15.愛知県    2.6%(1人)39人中

どうでしょう。総数が10人以上、もしくは関取2人以上の地域に絞ってみると面白い結果になりました。1位のモンゴルの5割11人が関取という結果は、関取が多いとは思っていましたがあらためて数値で確認すると圧倒的な勢力だということが伝わってきます。

日本勢トップは石川県と高知県です。石川県は前述したように力士少数県ながら遠藤、輝、炎鵬の3人を関取に送り込んでいます。

また高知県は豊ノ島が悲願の関取再昇進を果たしたことに関取比率では日本勢トップタイに並びました。

その他では鹿児島や埼玉県は、総数も多いですが関取もそれだけ輩出しており相撲が盛んなことが伝わってきますね。また、東京都も総数が多いために10%という結果ですが、5人は立派な数値です。

対して下位を見てみると福岡、千葉、神奈川そして愛知県は総数が多く不利とはいえちょっと寂しい結果になりました。特に福岡県と愛知県は地方場所が開催される県ですから頑張ってもらいたいです。今場所は特に福岡県がご当所ですしね!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。冒頭に書いたように同郷の力士を見つけるとつい応援したくなるのが大相撲。そういった意味では力士数の多い少ないはあるけれど、それでも0人の県がなかったことは嬉しい結果ですね。

誰か応援する力士がいると相撲観戦はより面白くなります。ぜひ、郷土の力士をみつけて応援してみてください。

当サイトでは出身力士を探しやすいように、出身地ごとのページをご用意しています。これは、ただの一覧ではなく最新番付と星取表もついていますので、本場所中には出身力士の日々の成績がすぐに確認できますよ。

また、こちらでは部屋別の力士数などを調べています。興味がある方はぜひどうぞ。

関取が多い相撲部屋はどこ?部屋別での力士数と各段構成比

コメントはお気軽にどうぞ

ユーザー様の視聴環境

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。