大相撲力士名鑑!四股名が「ざ」で始まる力士たち

大相撲力士名鑑。過去から現在までの大相撲の力士たちをまとめています。こちらは四股名の始まりが「ざ」の力士たちです。

力士名鑑の目次ページもご用意しております。

スポンサーリンク



2文字目が「あ行」の力士

蔵玉錦 敏正

弟弟子の小沼と十両同時昇進で鏡山部屋生え抜きとして初の関取に。のちに四股名を改めた時、画数のために蔵王の「王」を「玉」にするも、これで「ざおう」と読むの?と問い合わせが殺到

  • 四股名 :蔵玉錦 敏正(ざおうにしき としまさ)
  • 最高位 :前頭筆頭
  • 年寄名跡:11代立川⇒7代富士ヶ根⇒12代枝川⇒14代中川⇒15代白玉⇒18代佐ノ山⇒16代錦島⇒13代武隈
  • 出身地 :山形県山形市
  • 本 名 :安達 敏正
  • 生年月日:昭和27年(1952)9月3日(67歳)
  • 所属部屋:伊勢ノ海⇒鏡山部屋
  • 改名歴 :安達⇒蔵玉錦
  • 初土俵 :昭和45年(1970)9月(18歳0ヵ月)
  • 新十両 :昭和50年(1975)7月(22歳10ヵ月)
  • 新入幕 :昭和51年(1976)11月(24歳2ヵ月)
  • 最終場所:昭和58年(1983)1月(30歳4ヵ月)
  • 生涯戦歴:440勝446敗/886出場(75場所)
  • 生涯勝率:49.7%
  • 優勝等 :十両優勝1回
  • 成 績 :金星1個
  • 幕内戦歴:149勝211敗(24場所)勝率:41.4%
  • 十両戦歴:176勝154敗(22場所)勝率:53.3%



大相撲観戦におすすめの1冊をご紹介。全力士や親方はもちろん、行司さんや呼出さんなどの裏方の方々もすべて顔写真付きで載っている、まさに観戦のお供といえる大相撲力士名鑑です。



出身地別、力士別、初土俵別など様々な方法で力士データをまとめています。

おすすめの記事をご紹介

ここからは当サイトのおすすめ記事をご紹介します。

相撲に携わる方々

ネットでの大相撲観戦といえばAbemaTV!「AbemaTV」での視聴方法について解説しています。序ノ口から結びの一番まで完全無料生中継!ぜひ確認してみてください。

コメントはお気軽にどうぞ

※当サイトは個人が運営するサイトであり、日本相撲協会及び、各相撲部屋とは関連がないことをご了承ください。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。※当サイトは個人が運営するサイトです。