『「り」で始まる力士』カテゴリー記事

大相撲力士名鑑!四股名が「り」で始まる力士たち

大相撲力士名鑑。過去から現在までの大相撲の力士たちをまとめています。こちらは四股名の始まりが「り」の力士たちです。

力士名鑑の目次ページもご用意しております。



2文字目が「か行」の力士

力櫻 猛

13代鳴戸親方(元横綱・隆の里)の内弟子として二子山部屋へと入門、鳴戸部屋創設に同行はしたが本当は二子山部屋に残りたかった。厳しい指導法に反発しながらもその稽古は実り、鳴戸部屋初の幕内力士に。しかし平成9年9月場所を前に師匠と大喧嘩して部屋を飛び出しそのまま引退となった。その後は「力皇」のリングネームで全日本プロレス~ノアのマットで活躍した

  • 四股名 :力櫻 猛(りきおう たけし)
  • 最高位 :前頭4枚目
  • 出身地 :奈良県桜井市
  • 本 名 :井上 猛
  • 生年月日:昭和47年(1972)12月20日
  • 所属部屋:二子山⇒鳴戸部屋
  • 改名歴 :井上⇒二子桜⇒力桜⇒力櫻
  • 初土俵 :昭和63年(1988)3月(15歳3ヵ月)
  • 新十両 :平成5年(1993)7月(20歳7ヵ月)
  • 新入幕 :平成8年(1996)7月(23歳7ヵ月)
  • 最終場所:平成9年(1997)9月(24歳9ヵ月)
  • 生涯戦歴:307勝248敗20休/555出場(58場所)
  • 生涯勝率:55.3%
  • 優勝等 :十両優勝2回,序二段同点1回
  • 幕内戦歴:54勝51敗15休(8場所)勝率:51.4%
  • 十両戦歴:114勝96敗(14場所)勝率:54.3%

力真 樹

熊本県球磨郡多良木町出身、立浪部屋の元力士で最高位は十両10枚目。これからが楽しみだったが膝の怪我によって惜しくも引退。

  • 四股名 :力真 樹(りきしん たつき)
  • 最高位 :十両10枚目
  • 出身地 :熊本県球磨郡多良木町
  • 本 名 :久保田 樹
  • 生年月日:平成7年(1995)10月7日
  • 所属部屋:立浪部屋
  • 初土俵 :平成23年(2011)5月(15歳7ヵ月)
  • 新十両 :平成29年(2017)1月(21歳3ヵ月)
  • 最終場所:平成29年(2017)9月(21歳11ヵ月)
  • 生涯戦歴:158勝126敗7休/284出場(38場所)
  • 生涯勝率:55.6%
  • 優勝等 :幕下優勝1回(同点1)
  • 十両戦歴:26勝34敗(4場所)勝率:43.3%

力道山 光浩

  • 四股名 :力道山 光浩(りきどうざん みつひろ)
  • 最高位 :関脇
  • 出身地 :長崎県大村市
  • 本 名 :金 信洛⇒金村 信洛⇒百田 光浩
  • 生年月日:大正13年(1924)11月14日
  • 没年月日:昭和38年(1963)12月15日(享年39歳)
  • 所属部屋:二所ノ関部屋
  • 初土俵 :昭和15年(1940)5月(15歳6ヵ月)
  • 新十両 :昭和19年(1944)11月(20歳0ヵ月)
  • 新入幕 :昭和21年(1946)11月(22歳0ヵ月)
  • 新三役 :昭和23年(1948)10月(23歳11ヵ月)
  • 最終場所:昭和25年(1950)9月(25歳10ヵ月)
  • 生涯戦歴:135勝82敗15休/217出場(23場所)
  • 生涯勝率:62.2%
  • 優勝等 :幕内同点1回,幕下優勝1回,三段目優勝1回
  • 成 績 :殊勲賞1回,金星2個
  • 幕内戦歴:75勝54敗15休(11場所)勝率:58.1%
  •   関脇:11勝19敗15休(3場所)勝率:36.7%
  •   小結:24勝15敗(3場所)勝率:61.5%
  •   前頭:40勝20敗(5場所)勝率:66.7%
  • 十両戦歴:18勝9敗(3場所)勝率:66.7%

2文字目が「や行」の力士

琉王 優貴

沖縄県出身者として初の関取に

  • 四股名 :琉王 優貴(りゅうおう ゆうき)
  • 最高位 :前頭筆頭
  • 出身地 :沖縄県那覇市
  • 本 名 :島 武光⇒神田 武光
  • 生年月日:昭和20年(1945)2月25日
  • 没年月日:平成27年(2015)6月28日(享年70歳)
  • 所属部屋:朝日山部屋
  • 改名歴 :島⇒二瀬冨士⇒黒汐⇒二瀬冨士⇒琉王
  • 初土俵 :昭和37年(1962)11月(17歳9ヵ月)
  • 新十両 :昭和45年(1970)3月(25歳1ヵ月)
  • 新入幕 :昭和45年(1970)11月(25歳9ヵ月)
  • 最終場所:昭和51年(1976)11月(31歳9ヵ月)
  • 生涯戦歴:438勝448敗14休/886出場(85場所)
  • 生涯勝率:49.4%
  • 優勝等 :十両同点1回
  • 成 績 :金星1個
  • 幕内戦歴:183勝237敗(28場所)勝率:43.6%
  • 十両戦歴:87勝78敗(11場所)勝率:52.7%

龍皇 昇

同部屋の白鵬より1年入門が早かったが、入幕は白鵬の3年あとだった。因みに白鵬と同じ誕生日

  • 四股名 :龍皇 昇(りゅうおう のぼる)
  • 最高位 :前頭8枚目
  • 出身地 :モンゴル ウランバートル市
  • 本 名 :エルヘムーオチル・サンチルボルド
  • 生年月日:昭和58年(1983)3月11日
  • 所属部屋:宮城野部屋
  • 初土俵 :平成12年(2000)3月(17歳0ヵ月)
  • 新十両 :平成18年(2006)7月(23歳4ヵ月)
  • 新入幕 :平成19年(2007)5月(24歳2ヵ月)
  • 最終場所:平成25年(2013)7月(30歳4ヵ月)
  • 生涯戦歴:340勝322敗11休/661出場(80場所)
  • 生涯勝率:51.4%
  • 優勝等 :幕下同点1回
  • 幕内戦歴:23勝37敗(4場所)勝率:38.3%
  • 十両戦歴:81勝84敗(11場所)勝率:49.1%

龍ヶ浜 広宣

  • 四股名 :龍ヶ浜 広宣(りゅうがはま ひろのぶ)
  • 最高位 :十両7枚目
  • 出身地 :静岡県浜松市
  • 本 名 :柴田 広宜
  • 生年月日:昭和38年(1963)8月16日
  • 所属部屋:時津風部屋
  • 改名歴 :柴田⇒龍ヶ浜
  • 初土俵 :昭和56年(1981)1月(17歳5ヵ月)
  • 新十両 :平成2年(1990)9月(27歳1ヵ月)
  • 最終場所:平成4年(1992)1月(28歳5ヵ月)
  • 生涯戦歴:256勝239敗7休/495出場(67場所)
  • 生涯勝率:51.7%
  • 優勝等 :なし
  • 十両戦歴:32勝43敗(5場所)勝率:42.7%

龍雅 常誉

龍雅 常誉(りゅうが つねたか)は神奈川県 横須賀市出身、錦戸部屋の力士で最高位は序二段80枚目。令和2年7月場所の番付は東 序二段98枚目。

父は横須賀米軍基地勤務。明浜小学5年の頃から柔道を始めて中3で90㎏級県大会3位に。入門のきっかけは柔道定時制高校大会で準優勝した兄の付き添いで、錦戸部屋の稽古見学に訪れたこと。このときに錦戸親方(元関脇・水戸泉)に誘われて入門することのなった。

四股名
龍雅 常誉(りゅうが つねたか)
最高位
序二段80枚目
最新番付
東 序二段98枚目
出身地
神奈川県 横須賀市
本名
デルザト コルヴィン龍我
生年月日
平成11年(1999)5月11日(21歳)
出身高校
横須賀工業高校
所属部屋
錦戸部屋
初土俵
平成30年(2018)9月(19才4ヵ月)
通算成績
16勝26敗14休/42出場(勝率:38.1%)
過去6場所
16勝26敗
令2年7月
東 序二段98枚目(17枚半降下)
0勝0敗7休
休場
令2年3月
西 序二段80枚目(最高位更新)(40枚上昇)
3勝4敗
-○-●●|--●-○|-○-●-
令2年1月
西 序ノ口13枚目(3枚半上昇)
4勝3敗
-●○--|●-○-○|-○--●
令元年11月
東 序ノ口17枚目(12枚降下)
3勝4敗
-○●-●|-○--●|●-○--
令元年9月
東 序ノ口5枚目(29枚半降下)
1勝6敗
●--●-|●-○●-|-●●--
令元年7月
西 序二段88枚目(最高位更新)(49枚上昇)
1勝6敗
●-●-●|--○●-|●--●-
令元年5月
西 序ノ口25枚目(最高位更新)(再出世)
4勝3敗
-○●--|○-○-○|-●--●

隆貴 隆盛

隆貴 隆盛(りゅうき たかもり)は鹿児島県 姶良郡湧水町出身、陸奥部屋の力士で最高位は三段目64枚目。令和2年7月場所の番付は東 序二段32枚目。

スポーツ観戦が趣味。そしてジャニーズWEST好きの「ジャスミン(民)」。

四股名
隆貴 隆盛(りゅうき たかもり)
最高位
三段目64枚目
最新番付
東 序二段32枚目
出身地
鹿児島県 姶良郡湧水町
本名
前田 隆貴
生年月日
平成9年(1997)8月15日(22歳)
所属部屋
陸奥部屋
初土俵
平成25年(2013)7月(15才11ヵ月)
通算成績
133勝130敗24休/262出場(勝率:50.6%)
過去6場所
18勝15敗9休
令2年7月
東 序二段32枚目(26枚半降下)
4勝3敗
-●○-○|-○--○|●---●
令2年3月
西 序二段5枚目(23枚上昇)
3勝4敗
●-○--|●○-●-|●---○
令2年1月
西 序二段28枚目(32枚半降下)
4勝3敗
●--●-|○●-○-|○--○-
令元年11月
東 三段目96枚目(37枚上昇)
2勝3敗2休
-○●--|○-●■-|ややややや
令元年9月
東 序二段33枚目(27枚半上昇)
5勝2敗
●-●-○|--○○-|-○○--
令元年7月
西 序二段60枚目(60枚降下)
4勝3敗
-○-●○|-○-●-|○--●-
令元年5月
西 三段目100枚目(20枚上昇)
0勝0敗7休
休場

龍興山 一人

  • 四股名 :龍興山 一人(りゅうこうざん かずと)
  • 最高位 :前頭5枚目
  • 出身地 :大阪府堺市
  • 本 名 :宮田 一人
  • 生年月日:昭和42年(1967)6月23日
  • 没年月日:平成2年(1990)2月2日(享年22歳)
  • 所属部屋:出羽海部屋
  • 改名歴 :宮田⇒龍興山
  • 初土俵 :昭和58年(1983)3月(15歳9ヵ月)
  • 新十両 :平成元年(1989)7月(22歳1ヵ月)
  • 新入幕 :平成2年(1990)1月(22歳7ヵ月)
  • 最終場所:平成2年(1990)3月(22歳9ヵ月)
  • 生涯戦歴:170勝109敗34休/279出場(41場所)
  • 生涯勝率:60.9%
  • 優勝等 :十両優勝1回,序ノ口優勝1回
  • 幕内戦歴:9勝6敗15休(2場所)勝率:60.0%
  • 十両戦歴:30勝15敗(3場所)勝率:66.7%

竜虎 川上

竜虎 川上(りゅうこう かわかみ)は熊本県 宇土市出身、尾上部屋の力士で最高位は十両12枚目。令和2年7月場所の番付は西 幕下5枚目。

尾上親方の甥であり幼い頃から将来は力士になると決めていた。宇土少年相撲クラブでは7歳年上の正代の胸を借りて稽古に励み、中3の時に全中と都道府県中学生相撲選手権大会で優勝、2冠を達成した。進学した文徳高では3年次に左足首骨折で不本意な結果に終わるも「目指すのは横綱」と腐らず、叔父のもとで頂点を目指す。令和元年7月場所で新十両昇進

四股名
竜虎 川上(りゅうこう かわかみ)
最高位
十両12枚目
最新番付
西 幕下5枚目
出身地
熊本県 宇土市
本名
川上 竜虎
生年月日
平成10年(1998)6月23日(22歳)
出身高校
文徳高校
所属部屋
尾上部屋
改名歴
川上⇒竜虎
初土俵
平成29年(2017)1月(18才7ヵ月)
新十両
令和元年(2019)7月(21才1ヵ月)
通算成績
87勝54敗7休/141出場(勝率:61.7%)
過去6場所
21勝7敗7休(十両:4勝11敗)
令2年7月
西 幕下5枚目(8枚上昇)
1勝6敗
●--●-|●●-○-|●-●--
令2年3月
西 幕下13枚目(22枚上昇)
5勝2敗
○-●--|○-●○-|-○○--
令2年1月
西 幕下35枚目(8枚上昇)
6勝1敗
-○○--|○-○○-|●-○--
令元年11月
西 幕下43枚目(40枚降下)
4勝3敗
□--○-|○●-●-|-●-○-
令元年9月
西 幕下3枚目(5枚降下)
0勝0敗7休
休場
令元年7月
西 十両12枚目(最高位更新)(5枚半上昇)
4勝11敗
●○○●○|○●●●●|●●●●●
令元年5月
東 幕下4枚目(2枚半降下)
6勝1敗
●--○-|○-○○-|○---○

龍虎 勢朋

  • 四股名 :龍虎 勢朋(りゅうこ せいほう)
  • 最高位 :小結
  • 年寄名跡:16代放駒
  • 出身地 :東京都大田区
  • 本 名 :鈴木 忠清 (一清)
  • 生年月日:昭和16年(1941)1月9日
  • 所属部屋:花籠部屋
  • 改名歴 :鈴木山⇒花武蔵⇒若神山⇒花武蔵⇒龍虎
  • 初土俵 :昭和32年(1957)1月(16歳0ヵ月)
  • 新十両 :昭和42年(1967)3月(26歳2ヵ月)
  • 新入幕 :昭和43年(1968)3月(27歳2ヵ月)
  • 新三役 :昭和45年(1970)3月(29歳2ヵ月)
  • 最終場所:昭和50年(1975)5月(34歳4ヵ月)
  • 生涯戦歴:563勝511敗48休/1070出場(110場所)
  • 生涯勝率:52.4%
  • 優勝等 :幕内次点3回,十両優勝2回,幕下優勝2回
  • 成 績 :殊勲賞2回,敢闘賞4回,金星2個
  • 幕内戦歴:240勝262敗25休(36場所)勝率:47.8%
  •   小結:22勝38敗(4場所)勝率:36.7%
  •   前頭:218勝224敗25休(32場所)勝率:49.3%
  • 十両戦歴:85勝50敗15休(10場所)勝率:63.0%

隆昌山 勝茂

  • 四股名 :隆昌山 勝茂(りゅうしょうやま かつしげ)
  • 最高位 :十両7枚目
  • 出身地 :長崎県西彼杵郡崎戸町
  • 本 名 :平戸 茂
  • 生年月日:昭和17年(1942)10月20日
  • 所属部屋:小野川⇒出羽海部屋
  • 改名歴 :平戸⇒平泉⇒宝満山⇒隆昌山
  • 初土俵 :昭和33年(1958)3月(15歳5ヵ月)
  • 新十両 :昭和39年(1964)9月(21歳11ヵ月)
  • 最終場所:昭和43年(1968)5月(25歳7ヵ月)
  • 生涯戦歴:274勝239敗15休/513出場(62場所)
  • 生涯勝率:53.4%
  • 優勝等 :なし
  • 十両戦歴:80勝100敗(12場所)勝率:44.4%

龍勢旺 祐崇

龍勢旺 祐崇(りゅうせいおう まさたか)は熊本県 人吉市出身、芝田山部屋の力士で最高位は幕下40枚目。令和2年7月場所の番付は西 三段目74枚目。

入門は放駒部屋。平成21年(2009)11月場所は三段目で7戦全勝、引退した貴ノ岩(元前頭2枚目)との優勝決定戦は惜しくも敗れた。

四股名
龍勢旺 祐崇(りゅうせいおう まさたか)
最高位
幕下40枚目
最新番付
西 三段目74枚目
出身地
熊本県 人吉市
本名
渕田 祐崇
生年月日
昭和61年(1986)2月14日(34歳)
所属部屋
放駒⇒芝田山部屋
改名歴
渕田⇒無双傑⇒龍勢旺
初土俵
平成16年(2004)3月(18才1ヵ月)
通算成績
333勝324敗15休/656出場(勝率:50.7%)
過去6場所
19勝23敗
令2年7月
西 三段目74枚目(19枚降下)
2勝5敗
○--●●|-●--●|○--●-
令2年3月
西 三段目55枚目(15枚半降下)
3勝4敗
-○●-●|--○●-|-○●--
令2年1月
東 三段目40枚目(16枚半上昇)
3勝4敗
-○-○-|●●--●|○--●-
令元年11月
西 三段目56枚目(14枚降下)
4勝3敗
○-●-●|-●--○|○-○--
令元年9月
西 三段目42枚目(15枚降下)
3勝4敗
-●-●-|○-○-●|-●--○
令元年7月
西 三段目27枚目(17枚半降下)
3勝4敗
●-●-○|--●-●|○---○
令元年5月
東 三段目10枚目(15枚半降下)
3勝4敗
-●-○○|--●-●|○--●-

竜勢 昇太

竜勢 昇太(りゅうせい しょうた)は東京都 葛飾区出身、鏡山部屋の力士で最高位は幕下4枚目。令和2年7月場所の番付は西 幕下18枚目。

父親は師匠でもある元関脇・多賀竜。稽古とトレーニングの成果で平成28年(2016)7月場所では幕下全勝優勝。

四股名
竜勢 昇太(りゅうせい しょうた)
最高位
幕下4枚目
最新番付
西 幕下18枚目
出身地
東京都 葛飾区
本名
黒谷 昇太
生年月日
昭和61年(1986)7月17日(34歳)
出身高校
秀徳高校・中退
所属部屋
鏡山部屋
改名歴
黒谷⇒竜聖⇒竜勢
初土俵
平成15年(2003)3月(16才8ヵ月)
優勝
幕下優勝1回
通算成績
360勝350敗4休/710出場(勝率:50.7%)
過去6場所
21勝21敗
令2年7月
西 幕下18枚目(4枚半降下)
2勝5敗
-○-●-|●●--●|-●--○
令2年3月
東 幕下14枚目(5枚半上昇)
3勝4敗
○-●-○|-●-●-|○-●--
令2年1月
西 幕下19枚目(4枚半上昇)
4勝3敗
-○○--|●●--○|-●-○-
令元年11月
東 幕下24枚目(10枚半降下)
4勝3敗
-●○--|○○--○|-●●--
令元年9月
西 幕下13枚目(3枚半上昇)
2勝5敗
-○●--|○-●-●|-●--●
令元年7月
東 幕下17枚目(4枚上昇)
4勝3敗
-●-○-|○-●-○|●--○-
令元年5月
東 幕下21枚目(6枚降下)
4勝3敗
○-○--|●-○-○|●---●

龍司 成

龍司 成(りゅうつかさ しげ)は静岡県 富士宮市出身、入間川部屋の力士で最高位は三段目15枚目。令和2年7月場所の番付は西 序二段12枚目。

飛龍高校3年次に出場した高校総体団体では3位に。

四股名
龍司 成(りゅうつかさ しげ)
最高位
三段目15枚目
最新番付
西 序二段12枚目
出身地
静岡県 富士宮市
本名
金森 成男
生年月日
平成9年(1997)2月13日(23歳)
出身高校
飛龍高校
所属部屋
入間川部屋
改名歴
金森⇒龍司
初土俵
平成27年(2015)1月(17才11ヵ月)
通算成績
114勝108敗2休/220出場(勝率:51.4%)
過去6場所
18勝22敗2休
令2年7月
西 序二段12枚目(33枚降下)
6勝1敗
○-●-○|-○--○|-○○--
令2年3月
西 三段目79枚目(50枚降下)
2勝5敗
-●-●○|--●●-|○---●
令2年1月
西 三段目29枚目(14枚降下)
0勝5敗2休
-■ややや|や-●●-|●-●--
令元年11月
西 三段目15枚目(最高位更新)(14枚上昇)
3勝4敗
○-○-○|--●●-|-●●--
令元年9月
西 三段目29枚目(25枚上昇)
4勝3敗
●-○--|●-○-●|-○-○-
令元年7月
西 三段目54枚目(17枚半上昇)
5勝2敗
○--○-|○-●-○|-●-○-
令元年5月
東 三段目72枚目(16枚降下)
4勝3敗
●--●●|-○--○|-○-○-

竜電 剛至

竜電 剛至(りゅうでん ごうし)は山梨県 甲府市出身、高田川部屋の力士で最高位は小結。令和2年7月場所の番付は西 前頭6枚目。

小中と柔道一筋だったが16代千田川(現・高田川親方)に勧誘されて角界入りを決意。

平成24年11月場所で念願の新十両昇進も8日目に右股関節を骨折。幕下に陥落後は6場所連続休場などで序ノ口にまで番付を落とした。

10場所ぶりに皆勤した平成26年初場所は全勝で序ノ口優勝。その後、序二段、三段目と全勝優勝で幕下にまで復帰。

平成28年11月に4年ぶりとなる再十両、平成30年初場所の新入幕で大乃花以来、約30年ぶりの山梨出身幕内力士となった。

令和元年7月場所で新小結に昇進。関取経験者が序ノ口陥落後に新三役は史上初となる快挙。

四股名
竜電 剛至(りゅうでん ごうし)
最高位
小結
最新番付
西 前頭6枚目
出身地
山梨県 甲府市
本名
渡邊 裕樹
生年月日
平成2年(1990)11月10日(29歳)
所属部屋
高田川部屋
初土俵
平成18年(2006)3月(15才4ヵ月)
新十両
平成24年(2012)11月(21才12ヵ月)
新入幕
平成30年(2018)1月(27才2ヵ月)
新三役
令和元年(2019)7月(28才8ヵ月)
優勝
幕下優勝1回,三段目優勝1回,序二段優勝1回,序ノ口優勝1回
成績
敢闘賞1回,技能賞1回
通算成績
393勝317敗62休/709出場(勝率:55.4%)
過去6場所
43勝47敗
令2年7月
西 前頭6枚目(1枚半降下)
7勝8敗
○●●●●|○○●●○|○●○●○
令2年3月
東 前頭5枚目(3枚半上昇)
6勝9敗
○●○●●|○○●●●|●●○●○
令2年1月
西 前頭8枚目(3枚降下)
10勝5敗
●○○○●|●○□○●|○○○○●
令元年11月
西 前頭5枚目(変動なし)
6勝9敗
○●○●●|○●●●○|●○○●●
令元年9月
西 前頭5枚目(5枚降下)
7勝8敗
○●○●●|●●○○○|○●●●○
令元年7月
西 小結(最高位更新)(5枚上昇)
4勝11敗
●○○●●|●○●●●|●●○●●
令元年5月
西 前頭5枚目(5枚半上昇)
10勝5敗(技能賞)
○○○●●|○○○●●|○●○○○

隆濤 剛

ブラジル・サンパウロ市出身、玉ノ井部屋の元力士で最高位は十両8枚目。日系ブラジル三世で柔道から高校進学で相撲に転身。

  • 四股名 :隆濤 剛(りゅうどう ごう)
  • 最高位 :十両8枚目
  • 出身地 :ブラジル・サンパウロ市
  • 本 名 :池森 剛
  • 生年月日:昭和46年(1971)5月26日
  • 出身大学:拓殖大学
  • 所属部屋:玉ノ井部屋
  • 改名歴 :池森⇒隆濤⇒池森⇒龍興
  • 初土俵 :平成4年(1992)5月・幕下60付出(21歳0ヵ月)
  • 新十両 :平成6年(1994)3月(22歳10ヵ月)
  • 最終場所:平成11年(1999)1月(27歳8ヵ月)
  • 生涯戦歴:167勝150敗26休/317出場(41場所)
  • 生涯勝率:52.7%
  • 優勝等 :なし
  • 十両戦歴:44勝49敗12休(7場所)勝率:47.3%

流武 貴

流武 貴(りゅうぶ たか)は岐阜県 各務原市出身、武蔵川部屋の力士。令和2年7月場所の番付は最高位更新となる西 三段目91枚目。

目標とする力士は親方である武蔵丸関。ももクロのファン。

四股名
流武 貴(りゅうぶ たか)
最高位
三段目91枚目
最新番付
西 三段目91枚目
出身地
岐阜県 各務原市
本名
清水 裕貴
生年月日
平成10年(1998)7月11日(22歳)
所属部屋
武蔵川部屋
改名歴
清水⇒流武
初土俵
平成26年(2014)5月(15才10ヵ月)
通算成績
111勝113敗28休/223出場(勝率:49.6%)
過去6場所
21勝14敗7休
令2年7月
西 三段目91枚目(最高位更新)(65枚半上昇)
2勝5敗
-●●-●|-○--○|-●-●-
令2年3月
東 序二段57枚目(33枚半降下)
6勝1敗
-○○-○|-○-○-|○-●--
令2年1月
西 序二段23枚目(43枚半上昇)
2勝5敗
-●●--|○●-●-|○-●--
令元年11月
東 序二段67枚目(51枚半上昇)
5勝2敗
○--○-|○●--○|○--●-
令元年9月
西 序ノ口9枚目(70枚半降下)
5勝2敗
○-●--|○-○○-|-●-○-
令元年7月
東 序二段52枚目(26枚降下)
0勝0敗7休
休場
令元年5月
東 序二段26枚目(23枚半降下)
3勝4敗
●-○-○|-●-●-|-●-○-

琉鵬 正吉

膝や腰の治療とリハビリのため番付は下降、昭和以降では初の幕内経験者の序ノ口陥落となった

  • 四股名 :琉鵬 正吉(りゅうほう まさよし)
  • 最高位 :前頭16枚目
  • 出身地 :沖縄県中頭郡中城村
  • 本 名 :浦崎 桂助
  • 生年月日:昭和52年(1977)6月18日
  • 所属部屋:立田川⇒陸奥部屋
  • 改名歴 :浦崎⇒琉鵬
  • 初土俵 :平成5年(1993)3月(15歳9ヵ月)
  • 新十両 :平成14年(2002)11月(25歳5ヵ月)
  • 新入幕 :平成18年(2006)9月(29歳3ヵ月)
  • 最終場所:平成24年(2012)5月(34歳11ヵ月)
  • 生涯戦歴:444勝427敗55休/870出場(115場所)
  • 生涯勝率:51.0%
  • 優勝等 :幕下同点1回,序二段同点1回
  • 幕内戦歴:4勝11敗(1場所)勝率:26.7%
  • 十両戦歴:101勝124敗(15場所)勝率:44.9%

龍門 孝幸

  • 四股名 :龍門 孝幸(りゅうもん たかゆき)
  • 最高位 :十両筆頭
  • 出身地 :埼玉県川口市
  • 本 名 :松岡 貴行
  • 生年月日:昭和28年(1953)4月16日
  • 所属部屋:出羽海部屋
  • 改名歴 :松岡⇒龍門
  • 初土俵 :昭和44年(1969)7月(16歳3ヵ月)
  • 新十両 :昭和50年(1975)9月(22歳5ヵ月)
  • 最終場所:昭和57年(1982)5月(29歳1ヵ月)
  • 生涯戦歴:325勝307敗52休/632出場(77場所)
  • 生涯勝率:51.4%
  • 優勝等 :幕下優勝2回
  • 十両戦歴:126勝159敗(19場所)勝率:44.2%

両國 梶之助

  • 四股名 :両國 梶之助(りょうごく かじのすけ)
  • 最高位 :関脇
  • 年寄名跡:9代武隈
  • 出身地 :秋田県仙北郡
  • 本 名 :西村 勇治郎⇒伊藤 勇治郎
  • 生年月日:明治25年(1892)3月18日
  • 没年月日:昭和35年(1960)8月10日(享年68歳)
  • 所属部屋:出羽海部屋
  • 改名歴 :枩ヶ嵜⇒両國
  • 初土俵 :明治42年(1909)6月(17歳3ヵ月)
  • 新十両 :大正2年(1913)1月(20歳10ヵ月)
  • 新入幕 :大正3年(1914)5月(22歳2ヵ月)
  • 新三役 :大正4年(1915)6月(23歳3ヵ月)
  • 最終場所:大正13年(1924)1月(31歳10ヵ月)
  • 生涯戦歴:105勝74敗34休3分3預/185出場(24場所)
  • 生涯勝率:58.7%
  • 優勝等 :幕内優勝1回,十両優勝1回
  • 幕内戦歴:92勝72敗34休2分1預(20場所)勝率:56.1%
  •   関脇:12勝16敗1休1分(3場所)勝率:42.9%
  •   小結:9勝10敗1休(2場所)勝率:47.4%
  •   前頭:71勝46敗32休1分1預(15場所)勝率:60.7%
  • 十両戦歴:13勝2敗1分2預(3場所)勝率:86.7%

両國 梶之助

長崎県諫早市貝津町出身、出羽海部屋の元力士で最高位は小結。小兵ながら俊敏であり、たすき反りや一本背負いなどの奇手に巧みであった。九と書いて「いちじく」の四股名で大阪相撲の土俵に上がり、一軸から国岩へと改めたころには、東京相撲で活躍していた荒岩と並んで「東西の両岩」と称された。

明治36年(1903)春場所に東上して両國と改名。太刀山に強く、4勝4敗と互角の成績を残す。性格は温厚で頭脳明快。引退後は入間川部屋を創設。また5代出羽ノ海の常陸山が亡くなると出羽ノ海部屋を引き継いた。このとき偉大な先代に敬意を表して「ノ」の字を外した出羽海を名乗る。持前の行動力を活かして部屋の隆盛につとめ、角界繁栄に尽くした功績は大きく評価されている。

  • 四股名 :両國 梶之助(りょうごく かじのすけ)
  • 最高位 :小結
  • 年寄名跡:12代入間川6代出羽海
  • 出身地 :長崎県諫早市貝津町
  • 本 名 :古川 九八
  • 生年月日:明治7年(1874)3月15日
  • 没年月日:昭和24年(1949)1月11日(享年74歳)
  • 所属部屋:時津風(大阪)⇒不知火(大阪)⇒出羽海部屋
  • 改名歴 :九⇒一軸⇒甲⇒国岩⇒両國
  • 初土俵 :明治36年(1903)1月・幕内格付出(28歳10ヵ月)
  • 新入幕 :明治36年(1903)1月・幕内格付出(28歳10ヵ月)
  • 新三役 :明治38年(1905)5月(31歳2ヵ月)
  • 最終場所:明治45年(1912)1月(37歳10ヵ月)
  • 生涯戦歴:48勝48敗69休20分5預/121出場(19場所)
  • 生涯勝率:50.0%
  • 優勝等 :なし
  • 幕内戦歴:48勝48敗69休20分5預(19場所)勝率:50.0%
  •   小結:0勝0敗10休(1場所)勝率:0%
  •   前頭:48勝48敗59休20分5預(18場所)勝率:50.0%

両國 梶之助

  • 四股名 :両國 梶之助(りょうごく かじのすけ)
  • 最高位 :関脇
  • 年寄名跡:10代待乳山
  • 出身地 :長崎県長崎市
  • 本 名 :太田 勇雄
  • 生年月日:明治40年(1907)3月2日
  • 没年月日:昭和34年(1959)11月23日(享年52歳)
  • 所属部屋:出羽海部屋
  • 改名歴 :太田⇒瓊ノ浦⇒両國
  • 初土俵 :昭和2年(1927)10月(20歳7ヵ月)
  • 新入幕 :昭和7年(1932)2月(24歳11ヵ月)
  • 新三役 :昭和12年(1937)5月(30歳2ヵ月)
  • 最終場所:昭和17年(1942)5月(35歳2ヵ月)
  • 生涯戦歴:195勝183敗6休/378出場(42場所)
  • 生涯勝率:51.6%
  • 優勝等 :幕内次点1回
  • 成 績 :金星2個
  • 幕内戦歴:135勝155敗6休(24場所)勝率:46.6%
  •   関脇:4勝9敗(1場所)勝率:30.8%
  •   小結:7勝6敗(1場所)勝率:53.8%
  •   前頭:124勝140敗6休(22場所)勝率:47.0%

両国 梶之助

長崎県長崎市出身、出羽海部屋の元力士で最高位は小結。小中時代には柔道などで身体を鍛え、進学した諫早農業高等学校で相撲を始めた。進学した日本大学でも相撲部に所属し主将として団体戦に貢献。このころ明治大学相撲部で活躍していた綛田(のちの栃乃和歌、現・春日野親方)とは同級生でありライバル。

大学卒業とともに同郷の9代出羽海(元横綱・佐田の山)が率いる出羽海部屋へと入門。昭和62(1987)年3月場所で新入幕を果たすと出羽海部屋伝統の四股名「両国」を授かった(代々続く四股名は「國」の字を用いる)。

新入幕から2場所連続勝ち越しで昭和62(1987)年7月場所には早くも新小結へと昇進。周囲の期待は大いに高まったが6勝9敗で負け越してしまう。その後、3度小結の地位で土俵にあがったが大学時代に痛めた腰の影響もあり一度も勝ち越すことは出来なかった。しかし奪った3個の金星はすべて千代の富士からという実力者。

現役引退後は12代中立を襲名して出羽海部屋の部屋付親方として後進の指導にあたっていたが、平成10年(1998)5月25日に分家独立を果たし中立部屋を創設、その後平成15年(2003)1月26日には12代境川(元横綱・佐田の山)と名跡を交換をして部屋の名称は境川部屋へと変わった。その指導力には定評があり、幾多の関取を育て上げた男気溢れる熱血親方。

  • 13代・境川 豪章
  • 四股名 :両国 梶之助(りょうごく かじのすけ)
  • 最高位 :小結
  • 年寄名跡:中立境川
  • 出身地 :長崎県長崎市
  • 本 名 :小林 秀昭
  • 生年月日:昭和37年(1962)7月30日(58歳)
  • 出身大学:日本大学
  • 所属部屋:出羽海部屋
  • 改名歴 :小林山⇒両国
  • 初土俵 :昭和60年(1985)3月・幕下60付出(22歳8ヵ月)
  • 新十両 :昭和61年(1986)3月(23歳8ヵ月)
  • 新入幕 :昭和62年(1987)3月(24歳8ヵ月)
  • 新三役 :昭和62年(1987)7月(25歳0ヵ月)
  • 最終場所:平成5年(1993)1月(30歳6ヵ月)
  • 生涯戦歴:316勝313敗20休/626出場(47場所)
  • 生涯勝率:50.2%
  • 優勝等 :十両優勝1回(同点2)
  • 成 績 :殊勲賞1回,敢闘賞1回,金星3個
  • 幕内戦歴:217勝252敗11休(32場所)勝率:46.3%
  •   小結:21勝39敗(4場所)勝率:35.0%
  •   前頭:196勝213敗11休(28場所)勝率:47.9%
  • 十両戦歴:64勝47敗9休(8場所)勝率:57.7%

出身地別、力士別、初土俵別など様々な方法で力士データをまとめています。

ネットでの大相撲観戦といえばAbemaTV!「AbemaTV」での視聴方法について解説しています。序ノ口から結びの一番まで完全無料生中継!ぜひ確認してみてください。

当サイトのいろんな記事へのリンクをまとめたナビゲーションページです。