外国出身の力士一覧!過去から現在、外国生まれの主な関取を網羅しました-Part4

この記事の目次

外国出身の十両

保志光 信一

  • 四股名 :保志光 信一(ほしひかり しんいち)
  • 最高位 :十両筆頭
  • 出身地 :モンゴル ウランバートル市
  • 本 名 :ドゥグチン・パグワー
  • 生年月日:昭和59年(1984)7月25日
  • 所属部屋:八角部屋
  • 初土俵 :平成12年(2000)11月(16歳4ヵ月)
  • 新十両 :平成19年(2007)7月(23歳0ヵ月)
  • 最終場所:平成23年(2011)5月(26歳10ヵ月)
  • 生涯戦歴:278勝237敗16休/514出場(62場所)
  • 生涯勝率:54.0%
  • 優勝等 :幕下優勝1回
  • 十両戦歴:92勝103敗(13場所)勝率:47.2%

城ノ龍 康允

モンゴル・トゥブ市出身、境川部屋の元力士で最高位は十両筆頭。鳥取城北高校から師匠の人望に魅せられて入門。

  • 四股名 :城ノ龍 康允(しろのりゅう やすまさ)
  • 最高位 :十両筆頭
  • 出身地 :モンゴル・トゥブ市
  • 本 名 :エレデンツォグト・オドゲレル⇒小林 光星
  • 生年月日:昭和58年(1983)9月7日
  • 出身高校:鳥取城北高校
  • 所属部屋:境川部屋
  • 改名歴 :城錦⇒城ノ龍
  • 初土俵 :平成15年(2003)1月(19歳4ヵ月)
  • 新十両 :平成22年(2010)9月(27歳0ヵ月)
  • 最終場所:平成25年(2013)9月(30歳0ヵ月)
  • 生涯戦歴:261勝234敗18休/493出場(64場所)
  • 生涯勝率:52.7%
  • 優勝等 :なし
  • 十両戦歴:51勝76敗8休(9場所)勝率:40.2%

星安出寿 保世

国際相撲選手権にアルゼンチン代表として出場、左膝の怪我をきっかけに番付を下げた

  • 四股名 :星安出寿 保世(ほしあんです ほせ)
  • 最高位 :十両2枚目
  • 出身地 :アルゼンチン ブエノスアイレス
  • 本 名 :ホセ・アントニオ・ホアレス
  • 生年月日:昭和43年(1968)6月1日
  • 所属部屋:陸奥部屋
  • 初土俵 :昭和63年(1988)5月(19歳11ヵ月)
  • 新十両 :平成4年(1992)11月(24歳5ヵ月)
  • 最終場所:平成12年(2000)9月(32歳3ヵ月)
  • 生涯戦歴:334勝312敗/646出場(75場所)
  • 生涯勝率:51.7%
  • 優勝等 :なし
  • 十両戦歴:113勝127敗(16場所)勝率:47.1%

星風 芳宏

モンゴル・トゥブ市出身、尾車部屋の元力士で最高位は十両3枚目

  • 四股名 :星風 芳宏(ほしかぜ よしひろ)
  • 最高位 :十両3枚目
  • 出身地 :モンゴル・トゥブ市
  • 本 名 :ボルド・アマラメンデ
  • 生年月日:昭和58年(1983)12月15日
  • 出身高校:鳥取城北高校
  • 所属部屋:尾車部屋
  • 初土俵 :平成14年(2002)11月(18歳11ヵ月)
  • 新十両 :平成21年(2009)9月(25歳9ヵ月)
  • 最終場所:平成23年(2011)1月(27歳1ヵ月)
  • 生涯戦歴:225勝182敗/407出場(50場所)
  • 生涯勝率:55.3%
  • 優勝等 :幕下同点1回,序二段優勝1回
  • 十両戦歴:58勝62敗(8場所)勝率:48.3%

智異ノ山 正一郎

日本統治下の朝鮮出身力士として唯一の関取

  • 四股名 :智異ノ山 正一郎(ちいのやま しょういちろう)
  • 最高位 :十両3枚目
  • 出身地 :韓国 慶尚南道
  • 本 名 :豊川 正一郎 (韓国名:廬 于)
  • 生年月日:大正11年(1922)3月25日
  • 所属部屋:出羽海部屋
  • 改名歴 :咸陽山⇒智異ノ山
  • 初土俵 :昭和15年(1940)1月(17歳10ヵ月)
  • 新十両 :昭和19年(1944)11月(22歳8ヵ月)
  • 最終場所:昭和20年(1945)11月(23歳8ヵ月)
  • 生涯戦歴:46勝24敗10休/70出場(12場所)
  • 生涯勝率:65.7%
  • 優勝等 :なし
  • 十両戦歴:9勝8敗10休(3場所)勝率:52.9%

星誕期 偉真智

大相撲史上初のアルゼンチン出身力士、長野オリンピックではアルゼンチン選手団を先導した

  • 四股名 :星誕期 偉真智(ほしたんご いまち)
  • 最高位 :十両3枚目
  • 出身地 :アルゼンチン ブエノスアイレス
  • 本 名 :イマチ・マルセロ・サロモン
  • 生年月日:昭和40年(1965)9月5日
  • 所属部屋:陸奥部屋
  • 初土俵 :昭和62年(1987)5月(21歳8ヵ月)
  • 新十両 :平成4年(1992)9月(27歳0ヵ月)
  • 最終場所:平成16年(2004)1月(38歳4ヵ月)
  • 生涯戦歴:430勝388敗11休/818出場(101場所)
  • 生涯勝率:52.6%
  • 優勝等 :幕下同点1回
  • 十両戦歴:105勝135敗(16場所)勝率:43.8%

栃ノ華 朝王

史上初の台湾出身関取、学生時代は柔道の選手

  • 四股名 :栃ノ華 朝王(とちのはな ちょうおう)
  • 最高位 :十両4枚目
  • 出身地 :台湾台北市
  • 本 名 :劉 朝恵
  • 生年月日:昭和37年(1962)9月4日
  • 所属部屋:春日野部屋
  • 初土俵 :昭和55年(1980)5月(17歳8ヵ月)
  • 新十両 :昭和60年(1985)5月(22歳8ヵ月)
  • 最終場所:昭和63年(1988)5月(25歳8ヵ月)
  • 生涯戦歴:224勝207敗9休/430出場(49場所)
  • 生涯勝率:52.0%
  • 優勝等 :なし
  • 十両戦歴:88勝105敗2休(13場所)勝率:45.6%

国東 始

ブラジル・サンパウロ市出身、玉ノ井部屋の元力士で最高位は十両4枚目。イタリア系ブラジル人で、純ブラジル人としては初の関取。

  • 四股名 :国東 始(くにあずま はじめ)
  • 最高位 :十両4枚目
  • 出身地 :ブラジル・サンパウロ市
  • 本 名 :ヴァンデル・ラモス
  • 生年月日:昭和50年(1975)9月4日
  • 所属部屋:玉ノ井部屋
  • 改名歴 :国東⇒功弐東
  • 初土俵 :平成3年(1991)9月(16歳0ヵ月)
  • 新十両 :平成12年(2000)9月(25歳0ヵ月)
  • 最終場所:平成16年(2004)3月(28歳6ヵ月)
  • 生涯戦歴:276勝183敗146休/455出場(76場所)
  • 生涯勝率:60.1%
  • 優勝等 :幕下優勝1回,三段目優勝1回,序二段優勝1回,序ノ口優勝2回(同点1)
  • 十両戦歴:52勝53敗45休(10場所)勝率:49.5%

水戸龍 聖之

水戸龍 聖之(みとりゅう たかゆき)はモンゴル ウランバートル市出身、錦戸部屋の力士で最高位は十両4枚目。令和2年11月場所の番付は東 十両11枚目。

モンゴルでは柔道やバスケの他、スピードスケートにも取り組み小6のときにはバヤンゾルフ区の小学生の部優勝も。照ノ富士や逸ノ城と共に来日し鳥取城北高で相撲を始めた。その後、進学した日本大学3年次にアマチュア横綱のタイトルを獲得、4年次には学生横綱のタイトルも獲得、さらに外国出身者として初の日大相撲部主将も務めた。

幕下15枚格付出と期待の大きかった初土俵は負け越しに終わったが、その後は順調に勝ち越しを積み上げて平成30年(2018)1月場所で新十両に昇進、これが錦戸部屋初の関取となった。

四股名
水戸龍 聖之(みとりゅう たかゆき)
最高位
十両4枚目
最新番付
東 十両11枚目
出身地
モンゴル ウランバートル市
本名
バーサンスレン・トゥルボルド
生年月日
平成6年(1994)4月25日(26歳)
出身高校
鳥取城北高校
出身大学
日本大学
所属部屋
錦戸部屋
初土俵
平成29年(2017)5月・幕下15付出(23歳1ヵ月)
新十両
平成30年(2018)1月(23歳9ヵ月)
新入幕
()
優勝
無し
通算成績
138勝127敗3休/263出場(勝率:52.5%)
直近7場所
41勝49敗
7場所勝率
45.6%
令2年11月
東 十両11枚目(3枚降下)
0勝0敗
令2年9月
東 十両8枚目(6枚半上昇)
6勝9敗
○●●●●|○●○●○|●○●○●
令2年7月
西 十両14枚目(7枚半降下)
10勝5敗(十両同点)
○○●○○|○●○○●|○○●○●
令2年3月
東 十両7枚目(2枚半降下)
4勝11敗
●●●○○|●●●○●|●●●○●
令2年1月
西 十両4枚目(5枚上昇・最高位更新)
6勝9敗
●○●○●|●●○●○|○●○●●
令元年11月
西 十両9枚目(3枚半降下)
9勝6敗
○●○○○|●○○○○|●●●○●
令元年9月
東 十両6枚目
6勝9敗
○○●○●|●●●●○|○●●○●

鬼嵐 力

  • 四股名 :鬼嵐 力(おにあらし ちから)
  • 最高位 :十両7枚目
  • 出身地 :モンゴル ウランバートル市
  • 本 名 :ウルジーバヤル・ウルジージャルガル
  • 生年月日:昭和57年(1982)6月13日
  • 所属部屋:朝日山部屋
  • 改名歴 :大恩児⇒大毅⇒鬼嵐
  • 初土俵 :平成12年(2000)7月(18歳1ヵ月)
  • 新十両 :平成24年(2012)7月(30歳1ヵ月)
  • 最終場所:平成26年(2014)7月(32歳1ヵ月)
  • 生涯戦歴:310勝301敗10休/609出場(84場所)
  • 生涯勝率:50.7%
  • 優勝等 :幕下優勝1回
  • 十両戦歴:27勝48敗(5場所)勝率:36.0%

隆濤 剛

ブラジル・サンパウロ市出身、玉ノ井部屋の元力士で最高位は十両8枚目。日系ブラジル三世で柔道から高校進学で相撲に転身。

  • 四股名 :隆濤 剛(りゅうどう ごう)
  • 最高位 :十両8枚目
  • 出身地 :ブラジル・サンパウロ市
  • 本 名 :池森 剛
  • 生年月日:昭和46年(1971)5月26日
  • 出身大学:拓殖大学
  • 所属部屋:玉ノ井部屋
  • 改名歴 :池森⇒隆濤⇒池森⇒龍興
  • 初土俵 :平成4年(1992)5月・幕下60付出(21歳0ヵ月)
  • 新十両 :平成6年(1994)3月(22歳10ヵ月)
  • 最終場所:平成11年(1999)1月(27歳8ヵ月)
  • 生涯戦歴:167勝150敗26休/317出場(41場所)
  • 生涯勝率:52.7%
  • 優勝等 :なし
  • 十両戦歴:44勝49敗12休(7場所)勝率:47.3%

大喜 進

曙に刺激を受けて来日も深刻なホームシックで若くして引退。帰国後、知人との金銭トラブルから刺殺される悲劇が

  • 四股名 :大喜 進(だいき すすむ)
  • 最高位 :十両10枚目
  • 出身地 :アメリカ ハワイ州オアフ島
  • 本 名 :キパパ・パアシィー・ポマイカイ
  • 生年月日:昭和48年(1973)7月16日
  • 没年月日:平成17年(2005)5月16日(享年31歳)
  • 所属部屋:東関部屋
  • 改名歴 :若大成⇒大喜
  • 初土俵 :平成3年(1991)11月(18歳4ヵ月)
  • 新十両 :平成7年(1995)9月(22歳2ヵ月)
  • 最終場所:平成10年(1998)1月(24歳6ヵ月)
  • 生涯戦歴:153勝119敗19休/271出場(38場所)
  • 生涯勝率:56.3%
  • 優勝等 :幕下優勝2回
  • 十両戦歴:26勝34敗(4場所)勝率:43.3%

大勇武 龍泉

モンゴル・ウランバートル市出身、芝田山部屋の元力士で最高位は十両10枚目。祖父はモンゴル相撲の横綱だが本人はモンゴル相撲の経験はなかった。芝田山親方がモンゴルで新弟子を募集した際に応募して入門が決まった。平成20年5月に新十両に昇進。これは芝田山部屋初の関取だったが5勝10敗と大きく負け越して幕下に陥落、その後も番付を上げることが出来ず、関取として土俵を務めたのはわずかひと場所で終わった。

  • 四股名 :大勇武 龍泉(だいゆうぶ りゅうせん)
  • 最高位 :十両10枚目
  • 出身地 :モンゴル・ウランバートル市
  • 本 名 :ダワードルジ・オンドラハ
  • 生年月日:昭和58年(1983)3月30日
  • 所属部屋:芝田山部屋
  • 改名歴 :大勇地⇒大勇武
  • 初土俵 :平成13年(2001)3月(18歳0ヵ月)
  • 新十両 :平成20年(2008)5月(25歳2ヵ月)
  • 最終場所:平成22年(2010)7月(27歳4ヵ月)
  • 生涯戦歴:211勝177敗12休/388出場(57場所)
  • 生涯勝率:54.4%
  • 優勝等 :幕下優勝1回(同点1)
  • 十両戦歴:5勝10敗(1場所)勝率:33.3%

魁 猛

魁 猛(さきがけ たけし)はモンゴル ウランバートル市出身、芝田山部屋の力士で最高位は十両10枚目。令和2年11月場所の番付は西 幕下7枚目。

母親の熱心な勧めもあり医者になるため猛勉強をしていたが、ウランバートル市で行われた旭鷲山主催の相撲オーディションに合格、親に相談せずに日本行きを決めた。放駒部屋入門当初の四股名は若虎だったが放駒親方(元大関・魁傑)に改名を申し出ると「魁傑の四股名をやろうか」と打診、これは恐れ多いと1字を受け継ぎ「魁」とした。四股名が上も下も1字の関取経験者は昭和以降2人目

四股名
魁 猛(さきがけ たけし)
最高位
十両10枚目
最新番付
西 幕下7枚目
出身地
モンゴル ウランバートル市
本名
ヤガーンバートル・バトトゥシグ
生年月日
昭和61年(1986)4月5日(34歳)
所属部屋
放駒⇒芝田山部屋
改名歴
若虎⇒魁
初土俵
平成15年(2003)5月(17歳1ヵ月)
新十両
平成26年(2014)1月(27歳9ヵ月)
新入幕
()
優勝
無し
通算成績
392勝370敗0休/762出場(勝率:51.4%)
直近7場所
19勝16敗(十両:6勝9敗)
7場所勝率
50.0%
令2年11月
西 幕下7枚目(4枚降下)
0勝0敗
令2年9月
西 幕下3枚目(半枚上昇)
3勝4敗
-○●-○|-●○--|●-●--
令2年7月
東 幕下4枚目(2枚半降下)
4勝3敗
●--●-|○-○○-|●--○-
令2年3月
西 幕下筆頭(1枚降下)
3勝4敗
●-●-○|-○-○-|●●---
令2年1月
西 十両14枚目(2枚半上昇)
6勝9敗
○●○●○|●●○○●|●●●●○
令元年11月
東 幕下3枚目(11枚上昇)
4勝3敗
-●○-○|-○-○-|●---●
令元年9月
東 幕下14枚目
5勝2敗
○-○-○|--○●-|-●-○-

仲の国 将

日本語の勉強のために来日したが身体の大きさを見込まれて湊部屋へ入門、漢民族としては初の関取

  • 四股名 :仲の国 将(なかのくに しょう)
  • 最高位 :十両12枚目
  • 出身地 :中国・北京市順義区
  • 本 名 :呂 超
  • 生年月日:昭和58年(1983)9月17日
  • 所属部屋:湊部屋
  • 初土俵 :平成14年(2002)7月(18歳10ヵ月)
  • 新十両 :平成22年(2010)9月(27歳0ヵ月)
  • 最終場所:平成24年(2012)5月(28歳8ヵ月)
  • 生涯戦歴:218勝196敗/414出場(59場所)
  • 生涯勝率:52.7%
  • 優勝等 :三段目優勝1回
  • 十両戦歴:3勝12敗(1場所)勝率:20.0%

若東 吉信

ブラジル・サンパウロ市出身、玉ノ井部屋の元力士で最高位は十両13枚目。ブラジル生まれだが国籍は日本で日系ブラジル人ではない。幼少の頃から相撲をはじめ、数々のスポーツで身体を鍛えた。中学時代には相撲研修の為、来日して藤島部屋を訪れたことも。ブラジルの中学を卒業すると角界入りの為に来日、平成13年(2001)5月場所で新十両昇進を果たした。引退後はブラジルに戻り、現地のアマチュア相撲協会会長などを務める。ブラジル出身の魁聖を友綱部屋へと紹介したのもこの若東。

  • 四股名 :若東 吉信(わかあずま よしのぶ)
  • 最高位 :十両13枚目
  • 出身地 :ブラジル・サンパウロ市
  • 本 名 :黒田 吉信
  • 生年月日:昭和51年(1976)4月21日
  • 所属部屋:玉ノ井部屋
  • 改名歴 :黒田⇒若東
  • 初土俵 :平成3年(1991)9月(15歳5ヵ月)
  • 新十両 :平成13年(2001)5月(25歳1ヵ月)
  • 最終場所:平成15年(2003)5月(27歳1ヵ月)
  • 生涯戦歴:251勝217敗30休/468出場(71場所)
  • 生涯勝率:53.6%
  • 優勝等 :序ノ口同点1回
  • 十両戦歴:4勝11敗(1場所)勝率:26.7%

千昇 秀貴

モンゴル・ウランバートル市出身、式秀部屋の元力士で最高位は十両14枚目。白鵬ら7人と共に来日して最初に入門の内定を貰うほど期待されていた。四股名の由来は、師匠である8代式秀(元小結・大潮)自身がが持つ、通算964勝の記録を超えて欲しいとの願いから千昇(1000勝)に。佐久間山(現・常幸龍)のデビュー以来27戦無敗記録を止めたのはこの千昇。

  • 四股名 :千昇 秀貴(せんしょう ひでき)
  • 最高位 :十両14枚目
  • 出身地 :モンゴル・ウランバートル市
  • 本 名 :エンフバートル・バヤルバト
  • 生年月日:昭和58年(1983)10月14日
  • 所属部屋:式秀部屋
  • 改名歴 :千昇⇒大想源⇒千昇
  • 初土俵 :平成13年(2001)3月(17歳5ヵ月)
  • 新十両 :平成24年(2012)3月(28歳5ヵ月)
  • 最終場所:平成27年(2015)1月(31歳3ヵ月)
  • 生涯戦歴:300勝250敗41休/548出場(83場所)
  • 生涯勝率:54.5%
  • 優勝等 :幕下優勝1回(同点1),三段目優勝1回,序ノ口同点1回
  • 十両戦歴:6勝19敗5休(2場所)勝率:24.0%

外国出身の幕下

関取にはあと一歩届きませんでしたが、代表的な幕下力士もご紹介しておきましょう。

南富 健三

小錦の勧誘によって入門を決意、幕下までの昇進は2年と早かったが怪我によって関取目前でリタイア

  • 四股名 :南富 健三(なんふう けんぞう)
  • 最高位 :幕下筆頭
  • 出身地 :アメリカ ハワイ州
  • 本 名 :ケカウオハ・ビジオ・カレオ
  • 生年月日:昭和45年(1970)1月22日
  • 所属部屋:高砂部屋
  • 初土俵 :平成2年(1990)9月(20歳8ヵ月)
  • 最終場所:平成8年(1996)9月(26歳8ヵ月)
  • 生涯戦歴:132勝106敗14休/238出場(37場所)
  • 生涯勝率:55.5%
  • 優勝等 :三段目優勝1回

風冨山 泰雅

入門のきっかけは、カザフスタン代表のレスリングジュニア選手権で好成績をあげたことで、カザフスタンの相撲協会から大相撲入りを勧められて入門。史上初であり唯一のカザフスタン出身力士となった。平成26年(2014)1月に泥酔状態で飲食店の門松を壊したとして器物損壊容疑で逮捕。それ以降、稽古にも身が入らなくなり9月場所限りで引退となった

  • 四股名 :風冨山 泰雅(かざふざん たいが)
  • 最高位 :幕下10枚目
  • 出身地 :カザフスタン アクタウ市
  • 本 名 :スエネシュ・クディバエフ
  • 生年月日:昭和59年(1984)4月6日
  • 所属部屋:錦戸部屋
  • 改名歴 :風斧山⇒風冨山
  • 初土俵 :平成15年(2003)11月(19歳7ヵ月)
  • 最終場所:平成26年(2014)9月(30歳5ヵ月)
  • 生涯戦歴:234勝185敗29休/418出場(65場所)
  • 生涯勝率:55.8%
  • 優勝等 :序二段同点1回

南乃島 勇

父親も朝日山部屋の元力士で四股名も同じ「南ノ島」

  • 四股名 :南乃島 勇(みなみのしま いさむ)
  • 最高位 :幕下21枚目
  • 出身地 :トンガ
  • 本 名 :ミナミノシマ・イサム・ファレバイ
  • 生年月日:昭和58年(1983)6月2日
  • 所属部屋:武蔵川部屋
  • 改名歴 :南ノ島⇒南乃島
  • 初土俵 :平成13年(2001)3月(17歳9ヵ月)
  • 最終場所:平成20年(2008)9月(25歳3ヵ月)
  • 生涯戦歴:159勝147敗9休/305出場(46場所)
  • 生涯勝率:52.0%
  • 優勝等 :三段目優勝1回

空乃海 一力

日本語が堪能、帰化した時には自ら名字を決めた

  • 四股名 :空乃海 一力(そらのうみ いちりき)
  • 最高位 :幕下25枚目
  • 出身地 :韓国
  • 本 名 :金 樹泳⇒下田 樹泳
  • 生年月日:昭和58年(1983)9月7日
  • 所属部屋:花籠⇒峰崎部屋
  • 改名歴 :龍樹⇒龍樹山⇒白龍⇒大空⇒空乃海
  • 初土俵 :平成11年(1999)5月(15歳8ヵ月)
  • 最終場所:令和元年(2019)5月(35歳8ヵ月)
  • 生涯戦歴:409勝401敗23休/810出場(120場所)
  • 生涯勝率:50.5%
  • 優勝等 :なし

大露羅 敏

ロシア出身、北の湖~山響部屋の元力士で最高位は幕下43枚目。大相撲史上最重量の288㎏!日本語堪能な愛すべきロシア人力士。先代の師匠・北の湖にたいへん可愛がられ、亡くなるまでの14年間付け人を務めた。生前に交わした約束「北の湖が停年を迎えるまでは現役を続ける」を守り、先代が存命であれば停年を迎えた5月場所を経て、先代が亡くなった11月場所を前にして引退を決意した。

  • 四股名 :大露羅 敏(おおろら さとし)
  • 最高位 :幕下43枚目
  • 出身地 :ロシア連邦ブリヤート共和国ザイグライフスキー
  • 本 名 :アナトリイ・ヴァレリエヴィチ・ミハハノフ
  • 生年月日:昭和58年(1983)4月26日
  • 所属部屋:北の湖⇒山響部屋
  • 初土俵 :平成12年(2000)3月(16歳11ヵ月)
  • 最終場所:平成30年(2018)9月(35歳5ヵ月)
  • 生涯戦歴:376勝382敗12休/756出場(111場所)
  • 生涯勝率:49.6%
  • 優勝等 :なし

外国出身力士の最新情報はこちら

いかがでしたでしょうか?ここまでは過去から現在までの外国出身の主な力士をご紹介してきましたが、外国出身の現役力士の最新番付や成績を知りたい方の為に最適な記事もご用意しています。相撲観戦と予習におススメです!

出身地別、力士別、初土俵別など様々な方法で力士データをまとめています。

ネットでの大相撲観戦といえばAbemaTV!「AbemaTV」での視聴方法について解説しています。序ノ口から結びの一番まで完全無料生中継!ぜひ確認してみてください。

当サイトのいろんな記事へのリンクをまとめたナビゲーションページです。

カテゴリー : 外国出身

公開日:2018-08-16
投稿者:レイ

コメントはお気軽にどうぞ

※当サイトは個人が運営するサイトであり、日本相撲協会及び、各相撲部屋とは関連がないことをご了承ください。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。※当サイトは個人が運営するサイトです。