大相撲力士名鑑!四股名が「ほ」で始まる力士たち

大相撲力士名鑑。過去から現在までの大相撲の力士たちをまとめています。こちらは四股名の始まりが「ほ」の力士たちです。

力士名鑑の目次ページもご用意しております。

この記事の目次

2文字目が「あ行」の力士

峰雲 陽平

峰雲 陽平(ほううん ようへい)は北海道 旭川市出身、峰崎部屋の力士で最高位は序ノ口3枚目。令和2年9月場所の番付は引退。

四股名
峰雲 陽平(ほううん ようへい)
最高位
序ノ口3枚目
最新番付
引退
出身地
北海道 旭川市
本名
瀧田 陽平
生年月日
平成7年(1995)5月11日(25歳)
所属部屋
峰崎部屋
改名歴
瀧田⇒峰雲
初土俵
平成29年(2017)9月(22歳4ヵ月)
優勝
無し
通算成績
27勝79敗7休/106出場(勝率:25.5%)
直近7場所
7場所勝率
34.3%
令2年9月
引退
0勝0敗
令2年7月
西 序ノ口5枚目(11枚上昇)
0勝0敗7休
ややややや|ややややや|ややややや
令2年3月
西 序ノ口16枚目(3枚上昇)
3勝4敗
-●-●-|○○--○|●-●--
令2年1月
西 序ノ口19枚目(4枚半降下)
2勝5敗
○-●--|●-●-○|●--●-
令元年11月
東 序ノ口15枚目(5枚半上昇)
2勝5敗
-●●--|●-○●-|-○●--
令元年9月
西 序ノ口20枚目(3枚降下)
3勝4敗
-●●--|○●-○-|○--●-
令元年7月
西 序ノ口17枚目
2勝5敗
○--●●|--●-●|○---●

鳳凰 倶往

玉の海に憧れて角界入り、左四つからの上手投げが得意

  • 四股名 :鳳凰 倶往(ほうおう ともみち)
  • 最高位 :関脇
  • 出身地 :愛知県蒲郡市
  • 本 名 :壁谷 友道
  • 生年月日:昭和31年(1956)12月7日
  • 所属部屋:二所ノ関部屋
  • 改名歴 :壁谷⇒鳳凰
  • 初土俵 :昭和46年(1971)9月(14歳9ヵ月)
  • 新十両 :昭和53年(1978)5月(21歳5ヵ月)
  • 新入幕 :昭和54年(1979)7月(22歳7ヵ月)
  • 新三役 :昭和55年(1980)11月(23歳11ヵ月)
  • 最終場所:平成2年(1990)5月(33歳5ヵ月)
  • 生涯戦歴:617勝631敗26休/1248出場(113場所)
  • 生涯勝率:49.4%
  • 優勝等 :十両優勝4回(同点1),幕下優勝1回
  • 成 績 :金星3個
  • 幕内戦歴:218勝277敗15休(34場所)勝率:44.0%
  •   関脇:4勝11敗(1場所)勝率:26.7%
  •   小結:4勝11敗(1場所)勝率:26.7%
  •   前頭:210勝255敗15休(32場所)勝率:45.2%
  • 十両戦歴:221勝214敗(29場所)勝率:50.8%

宝香鵬 宏作

宝香鵬 宏作(ほうかほう こうさく)は埼玉県 春日部市出身、宮城野部屋の力士で最高位は幕下7枚目。令和2年9月場所の番付は西 幕下12枚目。

「相撲の名門」埼玉栄高校出身だが、実は高校で相撲部に入部するまで相撲経験がなかった。入門のきっかけは、相撲観戦の帰りに両国を散策をしていたときに当時大関だった白鵬関から直接スカウトを受けたこと。これがきっかけで高校を2年で中退し、宮城野部屋へと入門することを決意。

四股名
宝香鵬 宏作(ほうかほう こうさく)
最高位
幕下7枚目
最新番付
西 幕下12枚目
出身地
埼玉県 春日部市
本名
藤田 宏作
生年月日
平成1年(1989)6月21日(31歳)
出身高校
埼玉栄高校・中退
所属部屋
宮城野部屋
改名歴
宝香山⇒宝香鵬
初土俵
平成19年(2007)3月(17歳9ヵ月)
優勝
無し
通算成績
296勝258敗0休/554出場(勝率:53.4%)
直近7場所
26勝23敗
7場所勝率
53.1%
令2年9月
西 幕下12枚目(3枚半降下)
3勝4敗
●--●●|--●○-|-○-○-
令2年7月
東 幕下9枚目(3枚上昇)
3勝4敗
-●●-○|--○-○|●-●--
令2年3月
東 幕下12枚目(4枚半上昇)
4勝3敗
-●-●-|○●-○-|-○○--
令2年1月
西 幕下16枚目(4枚降下)
4勝3敗
●-○-○|-○-●-|-●○--
令元年11月
西 幕下12枚目(3枚半上昇)
3勝4敗
○--●-|○●--○|-●●--
令元年9月
東 幕下16枚目(7枚上昇)
4勝3敗
●--●○|--○-○|-●-○-
令元年7月
東 幕下23枚目
5勝2敗
-○●-○|-●--○|○---○

鵬山 幸林

鵬山 幸林(ほうざん たかもり)は東京都 江東区出身、大嶽部屋の力士。令和2年9月場所の番付は最高位更新となる東 序二段50枚目。

中央区立有馬小学3年の頃から江東青龍館に通って相撲を始める。さいたま市立大宮西中を経て埼玉栄高校へと進学、3年次には高校総体団体優勝に貢献した。その後、中央大学へと進学し団体戦などで活躍した。祖父は横綱大鵬で父は元関脇・貴闘力。納谷4兄弟の次男。

四股名
鵬山 幸林(ほうざん たかもり)
最高位
序二段50枚目
最新番付
東 序二段50枚目
出身地
東京都 江東区
本名
納谷 幸林
生年月日
平成10年(1998)1月10日(22歳)
出身高校
埼玉栄高校
出身大学
中央大学
所属部屋
大嶽部屋
初土俵
令和2年(2020)3月(22歳2ヵ月)
優勝
無し
通算成績
12勝2敗0休/14出場(勝率:85.7%)
直近7場所
12勝2敗
7場所勝率
85.7%
令2年9月
東 序二段50枚目(82枚半上昇・最高位更新)
6勝1敗
-○-○-|○-●-○|-○-○-
令2年7月
西 序ノ口20枚目(出世)
6勝1敗
-○○-○|-○-○-|●-○--
令2年3月
前相撲

豊昇龍 智勝

豊昇龍 智勝(ほうしょうりゅう ともかつ)はモンゴル ウランバートル市出身、立浪部屋の力士。令和2年9月場所の番付は最高位更新となる西 前頭16枚目。

モンゴルからレスリングを志して日本に留学していたが、日馬富士の取組を国技館で観るや一気に相撲の魅力に取りつかれ相撲へと転向。日体大柏高校相撲部でインターハイ個人2位など数々の実績をあげて立浪部屋への入門を決めた。

朝青龍の甥であり、四股名は師匠(旭豊)と叔父から1文字ずつを頂いた。目標は叔父と同じ「最高峰」の横綱

四股名
豊昇龍 智勝(ほうしょうりゅう ともかつ)
最高位
前頭16枚目
最新番付
西 前頭16枚目
出身地
モンゴル ウランバートル市
本名
スガラグチャー・ビャンバスレン
生年月日
平成11年(1999)5月22日(21歳)
出身高校
日体大柏高校
所属部屋
立浪部屋
初土俵
平成30年(2018)1月(18歳8ヵ月)
新十両
令和1年(2019)11月(20歳6ヵ月)
新入幕
令和2年(2020)9月(21歳4ヵ月)
優勝
序二段優勝1回
通算成績
90勝55敗0休/144出場(勝率:62.5%)
直近7場所
8勝7敗(十両:33勝27敗)(幕下以下:7勝7敗)
7場所勝率
54.5%
令2年9月
西 前頭16枚目(6枚上昇・最高位更新)
8勝7敗
○●●○○|●●○●○|●●○○○
令2年7月
東 十両6枚目(3枚半上昇・最高位更新)
10勝5敗(十両同点)
●●○○○|○○●●○|○○○●○
令2年3月
西 十両9枚目(4枚半上昇・最高位更新)
8勝7敗
○●○●●|○○○○●|○●○●■
令2年1月
東 十両14枚目(半枚降下)
8勝7敗
●○●○○|○○●●○|○●○●●
令元年11月
西 十両13枚目(5枚半上昇・最高位更新)
7勝8敗
○○●○○|●○●●●|○●●●○
令元年9月
東 幕下5枚目(2枚半降下)
4勝3敗
-○-○-|●●-●-|○--○-
令元年7月
西 幕下2枚目
3勝4敗
-○●-○|●--○-|●--●-

寶智山 幸観

青森県弘前市出身、境川部屋の元力士で最高位は前頭14枚目。高校は「相撲の名門」青森県立木造高校。同校の先輩である舞の海に「君は大学相撲よりもプロに向いている」とスカウトされたことで中立部屋への入門を決意。序ノ口優勝を皮切りに各段で優勝同点などの好成績をあげ、平成18年3月に新十両に昇進すると2場所目で優勝同点、3場所目で十両優勝をあげて翌平成18年9月場所での新入幕を決めた。

  • 11代・君ヶ濱 幸観(境川部屋)
  • 四股名 :寶智山 幸観(ほうちやま こうかん)
  • 最高位 :前頭14枚目
  • 年寄名跡:11代君ヶ濱
  • 出身地 :青森県弘前市
  • 本 名 :棟方 幸観
  • 生年月日:昭和57年(1982)1月18日(38歳)
  • 所属部屋:中立⇒境川部屋
  • 改名歴 :寶智山⇒寶千山
  • 初土俵 :平成12年(2000)3月(18歳2ヵ月)
  • 新十両 :平成18年(2006)3月(24歳2ヵ月)
  • 新入幕 :平成18年(2006)9月(24歳8ヵ月)
  • 最終場所:平成26年(2014)1月(32歳0ヵ月)
  • 生涯戦歴:399勝400敗7休/799出場(83場所)
  • 生涯勝率:49.9%
  • 優勝等 :十両優勝1回(同点1),幕下同点1回,三段目優勝1回,序二段同点1回,序ノ口優勝1回
  • 幕内戦歴:27勝63敗(6場所)勝率:30.0%
  • 十両戦歴:169勝176敗(23場所)勝率:49.0%

豊真将 紀行

部屋創設間もない錣山部屋へと入門、部屋初の関取となった。丁寧な所作と取組後の礼が清々しかった相撲道の体現者

  • 19代・立田川 豊英(錣山部屋)
  • 四股名 :豊真将 紀行(ほうましょう のりゆき)
  • 最高位 :小結
  • 年寄名跡:19代立田川
  • 出身地 :山口県下関市
  • 本 名 :山本 洋介
  • 生年月日:昭和56年(1981)4月16日(39歳)
  • 出身大学:日本大学
  • 所属部屋:錣山部屋
  • 改名歴 :山本⇒豊真将
  • 初土俵 :平成16年(2004)3月(22歳11ヵ月)
  • 新十両 :平成18年(2006)1月(24歳9ヵ月)
  • 新入幕 :平成18年(2006)5月(25歳1ヵ月)
  • 新三役 :平成23年(2011)11月(30歳7ヵ月)
  • 最終場所:平成27年(2015)1月(33歳9ヵ月)
  • 生涯戦歴:415勝344敗113休/756出場(65場所)
  • 生涯勝率:54.7%
  • 優勝等 :幕内次点3回,十両優勝1回,三段目優勝1回
  • 成 績 :敢闘賞5回,技能賞2回
  • 幕内戦歴:309勝304敗77休(46場所)勝率:50.4%
  •   小結:12勝33敗(3場所)勝率:26.7%
  •   前頭:297勝271敗77休(43場所)勝率:52.3%
  • 十両戦歴:54勝22敗29休(7場所)勝率:71.1%

宝龍山 靖幸

宝龍山 靖幸(ほうりゅうやま やすゆき)は石川県 珠洲市出身、玉ノ井部屋の力士で最高位は幕下筆頭。令和2年9月場所の番付は東 幕下48枚目。

若山小学1年の頃から相撲を始めて小6で全日本小学生相撲優勝大会3位に。金沢市立工業高校では金沢大会団体優勝をはじめ、数々の大会で活躍した。

大学は東洋大学に進学、3年次に東二本体重別135㎏以上級で優勝。4年次に東日本学生選手権団体準優勝、全国学生相撲選手権団体準優勝、全国大学選抜大会高知大会団体優勝などに貢献した。四股名は自ら考えたもの。

四股名
宝龍山 靖幸(ほうりゅうやま やすゆき)
最高位
幕下筆頭
最新番付
東 幕下48枚目
出身地
石川県 珠洲市
本名
坂口 靖幸
生年月日
昭和61年(1986)8月24日(34歳)
出身高校
金沢市立工業高校
出身大学
東洋大学
所属部屋
玉ノ井部屋
改名歴
坂口⇒宝龍山
初土俵
平成21年(2009)3月(22歳7ヵ月)
優勝
無し
通算成績
244勝201敗24休/444出場(勝率:55%)
直近7場所
20勝22敗7休
7場所勝率
47.6%
令2年9月
東 幕下48枚目(3枚半降下)
0勝0敗7休
休場
令2年7月
西 幕下44枚目(15枚降下)
3勝4敗
-○●--|○○--●|●--●-
令2年3月
西 幕下29枚目(9枚半上昇)
2勝5敗
●-○--|●●-○-|●---●
令2年1月
東 幕下39枚目(10枚上昇)
4勝3敗
-●○-○|-●-○-|-●-○-
令元年11月
東 幕下49枚目(9枚半上昇)
4勝3敗
●-○-●|--○-○|●-○--
令元年9月
西 幕下58枚目(11枚半降下)
4勝3敗
●--●●|-○-○-|-○○--
令元年7月
東 幕下47枚目
3勝4敗
-○○--|○●-●-|-●●--

「ほく」プラス「さ」行で始まる力士

北青鵬 治

北青鵬 治(ほくせいほう おさむ)は北海道 札幌市東区出身、宮城野部屋の力士。令和2年9月場所の番付は最高位更新となる西 序二段14枚目。

生まれはモンゴル・ウランバートル市。5歳の頃に母親の語学留学のために来日した。相撲を始めたきっかけは6歳のときに韓国の空港で偶然白鵬関に会ったこと。この時に白鵬から相撲をやるように勧められたダワーニンジ少年は札幌相撲スポーツ少年団で相撲を始めた。小4から3年連続でわんぱく相撲全国大会に出場。

その後、白鵬関の紹介で鳥取市立西中学へと相撲留学、さらに「相撲の名門」鳥取城北高校へと進学した。数々の大会での団体優勝に貢献。また、個人でも優秀な成績をおさめて名を上げてきたダワーニンジは、10年以上日本に住んでいることもあり、日本人扱いとして宮城野部屋への入門が決まった。

四股名
北青鵬 治(ほくせいほう おさむ)
最高位
序二段14枚目
最新番付
西 序二段14枚目
出身地
北海道 札幌市東区
本名
アリューナー・ダワーニンジ
生年月日
平成13年(2001)11月12日(18歳)
出身高校
鳥取城北高校
所属部屋
宮城野部屋
初土俵
令和2年(2020)3月(18歳4ヵ月)
優勝
序二段優勝1回,序ノ口優勝1回
通算成績
14勝0敗0休/14出場(勝率:100%)
直近7場所
14勝0敗
7場所勝率
100.0%
令2年9月
西 序二段14枚目(115枚半上昇・最高位更新)
7勝0敗(序二段優勝)
-○-○○|--○○-|○-○--
令2年7月
東 序ノ口18枚目(出世)
7勝0敗(序ノ口優勝)
○-○-○|--○○-|○-○--
令2年3月
前相撲

「ほく」プラス「た」行で始まる力士

北天海 葵

北天海 葵(ほくてんかい あおい)はモンゴル ウランバートル市出身、尾上部屋の力士。令和2年9月場所の番付は最高位更新となる東 三段目20枚目。

叔父は貴乃花~千賀ノ浦部屋の関取だった貴ノ岩(元前頭2枚目)。モンゴルでの中学時代は柔道で内股が得意だった。埼玉栄高校への相撲留学のために来日、高校3年生のときに出場した関東大会重量級では2位に。因みに優勝はスガラグチャー・ビャンバスレン(現・豊昇龍)。目指す相撲は北天佑(元・大関)のような力強い相撲。

四股名
北天海 葵(ほくてんかい あおい)
最高位
三段目20枚目
最新番付
東 三段目20枚目
出身地
モンゴル ウランバートル市
本名
ガルダン・スフバト
生年月日
平成11年(1999)2月2日(21歳)
所属部屋
尾上部屋
初土俵
令和1年(2019)7月(20歳5ヵ月)
優勝
三段目優勝1回,序二段優勝1回
通算成績
33勝9敗0休/42出場(勝率:78.6%)
直近7場所
33勝9敗
7場所勝率
78.6%
令2年9月
東 三段目20枚目(26枚半上昇・最高位更新)
7勝0敗(三段目優勝)
○-○-○|-○-○-|○-○--
令2年7月
西 三段目46枚目(20枚半降下)
5勝2敗
-○○-●|-●--○|○---○
令2年3月
東 三段目26枚目(29枚半上昇・最高位更新)
3勝4敗
-○●-○|-●--●|-●--○
令2年1月
西 三段目55枚目(100枚半上昇・最高位更新)
5勝2敗
○-○-○|--●-○|-●--○
令元年11月
東 序二段56枚目(82枚半上昇・最高位更新)
7勝0敗(序二段優勝)
-○-○○|--○○-|○-○--
令元年9月
西 序ノ口29枚目(出世)
6勝1敗
○--○-|●○-○-|-○--○
令元年7月
前相撲

北天佑 勝彦

相撲を取るために生まれてきたような男と期待された「北海の白熊」、引退後は二十山部屋を興すも癌のため45歳の若さで他界

  • 四股名 :北天佑 勝彦(ほくてんゆう かつひこ)
  • 最高位 :大関
  • 年寄名跡:13代二十山
  • 出身地 :北海道室蘭市
  • 本 名 :千葉 勝彦
  • 生年月日:昭和35年(1960)8月8日
  • 没年月日:平成18年(2006)6月23日(享年45歳)
  • 所属部屋:三保ヶ関部屋
  • 改名歴 :千葉⇒北天佑
  • 初土俵 :昭和51年(1976)3月(15歳7ヵ月)
  • 新十両 :昭和55年(1980)5月(19歳9ヵ月)
  • 新入幕 :昭和55年(1980)11月(20歳3ヵ月)
  • 新三役 :昭和56年(1981)7月(20歳11ヵ月)
  • 新大関 :昭和58年(1983)7月(22歳11ヵ月)
  • 最終場所:平成2年(1990)9月(30歳1ヵ月)
  • 生涯戦歴:645勝413敗55休/1055出場(88場所)
  • 生涯勝率:61.0%
  • 優勝等 :幕内優勝2回(次点4),十両同点1回,幕下優勝1回
  • 成 績 :殊勲賞2回,敢闘賞4回,技能賞1回,金星3個
  • 幕内戦歴:513勝335敗52休(60場所)勝率:60.5%
  •   大関:378勝245敗37休(44場所)勝率:60.7%
  •   関脇:37勝8敗(3場所)勝率:82.2%
  •   小結:30勝30敗(4場所)勝率:50.0%
  •   前頭:68勝52敗15休(9場所)勝率:56.7%
  • 十両戦歴:29勝16敗(3場所)勝率:64.4%

北東龍 光

北東龍 光(ほくとうりゅう ひかる)は北海道 札幌市白石区出身、玉ノ井部屋の力士で最高位は三段目100枚目。令和2年9月場所の番付は西 序二段34枚目。

札幌市立日章中学時代は柔道部に所属し初段の腕前。親に勧められたことで玉ノ井部屋の門を叩いた。

四股名
北東龍 光(ほくとうりゅう ひかる)
最高位
三段目100枚目
最新番付
西 序二段34枚目
出身地
北海道 札幌市白石区
本名
石田 輝
生年月日
平成12年(2000)9月19日(20歳)
所属部屋
玉ノ井部屋
改名歴
尾崎⇒北東龍
初土俵
平成28年(2016)3月(15歳6ヵ月)
優勝
無し
通算成績
80勝84敗18休/164出場(勝率:48.8%)
直近7場所
19勝23敗7休
7場所勝率
45.2%
令2年9月
西 序二段34枚目(8枚半降下)
0勝0敗7休
休場
令2年7月
東 序二段26枚目(27枚半上昇)
3勝4敗
○--○-|●●--○|●-●--
令2年3月
西 序二段53枚目(46枚上昇)
4勝3敗
-○-○○|--●-○|-●●--
令2年1月
西 序二段99枚目(60枚半降下)
5勝2敗
-○-●●|-○-○-|○--○-
令元年11月
東 序二段39枚目(30枚上昇)
0勝7敗
-●●--|●-●●-|●-●--
令元年9月
東 序二段69枚目(30枚降下)
4勝3敗
●-●-○|--○○-|●-○--
令元年7月
東 序二段39枚目
3勝4敗
○--●-|●○--○|●--●-

コメントはお気軽にどうぞ

※当サイトは個人が運営するサイトであり、日本相撲協会及び、各相撲部屋とは関連がないことをご了承ください。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。※当サイトは個人が運営するサイトです。