大相撲力士名鑑!四股名が「ま」で始まる力士たち-Part2

2文字目が「た行」の力士

町 亜斗夢

町 亜斗夢(まち あとむ)は山口県 防府市出身、錣山部屋の力士。令和3年1月場所の番付は最高位更新となる東 序二段71枚目。

5歳頃から防府練成会で柔道を始める。右田中学時代も柔道部に所属し、同部屋同期入門の松本とも対戦したことが。入門のきっかけは小6の頃、入所していた児童養護施設に立田川親方(元小結・豊真将)が訪れた際に勧誘されたことから。錣山部屋の体験入門にも参加して角界入りを決めた。

四股名
町 亜斗夢(まち あとむ)
最高位
序二段71枚目
最新番付
東 序二段71枚目
出身地
山口県 防府市
本名
町 亜斗夢
生年月日
平成16年(2004)10月5日(16歳)
所属部屋
錣山部屋
初土俵
令和2年(2020)3月(15歳5ヵ月)
優勝
無し
通算成績
15勝13敗0休/28出場(勝率:53.6%)
直近7場所
15勝13敗
7場所勝率
53.6%
令3年1月
東 序二段71枚目(36枚上昇・最高位更新)
3勝4敗
-●-●-|○○-●-|-●--○
令2年11月
東 序二段107枚目(16枚降下)
4勝3敗
○--●-|●-○●-|○--○-
令2年9月
東 序二段91枚目(48枚半上昇・最高位更新)
3勝4敗
-●●-●|-○--○|-●○--
令2年7月
西 序ノ口27枚目(出世)
5勝2敗
○--○-|○●-●-|○-○--
令2年3月
前相撲

松浦潟 達也

  • 四股名 :松浦潟 達也(まつらがた たつや)
  • 最高位 :小結
  • 出身地 :佐賀県東松浦郡
  • 本 名 :牧山 強臣
  • 生年月日:大正4年(1915)5月27日
  • 没年月日:昭和20年(1945)3月10日(享年29歳)
  • 所属部屋:立田山部屋
  • 改名歴 :松浦潟⇒大蛇潟⇒松浦潟
  • 初土俵 :昭和5年(1930)1月(14歳8ヵ月)
  • 新十両 :昭和11年(1936)1月(20歳8ヵ月)
  • 新入幕 :昭和13年(1938)1月(22歳8ヵ月)
  • 新三役 :昭和17年(1942)1月(26歳8ヵ月)
  • 最終場所:昭和19年(1944)11月(29歳6ヵ月)
  • 生涯戦歴:144勝130敗9休/273出場(23場所)
  • 生涯勝率:52.6%
  • 優勝等 :なし
  • 成 績 :金星2個
  • 幕内戦歴:79勝85敗4休(12場所)勝率:48.2%
  •   小結:6勝9敗(1場所)勝率:40.0%
  •   前頭:73勝76敗4休(11場所)勝率:49.0%
  • 十両戦歴:45勝37敗5休(7場所)勝率:54.9%

松恵山 邦治

宮崎県延岡市出身、立浪部屋の元力士で最高位は十両17枚目。佐渡ヶ嶽部屋の琴恵光の祖父で「松恵山相撲道場」は教え子が開いた相撲道場。

  • 四股名 :松恵山 邦治(まつえやま くにはる)
  • 最高位 :十両17枚目
  • 出身地 :宮崎県延岡市
  • 本 名 :柏谷 邦治
  • 生年月日:昭和4年(1929)9月1日
  • 没年月日:平成13年(2001)8月31日(享年71歳)
  • 所属部屋:立浪部屋
  • 改名歴 :柏谷⇒松恵山
  • 初土俵 :昭和25年(1950)5月(20歳8ヵ月)
  • 新十両 :昭和30年(1955)3月(25歳6ヵ月)
  • 最終場所:昭和32年(1957)5月(27歳8ヵ月)
  • 生涯戦歴:137勝104敗38休/241出場(27場所)
  • 生涯勝率:56.8%
  • 優勝等 :なし
  • 十両戦歴:15勝19敗26休(4場所)勝率:44.1%

松岡 裕輔

松岡 裕輔(まつおか ゆうすけ)は長野県 上田市出身、東関部屋の力士で最高位は序二段67枚目。令和3年1月場所の番付は西 序二段104枚目。

角界入りを決めたのは中1の頃。上田市相撲連盟の理事長に相談すると、長野県大相撲東関会を通じて先代東関親方(元幕内・潮丸)との面会が叶い、東関部屋への入門を決めた。

四股名
松岡 裕輔(まつおか ゆうすけ)
最高位
序二段67枚目
最新番付
西 序二段104枚目
出身地
長野県 上田市
本名
松岡 裕輔
生年月日
平成13年(2001)11月10日(19歳)
所属部屋
東関部屋
初土俵
平成29年(2017)3月(15歳4ヵ月)
優勝
無し
通算成績
58勝84敗12休/142出場(勝率:40.8%)
直近7場所
21勝28敗
7場所勝率
42.9%
令3年1月
西 序二段104枚目(24枚半降下)
5勝2敗
-●-○○|--○●-|-○--○
令2年11月
東 序二段80枚目(32枚上昇)
2勝5敗
-●●--|●-○-○|●---●
令2年9月
東 序二段112枚目(13枚降下)
4勝3敗
●--○-|○●-○-|-●○--
令2年7月
東 序二段99枚目(32枚降下)
1勝6敗
-□-●●|-●-●-|●---●
令2年3月
東 序二段67枚目(56枚半上昇・最高位更新)
2勝5敗
○-●--|●●--○|●---●
令2年1月
西 序ノ口16枚目(6枚半降下)
5勝2敗
○-○-○|-●--○|-●--○
令元年11月
東 序ノ口10枚目
2勝5敗
●-●--|○○--●|-●-●-

松ヶ島 純也

松ヶ島 純也(まつがしま じゅんや)は静岡県 島田市出身、高田川部屋の力士で最高位は序二段70枚目。令和3年1月場所の番付は西 序二段105枚目。

小学生の頃から野球を始めてポジションは外野。小3の頃から相撲に興味を持ち始め、部屋の行司である式守勘太夫(現・伊之助)の勧めもあり高田川部屋への体験入門を経て角界入りを決めた。

四股名
松ヶ島 純也(まつがしま じゅんや)
最高位
序二段70枚目
最新番付
西 序二段105枚目
出身地
静岡県 島田市
本名
池田 純也
生年月日
平成14年(2002)9月19日(18歳)
所属部屋
高田川部屋
初土俵
平成30年(2018)3月(15歳6ヵ月)
優勝
無し
通算成績
41勝71敗0休/112出場(勝率:36.6%)
直近7場所
18勝31敗
7場所勝率
36.7%
令3年1月
西 序二段105枚目(32枚降下)
3勝4敗
-●-●-|○-●-●|○---○
令2年11月
西 序二段73枚目(33枚上昇)
1勝6敗
●-●-●|--●●-|●-○--
令2年9月
西 序二段106枚目(2枚半降下)
4勝3敗
●-●--|○-○-○|○---●
令2年7月
東 序二段104枚目(34枚降下)
3勝4敗
-●●--|○●-●-|-○--○
令2年3月
東 序二段70枚目(38枚上昇・最高位更新)
1勝6敗
-●-○●|--●●-|-●●--
令2年1月
東 序二段108枚目(24枚半降下)
4勝3敗
-●-○-|○●-○-|-○-●-
令元年11月
西 序二段83枚目
2勝5敗
-●-○-|●-●-●|●---○

松木 一真

松木 一真(まつぎ かずま)は愛媛県 新居浜市出身、田子ノ浦部屋の力士。令和3年1月場所の番付は最高位更新となる西 序ノ口19枚目。

新居浜市立角野小学1年の頃から少林寺拳法を始める。角野中学時代は卓球部に所属。相撲経験は無かったが、高安関のファンである母親の勧めで地元の田子ノ浦部屋スカウト担当と面談、さらに部屋の稽古を見学した松木は感激し、未経験ながら入門を決意した。

四股名
松木 一真(まつぎ かずま)
最高位
序ノ口19枚目
最新番付
西 序ノ口19枚目
出身地
愛媛県 新居浜市
本名
松木 一真
生年月日
平成17年(2005)3月14日(15歳)
所属部屋
田子ノ浦部屋
初土俵
令和2年(2020)3月(15歳0ヵ月)
優勝
無し
通算成績
10勝18敗0休/28出場(勝率:35.7%)
直近7場所
10勝18敗
7場所勝率
35.7%
令3年1月
西 序ノ口19枚目(3枚半上昇・最高位更新)
4勝3敗
-●○--|○-●-○|○---●
令2年11月
東 序ノ口23枚目(3枚降下)
2勝5敗
○--●○|--●-●|●---●
令2年9月
東 序ノ口20枚目(9枚半上昇・最高位更新)
2勝5敗
●-●--|●-○-●|●---○
令2年7月
西 序ノ口29枚目(出世)
2勝5敗
●--●●|-○--●|●--○-
令2年3月
前相撲

松嶋 市平

  • 四股名 :松嶋 市平(まつしま いっぺい)
  • 最高位 :十両7枚目
  • 出身地 :東京都西多摩郡奥多摩町
  • 本 名 :松島 市平
  • 生年月日:昭和10年(1935)6月15日
  • 所属部屋:立浪部屋
  • 改名歴 :松島⇒武藏嶽⇒立武藏⇒松嶋
  • 初土俵 :昭和28年(1953)5月(17歳11ヵ月)
  • 新十両 :昭和32年(1957)5月(21歳11ヵ月)
  • 最終場所:昭和37年(1962)1月(26歳7ヵ月)
  • 生涯戦歴:220勝197敗/417出場(44場所)
  • 生涯勝率:52.8%
  • 優勝等 :幕下優勝1回,序ノ口優勝1回
  • 十両戦歴:74勝91敗(11場所)勝率:44.8%

満津田 誉彦

満津田 誉彦(まつだ たかひこ)は長野県 飯田市出身、峰崎部屋の力士で最高位は幕下53枚目。令和3年1月場所の番付は西 三段目47枚目。

追手町小4年次より柔道を始めて飯田工業高校時代には数々の大会で優秀な成績をおさめた。相撲では小4と小5でわんぱく相撲全国大会に出場経験も。

実家は長野県飯田市の老舗店「満津田食堂」。二枚蹴りや二丁投げなどの足技で会場を沸かす。

四股名
満津田 誉彦(まつだ たかひこ)
最高位
幕下53枚目
最新番付
西 三段目47枚目
出身地
長野県 飯田市
本名
松田 誉彦
生年月日
平成6年(1994)9月19日(26歳)
所属部屋
峰崎部屋
初土俵
平成25年(2013)3月(18歳6ヵ月)
優勝
無し
通算成績
161勝161敗0休/322出場(勝率:50%)
直近7場所
23勝26敗
7場所勝率
46.9%
令3年1月
西 三段目47枚目(19枚降下)
3勝4敗
-●○--|○-●-●|-○●--
令2年11月
西 三段目28枚目(12枚降下)
3勝4敗
-●○-●|--○●-|○--●-
令2年9月
西 三段目16枚目(7枚降下)
3勝4敗
●--●-|●○--●|-○--○
令2年7月
西 三段目9枚目(12枚半上昇)
3勝4敗
○--○●|--●-○|●-●--
令2年3月
東 三段目22枚目(13枚降下)
4勝3敗
-○○-●|--○●-|-○●--
令2年1月
東 三段目9枚目(7枚半上昇)
3勝4敗
●--○-|●○--●|-○●--
令元年11月
西 三段目16枚目
4勝3敗
-●-●-|●-○○-|-○○--

松登 晟郎

10代大山(元関脇・高登)の熱心な勧誘を受け大山部屋へ入門。関脇だった昭和30年(1955)9月場所では横綱・鏡里と優勝を争い13勝2敗の好成績、これにより場所後には初代若ノ花と共に大関へと昇進を果たした。しかし、その後は怪我や糖尿病などに苦しめられ大関として2桁勝利をあげることができなかった。引退後は11代大山を継承、丁寧な指導により幕内・大飛らを育てた

  • 四股名 :松登 晟郎(まつのぼり しげお)
  • 最高位 :大関
  • 年寄名跡:12代振分⇒11代大山
  • 出身地 :千葉県松戸市
  • 本 名 :永井 福太郎
  • 生年月日:大正13年(1924)7月20日
  • 没年月日:昭和61年(1986)4月21日(享年61歳)
  • 所属部屋:大山部屋
  • 改名歴 :永井⇒松登
  • 初土俵 :昭和16年(1941)1月(16歳6ヵ月)
  • 新十両 :昭和24年(1949)5月(24歳10ヵ月)
  • 新入幕 :昭和26年(1951)9月(27歳2ヵ月)
  • 新三役 :昭和28年(1953)1月(28歳6ヵ月)
  • 新大関 :昭和31年(1956)1月(31歳6ヵ月)
  • 最終場所:昭和36年(1961)11月(37歳4ヵ月)
  • 生涯戦歴:469勝442敗29休/910出場(72場所)
  • 生涯勝率:51.5%
  • 優勝等 :幕内次点1回
  • 成 績 :殊勲賞2回,敢闘賞1回,金星2個
  • 幕内戦歴:358勝353敗24休(49場所)勝率:50.4%
  •   大関:99勝102敗24休(15場所)勝率:49.3%
  •   関脇:75勝60敗(9場所)勝率:55.6%
  •   小結:21勝24敗(3場所)勝率:46.7%
  •   前頭:163勝167敗(22場所)勝率:49.4%
  • 十両戦歴:60勝45敗(7場所)勝率:57.1%

松光 正文

  • 四股名 :松光 正文(まつひかり まさふみ)
  • 最高位 :十両10枚目
  • 出身地 :茨城県日立市
  • 本 名 :黒澤 政文
  • 生年月日:昭和18年(1943)4月11日
  • 所属部屋:若松部屋
  • 改名歴 :黒沢⇒松光⇒松輝
  • 初土俵 :昭和34年(1959)5月(16歳1ヵ月)
  • 新十両 :昭和39年(1964)5月(21歳1ヵ月)
  • 最終場所:昭和41年(1966)9月(23歳5ヵ月)
  • 生涯戦歴:184勝171敗/355出場(45場所)
  • 生涯勝率:51.8%
  • 優勝等 :幕下同点1回
  • 十両戦歴:30勝45敗(5場所)勝率:40.0%

松前山 武士

北海道松前郡松前町出身、出羽海~九重部屋の元力士で最高位は前頭9枚目。千代の山の内弟子として出羽海部屋へと入門。昭和38年(1963)5月場所で新十両昇進、昭和39年(1964)7月場所で新入幕と順調に出世し期待されていたが、肺結核の治療のため昭和40年(1965)5月場所から6場所連続で休場、番付を三段目にまで下げてしまった。

しかし番付を徐々にあげていき東幕下筆頭で迎えた昭和42年(1967)初場所を6勝1敗で勝ち越して、翌場所での再十両を決めた。

場所後、11代九重(元横綱・千代の山)の独立に伴い九重部屋へと移籍。再十両場所となった昭和42年春場所で12勝3敗の成績をあげて十両優勝を決め、ともに移籍した大関・北の富士の幕内初優勝とで九重部屋の門出を大きく飾った。

  • 四股名 :松前山 武士(まつまえやま たけし)
  • 最高位 :前頭9枚目
  • 年寄名跡:13代尾上
  • 出身地 :北海道松前郡松前町
  • 本 名 :渡辺 貞夫
  • 生年月日:昭和15年(1940)6月29日
  • 所属部屋:出羽海⇒九重部屋
  • 改名歴 :松前山⇒渡辺山⇒松前山
  • 初土俵 :昭和33年(1958)1月(17歳7ヵ月)
  • 新十両 :昭和38年(1963)5月(22歳11ヵ月)
  • 新入幕 :昭和39年(1964)7月(24歳1ヵ月)
  • 最終場所:昭和42年(1967)11月(27歳5ヵ月)
  • 生涯戦歴:301勝205敗58休/506出場(60場所)
  • 生涯勝率:59.5%
  • 優勝等 :十両優勝1回,幕下優勝1回,序ノ口優勝1回
  • 幕内戦歴:14勝16敗15休(3場所)勝率:46.7%
  • 十両戦歴:119勝91敗15休(16場所)勝率:56.7%

松前山 熊義

きびきびとした取り口で下手投げなどを得意とした

  • 四股名 :松前山 熊義(まつまえやま くまよし)
  • 最高位 :前頭筆頭
  • 出身地 :北海道函館市
  • 本 名 :川崎 熊義
  • 生年月日:明治42年(1909)8月5日
  • 没年月日:昭和59年(1984)3月3日(享年74歳)
  • 所属部屋:高島部屋
  • 改名歴 :巴港山⇒八甲山⇒松前山⇒渡嶋洋⇒松前山
  • 初土俵 :大正14年(1925)5月(15歳9ヵ月)
  • 新十両 :昭和7年(1932)2月(22歳6ヵ月)
  • 新入幕 :昭和8年(1933)5月(23歳9ヵ月)
  • 最終場所:昭和13年(1938)1月(28歳5ヵ月)
  • 生涯戦歴:82勝84敗5休/166出場(17場所)
  • 生涯勝率:49.4%
  • 優勝等 :序ノ口優勝1回
  • 幕内戦歴:42勝46敗(8場所)勝率:47.7%
  • 十両戦歴:34勝38敗5休(7場所)勝率:47.2%

松本 幸太

松本 幸太(まつもと こうた)は山口県 岩国市出身、錣山部屋の力士。令和3年1月場所の番付は最高位更新となる西 序二段70枚目。

修成小学3年の頃から玖珂中学3年まで続けた柔道は初段の腕前。本格的に相撲に取り組んだことは無かったが、中2のときに岩国市で開催された全国中学校相撲選手権大会の「開催地代表」として団体戦に飛び入り参加。この時の経験から相撲の面白さを知った松本は、中3の夏に出場した岩国市夏季大会で重量級優勝を手にした。

入門のきっかけは平成30年(2018)秋の巡業「周南場所」を見に行った際に、立田川親方(元小結・豊真将)に誘われたこと。そこから錣山部屋の体験入門に3回参加した松本は、自らの意思で入門を決めた。

四股名
松本 幸太(まつもと こうた)
最高位
序二段70枚目
最新番付
西 序二段70枚目
出身地
山口県 岩国市
本名
松本 幸太
生年月日
平成17年(2005)3月24日(15歳)
所属部屋
錣山部屋
初土俵
令和2年(2020)3月(15歳0ヵ月)
優勝
無し
通算成績
14勝14敗0休/28出場(勝率:50%)
直近7場所
14勝14敗
7場所勝率
50.0%
令3年1月
西 序二段70枚目(35枚半上昇・最高位更新)
2勝5敗
○-●-●|-●--●|-●--○
令2年11月
東 序二段106枚目(16枚降下)
4勝3敗
●-○-○|-○-●-|●--○-
令2年9月
東 序二段90枚目(48枚半上昇・最高位更新)
3勝4敗
○-●--|●○-●-|●-○--
令2年7月
西 序ノ口26枚目(出世)
5勝2敗
-○-○●|--○-○|-●-○-
令2年3月
前相撲

松山 佳弘

昭和57年(1982)5月場所で、初日から7連敗のあと8日目から7連勝!しかし千秋楽に敗れて負け越したことが

  • 四股名 :松山 佳弘(まつやま よしひろ)
  • 最高位 :十両筆頭
  • 出身地 :東京都板橋区
  • 本 名 :松山 育夫
  • 生年月日:昭和27年(1952)4月6日
  • 所属部屋:宮城野部屋
  • 改名歴 :松山⇒松葉山⇒松山
  • 初土俵 :昭和46年(1971)1月(18歳9ヵ月)
  • 新十両 :昭和54年(1979)5月(27歳1ヵ月)
  • 最終場所:昭和58年(1983)3月(30歳11ヵ月)
  • 生涯戦歴:334勝319敗10休/652出場(74場所)
  • 生涯勝率:51.1%
  • 優勝等 :幕下優勝1回(同点1),三段目同点1回
  • 十両戦歴:130勝152敗3休(19場所)勝率:46.1%

松山 大海

出羽大海 友和(でわたいかい ともかず)は沖縄県 宮古島市出身、出羽海部屋の力士で最高位は幕下29枚目。令和3年1月場所の番付は東 幕下58枚目。

小学生の頃には柔道経験あり。序ノ口デビューから平成28年7月までは本名の「大海」から出羽大海と名乗っていた。

四股名
出羽大海 友和(でわたいかい ともかず)
最高位
幕下29枚目
最新番付
東 幕下58枚目
出身地
沖縄県 宮古島市
本名
松山 大海
生年月日
平成8年(1996)11月12日(24歳)
所属部屋
出羽海部屋
改名歴
松山⇒出羽大海⇒松山⇒出羽大海
初土俵
平成24年(2012)3月(15歳4ヵ月)
優勝
無し
通算成績
167勝140敗43休/305出場(勝率:54.8%)
直近7場所
28勝21敗
7場所勝率
57.1%
令3年1月
東 幕下58枚目(29枚降下)
4勝3敗
-●○--|●○-○-|-○--●
令2年11月
東 幕下29枚目(21枚半上昇・最高位更新)
1勝6敗
●-●-●|-●-●-|●-○--
令2年9月
西 幕下50枚目(23枚上昇・最高位更新)
5勝2敗
○-○--|●-●-○|○-○--
令2年7月
西 三段目13枚目(15枚上昇・最高位更新)
5勝2敗
●-○--|○-●-○|○--○-
令2年3月
西 三段目28枚目(13枚半上昇・最高位更新)
4勝3敗
-○●--|●○-●-|-○○--
令2年1月
東 三段目42枚目(31枚半上昇・最高位更新)
4勝3敗
-○●--|○-●○-|●--○-
令元年11月
西 三段目73枚目
5勝2敗
-●-○-|○-●-○|-○○--

2文字目が「な行」の力士

真鶴 秀五郎

  • 四股名 :真鶴 秀五郎(まなづる しゅうごろう)
  • 最高位 :小結
  • 出身地 :奈良県天理市
  • 本 名 :窪田 正義
  • 生年月日:明治35年(1902)3月30日
  • 没年月日:昭和12年(1937)12月4日(享年35歳)
  • 所属部屋:朝日山部屋
  • 改名歴 :吉ノ川⇒真鶴
  • 初土俵 :大正6年(1917)5月(15歳2ヵ月)
  • 新入幕 :昭和2年(1927)1月(24歳10ヵ月)
  • 新三役 :昭和3年(1928)1月(25歳10ヵ月)
  • 最終場所:昭和6年(1931)10月(29歳7ヵ月)
  • 生涯戦歴:110勝121敗38休1預/230出場(32場所)
  • 生涯勝率:47.6%
  • 優勝等 :なし
  • 成 績 :金星1個
  • 幕内戦歴:85勝97敗38休(20場所)勝率:46.7%
  •   小結:28勝25敗2休(5場所)勝率:52.8%
  •   前頭:57勝72敗36休(15場所)勝率:44.2%

真庭山 新

真庭山 新(まにわやま あらた)は岡山県 真庭市出身、高田川部屋の力士で最高位は序二段68枚目。令和3年1月場所の番付は東 序二段69枚目。

久世中学1年の頃から操南相撲クラブで相撲を始めて中2で県中体連真庭支部新人戦で優勝、中3では全国都道府県中学生相撲選手権や全国中学校相撲選手権大会に出場した。子供の頃から相撲は好きで、叔父が高田川部屋の行司、式守伊之助さんと同窓生であることから高田川部屋の稽古見学や体験入門に参加していたことから入門を決めた。

四股名
真庭山 新(まにわやま あらた)
最高位
序二段68枚目
最新番付
東 序二段69枚目
出身地
岡山県 真庭市
本名
横山 新
生年月日
平成15年(2003)6月14日(17歳)
所属部屋
高田川部屋
改名歴
横山⇒真庭山
初土俵
平成31年(2019)3月(15歳9ヵ月)
優勝
無し
通算成績
27勝43敗0休/70出場(勝率:38.6%)
直近7場所
17勝32敗
7場所勝率
34.7%
令3年1月
東 序二段69枚目(35枚半上昇)
1勝6敗
●-●--|●-●●-|○---●
令2年11月
西 序二段104枚目(36枚降下)
4勝3敗
-○-●-|○●-○-|○--●-
令2年9月
西 序二段68枚目(48枚半上昇・最高位更新)
1勝6敗
-●●--|○-●-●|●---●
令2年7月
東 序ノ口5枚目(1枚上昇)
5勝2敗
○--○-|●○--●|○---○
令2年3月
東 序ノ口6枚目(5枚降下)
2勝5敗
○--●-|●●-○-|●---●
令2年1月
東 序ノ口筆頭(23枚降下)
2勝5敗
●-●-●|-●-○-|●---○
令元年11月
東 序二段86枚目
2勝5敗
●--○●|-●--●|○---●

2文字目が「ら行」の力士

丸勝 竜也

丸勝 竜也(まるしょう たつや)は新潟県 上越市出身、鳴戸部屋の力士で最高位は三段目6枚目。令和3年1月場所の番付は東 三段目25枚目。

小1の頃から上越市相撲教室で相撲を始めて小4から3年連続わんぱく相撲全国大会に出場。小5の時にはわんぱく小結(ベスト8)に輝く。海洋高校進学後も相撲部に入部し稽古に励んだが、左目網膜剥離のため試合にはあまり出場できなかった。それでも高校総体などの団体戦で活躍し、一定の実績を積んで鳴戸部屋へと入門。

四股名
丸勝 竜也(まるしょう たつや)
最高位
三段目6枚目
最新番付
東 三段目25枚目
出身地
新潟県 上越市
本名
丸山 竜也
生年月日
平成12年(2000)9月9日(20歳)
出身高校
海洋高校
所属部屋
鳴戸部屋
改名歴
丸山⇒丸勝
初土俵
令和1年(2019)5月(18歳8ヵ月)
優勝
無し
通算成績
41勝22敗0休/63出場(勝率:65.1%)
直近7場所
29勝20敗
7場所勝率
59.2%
令3年1月
東 三段目25枚目(18枚半降下)
5勝2敗
○--○-|●-○-○|-●--○
令2年11月
西 三段目6枚目(28枚上昇・最高位更新)
3勝4敗
-○●-○|-○--●|-●-●-
令2年9月
西 三段目34枚目(27枚半上昇)
5勝2敗
○-○-○|--●-○|-○-●-
令2年7月
東 三段目62枚目(39枚降下)
5勝2敗
○-○--|○-○●-|-○--●
令2年3月
東 三段目23枚目(25枚上昇・最高位更新)
1勝6敗
○-●--|●●--●|●--●-
令2年1月
東 三段目48枚目(30枚上昇・最高位更新)
5勝2敗
-●-○●|--○-○|○--○-
令元年11月
東 三段目78枚目
5勝2敗
-○○-○|-●--○|-●--○

丸山 権太左衛門

実在はしていたようだが本当に横綱免許を受けたかは不明、幕末の12代横綱・陣幕久五郎が建立した横綱力士碑には3代目横綱として刻まれた

  • 四股名 :丸山 権太左衛門(まるやま ごんたざえもん)
  • 最高位 :大関(横綱免許?)第3代横綱
  • 出身地 :宮城県登米市米山町中津山
  • 本 名 :芳賀 銀太夫
  • 生年月日:正徳3年(1713)12月23日
  • 没年月日:寛延2年(1749)11月14日(享年35歳)
  • 所属部屋:七ツ森部屋
  • 初土俵?:元文2年(1737)4月・大関付出(18歳)大阪
  • 横綱免許:寛延2年(1749)8月?(35歳)

※吉田司家の故実門人覚書には「寛延2年8月 丸山 権太左衛門」とあるが、それが横綱免許の授与を意味しているかは定かでない

2文字目が「わ行」の力士

萬華城 博

相撲協会による21代春日山(元前頭11・濱錦)への師匠辞任勧告の撤回を求めるも叶わず、これを受けて自らも引退を選ぶ

  • 四股名 :萬華城 博(まんかじょう ひろし)
  • 最高位 :幕下6枚目
  • 出身地 :宮崎県宮崎市
  • 本 名 :曹 博
  • 生年月日:平成2年(1990)2月10日
  • 所属部屋:春日山⇒追手風部屋
  • 改名歴 :曹⇒萬華城
  • 初土俵 :平成17年(2005)3月(15歳1ヵ月)
  • 最終場所:平成28年(2016)11月(26歳9ヵ月)
  • 生涯戦歴:248勝228敗7休/475出場(70場所)
  • 生涯勝率:52.1%
  • 優勝等 :なし

出身地別、力士別、初土俵別など様々な方法で力士データをまとめています。

おすすめの記事をご紹介

ここからは当サイトのおすすめ記事をご紹介します。

ネットでの大相撲観戦といえばAbemaTV!「AbemaTV」での視聴方法について解説しています。序ノ口から結びの一番まで完全無料生中継!ぜひ確認してみてください。

当サイトのいろんな記事へのリンクをまとめたナビゲーションページです。

1 ページ目 2 ページ目

コメントはお気軽にどうぞ

※当サイトは個人が運営するサイトであり、日本相撲協会及び、各相撲部屋とは関連がないことをご了承ください。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。※当サイトは個人が運営するサイトです。