大相撲力士名鑑!四股名が「ち」で始まる力士たち-Part3

この記事の目次

「ちよ」プラス「な」行で始まる力士

千代の海 明太郎

千代の海 明太郎(ちよのうみ めいたろう)は高知県 幡多郡黒潮町出身、九重部屋の力士で最高位は十両8枚目。令和3年1月場所の番付は東 十両11枚目。

日本体育大学4年次の全国学生相撲選手権大会では副主将として団体優勝に貢献した。平成27年5月に初土俵。序ノ口での全勝優勝を皮切りに序二段、三段目と優勝を重ねて6場所目には幕下上位まで駆け上がったが右肘の手術により3場所連続休場。いちどは番付を下げたが復帰後は順調に番付をあげて平成30年7月場所で新十両。四股名の「海」は、憧れの力士で母親も大ファンだった千代大海から一字を頂いた

四股名
千代の海 明太郎(ちよのうみ めいたろう)
最高位
十両8枚目
最新番付
東 十両11枚目
出身地
高知県 幡多郡黒潮町
本名
濱町 明太郎
生年月日
平成5年(1993)1月11日(28歳)
出身高校
宿毛高校
出身大学
日本体育大学
所属部屋
九重部屋
改名歴
濱町⇒千代の海
初土俵
平成27年(2015)5月(22歳4ヵ月)
新十両
平成30年(2018)7月(25歳6ヵ月)
新入幕
()
優勝
三段目優勝1回,序二段優勝1回,序ノ口優勝1回
通算成績
163勝126敗38休/288出場(勝率:56.6%)
直近7場所
22勝23敗15休(幕下以下:13勝8敗)
7場所勝率
53.0%
令3年1月
東 十両11枚目(3枚半上昇)
0勝0敗15休
休場
令2年11月
西 十両14枚目(1枚半上昇)
9勝6敗
○○○○●|●○○●○|●○○●●
令2年9月
東 幕下2枚目(2枚降下)
4勝3敗
○-○-○|-●-●-|○-●--
令2年7月
東 十両14枚目(1枚降下)
6勝9敗
●○○○○|●○●○●|●●●●●
令2年3月
東 十両13枚目(4枚半上昇)
7勝8敗
○●○●○|○●○○●|●○●●●
令2年1月
西 幕下3枚目(2枚半上昇)
5勝2敗
○-○-●|-○-●-|○---○
令元年11月
東 幕下6枚目
4勝3敗
○--●-|●-○-●|-○-○-

千代ノ皇 王代仁

千代ノ皇 王代仁(ちよのおう みよひと)は鹿児島県 大島郡与論町出身、九重部屋の力士で最高位は前頭15枚目。令和3年1月場所の番付は西 十両2枚目。

高校は沖縄県の中部農林高で相撲部に所属。吊りの名手としても評価が高い

四股名
千代ノ皇 王代仁(ちよのおう みよひと)
最高位
前頭15枚目
最新番付
西 十両2枚目
出身地
鹿児島県 大島郡与論町
本名
基 王代仁
生年月日
平成3年(1991)5月29日(29歳)
出身高校
中部農林高校
所属部屋
九重部屋
改名歴
基⇒千代皇⇒千代ノ皇
初土俵
平成22年(2010)3月(18歳10ヵ月)
新十両
平成25年(2013)5月(22歳0ヵ月)
新入幕
平成29年(2017)1月(25歳8ヵ月)
優勝
幕下優勝1回
通算成績
363勝344敗30休/704出場(勝率:51.6%)
直近7場所
26勝19敗15休(幕下以下:12勝9敗)
7場所勝率
57.6%
令3年1月
西 十両2枚目(1枚降下)
0勝0敗15休
休場
令2年11月
西 十両筆頭(4枚半上昇)
7勝8敗
●●●○●|○●●●○|○●○○○
令2年9月
東 十両6枚目(6枚半上昇)
9勝6敗
○●○●○|●○●●○|○○○○●
令2年7月
西 十両12枚目(5枚半上昇)
10勝5敗(十両同点)
●○○●○|●○○○●|○○●○○
令2年3月
東 幕下4枚目(8枚上昇)
5勝2敗
○-●-●|○--○-|○---○
令2年1月
東 幕下12枚目(7枚降下)
5勝2敗
●-○--|○-○-○|-○--●
令元年11月
東 幕下5枚目
2勝5敗
-○-●●|--●○-|●--●-

千代の勝 光王

千代の勝 光王(ちよのかつ みつお)は沖縄県 うるま市出身、九重部屋の力士で最高位は幕下34枚目。令和3年1月場所の番付は東 幕下44枚目。

中学までは野球少年だったが中部農林高では相撲部に入部して実績を残した。卒業後に九重部屋へと入門、平成26年春場所では序二段で全勝優勝を遂げた。

四股名
千代の勝 光王(ちよのかつ みつお)
最高位
幕下34枚目
最新番付
東 幕下44枚目
出身地
沖縄県 うるま市
本名
勝山 光王
生年月日
平成6年(1994)4月13日(26歳)
出身高校
中部農林高校
所属部屋
九重部屋
改名歴
勝山⇒千代の勝
初土俵
平成25年(2013)3月(18歳11ヵ月)
優勝
序二段優勝1回
通算成績
161勝145敗16休/305出場(勝率:52.8%)
直近7場所
21勝14敗14休
7場所勝率
60.0%
令3年1月
東 幕下44枚目(10枚半上昇)
0勝0敗7休
休場
令2年11月
西 幕下54枚目(27枚半上昇)
4勝3敗
-●○--|●-●○-|○-○--
令2年9月
東 三段目22枚目(40枚降下)
5勝2敗
-○-○●|-○--○|○---●
令2年7月
東 幕下42枚目(7枚半降下)
0勝0敗7休
ややややや|ややややや|ややややや
令2年3月
西 幕下34枚目(10枚半上昇・最高位更新)
3勝4敗
○-●--|●●-○-|○--●-
令2年1月
東 幕下45枚目(24枚上昇)
4勝3敗
-○-○●|-○--●|●--○-
令元年11月
東 三段目9枚目
5勝2敗
○-○-○|--○●-|-○●--

千代の国 憲輝

千代の国 憲輝(ちよのくに としき)は三重県 伊賀市出身、九重部屋の力士で最高位は前頭筆頭。令和3年1月場所の番付は東 前頭9枚目。

九重部屋の力士で最高位は前頭筆頭。度重なる怪我で幕内から三段目に落ちたこともあったが、僧侶だった父の死と元力士の兄(幕下・千代の眞)の言葉を受けて再起、平成28年(2016)7月に再入幕を果たす。積極的な攻めと激しい取り口が魅力。

四股名
千代の国 憲輝(ちよのくに としき)
最高位
前頭筆頭
最新番付
東 前頭9枚目
出身地
三重県 伊賀市
本名
澤田 憲輝
生年月日
平成2年(1990)7月10日(30歳)
所属部屋
九重部屋
改名歴
澤田⇒千代の国
初土俵
平成18年(2006)5月(15歳10ヵ月)
新十両
平成23年(2011)7月(21歳0ヵ月)
新入幕
平成24年(2012)1月(21歳6ヵ月)
優勝
十両優勝3回,幕下優勝1回,三段目優勝1回,序二段優勝1回
受賞・金星
敢闘賞2回,金星1個
通算成績
458勝345敗151休/794出場(勝率:57.7%)
直近7場所
10勝5敗15休(十両:14勝1敗)(幕下以下:16勝12敗)
7場所勝率
69.0%
令3年1月
東 前頭9枚目(5枚上昇)
0勝0敗15休
休場
令2年11月
東 前頭14枚目(14枚上昇)
10勝5敗(敢闘賞)
○○○○○|○●●○●|●○○●○
令2年9月
西 十両11枚目(15枚上昇)
14勝1敗(十両優勝)
○○○●○|○○○○○|○○○○○
令2年7月
西 幕下12枚目(2枚半降下)
7勝0敗(幕下優勝)
-○○--|○○-○-|○-○--
令2年3月
東 幕下10枚目(4枚降下)
3勝4敗
●--●-|●●-○-|○--○-
令2年1月
東 幕下6枚目(3枚半降下)
3勝4敗
●--○-|●○--○|●--●-
令元年11月
西 幕下2枚目
3勝4敗
-○●-○|○--●-|●--●-

千代の富士 貢

80年代の大相撲界を支えた国民的な大横綱、角界初となる国民栄誉賞も受賞、引退後は九重部屋を継承し多くの関取を育てた

  • 四股名 :千代の富士 貢(ちよのふじ みつぐ)
  • 最高位 :第58代横綱
  • 年寄名跡:17代陣幕⇒13代九重
  • 出身地 :北海道松前郡福島町
  • 本 名 :秋元 貢
  • 生年月日:昭和30年(1955)6月1日
  • 没年月日:平成28年(2016)7月31日(享年61歳)
  • 所属部屋:九重部屋
  • 改名歴 :秋元⇒大秋元⇒千代の冨士⇒千代の富士
  • 初土俵 :昭和45年(1970)9月(15歳3ヵ月)
  • 新十両 :昭和49年(1974)11月(19歳5ヵ月)
  • 新入幕 :昭和50年(1975)9月(20歳3ヵ月)
  • 新三役 :昭和53年(1978)7月(23歳1ヵ月)
  • 新大関 :昭和56年(1981)3月(25歳9ヵ月)
  • 横綱昇進:昭和56年(1981)9月(26歳3ヵ月)
  • 最終場所:平成3年(1991)5月(35歳11ヵ月)
  • 生涯戦歴:1045勝437敗159休/1473出場(125場所)
  • 生涯勝率:70.5%
  • 優勝等 :幕内優勝31回(次点11),幕下優勝1回
  • 成 績 :殊勲賞1回,敢闘賞1回,技能賞5回,金星3個
  • 幕内戦歴:807勝253敗144休(81場所)勝率:76.1%
  •   横綱:625勝112敗137休(59場所)勝率:84.8%
  •   大関:38勝7敗(3場所)勝率:84.4%
  •   関脇:25勝5敗(2場所)勝率:83.3%
  •   小結:21勝24敗(3場所)勝率:46.7%
  •   前頭:98勝105敗7休(14場所)勝率:48.3%
  • 十両戦歴:130勝120敗5休(17場所)勝率:52.0%

千代の山 雅信

部屋の継承を巡って耐え忍んだが出羽海一門からの破門を条件に独立、大関だった北の富士らを連れて九重部屋を興す

  • 四股名 :千代の山 雅信(ちよのやま まさのぶ)
  • 最高位 :第41代横綱
  • 年寄名跡:横綱特権・千代の山⇒11代九重
  • 出身地 :北海道松前郡
  • 本 名 :杉村 昌治
  • 生年月日:大正15年(1926)6月2日
  • 没年月日:昭和52年(1977)10月29日(享年51歳)
  • 所属部屋:出羽海部屋
  • 改名歴 :杉村⇒千代ノ山⇒千代の山
  • 初土俵 :昭和17年(1942)1月(15歳7ヵ月)
  • 新十両 :昭和19年(1944)11月(18歳5ヵ月)
  • 新入幕 :昭和20年(1945)11月(19歳5ヵ月)
  • 新三役 :昭和22年(1947)6月(21歳0ヵ月)
  • 新大関 :昭和24年(1949)10月(23歳4ヵ月)
  • 横綱昇進:昭和26年(1951)9月(25歳3ヵ月)
  • 最終場所:昭和34年(1959)1月(32歳7ヵ月)
  • 生涯戦歴:407勝158敗147休2分/561出場(54場所)
  • 生涯勝率:72.0%
  • 優勝等 :幕内優勝6回(次点6),十両優勝2回
  • 成 績 :殊勲賞1回,敢闘賞1回,金星3個
  • 幕内戦歴:366勝149敗147休2分(46場所)勝率:71.1%
  •   横綱:239勝103敗137休1分(32場所)勝率:69.9%
  •   大関:67勝23敗(6場所)勝率:74.4%
  •   関脇:24勝14敗10休1分(4場所)勝率:63.2%
  •   前頭:36勝9敗(4場所)勝率:80.0%
  • 十両戦歴:14勝3敗(2場所)勝率:82.4%

千代の若 秀則

  • 四股名 :千代の若 秀則(ちよのわか ひでのり)
  • 最高位 :十両9枚目
  • 出身地 :兵庫県養父郡養父町
  • 本 名 :根岸 秀則
  • 生年月日:昭和47年(1972)3月8日
  • 所属部屋:九重部屋
  • 改名歴 :根岸⇒千代の若
  • 初土俵 :昭和62年(1987)5月(15歳2ヵ月)
  • 新十両 :平成8年(1996)5月(24歳2ヵ月)
  • 最終場所:平成9年(1997)9月(25歳6ヵ月)
  • 生涯戦歴:229勝224敗13休/452出場(63場所)
  • 生涯勝率:50.6%
  • 優勝等 :幕下優勝1回
  • 十両戦歴:24勝36敗(4場所)勝率:40.0%

「ちよ」プラス「は」行で始まる力士

千代白鵬 大樹

怪我が多く出世は遅かったが十両優勝で一気に入幕、6場所幕内を務めた。野球賭博問題や八百長問題で引退

  • 四股名 :千代白鵬 大樹(ちよはくほう だいき)
  • 最高位 :前頭6枚目
  • 出身地 :熊本県山鹿市
  • 本 名 :柿内 大樹
  • 生年月日:昭和58年(1983)4月21日
  • 所属部屋:九重部屋
  • 改名歴 :柿内⇒千代白鵬
  • 初土俵 :平成11年(1999)3月(15歳11ヵ月)
  • 新十両 :平成17年(2005)3月(21歳11ヵ月)
  • 新入幕 :平成20年(2008)7月(25歳3ヵ月)
  • 最終場所:平成23年(2011)5月(28歳1ヵ月)
  • 生涯戦歴:343勝296敗50休/636出場(72場所)
  • 生涯勝率:53.7%
  • 優勝等 :十両優勝1回,幕下優勝1回,序二段同点1回
  • 幕内戦歴:41勝39敗10休(6場所)勝率:51.3%
  • 十両戦歴:120勝127敗23休(18場所)勝率:48.6%

千代北海 壮太

千代北海 壮太(ちよほっかい そうた)は北海道 札幌市西区出身、九重部屋の力士。令和3年1月場所の番付は最高位更新となる西 三段目86枚目。

札幌大学ではアメリカンフットボール部に所属、センターや大きな身体とパワーが求められるノーズタックルを担当していた。

四股名
千代北海 壮太(ちよほっかい そうた)
最高位
三段目86枚目
最新番付
西 三段目86枚目
出身地
北海道 札幌市西区
本名
田中 壮太
生年月日
平成7年(1995)10月19日(25歳)
出身大学
札幌大学
所属部屋
九重部屋
改名歴
田中⇒千代北海
初土俵
平成30年(2018)1月(22歳3ヵ月)
優勝
無し
通算成績
59勝53敗7休/112出場(勝率:52.7%)
直近7場所
23勝19敗7休
7場所勝率
54.8%
令3年1月
西 三段目86枚目(18枚半上昇・最高位更新)
0勝0敗7休
休場
令2年11月
東 序二段5枚目(20枚半上昇・最高位更新)
4勝3敗
○-○-●|--●○-|○-●--
令2年9月
西 序二段25枚目(40枚上昇・最高位更新)
4勝3敗
-○-●-|●-○-○|-○--●
令2年7月
西 序二段65枚目(32枚半降下)
5勝2敗
-○-●-|○-○-●|-○--○
令2年3月
東 序二段33枚目(32枚半上昇・最高位更新)
3勝4敗
-●○--|○-●●-|○--●-
令2年1月
西 序二段65枚目(31枚半降下)
4勝3敗
-○○--|●○-●-|-●-○-
令元年11月
東 序二段34枚目
3勝4敗
○-○-●|--●-●|-○●--

「ちよ」プラス「ま」行で始まる力士

千代丸 一樹

千代丸 一樹(ちよまる かずき)は鹿児島県 志布志市出身、九重部屋の力士で最高位は前頭5枚目。令和3年1月場所の番付は東 十両2枚目。

同部屋の千代鳳は弟。平成25年九州場所では千代鳳が十両優勝、翌平成26年初場所では千代丸が十両優勝を果たして大相撲史上初の兄弟2場所連続十両制覇となった。身体を活かした押し相撲だけではなく四つ相撲も取り入れて相撲の幅が広がった。「ちよまるたん」と親しまれているが、本場所中には呼ばれると複雑な心境らしい

四股名
千代丸 一樹(ちよまる かずき)
最高位
前頭5枚目
最新番付
東 十両2枚目
出身地
鹿児島県 志布志市
本名
木下 一樹
生年月日
平成3年(1991)4月17日(29歳)
所属部屋
九重部屋
改名歴
木下⇒千代丸
初土俵
平成19年(2007)5月(16歳1ヵ月)
新十両
平成25年(2013)9月(22歳5ヵ月)
新入幕
平成26年(2014)3月(22歳11ヵ月)
優勝
十両優勝1回
通算成績
453勝419敗40休/866出場(勝率:52.3%)
直近7場所
15勝15敗15休(幕内:26勝32敗2休)
7場所勝率
47.1%
令3年1月
東 十両2枚目(2枚上昇)
0勝0敗15休
休場
令2年11月
東 十両4枚目(半枚降下)
8勝7敗
○○○○●|○●●○○|●●○●●
令2年9月
西 十両3枚目(4枚半降下)
7勝8敗
○●○●○|●●●○●|○●○●○
令2年7月
西 前頭15枚目(変動なし)
4勝11敗
●●●●●|●○○●○|●●●○●
令2年3月
西 前頭15枚目(3枚降下)
7勝6敗2休
○○○●●|○○■やや|●○○●●
令2年1月
西 前頭12枚目(半枚上昇)
6勝9敗
○●●●●|○○○●●|○●○●●
令元年11月
東 前頭13枚目
9勝6敗
○○●●○|○○●○○|●○●○●

「ちよ」プラス「ら」行で始まる力士

千代雷山 鉄心

千代雷山 鉄心(ちよらいざん てっしん)は和歌山県 紀の川市出身、九重部屋の力士で最高位は幕下43枚目。令和3年1月場所の番付は西 三段目10枚目。

高校ではレスリング部に所属し、高校3年次に129キロ級で国体に出場。

四股名
千代雷山 鉄心(ちよらいざん てっしん)
最高位
幕下43枚目
最新番付
西 三段目10枚目
出身地
和歌山県 紀の川市
本名
上林 聡
生年月日
昭和62年(1987)6月21日(33歳)
所属部屋
九重部屋
改名歴
和歌林⇒千代雷山
初土俵
平成18年(2006)3月(18歳9ヵ月)
優勝
無し
通算成績
297勝273敗39休/567出場(勝率:52.4%)
直近7場所
21勝21敗7休
7場所勝率
50.0%
令3年1月
西 三段目10枚目(14枚降下)
0勝0敗7休
休場
令2年11月
西 幕下56枚目(10枚半上昇)
3勝4敗
○-○-●|-●--●|-●--○
令2年9月
東 三段目7枚目(17枚上昇)
4勝3敗
-○●-○|--●-○|-●-○-
令2年7月
東 三段目24枚目(28枚半降下)
4勝3敗
○-○--|●○--●|●-○--
令2年3月
西 幕下55枚目(11枚降下)
2勝5敗
○-●-●|--●○-|-●--●
令2年1月
西 幕下44枚目(24枚上昇)
3勝4敗
○-○-●|-○--●|-●-●-
令元年11月
西 三段目8枚目
5勝2敗
-□●-○|-○--○|●---○

出身地別、力士別、初土俵別など様々な方法で力士データをまとめています。

おすすめの記事をご紹介

ここからは当サイトのおすすめ記事をご紹介します。

ネットでの大相撲観戦といえばAbemaTV!「AbemaTV」での視聴方法について解説しています。序ノ口から結びの一番まで完全無料生中継!ぜひ確認してみてください。

当サイトのいろんな記事へのリンクをまとめたナビゲーションページです。

コメントはお気軽にどうぞ

※当サイトは個人が運営するサイトであり、日本相撲協会及び、各相撲部屋とは関連がないことをご了承ください。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。※当サイトは個人が運営するサイトです。