大相撲力士名鑑!四股名が「ち」で始まる力士たち-Part2

この記事の目次

「ちよ」プラス「あ」行で始まる力士

千代嵐 慶喜

千代嵐 慶喜(ちよあらし よしのぶ)は千葉県 木更津市出身、九重部屋の力士で最高位は十両10枚目。令和3年1月場所の番付は東 幕下10枚目。

本名が慶喜であるため「十五代将軍」と呼ばれている。幼稚園の頃から相撲を始め小6で関東大会優勝。平成18年(2006)の全国都道府県中学生相撲選手権大会ではベスト8入り。

四股名
千代嵐 慶喜(ちよあらし よしのぶ)
最高位
十両10枚目
最新番付
東 幕下10枚目
出身地
千葉県 木更津市
本名
渡邉 慶喜
生年月日
平成3年(1991)7月12日(29歳)
所属部屋
九重部屋
改名歴
渡邉⇒千代嵐
初土俵
平成19年(2007)3月(15歳8ヵ月)
新十両
平成23年(2011)9月(20歳2ヵ月)
新入幕
()
優勝
三段目優勝1回
通算成績
305勝223敗71休/526出場(勝率:58%)
直近7場所
23勝19敗7休
7場所勝率
54.8%
令3年1月
東 幕下10枚目(5枚降下)
0勝0敗7休
休場
令2年11月
東 幕下5枚目(6枚上昇)
2勝5敗
●--○-|○-●●-|●-●--
令2年9月
東 幕下11枚目(4枚降下)
5勝2敗
●--○○|--○-○|-○--●
令2年7月
東 幕下7枚目(2枚半上昇)
3勝4敗
○--●-|○-●●-|-○-●-
令2年3月
西 幕下9枚目(9枚上昇)
4勝3敗
-○○-○|-●--●|-○--●
令2年1月
西 幕下18枚目(5枚上昇)
5勝2敗
○-●-○|--●-○|-○-○-
令元年11月
西 幕下23枚目
4勝3敗
○--○-|○-●-●|●--○-

千代青梅 義和

千代青梅 義和(ちよおうめ よしかず)は東京都 青梅市出身、九重部屋の力士で最高位は三段目62枚目。令和3年1月場所の番付は西 序二段89枚目。

部屋の現役最古参。左膝の大怪我もあり一時は番付外に陥落、平成31年(2019)1月場所では前相撲から再スタート。九重部屋のちゃんこ長として部屋の衆を支えるベテラン。

四股名
千代青梅 義和(ちよおうめ よしかず)
最高位
三段目62枚目
最新番付
西 序二段89枚目
出身地
東京都 青梅市
本名
兼子 義和
生年月日
昭和61年(1986)1月3日(35歳)
所属部屋
九重部屋
改名歴
兼子⇒千代青梅
初土俵
平成16年(2004)3月(18歳2ヵ月)
優勝
無し
通算成績
289勝328敗55休/617出場(勝率:46.8%)
直近7場所
20勝22敗7休
7場所勝率
47.6%
令3年1月
西 序二段89枚目(30枚半降下)
0勝0敗7休
休場
令2年11月
東 序二段59枚目(49枚半上昇)
3勝4敗
-●●--|○-○●-|-●--○
令2年9月
西 序二段108枚目(1枚半上昇)
5勝2敗
-○○-●|-○-○-|●---○
令2年7月
東 序二段110枚目(19枚降下)
3勝4敗
-●-●-|○-○-○|●-●--
令2年3月
東 序二段91枚目(19枚降下)
2勝5敗
●--○●|--●-●|-●--○
令2年1月
東 序二段72枚目(37枚半上昇)
3勝4敗
-●-●-|●-●○-|○-○--
令元年11月
西 序二段109枚目
4勝3敗
-○●-○|--○●-|●--○-

千代大牙 将紀

千代大牙 将紀(ちよおおが まさき)は大阪府 大東市出身、九重部屋の力士。令和3年1月場所の番付は最高位更新となる東 三段目24枚目。

小学生の頃は野球でキャッチャー、中学ではサッカーでキーパー。大阪府立城東工科高では柔道部に所属して二段の腕前。目指していた警察官採用試験には落ちてしまったが、かねてより好きだった相撲への道を選んだ。

四股名
千代大牙 将紀(ちよおおが まさき)
最高位
三段目24枚目
最新番付
東 三段目24枚目
出身地
大阪府 大東市
本名
川見 将紀
生年月日
平成12年(2000)1月19日(21歳)
出身高校
城東工科高校
所属部屋
九重部屋
改名歴
川見⇒千代大牙
初土俵
平成30年(2018)3月(18歳2ヵ月)
優勝
無し
通算成績
58勝47敗7休/105出場(勝率:55.2%)
直近7場所
24勝18敗7休
7場所勝率
57.1%
令3年1月
東 三段目24枚目(58枚半上昇・最高位更新)
0勝0敗7休
休場
令2年11月
西 三段目82枚目(26枚半降下)
6勝1敗
-○-○●|--○-○|-○--○
令2年9月
東 三段目56枚目(37枚上昇・最高位更新)
2勝5敗
-●-●●|-○--○|●---●
令2年7月
東 三段目93枚目(23枚半降下)
5勝2敗
●-○--|○-●○-|-○--○
令2年3月
西 三段目69枚目(36枚半上昇・最高位更新)
3勝4敗
-●-●-|●●-○-|○---○
令2年1月
東 序二段6枚目(19枚降下)
5勝2敗
○--●○|--○●-|-○--○
令元年11月
東 三段目87枚目
3勝4敗
●-○--|●-○●-|-○●--

千代鳳 祐樹

千代鳳 祐樹(ちよおおとり ゆうき)は鹿児島県 志布志市出身、九重部屋の力士で最高位は小結。令和3年1月場所の番付は西 十両5枚目。

小学生の頃から柔道と相撲。柔道は黒帯の腕前で全国大会などで活躍。相撲では小6の時わんぱく相撲全国大会でベスト16入り。中学卒業後、兄と同じ九重部屋に入門。初土俵から約4年で十両昇進、5年目に新入幕を果たす。三役も経験したが右肩の脱臼と左膝の怪我の影響で番付を大きく落とした。叩きに滅法つよく、容易なことでは前に落ちない相撲が強み

四股名
千代鳳 祐樹(ちよおおとり ゆうき)
最高位
小結
最新番付
西 十両5枚目
出身地
鹿児島県 志布志市
本名
木下 祐樹
生年月日
平成4年(1992)10月11日(28歳)
所属部屋
九重部屋
改名歴
大木下⇒千代鳳
初土俵
平成20年(2008)5月(15歳7ヵ月)
新十両
平成24年(2012)3月(19歳5ヵ月)
新入幕
平成25年(2013)5月(20歳7ヵ月)
新小結
平成26年(2014)5月(21歳7ヵ月)
優勝
十両優勝1回,序二段優勝1回
通算成績
419勝329敗98休/739出場(勝率:56.7%)
直近7場所
39勝36敗15休(幕下以下:4勝3敗)
7場所勝率
52.4%
令3年1月
西 十両5枚目(1枚半上昇)
0勝0敗15休
休場
令2年11月
東 十両7枚目(2枚半上昇)
8勝7敗
●●○○○|●○●○●|○○●●○
令2年9月
西 十両9枚目(1枚降下)
9勝6敗
●●●●○|○○○○○|●○○●○
令2年7月
西 十両8枚目(5枚半上昇)
7勝8敗
○●●○●|○○●○○|●●○●●
令2年3月
東 十両14枚目(1枚降下)
9勝6敗
○○○○○|●●○●○|○●●●○
令2年1月
東 十両13枚目(2枚半上昇)
6勝9敗
●●●●○|●□○●○|●○●●○
令元年11月
西 幕下筆頭
4勝3敗
●-●○-|-○-○-|○-●--

「ちよ」プラス「か」行で始まる力士

千代煌山 辰英

千代煌山 辰英(ちよこうざん たつひで)は東京都 立川市出身、九重部屋の力士で最高位は序二段16枚目。令和3年1月場所の番付は東 序二段89枚目。

上砂川小学1年の頃から臥牛館道場で始めた柔道は初段の腕前。東海大菅生高校3年次に東京都高体連定時制通信制柔道大会春季大会90㎏超級優勝、さらに団体での優勝にも貢献した。相撲経験は無かったが自ら進んで入門を決めた。母親が千代大海関(現・九重親方)のファン。

四股名
千代煌山 辰英(ちよこうざん たつひで)
最高位
序二段16枚目
最新番付
東 序二段89枚目
出身地
東京都 立川市
本名
鈴木 辰英
生年月日
平成12年(2000)5月23日(20歳)
出身高校
東海大菅生高・中退⇒中央高等学院吉祥寺本校
所属部屋
九重部屋
初土俵
令和1年(2019)5月(19歳0ヵ月)
優勝
無し
通算成績
26勝30敗7休/56出場(勝率:46.4%)
直近7場所
19勝23敗7休
7場所勝率
45.2%
令3年1月
東 序二段89枚目(31枚降下)
0勝0敗7休
休場
令2年11月
東 序二段58枚目(42枚降下)
3勝4敗
○--○●|-●-●-|-○●--
令2年9月
東 序二段16枚目(23枚上昇・最高位更新)
1勝6敗
●-●-●|--●●-|○---●
令2年7月
東 序二段39枚目(28枚半上昇・最高位更新)
4勝3敗
-○-●-|○-●○-|-●-○-
令2年3月
西 序二段67枚目(37枚上昇・最高位更新)
4勝3敗
-○●--|●○--○|○--●-
令2年1月
西 序二段104枚目(17枚降下)
4勝3敗
○--○○|-○-●-|-●●--
令元年11月
西 序二段87枚目
3勝4敗
-●●--|○-●-○|○-●--

「ちよ」プラス「さ」行で始まる力士

千代栄 栄太

千代栄 栄太(ちよさかえ えいた)は京都府 福知山市出身、九重部屋の力士で最高位は幕下7枚目。令和3年1月場所の番付は西 幕下16枚目。

3歳から柔道を始め中学時代は福知山柔道教室に通う。京都共栄学園高校柔道部では京都府2位、団体戦では主将としてインターハイにも出場。インタハーハイを終えると次の照準を角界へと定めた。

四股名
千代栄 栄太(ちよさかえ えいた)
最高位
幕下7枚目
最新番付
西 幕下16枚目
出身地
京都府 福知山市
本名
岸 栄太
生年月日
平成2年(1990)7月12日(30歳)
出身高校
京都共栄学園高校
所属部屋
九重部屋
改名歴
岸⇒千代栄
初土俵
平成21年(2009)1月(18歳6ヵ月)
優勝
無し
通算成績
253勝227敗10休/477出場(勝率:53%)
直近7場所
22勝20敗7休
7場所勝率
52.4%
令3年1月
西 幕下16枚目(10枚半上昇)
0勝0敗7休
休場
令2年11月
東 幕下27枚目(7枚半降下)
5勝2敗
●-●-○|--○-○|○---○
令2年9月
西 幕下19枚目(8枚半上昇)
3勝4敗
○-○--|○-●●-|-●-●-
令2年7月
東 幕下28枚目(13枚半降下)
4勝3敗
○--●●|--○●-|-○-○-
令2年3月
西 幕下14枚目(11枚上昇)
2勝5敗
●--●●|-○-●-|-●--○
令2年1月
西 幕下25枚目(6枚半降下)
5勝2敗
-○○--|●-○-●|-○-○-
令元年11月
東 幕下19枚目
3勝4敗
-○○-●|-●--●|-●--○

千代桜 右京

前相撲から所要8場所で十両に昇進、将来を期待されたが十両2場所目に頚椎を損傷。スピード出世だったため大銀杏を結う間もなく24歳で廃業となった

  • 四股名 :千代桜 右京(ちよざくら うきょう)
  • 最高位 :十両11枚目
  • 出身地 :東京都世田谷区
  • 本 名 :立野 卓
  • 生年月日:昭和62年(1987)9月17日
  • 出身大学:日本体育大学
  • 所属部屋:九重部屋
  • 改名歴 :立野⇒千代桜
  • 初土俵 :平成22年(2010)3月(22歳6ヵ月)
  • 新十両 :平成23年(2011)9月(24歳0ヵ月)
  • 最終場所:平成24年(2012)7月(24歳10ヵ月)
  • 生涯戦歴:47勝27敗26休/73出場(13場所)
  • 生涯勝率:63.5%
  • 優勝等 :三段目優勝1回,序二段優勝1回
  • 十両戦歴:8勝17敗5休(2場所)勝率:32.0%

千代櫻 輝夫

中国での北京・上海場所ではパンダの化粧まわしを付けて人気に

  • 四股名 :千代櫻 輝夫(ちよざくら てるお)
  • 最高位 :前頭5枚目
  • 年寄名跡:君ヶ濱
  • 出身地 :北海道瀬棚郡今金町
  • 本 名 :斎藤 輝夫⇒藤岡 輝夫
  • 生年月日:昭和25年(1950)4月14日
  • 所属部屋:出羽海⇒九重部屋
  • 改名歴 :斎藤⇒千代桜⇒北輝⇒千代桜⇒千代櫻⇒千代桜
  • 初土俵 :昭和41年(1966)3月(15歳11ヵ月)
  • 新十両 :昭和48年(1973)3月(22歳11ヵ月)
  • 新入幕 :昭和51年(1976)9月(26歳5ヵ月)
  • 最終場所:昭和53年(1978)5月(28歳1ヵ月)
  • 生涯戦歴:383勝369敗3休/752出場(74場所)
  • 生涯勝率:50.9%
  • 優勝等 :十両優勝2回,幕下同点1回,三段目優勝1回
  • 幕内戦歴:42勝63敗(7場所)勝率:40.0%
  • 十両戦歴:180勝180敗(24場所)勝率:50.0%

千代翔馬 富士雄

千代翔馬 富士雄(ちよしょうま ふじお)はモンゴル ウランバートル市出身、九重部屋の力士で最高位は前頭2枚目。令和3年1月場所の番付は西 前頭13枚目。

父親はモンゴル相撲の大関で朝青龍の父と知り合い。モンゴルを訪れた13代九重(千代の富士)の紹介によって明徳義塾高校へ相撲留学、2年次に中退して九重部屋へと入門した。弟子を褒めないことで有名な千代の富士だったが、千代翔馬の稽古熱心さだけは珍しく褒められていた。その先代が亡くなった翌場所に新入幕を果たす

四股名
千代翔馬 富士雄(ちよしょうま ふじお)
最高位
前頭2枚目
最新番付
西 前頭13枚目
出身地
モンゴル ウランバートル市
本名
ガンバータル・ムンクサイハン
生年月日
平成3年(1991)7月20日(29歳)
出身高校
明徳義塾高校・中退
所属部屋
九重部屋
改名歴
翔馬⇒千代翔馬
初土俵
平成21年(2009)7月(18歳0ヵ月)
新十両
平成28年(2016)1月(24歳6ヵ月)
新入幕
平成28年(2016)9月(25歳2ヵ月)
優勝
幕下優勝1回
通算成績
362勝332敗15休/693出場(勝率:52.2%)
直近7場所
8勝7敗15休(十両:38勝37敗)
7場所勝率
51.1%
令3年1月
西 前頭13枚目(2枚半上昇)
0勝0敗15休
休場
令2年11月
東 前頭16枚目(4枚半上昇)
8勝7敗
○○●●○|●●○○○|●●○○●
令2年9月
東 十両4枚目(2枚半降下)
9勝6敗
●○○●●|○○●○●|○●○○○
令2年7月
西 十両筆頭(半枚上昇)
6勝9敗
●●●●○|●●○○●|●○●○○
令2年3月
東 十両2枚目(半枚降下)
8勝7敗
●○●○●|●●○●○|○●○○○
令2年1月
西 十両筆頭(2枚上昇)
7勝8敗
●○●○●|●○●●○|●○○●○
令元年11月
西 十両3枚目
8勝7敗
○●○●○|●●●○○|○●○○●

「ちよ」プラス「た」行で始まる力士

千代太陽 祐希

千代太陽 祐希(ちよたいよう ゆうき)は東京都 江戸川区出身、九重部屋の力士で最高位は序二段37枚目。令和3年1月場所の番付は西 序二段41枚目。

小学5年生の頃から千葉県の柏レスリングクラブでレスリングを始めて関東大会2位に。中央学院大学中央高を1年で中退すると九重部屋への入門を決めた。憧れであり目標とする力士は千代の富士関。

四股名
千代太陽 祐希(ちよたいよう ゆうき)
最高位
序二段37枚目
最新番付
西 序二段41枚目
出身地
東京都 江戸川区
本名
木下 祐希
生年月日
平成13年(2001)8月17日(19歳)
出身高校
中央学院大学付属中央高校・中退
所属部屋
九重部屋
改名歴
木下⇒千代太陽
初土俵
平成30年(2018)5月(16歳9ヵ月)
優勝
無し
通算成績
45勝46敗14休/90出場(勝率:50%)
直近7場所
22勝20敗7休
7場所勝率
52.4%
令3年1月
西 序二段41枚目(48枚半上昇)
0勝0敗7休
休場
令2年11月
東 序二段90枚目(22枚降下)
5勝2敗
○-○--|●-○-○|-●-○-
令2年9月
東 序二段68枚目(33枚半上昇)
3勝4敗
-○-●-|●-○-●|-○-●-
令2年7月
西 序二段101枚目(18枚半降下)
4勝3敗
-●○-○|--●-●|-○-○-
令2年3月
東 序二段83枚目(26枚降下)
3勝4敗
○--●-|○-●-●|-●-○-
令2年1月
東 序二段57枚目(32枚半上昇)
3勝4敗
○-○--|●○--●|●-●--
令元年11月
西 序二段89枚目
4勝3敗
●-●--|●○--○|-○-○-

千代大海 龍二

13代九重(千代の富士)が育てた初の幕内力士、入幕9場所目の初優勝で大関に昇進。大関在位65場所は魁皇と共に歴代1位。千代の富士の急逝によって九重部屋を継承

  • 14代・九重 龍二
  • 四股名 :千代大海 龍二(ちよたいかい りゅうじ)
  • 最高位 :大関
  • 年寄名跡:20代佐ノ山⇒14代九重
  • 出身地 :大分県大分市
  • 本 名 :廣嶋 龍二⇒須藤 龍二
  • 生年月日:昭和51年(1976)4月29日(44歳)
  • 所属部屋:九重部屋
  • 改名歴 :廣嶋⇒千代大海
  • 初土俵 :平成4年(1992)11月(16歳7ヵ月)
  • 新十両 :平成7年(1995)7月(19歳3ヵ月)
  • 新入幕 :平成9年(1997)9月(21歳5ヵ月)
  • 新三役 :平成10年(1998)5月(22歳1ヵ月)
  • 新大関 :平成11年(1999)3月(22歳11ヵ月)
  • 最終場所:平成22年(2010)1月(33歳9ヵ月)
  • 生涯戦歴:771勝528敗115休/1288出場(104場所)
  • 生涯勝率:59.4%
  • 優勝等 :幕内優勝3回(同点1・次点6),十両優勝2回,三段目優勝1回,序ノ口優勝1回
  • 成 績 :殊勲賞1回,敢闘賞1回,技能賞3回,金星1個
  • 幕内戦歴:597勝402敗115休(75場所)勝率:59.8%
  •   大関:515勝345敗115休(65場所)勝率:59.9%
  •   関脇:43勝21敗(5場所)勝率:67.2%
  •   小結:8勝7敗(1場所)勝率:53.3%
  •   前頭:31勝29敗(4場所)勝率:51.7%
  • 十両戦歴:104勝91敗(13場所)勝率:53.3%

千代大光 毅

千代大光 毅(ちよたいこう しのぶ)は大阪府 大阪市平野区出身、九重部屋の力士で最高位は序二段29枚目。令和3年1月場所の番付は東 序二段51枚目。

小学5年生の頃から大阪の直心会格闘技道場でキックボクシングを始める。子供の頃から父親に「力士になれ」と言われ続けていたが本格的に決意したのは中2の頃、先代の九重親方(元横綱・千代の富士)に会ってから。

四股名
千代大光 毅(ちよたいこう しのぶ)
最高位
序二段29枚目
最新番付
東 序二段51枚目
出身地
大阪府 大阪市平野区
本名
古川 光
生年月日
平成13年(2001)12月26日(19歳)
所属部屋
九重部屋
改名歴
町田⇒千代大光
初土俵
平成29年(2017)3月(15歳3ヵ月)
優勝
無し
通算成績
58勝64敗32休/122出場(勝率:47.5%)
直近7場所
16勝8敗25休
7場所勝率
66.7%
令3年1月
東 序二段51枚目(85枚半上昇)
0勝0敗7休
休場
令2年11月
西 序ノ口27枚目(1枚半降下)
6勝1敗
□--○-|○●-○-|○-○--
令2年9月
東 序ノ口26枚目(42枚半降下)
1勝0敗6休
ややややや|ややややや|やや-○-
令2年7月
西 序二段95枚目(60枚降下)
0勝0敗7休
ややややや|ややややや|ややややや
令2年3月
西 序二段35枚目(31枚半上昇)
0勝2敗5休
-●-●や|ややややや|ややややや
令2年1月
東 序二段67枚目(50枚半上昇)
4勝3敗
○-●--|○-○-●|●--○-
令元年11月
西 序ノ口9枚目
5勝2敗
○--○○|--●○-|○-●--

千代大聖 紫龍

千代大聖 紫龍(ちよたいせい しりゅう)は熊本県 熊本市東区出身、九重部屋の力士で最高位は序二段65枚目。令和3年1月場所の番付は西 序二段93枚目。

長嶺小学1年の頃から桜木柔道クラブで始めた柔道は初段の腕前。開新高校時代には100㎏超級の選手として活躍した。入門するまで相撲経験は無かったが、その恵まれた体格から高3の6月にスカウトを受けた小嶺は、母親に親孝行をしたいと角界入りを決めた。

四股名
千代大聖 紫龍(ちよたいせい しりゅう)
最高位
序二段65枚目
最新番付
西 序二段93枚目
出身地
熊本県 熊本市東区
本名
小嶺 紫龍
生年月日
平成13年(2001)4月13日(19歳)
出身高校
開新高校
所属部屋
九重部屋
改名歴
小嶺⇒千代大聖
初土俵
令和2年(2020)3月(18歳11ヵ月)
優勝
無し
通算成績
11勝10敗7休/21出場(勝率:52.4%)
直近7場所
11勝10敗7休
7場所勝率
52.4%
令3年1月
西 序二段93枚目(28枚降下)
0勝0敗7休
休場
令2年11月
西 序二段65枚目(32枚上昇・最高位更新)
3勝4敗
-●●--|●-○-○|-○-●-
令2年9月
西 序二段97枚目(38枚半上昇・最高位更新)
4勝3敗
○--●-|●○--○|-○●--
令2年7月
東 序ノ口24枚目(出世)
4勝3敗
○-○-●|--○-●|●-○--
令2年3月
前相撲

千代大宝 雅人

千代大宝 雅人(ちよたいほう まさと)は山口県 山口市出身、九重部屋の力士で最高位は三段目84枚目。令和3年1月場所の番付は西 三段目85枚目。

水泳や柔道の傍ら小学5年生の頃から下関市の川棚相撲クラブで相撲を始めて小6でわんぱく相撲全国大会に出場。中3では全国中学校相撲選手権大会に出場した。相撲を始めた頃から九重親方(元大関・千代大海)に誘われており、中学卒業とともに入門となった。

四股名
千代大宝 雅人(ちよたいほう まさと)
最高位
三段目84枚目
最新番付
西 三段目85枚目
出身地
山口県 山口市
本名
梶田 雅人
生年月日
平成13年(2001)8月1日(19歳)
所属部屋
九重部屋
改名歴
梶田⇒千代大宝
初土俵
平成29年(2017)3月(15歳7ヵ月)
優勝
無し
通算成績
67勝60敗27休/127出場(勝率:52.8%)
直近7場所
16勝6敗27休
7場所勝率
72.7%
令3年1月
西 三段目85枚目(19枚上昇)
0勝0敗7休
休場
令2年11月
西 序二段4枚目(39枚上昇)
4勝3敗
-○-●-|○●-●-|-○○--
令2年9月
西 序二段43枚目(79枚半上昇)
5勝2敗
-○-○-|●○--○|-○-●-
令2年7月
東 序ノ口11枚目(9枚上昇)
6勝1敗
-○○-●|--○-○|○---○
令2年3月
東 序ノ口20枚目(38枚半降下)
1勝0敗6休
ややややや|ややややや|やや-○-
令2年1月
西 序二段88枚目(70枚降下)
0勝0敗7休
ややややや|ややややや|ややややや
令元年11月
西 序二段18枚目
0勝0敗7休
ややややや|ややややや|ややややや

千代大豪 勇星

千代大豪 勇星(ちよだいごう ゆうせい)は兵庫県 尼崎市出身、九重部屋の力士で最高位は幕下34枚目。令和3年1月場所の番付は東 幕下46枚目。

小学5年生で空手を始めて南武庫之荘中学時代にはヒョードルに憧れて総合格闘技に取り組む。いったんは高校に進学したがプロの格闘家になりたくて中退、働きながら道場に通っていた。この頃からアームレスリングも始めて兵庫県大会優勝、JAWA全日本ジュニア選手権で準優勝と頭角を現す。しかし知人の誘いで大阪場所を観戦した錦城は相撲に魅了されて入門を決意した。

平成28年(2016)7月場所で初土俵。この前相撲では格闘家の片鱗を見せる一幕もあった。日本大学相撲部出身の境川部屋、梅野(現・對馬洋)に対して立ち合いから強烈な掌底を連打して圧倒。最終的には「相撲技」によって錦城が敗れはしたが、勝者である梅野は脳震盪を起こして立ち上がることもままならないほどだった。この一番は錦城の名を大きく知らしめることとなる。翌場所、対戦相手である式秀部屋の服部桜は恐れるあまり、自ら尻餅をついて負けようとする敗退行為に2度も及んだ。

四股名
千代大豪 勇星(ちよだいごう ゆうせい)
最高位
幕下34枚目
最新番付
東 幕下46枚目
出身地
兵庫県 尼崎市
本名
錦城 勇星
生年月日
平成10年(1998)2月28日(22歳)
所属部屋
九重部屋
改名歴
錦城⇒千代大豪
初土俵
平成28年(2016)7月(18歳5ヵ月)
優勝
無し
通算成績
94勝68敗20休/161出場(勝率:58.4%)
直近7場所
24勝11敗14休
7場所勝率
68.6%
令3年1月
東 幕下46枚目(11枚半降下)
0勝0敗7休
休場
令2年11月
西 幕下34枚目(10枚半上昇・最高位更新)
3勝4敗
-○-○-|○-●●-|●--●-
令2年9月
東 幕下45枚目(40枚半上昇・最高位更新)
4勝3敗
-●-●-|○-○-○|○--●-
令2年7月
西 三段目25枚目(59枚上昇)
6勝1敗
-○○--|○-○○-|●---○
令2年3月
西 三段目84枚目(36枚上昇)
6勝1敗
○-○-○|--○○-|○-●--
令2年1月
西 序二段20枚目(60枚降下)
5勝2敗
○-●-○|-○--●|○---○
令元年11月
西 三段目60枚目
0勝0敗7休
ややややや|ややややや|ややややや

千代大龍 秀政

千代大龍 秀政(ちよたいりゅう ひでまさ)は東京都 荒川区出身、九重部屋の力士で最高位は小結。令和3年1月場所の番付は東 前頭11枚目。

葛飾区の白鳥相撲教室出身。平成22年(2010)には全国学生相撲選手権大会で優勝を果たして学生横綱のタイトルを獲得、これは元小結垣添に次ぐ日体大2人目の学生横綱だった。幕下15枚目格付出での初土俵は蜂窩織炎のため途中休場となったが、その後3場所連続勝ち越しで十両に昇進、その新十両場所を優勝で飾った。強烈な立ち合いからの叩き込みは「MSP(明月院スペシャル)」と巷で呼ばれる強烈な武器

四股名
千代大龍 秀政(ちよたいりゅう ひでまさ)
最高位
小結
最新番付
東 前頭11枚目
出身地
東京都 荒川区
本名
明月院 秀政
生年月日
昭和63年(1988)11月14日(32歳)
出身高校
足立新田高校
出身大学
日本体育大学
所属部屋
九重部屋
改名歴
明月院⇒千代大龍
初土俵
平成23年(2011)5月・幕下15付出(22歳6ヵ月)
新十両
平成24年(2012)1月(23歳2ヵ月)
新入幕
平成24年(2012)5月(23歳6ヵ月)
新小結
平成26年(2014)9月(25歳10ヵ月)
優勝
十両優勝1回
受賞・金星
技能賞1回,金星3個
通算成績
394勝394敗50休/781出場(勝率:50.4%)
直近7場所
44勝44敗17休
7場所勝率
50.6%
令3年1月
東 前頭11枚目(4枚上昇)
0勝0敗15休
休場
令2年11月
東 前頭15枚目(4枚降下)
9勝6敗
●●○○○|○○●○●|○●○○●
令2年9月
東 前頭11枚目(2枚半降下)
5勝8敗2休
○○□●○|○●●●●|●●■やや
令2年7月
西 前頭8枚目(2枚半上昇)
6勝9敗
○●○●○|●●●○○|●●●●○
令2年3月
東 前頭11枚目(変動なし)
8勝7敗
○○○●○|○○●●○|●●●○●
令2年1月
東 前頭11枚目(半枚上昇)
7勝8敗
○●●●●|○○●●●|○○○○●
令元年11月
西 前頭11枚目
9勝6敗
●●○○○|●○○●○|●●○○○

千代剣 大輝

千代剣 大輝(ちよつるぎ だいき)は千葉県 佐倉市出身、九重部屋の力士。令和3年1月場所の番付は最高位更新となる東 序二段74枚目。

白銀小学5~6年生の頃に学校で相撲を習い、わんぱく相撲全国大会にも出場。中学時代はサッカー部に所属。千代の富士関や千代大海関(現・九重親方)が好きだったこともあり、九重部屋への入門を決意。

四股名
千代剣 大輝(ちよつるぎ だいき)
最高位
序二段74枚目
最新番付
東 序二段74枚目
出身地
千葉県 佐倉市
本名
久末 大輝
生年月日
平成15年(2003)6月18日(17歳)
所属部屋
九重部屋
改名歴
久末⇒千代剣
初土俵
令和1年(2019)7月(16歳1ヵ月)
優勝
無し
通算成績
21勝28敗7休/49出場(勝率:42.9%)
直近7場所
19勝23敗7休
7場所勝率
45.2%
令3年1月
東 序二段74枚目(37枚上昇・最高位更新)
0勝0敗7休
休場
令2年11月
東 序ノ口2枚目(24枚降下)
4勝3敗
●-○-●|-○-○-|●--○-
令2年9月
東 序二段88枚目(7枚半降下)
2勝5敗
-●-●○|--●-○|●---●
令2年7月
西 序二段80枚目(47枚上昇・最高位更新)
3勝4敗
○--○-|●-●-○|-●●--
令2年3月
西 序ノ口11枚目(6枚半上昇・最高位更新)
4勝3敗
●-○-○|--●-○|●--○-
令2年1月
東 序ノ口18枚目(6枚半上昇・最高位更新)
3勝4敗
-○-○●|--●○-|-●-●-
令元年11月
西 序ノ口24枚目
3勝4敗
○-●-●|-○-○-|●-●--

千代天山 大八郎

新入幕から3場所連続の三賞受賞は史上初

  • 四股名 :千代天山 大八郎(ちよてんざん だいはちろう)
  • 最高位 :小結
  • 出身地 :大阪府大阪市東住吉区
  • 本 名 :角 大八郎
  • 生年月日:昭和51年(1976)2月6日
  • 所属部屋:九重部屋
  • 改名歴 :角⇒千代天山
  • 初土俵 :平成3年(1991)3月(15歳1ヵ月)
  • 新十両 :平成9年(1997)1月(20歳11ヵ月)
  • 新入幕 :平成11年(1999)1月(22歳11ヵ月)
  • 新三役 :平成11年(1999)7月(23歳5ヵ月)
  • 最終場所:平成20年(2008)1月(31歳11ヵ月)
  • 生涯戦歴:519勝541敗33休/1055出場(102場所)
  • 生涯勝率:49.0%
  • 優勝等 :十両優勝1回(同点1),序二段同点1回
  • 成 績 :殊勲賞1回,敢闘賞2回,金星3個
  • 幕内戦歴:144勝181敗20休(23場所)勝率:44.3%
  •   小結:3勝12敗(1場所)勝率:20.0%
  •   前頭:141勝169敗20休(22場所)勝率:45.5%
  • 十両戦歴:184勝206敗(26場所)勝率:47.2%

千代天富 創磨

千代天富 創磨(ちよてんふう そうま)は東京都 港区出身、九重部屋の力士で最高位は三段目53枚目。令和3年1月場所の番付は東 三段目55枚目。

小学生の頃は陸上、中学ではバスケットボール部に所属。野球の清宮幸太郎(日ハム)とは同じ赤坂保育園で仲良しだった。

四股名
千代天富 創磨(ちよてんふう そうま)
最高位
三段目53枚目
最新番付
東 三段目55枚目
出身地
東京都 港区
本名
門倉 創磨
生年月日
平成12年(2000)3月17日(20歳)
所属部屋
九重部屋
改名歴
門倉⇒千代の天⇒千代天富
初土俵
平成27年(2015)5月(15歳2ヵ月)
優勝
無し
通算成績
105勝119敗7休/224出場(勝率:46.9%)
直近7場所
22勝20敗7休
7場所勝率
52.4%
令3年1月
東 三段目55枚目(36枚上昇)
0勝0敗7休
休場
令2年11月
東 三段目91枚目(24枚半降下)
5勝2敗
-○-○-|○-●-○|-●--○
令2年9月
西 三段目66枚目(13枚降下)
2勝5敗
-●-●●|--○-●|-●--○
令2年7月
西 三段目53枚目(61枚半上昇・最高位更新)
2勝5敗
●--○-|●-●-●|○---●
令2年3月
東 序二段15枚目(23枚上昇)
6勝1敗
-○-●○|--○-○|-○--○
令2年1月
東 序二段38枚目(26枚半降下)
4勝3敗
-○●-○|--○-●|-●○--
令元年11月
西 序二段11枚目
3勝4敗
-●○--|●○--●|-○-●-

千代虎 大樹

千代虎 大樹(ちよとら だいき)は佐賀県 佐賀市出身、九重部屋の力士で最高位は三段目54枚目。令和3年1月場所の番付は西 三段目66枚目。

高木瀬小学1年の頃から佐賀市相撲クラブで相撲を始める。また小3の頃からは相撲に活かすために柔道も始めた。この頃に母親の知人の紹介で九重部屋を見学し、先代九重親方(元横綱・千代の富士)と会ったときに入門を誘われていた。以来、九重部屋とのつながりが続き、中学卒業を機に入門となった。

四股名
千代虎 大樹(ちよとら だいき)
最高位
三段目54枚目
最新番付
西 三段目66枚目
出身地
佐賀県 佐賀市
本名
江島 大樹
生年月日
平成15年(2003)4月15日(17歳)
所属部屋
九重部屋
初土俵
令和1年(2019)5月(16歳1ヵ月)
優勝
無し
通算成績
34勝22敗7休/56出場(勝率:60.7%)
直近7場所
25勝17敗7休
7場所勝率
59.5%
令3年1月
西 三段目66枚目(12枚半降下)
0勝0敗7休
休場
令2年11月
東 三段目54枚目(30枚半上昇・最高位更新)
3勝4敗
-●-●●|--○●-|-○--○
令2年9月
西 三段目84枚目(20枚上昇・最高位更新)
5勝2敗
○--●○|--●-○|-○--○
令2年7月
西 序二段4枚目(20枚半上昇・最高位更新)
4勝3敗
○--●○|--●○-|-●○--
令2年3月
東 序二段25枚目(17枚降下)
4勝3敗
-●-●-|○-○○-|●-○--
令2年1月
東 序二段8枚目(72枚上昇・最高位更新)
3勝4敗
○--○●|--●-○|●-●--
令元年11月
東 序二段80枚目
6勝1敗
○--○-|○○-○-|○-●--

コメントはお気軽にどうぞ

※当サイトは個人が運営するサイトであり、日本相撲協会及び、各相撲部屋とは関連がないことをご了承ください。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。※当サイトは個人が運営するサイトです。